転職で面接官の心をがっちり掴む自己紹介の話し方【例文つき】

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

初めて転職面接をする人で、面接官から「自己紹介をしてください」と言われた時に、何を話せば良いのかわからないとか、すでに何度か面接を受けている人でも、何を話せば良いかいまいちわからず、名前や志望動機などをちょこっと話して終わってしまった、なんてことを良く聞きます。

転職面接の自己紹介って何を話せば良いですか?という相談をよくされるのですが、大抵の人がそもそもなぜ面接官は自己紹介させるのかをわかっていないなという印象を受けます。

そこで今回は転職のプロの視点から、面接官に刺さる自己紹介の考え方。劇的に通過率を高められる自己紹介の伝え方についてもレクチャーしていきます。

これから転職活動で面接が控えている人は、是非参考にしてみてください。

転職面接での自己紹介の必要性とは?


自己紹介は、ズバリ「面接を受けるのはどんな人物なのか?」という面接官の疑問に答え、スムーズに面接を進めるための役割があります。

自己紹介は、第一印象を決定付ける重要な工程です。ただ自分のことを話せば良いと思っている人も多いとは思いますが、転職活動では採用に大きく関わってくる重要な部分なので、事前にしっかりと考えるようにしましょう。

面接官は自己紹介を通して、職務経歴やスキルや技能以外にも、プレゼン能力もチェックしています。

また、人柄や言葉使いも知りたいと思っているので、自社の社風と合うか、採用したら活躍してくれるかも同時に見ています。

自己紹介で話すべき内容


転職面接の自己紹介では、どのような内容を話せば良いのかを紹介します。

自己紹介と言っても、趣味や特技を話すよりも、実際にどういう仕事をしてきたかだったり、役職や実績など仕事に関係していることを話すようにしてください。

中途採用ではスキル面や実績がかなり重要視されるため、実績などについて話した方が面接官に刺さりやすく、入社後にどういう活躍をしてくれるのか想像しやすいので効果的です。

まず、自己紹介の流れを紹介します。

  1. 挨拶
  2. 職務経歴
  3. 自己PR
  4. 志望動機
  5. 締めの挨拶

以下から詳しく解説していきます。

①挨拶

まず、唐突に職務経歴などの内容から入るのではなく、しっかりと挨拶から始めます。緊張して忘れがちなのが名前です。このタイミングで自分の名前も忘れずに伝えるようにしてくださいね。

初めに「本日はお忙しい中、貴重なお時間をいただきありがとうございます」のように、面接をしてくれたことへの感謝の気持ちを伝えると、面接官への印象が良くなりやすいです。

②職務経歴

職務経歴については、以前の職種や業種、どのような仕事を担当してきたかについて伝えます。

最終学歴からの職務経歴を簡潔にまとめるようにすると分かりやすくて良いです。面接官は、どのような仕事をして来たか、どのような業務を担当して来たかを知りたいと思っているので、在籍年数や所属部署の特徴などは、詳細に説明しなくても良いです。

③自己PR

自己PRはもっとも重要な部分で、自分のアピールポイントについて話してください。

例えば、前の会社での売り上げや社内表彰されたことがあるなど、インパクトのある内容や具体的な数字を出すと説得力が高まります。

④志望動機

志望動機については、転職してどのような仕事をして行きたいか、転職して何がやりたいのか、どのように貢献したいかを具体的に伝えるようにしてみてください。

面接官は志望動機を聞いて、どの程度自社へ入社したいと思っているのかを見ています。

応募した企業に入社したい!という意欲を伝えるために、前向きにアピールすることが大切です。

また、なぜその会社を志望したのかについてもしっかり伝わるように、企業の経営理念や商品について、コーポレートサイトや企業HPを見て前もってリサーチし、その内容に沿って話しをすると良いです。

⑤締めの挨拶

志望動機まで話し終わったら「本日はどうぞよろしくお願い致します」と、しっかり締めの挨拶で終わらせてください。

志望動機で話しを終わらせてしまうと、面接官は「あれ?終わったから質問していいの?」とわからなくなってしまうためです。

面接官に刺さる自己紹介の考え方


転職面接の基本的な流れは、上記で説明したように「挨拶」→「職務経歴」→「自己PR」→「志望動機」→「締めの挨拶」になります。

ここで特に意識すべき点は「職務経歴」と「自己PR」です。中途採用では、人柄などももちろんですが、スキルや実績がかなり重要になります。

応募企業の情報をしっかりリサーチしたのち、企業側が求めている人材であることを、職歴や自己アピールでしっかり伝えられるようにしましょう。

多くの企業の面接同席してきた経験から見て、私はいつも長くても1分以内くらいで収めましょうとアドバイスしています。

1分以上自己紹介に時間を使ってしまうと「話しをまとめられない人」という悪い印象も持たれてしまう可能性があるからです。

話すときの表情や姿勢、声の大きさにも要注意です。面接官の目を見て話すことも大切です。考えてきた自己紹介を完璧に話そうとして、目が泳いでしまったという話はよく聞くので、特に注意してくださいね。

悪い自己紹介例

趣味や特技など、直接仕事に関係ないことは話さないようにしましょう。転職面接では、スキルや実績を重視して見ている傾向が強いので、そのような内容を話すようにしましょう。

趣味や特技など仕事に関係ない話しをしてしまうと、プレゼン能力が低いと判断されてしまいます。

プレゼン能力が低いと思われてしまうと、例えば営業職なら、新しい商品を売り込む時に上手く売り込めないのではないか、と思われてしまうため、採用に大きく関わってきます。

また、前の会社の不満だった点なども、言わない方が良いです。単純に、悪口のようなネガティブな発言は面接官の印象を悪くしてしまうからです。

上記内容は全て面接官の印象を悪くしてしまうことが多いので、気をつけてくださいね。

自己紹介と自己PRの違い


自己紹介と自己PRの違いがわかならい人向けに、どのような違いがあるのかを解説します。

企業によっては、面接の初めに「自己紹介をお願いします」か「自己PRをお願いします」と言われることがあります。これら2つはどっちで聞かれるかによって、面接官が何を知りたいのかを予想することができます。

自己紹介は自分のことを簡潔に話す

自己紹介では、名前、職務経歴、自己PR、志望動機などを簡潔にまとめて話します。

自己紹介では、内容以外にも姿勢や話し方、雰囲気を見られていることが多いです。面接官としては「この人と一緒に仕事していけるか?」という見極めにもなります。

第一印象にかなり影響してくるポイントなので、ハキハキと大きな声で話すと印象が良くなりますよ。

自己PRは自分のアピールポイントについて話す

自己PRは、自分の強みや今までの実績について話します。採用にかなり大きく関わってくるポイントになります。

実績以外にも、スキルや資格について触れるのも良いです。実際の体験談も交え、自分の強みや経験について伝えると効果的です。

【ケース別】自己紹介の例文


在職中、第二新卒、転職回数が多い、フリーターなど、ケース別の自己紹介の例文も紹介します。

自己紹介を考える時の参考にしてみてください。

在職中の場合


本日はお忙しい中、貴重なお時間をいただきありがとうございます。○○○○○(名前)と申します。

私は、○○大学を卒業後、新卒で株式会社○○に入社し、現在までの5年間勤務しております。

不動産の営業に従事し、お客様と直接お話しし、満足いただけるお部屋探しのサポートに尽力してまいりました。

お客様の生活に寄り添うように、ライフスタイルごとにオススメの物件を紹介させていただいたり、ニーズを引き出し具体的な提案をさせて頂きました。

その結果、同期は平均して約150万円の売り上げでしたが、私は200万円近く売り上げることができ、社内MVPに選ばれたことがあります。

今回は、御社の社訓である、常にお客様に寄り添ったサービスを提供するという点に感銘を受け、応募させて頂きました。

今回は店舗用商品の営業職という異業種へのチャレンジですが、この経験を活かして、御社でも売上に貢献していきたいと考えております。

本日はどうぞよろしくお願い致します。

ポイント

在職中の場合、現在勤務している会社でどのような仕事をしてきて、どのような成果を出して来たのか、数字などを出して具体性を持たせましょう。

第二新卒の場合


本日はお忙しい中、貴重なお時間をいただきありがとうございます。○○○○○(名前)と申します。

私は、○○大学を卒業後、新卒で株式会社○○に入社し、2年間勤務しておりました。

前職では、店舗向け用品の営業を担当しておりました。入社当初は日に3件ほどしか訪問できませんでしたが、スケジュールや営業リストを見て、訪問先までの動線をしっかり意識するようになってからは、日に10件以上は訪問できるようになりました。

1日に回れる企業様が増えたことにより、業績アップにもつながりました。

今後は、もっと幅広い商品を扱う仕事がしたく、御社に応募しました。顧客のニーズをくみ取り、それに合う商品を提案するのには自信があります。

今回は、御社の社訓である、常にお客様に寄り添ったサービスを提供するという点に感銘を受け、応募させて頂きました。

御社とご一緒に仕事させていただけましたら、前職の経験を活かして貢献できると考えております。

本日はどうぞよろしくお願い致します。

ポイント

第二新卒の場合、実務経験が少ないので実績よりも、成果を出すためにどう行動したかをアピールしましょう。

転職回数が多い場合


本日はお忙しい中、貴重なお時間をいただきありがとうございます。○○○○○(名前)と申します。

営業職では、株式会社○○で2年、株式会社○○で1年半勤務しており、営業職の実務経験は3年半あります。

今年で社会人歴は10年となりますが、株式会社○○のでは、店舗向けの営業職として、2年ほど従事しておりました。

私の営業スタイルとしましては、顧客のニーズを的確に掴み、それに伴った商品を提案させて頂くというものです。その成果も伴い、年間約1000万円近く売り上げたこともあります。

今後は、もっと幅広い商品を扱う仕事がしたく、御社に応募しました。顧客のニーズをくみ取り、それに合う商品を提案するのには自信があります。

今回は、御社の社訓である、常にお客様に寄り添ったサービスを提供するという点に感銘を受け、応募させて頂きました。

御社とご一緒にお仕事させていただけましたら、前職の経験を活かして貢献できると考えております。

本日はどうぞよろしくお願い致します。

ポイント

転職回数が多い場合、職務経歴を短くまとめるのがポイントです。また、もっともアピールしたい仕事を中心に伝えるようにしましょう。

フリーターの場合


本日はお忙しい中、貴重なお時間をいただきありがとうございます。○○○○○(名前)と申します。

私は、現在外食チェーン店で接客業に、アルバイトとして4年間携わっています。接客業を行う傍で、新人アルバイトの教育やシフト管理も同時に担当しております。

人と接するのが好きで接客業を始めました。私の信条としましては、アルバイトと正社員でも接客のレベルに違いがあってはいけないと思い、常に意識高く接客業に励んできました。

今回は、御社の社訓である、常にお客様に寄り添ったサービスを提供するという点に感銘を受け、応募させて頂きました。

正社員とアルバイトでは責任の重さが違うとは思いますが、今までの経験を活かして、1日でも早く戦力として活躍できるように頑張りたいと思います。

本日はどうぞよろしくお願い致します。

ポイント

フリーターの場合、何を経験したか、どのような仕事ができるかがポイントになります。応募職種で活かせるスキルを積極的に伝えましょう。

面接で自己紹介をする際に気を付けるポイント


転職面接で気をつけるポイントを紹介します。会社によって違うことや気付かずにうっかりやってしまう可能性があるので、一度チェックしてみてください。

在職中の社内でしか伝わらない言葉は使わない

特に在職中で転職をしようとしている人は気をつけるべきです。社内でしか使わない独特な略語などは、面接の自己紹介では使わないようにしましょう。

長さや具体例がしっかりとしていても、面接官がわからない言葉を使ってしまったら、いまいち伝わりにくくなってしまいます。

自己紹介の時間を制限される場合がある

企業によっては、自己紹介の時間に1分や3分など制限がある場合があります。

面接時間が制限されるかどうかは、実際面接に行ってみるまでわからないので、念のために1分用などの自己紹介のパターンも準備しておきましょう。

転職を成功させる自己紹介を考えるコツ


転職面接での自己紹介に迷っているなら、転職エージェントを利用することをおすすめします。

自己紹介は1人でも考えられますが、転職に慣れている転職エージェントと一緒に相談しながら考えていった方が、少しでも内定獲得率をあげることができるためです。

他にも転職エージェントでは、履歴書・職務経歴書の添削はもちろんのこと、気がかりな面接の対策を行ってくれ、不安な自己紹介にも的確なアドバイスをもらえます。

ただ、転職エージェントは担当になるキャリアアドバイザーによって、サポートの質が大きく変わってきます。そのため、大手転職エージェント2〜3社特化型転職エージェント1社に登録し、実際に面談へ足を運んでみましょう。面談の結果から、登録した各社を比較・検討し、自分と1番相性が合う転職エージェントと一緒に転職を進めていくのが転職を成功させる近道です。

以下でおすすめの転職エージェントをいくつかご紹介します。転職を成功させるためにも、ぜひ気になる転職エージェントに複数登録してみましょう!

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18