2019.09.24

楽天に転職ってどうなの?プロが内定をもらうコツをぶっちゃける!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

楽天は日本のEC領域において、日本最大手のサービス展開をしています。

世界30カ国・地域に渡ったサービス展開をし、グループサービス利用者数は、世界12億超となっているようです。

楽天を実際に利用したことがあるという人は、かなり多いのではないでしょうか?

そこで今回は、楽天に転職するにはどうしたらいいのか?を解説していきます!

「楽天の選考情報」「必要な経験やスキル」「実際に働いている人の評判・口コミ」などについても、紹介していきます。

楽天の選考情報

楽天は転職市場で人気があるので、転職難易度も非常に高い企業です。

さらに楽天はグローバル企業を目指しており、英語力が必須です。

ちなみに英語力ですが、TOEICのスコア・点数が重要視されており、TOEIC750~800点程度以上が目安となっています。

第二新卒でもTOEIC800点が必須で、非常に高いハードルを設定しています。

管理職になるにも、一定の英語力が求められます。

職種によっては英語力をそれほど求められない場合もありますが、TOEICの点数が一定以上になるまでは契約社員になるケースもあります。

楽天独自の選考

これは他社にはない選考方法ですが、楽天では面接時に、社長である三木谷浩史社長の著書を読み、感想文を提出するといったものがあります。

基本的に面接が2〜4回ほどで筆記試験があり、読書感想文やWebテストで、地頭が良いかどうかを判断しています。

部署ごとに必要となるスキル・経験

楽天のキャリア採用は、大きく以下の4つの職種に分かれています。
4つの職種からさらに細分化され、非常に多くのサービスを展開しています。

  • ビジネス
  • プロダクト開発・エンジニア
  • クリエイティブ
  • コーポレート

ここでは、募集の多いビジネスに必要なスキル・経験をお伝えします。

楽天のビジネス職(営業・コンサルティング/事業企画)に転職するには

結論から言うと、楽天のビジネス職に転職するには、以下の経験・スキルが求められます。
  • IT業界での実務経験(2年以上)
  • (広告営業やECコンサルティングなど)
      
  • TOEIC800点

*事業企画職への転職の場合、代わりに2年以上の戦略系コンサルティングファーム/IT企業の企画系業務経験が必要になります。

楽天の場合、専門職の求人が多く、経験者でないと内定に至るのは難しいと言えます。
どうしても楽天に入社したい方は、営業または営業企画の経験があれば応募できる楽天モバイルの代理店営業などがオススメです。

とはいえ、楽天は日々たくさんの応募が来る人気企業です。優秀な方でも何の対策もせずに応募しては人事の目にとまらず、サクッとお見送りになってしまいます。
転職エージェントを利用すれば、職務経歴書の添削や面接対策だけでなく、エージェントが直接採用担当に推薦できるので、選考通過率がグッと高めることが可能です。

また、すぐには転職する気がない方でも、今後のキャリアについて無料で相談にのってくれますよ。

必ず一社は登録したい大手エージェント

プロダクト開発/エンジニアの方には、ITエンジニアの転職に特化した転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか?
エンジニアの方は、スキルや経験を面接官に上手く伝える方法、面接で求められる答え方を覚えておくだけでも、選考通過率が大きく変わってきますよ。

エンジニアにオススメの特化型エージェント

  • マイナビIT
    20代の転職に強いマイナビが展開!未経験から経験者まで幅広く対応!
  • レバテックキャリア
    現役トップエンジニアが今後のキャリアプランまでサポート!フリーランスも対応可

楽天の待遇・労働環境

楽天の待遇・労働環境について、詳しく解説します。

  • 年収
  • 労働時間
  • 福利厚生
  • 職場環境
  • 教育制度

年収

職種や年次・経験レベルにもよりますが、約450〜800万円程度です。

同業他社のAmazonヤフーなどの企業と比較して、楽天の年収相場は高めに設定しています。そのため、年収も転職する上で重要だと考えている方でも満足できると思います。

楽天の詳しい給与テーブルといった年収情報や評価制度に関しては、以下の記事でまとめたので、ぜひ参考にしてください!

楽天の年収はどのくらい?1000万円超えの高年収プレイヤーになるには?

社風

典型的なオーナー企業である楽天の社風は、良くも悪くも「三木谷社長のトップダウン」です。

ほとんどの楽天社員は、楽天の社風は「三木谷氏がつくっている」と言っています。

社長の一声であらゆることが一変したりするので、スピード感や変化のある環境を好むかどうかが、楽天に合う人かどうかを決める基準になりますね。

三木谷イズムを難なく吸収できる人には居心地がよい会社ですが、そうでないと早期退職につながってしまう可能性もあります。

また、「数字へのコミット」を重要視している点も特徴的です。特に営業系職種は、成果が明確に数値化される特性もあり、数値目標に対して貪欲に取り組むことが求められます。

労働時間

正直なところ、部署によりけりですが「IT企業、Eコマース企業としては短いほう」です。

部署によってはノー残業デーや有休消化が徹底されており、外国人社員の多い部署では特に残業を減らす方向性にあるようです。

ただ、エンジニアや営業職はどうしても残業時間が長い傾向にあるようです。

もちろん残業代はきちんと支給されますから、その点は安心できるかと思います。

福利厚生

楽天の福利厚生は非常に充実しています。

金銭的なサポートはもちろん、社員の心身の健康と暮らしを大切に考えています。

特に女性の育児休業などの制度が整っていて、出産を経てもしっかり一線で活躍している女性社員が多いのは素晴らしいです。

また、社員同士の交流を深めるための社内制度・イベントが多数用意されていたり、英語の授業を無料で受けられたりと、福利厚生における魅力が高いです。

職場環境

楽天のオフィスは、東急不動産株式会社が運営する、地上30階・地下2階建てのオフィス・ホテル棟の「二子玉川ライズ・タワーオフィス」にあります。

楽天クリムゾンハウス」と命名され、従業員が第二の家(ハウス)のように快適に過ごせ、ひとりひとりが十分にパフォーマンスが発揮できるような環境の整備を実施しています。

実際にどのような設備が整えられているのか、以下で簡単にご紹介しますね。

カフェテリア 一般的な社員食堂とは異なり、朝・昼・晩と無料で利用可。宗教上の食事規定に対応したメニューを拡充。
リラクゼーションスペース マッサージ、鍼灸の施術などを提供。
フィットネスジム&スパ 運動器具、新たにスパも新設。トレーニングサポートを拡充。
パワーナップスペース 短時間の仮眠によって業務効率向上をアップさせるために、仮眠スペースを新設。
語学学習ルーム リスニング学習室・自習室完備。
デイケアセンター 育児をしながら働けるよう、オフィス内に託児所を完備。また、充実した幼児教育プログラムを提供。
祈祷室 イスラム教徒などの礼拝専用室を設置。

教育制度

グローバル・イノベーション・カンパニーとして、人材育成を重視しており、学び続ける組織を目指しています。

大きく分けて3つのプログラムがあります。

  1. 階層別研修
  2. ビジネススキル研修
  3. Englishnization Next

階層別研修

新卒社員・キャリアを採用する採用社員向け研修や、後輩の成長を支援するメンター研修など、より大きな裁量を持って組織で活躍していくために、段階的に必要な知識・スキルを身につける研修です。

他にも成果を高めるコンピテンシー開発、個人と組織を育成するマネジメント研修が行われています。

ビジネススキル研修

1人ではなく仲間と学ぶことで、より社員同士で経験を共有し、切磋琢磨していく環境を整備しています。

Englishnization Next

English Skill(対話型オンラインプログラム)など、読み書きだけに注力するのではなく、スピーキングやクロスカルチャーなどの実践的な英語教育に尽力しています。

楽天は転職者に何を求めているのか

楽天は転職者に何を求めているのか

楽天は、仕事をやりきる力やストイックさがマインドとして求められます。

これは、楽天HPの三木谷社長のコメントを読めば、求められていることが読み取れます。

応募の際に職種ごとに求められるスキルや英語力に加えて、楽天のカルチャーに適応できそうかは、選考の上でも見られますし、転職後にミスマッチにならないためにも、かなり重要になります。

また、社風のところでも紹介したように、変化の激しい環境に適応できるか、求められる成果に対してどれだけチャレンジ精神を持って取り組めるかが求められます。

楽天の評判・口コミ

実際に楽天で働いている人たちからの評判・口コミを、良い面・悪い面の両方からご紹介します。

良い評判・口コミ

まず、良い評判・口コミからのご紹介です。

業績に連動してボーナスが支給されること、エンジニアとしていろいろ試しながら業務に携われることなどが、挙げられています。

この他にも、Web系の知識や業務経歴を充実させることができる、といった口コミも寄せられていました。

営業系・20代

基本的な考えとして、業績に連動するようにボーナスの仕組みができている。ボーナスのふれ幅も自分が所属している事業の業績が良ければ、良いほど当然良くなる。

また、ストックオプション付与制度もあり、業績貢献にモチベートする仕組みを作ろうとしている。

IT系エンジニア・30代

エンジニアにとってはありがたい労働環境です。オフィスは綺麗だし、プロジェクトの納期とかも、受託開発じゃないからゆるい。

オープンソースにも触れられるし、新しい技術も試すことができる。インフラからフロントエンドまで、いろいろいじることもできて楽しいです。

悪い評判・口コミ

続いては、悪い評判・口コミのご紹介です。

基本的に相対評価で見られてしまうこと、強制ではないけれど良い関係性を築くため、ある程度プライベートを時間を割いていたという、口コミが寄せられています。

他にも、社員・派遣・業務委託の線引きがはっきりしているため、疎外感があったという口コミも見られました。

企画・20代

成果主義だけど、基本的に相対評価で見られるため、数字で図りやすい営業系の人の評価が高くなる。給与も役職も上がる。

定量化が難しい職は、営業系と比べて給与が上がるスピードも遅い印象があった。

営業系・20代

仕事終了後も連日取引先とご飯を食べたりすることがあり、プライベートでもある程度仕事としての時間が取られる。

会社から強要されはしないが、関係性を作るためにする人が多い。また、目標が苦しい時は、土曜日も自主的に出社していた。

楽天のビジネスモデル・事業内容

楽天は、インターネットサービスを展開する日本のIT企業で、国内最大級のオンラインモール「楽天市場」を運営する会社です。

共通IDによって複数サービスが平行して利用できる会員ビジネスを軸とした「楽天エコシステム(楽天経済圏)」というビジネスモデルで、成長を続けてきました。

現在ではインターネットサービス事業とFinTech事業(オンライン金融)の2つを中心事業としています。

また、スポーツビジネスにも積極的で、国内では東北楽天ゴールデンイーグルス、ヴィッセル神戸のオーナーで、海外ではサッカーの名門FCバルセロナのメインスポンサーという顔も持ち合わせます。

メインとなる2つの事業内容を、簡単に見ていきましょう。

インターネットサービス事業

ネットショッピングの楽天市場、旅館予約サービスの楽天トラベルをはじめとして、7つに分かれる様々なサービスを展開しています。

主力サービスの国内ECにおいて、新規ユーザーや長期的なロイヤルカスタマーを獲得するために、顧客満足度向上を高める取り組み、スマートデバイス向けのサービス強化、楽天エコシステムのオープン化戦略などを積極的に展開しています。

職務内容の具体的な例をご紹介すると、楽天トラベルでは、担当エリアにおける宿泊施設の戦略的パートナーとして、楽天トラベルを活用した集客に関するコンサルティングを行なっています。

様々な数値分析やWebマーケティングのノウハウを駆使し、宿泊施設の集客UPはもちろんのこと、地域活性化・密着したコンサルティングを目指していきます。

FinTech事業

各種決済サービスをはじめとして、楽天pay、楽天銀行、楽天カード、楽天証券など、様々なフィンテック系サービスを提供しています。

楽天グループ内の連携を強め、金融とITの更なる融合により、ユーザーに新しい価値を提供する方針です。また楽天では、2019年4月に組織の再編を行いました。

この再編では、子会社への権限移譲を進めることで、楽天本体で仮想通貨などの新たな金融分野に力をいれやすい体制を取りました。

楽天に転職するコツ

楽天への転職なら転職エージェントを利用しましょう!

楽天ほどの大企業になると、毎日大量の応募が来るので、人事が応募者一人一人をじっくり見ることが出来ません。

そのため、楽天から直接スカウトを受けるくらいの人でなければ、多くの応募の中の一人として事務的に対処されてしまうでしょう。

転職エージェントを経由すれば、あなたの担当アドバイザーが直接、採用担当に推薦してくれるので、ちゃんとあなたのことを評価してくれますよ。

ただし、サービスの質はアドバイザーのスキルや経験に左右されるので、できれば大手エージェント2〜3社、特化型エージェント1社へ登録し、会ってみて相性が良いアドバイザーと転職活動を進めていきましょう。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。