【転職面接】すぐに使える自己PRの考え方・答え方を伝授【回答例】

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

転職で面接を受けるとなれば、年齢問わず緊張したり不安に感じたりしてしまうものですよね。その中でも悩んでしまうのが「自己PR」ではないでしょうか?

「自己PRって何を話せばいいんだろう」「中途と第二新卒では自己PRも変わるのかな…」といった悩みがあると思うんです。

中には、「自己PRと自己紹介って一緒じゃないの?」と思っている方もいるかもしれません。

今回は、自己PRで悩んでいる方に向けて、「面接官が自己PRで何を見ているのか」「自己PRで話すべき内容」「自己PRと自己紹介の違い」「【ケース別】自己PRの例文」について、お伝えしていきます。

自己PRで悩んでしまっている方、不安を抱えている方は、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね!

面接官は自己PRでこれを見ている!


何を伝えようか悩んでしまう自己PRですが、面接官は一体どの部分をチェックしているのでしょうか?

この時、面接官が自己PRでチェックしているのは、下記の2つです。

  1. 志望動機と熱意
  2. 応募者が持っている能力とスキル

なぜ、この2つをチェックしているのかというと、企業が求めている人材に合っているかどうか確認するためです。

つまり、上記の2つを自己PRに織り交ぜて話せば良いということになります。今まで「見当違いのことを話してた!」という人でも大丈夫です。次から詳しい自己PRの考え方や書き方、話し方について説明していきます。

自己PRで話すべき内容


自己PRって自分をPRできることを話せば良いのはなんとなくわかるけど、正直なところ何をPRすれば良いのか悩んでしまいますよね。

何をPRしようか考えすぎて余計に悩んでしまう方もいれば、いざ作成してみたら、的外れな内容になってしまっていた、なんていうこともあるかもしれません。

自己PRで話すべき内容は、下記の2つを押さえるようにしましょう。

  1. 仕事と関連する強み
  2. 強みの活かし方

上記2つはとても重要です。
自己PRは、自分を採用することにより、企業にはどんなメリットがあるのか伝えるものです。

だからこそ、アピールするべきポイントは、企業にとって魅力的に感じる強みを強調するのが良いですね。

企業が魅力的な人材だと感じるのは、「自社で活かすことのできる強みを持った人材」なんです。

また、合わせて強みの活かし方を伝えると、より効果的なアピールになりますよ。

自分の強みをどこで活かすのか踏み込んで伝えると、面接官にとってイメージがしやすく、良い印象に繋がりやすいと言えます。

アドバイス
自己PRに盛り込む強みは、企業が求めるスキルに合わせたものがベストです。

自己PRは自分という商品を企業に売り込むものなので、企業が求めるニーズに応えるような自己PRの内容にしましょう。

自己PRと自己紹介の違い


「自己PRと自己紹介って同じようなものじゃないの?」と思っている方もいると思います。

実際、面接でも「自己紹介をしてください」と面接官に言われて、自己紹介と自己PRが一緒にされてしまっているケースもあります。

では、この2つの違いとは何なのか、見ていきましょう!

自己PRについて

「自己PR」とは、自分の強みをアピールするものです。

面接では、主に自分の1つの経験を掘り下げて話します。自分がいかに志望する企業に必要な人材であるのか、アピールすることが目的です。

自己紹介について

一方「自己紹介」とは、自分自身について簡潔に話すものです。

氏名や所属、専門分野、趣味、特技など自己PRにつながる活動概要を述べます。

もっと話を聞いてみたいと思う「1人の人」として面接官の印象に残るようにすることが目的です。

どのような自己紹介をすれば良いのか悩んでいる方に向けて、自己紹介に関連する記事をご紹介しますね。ぜひ、ご覧になってみてください!

転職で面接官の心をがっちり掴む自己紹介の話し方【例文つき】

2019.01.16

面接官に刺さる自己PRを考えるコツ


どんな自己PRにしたら面接官に刺さるのか、考えてもなかなか思い浮かばないという方もいるかもしれません。

面接官は自己PRを通して、「あなたがどんな人なのか」「会社でしっかり働いてくれる人材かどうか」を知ろうとしています。だからこそ、面接官が知りたいと考えるポイントを押さえた伝え方にするのが良いんです。

自己PRは、履歴書に記入するパターンと口で伝えるパターンの2つがあります。この2つのパターンについて、詳細をご紹介していきます。

履歴書での自己PRの書き方

自己PRの書き方に決まったフォーマットはありません。

一般的に職務経歴書の最後に書くことが多いですね。気になる文量ですが、A4用紙の3分の1程度〜半分に収めるのが原則です。

次に、履歴書での自己PRの書き方ですが、いくつか押さえておきたいポイントがあります。その押さえておきたいポイントは、下記の4つです。

  1. アピール内容の「根拠」を示す
  2. 得意分野・成功体験を見つける
  3. 自己PRは複数用意する
  4. 選考後も重要視されることを意識する

上記が押さえておきたいポイントです。
押さえておくべき4つのポイントを、さらに細かく見ていきましょう!

①アピール内容の「根拠」を示す

アピールする時に「これができます!」と伝えても、面接官は納得しません。ただ「できます」とアピールするのではなく、その「根拠」を示す必要があります。

例えば、「私は体力に自信があります!」と自己PRで伝えても、本当に体力があるかどうか判断がつきませんよね?

そこに「私は体力に自信があります。水泳に6年間打ち込み、クロールで2,000m泳げます」と根拠を入れてあげると、説得力が高くなります。

その根拠は、今までの職務経歴の中にあったエピソードであることがベストですよ。

②得意分野・成功体験を見つける

自分の得意分野・成功体験を見つけるためには、自身の職務経歴の振り返りが大切です。

その中から「自分はこういう仕事が得意なんだ」「この仕事をした時に、上司から高く評価されたな」と色々見えてくると思います。

この時の注意点としては、派手な成果や華々しい功績にこだわらないようにするということですね。

派手な成果や功績の方が高評価につながるのではないかと考えてしまいがちですが、そんなことはありません。派手でなくとも、面接官にはきちんと伝わりますよ。

③自己PRは複数用意する

自己PRは1つにした方がいい、と思う方もいるかもしれませんが、その必要はありません。もちろん、1つの自己PRをじっくり考えて作成するというのもOKです。

ただ、3〜4つくらい挙げて、その中から企業側に興味を持ってもらえるようなものを、用意しておくのもアリです。

ただ、あまり多く考えるのも良くないので、その点には気をつけましょうね!

④選考後も重要視されることを意識する

面接は基本的に履歴書や職務経歴書に沿って行われます。
そのため、「自己PRをしてください」という言い方で言われることは、あまり多くないんです。

あなたの職務経歴書は面接官だけではなく、人事担当者やあなたの上司にあたる方など、他の方も見るものです。職務経歴書に書いてある自己PRが、最終的な判断の拠り所になる可能性も大いにあります。

ですので、自己PRは選考後のことを考えた上で、職務経歴書にしっかりと書くのが良いでしょう。

面接での自己PRの話し方

面接で自己PRを話す場合、どんな風に伝えるのが良いのでしょうか?話し方で押さえておきたいポイントは下記の通りです。

  1. 伝えたいことを1点に絞る
  2. エピソードを交えて説明する
  3. 1分程度に収める

上記3つのポイントを押さえましょう。この3つのポイントについて、さらに詳細をご紹介していきます。

◆伝えたいことを1点に絞る

自己PRは限られた時間でしなければなりません。時間が限られていることに加えて、面接という大きな緊張感から慌ててしまいそうになるのも無理はありません。

ですが、色々話してしまうと話の内容が軸からブレてしまいますし、場合によっては本当に伝えたいことが伝えられず終わる、という可能性もあります。

そうならないためにも、結論を最初に持ってきて次に理由を話す、という流れにするのがベストです。その方が面接官もわかりやすいですよ。

◆エピソードを交えて説明する

能力や強みだけをアピールするのでは、他の応募者と比較をしてどのようにすごいのか不明確です。

具体的な話がないとイメージがしにくく、面接官もあなたの強みやスキルが役立つのかどうか判断ができません。

そこで、具体的なエピソードや事例を交えてアピールすると、より面接官に説得力を与えることができますよ。

◆1分程度に収める

自己PRを話すときは、1分程度に収めるのが良いです。できるだけ簡潔に、そして伝わりやすいようにまとめることを意識しましょう。

結論から話すようにすることで、面接官に興味を持たせるのが大きなカギです。ストーリー仕立てのようにして話していくと、面接官にもわかりやすく、自身も話しやすくなりますよ。

ですが、「1分って言われてもわからない…」と悩んでしまう方もいると思います。1分で話せる文字数は、大体200〜300文字程度です。ですので、多くても300文字以内に自己PRをまとめるのが良いですね。

ただ、面接官によっては、「3分程度で自己PRをしてください」「簡単に自己PRをしてください」と言われる場合もあります。

「簡単に」と言われた際には、30秒程度を目安にすると良いですよ。

どのパターンを面接官から振られても慌てないように、要点を押さえて話せるように準備しておくことをおすすめします。

新卒と中途の自己PRでは話す内容が違う!


新卒と中途では、自己PRで話す内容が違います。

自己PRにアルバイトでの経験、自分の長所・短所という、新卒と同じような内容にしてしまう20代の方が多いんです。

しかし、中途採用と新卒採用の選考基準は全くの別物なんです。

では、どのような自己PRにすると良いのでしょうか?その詳細について見ていきましょう!

中途転職者(社会人経験あり)

社会人経験がある中途の転職者は、前職での経験やそこで習得したスキルについてアピールしましょう。

事実をそのまま伝えるのではなく、「なぜこの成果を上げられたのか」という理由を一緒に伝えることを忘れないでください。

新卒と同じように学生時代のアピールをしてしまうと、「前職でアピールできることがないんだ」と思われてしまう可能性があります。

新卒者(社会人経験なし)

新卒者は、学生時代の経験、人間としての資質をアピールしましょう。

例えば、学生時代にこういう経験をして、こんなことを習得した、自分にはこんな強みがある、という部分をアピールするなど。この時、気をつけたいのは自分独自のオリジナルの内容にすることです。

丸暗記をしてしまえば、感情移入が難しく、覚えていることを忘れてしまったら、何も言えず黙ってしまいますからね。

【ケース別】自己PRの例文


自己PRをイチから自分で考えて作るというのは大変ですよね。中には難しく考えてしまって、全然はかどらないという方もいると思うんです。

そんな時、例文があると参考にできるので、自己PRを考えるのも少し楽になりますよね。今回は、自己PRに悩んでいる方に向けて、ケース別に例文をご紹介していきたいと思います。

悩んでいる方はぜひ参考にして、ご自分の自己PRを作成してみてくださいね!

基本的な自己PR

自己PRは、あなたが応募する企業先に自分の強みや得意分野などを伝え、売り込むためのものです。

入社後、あなたがその企業でどのように活躍できるのか、面接官にイメージしてもらうことが目的なんです。

だからこそ、自分のどんな部分をアピールするのか、よく考えてチョイスする必要があります。

例えば、協調性が重視される企業であれば、協調性をアピールし、積極性や主体性を重視する企業なら、積極性や主体性をアピールするのが良いです。

その中でも企業が最も求めている人物像は「積極性を持った人材」です。ですので、今回は積極性をアピールする自己PRをご紹介しますね。

NGな回答例
「前職では社内美化の取り組みを自主的におこなっていました。

皆が快適に働けるように、ゴミ箱を常にチェックしたり、備品に不足がないかチェックしたりしていました。」

ベストな回答例
「些細なことかもしれませんが、前職では社内美化の取り組みを自主的におこなっていました。

具体的には、ゴミ箱がいっぱいになっていたら捨てに行き、備品の整理ができていなければ、張り紙を作って注意を呼びかけるなど。自分にできる範囲で様々な工夫を施しました。

すると社長からも”今までこのような注意を呼びかける社員がいなかったので助かる”と直に声をかけて頂き、自分の取り組みが社内のルールとして採用されたのです。

周りを変えるために、まずは自分が行動を起こす。その姿勢を御社でも大事にしていきます。」

第二新卒編

企業側が第二新卒に求めているのは、「ポテンシャル」「バイタリティ」「なじみやすさ」の3つです。

短期間でも社会人経験があるので、情熱ややる気だけでは不十分と判断されてしまいます。

第二新卒の場合は、新卒採用のエントリーシートにおける自己PRと同じくらい重視されます。ですので、仕事に対する価値観・やりたいことと結びつけて、自己PRを作成するのが良いでしょう。

NGな回答例
「社会人として約●年間、営業職の経験を積んできました。ですので、名刺交換や電話の取り次ぎなど、基本的なビジネスマナーには自信があります。

会社の業績に貢献するやりがいや責任感を養うこともできました。前職で習得したスキルを活かしつつ、御社の業績に貢献していきたいと思っております。」

ベストな回答例
「社会人として約●年間、営業職の経験を積みました。名刺交換や電話の取り次ぎ、メール文面の作成など、基本的なビジネスマナーを学びました。

また、営業として会社の業績に貢献するやりがいと責任感を養うことができたと自負しております。

こうしたやりがいを感じる一方で、以前から興味を持っていた御社の事業・業界にチャレンジしたいとの思いも強くなっていきました。

前職の経験を活かしつつ、必要な能力・スキルを主体的に学びながら、御社の業績にも貢献できる人材として、早期の戦力化を目指す考えです。」

営業職編

営業職は選択肢が多いため、求められるスキルも多岐に渡ります。

信頼が得られる人間性や軽いフットワーク、ヒアリング能力、マネジメント能力など。必要なスキルを自己PRで伝えると効果的です。

「自分は営業に向いている」という印象を、面接官に印象付けることができれば良いですね。

NGな回答例
「お客様への電話営業から課題抽出、提案、受注、アフターフォローまで一連の営業活動に携わりました。

業務を通して様々なことを学び、自分の成長へと繋げることができました。

前職で得たノウハウを御社で活かしながら、貢献していきたいと考えております。」

ベストな回答例
「お客様への電話営業から課題抽出、提案、受注、アフターフォローまで一連の営業活動に携わりました。特に、お客様の潜在的なニーズを引き出す課題抽出を得意としており、競合とバッティングした際は”あなたが1番うちのことを理解してくれているから”と受注を頂くことが多かったです。

また、課題抽出や提案の精度を上げるために、お客様のことを入念に調べたり、上司に相談したりと、陰の努力にも決して手を抜きませんでした。

こうしたノウハウは、御社の営業活動においても、必ずお役に立てると思います。」

事務職編

事務職で評価される経験やスキルは、オフィスワークの経験、人と接する仕事の経験です。他にも、PCスキルや正確性を重視する姿勢なども評価されます。

上記の中でも特に評価が高いのは、「人と接する仕事の経験」です。なぜなら、事務職はサポートする役割にあり、多くの様々な方と接する機会が多いからなんです。

もちろん、事務職ではPCを使用する機会も多いですから、PCスキルや資格を持っている場合は、強みとしてアピールできますよ!

NGな回答例
「仕事で意識していたことは工夫を怠らないことです。

書類作成する際に何のために必要な書類なのか考え、ひとつひとつ慎重に進めることで、不備を防いできました。

工夫を怠らず対応の正確性を、御社の事務で活かしていきたいと考えております。」

ベストな回答例
「仕事で意識していたことは、常に自分なりの工夫を怠らないことです。例えば、書類作成ひとつ取っても、誰が、いつ、何のために必要としている書類なのかを考え、必要な情報が不足していれば自分で調べて補足する。

また、急いで必要だと判断したら、期日よりも早く仕上げるなど、相手に喜んでもらえるように行動しました。

おかげで”次も●●さんに仕事をお願いしたい”と指名で仕事をもらえるようになり、言われた仕事だけをこなす事務仕事とは、一線を画す活躍ができたと考えています。

その気配り・心配りを御社でも活かしたいです。」

未経験業界・職種編

未経験業界・職種へ転職する場合、前職で得た活かせる能力を自己PRに盛り込みましょう。
未経験業界・職種だったとしても、前職で得られ、応募企業で活かせる能力は、きちんと評価してもらえます。

中途者採用に対して企業側は、基本的には短期間で戦力として活躍してもらうことを期待しています。

社会人マナーやコミュニケーション能力、新しい業務を貪欲に覚えていく姿勢を伝えるのも、有効なアピールになりますよ。

NGな回答例
「学生時代に●●や××に興味を持ちました。

●●につきましては、ネット検索や書籍をチェックしているので詳しい方ですが、××にはあまり詳しくないので、これから勉強していきます。

自身のスキルを御社で役立てられるよう、尽力していきます。宜しくお願い致します。」

ベストな回答例
「志望する業界・職種の経験はございませんが、学生時代には趣味で●●や××のスキルを身につけ、現在も時間があれば自主的に勉強を続けております。

そのスキルは、今回の職種における●●や××などの業務にも活かせるスキルだと知り、未経験ながら御社のお役に立てるものと考えています。

専門的なスキルは入社後に教わる部分も多いですが、これまでも自主的に勉強を続けるなど、粘り強く物事に取り組む姿勢には自信があり、1日でも早く戦力となれるように頑張ります。」

既卒・フリーター編

既卒・フリーターの方の場合は、アルバイトを経て得たスキル・経験をアピールしましょう。そのためにも「志望している企業で活かせるスキルは何か」を見定めることが重要です。

求人内容の細部にまで目を通したり、志望企業の公式HPをチェックしてみると、どんな人材を求めているのか、どんなスキルを求めているのか知ることができますよ。

また、なぜフリーターとしてではなく正社員として働きたいのか、という理由を明確に話せるようにする必要があります。説得力のある自己PRを作成するのが大きなポイントになりますね。

NGな回答例
「これまでは●●で××のアルバイトをしておりました。正社員経験はございませんが、やる気は誰にも負けない自信があります。」

ベストな回答例
「これまでは●●で××のアルバイトをしておりました。正社員経験はございませんが、お客様にとっては正社員もアルバイトも関係ないとの考えから、お客様の要望に先回りをして対応することを心がけています。

おかげでお客様に顔と名前を覚えて頂くなど、仕事を通じてお客様から必要とされる喜びを実感できるようになりました。

こうした経験を活かし、御社で正社員として活躍する際は、アルバイトのお手本として仲間を引っ張っていける存在になれるように、今まで以上に仕事に励む所存です。」

転職を成功させるためにより良い自己PRを考えるためには


第二新卒や営業職、事務職など転職者別に自己PRの回答例をご紹介してきましたが、それでもやっぱり不安に感じる方もいると思うんです。

「自分の場合だったらどんな自己PRがいいのかな…」「回答例を見ても自分の自己PRにどう活かせばいいかわからない」という方もいるかもしれません。

そこでおすすめなのは、転職エージェントです。転職エージェントでは、自己PRの添削をしてくれます。登録をするとキャリアアドバイザーがあなたを担当し、転職活動を最後までサポートしてくれるんですよ。

始めにあなたが自己PRを作成し、その作成した書類をキャリアアドバイザーが添削します。その際に、こういう強みや経験をアピールしましょう、こう伝えるとより説得感が出せます、などアドバイスをしてもらえます。

キャリアアドバイザーは各業界の情報を熟知していますので、あなたが志望する企業に合わせて、自己PRの作成をサポートしてくれます。

ですから、第二新卒などの初めて転職する方も、これまでフリーターだったけれど正社員を目指したいという方でも、安心して転職活動が行えます。

もちろん、自己PRの添削のみならず履歴書や職務経歴書の添削もしてもらえますし、面接対策もバッチリしてくれます。あなたが志望する企業に合わせて模擬面接の対策をしてもらえますから、安心して本番に臨めますよ。

ただ、キャリアアドバイザーのスキルや経験には違いが生じますので、できれば大手エージェント2〜3社、特化型エージェント1社へ登録するのがベストです。
気になる3〜4社に登録し、実際にキャリアアドバイザーに直接会ってみた上で、サポートを進めてもらうエージェントを比較・検討して選ぶことをおすすめします!

この記事をご覧頂いている方に、オススメの転職エージェントをご紹介しますね!

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判を元社員が大暴露!【利用者の口コミ付】

2019.01.25

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

リクルートエージェントに並ぶ、国内最大級の転職エージェント!
多くの求人の中から、キャリアアドバイザーが厳選して求人を紹介するスタイル!
「自分に合ったオススメの求人だけを紹介して欲しい」という方はdodaへの登録がオススメ!

特徴
【メリット】
  1. リクルートと並ぶ豊富な求人数。他のエージェントでは取り扱いのない求人を多数紹介
  2. 面接対策などのサポートが手厚く、転職に自信のない方でも安心
  3. アドバイザーの提案力が高く、求人を一定数紹介するリクルートに比べ、キャリアアドバイザーが求人を厳選して提案
【デメリット】
  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーごとにバラつきがあり、的外れの提案をされることも

こんな人がおすすめ!
  1. 大量の求人に目を通すのは大変で、求人をプロに絞り込んでもらいたい方
  2. 他の大手エージェントを利用したけど、自分に合わなかった方

dodaの評判って?利用すべき?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.02.20

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミから分かる利用すべき人  

2018.10.15

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

転職に役立つおすすめの関連記事


転職の面接の際には、自己PRの考え方や伝え方が大事になってきます。

ただ、転職する際には、志望動機や自己紹介、どんな質問がされるのかなど。そういった部分に対しても不安になったり、悩んだりしてしまうものですよね。

そんな悩みを抱えるあなたのお力になれるよう、関連記事をいくつかご紹介させて頂きます。ぜひ、参考にしてみてくださいね!