転職の面接回数って何回?中途面接のポイントを徹底解説

転職面接何回

    こんにちは!すべらない転職の末永です。

    転職をする時に面接を受けますよね。面接は何回あるのか、平均はどれくらいなのか、とか気になるところだと思います。

    中には面接回数が想定よりも増えた、または減ったという人もいるのではないでしょうか。

    どうして想定していた回数よりも増えたり減ったりするのか不安ですし、面接時に面接官がどんなところをチェックしているのかについても、知っておきたいですよね。

    今回は転職の面接回数の平均や、面接回数が増減する理由、面接官が面接で何を見ているのかについても、詳しくご紹介します。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

転職の面接平均回数は2〜3回!

一般的に面接の平均回数は2〜3回です。もちろん業界や職種によって面接回数は変わってきます。

例えば、営業職の場合の面接回数は、2〜3回ですね。稀に1回で終わることもあります。金融業界や外資系企業の場合は、4回も面接をおこなうことがあります。


営業職の面接が多い理由は、人間性を慎重に見極めるためです。


一方、医療系や技術職の場合は面接回数が少ない傾向にあります。MRなどの医療業界は2〜3回、ITやシステム系業界では2回前後です。

医療系や技術職が営業職よりも面接の回数が少ないのは、書類選考の時点である程度、仕事をこなせるかどうかについて、ふるいをかけることが可能だからです。

ちなみに、事務職の面接回数は一般的に2回前後です。事務職も書類選考の時点で、どのようなスキルや資格、経歴を持っているのか把握できるため、面接回数も少なめです。

転職エージェント末永 転職エージェント 末永

弊社のすべらないキャリアエージェントでは大手エージェントに比べると内定率が4倍です。それだけ選考対策に力を入れて面接対策をおこなっています。

以下では、弊社の転職成功実績から、面接回数やみられるポイントについて解説していきます。

転職面接の回数ごとの通過率

ここからは、転職面接の回数ごとの通過率に関して解説していきます。

面接の回数ごとの通過率は以下です。

転職面接に通過できずに悩んでいる方は、確率を参考にして、応募する企業数などを逆算してみると良いかもしれません。

一次面接の通過率は30〜50%

転職活動の一次面接の通過率は、30〜50%と言われています。

一次面接では、もっとも多くの転職者が集まり、これ以降の選考をスムーズに進めていくために一次面接で人数を絞る企業が多くあります。

通過率30〜50%と言いましたが、企業によってかなりばらつきがあります。例えば、グループで面接を行う場合などは選考通過率が低くなりがちです。

一次面接では、良くも悪くも第一印象が大切になってくるため、できるだけマイナスポイントを作らないことを意識しましょう。

二次面接の通過率は30〜40%

転職活動のに維持面接の通過率は、30〜40%と言われています。

二次面接では、現場リーダーなどのマネージャークラスの社員さんが出てくることが多く、志望動機や企業理解などさまざまな角度で深ぼられます。

そこでアピールすべきは、定着性・活躍性です。

志望動機で、転職後も長期的に働く意欲があるのか(定着性)をみて、企業理解で、具体的にどのようにスキルや経験が生かされるのか(活躍性)を深ぼっています。

そこをきちんと対策していくことで、二次面接の通過率は飛躍的に高まるでしょう。

最終面接の通過率は50%

転職活動の最終面接の通過率は50%と言われています。


最終面接は、一次二次面接でフィードバックをいただけるため、そこを改善していくことで懸念点を払拭できるため、通過率は比較的高くなります。


また、一次二次面接で現場社員がOKしているため、最終面接官は前向きに検討している場合が多いです。

特に最終面接で前向きに検討する場合、入社する意思・覚悟があるかを問われることが多いため、事前に企業と自分とのマッチングをアピールできるように準備しておくと良いでしょう。

転職の面接回数が増える理由

転職エージェント末永 転職エージェント 末永

転職の面接回数が増えるのは、再検討したいからです。「もう1度転職者に会って判断したい」と考え、面接回数が増えることがあります。

例えば、キャリアや経歴は申し分ないけれど、企業理解について疑問が生じるケースですね。転職者についてもう少し詳しく知りたいという場合にも回数が増えます。

また、稀な例として、本選考を受けていた職種とは別の職種でも採用を検討したいケースがあります。

応募した職種よりも別の職種のほうが活躍できそうだ、と企業側が判断した場合、別の担当者ともう1度面接を実施するというものです。

転職の面接回数が減る理由

転職の面接回数が減る理由は大きく以下の2つですね。

  • 応募人数が少ない場合
  • 優秀な人材と判断され即採用される場合

応募人数が少ないと面接回数は少なくなる傾向にあります。

1回の面接で転職者のことがおおよそ分かれば、二次面接をおこなう必要はありませんよね。

また、優秀な人材だからすぐにでも採用したいという場合でも面接回数は減ります。

優秀な人材がいれば即採用というのが鉄則なので、転職者の気が変わる前に面接回数を短縮するパターンです。

中には面接に時間をかけたくない場合もあります。急いで雇いたい、大量採用したいなどの理由から、選考に時間がかけられず、面接回数を1〜2回で済ませてしまうこともあります。

転職エージェント末永 転職エージェント 末永

スキルや経験が豊富でも、面接でうまくいかない人が多いですね。

多くの理由として、自己分析が徹底されていないため、企業の求人にマッチしていることを伝えきれていないからです。

すべらないキャリアエージェントは、自己分析を徹底的に行います。自己分析からキャリア形成を考え、マッチ度の高い求人に厳選してご案内するため、内定率が大手エージェントの4倍になっています。転職を考えている人は是非ご相談ください。

すべらないキャリアエージェント
に相談する

面接官は面接でココを見ている!

転職の面接で面接官がどこをチェックしているのか、やはり転職者側としては気になるところですよね。

そこで今回は一次面接・二次面接・最終面接に分けて、詳しくご紹介していきます。

一次面接の場合

一次面接の場合、面接を担当するのは人事もしくは現場担当者であることが多いです。

ここでは、転職者の基本的な能力面が見られています。コミュニケーション能力や地頭の良さ、経歴、転職理由と志望動機の一貫性などがチェックされます。

また、中途で入社して活躍できるか、現場の社員が一緒に働きたいと思えるかどうかについても見られています。

アドバイス

これまでの経験をしっかりまとめて伝えられるよう、どのような経験をし、どのようなスキルを習得してきたのか、きちんと棚卸しをするのが重要です。


志望動機と転職理由に一貫性を持たせ、企業についてよく調べて研究することも大事です。具体的に仕事内容を確認し、逆質問の準備をしておきましょう。


他責思考、会社依存が見えることを面接官は嫌がります。だからこそ、自分の意思や考えをしっかり持つことがポイントになります。

二次面接の場合

二次面接は、実際にあまりおこなわないことが多いです。

ここは企業によって大きく変わってくる部分でもあるため、誰が面接官を担うのかバラバラであることが多いです。

一般的には現場責任者が面接官を担うことが多いです。やる気やポテンシャルに着目し、現場で働くことができる人材かどうかの判断がされます。

アドバイス

職務経験や自己PRに関しての質問にうまく答えられるよう、明確にして語れるようにしましょう。


スキルだけではなく、同じ業務をおこなう社員と馴染めるかどうかという、人柄も重要視されますので、偽りのない自分をアピールするのが良いです。

最終面接の場合

最終面接では、役員や社長が面接官を担うことが多いです。一次面接や二次面接で質問されたことはもちろん、もう少し大きな視点で細かい部分も見られています。

具体的には、会社全体のカルチャーにマッチするかどうか、やる気や意欲が高いかどうかなど。他にも定着性のマッチ度も確認されています。

アドバイス

応募した企業が好きかどうか見られるため、企業のことをきちんと調べて把握するようにしましょう。意欲を持って語り伝えることで好印象へとつながります。


逆質問では業務内容など細かいことではなく、会社全体の大きな質問をするのが好ましいと言えます。

弊社のすべらないキャリアエージェントは、上記のようなアドバイスに加え、選考結果とともに企業側から評価をもらいその後の選考に活かすことができます。是非ご相談ください。

選考通過率を上げたいならすべらないキャリアエージェント

面接1回で内定が出ることもある

面接1回目で内定が出ると、人手が足りないからじゃないの?とかブラックの可能性があるかも、なんて不安になりますよね。

内定が出るタイミングは企業ごとに様々です。入社したい気持ちが強ければ、不安視しすぎることなく内定を承諾しても良いです。

ただ、不安が残るのであれば、直属の上司となる人 とお話をしたい、職場見学をしたいとお願いするのがベストです。

転職エージェントを利用しているのであれば、エージェントを経由してお願いすることで、自分で直接お願いするよりも心理的な抵抗感を減らせます。

ただ、企業によっては個人情報の取り扱いなどの問題で、職場見学を実施していない場合もあります。

しかし、職場見学できないからといって、悪い会社というわけではないので安心して大丈夫です。

面接がうまくいかない人へ

一般的な面接の回数や各面接で見られていることなど、ご紹介しました!

面接がうまくいかず悩んでいる人は、一人で転職活動しようとしていませんか。

転職活動は、選考を受けて何がよかったか悪かったかの振り返りをし、PDCAを回すことが重要です。そのため、弊社のような転職エージェントを利用することがおすすめです!

弊社が運営するすべらないキャリアエージェントは、内定率向上を目的に、転職者様が受ける企業ごとに選考対策をしっかりとおこないます。

また、弊社はベンチャー系企業への転職を得意としています。

例えば、リクルートグループマイナビのようなベンチャー気質な大手企業から、レバレジーズネオキャリアのようなメガベンチャー、メドレーSpeeeのようなベンチャー企業の求人を保有しています。

転職成功実績も多数ございますので、転職をお考えでしたらすべらないキャリアエージェントをご活用ください。

営業職のキャリアアップを支援する転職エージェント

ポイント

  1. 希望や適職にあった厳選した求人のみを紹介するので利用者満足度91%!
  2. 一人一人に向き合った丁寧なサポートにより内定決定率30%以上!(業界平均6%)
  3. 弊社の戦略的キャリアプランにより年収360万の人が年収700万の営業職へ転職成功!

【無料】転職サポート申し込み

転職面接に関する関連記事

以下に転職面接に関する関連記事をまとめましたので、よかったら参考にしてみてください!

転職面接の回数に関してよくある質問

ここからは転職面接の回数に関してよくある質問を紹介していきます。

転職面接が2回なのはなぜですか?

人物 相談者

転職面接が2回なのはなぜですか?

転職エージェント末永 末永

転職面接が2回になることは、企業によって異なりますが、主に以下のパターンが考えられます。


1:一次面接では応募者の一般的なスキルや経歴を確認し、二次面接では詳細な説明や質問を行うことで、より詳細な知識を得るため。


2:一次面接では応募者とのチームワークやコミュニケーション能力を確認し、二次面接では応募者のスキルや知識についてもう少し深く調べるため。


3:一次面接では応募者の一般的なスキルや経歴を確認し、二次面接では応募者が適用するための部署やポジションについて詳しく聞くため。

選考プロセスをより細分化し、応募者に適したポジションを見つけるため。

転職面接が1回の場合の合格率はどのくらいですか

人物 相談者

転職面接が1回の場合の合格率はどのくらいですか

転職エージェント末永 末永

転職面接が1回の場合の合格率は、企業や業界、面接官などによって異なります。また、面接官がどの程度の情報を求めているかや、応募者がどの程度の準備をしているかも影響します。


一般的には、応募者が自分自身や自分のスキルについて説明できるように準備をすることで、面接官が必要な情報を得ることができ、合格率が上がる可能性があります。

ただ、面接官が必要な情報を求めるために2回に分けることもあります。

面接で落ちる理由は何がありますか

人物 相談者

面接で落ちる理由は何がありますか

転職エージェント末永 末永

面接で落ちる理由は様々ですが、一般的なものとして以下のようなことが考えられます。


不適切な着装や態度: 面接は個人のイメージを重視する場です。適切な着装や態度が求められることが多いです。


準備不足: 面接官が求める情報について十分に説明できなかったり、質問に答えられなかったりすることが多いです。


コミュニケーション能力の低さ: 面接では、自分自身やスキル、経験などを説明することが求められます。そのため、コミュニケーション能力が低いと話しにくくなります。


職務に対する不適切な理解: 職務や業務に対する理解が不十分な場合、面接官が望む姿勢や能力を持っていないと感じられることがあります。


経験やスキルに対する嘘をついている: 経験やスキルに対する嘘をついていることが見つかった場合、面接官からの信頼を失うことになります。


面接は自分自身をアピールするチャンスであり、適切な準備をすることで合格する可能性が高くなります。

転職面接は何回からが多いですか?

人物 相談者

転職面接は何回からが多いですか?

転職エージェント末永 末永

転職面接の回数は、企業や業界によって異なります。 一般的には2回~3回程度が多いとされていますが、1回から5回以上の面接があることもあります。


面接の回数は、企業の人事戦略や選考方法によって異なり、企業によっては面接の回数を増やすことで、より適切な人材を選ぶことを目的にしていることがあります。


また、面接によって必要な情報を充分に得るために、複数回の面接を行うこともあります。

転職面接が2回ある場合の合格率はどのくらいですか?

人物 相談者

転職面接が2回ある場合の合格率はどのくらいですか?

転職エージェント末永 末永

転職面接が2回ある場合の合格率は、企業や業界、面接官などによって異なります。

また、面接官がどの程度の情報を求めているかや、応募者がどの程度の準備をしているかも影響します。


一般的には、面接が2回ある場合は、面接官が必要な情報を詳細に求めるため、合格率は低いと言われています。


ただ、応募者が自分自身や自分のスキルについて説明できるように準備をすることで、面接官が必要な情報を得ることができ、合格率が上がる可能性があります。


また、面接が複数回ある場合、面接官は応募者が話したことをもう一度確認したり、応募者が話していなかったことを聞いたりすることができ、より適切な人材の選考ができるため、面接が複数回ある場合も有効な選考方法となります。

転職面接が2回ある場合の合格率はどのくらいですか?

人物 相談者

転職面接が2回ある場合の合格率はどのくらいですか?

転職エージェント末永 末永

転職面接が2回ある場合の合格率は、企業や業界、面接官などによって異なります。


また、面接官がどの程度の情報を求めているかや、応募者がどの程度の準備をしているかも影響します。


一般的には、面接が2回ある場合は、面接官が必要な情報を詳細に求めるため、合格率は低いと言われています。

ただ、応募者が自分自身や自分のスキルについて説明できるように準備をすることで、面接官が必要な情報を得ることができ、合格率が上がる可能性があります。


また、面接が複数回ある場合、面接官は応募者が話したことをもう一度確認したり、応募者が話していなかったことを聞いたりすることができ、より適切な人材の選考ができるため、面接が複数回ある場合も有効な選考方法となります。

面接回数が多いのはなぜですか?

人物 相談者

面接回数が多いのはなぜですか?

転職エージェント末永 末永

面接回数が多い理由は、複数回の面接を行うことでより適切な人材の選考をすることができるためです。


面接官は、複数回の面接を行うことで、応募者が話したことをもう一度確認したり、応募者が話していなかったことを聞くことができるため、より正確な情報を得ることができます。


面接官は、複数回の面接を行うことで、応募者のコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を評価することができます。

面接回数が増えたのですが、なぜですか?

人物 相談者

面接回数が増えたのですが、なぜですか?

転職エージェント末永 末永

面接回数が増える理由は複数あり、それは企業や業界によって異なりますが、以下のような理由が考えられます。


1:人材のニーズが増加し、より質の高い人材を選ぶために、複数回の面接を行うことが必要になっている。

2:面接官によって見え方が異なるため、複数の視点から選考することで、より正確な判断をすることができる。

3:企業が大規模な選考を行う場合、複数の部署や担当者によって選考を行うため、面接回数が増えることがある。

4:面接時間が短い場合でも、複数回の面接を行うことでより詳細な情報を得ることができるため、面接回数が増えることがある。

5:企業が競争力を上げるために、より質の高い人材を集めるために、複数回の面接を行うことが必要になっている。


これらは一例であり、複数回の面接を行う理由は企業や業界によって異なります。

最終面接の通過率はどのくらいですか

人物 相談者

最終面接の通過率はどのくらいですか

転職エージェント末永 末永

最終面接の通過率は企業や業界、面接官などによって異なります。 また、面接官がどの程度の情報を求めているかや、応募者がどの程度の準備をしているかも影響します。


一般的には、最終面接は、選考の最後の段階であり、面接官が必要な情報を得ることができるように、応募者が自分自身や自分のスキルについて説明できるように準備をすることが求められます。


ただし、通過率については具体的な数字を挙げることはできませんが、一般的には選考の最終段階であるため、選考プロセスを通じて選ばれた応募者の中でも、最も合格率が高い段階になります。


最終面接では、選考を通じて得られた情報を元に、選考官が応募者が求める職務に適しているか、企業に適しているかなどを判断します。

結局、最終面接の通過率は企業や業界によって異なり、具体的な数字を挙げることはできません。

最終面接で落ちる理由は何がありますか?

人物 相談者

最終面接で落ちる理由は何がありますか?

転職エージェント末永 末永

最終面接で落ちる理由は様々ですが、以下が一般的な理由となります。


・スキルや経験に不足があること。

・職務に不適したスキルや経験を持っていること。

・自己アピールをうまくできていないこと。

・面接官の質問に対して、適切な回答をできていないこと。

・面接時の行動や態度に問題があること。

・企業の文化やビジョンに合っていないこと。


また、最終面接で落ちる理由は選考官によって異なりますが、上記のような理由が考えられます。


最終面接で落ちるのは残念ですが、次のチャンスを掴むためにも、自分自身を改善し、スキルアップを図ることが大切です。

line

line

  • すべらないエージェントとは
  • すべらないエージェントの強みとは
  • 弊社のイチオシ自律型人材とは
  • すべらない転職Q&A