職歴なしの既卒でも正社員になれる!?おすすめの就職方法を大公開!

The following two tabs change content below.

末永雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

学校を卒業した後、何らかの理由で就職しなかった既卒者の多くは、職歴がないことに不安を感じていると思います。

就職活動をしようにも、履歴書や職務経歴書の提出は必須…。職歴がないから空欄で出すしかないのか…と頭を悩ませることが多いのではないでしょうか。

そもそも職歴がない既卒でも正社員として就職できるのか、非常に気になることですよね。

そこで今回は転職のプロである筆者が「職歴がない既卒の就職」について徹底的に解説していきます。他にも「既卒でも正社員になりやすい職種」「既卒におすすめの就職方法」などもご紹介します。

このままだとだめだ!変わりたい!と考えている既卒の方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

職歴なしの既卒でも正社員に就職はできる!?

職歴がない既卒だと正社員として就職できないのでは…?と不安になる人も多いと思いますが、結論から言えば正社員として就職はできます

大学などを卒業してから、働いていないという事実は確かにマイナス要素になりますが、決して採用されないということはないのです。

職歴がない既卒でも正社員として採用される理由ですが、リーマン・ショック以降の不況で、新卒の採用を抑えてたため、色々な企業で若手層が不足しています。

また、景気が上向いてきたこともあって、新卒の内定獲得率は年々増えています。就職市場は売り手市場になっており、思ったように若手を採用できなかった企業も多いです。

その不足している若手人材を確保するために、職歴がなくても、既卒なら新卒に年齢が近く、将来の伸び代に期待して採用をしているのです

ちなみに、マイナビによる既卒者の内定率では、以下のような結果になっています。

参考:マイナビ既卒者の就職活動に関する調査

2015年度〜2018年度の既卒者の内定率は、だいたい44%ほどです。東日本大震災後は23〜30%まで落ち込んでいたのを考えると、以前よりも就職しやすくなっています。

既卒者も売り手市場なので、しっかり準備をして就職活動をすれば、優良企業へ転職することも可能です。

また、厚生労働省の通達で、学校卒業から3年以内の既卒者なら、「新卒枠」で選考してもらえるようになりました。卒業してから3年以内の既卒者は、さらに正社員として就職できる可能性が高いです。

30歳以上の既卒でも就職できる?

結論から言えば、30歳以上の既卒でも就職はできます

とはいえ、多くの企業は30代でスキルや経験がない人を採用したがりません。30代は20代と比べ、将来的な伸び代が期待できないからです。

また、30代を雇用する場合、企業はすぐに活躍できるスキルや経験を持つ人材を採用したいと思っています。

30歳以上で正社員を目指している既卒者は、人材が不足している業界に絞って応募すると良いでしょう。人材が不足している業界であれば、未経験者を一から育てようと考えている場合が多いからです。

30代でも就職できる!と安心するのではなく、これを読んだ人はすぐにでも動き出すことをおすすめします。年齢が若ければ若いほど、選考で有利になるので、本気で正社員として就業したいのなら今すぐ動き出してください。

既卒でも正社員になりやすい職種


既卒で正社員を目指している人の多くは、鬼のように倍率が高い人気職種よりも正社員として採用されやすい職種のほうが知りたいですよね。

職歴がない既卒でも正社員になりやすいのは、常に人手不足で悩んでいる職種と業界です。

具体的に職種で言えば「営業職」「介護職」「警備職」などで、業界で言えば「IT業界」「飲食業界」「配送業界」「建設業界」などです。

この職種と業界は常に人手が不足しているので、職歴がない既卒でも正社員として採用されやすいです。正社員として就業し、安定した生活を送りたい人におすすめの職種・業界だと言えます。

職歴がない既卒におすすめな就職方法


職歴がなくても正社員として就職できると言われても、不安は尽きないものです。

本当になんのスキルや経験がなくても採用してくれるの!?とか、採用してくれても超ブラック企業なんじゃないの?って思う人が多いと思います。

既卒は1度就業している第二新卒と比べ、就職弱者に該当してしまうので、書類選考で不採用になってしまうことも…。

しかし、そんな既卒者を対象に就職支援をおこなっているサービスもたくさんあります。そこで職歴がない既卒者におすすめの就職方法をご紹介します!

転職エージェント

既卒者にまずおすすめしたい方法が、転職エージェントに登録して就職支援を受けることです。

転職エージェントって?転職って付いてるけど、本当に就職を支援してくれるの?と疑問に思う人も多いと思います。

転職エージェントでは、求職者と求人企業をマッチングさせ、無事に入社できるように支援しています。転職や就職の専門家で、面接官に刺さる履歴書や職務経歴書の書き方のアドバイス、面接対策などのサポートをしてくれます。

多くのエージェントは転職者を対象にしているのですが、中には既卒やフリーターの就職支援に特化したところもあります。

以下で紹介する3社は、既卒・フリーターの就職支援に特化しており、既卒者でも積極的に受け入れてくれる企業の求人を多く保有しています。

また、ジェイックUZUZでは就職支援の1つとして、ビジネスマナーなどの汎用性の高いスキルが学べる研修を実施しています。スキルがない人でも、ビジネスパーソンとしてのスキルを身に付けることができるので、非常におすすめです。

企業と相談者の両方から高い支持を得る、オリジナルのスキルアップ研修を無料で受講可能!
受講後に優良企業との面接をセッティング。
転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらうことが可能。

特徴
【メリット】
  1. 独自のノウハウが詰まった研修を無料で提供。難易度の高い企業の内定獲得を狙える!
  2. 国家資格を保有した担当スタッフが1対1で個別サポート。いつでも気軽に相談可能!
  3. ブラック企業を徹底的に排除しており、転職後の定着率は94.3%!
【デメリット】
  1. 「研修 → 求人紹介」 という流れになる為、研修(無料)への参加が必須となります

こんな人がおすすめ!
  1. 経歴に自信がないのでプロの講師の研修を受けてみたい方
  2. 1人で転職活動するのが不安、転職のプロに伴走してもらいながら転職活動をやりたい方
  3. 大手の転職エージェントに登録したものの、転職活動に不安のある方
第二新卒者・既卒者で転職を検討している方は、圧倒的にサポート体制が充実しているジェイックへの登録がオススメです!

ジェイック(JAIC)の評判って悪い?社員に直接取材してみた!

2019.02.13

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する就職支援サービス。
20時間以上にも及ぶ丁寧なサポートが特徴で、1年後の定着率は94.7%!

特徴
【メリット】
  1. キャリアアドバイザーも、元既卒や元第二新卒でより求職者に沿ったサポート
  2. オーダーメイド型就活サポートがあり、20時間以上の個人サポートがあるので、「どうすればいいか分かっていない人」でも安心
  3. 研修型の就活サポートも実施しており、スキルのない未経験でも一から就職できるまで教えてくれる
【デメリット】
  1. 研修型の就活サポートは4~7週間と一定の時間が求められる
  2. そもそも、第二新卒・既卒以外は対象にならない

こんな人がおすすめ!
  1. 未経験からチャレンジしたい既卒・第二新卒の方
  2. 正社員経験がない20代フリーター・既卒の方
  3. 長い時間かけて、より丁寧なサポートを受けたい方

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.04.11

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

就職・転職サイト

就職・転職サイトは、簡単にいうとタウンワークやマイナビバイトの正社員版です。正社員を募集している求人が掲載されている求人サイトです。

アルバイトを探す際に利用していた人も多いので、分かっていると思うのですが、手軽に希望の求人を見つけられるのが最大の魅力です。

ただ、就職・転職サイトはサイトによって、保有求人数にバラつきがあります。求人が1つにまとまっていないので、色々な就職・転職サイトを利用しないといけないのが欠点です。

ハローワーク

ハローワークは国が作った公的な施設です。正式名称は公共職種安定所で、職安と呼んでいる人もいます。

ハローワークは掲載求人数が多く、1度にたくさんの求人を見たい人にはピッタリです。

求人が多く集まる理由としては、求人の掲載にお金がかからないからです。無料で求人を載せられるため、多くの求人が集まってくるのです。しかも、ハローワークを経由して採用が決まると、補助金までもらえます。つまり、採用コストがかからないため、利用している求人企業が多くなり、保有求人も多くなるというわけです。

他にもハローワークは公共施設なので全国に500件以上の事務所があるため、どこでも利用できるのはメリットです。

ただ、採用コストがかからず、さらに補助金がもらえるため、不動産の営業や土木系の求人など、いわゆる激務で離職率が高い不人気な職種も多数混ざっているので、注意が必要です。

とはいえ、中には不動産管理業や卸メーカーの営業など、割と離職率が低い優良な求人もあります。

30代半ば以上で職歴がないと、転職エージェントや就職・転職サイトで正社員へ就職するのは非常に難しくなってしまいます。そういう人は、ハローワークから上記で、紹介した優良な求人を探すのが正社員へ就職する1番の近道です。

フリーター&ニート必見!どの就職支援を利用すれば成功できるか大公開!

2019.02.15

プロが厳選!既卒におすすめのエージェント

職歴がない既卒でも正社員として就職することは可能ですが、新卒でちゃんと入社した第二新卒と比べると、厳しい面もたくさんあります。

残念なことですが、既卒者を「在学中に内定を獲得できなかった人」という先入観で見ている面接官もいます。

そういうこともあって、既卒で正社員を目指すのはなかなか難しいです。

しかし、そんな既卒者をしっかり支援してくれる転職エージェントを利用すれば、正社員として就職できます

1人で就職活動するのがツラく、プロのサポートを受けたい既卒者はぜひ転職エージェントの利用を検討してみてください。

ちなみに転職エージェントでは、職歴がなく履歴書・職務経歴書に何を書いていいのか分からない既卒者に対して書き方のアドバイスをしてくれます。また、面接対策などもおこなってくれるので、職歴がなく自信の持てない既卒者にぴったりです。

他にもスキルが身につく就職セミナーを実施してくれる転職エージェントもあるので、スキルを身につけてから正社員になりたい人は騙されたと思って登録してみてくださいね。

既卒・第二新卒に強い転職エージェント

企業と相談者の両方から高い支持を得る、オリジナルのスキルアップ研修を無料で受講可能!
受講後に優良企業との面接をセッティング。
転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらうことが可能。

特徴
【メリット】
  1. 独自のノウハウが詰まった研修を無料で提供。難易度の高い企業の内定獲得を狙える!
  2. 国家資格を保有した担当スタッフが1対1で個別サポート。いつでも気軽に相談可能!
  3. ブラック企業を徹底的に排除しており、転職後の定着率は94.3%!
【デメリット】
  1. 「研修 → 求人紹介」 という流れになる為、研修(無料)への参加が必須となります

こんな人がおすすめ!
  1. 経歴に自信がないのでプロの講師の研修を受けてみたい方
  2. 1人で転職活動するのが不安、転職のプロに伴走してもらいながら転職活動をやりたい方
  3. 大手の転職エージェントに登録したものの、転職活動に不安のある方
第二新卒者・既卒者で転職を検討している方は、圧倒的にサポート体制が充実しているジェイックへの登録がオススメです!

ジェイック(JAIC)の評判って悪い?社員に直接取材してみた!

2019.02.13

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する就職支援サービス。
20時間以上にも及ぶ丁寧なサポートが特徴で、1年後の定着率は94.7%!

特徴
【メリット】
  1. キャリアアドバイザーも、元既卒や元第二新卒でより求職者に沿ったサポート
  2. オーダーメイド型就活サポートがあり、20時間以上の個人サポートがあるので、「どうすればいいか分かっていない人」でも安心
  3. 研修型の就活サポートも実施しており、スキルのない未経験でも一から就職できるまで教えてくれる
【デメリット】
  1. 研修型の就活サポートは4~7週間と一定の時間が求められる
  2. そもそも、第二新卒・既卒以外は対象にならない

こんな人がおすすめ!
  1. 未経験からチャレンジしたい既卒・第二新卒の方
  2. 正社員経験がない20代フリーター・既卒の方
  3. 長い時間かけて、より丁寧なサポートを受けたい方

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.04.11

エンジニアとしてのスキルが身につく!

スクール受講後の就職率は98%を誇り、エンジニア未経験からの就職・転職にオススメのプログラミングスクール。 独学で挫折してしまう人が多い中、受講者の96%がカリキュラムを完了し、卒業できている。

特徴
【メリット】
  1. 独学で挫折する方が多い中、TechCampの修了率は96%
  2. カリキュラムの修了後の就職率は98%という安心感
【デメリット】
  1. 一定の費用が必要となります

こんな人がおすすめ!
  1. プログラミングを1から教えて欲しい方
  2. 未経験からエンジニアとして就職したい方
  3. プログラミング学習から就職活動まで一貫してサポートして欲しい方

【転職成功率97%】未経験からエンジニアに!TECH CAMPについて

2018.10.01

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、キャリアアドバイザーと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

既卒におすすめの関連記事

正社員としての就職を目指す既卒者におすすめの関連記事を集めてみました。

就職活動に行き詰まりを感じている既卒の方は、ぜひ目を通してみてください。