第二新卒向け|転職面接で見られるポイントと対策法【回答例つき】

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

これから転職をしようとしている第二新卒者の中には、初めての転職だから、面接でどういうことを聞かれるのか知りたいという人は多いかと思います。

そこで今回は、第二新卒向けに、転職面接でよく聞かれる質問と、その対策法を紹介していきます!

第二新卒の面接でみられるポイント

面接において、面接官がみているポイントは、あなたが「自社に長く勤めてくれて、かつ活躍してくれそうな人かどうか」という点です。

第二新卒の場合、前職の経験が「3年未満」という方がほとんどだと思います。

「なぜ、前の職場をやめてしまったのか、うちでもすぐ辞めてしまうのでは?」という点を重点的にジャッジされる傾向が強いので、この点を払拭し、ぜひ採用したい!と思わせられるかどうかがカギです。

第二新卒を採用するにあたり、企業は即戦力を求めている訳ではありません。将来的に活躍してくれれば良いと、育成前提で採用している場合が多いです。

そのため、専門的なスキルや経験よりも、「活躍できるポテンシャルのある人物か?」という視点で以下のようなポイントを重点的に評価します。

  • 社風に合いそうか
  • 入社意欲や自分のキャリアビジョンは明確なのか
  • ポテンシャルが高いか
  • 現職の選択のミスマッチについて自己反省できているか
  • 素直か
  • ネガティブな転職でないか、他責性が強くないか
  • コミュニケーション力が高いか
  • 地頭が良いか
  • 学歴

転職の面接の流れや基本的な考え方やよく聞かれる質問とその攻略法については、以下の記事でもより詳細に解説しているので合わせてご覧ください!

転職面接でよく聞かれる質問集!成功率を上げる対策法を徹底解説

自己紹介・自己PRは仕事に関係している内容を話す

第二新卒の自己紹介では、趣味や特技について話すよりも、仕事に関係していることを話すべきです。

職歴のない新卒者では、学生時代の話や趣味で何をしているかなどの話をするしかありませんが、1度就職している第二新卒は違います。

実際、前職でどういう仕事をしていたか、成果を上げるためにどう行動したかなどについて話しましょう。

新卒と同じように学生時代の功績をアピールすると、前職ではアピールできることがなかったんだな、と思われてしまう可能性があります。

どう改善行動をしたのかにフォーカスして話す

「アピールできるような実績やスキルがないんだけど、なにを話したらいいの?」と迷ってしまう方もいらっしゃると思います。

先ほども述べましたが、企業は第二新卒者にそこまでのスキルを期待していません。それよりも、成果を出すため、改善するためにどう行動したかの方がより重要になってきます。

スキルや実績よりも成果を出すためにどう行動したかを具体的に説明できるようにしましょう。

自己紹介・自己PRで気をつけること

以下から、自己紹介・自己PR時に気をつけることについて紹介します。面接を受ける前にしっかり対策しておいてくださいね。

自己紹介と自己PRで話す内容を変える

面接官によって、自己紹介なのか自己PRなのか、どちらを求められるのかが変わってきます。自分の経歴や志望動機などを簡潔にまとめて話す自己紹介と比べ、自己PRでは自分のアピールポイントに注力して話しましょう。

面接官がどちらを聞いてくるかで、応募者について何を知りたいのかがわかります。

自己紹介では、応募者の経歴と一緒に人柄を見ているケースがあります。この人と一緒に仕事していけるか?という見極めにもなるのです。

自己PRを求められた場合は、単純にスキルや実績を知りたいと思っています。第二新卒ではそこまで重要視されない点かもしれませんが、実際の体験談を交えて話せたら、印象はかなり良くなります。

時間を設定される場合がある

自己紹介・自己PRでは「1分以内で簡潔にまとめてください」というような、時間を制限してくる企業もあります。制限される時間は長くても3分程度だと思いましょう。

時間を制限されても良いように、1分用の自己紹介・自己PRも事前に準備しておきましょう。

自己紹介・自己PRの例文

実際に、自己紹介・自己PRの良い例と悪い例を紹介していきます。自己紹介・自己PRが思い浮かばない人は、ぜひ参考にしてみてください。

悪い例
本日はお忙しい中、貴重なお時間をいただきありがとうございます。○○○○○(名前)と申します。

私は、○○大学を卒業後、新卒で株式会社○○に入社し、2年間勤務しておりました。

私は昔からリーダーシップがあり、何かとまとめ役を任されてきました。実際に、学生時代にはクラス委員や部長にも任命され、ずっと人をまとめる立場にありました。

今回は営業職という未経験の業種ですが、将来的には持ち前のリーダーシップを発揮し、お客様に頼られる営業パーソンとして活躍していきたいと思っております。

本日はどうぞよろしくお願い致します。

良い例
本日はお忙しい中、貴重なお時間をいただきありがとうございます。○○○○○(名前)と申します。

私は、○○大学を卒業後、新卒で株式会社○○に入社し、2年間勤務しておりました。

前職では、商品を売り込む店舗営業職をおこなっていました。初めは商品の売り込み方が全く分からず、売上も全然出せませんでした。そこで、一緒に営業していた先輩のトーク術なマナーを見よう見まねで実践していったところ、徐々にではありますが自分のものにでき、成果にもつながるようになってきました。

今回は、御社の社訓である、常にお客様に寄り添ったサービスを提供するという点に感銘を受け、応募させて頂きました。

御社とご一緒に仕事させていただけましたら、前職の経験を活かして貢献できると考えております。

本日はどうぞよろしくお願い致します。

自己紹介や自己PRのポイントについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください!

【転職面接】すぐに使える自己PRの考え方・答え方を伝授【回答例】
転職で面接官の心をがっちり掴む自己紹介の話し方【例文つき】

転職理由・退職理由は本音で伝える

転職理由は必ず聞かれますが、嘘をつかずに本音で伝えましょう。面接官もたくさんの応募者を見てきているので、本音で話しているかどうかは見抜かれてしまいます。

ただ、何でも本音で話せば良いという訳でもないのです。難しいバランスかもしれませんが、ネガティブな理由での退職だとしても、不満を述べるだけでなく、ポジティブな転職理由に言い換えることが大切です。

ネガティブな退職理由をネガティブなまま伝えてしまうと、どうしても印象良くは映りません。

不満しか出てこない人と、一緒に仕事したいと思う人は少ないですよね?面接官からしても、それは同じなのです。

転職理由・退職理由で面接官が見ているところ

面接官は「退職理由は納得できるものか?」「転職して何がしたいのか?」「採用してもまたすぐに辞めないか?」を重点的に見ている傾向が強いです。

特に、第二新卒は採用してもまたすぐに辞めないか?という部分は不安に思われています。そこを解消するために、転職して何がしたいのか?の部分を良く考えてみましょう。

入社してから、自分はどういう仕事をしていき、どうなっていきたいかという強い意識を伝えることで、面接官が思う不安を解消できます。

転職理由・退職理由の例文

実際に、転職理由の良い例と悪い例を紹介していきます。良い転職理由が思い浮かばない人は、ぜひ参考にしてみてください。

悪い例
もっとスキルアップできる環境で、自分の経験値を高めたいと思い転職を決意しました。

良い例
前の職場は、社員全体が仕事への意識がそこまで高くなく、会社全体で仕事に手を抜いても許される環境でした。私としては仕事はもっと高い意識を持っておこないたく、上司に直接もっと効率の良い業務の進め方などを提案しても、受け入れてもらえず現状維持が続いていました。

会社の社風がそのような感じでしたので、社員もスキルアップの意欲がなく、同時に入社した同期もどんどんとその空気に飲まれていってしまいました。

いつか私もそうなってしまうかも知れない。そう思った時に危機感を覚え、今回転職を決意した次第でございます。

転職理由や退職理由のポイントについて、もっと詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください!

第二新卒の退職理由を面接官に納得してもらうコツを解説!【例文付き】

志望動機はなぜこの会社・業界を選んだのかを明確に伝える

まず、コーポレートサイトなどを使って、企業の情報を調べておきましょう。志望動機の「なぜその企業を選んだのか」という理由を明確に伝えられるようにするためです。

例えば、志望している業界がITだとしたら「数あるIT企業の中からなぜその会社に志望したのか」というように、その企業じゃないとダメなんだ!っていうところを強く答えられるようにするのがベストですね。

志望動機で面接官が見ているところ

志望動機を聞くことで、面接官は「入社意欲の本気度」「企業に合った人材か」を主に見ています。

だからこそ、上記でも解説した「なぜその企業を選んだのか」と「企業ならではの特徴を捉え、自分の強み・やりがいを感じた経験と結びつける」ことが重要なのです。

「なぜその企業を選んだのか」という点を伝えられると、自然と「入社意欲の本気度」も面接官に伝わりやすくなります。

それから、「企業ならではの特徴を捉え、自分の強み・やりがいを感じた経験と結びつける」ことで、自分が企業に適している人材かをアピールできます。

志望動機の例文

実際に、志望動機の良い例と悪い例を紹介していきます。志望動機が思い浮かばない人は、ぜひ参考にしてみてください。

悪い例
前職は飲食の接客業を経験しておりました。接客業をしているうちに、もっとお客様とコミュニケーションを取れる仕事がしたいと思うようになりました。

お客様に寄り添ったサービスを提供するという御社の企業理念に感銘を受け、今回志望させていただきました。

良い例
前職は飲食の接客業を経験しておりました。そこで多くのお客様と接し、多くのことを学びました。その中で、もっとお客様に寄り添った接客をしたいと思うようになりました。

今回、お客様に寄り添ったサービスを提供するという御社の企業理念に感銘を受け、今回志望させていただきました。前職で身につけた接客業のノウハウを生かし、1日でも早くお役に立てるようになりたいと思っております。

志望動機が思いつかない!志望動機を考えるポイントをもっと知りたいという方は以下の記事もご覧ください!

第二新卒の転職で志望動機を書けない転職者へ

第二新卒の面接ならではの質問と回答例

第二新卒のみなさんが面接を受ける上で、よく聞かれる質問があるので、ご紹介しておきます。

1. 新卒時の就職活動では希望通りの会社に入社しましたか?

面接官がこの質問をするのは、仕事に対して向き合う姿勢が見たいからです。

特にこの質問は25歳未満の第二新卒応募者に対して多いです。

希望通りに入社することができた方も、そうではなかった方も、どのようにして意思決定をしたのか。
この点に面接官は注目しています。

新卒時に希望通りの会社に入社できた方は、「社会人経験を経て本当にやりたいことが見つかり、それを御社で実現したい」という旨を伝えましょう。

希望通りの会社ではなかった方は、応募企業がもともと希望企業であり、リベンジしたいという思いを伝える必要があります。

また、入社するためにどのような取り組みをしてきたのか、しっかり伝えることも大事です。

例えば、働きながら希望企業で活かせる資格の勉強をしてきた、などと具体的にアピールするのがベストでしょう。

悪い例

「希望通りの会社に入社できず、仕事をしていてもモチベーションを上げることができませんでした。」

良い例
「希望通りの企業に入社することはできませんでした。それでも希望企業で働きたいという強い気持ちがありましたので、別の企業で仕事をこなしながら、通勤時間や休日を利用して活かせるパソコンスキルを身につけ、資格を取得いたしました。

この資格とスキルを御社で発揮し、貢献していきたいと考えております。」

2. あなたにとって「仕事」とは何ですか?

面接官は、あなたの仕事の価値観や仕事への熱意、キャリアプランなどを見極めるためにこの質問をします。

漠然とした質問なので、どのように受け答えをするのか、あなたのコミュニケーション能力もチェックしています。

多くの面接官は、仕事を真摯に受け止めて、前向きにチャレンジしていく人材を評価します。

悪い例

「仕事は私にとって人生そのものです。」

良い例
「日々の仕事は、将来の自分にとって貴重な経験値だと考えております。私は将来、部下から頼られるマネジャーになりたいと思っています。

社会に出て仕事をしていく中で、私が経験してきたことが、将来出会う様々な部下との共感・導きにつながると考えております。

日々の経験が将来に繋がると考え、周囲への感謝を忘れずに、その時できる最大限の努力で仕事に取り組んでいこうと心がけております。」

逆質問は確認的な意味合いで聞く

逆質問は「私自身、現状はこのように考えているのですが、実際は●●なのでしょうか?」といった形で、確認するように聞きましょう。

自分の意見や仮説を入れ、確認するように質問する人は、常に自分の頭で考えているという印象を与えやすく、優秀に映ります。

ただ、逆質問では1点注意すべきことがあります。面接官に「自由になんでも質問してください」と言われると、つい本音が出てしまうことがあります。

その内容が、今までアピールしてきたことと大きく矛盾してしまうケースがあるのです。

例えば残業の問題。面接している時は「うち残業多いけど大丈夫?」と聞かれ、その時は「大丈夫です」と答えても、逆質問の時間で「みなさん何時頃に帰られてますか?」と聞いてしまうパターン。

これたまにあるのですが、何時に帰られるかという質問は、なるべく早く帰りたいという意識が見え隠れしてしまいます。

つい本音が出てしまうと、「さっきと言っていることが違うな…」と思われてしまいます。

逆質問で面接官が見ているところ

逆質問では「地頭の良さ」「本音にブレはないか」「実際に意欲があるのか」を重点的に見られています。

どう質問するのかは、実は質問に返すよりも難しかったりするんですよね。そこで、面接官はあえて逆に質問させて面接者の地頭の良さを確認しています。

また、今までの質問で本音とブレがないかもチェックしているので、上記で紹介したような質問はしないように注意しましょうね。

聞かない方が良い質問例

逆質問のときに、面接感の印象を悪くしてしまう質問があります。具体的にどんな質問が印象を悪くしてしまうのか、以下から紹介していきます。

  • 事務的な事項についての質問

HPの求人募集要項などに記載があるような、定時や給与などの質問は代表的なNG例です。公式HPを見れば良い話であり、面接という場をわきまえていない質問と思われてしまいます。

  • 質問の意図が不明な質問

これはそもそも聞く意味のない質問という事もありますが、聞き方が分かりにくいため発生してしまいます。つまり面接官に、質問の意図が伝わっていないからこそ、起きてしまいます。

  • 自分のことばかり考えているような質問

内定が決まる前に、成果を出したあとにどう仕事をやらせてもらえるのか、といった質問をしてしまう人がいます。こういった質問は、自己中心的な視点が前面に出てしまい、自分の希望が叶わないとすぐ退職されてしまうのではないか、と懸念されてしまいます。

  • 自分の主張と矛盾するような質問

今まで面接で話していたことと矛盾してしまう質問はやめましょう。矛盾した質問をしてしまうと、本音とのブレが出てしまいます。最初から最後まで一貫性を持って話しましょう。

転職面接での服装やマナー

基本的には、入室〜退室までのマナーは新卒の時と変わりありません。

復習したい!という人は、以下のリンク先に詳しく記載してありますので、確認してみてください。

転職面接で失敗しない基本のマナー!入室から服装まで徹底解説!

ただ、服装については新卒時と違いがあります。具体的には、以下から紹介しますね。

転職面接にふさわしい身だしなみ

第二新卒の服装は、男女共にリクルートスーツでもビジネススーツでもOKです。リクルートスーツなら初々しく爽やかな印象を与えることができ、ビジネススーツならちょっとこなれた社会人感を演出できます。

スーツやネクタイ、髪型、メイクのような細かい情報は以下のリンク先にまとめてあります。興味があれが是非目を通してみてください!

転職面接で迷う服装|男女別に印象が良くなる選び方などをご紹介!

本格的に面接対策したいなら転職エージェントに相談すべき

面接といっても、自己紹介や志望動機、逆質問と対策すべき項目は多岐にわたります。どれか1つでも欠けてしまうと、その欠けた部分から面接官は突っ込んだ質問をしてきます。

せっかく志望企業に見合った経験やスキル・マインドを持っているのに、面接で自分をうまくアピールできない、または企業への志望度を伝えきれず、その結果、内定を得られないケースは非常に多く、これは非常にもったいないことです。

転職エージェントを活用すれば、事前に、面接官・採用側の目線で、面接で引っかかってしまいそうなポイントを見て指摘してくれます。ですから、面接に自信がある方もそうでない方も、活用して損になる事はないと思います。

転職に関して何も知識がない方でも、大丈夫です。
あなたが希望する企業に合わせてバッチリ対策してもらえますので、本番でもしっかり受け答えができますよ。

さらに、最後までしっかりとサポートしてもらえるため、大きな安心感があるというのが魅力です。

しかし、

「担当コンサルタントは基本的に選べないため、馬が合わなかったり、納得のいくサポートを得られない可能性もある」

といったリスクが想定されるので、転職エージェントには2~3社同時登録して、比較検討してみることをオススメします。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント

30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

リクルートエージェントに並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント

ポイント
  1. 10万件を超える求人の中から、アドバイザーが厳選してピッタリの求人を提案してくれる
  2. リクルートが保有していない求人を保有している可能性もある

dodaの評判は?現役転職エージェントが正直な話をぶっちゃける!

第二新卒・既卒者に強い転職エージェント

第二新卒・既卒・フリーター・高卒に特化した就職支援サービスとしては老舗。
研修やアフターフォローを通じて同じ境遇で頑張る仲間に出会える

ポイント
  1. ノウハウが詰まったオリジナルのスキルアップ研修が無料で受講可能!
  2. 転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらえる

ジェイック(JAIC)の評判って悪い?社員に直接取材してみた!

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント
  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 業界に精通した専任のアドバイザーが転職サポート

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。
豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

ポイント
  1. IT・Web業界トップクラスの求人数とサポート実績!
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス両方のキャリア相談が可能。フリーランスも検討したい人にオススメ

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!