2019.08.14

ベイカレント・コンサルティングに転職するには?評判や年収もご紹介!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

ベイカレント・コンサルティングは日本生まれの総合ファームとして、あらゆる企業に対して戦略から業務までをサポートしているので、転職先の1つとして人気があります。

そこで今回はベイカレント・コンサルティングへ転職した人向けに、気になる「転職難易度」「年収相場」「評判・口コミ」「ベイカレントへの転職を成功させるコツ」などを徹底解説していきます。転職のプロである著者がわかりやすくてご説明します!

ベイカレントへ転職するのは難しい?

ベイカレント・コンサルティングへの転職は、他の職種と比べて難易度が非常に高いです。

単純に学歴や職歴が良いだけでは採用されず、即戦力として活躍できるだけの能力が求められるからです。

また、英語研修があるほど英語力も重視されており、内定を獲得するのは狭き門です。

ベイカレント・コンサルティングへの転職は簡単ではないのですが、事前に面接対策などをしっかりとおこなえば、内定獲得率を上げることができます。記事全体を通して、その方法を伝授できればと思っています。

ベイカレントってどんな会社

ベイカレント・コンサルティングは、法人向けコンサルティングサービスを提供する内資独立系コンサルティングファームです。

経営やITコンサルティングなどの最上流から、システムの導入サービス、アウトソーシングまでトータルなコンサルティングが行える数少ないコンサルティングファームです。

コンサルテーションの段階からSIフェーズを見据えた提案と、それを自社社員で行うことによる提案内容の実現可能性の高さ、顧客への責任感に強みを持っています。

ベイカレント・コンサルティングがおこなっているプロジェクト例を以下でいくつかご紹介しますね。

業界 プロジェクト例
戦略コンサルティング ハイテク業界 新規事業策定及び実行支援
金融業界 異業種コラボレーションによる新規事業策定支援
業務・ITコンサルティング 製薬業界 グローバル監査対応における業務改善
通信業界 国内外グループ企業間でのシステム統合支援
→【無料】ベイカレントコンサルティングへの転職を検討しているならまずは大手転職エージェントのリクルートエージェントで転職支援を申し込むことをオススメします。

ベイカレントの仕事内容

ベイカレント・コンサルティングの職種は、大きく分けて営業職とコンサルタント職に分かれています。

コンサルタントは戦略・IT・経営等の垣根がなくワンストップで行うことが特徴ではありますが、募集の際はバックボーンに併せて募集がされています。

ちなみに、エンジニアの経験を持った人がチャレンジする場合は、ITコンサルタントからスタートすることが多くなっています。

ベイカレント・コンサルティングの仕事内容について、役職別でご紹介していきます。

業務内容
アソシエイト プロジェクトのアシスタント全般を担当。 主な業務内容としては、インタビュー・リサーチ、データ解析、クライアント向け資料作成など。
コンサルタント プロジェクトにおけるタスク管理及び遂行を担当。 主な業務内容としては、仮説構築からドキュメンテーション、プロジェクトにおける課題・リスク管理など。
シニアコンサルタント 主力プロジェクトメンバーとしてプロジェクトの一領域を担当。 主な業務内容としては、現状分析や施策立案、クライアント報告など。
マネージャー・エキスパート プロジェクトの責任者でありながらも、メンバーとしてプロジェクト管理・運営を担当。 主な業務内容としては、プロジェクト設計からクライアントコミュニケーション管理、メンバーの育成など。
シニアマネージャー・シニアエキスパート 主要プロジェクトの責任者として、マネージャーの管理及びプロジェクト運営を担当。 主な業務内容としては、プロジェクト全体の品質管理や会社経営の観点から提案活動、社内トレーニングなど。
パートナー・チーフエキスパート 主要クライアントの責任者として、大規模プロジェクトや高難易度プロジェクトの統括管理・運営を担当。 主な業務内容としては、会社経営の観点から顧客開拓や社内全体のトレーニング、ナレッジマネジメントなど。
エグゼクティブパートナー 複数の主要クライアントの統括責任者を担当。 主な業務内容として、業界・テーマ有識者としてプロジェクト全体の品質担保や、マネジメント全般など。

→【PR】20代や第二新卒でベイカレントコンサルティングへの転職を検討しているなら、マイナビエージェント(20代・第二新卒の求人情報が豊富にある転職エージェント)への登録して転職相談をしましょう。

ベイカレントの年収相場

年収は実績に応じて大きく異なるため、平均年収がありませんが、おおむね500~600万程度でしょう。

本人の実力や周囲の評価に応じて役割が任されます。そのため、他社と比較して早い段階から高収入を得ることも可能です。

年齢別の平均年収

平均年収は成果次第で大きく変わるので、口コミなどを参考に年齢別年収を出してみました。ベイカレント・コンサルティングのおおよその平均年収を知りたい人は参考にしてみてください。

年収
20〜24歳 約370万円~400万円
25〜29歳 約530万円~580万円
30〜34歳 約560万円~660万円
35〜39歳 約580万円~690万円
40〜44歳 約650万円~770万円
45〜49歳 約740万円~860万円
50〜54歳 約810万円~920万円
55〜59歳 約810万円~920万円
60〜64歳 約530万円~920万円

年齢別の平均年収で高くなっているのは、経験や技術力が身についている50~59歳です。

20代後半で年収が500万円を超えるので、同年代よりも年収が高いですね。

役職別の平均年収

役職別の平均年収も成果次第で大きく変わるので、口コミなどを参考に算出してみました。

年収
役職なし 約500万円〜
アソシエイト 約500万円〜
コンサルタント 約600万円〜
シニアコンサルタント 約1,100万円〜
マネージャー・エキスパート 約1,200万円〜
シニアマネージャー・シニアエキスパート 約1,500万円〜
パートナー・チーフエキスパート 約1,500万円〜
エグゼクティブパートナー 約2,000万円〜

役職が上がるごとに、年収も上がる仕組みになっています。

シニアコンサルタントまで昇進すれば、年収は1,000万円を超えます。ただ、年収が上がる分、責任も増してくるので、重圧に耐えきれず辞めていく人も多いとか。

ベイカレントの福利厚生

福利厚生は非常に充実しているというよりかは、最低限のものはあるといった感じです。

最低限の福利厚生しかないものの、給与に反映されているのでおおむね満足している人が多いようです。

ただ、確定拠出年金がないため、自分で加入しないといけないという点に不満を感じているとか。ベイカレント・コンサルティングにどのような福利厚生があるのか、以下で少しご紹介しますね。

制度内容
福利厚生 社会保険完備 育児支援制度 社内表彰制度 研修制度 福利厚生施設(ホテル、スポーツクラブ、リゾート施設等利用可)
各種手当 出張手当 超過勤務手当 資格手当 出産手当 育児一時金 慶弔見舞金
休日・休暇 週休2日制 有給休暇 夏季休暇 年末年始休暇 慶弔休暇 産休・育休 特別休暇(結婚/忌引)

ベイカレントの研修制度

ベイカレント・コンサルティングは研修制度が充実しています。

第一線で活躍するコンサルタントや役員自らが講師として、月数回、多いときは4、5回研修をおこなうので、ビジネススキルをしっかりと学ぶことができます。

ちなみにベイカレント・コンサルティングには5つの研修制度があります。具体的にどのような研修があるのか、以下でご紹介します。

研修内容
①エントリー研修 コンサルタントがメンターとして、個々人のキャリア開発をサポート。 グループ研修などを通して、実践的且つ高度な能力開発を実施。
②職位別研修 役職に応じて求められるスキルを段階的に開発。
③選抜プログラム 戦略案件やプロジェクトマネジメント案件、グローバル案件への参画を希望するコンサルタント向けの研修。 成績上位者は優先的にプロジェクトに関われる。
④業界・サービス別研修 特定業界・テーマに対して、高度な専門性を有したコンサルタントが講師になって、課題の解決策についての講義を実施。
⑤キャリアカウンセリング マネージャー以上のコンサルタントがプロジェクトやキャリアに関する悩みに対して、定期的にキャリアカウンセリングを実施。

上記の他に英語研修、ベーシックコンサル研修、マネジメント研修、ドキュメンテーションプレゼンテーション研修などがあるので、仕事と研修を通じて早期のキャリアアップが可能になります。

ベイカレントの評判・口コミ

ベイカレントに興味がある、ベイカレントへ転職したい、と思いつつも実際の労働環境ってよく分からないですよね。

そこで元社員や現在も働いている方からの評判を集めてみました。ぜひ、転職するかどうかの参考にしてみてください。

良い評判・口コミ

ベイカレント・コンサルティングは他のフォームより、働きやすさに気を遣っているという口コミが多く寄せられました。

ベンチャー気質が強いので、新しいことに次々とチャレンジしたい人には向いているかもしれませんね。

シニアアソシエイト・27歳

他のファームに比べると、ベンチャー気質が強いと思う。一人ひとりが経営者視点を持って、一丸となって会社を成長させようとする雰囲気がある。

役員や経営者との距離が近いのも魅力。

コンサルタント30

希望を聞いた上で、できるだけ希望に近いプロジェクトを選ばせてもらってます。

様々な業界業種のプロジェクトを経験して知見を広げることも可能ですね。

コンサルタント・26歳

月45時間以上の残業をしないように社内でルールが決まっており、リーダーやマネージャーがメンバーの稼働管理にかなり気を遣っているように感じます。

そのため、残業を強要されたりということはないし、働きやすい環境だと思います。

マネージャー・36歳

中途採用で、別のコンサルティングファームからの転職の場合は、前職の年収以上を保証してもらえる場合が多い。

年収の上がり幅も結構大きく、待遇には満足している

悪い評判・口コミ

ベンチャー気質がある企業なので、自分で進んで仕事を取りにいく姿勢が重視されるようです。

とても優秀でないとやりたいプロジェクトを担当できない、という口コミも多く寄せられています。

コンサルタント・26歳

自主性を重んじる社風からか、上司からのフォローは他企業よりも少ないと感じます。

自分から仕事を覚えていく、自ら手をあげて動くという姿勢がない方にはきついかもしれません。

シニアコンサルタント・31歳

戦略コンサルがやりたくて入社したが、全プロジェクトの中で、戦略コンサルティングの案件は一握り。

実力がある人でないと、なかなか戦略コンサルのプロジェクトは回ってこない。

コンサルタント・28歳

チーム、プロジェクトによってかなり残業があるケースもあります。

チームのマネージャーの意識やマネジメントスキルによって大きく環境が左右されると思います。

営業・36歳

年収は基本的に、上がるか、そのまま。

評価が悪くても下がっていくことはないため、仕事をそんなにしていない役職者の方がそこそこの年収をもらっているケースがあり、不公平感を感じることがある。

ベイカレントの面接について

ベイカレント・コンサルティングの面接ですが、2〜3回程度になることが多いです。

中途採用の面接では、「技術的な経験」「顧客折衝・対応経験」を確認するような質問がよくされます。

また、今後コンサルタントとしてキャリアチェンジする上で、「なぜコンサルタントになりたいのか」「コンサルタントになってどのような課題解決に関わりたいのか」といった点もよく質問されるようです。

事前にしっかりとなぜコンサルタントになりたいのかなど、自分なりの回答を用意するようにしましょう。

このとき注意すべきことは、論理的でわかりやすく説明できるのか、という部分です。「論理的にわかりやすく説明する」のは、コンサルタントの資質として重視されるからです。

面接対策では、自分の考えを論理的に説明できるように、事前に準備しておきましょう。

→【PR】外資系企業への転職を希望しているなら、国内外問わず大手企業の求人が多いJACリクルートメントに登録をしましょう。

ベイカレントへの転職を成功させるコツ

ベイカレントへ本気で転職したいのなら、転職エージェントを利用することをおすすめします。

なぜなら、ベイカレントのように知名度が高い企業は、求人に応募が殺到することが見込まれるため、転職エージェントに対して非公開求人を出すことがあります。

非公開求人とは、転職サイトや求人情報誌などに掲載されておらず、一般に見ることのできない求人です。

ちなみに、転職エージェントが保有する8割の求人が非公開求人と言われています。

また、ベイカレントに合わせた面接対策や書類添削など、様々なサポートをしてくれるので登録しておいても損はないでしょう。

ベイカレントへの転職におすすめな転職エージェント

ベイカレントへの転職におすすめな転職エージェントをいくつかご紹介します!

大手の転職エージェントでも担当になるキャリアアドバイザーによって得意、不得意もあるので、まずは複数の転職エージェントへ登録をしてみて、自分に1番合うエージェントを見つけるようにすると良いですよ。

※転職エージェントは、平均して2〜3社登録することをおすすめします。

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。