職歴なしの既卒でも正社員になれる!?就職のプロが方法を大公開!

  • !

    学校を卒業した後、何らかの理由で就職しなかった既卒者の多くは、職歴がないことに不安を感じていると思います。

    就職活動をしようにも、履歴書や職務経歴書の提出は必須…。職歴がないから空欄で出すしかないのか…と頭を悩ませることが多いのではないでしょうか。

    そもそも職歴がない既卒でも正社員として就職できるのか、非常に気になることですよね。

    そこで今回は就職のプロである筆者が「職歴がない既卒の就職」について解説していきます。

    このままだとだめだ!変わりたい!と考えている既卒の人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

職歴なしの既卒でも正社員に就職はできる!?

職歴がない既卒だと正社員として就職できないのでは…?と不安になる人も多いと思いますが、結論から言えば正社員として就職はできます

大学などを卒業してから働いていないという事実は確かにマイナス要素になりますが、決して採用されないということはありません。

なぜなら少子高齢化による中長期的な働き手の減少という背景もあり、若くて伸び代のある人材を積極的に採用し、社内で教育しようという企業は増えてきているからです。

マイナビによると、既卒者の内定率は以下のような結果になっています。

マイナビによる既卒者の内定率

参考:マイナビ既卒者の就職活動に関する調査

上記のデータでは、2019年までは40%台で推移していることがわかります。

2020年度は新型コロナウイルスによる影響から内定率が大幅に下がっているように見えますが、この調査以降は徐々に回復傾向にあります。
1年前と比較すると厳しい状況ではありますが、上述の理由から、既卒から正社員への就職は十分に可能性はあります。

また、求人数が全体的に減少したのではなく、需給の構造が変わっただけで、逆に人手不足の業界もあるんです。

実際に厚生労働省によると、運送・配送業界の有効求人倍率は上がっています。これは、巣ごもり需要の影響で宅配サービスなどが増えていることが理由として挙げられます。

運送・配送業界の有効求人倍率

参考:一般職業紹介状況(職業安定業務統計)

いずれにせよ、東日本大震災後は既卒の内定率が23〜30%まで落ち込んでいたのを考えると、以前よりも就職しやすくなっていると言えますよね。

30歳以上の既卒でも就職できる?

結論から言えば、30歳以上の既卒でも就職はできます

しかし、ハードルはかなり高めです。

なぜなら30代を雇用する場合、企業はすぐに活躍できるスキルや経験を持つ人材を採用したいと思っているからです。

スキルや経験よりもポテンシャルが重視される20代ならともかく、将来的な伸び代が期待できない30代の採用は厳しくならざるを得ないのです。

30歳以上で正社員を目指している既卒者は、人材が不足している業界に絞って応募すると良いでしょう。人材が不足している業界であれば、未経験者を一から育てようと考えている場合が多いからです。

年齢が若ければ若いほど選考で有利になるので、本気で正社員として就業したいのなら今すぐ就活サイトやハローワークを利用するのをおすすめします。

就活サイトやハローワークについて詳しく知りたい30代は、以下の記事をご覧ください。

関連記事30代向け転職エージェント・転職サイト11選!プロがおすすめを厳選
関連記事ハローワークで良い転職はできる?流れや特徴なども紹介!

既卒でも正社員になりやすい業界・職種

既卒で正社員を目指している人の多くは、応募倍率の高い人気業界・職種よりも、正社員として採用されやすい業界・職種のほうが知りたいですよね。

職歴がない既卒でも正社員になりやすいのは、常に人手不足で悩んでいる職種と業界です。

厚生労働省の有効求人倍率(令和3年2月度)を参考に、既卒から正社員になりやすい業界・職種を以下にまとめてみました。

既卒から正社員になりやすい業界

  • 建設業界(有効求人倍率5.58)
  • 医療・介護業界(有効求人倍率2.90)
  • IT業界(有効求人倍率1.31)
  • 運送・配送業界(有効求人倍率2.20)
  • 飲食業界(有効求人倍率1.35)

既卒から正社員になりやすい職種

  • 営業職(有効求人倍率1.69)
  • 介護職(有効求人倍率3.10)
  • 建築・土木の技術職(有効求人倍率6.35)

有効求人倍率は求職者1人に対して、何人分の求人があったかを示すものです。そのため、1倍を超えていれば基本的に売り手市場と言えます。

例えば、建設業界はおよそ5件の募集に対して1人の応募があるという状況で、人手不足がかなり深刻であることがわかりますよね。

また、営業職は有効求人倍率こそ特別高いわけではありませんが、未経験でも採用されやすい職種なのでおすすめです。

未経験から営業職に転職したいと考えている人は、以下の記事を参考にしてみてください!

関連記事未経験でも営業職に転職できる?プロがぴったりな業界を大公開!

職歴がない既卒が正社員になる方法

職歴がなくても正社員として就職できると言われても、不安は尽きないものです。

「本当に何もスキルや経験がなくても採用してくれるの?」とか、「採用してくれてもブラック企業なんじゃないの?」と思う人もいると思います。

しかし、そんな既卒者を対象に就職支援をおこなっているサービスがたくさんあります。以下で詳しく解説していきますね!

就職エージェント

既卒者にまずおすすめしたい方法が、就職エージェントを利用することです。

就職エージェントは、求職者と求人企業をマッチングさせ、無事に入社できるように支援しています。単なる求人の紹介だけでなく、書類選考に通過するESの書き方や企業に応じた面接対策などのサポートをしてくれます。

なぜ就職エージェントをおすすめするかと言うと、就職エージェントを利用しない既卒者の就職率が45%であるのに対し、筆者おすすめの既卒の就職に強いエージェントだと80%を超えているからです。

これらのエージェントを活用するコツとしては、最初に3社すべてに登録することです。それぞれのサポート内容やキャリアアドバイザーを比較しながら、自分と相性の合うところで就活を進めれば納得のいく就職ができますよ!

既卒の人におすすめのエージェント

  • ハタラクティブ
    正社員成功率80%以上!未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有
  • UZUZ
    20代専門で内定率86%!フリーター・第二新卒・既卒に特化した就職支援サービス
  • キャリアパーク
    最短1週間のスピード内定が可能!求職者に寄り添ったサービスが評判

就職・転職サイト

就職・転職サイトは、ほかの就職支援サービスと比べてサポートはないものの、自分で自由に求人を探すことができます。

ただ、就職・転職サイトはサイトによって、保有求人数にバラつきがあります。求人が1つにまとまっていないため、複数の就職・転職サイトを利用しないといけないのが欠点です。

既卒者が就職・転職サイトを利用する際は、既卒向け求人に応募したほうが良いです。なぜなら企業は基本的に即戦力の人材を求めているため、既卒向け求人でないと、書類選考で落とされてしまう可能性が高いからです。

既卒が利用できる転職サイトについて、詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

関連記事既卒が利用できる就活サイト10選!活用するポイントについても紹介

ハローワーク

ハローワークは国が運営する公的な機関です。正式名称は公共職業安定所で、全国に500箇所以上あります。

ハローワークは求人の掲載にお金がかからないため、掲載求人数が多く、1度にたくさんの求人を見たい人にはおすすめです。

地方都市においては良い求人が集まりやすく、地場産業・製造業などの優良企業に出会える可能性があります。一方で、東京や名古屋、大阪などの大都市においては、採用にコストをかけたくないという企業が求人しやすく、応募者を精査しないような求人が集まりがちなので注意が必要です。

また、ハローワークの相談員は転職のノウハウを持っているわけではないので、自己分析や面接対策など、しっかりサポートしてほしいという人には転職エージェントがオススメです。

ハローワークについて詳しく知りたい人は、以下の記事もチェックしてみてください。

関連記事既卒はハローワークを使うな!おすすめできない理由と就活方法

職歴なしの既卒によくあるQ&A

職歴なしの既卒者によくある悩みをまとめてみました。

就活で悩んでいる既卒の人はぜひ参考にしてみてください。

Q:資格は取っておいたほうがいいですか?

転職市場では、資格だけで評価が高まるわけではありません。

確かに簿記や宅建、施工管理技士などの実務に有利になる資格保持者は内定を得やすい傾向にありますが、それ以外の資格は実はほとんど転職において意味がないのです。

あえて言えば、資格は未経験分野への転職の際に意欲をアピールする材料になる程度です。過度な期待はしないようにしましょう。

転職で有利になる資格について詳しく知りたい人は、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事転職で資格って必要?有利になる資格を業界・職種別にご紹介!

Q:全く職歴がなかったら、アルバイトでもしておいたほうがいいですか?

正社員として就職したい場合、アルバイトでの経験はほとんど加味されません。

金銭的にアルバイトをしないと生活できないようなら問題は別ですが、アルバイトをする時間を就職活動に充てたほうが成功率は高まりますよね。

アルバイトから正社員登用制度を利用する方法もありますが、必ず正社員になれるとは限りません。

たとえ正社員になれたとしても、企業や職種を選ぶ余裕はないですよね。だから就職先をある程度選べる既卒のうちに、優良企業へ就職したほうが良いというわけです。

職歴がない既卒は就職エージェントの利用がおすすめ

繰り返しますが、職歴なしの既卒には就職エージェントの利用をおすすめします。

既卒に特化した就職エージェントを利用することで、就職を成功させる可能性を高めることができるからです。

また、実際に企業を取材した上で求人を紹介したり、離職率の高い業界やブラック企業を徹底的に排除したうえで求人を紹介してくれるので、安心して利用できますね。

就職エージェントの利用は無料なので、まずは登録することをおすすめします。

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない人向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

UZUZ
に相談する

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け就活支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブ
に相談する

既卒・第二新卒向け!
上場企業が運営する20代に特化した人材紹介サービス

※希望勤務地が関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)、関西(大阪・京都・兵庫)、愛知、北海道、福岡の方に限られます。

ポイント

  1. 新卒支援のノウハウを活かした専門的なアドバイス
  2. 最短1週間のスピード内定が可能
  3. 未経験からエンジニアなど手に職つけてキャリアアップしたい方におすすめ

キャリアパーク就職エージェント
に相談する

既卒の就職に役立つ関連記事

就職を目指す既卒に役立つ関連記事を載せておきますので、こちらも合わせて参考にしてください。

関連記事既卒に強い就職エージェント厳選!最新のおすすめをプロが紹介!
関連記事既卒の就活方法を紹介!採用してくれる企業や内定を得るコツも徹底解説
関連記事【例文付き】既卒の履歴書と職務経歴書の書き方をプロが徹底解説!
関連記事既卒面接の自己紹介は何を伝えればいい?質問内容や突破のコツを伝授
関連記事【例文付き】既卒の自己PRはどう書く?内定獲得できるポイントを伝授!
関連記事既卒の就活は厳しいとは限らない?内定獲得までのプロセスを徹底解説!

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント