転職エージェントが教える!日本生命への転職(中途採用)成功法!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

生保業界で収入保険料日本一の、業界最大手企業である日本生命。

今回の記事では、ズバリ、どうしたら日本生命に転職できるのか?という疑問を解決することに焦点を当てて記事を執筆しました。

他にも日本生命の企業情報・転職情報をお伝えしていますので、ぜひご活用ください!

実際に日本生命に転職するためのポイント

いきなりですが、日本生命に転職するにはどうすれば良いのでしょうか?

(この記事を読まれる方はおそらくこの内容が一番気になると思うので、先に述べてしまいます。笑)

正直なところ、日本生命への転職難易度は、業界最大手企業ということもあってかなり高いです。

日本生命のような大企業には、毎日何十何百と求人票が送られてくるため、人事は一人一人の履歴書をしっかり見る事が出来ず、もしあなたがコーポレートサイトから応募しても、サッと流されてしまう恐れがあります。つまり、どんなにあなたの書類に魅力があっても、人事の方の見落としによって落とされる可能性があるということです。

転職エージェントを利用すれば、キャリアアドバイザーが直接人事にあなたを推薦する形になるので、一般で応募するより採用される確率が格段に高まります。

ただ、転職エージェントには「エージェントによって、得意な領域や業界が異なる」「担当コンサルタントは基本的に選べないため、馬が合わなかったり、納得のいくサポートを得られない可能性もある」といったリスクが想定されるので、2~3社同時に登録して、比較検討してみることをオススメします。

必ず1社は登録すべき!総合型大手エージェント

末永

まず転職を考える際、全ての方が鉄板で登録すべき転職エージェントが、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaといった業界最大手のエージェントです。

大手のエージェントに登録しておくメリットは、圧倒的な求人の多さです。
日本生命に転職したいのだから、求人数は関係ない、と思われるかもしれませんが、実は関係があるので説明します。

大手エージェントは、圧倒的な求人数から、以下で紹介する他の特化型エージェントが持っていない非公開求人を持っている可能性があります。
つまり、他のエージェントにはない職種の求人が、大手エージェントにはある、ということがあるのです。

また、全業界・職種の求人を網羅しているので、幅広いキャリアの提案が可能です。大手エージェントは日本生命以外の生命保険の求人も保有しているので、まずは企業を比較検討したいという方にもオススメです!

「そもそも業界・職種が定まっていない」という方は、まず大手エージェントに登録してみて、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談すると良いと思います。 ※以下からエージェントの応募ページに飛ぶことができますので、ご活用ください。

日本生命の管理職・マネージャーへの転職を狙う方にオススメの転職サイト・エージェント

末永

前提として、マネージャークラスの求人は絶対数がそもそも少ないため、転職サイトと転職エージェントを併用して転職活動を進めるのが最良の選択です。
そこでオススメするのが、ビズリーチ(転職サイト)JACリクルートメント(JACリクルートメント)の2つです。

ビズリーチは、年収500万円以上の良質な求人が豊富に掲載されている転職サイトです。
あなたの経歴に興味を持った企業やビスリーチに登録している中小エージェントから直接オファーをもらうことができます

JACリクルートメント年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有している、ハイレイヤー向けの転職エージェントです。
30〜40代のマネジメント層やスペシャリスト、日本生命の管理職への採用にも強みを持ちます。

※以下からエージェントの応募ページに飛ぶことができますので、ご活用ください。

 

日本生命って何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

日本生命保険相互会社は、1889年設立の大阪市の本社を置く生命保険会社です。

「相互会社」とは聞いたことがない方も多いと思いますが、国内では保険会社のみに認められた形態で株式は発行せず、契約者=出資者となります。

2010年、それまで相互会社であった第一生命保険が株式会社化した際も日本生命は、長期的に安定した経営をするため株式会社に転換する意思はないとの考え方を示しています。

2015年には三井生命保険株式会社を吸収合併し、業界首位に躍り出ました。

展開する事業は「生命保険業」「付随業務」で下記のようになっています。

生命保険業

  • 生命保険業免許に基づく保険の引受け
  • 資産の運用
  • 貸付業務
  • 有価証券投資業務
  • 不動産投資業務

付随業務・その他業務

  • 他の保険会社その他金融業を行う者の業務の代理または事務の代行
  • 債務の保証
  • 投資信託の販売
  • 確定拠出年金制度における運営管理業務

日本生命の仕事内容・職種

それでは、日本生命の職種や仕事内容はどのようなものでしょうか?

サービスコーディネーター

窓口応対、顧客訪問、電話・インターネットからの申し込みへの対応など契約者へのアフターサービス及びコンサルティング営業。

※パート職でスタートし、3か月ごとに更新。

スキルを身につけた後、正社員に登用となります。

ニッセイトータルパートナー

生命保険、個人年金保険、企業福利厚生制度(企業年金・財形制度等)損害保険の販売およびアフターサービス

※営業経験者直採制度もあり、一定の応募資格を満たした経験者は条件が優遇されます。

エリアサービスコーディネーター

都心部エリアの企業の役員・社員を対象とした下記総合保険サービスを担当

  • 保険に関する情報提供とコンサルティング
  • 保険販売からアフターサービスまで

※まずサービスサポートスタッフ(時給職制・3カ月毎契約更新)として採用。各種研修期間を経て勤務良好の場合、正社員として登用。

エージェンシーパートナー

  • 提携の生命保険の保険販売サポート
  • その他生命保険代理店へ制度の案内、登録勧奨

総合職

総合職として、リーテイル部門・ホールセール部門・運用部門・海外事業部門・スタッフ部門などを幅広く担当。

医務職員

医師の募集です。

  • 生命保険加入申込みのお客様に対する診査
  • 産業医業務
  • 医的事項に関する指導・教育
  • 引受・支払査定業務

などを担当します。

日本生命の直近の業績

それでは、日本生命の直近の業績はどうなっているでしょうか?

日本生命の2017年度連結決算は、「保険料等収入54220億円(前年比103.6%)」「基礎利益7227億円(前年比105.4%)」と増収・増益を達成しました。

保険料等収入では傘下の三井生命が前年比136.8%とけん引し、基礎利益では外国債券の利息や株式の配当金が増加したことによる利益差の増加が主因となっています。

また、生命保険会社の健全性を表すソルベンシー・マージン比率でも968.0%と前年に比べて34.1ポイント増加、2011年度からおよそ400ポイント増加しており保険財務力、支払い能力ともに健全であるとの評価を得ています。

日本生命の今後の事業課題

日本生命の今後の事業課題はどのようなところでしょうか?

日本生命は生保では業界最大手であり、近年では三井生命を傘下に入れるなどM&Aも積極的に行っています。

しかしながら生保全体では少子高齢化、人口減少の潮流にのまれており、従来のサービス展開のみでは先細り感が否めません。

実際に日本生命の主要商品のターゲットは40代以上となっているため、今後は若年層をターゲットとした新しいサービスの開発や海外展開が発展のカギとなります。

日本生命の将来性は?

それでは、日本生命の将来性はどうでしょうか?

日本生命は主力の生命保険事業以外にも様々な事業を展開しています。

経営者向けサービス

  • 長期定期保険
  • 低解約払戻金型長期定期保険
  • 逓増定期保険

法人向けサービス

  • 従業員の死亡保障
  • 医療保障
  • 休業補償
  • 確定拠出年金

また日本生命は海外でも多くの保険事業を展開しており、平成3年にはアメリカに「米国日生」を設立しており、平成15年委は中国の生命保険事業に参入、地元企業との合弁事業として「長生人寿」を設立しています。(株式50%保有)

さらに、インドでは有力財閥リライアンス・グループ傘下の生命保険会社「リライアンス・ライフ」の株式を26%保有しているほか「セクイス・ライフ」の株式を20%保有、タイでは「バンコク・ライフ」の株式を25%しています。

このようにアメリカ・中国だけでなく若年層の比率が高く人口増加傾向にあるアジア各国での事業展開は今後に期待が持てるといえます。

日本生命の仕事のやりがい

日本生命の仕事のやりがいとしては、以下のような点が挙げられます。

  • 顧客のニーズに合った商品を提案できること
  • 他人の人生に関わる仕事ができること(コンサルティング)
  • 数字(目標)を達成すること
  • やればやるほど頑張りが目に見えて頑張りが分かる
  • 自身の成績がそのまま給与に反映される
  • 成績によってランチ会がある

大きく二つのやりがいが多くみられました。

  1. 自分が出した提案でお客様の喜びを直に感じることができる
  2. 数字達成、成績によってボーナス、給与に反映される

保険を提供する生命保険ならではのお客様からの感謝、喜びを知ることが出来る点や数字を達成する喜びを感じれるのはモチベーションにつながります。

日本生命の評判(口コミ)・社風・カルチャー・福利厚生

社風・カルチャー

日本生命の社員(元社員)による主な評判は以下のとおりです。

良い点

  • 目標に向かう 団結力・猛進力がある。
  • 支社:非常にフランクで風通しが良い
  • 仕事に男女差がない
  • 自分次第でスケジュール調整ができる
  • 女性の働きやすい環境
  • 福利厚生の充実

気になる点

  • 本社:支社ほど風通しは良くない
  • 資格所有で評価が変わる
  • 所属部署によってワークライフバランスが異なる
  • 目標数字を達成できてないと厳しくなる

その他

  • 専門性よりも、コツコツ地道に自己鍛錬する方が良い

働きやすさの面でみると、風通しも良く女性を尊重する社風があることから個人の選択権が大きい部分が見えます。

しかし、目標・数字達成の面で見ると、ノルマが厳しく達成できていないと給与への影響や上司からの言われることが多々あり、結果を重視する風潮がみえます。

福利厚生

  • 退職金制度
  • 退職年金制度
  • 産休や育児休暇
  • 医療補助
  • 介護休暇
  • オフィス環境
  • ファミリーサポート休暇
  • 保育所利用補助制度

福利厚生は他の企業に比べても相当の充実度があり、医療補助に関しては高額な医療費負担をしてくれます。

女性の働く環境

保険の営業職は女性の割合が高いこともあり、女性の働く環境の整備にも力が入っています。

産休や育児休暇の福利厚生から、ファミリーサポート休暇、保育所利用補助制度といった子供の行事への参加のサポートや保育所が利用でき自分で子供に合わした仕事のスケジュール調整が可能で女性にとって働きやすい環境であるといえます。

日本生命の年収相場(給与)・賞与(ボーナス)・残業は?

年収相場(給与)

有価証券報告書によると、日本生命の平均年収は652万円。

年代別では

  • 20代 320万円~460万円
  • 30代 400万円~580万円
  • 40代 530万円~730万円
  • 50代 670万円~770万円

となっています。

最初の2年間は育成期間であり給与は保証されていますが、それ以降は一年間の成績で翌年の給与と賞与が決まり、年間の指標を下回ると給与が半分まで下がることもあるようです。

やる気やモチベーションを高く保って仕事行わないと、成績が下がり、その分給与が減少し離職する人もいるようです。

賞与(ボーナス)

営業職は基本給プラス成績インセンティブがつくので年収は成績によって差が開きます。

賞与は年2回、成績によって増額があります。

中途入社の場合、最初の2年間は最低年収が保証されますが、年々、年収に対するインセンティブ比率が年々増加していくシステムとなっています。

残業

顧客とのアポイントの関係もあり平均勤務時間を超えた勤務が多々ありますが、その分の残業代は全くでないようです。

日本生命の選考フロー・面接での質問例・SPI難易度

まずは、日本生命への転職を考える上で一番気になるであろう選考の情報から見ていきます。

選考フロー

説明会→一次面接→最終選考

説明会では、実際の仕事環境・状況を聞くことができます。
自分が気になっている点があれば質問等してみると、より理解度が高まります。

一次面接では、管理職との面接があり、生命保険に対する理解度や自分の将来目標を聞かれるのでしっかり準備しましょう。

最終選考では、一般的なWEBテストと最終面談があります。
最終面談に関して、「実際に受けた質問例」が下記にありますので参考にしてみて下さい。

面接での質問例

一般的な質問例

  • なぜ日本生命なのか?
  • 学生時代がんばったことは?
  • 前職ではどんなことをしていたか?
  • この会社で何をしたいか?
  • 今までの仕事でつらかったことやりがい
  • 志望動機は?
  • 今までの人生での挫折について

特徴的な質問例

  • 5年後の自分像は?
  • 家族構成は?
  • 日本生命にどのように貢献できるか?
  • 残業はできるか?
  • 好きな色は?
  • 家族は転職することを知っているか?
  • 最近、読んだ本は何ですか?

日本生命は組織が大きく採用面接でも応募する職種や面接官によって様々な質問があります。

  1. 志望動機
  2. 前職での経験
  3. 将来自分がどうなりたいか
  4. なぜこの会社なのか?

他の企業でも一般的に質問される上記の4点は必ず言語化できるようにしましょう。

奇をてらったような選考はありませんが一部では圧迫に近い質問形式もあるようです。

様々な質問をすることによって人間性や社会性を把握しているものと考えられます。

SPI難易度

WEBテストは、一般的な教養を問う程度で「SPI難易度は高くない」という印象が多くみられました。

日本生命への転職を成功させるためには?

末永

日本生命は転職を希望している方が多く、転職の難易度が高くなっております。

そのため、現在日本生命のコーポレートサイトで求人の案件が出ていたとしても、応募に対しての競争率が高いため直接申し込むことはあまりオススメは出来ません。
また他にも希望をしている職種の募集がされていないということもあります。

では、日本生命に転職するにはどうしたらいいのか?という点についてですが、記事の冒頭でも述べたとおり、プロの転職エージェントに一度相談をしてみるのが良いです。

転職エージェントは、公開されていない職種の求人(非公開求人)も紹介してくれたり、日本生命に転職するための対策もしてくれます。

ただ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、優秀なキャリアコンサルタントに出会うためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきだと考えています。

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

日本生命の管理職・マネージャークラスへの転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25