既卒が利用できる就活サイト9選!活用するポイントについても紹介

  • !

既卒 就活サイト

    既卒が利用できる就活サイトを厳選して9社ご紹介します。それぞれの特徴や魅力についても説明します。

    また、活用するポイントやよくある疑問についても合わせて解説します!

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

既卒向けのおすすめ就活サイト9選

既卒の就職に役立つサービスには「求人サイト」と「就職エージェント」の2つがあります。

どちらも就職をする上で活用すると便利ですが、実はサービス内容が違います。求人を紹介してくれるという点では、どちらも同じですが、問題はそのあとです。

求人サイトは気になる求人を検索したあとは、すべて自分でおこなわなければなりません。求人への応募、面接の日程調整、履歴書・職務経歴書の作成、面接対策は全部自分でやる必要があります。

一方で就職エージェントは先ほど紹介したすべてを無料でサポートしてくれます。さらに、紹介される求人はブラック企業を徹底的に排除しているので安心です。

就職エージェント・求人サイトの違いを踏まえて、それぞれのおすすめを分けてご紹介します。

既卒向けの就職エージェント4選

求人紹介だけでなく、就活に関わるすべてをサポートしてくれる就職エージェントをご紹介します。

就職エージェントにもいろいろとありますが、既卒のサポートに特化しているものだけを厳選しています。

上記の他に第二新卒エージェントneoやマイナビジョブ20'sなど、既卒向けの就職エージェントはありますが、今回はとくにおすすめの5つを以下で詳しく紹介していきます。

UZUZ

既卒者に利用してもらいたい就職エージェントは、UZUZです

UZUZは創業者自身が既卒で就活に苦労していました。そのときの経験から既卒の就職を支援しようと立ち上げたのがUZUZです。そのため、サポートを担当するキャリアアドバイザーも元既卒や元第二新卒が多いです。

実際に既卒を経験しているからこそ分かる悩み、苦労、不安に対して、的確なアドバイスをしてくれると評判です。

そして、特筆すべきなのはサポートの手厚さです。UZUZでは1人あたり平均20時間にも及ぶ丁寧なサポートを実施しています。時間をかけたサポートによって、UZUZの書類選考通過率は87%、内定率は86%、定着率は94.7%と高い実績を出しています。

選考対策はもちろんのこと、UZUZでは社会人として必要なビジネスマナーなどが学べるウズウズカレッジも運営しています。働く前にしっかりとビジネスマナーを学べるので安心です。

他にも厳格な判断基準を設け、ブラック企業を徹底排除したり、入社後のアフターフォローもおこない、会社全体で既卒者の就職を支援しています。

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

UZUZ
に相談する

ハタラクティブ

ハタラクティブは、UZUZと合わせて利用したい就職エージェントです。

既卒やフリーターといった社会経験がない20代の就職支援に特化しており、未経験OKの求人を常時2300件保有しています。

紹介する求人は実際に取材をした企業のみに徹底しています。そのため、求人の詳細情報から職場の雰囲気まで、調べても出てこない情報を知ることができます。

ちなみにハタラクティブ利用者の書類選考通過率は91.4%、内定率は80.4%になっています。

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け就活支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人3000件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブ
に相談する

マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代〜30代前半の若手層のサポートを得意としている就職エージェントです。

というのも、マイナビは新卒領域において業界No.1であるため、若手を積極的に採用している企業との取引が多いからなんです。

若手向けの全業種の求人を保有しているだけでなく、未経験歓迎の求人も豊富にあるので、第二新卒や既卒の方におすすめだと言えますね。

また、他社の大手エージェントと比べてサポートが手厚いことで有名なので、初めて就職活動をするという人でも安心して利用できますよ。

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェント
に相談する

ジェイック

ジェイックは既卒や第二新卒といった20代の就職支援サービスを提供しています。

既卒の就職支援をおこなっている「就職カレッジ」では、キャリアアドバイザーとの面談後に就職講座を受講することになります。就職講座では、基本的なビジネスマナーから自己分析、企業研究、履歴書の書き方、面接対策などを学ぶことができます。

この就職講座を無事に修了すると、未経験を積極的に採用している約20社の優良企業との集団面接会に参加できるようになります。この集団面接会では書類選考なしで面接をおこなってくれるので、最短2週間で内定を獲得できる場合もありますね。

ちなみにジェイックの就職成功率は81.1%、定着率は91.3%になっています。7日間にも渡る就職講座に参加できる人にはおすすめの就職エージェントです。

既卒向けの求人サイト5選

既卒が使える求人サイトを5社ご紹介します。

それぞれの特徴や魅力など、以下で詳しく説明します。

doda

dodaはパーソルキャリアが運営している就職支援サービスです。求人数は業界トップクラスを誇り、転職者満足度がNo.1となっています。

一番の特徴はなんと言っても、求人サイトとエージェントサービスが一体となっていることです。

これにより、求人検索とキャリアアドバイザーへの相談が同時におこなえるので、dodaの求人サイトで見つけた企業の詳細情報をアドバイザーに実際に聞くことができるというわけです。

もちろんアドバイザーが求人を絞って提案もしてくれるので、特に初めて就職する既卒の方でも安心して利用できると言えますね。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. 約10万件の求人の中から、アドバイザーが厳選してピッタリの求人を提案してくれる
  2. リクルートが保有していない求人を保有している可能性もある

doda
に相談する

リクナビNEXT

リクナビNEXTは国内最大級の求人数を保有しており、利用者満足度No.1の求人サイトです。

豊富な求人数とAI技術を駆使したシステムによって、思いもよらなかった求人と出会える可能性があります。

就活を始めてみたいけど「どんな仕事があるのか分からない」「何かきっかけが欲しい」という人にもおすすめです。

リクナビNEXTには「グッドポイント診断」というものがあります。これは質問に答えるだけで、自分の強みやアピールポイントが分かる本格的な診断です。利用すれば、求人応募した企業に診断結果を添付できるので便利です。

自分の強みが分からない、自己分析のやり方が分からない既卒者の就職入門として、最初に登録しておくと良い求人サイトだと言えますね。

リクルートグループが運営する転職サイト!
リクナビNEXTにしかない求人が多く、他のサービスと併用するのがおすすめです。

ポイント

  1. 転職者の約8割が利用している国内最大級の転職サイト
  2. リクナビNEXTだけの限定求人が約85%
  3. グッドポイント診断で自分の強みが簡単にわかる

リクナビNEXT
に相談する

Re就活

Re就活は20代専門の求人サイトです。20代の就職・転職実績は群を抜いてもっとも良いです。

ポテンシャルや人柄を重視する未経験歓迎の求人を多く取り扱っており、既卒にも人気のある求人サイトですね。

既卒向けに特集ページも用意されているので、どの求人を探せば良いのか悩んでいる人でも利用しやすいです。無料でできる適職診断もあるので、やりたい仕事が見つからない人はぜひ利用してみてください。

リクナビダイレクト既卒版

リクナビダイレクト既卒版は、既卒に特化した求人サイトです。リクナビNEXTと同じリクルートグループが運営しています。

リクナビNEXTは既卒以外の求人も取り扱っていますが、リクナビダイレクト既卒版では既卒者を対象にした求人だけを掲載しています。

登録情報からおすすめの企業を絞り込んでくれるだけではなく、5つの質問に答えるだけで希望条件にあった求人が毎週リストアップされます。

既卒者向けの求人を上手く探せない既卒や自分に合った企業を探せない既卒におすすめの求人サイトです。

ただ、求人数はリクナビNEXTよりも減ってしまうので、合わせて利用すると理想の求人と出会える可能性が高まります。

いい就職ドットコム

いい就職ドットコムは20万人が利用しており、国内最大級の既卒・第二新卒向けの就活サイトです。

10年以上も社会人経験のない既卒者を支援し続け、2018年5月時点でいい就職ドットコムを利用して就職した人の数は10万人を超えています。

圧倒的な実績と蓄積されたノウハウで掲載する求人を厳選しています。求人依頼された企業すべてに直接出向き、基準をクリアしているのか1社1社確認しています。これによりブラック企業を排除し、既卒者を対象とした優良企業の正社員求人のみを掲載できています。

取り扱っている業界・職種は幅広く、大手企業から中小企業、ベンチャー企業の求人まで保有しています。

また、「あってme.」というサービスを利用すると、個性や趣味を登録するだけで企業から面談オファーが届きます。この面談オファーが届くと、書類選考なしで気になる企業と面談ができるので便利です。

既卒が就活サイトを最大限活用する3ステップ

なんとなくで登録した就活サイトを利用し続けても、ぶっちゃけ上手くいきません。1日でも早く内定を得るには、実はポイントがあるのです。

そのポイントについて、以下で現役の転職エージェントである筆者が詳しく説明していきますね。

就活サポート付きのサービスを利用しよう

既卒の就活支援サービスには、求人サイトと就職エージェントの2つがあります。

どちらを利用しても就職することはできますが、既卒者の場合は「就職エージェント」がおすすめです

なぜなら求人サイトには就活サポートが付いておらず、求人の選定から面接対策まですべて自分でおこなわなければなりません。一方、就職エージェントはすべてサポートしてくれます。

  • 将来のキャリアに関する相談
  • ブラック企業が排除されており、希望に合う求人の紹介
  • 企業研究
  • 履歴書・職務経歴書の作成アドバイス
  • 応募企業に合わせた面接対策
  • ビジネスマナー講座など
  • 入社後の悩み相談
  • 面接などの日程調整

就職エージェントによって細かいところは変わってきますが、利用すれば無料で上記のサポートをすべて受けることができます。

就職のプロが丁寧にアドバイスしている既卒者と、すべてを自分で手探りでやっている既卒者を比較した場合、前者のほうが内定を得やすいのは一目瞭然ですよね。本気で就職したい既卒者は、全面的に就活をサポートしてくれる就職エージェントを積極的に利用しましょう。

複数のサービスを利用して1つに絞り込もう

就職エージェントを利用したほうが内定を得やすいのは分かったけど、最初だし「とりあえず1社だけ」という考え方は間違っています。

なぜなら、実際にそのサポートが自分に合うのか、働きたい!と思える求人があるのかは、ぶっちゃけ利用してみないとわからないからです。また、担当になるキャリアアドバイザーの経験やスキルによってもサポートの質が変わってきます。

最初から複数の就職エージェントに登録していれば、それぞれを比較することができます。比較することでより優秀なキャリアアドバイザーにサポートしてもらえるので、内定を獲得できる可能性も高まります。

何に登録するべきなのか悩んでいるのなら、まずはUZUZを押さえておくと良いですね。

エージェントの複数登録について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてください。

内定獲得まで徹底的に面接対策する

書籍を買って自己流で面接対策をしても、残念ながら百戦錬磨の面接官には太刀打ちできません。

何年も既卒の就職支援をおこなってきた就職エージェントのノウハウを利用したほうが、内定を獲得しやすいです。そのため、就職エージェントを使い倒すつもりで、徹底的に面接対策をしてもらってください。

既卒の面接では「なぜ既卒になったのか」「学校を卒業してから何をやっていたのか」「なぜ就職しようと思ったのか」など、既卒ならではの質問をされます。

自分だけだとどのように答えて良いのか分からず、ネットで検索した回答例をそのまま言ってしまう場合がありますが、これはNGです。よく使われる回答例は面接官も把握しているからです。

しかし、就職エージェントを利用すれば、どのように答えれば良いのか、どうすれば自分らしい答えになるのかをアドバイスしてもらえます。どこにもない自分らしい答え方ができれば、面接官の評価も良くなります。

既卒に面接について詳しく書いた記事を載せておきますので、是非参考にしてください。

既卒が就活サイトを利用する際によくあるQ&A

既卒が就活サイトを利用する際によくある疑問を現役のプロが回答します。

Q.求人が営業職ばかり

男性・23歳

現在、いくつかの就活サイトに登録しています。

利用して思ったのですが、営業職の求人ばかりです。メーカーでも金融、ITでも、いつ見ても営業ばかりです。

既卒が応募できる求人には営業職しかないのですか?他の職種はないのですか?

末永

営業職は特殊なスキルを必要としないため、未経験でも挑戦できる職種です。

本人の努力次第でスキルや経験を身につけられるため、企業も未経験者を積極的に採用しています。

他の職種で言えば、事務職も未経験から挑戦しやすいです。ただ、正社員としての雇用は少なく、年収も上がりづらいのであまりおすすめできません。

求人に応募するのはどこからが良い?

女性・22歳

気になる求人を見つけば場合、求人サイトから応募すべきなのか、それとも企業の採用ページから応募すべきなのか悩んでいます。

採用ページがない企業以外は、管理がしやすいようにリクナビNEXTなどでまとめてエントリーしたほうが良いのでしょうか?

末永

企業の採用ページからでもリクナビNEXTなどの求人サイトから応募しても、就職難易度は変わりません。なので、どちらから応募しても大丈夫です。

リクナビNEXTなどの求人サイトは管理画面で応募者を一括管理しているので、採用担当者の見落としが少ないです。

大量募集している企業や大企業の場合は、応募が殺到しているため見落とされてしまうケースがあります。求人サイトから応募したほうが見落としのリスクは減らせますね。

求人サイトにはブラック企業の求人も混ざってる?

男性・24歳

既卒が使える求人サイトって、ブラック企業の求人って混ざってますか?

末永

混ざっている可能性があります。ホワイト企業からブラック企業まで、色々と求人が掲載されています。

求人サイトを使う場合は、自分でブラック企業かどうかを見分ける必要があります。見分ける自信がない場合は、ブラック企業を徹底排除している就職エージェントの利用がおすすめです。

既卒の就職に役立つ関連記事

就職を目指す既卒に役立つ関連記事を載せておきますので、こちらも合わせて参考にしてください。

人気の転職エージェント