リクルートCV職の知られざる魅力!契約社員だからって見落としてたら損!?

The following two tabs change content below.
アクシス(株)代表  末永雄大

アクシス(株)代表  末永雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは。自立型人材の転職・キャリア支援を行う転職エージェント、アクシス株式会社・代表コンサルタントの末永雄大(すえながゆうた)です。

今回はリクルートの契約社員採用(通称CV職種orCD職種・キャリアビュープログラム)について、リクルート出身で現役転職エージェントの著者がぶっちゃけでお話していきたいと思います。

転職をお考えの皆さんにとって、「契約社員」と聞くと、良いイメージを持つ人はいないでしょう。

ただ、大手リクルートグループの各事業会社の契約社員、通称「※CV」(Career View)は、転職市場の中で通常の「契約社員」ではなく「リクルートCV」という別の枠で捉えられるくらい転職市場価値の高い職種として名前が通っています。

過去10年近くにわたり、色々な企業の案件に目を通して来ましたが、リクルートの契約社員(CV職)は、人によっては下手にどこかの会社の正社員として働くよりずっと条件の良い雇用形態だと思います。

リクルート契約社員(CV職)が転職市場で人気がある理由

リクルートの契約社員(CV職)の雇用期間は3年

ただし、契約社員だからといって正社員と仕事の内容や量が変わることはありません。

「リクルートの戦力」として、雇用形態に関わらず一緒に職務を行ってもらう、というのがリクルートグループ全体に言える社内環境の特徴です。

要は何が良いたいかというと、この3年間、やる気次第でいくらでも伸びるチャンスがあるわけです。

優秀な先輩の側で、法人営業のノウハウ、業務を遂行し改善していく能力など、どこに行っても通用するスキルを身に付けることができる環境が整っています。

実際にリクルート契約社員(CV職)の人の多くが転職後も活躍しているケースが多いため、転職市場において人材の価値が高くなっているんですね。

いかがでしょうか? リクルート契約社員(CV職)にちょっと興味ができましたか?

リクルート契約社員(CV職)の5つの魅力

 

①法人営業未経験でも年収400万前後(日本の平均年収は350万円。平均年収よりも高い!)

どこのリクルートグループで働くかや、勤務地などにもよりますが、営業未経験の方であっても、だいたいスタート年収は400万円前後です

営業未経験であった場合、他社の正社員案件は、そもそも内定を取得するのも難しいですが、内定となっても、営業未経験を理由に、360万程度のスタートとなるケースは意外と多いのです。

それと比較しても、契約社員とは言え、他社の正社員求人と比較しても変わらないかむしろ高い水準となっています。

②起業準備やキャリアアップの転職に最適な社内環境と待遇

起業を推進する風土のあるリクルートならではだと思いますが、なんと退職時に100万円が配当されます。

もし正社員が3年で辞めても、退職金はもらえません。そもそも年収が違うとはいえ、これは大きいですよね。

例えば将来起業したいけどその前にスキルアップしたい、と考える方などにはかなり良い条件なのではないかと思います。

また金銭面だけでなく、非常に高い確率で将来起業したいと考える仲間ができることも魅力として掲げることができそうです。

③経験や学歴よりも人柄重視なので、やる気があれば採用の可能性がある

「リクルートに興味があるけど、正社員となるとやはり敷居が高い…」と感じる人は少なくないと思います。

しかし、キャリア採用(契約社員採用)の場合は高卒以上をボーダーラインとしているため、かなり広く窓口を設けています。

法人経験があれば言うことなしですが、例えば接客経験などのある明るい人柄の方であれば、学歴などに関係なく採用される可能性は大いにあります。

あとは、何よりも「やる気」(成長意欲)があるかどうかを特に重視している印象を強く受けます。

成長したいという気持ちが強い方には非常におすすめです。

④転勤がない

主に地方勤務になりますが(一部1都3県の採用もあり)、その代わり転勤がないことが正社員との大きな差です。
3年間同じ地域でじっくり働けるという点はストレスが少ないのではないでしょうか。

もともと1都3県外に地元があったり、全国どこでも働きたいという思考の方には適した働き口ではないかと思います。

⑤次回転職しやすく、キャリアアップも可能です!

前述した内容と重複しますが、「リクルートCV」という肩書き自体が、1つのブランド名として転職市場に定着している部分があることは確かです。

もちろんその3年間をどう働くかによって結果も変わってくるので、「リクルートCVに転職すれば絶対次も安泰!」ということではありませんが、例えば飲食店で同じ3年間を過ごすのと、リクルートで過ごすのとでは今後の人生が大きく変わる可能性があります。

リクルートのCV職退職後のキャリアパスとは?

リクルートのCV職卒業後の人材は、多くの企業から評価され、引き合いが来ています。
CV職で採用される多くの方は、営業職として採用されますので、人材領域の営業職、広告領域の営業職に転職される方が多い印象です。

また事業会社のPR担当や事業開発、人事職に転職される方も居らっしゃるので、わりと幅広い引き合いが多いです。

弊社では、次の転職先にとどまらず、3年後、5年後、10年後のなりたい姿・あるべき姿を逆算したキャリアプランの提案を行なっています。

たとえ短期的にはしゃがんだとしても、その後にきちんと市場価値としてリターンを獲得できるようなキャリアプランと求人をご提案する上で、リクルートのCV職への転職というのはオススメの選択肢の一つと思います。

CV職を経由した後の具体的な転職先についても、ご自身の希望やキャリアについて壁打ちさせていただく中で、合わせてご提案をさせていただきます。

▶︎面接通過率が大手の3倍!リクルートグループへの紹介実績豊富な弊社へのご相談はコチラ

*キャリア採用(契約社員採用)を取り入れているリクルートグループ*

リクルートグループにはたくさんのグループ会社があります。その中でも契約社員・CV職種を積極的に取り入れている会社は限られています。

こちらでは契約社員活用を注力しているリクルートグループの事業会社をご紹介します。

リクルートCV職に対する弊社への転職相談・問い合わせ一例

<Aさん 男性 23歳>

相談内容 : 初めまして〇〇と申します。今回リクルート契約社員の事に関しまして大変興味があり、問い合わせさせて頂きました。

リクルート営業職の具体的な業務内容,雰囲気など教えて頂けると幸いです。もし可能でしたら面談予約もお願い致します。

<Bさん 女性 32歳>

相談内容:大阪に住む32歳の女性です。今までほとんど派遣での販売の経験しかないのですが、この度リクルートのホットペッパービューティーでの営業の仕事を希望しております。今まで派遣ばかりで働いてきた為、面接慣れもしておらず、たいして自慢できるような事柄も無く、そして32歳という年齢から、かなり厳しいのかなと思うのですが、それでも合格できるコツのようなものはあるのでしょうか?

<Cさん 男性 29歳>

相談内容:株式会社リクルートのCV職への応募を考えています。現住所は福岡市で福岡市採用を目指していますが、3年ほど前に面接を受けて不採用でした。その時の手ごたえとして志望動機や自己PRが不十分で自己分析が足りていなかったからだと感じました。

インターネットで貴社のCV職の記事を拝見させて頂きまして、応募の段階でのアドバイスをいただきたいと思い、ご連絡させていただきました。

<Dさん 男性 25歳>

相談内容:リクルートのCV職(福岡県)への転職を検討しています。そこで、どのような職種があり、実際の内容についてお聞きしたい。

<Eさん 女性 26歳>

相談内容:リクルートのCV職に就きたいと考えております。8年間の販売・マネージメント業を経て、現在は企画兼デザイナー業をしております。自己成長と、今後の将来性に伴い転職を決意致しました。現在の会社は2月末での退社です。3月からの入社を希望です。

面接につきまして、平日の時間帯も可能ですのでご相談頂けると幸いです。リクルートのCV職に就きましたら必ずや質の高い仕事内容に努めて参ります。宜しくお願い致します。

<Fさん 女性 27歳>

相談内容:現在某アパレルハイブランドで販売員として勤務しております。リクルートのCV職に前々から興味があり、現職の都合で今すぐの転職活動は難しいのですが、退職時期とのタイミングが合えば是非採用試験を受けてみたいと考えております。(リクルートライフスタイル社、リクルートキャリア社に特に興味あり)当方、アパレル販売しか経験がなく、営業職は全くの未経験です。 面接の傾向や特に求めている人物像等、詳しくお話を聞かせて頂ければと思い、ご連絡させて頂きました。どうぞご検討の程、よろしくお願い致します。

上記以外にも、リクルートへの転職についてたくさんのご相談をいただいております。
弊社に寄せられたリクルートについての質問をまとめました↓↓

リクルートの契約社員(CV職種)の転職についてのまとめ

いかがでしたでしょうか?同じ「契約社員」と言えども、日本のよくある雇用形態の契約社員とリクルートの契約社員(CV職)では、実は身に着くものや待遇が大きく異なっているんですよね。

“転職市場”では知名度がありますが、転職を希望される方には実際あまり知られていないのが現状です。
興味を持たれた方は、転職の選択肢の一つとしてご検討されてみてはいかがでしょうか。

弊社にはリクルートグループへの紹介実績が多数あります。
リクルートグループ各社の内情を熟知したエージェントが、CV職を退職した後のキャリア設計まで含めて、親身にサポートいたします。

弊社にご登録いただき、弊社の転職サポート(無料)を受けられる方限定で、リクルートグループの中途採用面接官の経験もある著者が作成した、リクルートの面接で質問される事が多いオリジナルの想定質問集もお渡ししています。

こちらは弊社にご登録いただき、弊社の転職サポート(無料)を登録した方のみにサービス提供・お渡ししていますので、以下のリンクからまずご登録をお願いします。

▶︎相談申し込みはコチラから

リクルートについてさらに詳しく知る

リクルートに転職を検討をしている人は下記の記事も是非参考にしてみてください。