【徹底比較】女性におすすめの転職エージェント!上手く使うコツも伝授!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

この記事を読んでいるということは、女性におすすめな転職エージェントを知りたい・女性向けの転職エージェントランキングが知りたいということですよね。転職エージェントといっても世の中には、ごまんとありますし、その中から本当に女性の転職に親身になってくれるのか、気になることだと思います。

そこで業界最大手転職エージェントに新卒で入社し、その後中小転職エージェントを創業したり、転職エージェントが回答するQ&Aサイト「コーリングッド」を運営する、転職のプロであると自負する筆者が「女性向けの転職エージェントについてのあれこれ」をレクチャーしていきます!

ぶっちゃけ女性におすすめな転職エージェントがどこなのか年齢別に強い転職エージェントはあるのかなどなど。また女性の転職に役立つ転職エージェントの選び方転職エージェントを使い倒すコツについても解説していきます!

女性の転職におすすめな転職エージェント5選


女性だからといって将来のキャリアを諦めたくない!女性にとって働きやすい企業へ転職したい!と思う女性も多いですよね。そう思いながら転職の手段として転職エージェントの利用を検討している状態だと思います。

せっかく転職エージェントを利用するのなら、少しでも女性の転職に強い転職エージェントを使いたいと思うのは当然のことです。

また、転職の相談をするのなら、同性のキャリアアドバイザーが良いですよね。同性であれば、女性ならではの相談も気軽にできます。とくに妊娠・出産に関することは男性よりも、同じ女性のほうが相談しやすいですよね。

そこで女性の転職に強いおすすめの転職エージェントを5つご紹介します。女性の転職に関するノウハウが豊富だったり、女性キャリアアドバイザーが多数在籍していたりと、女性の転職を親身にサポートしてくれます

キャリアプランに対するアドバイスや履歴書・職務経歴書の添削、面接対策など、転職に関わる様々なサポートを転職エージェントはしてくれますが、キャリアアドバイザーは個々人の能力に大きく依存します。つまり、キャリアアドバイザーによってサポートの質が変わってくるということです。

少しでも早く転職を成功させたいのであれば、1社だけでなく2〜3社に登録することをおすすめします。登録後は実際に面談へ足をは運び、その中から1番親身になってくれたキャリアアドバイザーと一緒に転職活動を進めたほうが、納得のいく転職を成功させる鍵です!

type 女性の転職エージェント

名前の通り女性の転職に特化した転職エージェントです。

大手と比べると求人数は少ないですが、女性向けの求人のみを扱っているため、自分が求める基準とあった仕事を探すことができます。

また、転職のサポートをしてくれるキャリアアドバイザーは女性なので、妊娠や出産後の働き方についても相談することができますよ

ただ、サポート可能エリアが1都3県に限られているため、地方に住んでいる人はサポートをしてもらえないので注意が必要です。

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

リクルートエージェント

20代〜50代の女性は、リクルートエージェントをおすすめします

リクルートエージェントは転職エージェントの中でも、日本トップの求人数を保有しています。

そんな国内最大の求人数を持つリクルートエージェントなのですが、社内に通称「LEO」と呼ばれる女性向け事務職種に特化した部署があります。

この部署は紹介手数料を通常よりも低めで設定しており、より多くの企業が事務職の求人を依頼してくれるように部署として切り出しているのです。

つまり、リクルートエージェントに登録すれば、非常に膨大な事務求人を紹介してもらえます。事務職は女性に大人気ですぐに求人がなくなってしまうため、事務職を希望するのであれば、多数の求人に応募することがポイントになってきます。

事務職を希望している女性はリクルートエージェントを活用することをおすすめします

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判を元社員が大暴露!【利用者の口コミ付】

2019.01.25

マイナビエージェント

第二新卒など、20代の若手層にはマイナビエージェントがおすすめです。

そもそもマイナビは新卒を対象とした求人を多数保有しており、その数は国内でトップクラスを誇っています。

この記事を読んでいる人でも、新卒の就活の際に利用していた……なんて人も多いのではないでしょうか。ちなみにマイナビの登録者数は約76万で、リクナビは約67万です。

新卒の就活に対してサービスを提供しているのもあって、マイナビは若手層を求める企業と強いコネクションを持っています

そのため、第二新卒や既卒など、20代女性で転職を考えている人は、ぜひ登録しておくべき転職エージェントです

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

doda

dodaは「とりあえずたくさんの求人を見たい!」という人におすすめです

dodaの強みはなんといっても、求人の多さですね。その数はリクルートエージェントに次ぐ、約10万件ですが、実際にはほとんど変わらないといった印象です。

とはいえ、dodaは求人をただたくさん紹介してくるのではなく、転職者の希望に合わせてある程度絞ってもらえます

たくさん見たいけど、でもあり過ぎてしまうとどれを選んでいいのか迷ってしまう人におすすめの転職エージェントです

リクルートエージェントに並ぶ、国内最大級の転職エージェント!
多くの求人の中から、キャリアアドバイザーが厳選して求人を紹介するスタイル!
「自分に合ったオススメの求人だけを紹介して欲しい」という方はdodaへの登録がオススメ!

特徴
【メリット】
  1. リクルートと並ぶ豊富な求人数。他のエージェントでは取り扱いのない求人を多数紹介
  2. 面接対策などのサポートが手厚く、転職に自信のない方でも安心
  3. アドバイザーの提案力が高く、求人を一定数紹介するリクルートに比べ、キャリアアドバイザーが求人を厳選して提案
【デメリット】
  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーごとにバラつきがあり、的外れの提案をされることも

こんな人がおすすめ!
  1. 大量の求人に目を通すのは大変で、求人をプロに絞り込んでもらいたい方
  2. 他の大手エージェントを利用したけど、自分に合わなかった方

dodaの評判って?利用すべき?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.02.20

パソナキャリア

パソナキャリアは、事務職への転職に強みがある転職エージェントです。

もともとパソナキャリアは事務職の派遣に力を入れていました。そのため事務職を求める企業と強いコネクションがあります。

事務職の派遣に力を入れ続け、その実績は40年以上!その実績やノウハウは事務職の正社員へ転職したい女性のサポートに活かされています。

特徴
【メリット】

  1. 女性活躍を推進する企業のため、女性の目線を理解している
  2. 女性に親身なコンサルタントが多い
  3. 「利益より社会貢献」という社風なのでホスピタリティが高い

【デメリット】

  1. 大手企業なので、キャリアアドバイザーの能力にばらつきがある可能性はあるものの、他社と比較すると均質化している

こんな人がおすすめ!

  1. 事務職の正社員への転職を希望している方

パソナキャリアの評判を転職エージェントが徹底分析!

2018.07.24

管理部門系への転職に強い転職エージェント


経理・人事・事務など、組織の管理部門は女性に人気があるため、女性の割合が多いです。

この記事を読んでいるあなたも経理・人事・事務のどれかに転職したいと考えていませんか?

上記のような職種は、スキルや能力さえあれば、結婚や出産といったライフイベントを経験した後でも、再び職場復帰できる可能性があります。

結婚や出産後も働き続けたくて、事務職などの管理部門への転職を検討している女性には、管理部門系の転職に強みがある転職エージェントをおすすめします

特徴
【メリット】

  1. 扱っている求人のほとんどが管理部門の仕事!
  2. 上場企業や外資系企業の求人を多数保有
  3. 転職者担当と企業担当が一緒

【デメリット】

  1. 女性キャリアアドバイザーが少なめ
  2. 大手と比べ、保有求人や紹介求人数が少なめ

こんな人がおすすめ!

  1. 管理部門系の正社員への転職を希望している方
  2. 大手エージェントと比べると求人が多い訳ではないので、大手転職エージェントとの併用をおすすめ!

第二新卒・既卒女性におすすめの転職エージェント


女性でも第二新卒・既卒の場合、転職の市場価値的にも、サポートが後回しになったり、質が下がることがあります。

こうなる理由には、キャリアアドバイザーのノルマ、会社の売上を考えた場合に、決まりにくい第二新卒・既卒のサポートを優先するよりも、他の有力な女性のサポートを優先した方が良いという面があるからです。

ですので、女性特化転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーからの温度感が低い場合のリスクも考えて、第二新卒・既卒特化転職エージェントを並行して活用すると良いでしょう。

第二新卒・既卒の転職エージェントは以下になります。

ジェイック

ジェイックは高卒・既卒・第二新卒・フリーターから正社員への転職を目指す女性におすすめの転職エージェントです

他の転職エージェントがおこなっている求人の紹介や面接対策はもちろんのこと、ジェイックには独自のサービスがあります。

ジェイックではオリジナルのスキルアップ研修や入社後も1年間のアフターフォローが受けられます

ちなみに、このスキルアップ研修ですが、「20代女子カレッジ」と呼ばれており、転職を目指す女性に特化した講座になっています。ビジネスの基礎となる挨拶や名刺交換、身だしなみをしっかりと学べます。

しかも講座を無事に修了すると、女性が働きやすい企業20社の面接に参加できるのです。

ジェイックは、とくにビジネスマナーや経験に自信がない20代女性におすすめです

企業と相談者の両方から高い支持を得る、オリジナルのスキルアップ研修を無料で受講可能!
受講後に優良企業との面接をセッティング。
転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらうことが可能。

特徴
【メリット】
  1. 独自のノウハウが詰まった研修を無料で提供。難易度の高い企業の内定獲得を狙える!
  2. 国家資格を保有した担当スタッフが1対1で個別サポート。いつでも気軽に相談可能!
  3. ブラック企業を徹底的に排除しており、転職後の定着率は94.3%!
【デメリット】
  1. 「研修 → 求人紹介」 という流れになる為、研修(無料)への参加が必須となります

こんな人がおすすめ!
  1. 経歴に自信がないのでプロの講師の研修を受けてみたい方
  2. 1人で転職活動するのが不安、転職のプロに伴走してもらいながら転職活動をやりたい方
  3. 大手の転職エージェントに登録したものの、転職活動に不安のある方
第二新卒者・既卒者で転職を検討している方は、圧倒的にサポート体制が充実しているジェイックへの登録がオススメです!

【担当者に取材!】ジェイック(JAIC)の評判を本音で聞いてみた

2019.02.13

UZUZ

ウズキャリは、20代の既卒・フリーター・第二新卒で、正社員への転職を目指している女性が絶対に登録すべき転職エージェントです

ウズキャリはの最大の魅力はサポートの手厚さです。

転職者1人に対し、10時間以上の対面・電話での面談時間を設けています。10時間以上にも渡るサポートでは、自己分析や面接対策をしっかりとおこなってくれるので、内定確率を高められます

また、転職をサポートしてくれるキャリアアドバイザーは既卒からの転職を経験した人しかいません。既卒やフリーターが不安に思いやすいこと、つまずきやすいことなどを経験に基づいてアドバイスしてくれるので、気楽に相談しやすい特徴もあります。

なので、大手転職エージェントに相談したものの、反応がよくなかった既卒・フリーター・第二新卒の女性の方は試しに相談してみることをおすすめします

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する就職支援サービス。
20時間以上にも及ぶ丁寧なサポートが特徴で、1年後の定着率は94.7%!

特徴
【メリット】
  1. キャリアアドバイザーも、元既卒や元第二新卒でより求職者に沿ったサポート
  2. オーダーメイド型就活サポートがあり、20時間以上の個人サポートがあるので、「どうすればいいか分かっていない人」でも安心
  3. 研修型の就活サポートも実施しており、スキルのない未経験でも一から就職できるまで教えてくれる
【デメリット】
  1. 研修型の就活サポートは4~7週間と一定の時間が求められる
  2. そもそも、第二新卒・既卒以外は対象にならない

こんな人がおすすめ!
  1. 未経験からチャレンジしたい既卒・第二新卒の方
  2. 正社員経験がない20代フリーター・既卒の方
  3. 長い時間かけて、より丁寧なサポートを受けたい方

ウズキャリ既卒(株式会社UZUZ)の評判からわかる5つの特徴

2018.12.19

女性の転職に役立つ転職エージェントの選び方


改めてになりますが、女性の転職に役立つ転職エージェントを選ぶ際には、以下の3つの観点を参考にしてください。

①出産を経験した女性キャリアアドバイザーはいるか

将来出産を考えている女性であれば、出産後も働ける企業なのかは非常に気になるポイントですよね。

制度自体はあっても活用されていない企業も多いので、その企業の出産・育児支援制度は本当に使い勝手がいいのかは、出産を経験した同性のキャリアアドバイザーならではの視点で確かめたほうが安心です

最近はサイトにキャリアアドバイザーの詳細なプロフィールを掲載している転職エージェントも増えてきているので、事前にチェックすることをおすすめします。

②女性の転職ならではのコンテンツがあるか

一般的な転職ノウハウだけでなく、女性ならではの観点からコラムを作成している転職エージェントは女性の転職者を大切にしていると言えます。

例えば、求人サイト「@type女性の転職」を運営しているキャリアデザインセンターがあげられます。実際に記事をご覧いただけるとわかるように、面接時のヘアスタイルやオフィスファッション、女性に人気がある職業のインタビュー記事があり、女性の転職支援を積極的に行っています

キャリアデザインセンターでは、求人サイトだけではなく、首都圏・女性に特化した転職エージェントサービスで、「Type女の転職エージェント」を運営しており、専任のキャリアアドバイザーによる転職サポートを無料で受けることができます。

③女性向けの絞り込み条件が充実しているか

求人情報を検索できるWebページとしては、転職エージェントサービスのWebサイトと、同じ会社が運営している求職サイトが挙げられます。

これらのWebページで女性が活躍している企業の求人を持っているか、女性の転職者をターゲットとして重要視しているかどうかを確認してみましょう。

多く取り扱っていれば、それだけ女性の転職に対して真摯に向き合っている指標になります

転職エージェントを使い倒す5つのコツ


転職エージェントは転職者の強い味方ですが、希望する企業への転職を成功させたいのなら、徹底的に転職エージェントを使い倒すべきです。

転職のプロである筆者が特別に転職エージェントを使い倒すコツを伝授しますね。

①転職期間は3ヶ月以内と伝える

求人情報は大体ですが、3ヶ月で入れ替わります。そのため3ヶ月より先の転職には対応しにくいのです。

それに、転職時期が早いほどキャリアアドバイザーに対して転職意思の強さをアピールすることができます。転職意思が強ければ、キャリアアドバイザーも優先してサポートしてくれます。

②返事はなるべく早くする

仕事やプライベートが忙しく、ついつい返信が遅くなってしまう転職者がたまにいます。

忙しいのは分かりますが、すぐに返信をしないと「この方は転職する気がない」と思われてしまいます。

担当キャリアアドバイザーを本気にさせるためにも、まずは返事を早くするようにしましょう。

また、希望する業界・職種の求人がないかなど、自分から積極的に問い合わせをしてみるのも大切です。

③ウソはつかないようにする

自分を良く見せたくて、中にはウソをつく転職者がいます。

例えば、給与を少しでも良く見せるために、多めの金額を言ってしまう場合も。キャリアアドバイザーは色々な情報をたくさん持っているので、転職者の給与相場もしっかりと把握しています。

つい出来心でウソをついたとしても、バレたときに一瞬で信頼関係が崩れ、今後の転職活動に大きな影響を与えてしまいます。

④面接後は企業側の評価を教えてもらう

これは、転職エージェントを利用する1番のメリットです。

キャリアアドバイザーは必ず、企業側に面接の反応を確認するので、あなたの評価された部分と評価されなかった部分を知っています。

採用・不採用といった結果だけでなく、何が良くて何か悪いのかを知り、次の面接で活かしたり、入社後の評価を高めたりすることに活かすべきです。

⑤キャリアアドバイザーが合わないと思ったら変更してもらう

担当キャリアアドバイザーが合わないと感じたら、遠慮なく変えてもらうよう伝えましょう。

転職は人生を大きく左右する出来事です。今後の人生が変わってしまうかもしれない決断をするのに、相性が合わないキャリアアドバイザーに人生の転機を任せられますか?

また、自分と相性が合わない人と一緒に過ごすのは、自分が想定するよりもストレスになります。転職のストレスだけでなく、その相談をしたキャリアアドバイザーにもストレスを感じてしまっては転職も上手く進みません。

思い切ってキャリアアドバイザーを変更してもらい、少しでも早く内定を獲得できるようにしたほうが堅実的です。

とはいえ、直接だと言いづらいと思います。そういうときはサイトのお問い合わせフォームから送るのでも大丈夫です。

送るときはなぜ担当キャリアアドバイザーを変えたいのか、その理由も一緒に添えるようにしてくださいね。どのような理由で担当キャリアアドバイザーを変えるのか、その例を以下でご紹介します。

担当を変えたい理由

  • 話を聞いてくれない
  • 時間を守らない
  • 連絡が遅い
  • 希望する業界や職種の理解が乏しい
  • 希望条件と違う求人ばかり紹介してくる
  • 態度が高圧的

など、担当を変更したい理由を具体的に伝えてください。

転職エージェントについてより詳しく知りたい人へ

転職エージェントについて、さらに詳しく知りたい人向けに役立つ記事を集めてみました。

気になる人はぜひチェックしてみてくださいね!