【必読】女性銀行員の転職って有利なの?おすすめの転職先ってなに?

The following two tabs change content below.
末永 雄太
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

不正融資といった不祥事やノルマ至上主義から転職を検討する女性が増えています。

また、結婚・出産を意識し、より働きやすい会社や将来のキャリアプランを考えて転職する人も多いです。

今回はそんな女性銀行員の転職について、転職のプロである筆者が「女性銀行員の転職は有利なのかどうか」「女性銀行員に多い転職先」「銀行から転職した女性のリアルな声」「銀行からの転職を成功させるコツ」などを徹底的に解説していきます!

銀行からの転職を考えている女性の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

女性銀行員の転職は有利って本当!?

同じ銀行員でも女性だと転職に不利なのでは?と心配する人が多いのですが、その逆で実は有利に働くことが多いです。

銀行では窓口業務の他に、金融商品の営業や顧客である個人、法人のお金を預かって運用したり、貸し付けをおこなっています。

そのため、一般的に銀行員には以下の3つの能力があると評価されています。

①業務を正確に遂行する能力
②勉強熱心で自己研鑽を怠らない
③社会人としてのマナーが備わっている

また、銀行員の中でも女性は、数字やコミュニケーションに強いと言った基本的なビジネススキルに加えて、働く上での良い習慣や考え方を持っていると評価されていますね。

上記で紹介した3つの能力で、次で詳しくご説明します。

業務を正確に遂行する能力

銀行では顧客のお金を預かっており、信用問題にも関わることなので、不正や誤差は絶対に許されません。

信用できない銀行にお金を預ける顧客はいませんよね。この意識は実務に関わる銀行員にも徹底されています。

また、為替や株式など、時間厳守で業務をおこなわなければ大きな損害が発生する事業もあるため、現在抱えている業務を整理し、優先順位を付けた上で時間内で処理できるタイムマネジメントのスキルも備わっている必要があります。

勉強熱心で自己研鑽を怠らない

銀行員はお金を扱うため、金融商品取引法や会社法など、ある程度理解しておく必要があります。

また、新たに開発された商品の中身や特徴も、細部まで理解しておかなければなりません。理解していないと顧客からの問い合わせに対応できないからです。

さらに入社するまでに簿記の資格を保有する人も多く、銀行員は常に勉強する習慣を持った人が多くいるのです。

社会人としてのマナーが備わっている

窓口業務を担当する場合、顧客の信用に繋がる言動が求められます。そのため社会人としての話し方や行動、マナーが新人研修で徹底的に叩き込まれるのです。

さらに専門知識や高いコミュニケーション力がないと、顧客に喜ばれる接客はできません。

銀行員は顧客の信用を勝ち得るようなマナーや、スキルが身に付いていると転職市場では評価されているのです。

女性銀行員に多い転職先

女性銀行員は幅広い分野で活躍できると期待されるため、転職チャンスは非常に多いと言えます。

幅広い業界で活躍できる女性銀行員ですが、転職先として圧倒的に多いのは、同業の銀行・金融機関への転職です。

銀行業が1番慣れており、他の業種よりも倒産の心配が少なく、また高収入なので同じ銀行へ転職する人が多いです。

とくに多い「金融業界」「公務員」「異業種」の3つについて、以下で詳しい転職先などをご紹介します。

金融業界

同じ金融業界であれば、取り扱い商品は異なるものの、顧客対応や事務手続きと言った業務内容は共通している部分が多いため転職しやすさがあります。

また、既にスキルが身に付いているため、転職することによって早期のキャリアアップや年収アップができる場合がありますね。

具体的な転職先としては、同業の銀行だけでなく、保険会社や証券会社もあります。ちなみにカード会社やリース会社は転勤を伴う異動が少なく、女性銀行員におすすめです。

公務員

公務員は金融業と同じように安定した業界なので、女性銀行員の転職先として人気があります。

とくに「ノルマのない仕事がしたい」「ワークライフバランスの整った生活がしたい」という人が転職先として選んでいますね。

公務員になるためには、公務員試験に合格しないといけないため、前職の経験や学歴は一切関係ないのですが、普段から勉強する習慣が身に付いている銀行員には有利です。

このとき、注意すべきなのは年齢です。国家公務員や地方上級職は29歳が上限になっていることが多いです。

異業種

金融業界や公務員以外の異業種ですが、20代や30代前半の女性銀行員であれば、様々な業界で歓迎されます

豊富な知識やマナーなどが求められる銀行で働いてたので、非常に優秀な人が多いからです。

例え、未経験業界であったとしても優秀な人材であれば短期間で成長してくれるだろう、とポテンシャルで採用されるのです。

ウェブ系企業・出版業界・広告代理店など、おすすめの業界はいろいろとありますが、以下で4つ業界をピックアップしてご紹介します。

不動産業 金融商品が関係し、接客や事務処理能力を求められる銀行と共通項が多い業界
専門学校 簿記の知識と銀行での実務を兼ね合わせた講義ができるため、講師としての価値は高い
M&Aの仲介・アドバイザリーファーム M&Aに関わった経験や営業経験が必要ですが、財務の知識と英語力があれば、年齢・性別関係なく高いポジションに登用
その他メーカー、サービス業など コミュニケーション力や事務処理能力といった基本的ビジネススキルを持つ人材は、メーカーやサービス業の主に本社業務で力を発揮することが可能

女性銀行員の一般職からの転職


一般職として働いている場合は、「業務に対する正確さ」をしっかりアピールするようにしましょう。

ぶっちゃけると銀行の事務は他の会社ではあまり使えないことは理解しておくと良いです。銀行の事務は応用できないマニアックなものが多く、他では使えない理由になります。

ただ、事務としての経験は高く買われるので、一般職であれば、また同じ事務職へ転職するのが良いでしょう。

一般職と親和性が高い職種
・一般事務
・営業事務
・経理アシスタント
・人事アシスタント
・秘書など

女性銀行員の総合職からの転職


総合職の場合は、異業種へ転職することが多いです。

高い営業力が評価されているため、人材やITなどの無形商材の営業職で活躍する人が多いです。

稼ぎたい人であれば、外資系の金融へ転職する場合もよくあります。

総合職と親和性が高い職種
・無形商材の営業職
・コンサルティング業界
・外資系の金融など

本部在籍の女性銀行員の転職


銀行本部では各支店の支援や預金の運用、新商品の企画・開発など、銀行の基幹業務を主に担当しています。

組織の中で様々な職種を経験しているので、転職先は人によって様々ですが、金融業界よりも異業種へ進む人が多いです。

親和性が高い職種
・一般企業の管理・企画
・無形商材の営業職
・コンサルティング業界など

本部で働いている女性は優秀な人ばかりなので、海外に転職先を求める人も多いようです。

銀行から転職した女性のリアルな声


現役の転職エージェントをしていると、女性銀行員から転職に関する様々な相談を受けることが多いです。

そんな女性銀行員のリアルな転職事情について、成功した体験談と失敗した体験談に分けていくつかご紹介します。

転職に成功した女性の体験談

一般職・29歳
チームワークを大切にしている銀行へ入行しましたが、実際はノルマ重視でチーム間のコミュニケーションは、ほとんどありませんでした。

だからこそ、チームが団結して1つの目標に向かって行動できる企業への転職を決意しました。

仕事終わりの夜の時間を活用して転職活動に励みました。転職サイトでチームワークを重要視する企業の求人を見つけ、企業の公式サイトや評判を確認したところ、とても好感が持てる企業でした。

早速応募をし面接日程を合わせ、面接では銀行で習得したスキルや経験、実績をアピールしました。そして後日、見事に内定がもらえました!

コンサル系・35歳
結婚をして育休から復活し、銀行の窓口業務をしていましたが、給与に不満がありました。

育休を頂いていた分も頑張って働き続けていましたが、昇給の見込みがありませんでした。それなのに活躍していない上司の方が高給取り、というのが不服でした。

そこで、成果をきちんと評価してもらえる企業を探すべく、複数の転職エージェントに登録しました。

キャリアアドバイザーにこれまでの経緯を話し、今後のキャリアについて細かく伝えました。その希望を満たした求人を紹介してもらって応募し、コンサル企業に転職できることになりました!

一般職・33歳
結婚後も銀行で働き続け、旦那との間に子供ができたんです。上司に産休・育休の申請をしましたが、嫌な顔をされて認めてもらえず…。

もともと子供を強く望んでいたので、止むを得ず銀行を退職することにしました。その後、転職エージェントに登録をして、担当者に「小さな子供がいても長期的に働きたい」と相談しました。

それから、女性のための制度が充実している会社を多く紹介してもらい、第1志望から内定を頂けました!

担当者から銀行時代に培ったスキルや強みのアピールの仕方など、きめ細かいサポートをしてもらえたのが嬉しかったです。

銀行員からの転職に成功した方々は、応募先企業の情報を収集していますね。中には、転職エージェントを活用して、自分の希望や悩みを細かくキャリアアドバイザーに伝えている方もいます。

自分がどんな働き方をしたいのか明確にし、また応募先企業の評判をチェックするなど。自分自身でも積極的にアクションを起こしているのが、良い結果に結びついていますね。

転職に失敗した女性の体験談

無職・30歳
銀行はルーティンワークで毎日同じことの繰り返しですし、スキル取得したくてもなかなか難しい、というのが私の不満でした。

働くからにはやっぱり、きちんと手に職をつけたい!常に新しいことにチャレンジしたい!と考えて、安定とは程遠いベンチャー企業の営業職へ転職しました。

実際にベンチャー企業に勤めてみると、毎日新しいことへのチャレンジで、身につくことも多いので楽しかったです。

ですが、その会社の業績が傾き倒産してしまいました…。新しいことにチャレンジできる環境を求めていたはずなのに、「あのまま銀行で仕事をしていればよかったのかなぁ…」と今更になって後悔。

新しいことへのチャレンジに目を向けすぎて、きちんと考えるべき部分を考えなかったことが悔やまれます…。

公務員・27歳
銀行のルールが窮屈に感じ、こうした方が効率良くなるのに、という思いが日に日に強くなりました。これ以上働き続けていくのは厳しいと判断し、公務員に転職しました。

公務員を選んだのは、銀行よりもルールが厳しくないだろうから、働きやすいんじゃないかと思ったからです。ですが、企業から内定を頂き、いざ働いてみると、細かいルールが多かったんです。

銀行の時よりもさらに細かいルールが設けられていて、せっかく転職したのに意味がなかった…と落胆しました。

事務職・31歳
銀行の方針でお客様よりも収益性を重視するように変わってしまいました。ノルマを達成することに必死になりすぎて、お客様の役に立つことや、地域貢献が実現できないと感じて転職を決意しました。

転職エージェントを利用して活動してみると、良い求人が多く「これなら転職先がすぐ決まるだろう」と思いました。でも、実際は面接日程が合わせられず、内定がもらえないという状況が続きました。

銀行に勤めながらの活動でしたので、平日に有給がもらえず面接も出来ずじまい…。その結果、応募しても何社もお見送りという形でした。

銀行員から転職に失敗してしまった方々は、長期的なスパンでキャリア形成できていなかったり、転職先について事前に調べていなかったり。
また、転職活動を甘く見てしまったという方が多いようですね。

このように、事前に応募先企業について調べていない、目先のことだけを考えてしまうと、転職失敗してしまいます。
こうした失敗を避けるためには、転職する際にきちんとどのようなキャリアを描いていくべきであるのか。そして、転職先について事前に調べるなど、準備をしっかりするというのが重要ですね。

女性銀行員に多い3つの転職理由

銀行は年収も安定しており、新卒にも人気がある業界ですが、転職理由として大きいのは「人間関係」「将来性」「働き方」の3つです。

転職する理由は人それぞれですが、とくに多いこの3つについて、以下でより詳しく説明していきます。

人間関係の悪化

仲良く円満に仕事ができれば良いのですが、銀行には様々な人がいます。

中には相性が合わない人がいて、人間関係が想像以上に悪化してしまう場合があります。

上司、同僚、部下や顧客との人間関係に疲弊して、転職を検討している人は多いです。

銀行というビジネスモデルの将来性

AIを活用した業務の省力化以上に、今後は金利で稼ぐといったビジネスモデル自体が成り立たなくなっています。

貸付先となるベンチャー企業は、資金調達を銀行からの有利子負債に限定せず、株式を渡して経営参画を促しています。

このような状況と、主に融資審査などの自動化の流れから、自分の立場や業務が大幅に変化していくことに不安を感じて転職を考える人が増えています。

ワークライフバランスを意識した働き方

育児を抱える女性にとって銀行という職場が「働き易い環境か?」というと、必ずしもそうではありません。

業務の効率化を進めているとはいえ、営業ノルマの達成やそれに付随する事務作業に追われるのに総合職、一般職は関係ありません。

休日出勤や21時以降の残業は規制されていますので原則発生しませんが、その分必要に応じて出勤時間が早まる傾向があります。

転職で活かせる経験やスキル

女性銀行員の転職は有利に働くことが多いのですが、具体的にどのような経験やスキルが評価されるのかを説明していきますね。

また、転職活動でどのようにアピールしたら良いのかについてもご紹介します。

業務を正確に遂行する力

事務作業や企画資料の作成で、とくに必要な能力が正確性です。

女性銀行員は正確な事務処理能力を持っており、事務作業や企画資料の作成といった業務での活躍を期待され、採用されることが多いです。

アピールポイントとしては、銀行業務を通じてどのような業務上の習慣を身につけることができたのかを具体的に話すようにしましょう。

実際にあったエピソードを交えながら、端的に話せるように事前に準備をしておくと良いですよ。

また、目標数値に対して自分でどのように取り組み、結果はどうだったのかを数字に強い銀行員らしくアピールできるとポイントが高いですね。

社会人としてのマナー

営業職や秘書など、人の印象を左右する職種であれば社会人としてのマナーは最重要な能力です。

窓口業務や営業経験を活かした丁寧な口調や整った身だしなみは、最大のアピール材料になります。

銀行では年齢や性別、立場の異なる顧客が融資や返済に関する相談で訪れます。それらの顧客の信頼を得るために、どのように考え・どのように行動したのかを話せるようにすると良いでしょう。

銀行からの転職は転職エージェントの利用がオススメ!


女性銀行員が本気で転職を成功させたい!ということでしたら、転職エージェントを活用するのがおすすめです。できれば、様々な職種を扱う転職エージェントが良いでしょう。

転職エージェントに登録をすると、キャリアアドバイザーがあなたのサポートを行います。あなたがどんな希望条件を持っているのかヒアリングをし、あなたに合った企業を紹介してもらえます。

すでに進みたい業界や職種が決まっているなら、合致した求人を紹介してくれますし、まだどの業界・職種に進もうか悩んでいるという方であれば、銀行員からのキャリアパスについて教えてもらえます。

もちろん、女性は結婚や出産、育児など女性特有のライフイベントがありますので、「家事と両立できる仕事がしたい」「女性のための制度が整っている会社がいい」など、事前にキャリアアドバイザーに相談しながら、企業を探すことができます。

履歴書や職務経歴書などの応募書類の添削も丁寧にしてもらえるので、書類選考の通過率を高めることが可能です。

悩んでしまいがちな自己PRについても、あなたの強みやスキルをどのように伝えると魅力的なのか、アドバイスもバッチリしてもらえるので安心です。

それだけではなく、あなたが志望する企業に合わせて、面接対策もしっかり親身に行なってくれますよ。

また、面接の日程調整もあなたの代わりにキャリアアドバイザーがしてくれますので、働きながら転職活動が行えるというところも、大きな魅力ですね。

ただ、キャリアコンサルタントのスキルや経験に違いが生じますので、できれば大手エージェント2〜3社、特化型エージェント1社へ登録するのがベストです。
同時に、女性の転職に特化した転職エージェントも一緒に利用するのがおすすめです。

まずは、実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、サポートを進めてもらうエージェントを、比較・検討して選ぶことをおすすめします!

世の中には数多の転職エージェントがありますが、その中でも女性の転職に強い転職エージェントを6社ご紹介します。

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント

30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。


業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の求人が豊富な転職サイト
年収・求人の質ともに高い優良求人を多数掲載

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!