Googleの年収っていくら?残業代やボーナスについても徹底解説!

Google Japanの平均年収がどれぐらいなのか、転職のプロがズバリ解説します。

また、職種別や競合他社と比較した給与水準、残業代・ボーナスなどについても分かりやすく紹介します。

Googleの平均年収は1486万円

Google Japanは有価証券報告書がないので、今回は代わりにOpenworkを参考にしたいと思います。

Openworkの情報によると、Google Japanの平均年収は約1,486万円です。この平均年収の金額は、Openworkに口コミを寄せた回答者(33人)の平均年収です。

あくまでも2020年7月時点でのデータなので、時期によって変わる可能性があります。

dodaの「平均年収ランキング最新版(業種別)」を見てみると、IT/通信業界の平均年収は446万円となっています。その中で通信/ISP/データセンターの平均年収は405万円であるというデータが出ています。

Google Japanの平均年収は業界の平均年収よりも高いことがわかりますね。年に1回昇給制度が設けられているため、実績・貢献が評価されれば、それだけ給与アップが見込めるでしょう。

年収が高いGoogleへ転職するには

Google Japanへ転職したいのであれば、転職エージェントを使うのがおすすめです。

Google Japanのような大企業の場合、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaの大手エージェントに人材紹介を依頼するケースがほとんどです。

また、ハイクラス向け転職サイトのビズリーチに登録しておくと、Googleの求人を保有しているヘッドハンターからスカウトしてもらえる可能性があります。

大手エージェント3社と一緒にビズリーチを登録しておくのがおすすめです。

大手企業への転職に強い転職エージェント

また、転職するべきか迷っている人は、Googleのような大手企業から直接スカウトされる可能性があるビズリーチに登録するのがおすすめです。

アメリカ本社では年収2650万円

Google Japanの平均年収は、日本支社とアメリカ支社とでは大きく違います。

実際にGoogle Japanの持株会社であるAlphabet Inc.が2019年4月に提出した有価証券報告書を参考に、日本支社とアメリカ支社の平均年収を以下の表にまとめてみました。

アメリカ本社 $246,804(2,648万円)
日本支社 約1,486万円

上記、アメリカ支社の平均年収の金額は、2020年7月14日の1ドル107.31円で算出しています。そのため、日によって年収金額が変動するので、あくまでも参考程度に見てくださいね!

Googleの職種別平均年収

2020年7月時点のOpenworkに投稿されている年収データを元に、独自の方法で職種別平均年収を算出してみました。

営業系 約817万円
企画・事務・管理系 約1,534万円
IT系エンジニア 約1,393万円

上記の職種別平均年収は現役社員・元社員の回答を元に独自で算出しており、もっとも高いのは、企画・事務・管理系となっています。その逆にもっとも低いのは、営業系ですね。

回答人数や回答者の役職などにもよって平均年収は変わってくるので、参考程度に見てもらえればと思います。

Googleと競合他社の年収比較

Google Japanと同じIT業界「楽天」「Yahoo!」「メルカリ」の3社との年収を以下で比較してみました。

Google Japanのみ有価証券報告書の提出がないため、Openworkのデータを参考にしています。

その他3社は2020年6月時点に提出されている最新の有価証券報告書に記載されている平均年収を元に比較をしています。
Google 約1,486万円
Yahoo! 約1,105万円
楽天 約755万円
メルカリ 約712万円

この中でGoogle Japanは1番目となっています。一方、この中でもっとも低いのはメルカリですね。

Google Japanはもともと給与水準が高く、賞与が年に4回もあります。ジョブレベルが上がればそれだけ賞与の金額も上がるため、良い業績を残せばそれだけ給与アップの見込みがあります。

ただ、平均年収は各企業の業務形態や事業内容などによって変わってくるため、上記の平均年収比較は参考程度で見てください。

Googleの残業代・ボーナス・昇給制度

Google Japanの残業代・ボーナス・昇給制度について、以下で詳しく紹介します。

Google Japanの残業代

Google Japanの残業代についてですが、コーポレートサイトの採用情報や転職エージェントに掲載されている求人票には記載がありませんでした。

Openworkの口コミをチェックしてみると、基本的に年俸制でありながらも残業代はしっかり完備されているとのことです。

全体的に残業が少なくライフ・ワーク・バランスが取りやすい、という口コミも多く見られました。ただ、その部署によっては残業が多くハードだったり、忙しくならない限り残業がなかったりと差があるみたいですね。

Google Japanのボーナス・昇給制度

Google Japanのボーナスは、大きく2つのプランに分かれています。

1つ目のプランは、チームの営業目標の達成度に応じて四半期ごとにセールスボーナスを受け取れるプランです。

2つ目のプランは、会社全体の業績に応じて年に1回コーポレートボーナスを受け取れるプランのようです。

それぞれのプランとジョブレベルに応じて、ボーナスの金額が決定されます。また、ボーナスとは別に株式が付与されるみたいですよ。

一方、昇給は年1回あります。昇進するタイミングで昇給するという形になっています。ポジションや役職にもよりますが、昇進すると10%〜30%ほど年収がアップするするそうです。

Googleの年収に対する評判・口コミ

Google Japanの年収に対する評価を集めてみました。

現役社員・元社員が年収に対して、どのように思っているのか、参考にしたい人はぜひ目を通してみてください!

良い評判・口コミ

営業・30代

新卒3年目で順調に昇給できれば850万円〜900万円くらいいきますね。エンジニアならもっと高い年収額になります。

ただ、新卒で入社しても3年目には年間数百万以上、給与に差が出ます。ですので、自分を上手にPRする必要があるかと思いますね。

エンジニア・20代

大学院卒の新卒エンジニアで年収ベースが700万円〜800万円ほどでした。そこに10%〜25%の賞与が加わります。

さらにRSUが支払われるので、初年度で約1,000万円の収入になりますね。

ジョブレベルに応じて給与が上がっていくため、昇進すると10%〜30%ほど収入が上がりますよ。

営業・20代

給与はとても良いです。給与だけではなくて株式も付与されます。

中途入社で営業職に配属されましたが、株式を含めて年収は1,000万円くらいですね。

悪い評判・口コミ

エンジニア・30代

基本給とは別に賞与や自社の株式がもらえますし、一時的なボーナスもあります。ですが、基本給は職務レベルによってある程度のレンジが決まっているらしく、昇進しない限りは変動しません。

一方で株式の付与がおよそ4年で終わるので、5年目以降の給与は株式がなくなる分下がってしまう可能性が高いです。

営業・30代

想定していたよりもボーナスが低いです。チームの業績に連動するので、あまり期待はしないほうが良いかもしれません。

評価制度も存在はしていますが、実際にはある程度、年功序列に上がっている気がします。

企画・20代

給与水準は高いと思いますが、ボーナスを会社の業績連動でもらっている人はボーナスによる変動がほぼないです。

評価制度も公平にしようとしていますが、結局はマネージャー次第なので気に入られるかどうかで、自分の出世が大きく左右されるんだなと感じました。

Googleへの転職を成功させるコツ

Google Japanへの転職の難易度は非常に高いです。なぜなら大手IT会社の1つであり、転職したい企業ランキングでも常に1位を獲得している企業だからです。

実際に、dodaが公開している「転職人気企業ランキング2019」によると、1位がGoogle Japan、2位がトヨタ自動車、そして3位が楽天となっています。

Google Japanは即戦力人材を求めている傾向が強く見られます。例えば、セールス職ならWeb・IT業界での法人営業経験者、エンジニア職なら実務で使用するプログラミング言語の使用経験などですね。

だからこそ、自分1人で直接応募するよりも転職エージェントなどを利用して、転職のサポートをしてもらいながら活動を進めるのがおすすめです。

ただ、そのキャリアアドバイザーによってサポート力やスキルに違いがあるので、2社〜3社に複数登録し相性の良いキャリアアドバイザーを効率的に見つけていきましょう!

また、転職するべきか迷っている人は、Googleのような企業からスカウトされる可能性があるビズリーチに登録するのがおすすめです。

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数(未経験の人は対応不可)
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。
求人企業と強いコネクションがあり、求人票では分からない企業情報も教えてもらえる人材紹介会社です。

ポイント

  1. IT・Web・ゲーム業界の非公開求人は約10,000件!(2019年12月時点)
  2. 新規事業・経営企画・クリエイター等のハイクラス求人を多数保有

ギークリーに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント