既卒必読!履歴書と職務経歴書の書き方をプロが伝授!【例文付き】

The following two tabs change content below.

アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

既卒者でこれから就職をしたいと思っているけど、履歴書の書き方が良く分からない人は多いのではないでしょうか。

職歴のところにアルバイト歴は書いて良いのか、志望動機や自己PRは何を書けば良いのかなど、分からない事が多々あるかと思います。

今回は、既卒者向けに履歴書の書き方を紹介していきたいと思います。これから企業に応募する履歴書を書こうと思っている人は、是非参考にしてみてください。

既卒の履歴書の書き方例


既卒者の履歴書の書き方を紹介します。基本的な書き方は新卒と同じですが、職歴や志望動機など書き方のコツはあります。

実際にどんなコツがあるのか、以下から具体的に紹介していきますね。

職歴はアルバイト歴を含めて書く


職歴を書く際、応募する企業にとって有益であるのなら、アルバイト歴を含めて書いて良いです。

新卒では職歴にアルバイトは含まないと教えられますが、すでに学校を卒業している既卒者には、新卒のルールは適用されません。

アルバイト歴でも、応募した企業にとって有益と判断できるなら、アピール材料にもなるのでむしろ書くべきです。

履歴書にアルバイト歴を書く時は、「株式会社〇〇 入社(アルバイト)」のように、入社の後に()をつけて記入してください。

志望動機は企業の下調べをしてから書くべき


まず、履歴書に志望動機を書く時は、応募した企業がおこなっている業務やどのような企業理念を持っているのかを、企業の公式HPやコーポレートサイトを確認してから書くようにしましょう。

一般的に見たらよく書けている志望動機でも、応募した企業の業務内容や経営理念とズレがあると、「うちの会社ではやっていけないな」と判断されてしまうので、事前にしっかり確認する必要があるのです。

企業の情報と、自分の価値観や仕事する上でのスタンスを、上手く繋ぎ合わせて書くことで、どうしてその企業を志望したのかが伝わりやすくなります。

上手くアピールできる自己PRのコツ【例文付き】

履歴書の自己PRを、上手く面接官にアピールできる書き方のコツをケース別に紹介します。これから履歴書に自己PRを書く人は、参考にしてみてください。

卒業したばかりでも在学中に就活してたかで書く内容が変わる

学校を卒業したばかりの既卒者でも、学生時代に就活していたが内定をもらえなかった人は「過去の反省とそれをどう改善していくか」、就活していなかった人は「なぜしなかったのか」のように、就活していた人と、していなかった人で書く内容が変わります。

学生時代に就活していた人としていなかった人で共通してることは、敬語の使い方や誤字脱字を無くすなど、常識から外れないように気を付けることです。

在学中に内定をもらえなかった
在学中に就職活動をおこなっておりましたが、なかなか内定を頂けず現在に至ります。

同期の学友達は大半が就職先を決めている中、なぜ自分は決まらないのかと、在学中は不思議でしたが、思い返してみると、私はとにかく就職することしか考えておらず、どういった仕事がしたいのかを全く考えていませんでした。

大学を卒業してから少し考える時間があり、昔から人と接することが好きで、それが出来ることを仕事にしたいと思うようになりました。

とにかく他人といる時間が多く、初対面の方でも気兼ねなく話すことが出来るので、コミュニケーション能力には自信があります。貴社とご縁がありましたら、持ち前のコミュニケーション能力を生かして、存分に活躍していきたいと考えています。

卒業してから就活を始めた
大学時代からアルバイトしていた飲食店でバイトリーダーになり、給与面でも他のアルバイトよりも頂いていたことから、就職しないでも生きていけると思い、在学中は就職活動せずに過ごしていました。

ですが、同期の学友達と話し、仕事での成果などを聞いているうちに、次第に焦りを感じはじめました。もちろん、大変だったことも聞くのですが、社会人を経験している分、考え方もどんどん成長しているのを見る度、私がいまいち成長していないと感じます。

今では、学友達に1日でも早く追い付きたい気持ちでいっぱいです。未熟ではありますが、貴社とご一緒に仕事をさせて頂けましたら、1日でも早く戦力になれるように、精進していきたいと考えています。

アルバイトしていた人は仕事での行動と成果をアピールする

学校を卒業してからしばらくアルバイトしていた人は、アルバイト先で「どう意識して仕事に取り組み、どんな成果を上げた」のかを意識して書きましょう。

既卒者には、面接官も実績やキャリアは求めていません。それよりも、アルバイトをしていたなら、どう仕事に取り組んでいたのかが重要になってきます。

アルバイトしていた人の例文
大学を卒業してからの2年間、アパレルの販売スタッフとして勤めてまいりました。お客様からしたら、正社員とアルバイトも変わらないサービスを求められていると感じ、常にレベルの高い接客をできるように心がけておりました。その成果で、1ヶ月のノルマだった●万円を上回る、●万円を売り上げることできました。貴社で仕事をさせて頂ける事になりましたら、お客様にレベルの高い接客を提供するというスタンスは変えずに、少しでも早く戦力になれるように精進してまいります。

ニートの人はなぜ正社員で働こうと思ったのかを明確にする

一度も働いたことがない人は、まず学校を卒業してから数年経ち、現在まで何をしていたのかをしっかりと伝えましょう。それから、なぜ正社員を目指しているのかを明確すべきです。

企業が空白期間について質問するのかというと、「仕事への意欲がないのでは?」や「入社してもちゃんと働いてくれるのか」という点に不安を持っているからです。

企業の不安を払拭するためにも、誤魔化したりせず空白期間はしっかりと説明し、仕事への意欲を伝えるために、正社員になりたい理由も明確に提示しましょう。

ニートから正社員になりたい人
大学卒後から現在まで、何がしたいのかわからず自分探しをしていました。日本各地を周り、様々なものを見て、自分は何がしたいのかを探し続けていました。その時に、旅先で知り合った人や助けてもらった人を思い出し、自分も困っている人に手を差し伸べられる存在になりたいと思うようになり、人に幸せを与えらる仕事がしたいと考えるようになりました。貴社で仕事をさせて頂けましたら、旅先で得たコミュケーション能力を存分に発揮し、貢献していきたいと考えています。

履歴書の選び方は自己PR欄が長いものを選ぶ

履歴書は、自己PR欄が長いものがおすすめです。ネットに落ちている履歴書のフォーマットで、自己PR欄が長いものを選びプリントアウトして使用しましょう。

既卒者は職歴がないので、コンビニなど市販で売っているような、職務経歴が長くて自己PR欄が短い履歴書ではアピールしにくいためです。

また、大学を卒業したばかりの既卒者は、大学指定の履歴書は使わない方が良いです。採用担当者によっては、大学に在籍しているわけでもないのに、大学指定の履歴書を使うのに違和感を感じる人もいるため、大学指定の履歴書は使わないのが無難です。

次からは、職務経歴書について解説していきますね。

職務経歴書の書き方例


既卒者向けに、職務経歴書の書き方を紹介していきます。恐らく、ほとんどの人は書いた事がないものだと思うので、参考にしてみてください。

ちなみに、ネットで職務経歴書について調べると、色んな形のフォーマットが出てくると思いますが、職務経歴書には決まったフォーマットがないので、どれを使用しても問題ありません。

職務要約は今までの職歴を簡単にまとめる


職務要約は、色々な職務経歴書のフォーマットの1番はじめにある事が多いですが、ここには今までの職務経歴の概要を要約して書きます。

職務要約は、だいたい2行〜3行でまとめると見やすくて良いです。また、誰に対してどんな仕事をしてきたのかもまとめましょう。

ちなみに、職務経歴書のフォーマットによっては「経歴要約」や「職歴要約」などと書かれている事がありますが、職務要約と同じものと考えて問題ありません。

職務経歴書はアルバイトの経験を書く


正社員経験のない既卒者は、アルバイトの経験を職務経歴書に書きましょう。職歴にアルバイト経験を書いて良いのか迷うと思いますが、履歴書同様に企業にとって有益であるなら、アピールポイントになるのでむしろ書くべきです。

職歴を書くときは、会社名、在籍した期間、雇用形態、部署、業務内容、資本金、従業員数、売上高を書くのが一般的です。

自己PRは履歴書と同じ内容にしない


職務経歴書にも、大抵自己PRを書く欄がありますが、伝えたい事は同じでも履歴書で書いた内容と、そっくりそのままな内容にするのは避けるべきです。

全く同じ内容だと、手抜きだと思われる可能性があります。厳密には、書いてある内容自体は同じでも、書き方を変えるだけで良いです。

選考に不安のある既卒の方は、転職エージェントを利用すべし!

書類による選考は、ほとんどの企業に取り入れられている方法であり、今や巷には、「書類選考を通過するコツ」「受かる履歴書を書く方法!」などのようなネット記事や本であふれています。(この記事もその1つなのですが。笑)
そのため、誰でも選考書類を書くノウハウ自体は集めることができ、それなりの書類は書くことができるのです。

つまり何が言いたいのかと言いますと、みなさんが不安なのは、ノウハウ等を見て自分なりに書類を作成して出来上がった書類が、本当に選考先の企業にとっていいものになっているか、という判断が自分ではできないことではないでしょうか。

そのためには、選考書類に知見のある第三者に見てもらう必要があるので、一度転職エージェントに相談することをオススメします。

転職ではなく、まずは就職なのだけど!?と思う方もいるかもしれませんが、実は転職エージェントでは既卒者の就職支援もおこなっているのです。
ちなみに転職エージェントとは、求職者の希望に合わせ求人を紹介し、そこから無事に入社できるようにサポートをするサービスのことです。専門家が一緒に自己分析をおこなってくれたり、履歴書や職務経歴書の書き方のアドバイスなどを「無料」でしてくれます。

転職エージェントは、相談時にあなたの経歴等をしっかりと確認し、志望企業が望む人物像に合わせた書類を作成してくれます!
さらに、優秀なキャリアアドバイザーであれば、エントリー時に転職者の履歴書や職務経歴書などが埋もれてしまわないように、企業側に対して経歴だけでなく、人柄も含めてプッシュしてくれるため、自分ひとりで選考に応募するより、はるかに書類選考通過率を高められます。

とはいえ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリです。優秀なキャリアコンサルタントに当たるためには、複数の転職エージェントに登録するのが良いです。

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度。
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、サポートを進めてもらうエージェントを、比較・検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

既卒者・第二新卒のサポートに特化した転職エージェント

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント
  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

第二新卒・既卒・フリーター・高卒に特化した就職支援サービスとしては老舗。
研修やアフターフォローを通じて同じ境遇で頑張る仲間に出会える

ポイント
  1. ノウハウが詰まったオリジナルのスキルアップ研修が無料で受講可能!
  2. 転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらえる

ジェイック(JAIC)の評判って悪い?社員に直接取材してみた!

とりあえず登録しておくべき!大手エージェント


既卒の方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!