ベイカレントの年収っていくら?残業代やボーナスについて徹底解説!

オフィス 会社 仕事 スーツ 男性 女性

    ベイカレント・コンサルティングの平均年収がどれぐらいなのか、転職のプロがズバリ解説します。

    また、職種別や競合他社と比較した給与水準、残業代・ボーナスなどについても分かりやすく紹介します。

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

ベイカレントの平均年収は1031万円

2020年5月に公開された有価証券報告書によると、ベイカレント・コンサルティングの平均年収は約1,031万円です。

dodaの「平均年収ランキング最新版(業種別)」を見てみると、サービス業界の平均年収は367万円となっています。その中でコンサルティングファーム/シンクタンクの平均年収は486万円であるというデータが出ています。

ベイカレント・コンサルティングと業界全体の年収を比較すると545万円もの差があり、ベイカレント・コンサルティングの年収のほうが高くなっています。

ベイカレントの売上は年々上昇

ベイカレント・コンサルティングの平均年収が高いのは、売上高が年々上昇しているからと言えます。

2017年2月期は171億7,600万円、2018年2月期は204億2,400万円、2019年2月期は239億9,100万円の売上高を記録しており、年々発展を遂げていると言えます。

ちなみにベイカレント・コンサルティングの勤続年数と平均年齢は以下のようになっています。

勤続年数 約3.9年
平均年齢 約32.6歳

ベイカレント・コンサルティングの勤続年数は、国税庁が発表している「民間給与実態統計調査(令和元年)」の平均勤続年数12.4年よりも、非常に短いことがわかりますね。

コンサルティング業界は人材のサイクルが早く、独立する人も多いというのが、べカレント・コンサルティングの勤続年数が短い理由として考えられます。

年収が高いベイカレントへ転職するには

ベイカレント・コンサルティングへの転職を考えているなら、個人で直接応募するよりもビズリーチアクシスコンサルティングといったコンサルティングファームの転職に特化した転職サービスを利用するほうがおすすめです。

これらの転職サービスでは、ベイカレント・コンサルティングの出題傾向を把握した上での選考対策とケース面接対策をおこなってくれるので、内定獲得に向けた対策を万全にすることができます。

個人だと採用基準や選考内容を把握しようにも限界があるかと思いますので、少しでも内定獲得率を上げたい人は、一度転職サービスを利用してみてください。

コンサルティングファームへの転職ならこちら

  • ビズリーチ
    ランキングやプロフィールを基に、コンサル転職の実績豊富なエージェントに相談できる
  • アクシスコンサルティング
    コンサル転職に強み。BIG4やアクセンチュアetcの大手総合系ファームへの転職実績豊富

また、コンサルティングファーム以外にも幅広い業界の中から自分に合った求人を探したい人は、求人数が豊富なリクルートエージェントdodaなどの大手エージェントを見てみてください。

転職エージェントは簡単な登録を済ませるだけで、あとは全て無料で求人提案から選考対策までしてくれるので、利用して損はないでしょう。

コンサル含め幅広い業界を検討するならこちら

まだ転職するか迷っている人は、企業の採用担当やエージェントからあなたの経験を生かせる求人オファーが届くビズリーチでオファーを待つのも一つの手です。

ベイカレント・コンサルティングへの転職を考えている人は、以下の記事も読んでみてください。

関連記事ベイカレント・コンサルティングに転職するには?評判や年収もご紹介!

ベイカレントの役職別平均年収

2020年10月時点のOpenworkのデータを元に、独自の方法で職種別平均年収を算出してみました。

役職 年収
アナリスト 約591万円
コンサルタント 約821万円
シニアコンサルタント 約952万円
マネージャー 約1,143万円

上記の職種別平均年収は現役社員・元社員の回答を元に独自で算出しており、もっとも高いのはマネージャーとなっています。その逆にもっとも低いのはアナリストですね。

アナリストは勤続年数が1年~3年程度で、その後コンサルタントやシニアコンサルトなど役職が上がると同時に、平均年収も大きく変わっていきます。

ベイカレント・コンサルティングがあらゆる側面から総合的にクライアント企業の変革をサポートしている性質から、専門性が必要な職種になるにつれて平均年収が高くなっていくと考えられますね。

ベイカレントと競合他社の年収比較

ベイカレント・コンサルティングと同じ大手コンサルティングファーム「野村総合研究所」「フューチャーアーキテクト」「船井総合研究所」の3社との年収を以下で比較してみました。

各社それぞれ、2020年10月時点で提出されている最新の有価証券報告書に記載されている平均年収を元に比較をしています。

野村総合研究所 約1,235万円
ベイカレント 約1,031万円
フューチャーアーキテクト 約822万円
船井総合研究所 約677万円

この中で野村総合研究所の年収がもっとも高くなっています。ベイカレント・コンサルティングは続いて2番目、そしてこの中でもっとも低いのは船井総合研究所ですね。

ただ、平均年収は各企業の業務形態や事業内容などによって変わってくるため、上記の平均年収比較は参考程度で見てください。

ベイカレントの残業代・ボーナス・昇給制度

ベイカレント・コンサルティングの残業代・ボーナス・昇給制度について、以下で詳しく紹介します。

ベイカレントの残業代

ベイカレント・コンサルティングの残業代についてですが、採用情報には記載がありませんでした。

ただ、2020年10月時点で募集されている戦略コンサルタントの求人票には、給与の欄に「固定残業手当は月、45時間該当分、170,000円~を支給」と記載されていました。

また、残業時間ですが、コーポレートサイトには情報がありませんでした。

ですが、2020年10月時点でdodaに掲載されていた求人票によると「時間外労働有無:有」という記載があったので、残業自体はあるようですね。

ベイカレントのボーナス・昇給制度

ベイカレント・コンサルティングのボーナスについても、コーポレートサイトの採用情報をチェックしたところ、給与の欄に「別途賞与支給あり」とだけ記載されており、詳細情報がありませんでした。

2020年10月時点でdodaに掲載されている求人票では「賞与年2回」とありました。

一方、昇給についても年1回(4月)にあります。著しい成果や貢献があったと認められた場合、改定時期に関わらず臨時昇給をおこなうこともあるそうですよ。

ベイカレントの年収に対する評判・口コミ

ベイカレント・コンサルティングの年収に対する評価を集めてみました。

現役社員・元社員が年収に対して、どのように思っているのか、参考にしたい人はぜひ目を通してみてください!

良い評判・口コミ

コンサルタント・30代

給与水準はかなり高く、1年目から2年目まで4万~5万上がりました。

結果や成果次第では20代で1,000万円も狙えるため、モチベーションも上がります。

コンサルタント・20代

マネージャーになれば1,000万円を超えることが可能です。

昇進さえすれば昇給スピードは速いほうだと思いますよ。

悪い評判・口コミ

コンサルタント・20代

定量評価と定性評価がされます。定量評価は単価と稼働率、定性評価はプロジェクトリーダーの評価です。

一応、評価項目は整理されていますが、定性評価の妥当性は危ういですね。

コンサルタント・30代

いくら高いパフォーマンスで結果を出しても、プロジェクト事情で単価が安ければ給与は上がりません。

単価や稼働率がジュニアメンバーにも課されますが、コントロールできるものではないので、アサインされるプロジェクトの見極めが必要だと思います。

ベイカレントへ転職したいのなら

結論から言うと、ベイカレント・コンサルティングへの転職を考えている人には転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントでは、ケース面接など過去のベイカレント・コンサルティングの出題傾向を分析して対策を実施してくれるため、内定獲得率を上げられるからです。

個人で対策する場合、自分の推測だけを頼りに対策を進めることになるので、少しでも内定に近づくには個人で挑むより、エージェントを頼るほうが得策でしょう。

ただ、担当のキャリアアドバイザーによってサポートの質が異なるので、まずは2~3社複数登録して、そこから自分に合ったキャリアアドバイザーと転職活動を進めていくのがベストですね。

コンサルの転職に特化した転職エージェント

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)
に相談する

現役コンサルタントの転職支援数No.1!
ファーム to ファーム、事業会社、フリーコンサル、未経験からコンサルなどコンサル職への転職に強みをもつ転職エージェント!

ポイント

  1. 大手コンサルティングファームへの転職決定実績多数
  2. 平均の転職サポートの期間は3年!
  3. 各コンサルティングファームのマネージャーから入手した独自の企業動向を提供

こんな人がおすすめ!

  • コンサル業界で働いている人
  • しっかり時間をかけて転職をしたい人
  • 企業毎の書類・面接対策をご希望の人

アクシスコンサルティング
に相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェント
に相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

doda
に相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェント
に相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント