転職に資格って必要?転職エージェントがおすすめする、転職が有利になる資格を紹介!

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

転職する時に資格を持っていないと不利になるのではないか、と不安に感じている方も多いのではないでしょうか?

また、「こんな資格を持っているけど役立つかな?」「オススメの資格ってあるの?」と思っている方もいると思います。

そんな悩みを抱えるあなたのために、転職に資格は有利になるのかどうか、持っておくと良い資格など。資格の合格率や難易度についても、解説していきます。

転職する業界によって資格は有利

後ろ向きでOKサインをする女性

資格は転職する業界・職種によって有利になるかどうか変わってきます。

ただ、一般的に30代の転職は経験が重視される傾向にあるため、資格を持っていても評価されないケースもあります。

もちろん、必ずしも資格を取らないといけないというわけではありませんし、資格が必須でない職種は、経験があれば資格がなくても転職を成功させられます。

では、どんな資格を持っていると有利に働くのか、次でご紹介します。

営業系

営業系でオススメの資格は「営業士検定」「中小企業診断士」の2つです。気になる受験資格や受験費用、合格率や難易度について、次でご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

営業士検定

営業士検定は全ての営業職に有利になります。

営業士はマーケティング・セールスのスペシャリストです。営業士検定は、営業士会の資格制度で初級・上級・マスターと3段階に分かれています。

初級試験では営業従事者として、営業に関する全般的な基礎知識と必要なスキル、方向性について理解していることが求められます。初級試験は満点中60%以上の得点で合格できます。

詳細情報
【受験資格】…特になし
【費用】…8,640円(初級)
【難易度】…比較的易しい
【合格率】…非公開
【公式サイト】…日本営業士会

中小企業診断士

中小企業診断士は、コンサルティング業界(戦略系・組織人事・財務)に有利です。

経営コンサルタントして唯一の国家資格で、「日本版MBA」とも言われています。具体的には、企業が売上を伸ばし、コストを削減しながら利益を上げるための適切な提案をします。

「難易度A(難関)」に位置づけされている国家資格で、一次試験は3年以内に7科目合格すればOKです。マークシート式なので回答しやすいのが特徴ですね。

一次試験の合格ラインは、満点中60%の得点です。

二次試験は筆記式・口述式となっており、一次試験に合格し二次試験が不合格だったとしても、翌年に二次試験が受けられます。

詳細情報
【受験資格】…特になし
【費用】…13,000円(一次)、17,200円(二次)
【難易度】…難しい
【合格率】…21.7%(一次)、19.4%(二次)
【公式サイト】…中小企業診断協会

経理・事務系

経理・事務系でオススメの資格は、「秘書検定」「日商簿記検定2級」「MOS(Microsoft Office Specialist)」「医療事務」の4つですね。同じく受験資格や受験費用、合格率や難易度などについて、次でご紹介します。

秘書技能検定

秘書技能検定は、秘書、受付業務で有利に働きます。

ビジネス秘書の能力についての知識及び技能を証明できる資格で、言葉遣いから電話対応、接客マナー、文書作成の事務処理まで幅広い能力が求められます。

1級と準1級は筆記試験に合格したのち、二次試験(面接試験)があります。人柄の表現力が問われるため、きちんとした対策が重要になります。

全級とも試験は「理論」「実技」に領域区分されており、それぞれ60%以上の得点を取ることで合格できます。

詳細情報
【受験資格】…特になし
【費用】…2,500円(3級)、3,700円(2級)、4,800円(準1級)
【難易度】…比較的易しい
【合格率】…55.4%(2018年時点)
【公式サイト】…実務技能検定協会

日商簿記検定2級

日商簿記検定2級は、会計事務所、税理事務所、保険会社、証券会社、銀行などで有利になります。

この資格は日本商工会議所及び、各区商工会議所が実施する検定試験のうち、簿記に関する技能を検定するものを指します。

全国的に知名度が高い資格なだけあり、経理や財務、一般事務職などへの就職・転職に有利な資格となっています。

2級は学習範囲が広く出題も高度になりますので、3級の試験と比較しても格段に難しくなっていますね。

2〜3級の場合、70点以上取れば合格できます。受験者数の増減が合格に左右することはないので、適切な教材を選んで得点アップを目指しましょう。

詳細情報
【受験資格】…特になし
【費用】…4,720円(2級)
【難易度】…非常に難しい
【合格率】…12.7%(2019年2月時点)
【公式サイト】…日本商工会議所

MOS(Microsoft Office Specialist)

MOS(Microsoft Office Specialist)は、経理、営業、法律系事務所、PCインストラクター・講師に有利ですね。

これは、MOS(Microsoft Office Specialist)は、WordやExcelなどの活用能力を客観的に証明できるデスクワーク向けの資格です。

WordとExcelのどちらを受験しようか悩んでしまうところですが、自分が転職する職種に合わせて選択するのがベストだと言えます。

初級者でも経験者でも、自分のレベルに合わせて受験できるのが、大きな特徴であり魅力だと言えます。

詳細情報
【受験資格】…特になし
【費用】…9,800円(スペシャリスト)、11,800円(エキスパート)
【難易度】…比較的易しい
【合格率】…非公開
【公式サイト】…Odyssey

医療事務

医療事務はその名の通り、医療事務で働く時、有利になります。

医療事務は国家資格ではなく民間資格のため、種類がとても多く、出題内容・水準がバラバラです。ただ、どの試験も参考資料を持ち込んで、閲覧しながら解答できますから暗記は不要です。

色々種類はありますが、挑戦しやすいのは「医療事務検定試験」です。これは診療報酬算定や医療保険制度に関する一般的な知識を習得したことを証明できる試験です。

詳細情報
【受験資格】…一定以上の医療事務に関する知識を有する人
【費用】…7,560円
【難易度】…易しい
【合格率】…88.4%(2017年4月時点)
【公式サイト】…日本医療事務協会

金融・不動産・保険業界

金融・不動産・保険業界でオススメの資格は、「宅地建物取引士」「ファイナンシャルプランナー(FP)」の2つです。それぞれの受験資格や受験費用、合格率や難易度について、次で詳しく解説していきますね!

宅地建物取引士

宅地建物取引士は、不動産業界、建設会社、ゼネコンに有利です。

宅地建物取引業法に基づき定められている国家資格で、土地や建物の売買、賃貸物件の斡旋などをおこないます。

また、不動産取引の専門家を育成するための国家試験の1つとも言われています。

高い専門性を求められる傾向にあるので、合格率は平均15%と決して高くありません。合格点の基準も毎年変わり、難しい要素を含んだ法律系の試験ですね。

詳細情報
【受験資格】…特になし
【費用】…7,000円
【難易度】…非常に難しい
【合格率】…15.6%(2018年時点)
【公式サイト】…不動産適正取引推進機構

ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナー(FP)は、銀行、保険会社、証券会社、金融機関、不動産会社で働く際、有利になります。

ライフプランニングと資金計画、金融資産運用、タックスプランニング、リスク管理、不動産、相続・事業承継まで扱うお金のエキスパートです。

受験者数の増減によって合格基準が変動することはないため、学科で36点以上、実技で60点以上の得点があれば、高確率で合格できます。

引っ掛け問題もほぼないので、正攻法の学習を繰り返せば、確実に合格できるはずです。

詳細情報
【受験資格】…2級FP技能検定は条件あり
条件1:日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者

条件2:3級FP技能検定、または厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者

条件3:FP業務に関して2年以上の実務経験を有する者

【費用】…6,000円(3級) / 8,700円(2級)
【難易度】…比較的易しい
【合格率】…50.52%(2018年時点)
【公式サイト】…日本FP協会

WEB・IT系業界

WEB・IT系業界でオススメの資格は、「ウェブ解析士」です。こちらの受験資格や受験費用、合格率や難易度などについても次でご紹介します。

ウェブ解析士

ウェブ解析士は、ウェブディレクター、エンジニア、マーケティング職で有利になります。

ウェブ解析のスペシャリストを証明するための資格で、より専門的な知識を持ったスペシャリストとして、Webマーケティングに取り組めます。

認定試験には、テキストを持ち込むことができます。重要な要点をしっかり頭の中に入れておき、わからないことは必要に応じてテキストで調べられます。

詳細情報
【受験資格】…特になし
【費用】…17,280円、別途4,320円(公式テキスト)
【難易度】…易しい
【合格率】…70%(2018年7月時点)
【公式サイト】…ウェブ解析士協会

メーカー・建築業界

メーカー・建築業界でオススメの資格は「CAD利用技術者試験」「インテリアコーディネーター」の2つですね。受験資格や受験費用、合格率や難易度などについても次でご紹介しますので、参考にしてみてください。

CAD利用技術者試験

CAD利用技術者試験は、CADオペレーター、CADインストラクター、アパレル、インテリアメーカーなどで有利に働きます。

CADに関する知識やスキルを明確化して評価するための試験で、種類が分かれており、入門編とも言えるのは「2次元CAD利用技術者試験基礎」です。CADは自動車や住宅、建築、装飾などの設計や製図を支援するシステムソフトです。

2級までは出題傾向さえ把握できれば、独学での取得も可能だと言われています。満点中70%以上の得点を取れば合格です。

詳細情報
【受験資格】…特になし
【費用】…4,000円
【難易度】…比較的易しい
【合格率】…52.7%(2015年時点)
【公式サイト】…コンピュータ教育振興協会

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは、インテリア関連商品メーカー、住宅メーカー、内装施工業社などに有利です。

快適な住空間を作るために、適切な提言や助言をおこなう専門職です。

資格試験は一次試験・二次試験があり、一次試験に合格して二次試験が不合格だった場合、次年度から3年間は一次試験が免除されます。

一次試験はマークシート式ですが、広範囲にわたるので、勉強をしっかりする必要があり、難易度が高いと言われています。ちなみに、一次試験と二次試験を合わせた合格率は24.5%となっています。

詳細情報
【受験資格】…特になし
【費用】…14,850円(一次+二次)
【難易度】…やや難しい
【合格率】…29.7%(一次)、63.2%(二次)
【公式サイト】…インテリア産業協会

医療・介護業界

医療・介護業界でオススメの資格は「歯科助手」「アロマセラピスト」の2つです。それぞれ受験資格や受験費用、合格率や難易度についても、次で詳しくご紹介しますね。

歯科助手

歯科助手は、その名の通り、歯科助手として働く際に有利です。

歯科医師や歯科衛生士の診療サポートなど、専門的なスキルを備えていることを証明できます。

レベルは3級、2級、1級と分かれています。3級は歯科医療の基本的な知識を保有しており、簡単な診療方法を把握しているレベルです。

2級は歯科医療に対して広い知識を持ち、診療方法の応用が身についているレベルです。1級は歯科医療に対する深い認識を持ち、診療体制を正確かつ迅速に対応できるレベルです。

3〜1級全て、満点中70%以上の得点を取ることで合格できます。今回ご紹介するのは一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)なので、級は関係ありません。

詳細情報
【受験資格】…特になし
【費用】…5,600円
【難易度】…比較的易しい
【合格率】…非公開
【公式サイト】…日本能力開発推進協会

アロマセラピスト

アロマセラピストは、エステティシャン、アロマ雑貨の販売スタッフ、アロマセラピー教室のインストラクターなどで有利になります。

この資格は、天然の植物から抽出したエッセンシャルオイルを使用して、アロマテラピーをおこなう施術者、アドバイザーのことです。

国家資格はありませんが、民間資格がいくつかあります。例えば、AEAJが主催している「アロマテラピー検定2級」が挙げられますね。

マークシート式の試験なので、落ち着いて受けられるのが特徴です。満点中80%以上の得点を取れば合格できます。

詳細情報
【受験資格】…特になし
【費用】…6,480円(2級・1級)、12,960円(2級+1級)
【難易度】…比較的易しい
【合格率】…約90%
【公式サイト】…日本アロマ環境協会

飲食・サービス業界

飲食・サービス業界でオススメの資格は、「サービス接遇検定」「販売士」「調理師」の3つですね。気になる受験資格や受験費用、合格率や難易度について、次でご紹介しますので、参考にしてみてください。

サービス接遇検定

サービス接遇検定は、接客業、販売業、受付業務などで有利に働きます。

これは、サービスに対する心構え・顧客新鋭の理解、対応の技術、言葉遣いなどを学ぶ接客マナー系検定です。

3〜2級は筆記試験と面接試験の両方がおこなわれます。全級、「理論」「実技」に区分されており、それぞれ得点が60%以上で合格となります。

詳細情報
【受験資格】…特になし
【費用】…2,700円(3級)、3,900円(2級)、4,700円(準1級)、6,500円(1級)
【難易度】…易しい
【合格率】…63.3%(3級)、70.7%(2級)、84.7%(準1級)、34.8%(1級)
【公式サイト】…実務技能検定協会

販売士

販売士は、販売員、商品企画の開発部員、仕入担当、営業などで有利になります。

これは小売店において継続的に商品が売れるよう、売り場の販売員が必要な知識を身につけるための検定です。

特に3級試験は、売り場の担当者が店舗運営に必要な知識や、物を売る時の基本的な知識・技術を習得するための内容になっています。

ずっと販売士と名乗れるのではなく、5年ごとに更新する必要があります。また、平成27年度から「リテールマーケティング検定試験」に名称が変更されました。

詳細情報
【受験資格】…特になし
【費用】…4,120円(3級)、5,660円(2級)、7,710円(1級)
【難易度】…比較的易しい
【合格率】…57.8%(2016年時点)
【公式サイト】…日本商工会議所

調理師

調理師は、料理長、飲食店の店長、料理人、飲食店の調理員として働く際に有利となります。

この資格は、食品の栄養や衛生、適切な調理法などの知識を持ち、安全な料理を作れる調理のプロであることを証明できます。

試験は全てマークシート式なので、解答しやすいのが特徴であり魅力だと言えるでしょう。満点中60%以上正解することで合格になります。

合格率が比較的に高いですが、勉強しなくても合格できるというわけではないので、きちんと仕組みを知って対策をしましょう。

詳細情報
【受験資格】…条件1:原則として、中学校卒業以上であること

条件2:飲食店などで2年以上の調理の実務経験があること

【費用】…各都道府県により異なる
【難易度】…比較的易しい
【合格率】…64.4%
【公式サイト】…調理技術技能センター

転職での資格の落とし穴

両手で頭を抱えて嘆く男性

転職での資格の落とし穴は、場合によって履歴書に書かないほうが良いこともあることなんです。事務系に転職しようとして日商簿記検定をアピールするのは、とても効果的です。

しかし、業務に関係のない資格をアピールするのはNGです。その資格を活かすことができないため、履歴書に書いても評価してもらえません。

実際に営業職を希望していたのに、ウェブ解析士の資格を保有している旨を履歴書に書いてしまい、希望していないWebマーケティングへ配属されてしまったというケースもありました。

資格が不利になることもある

資格を持っていても、経験がなければダメな場合も十分あります。

例えば、宅地建物取引士の資格を保有していたとしても、実務経験がない場合は採用してもらうのが難しくなります。求人広告の応募資格に「不動産営業2年以上ある方」と掲載されていれば、資格を持っていても有利にはなりませんよね。

持っている資格を活かして転職をするなら、その資格をどう活かすことができるのか、求人広告をきちんと確認した上で応募するのが良いでしょう。

自分での判断やイメージがしにくいというときには、転職エージェントの利用もオススメです。

専属のキャリアアドバイザーが、あなたの持っている資格を活かせる職種を見つけて紹介してくれます。

もちろん、資格を持っていない方でも、キャリアアドバイザーがあなたのキャリアを棚卸しして、ぴったりな求人を紹介してくれますよ。

ただ担当キャリアアドバイザーは基本的に選べないため、馬が合わなかったり、納得のいくサポートを得られないリスクが想定されるので、転職エージェントには2~3社同時登録して、比較検討してみることをオススメします。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

女性の転職支援に特化した転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08