20代で転職を検討されている方へ


【必読】女性銀行員の転職って有利なの?おすすめの転職先ってなに?

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

不正融資といった不祥事やノルマ至上主義から転職を検討する女性が増えています。

また、結婚・出産を意識し、より働きやすい会社や将来のキャリアプランを考えて転職する人も多いです。

今回はそんな女性銀行員の転職について、転職のプロである筆者が「女性銀行員の転職は有利なのかどうか」「女性銀行員に多い転職先」「銀行から転職した女性のリアルな声」「銀行からの転職を成功させるコツ」などを徹底的に解説していきます!

銀行からの転職を考えている女性の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

女性銀行員の転職は有利って本当!?


同じ銀行員でも女性だと転職に不利なのでは?と心配する人が多いのですが、その逆で実は有利に働くことが多いです。

銀行では窓口業務の他に、金融商品の営業や顧客である個人、法人のお金を預かって運用したり、貸し付けをおこなっています。

そのため、一般的に銀行員には以下の3つの能力があると評価されています。

①業務を正確に遂行する能力
②勉強熱心で自己研鑽を怠らない
③社会人としてのマナーが備わっている

また、銀行員の中でも女性は、数字やコミュニケーションに強いと言った基本的なビジネススキルに加えて、働く上での良い習慣や考え方を持っていると評価されていますね。

上記で紹介した3つの能力で、次で詳しくご説明します。

業務を正確に遂行する能力

銀行では顧客のお金を預かっており、信用問題にも関わることなので、不正や誤差は絶対に許されません。

信用できない銀行にお金を預ける顧客はいませんよね。この意識は実務に関わる銀行員にも徹底されています。

また、為替や株式など、時間厳守で業務をおこなわなければ大きな損害が発生する事業もあるため、現在抱えている業務を整理し、優先順位を付けた上で時間内で処理できるタイムマネジメントのスキルも備わっている必要があります。

勉強熱心で自己研鑽を怠らない

銀行員はお金を扱うため、金融商品取引法や会社法など、ある程度理解しておく必要があります。

また、新たに開発された商品の中身や特徴も、細部まで理解しておかなければなりません。理解していないと顧客からの問い合わせに対応できないからです。

さらに入社するまでに簿記の資格を保有する人も多く、銀行員は常に勉強する習慣を持った人が多くいるのです。

社会人としてのマナーが備わっている

窓口業務を担当する場合、顧客の信用に繋がる言動が求められます。そのため社会人としての話し方や行動、マナーが新人研修で徹底的に叩き込まれるのです。

さらに専門知識や高いコミュニケーション力がないと、顧客に喜ばれる接客はできません。

銀行員は顧客の信用を勝ち得るようなマナーや、スキルが身に付いていると転職市場では評価されているのです。

女性銀行員に多い転職先


女性銀行員は幅広い分野で活躍できると期待されるため、転職チャンスは非常に多いと言えます。

幅広い業界で活躍できる女性銀行員ですが、転職先として圧倒的に多いのは、同業の銀行・金融機関への転職です。

銀行業が1番慣れており、他の業種よりも倒産の心配が少なく、また高収入なので同じ銀行へ転職する人が多いです。

とくに多い「金融業界」「公務員」「異業種」の3つについて、以下で詳しい転職先などをご紹介します。

金融業界

同じ金融業界であれば、取り扱い商品は異なるものの、顧客対応や事務手続きと言った業務内容は共通している部分が多いため転職しやすさがあります。

また、既にスキルが身に付いているため、転職することによって早期のキャリアアップや年収アップができる場合がありますね。

具体的な転職先としては、同業の銀行だけでなく、保険会社や証券会社もあります。ちなみにカード会社やリース会社は転勤を伴う異動が少なく、女性銀行員におすすめです。

公務員

公務員は金融業と同じように安定した業界なので、女性銀行員の転職先として人気があります。

とくに「ノルマのない仕事がしたい」「ワークライフバランスの整った生活がしたい」という人が転職先として選んでいますね。

公務員になるためには、公務員試験に合格しないといけないため、前職の経験や学歴は一切関係ないのですが、普段から勉強する習慣が身に付いている銀行員には有利です。

このとき、注意すべきなのは年齢です。国家公務員や地方上級職は29歳が上限になっていることが多いです。

異業種

金融業界や公務員以外の異業種ですが、20代や30代前半の女性銀行員であれば、様々な業界で歓迎されます

豊富な知識やマナーなどが求められる銀行で働いてたので、非常に優秀な人が多いからです。

例え、未経験業界であったとしても優秀な人材であれば短期間で成長してくれるだろう、とポテンシャルで採用されるのです。

ウェブ系企業・出版業界・広告代理店など、おすすめの業界はいろいろとありますが、以下で4つ業界をピックアップしてご紹介します。

不動産業 金融商品が関係し、接客や事務処理能力を求められる銀行と共通項が多い業界
専門学校 簿記の知識と銀行での実務を兼ね合わせた講義ができるため、講師としての価値は高い
M&Aの仲介・アドバイザリーファーム M&Aに関わった経験や営業経験が必要ですが、財務の知識と英語力があれば、年齢・性別関係なく高いポジションに登用
その他メーカー、サービス業など コミュニケーション力や事務処理能力といった基本的ビジネススキルを持つ人材は、メーカーやサービス業の主に本社業務で力を発揮することが可能

女性銀行員の一般職からの転職


一般職として働いている場合は、「業務に対する正確さ」をしっかりアピールするようにしましょう。

ぶっちゃけると銀行の事務は他の会社ではあまり使えないことは理解しておくと良いです。銀行の事務は応用できないマニアックなものが多く、他では使えない理由になります。

ただ、事務としての経験は高く買われるので、一般職であれば、また同じ事務職へ転職するのが良いでしょう。

一般職と親和性が高い職種
・一般事務
・営業事務
・経理アシスタント
・人事アシスタント
・秘書など

女性銀行員の総合職からの転職


総合職の場合は、異業種へ転職することが多いです。

高い営業力が評価されているため、人材やITなどの無形商材の営業職で活躍する人が多いです。

稼ぎたい人であれば、外資系の金融へ転職する場合もよくあります。

総合職と親和性が高い職種
・無形商材の営業職
・コンサルティング業界
・外資系の金融など

本部在籍の女性銀行員の転職


銀行本部では各支店の支援や預金の運用、新商品の企画・開発など、銀行の基幹業務を主に担当しています。

組織の中で様々な職種を経験しているので、転職先は人によって様々ですが、金融業界よりも異業種へ進む人が多いです。

親和性が高い職種
・一般企業の管理・企画
・無形商材の営業職
・コンサルティング業界など

本部で働いている女性は優秀な人ばかりなので、海外に転職先を求める人も多いようです。

銀行から転職した女性のリアルな声


現役の転職エージェントをしていると、女性銀行員から転職に関する様々な相談を受けることが多いです。

そんな女性銀行員のリアルな転職事情について、成功した体験談と失敗した体験談に分けていくつかご紹介します。

転職に成功した女性の体験談

営業職・29歳
銀行はルーチンワークの繰り返しで、個人の裁量がほとんどなくて……それがすごくストレスでした。こうすればもっと効率的に業務を行えるのに、それをすることができない……

そんなストレスを抱えながら働くのが嫌で、人材系の営業職へ転職。今は自分の裁量で仕事を進められるし、頑張れば頑張った分だけ年収に反映されるので、やりがいもあって楽しいです。

一般職・31歳
銀行勤って給料が良いってイメージですけど、良いのは少数だけで地銀の窓口業務担当だと全然なんですよね。

将来のことを考えてこのままで良いのかな?って悩んだときに、知人にる企業の一般職を紹介してもらいました。銀行よりも将来性があると思って転職したのですが、まさしくそうでした。もちろん給料もアップしましたよ!

デザイン・33歳
昔からデザインの仕事がしたくて、でも安定した仕事が良いだろうと銀行へ就職したのですが……それでも諦めきれず、銀行を辞めました。

人生は1度しかないし、後悔するぐらいなら本当にやりたいことをやろう!と思って。デザインはとても大変ですが、今はすごく充実しています。

転職に失敗した女性の体験談

公務員・28歳
同じ安定している公務員へ転職したのですが、ルーチンワークは銀行と変わらず。毎日同じ事をやり続けるのは、正直飽きます。
IT関係・27歳
残業が多い!!!銀行よりも多い!しかも休日出勤もあるし、プライベートな時間を取りづらくなった…

銀行に不満が多かったけど、離れてみて良さがよくわかった。転職しない方がよかったかもしれない…

無職・30歳
安定とは程遠いベンチャー企業の営業職へ転職しました。常に新しいことにチャレンジできたので楽しかったのですが、傾くときは一気に傾きます。

一緒に大企業へ育て上げたかったのですが、会社は倒産しました。生活基盤が由来で、銀行にそのまま残っていればよかったのでは?と転職活動をしながら思ってます。

女性銀行員に多い3つの転職理由


銀行は年収も安定しており、新卒にも人気がある業界ですが、転職理由として大きいのは「人間関係」「将来性」「働き方」の3つです。

転職する理由は人それぞれですが、とくに多いこの3つについて、以下でより詳しく説明していきます。

人間関係の悪化

仲良く円満に仕事ができれば良いのですが、銀行には様々な人がいます。

中には相性が合わない人がいて、人間関係が想像以上に悪化してしまう場合があります。

上司、同僚、部下や顧客との人間関係に疲弊して、転職を検討している人は多いです。

銀行というビジネスモデルの将来性

AIを活用した業務の省力化以上に、今後は金利で稼ぐといったビジネスモデル自体が成り立たなくなっています。

貸付先となるベンチャー企業は、資金調達を銀行からの有利子負債に限定せず、株式を渡して経営参画を促しています。

このような状況と、主に融資審査などの自動化の流れから、自分の立場や業務が大幅に変化していくことに不安を感じて転職を考える人が増えています。

ワークライフバランスを意識した働き方

育児を抱える女性にとって銀行という職場が「働き易い環境か?」というと、必ずしもそうではありません。

業務の効率化を進めているとはいえ、営業ノルマの達成やそれに付随する事務作業に追われるのに総合職、一般職は関係ありません。

休日出勤や21時以降の残業は規制されていますので原則発生しませんが、その分必要に応じて出勤時間が早まる傾向があります。

転職で活かせる経験やスキル


女性銀行員の転職は有利に働くことが多いのですが、具体的にどのような経験やスキルが評価されるのかを説明していきますね。

また、転職活動でどのようにアピールしたら良いのかについてもご紹介します。

業務を正確に遂行する力

事務作業や企画資料の作成で、とくに必要な能力が正確性です。

女性銀行員は正確な事務処理能力を持っており、事務作業や企画資料の作成といった業務での活躍を期待され、採用されることが多いです。

アピールポイントとしては、銀行業務を通じてどのような業務上の習慣を身につけることができたのかを具体的に話すようにしましょう。

実際にあったエピソードを交えながら、端的に話せるように事前に準備をしておくと良いですよ。

また、目標数値に対して自分でどのように取り組み、結果はどうだったのかを数字に強い銀行員らしくアピールできるとポイントが高いですね。

社会人としてのマナー

営業職や秘書など、人の印象を左右する職種であれば社会人としてのマナーは最重要な能力です。

窓口業務や営業経験を活かした丁寧な口調や整った身だしなみは、最大のアピール材料になります。

銀行では年齢や性別、立場の異なる顧客が融資や返済に関する相談で訪れます。それらの顧客の信頼を得るために、どのように考え・どのように行動したのかを話せるようにすると良いでしょう。

銀行からの転職を成功させるコツ


女性銀行員が本気で転職を成功させるためには、ズバリ「転職エージェント」を活用することをおすすめします。

転職エージェントを活用することで、自分の希望条件にあった企業を紹介してもらえます。

別に転職エージェントを使わなくても転職できるだろうって思っている人も多いかと思いますが、それは甘い考えです。条件が良い求人は非公開求人になっており、これは転職エージェントに登録しなければ見ることすらできません。

また、転職エージェントでは履歴書の書き方や面接対策といったサポートをしてくれるのです。さらに紹介した企業の採用担当者に対して、強みのアピールや弱みのフォローもしてくれます。

スケジュール管理や年収交渉などのサポートが無料で受けられるので、本気で転職したい人は登録しておいて損はないですよ!

女性銀行員の転職におすすめな転職エージェント

世の中には数多の転職エージェントがありますが、その中でも女性の転職に強い転職エージェントを3社ご紹介します。

銀行からの転職を成功させたい女性の方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

type 女性の転職エージェント

<メリット>
・女性のアドバイザーが担当

・女性にオススメの求人を多数保持している

・未経験でも挑戦できる職種が多数

・女性の転職に10年以上のノウハウ

<デメリット

・40代以上の求人が少なく感じる

<こんな人にオススメ>

・女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメ!

・「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

 

doda

<メリット>
・国内第2位の求人数を保有

・面接・書類作成といった、転職へのサポートが手厚い

・マッチングにこだわっており、キャリアアドバイザーが求人を絞り込んで提案してくれる

・女性のアドバイザーが担当

<デメリット>
・求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーによってバラつく可能性がある
<こんな方にオススメ>
・「多くの求人を網羅的に閲覧したいが、自分に合った求人をプロ視点で一定は絞り込んで提案してほしい」といったニーズをお持ちの方

 

マイナビエージェント

<メリット>
・大手の転職エージェント

・営業系の転職先を多数掲載

・若手向けサービスマイナビジョブ20’s”を展開。第二新卒の方の転職活動も手厚くサポート

・若手層で未経験業界や職種へのチャレンジ可能な求人を多数保有

・キャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが求人マッチングや絞り込んだ提案をしてくれる

<デメリット>
・大手なのでキャリアアドバイザーの数が多いために、質にばらつきがでる可能性あり

<こんな方にオススメ>
・若年層で転職を考えている方

・異業界・異職種へのキャリアチェンジを希望している方