20代で転職を検討されている方へ


【回答例付】退職理由の上手い伝え方!面接官に響く転職理由を伝授!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

この記事を読んでいるということは、退職をして転職したいと考えているのですよね。

退職理由・転職理由は人それぞれですが、ほとんどが「前職・現職に不満、または不安があって……」という人ばかりではないでしょうか。

しかし、面接で「今の職場に不満があって転職しました」と素直に話してしまうと、お見送りになってしまうケースが多いのも事実です。

今回はそんな転職活動での面接で、自分自身の退職理由を質問されたときに、どう話していいのか分からない人向けに、退職理由・転職理由の上手い伝え方をレクチャーして行きます。

退職・転職する理由は人それぞれだと思いますが、1つの参考にしてみてくださいね!

主な実際の退職理由とは?結構後ろ向きな退職理由が多い!


dodaが発表している「転職理由ランキング2018」によると、一般的に多い転職理由は以下のような結果になっています。

ランキングの上位10つ中で、後ろ向きな退職理由は5つ。つまり、半数が後ろ向きな理由で退職・転職をしているということになります。

1位:ほかにやりたい仕事がある

2位:会社の将来性が不安

3位:給与に不満がある

4位:残業が多い・休日が少ない

5位:専門知識・技術力を習得したい

6位:幅広い経験・知識を積みたい

7位:U・Iターンしたい

8位:土日祝日に休みたい

9位:市場価値を上げたい

10位:会社の評価方法に不満がある

参考:dodaの転職理由ランキング2018

1位は前向きな理由ですが、2位の「会社の将来性が不安」、3位の「給与に不満がある」、4位の「残業が多い、休日が少ない」など、大半は後ろ向きな転職理由が多いようです。

しかし、実際の面接で正直に後ろ向きな退職理由を話してしまうと、ほとんどが選考に落ちてしまいます

このようなネガティブな退職理由でも面接を突破し、無事に内定を獲得している人もいるのです。正直に言いづらいネガティブな退職理由をどのように話せば印象良く伝わるのか、そのポイントを以下で説明していきますね。

面接官が見ている退職理由のポイント

退職理由を話すとき、前提として「ウソをつかずに本音で言う」ようにしましょう。

しかし、むき出しの本音だけではいけません。ウソつかず、かつネガティブな退職理由をできるだけポジティブな転職理由に変換して伝えるように心がけるようにしてください。つまり、本音をポジティブというオブラートで包むようにすると、面接官に刺さりやすいのです。

このとき気をつけるべきなのは「何を言うか(WHAT)」は本音で、ただ、「どう伝えるか(HOW)」は慎重にするようにしてくださいね。

実際に採用企業や面接官は、転職者の不満について、関心がまったくなく、それを評価することは一切ありません。

グダグダと前職・現職に対する不満を面接や選考の場で話されても、面接官や人事からすると「う〜ん……大変だという気持ちは分かるけど、ぶっちゃけ一緒に働きたいとは思えないなぁ…」と思われて、不採用になってしまうのです。

自分が面接官の立場になって「今の上司が平等に評価をしれくれない、こんなに頑張っているのに!」と話されても、一緒に働きたいとは思わないですよね。それと一緒なのです。

なのでネガティブな退職理由が悪いとか、ダメというわけではなく、しっかり熟考し転職をするだけの理由になるのか、を時間をかけて考えることが何よりも重要なのです。

さて、退職理由に関して、主に共通してチェックされるポイントは以下の4つです。

面接でチェックされる4つのポイント
①客観的に見て妥当性があるか
②他責性が強くないか
③変えられない事なのか、努力をした結果なのか
④自社でも同じ理由で早期離職しないか

4つのポイントについて、以下でそれぞれ詳しく説明していきます。

①客観的に見て妥当性があるか

自分自身の退職理由が第三者から見ても「それなら転職しても仕方ないよね」という理由になっていますか。

例えば、「やりたくない仕事ばかりさせられた」という理由だった場合、それは辞めても仕方ないって思ってもらえないことが多いのです。

それが嫌だと感じたことは事実ですが、第三者から見ると「初めからやりたいことができる仕事なんてない」「その希望を会社に伝えたのか?」「そもそも実力や努力が足りなかったのでは?」と思われてしまうからです。

他にも方法があったのに、それだけで会社を辞めてしまうということは、当事者である本人の気持ちはどうであれ、客観的に妥当だと感じられないということです。

②他責性が強くないか

現状感じている不満について、必要以上に外部環境や他人に責任転嫁をしていないか、ということです。

例えば、「自分は頑張っているのに、チームで成果が上がらないため、自分自身の評価も上がらないから転職したい」というケースの場合。

成果が上がらない原因をチームメンバーの責任にしていますが、もっとチームに対してできることはなかったのか、実は自分にも責任があるのでは?と第三者から見るとそう思われてしまうことがあります。

本当に自分に責任や原因がなかったのか」をしっかりと冷静になって考えることが大事になってきます。

③変えられないことなのか、努力をした結果なのか

前職・現職で感じている不満や問題に対して、何らかの行動をとれば、実はそれらが解消することがあります。そのためにしっかり行動を起こしたのかが、これに当たります。

例えば、「上司に強く不満を感じて辞めたい」と考えている場合、自分が上司に対して感じている不満を伝えた上での転職でしょうか。

不満に思っていたことをまったく伝えておらず、話し合いもせずに早合点をして、自己完結してしまっているパターンは意外と多いです。

必ずではないのですが、話し合いをすれば関係性が改善し、実は辞める必要はなかった、ということは往々にしてよくあることです。

④自社でも同じ理由で早期離職をしないか

実は、退職理由・転職理由入社後の早期離職のリスクを判断する役割も果たしています

「え、それは前職だからで、転職先でも同じ理由で辞めるわけないじゃない」って思ってしまいますが、それは大きな間違いです。

とくに人間関係や仕事環境に関わる内容は、転職先でも同じ問題に直面しやすいのです。同じ問題に直面したとき、自分自身で改善の努力を試みない場合、「また同じ理由で転職するのでは?」という視点で見られる傾向にあります。

その面接官の懸念点を払拭するために、改善しようと取り組んだ姿勢や、前向きな目標・目的を示すようにすると良いでしょう。

つまり、選考や面接の場では、上記のポイントを踏まえつつ、不満を言うのだけではなく、より建設的でポジティブな退職理由を話せるように、事前に自分の考えを整理しておくことが大切です。

【ケース別】退職理由の回答例

面接で退職理由を話すときは、何よりもポジティブに表現することが大切です。

でも、実際はネガティブな理由であることが多いですよね。

残業が多いとか、年収が低いとか、人間関係が悪化したとか。そういったネガティブな内容をポジティブな内容に変えるのって、案外難しいものです。

そこで、どのように変えたら良いのか実際の転職理由を例にしてまとめてみました。

「転職活動が上手くいかないなぁ……と感じている人は、ぜひ参考にしてください!

①上司や職場の人とのソリが合わない。人間関係が悪い

人間関係というのは、とても難しい問題です。そのため、どこの会社にもソリが合わない人は出てきてしまうのです。

学生時代にどうしてもソリが合わない人っていましたよね。人間関係は、会社内外に関わらず、生き続けていれば避けては通れない部分です。

しかし、人間関係は積極的に働きかけることで、変えられる可能性を秘めています。本当に「人間関係のみ」で転職をしたいのでしょうか。転職したことで短期的に問題は解決できたとしても、次の会社では人間関係を良好に進めていける根拠はあるのでしょうか。もし、次の会社でもソリが合わない上司や同僚がいたら、また転職するのでしょうか。

転職することが人間関係に解決する良い方法なのか、冷静になって考えることが大切です。

ただ、パワハラセクハラなど、自分自身に対して物理的・精神的に害悪がある場合は、変に無理をぜず、第三者に相談するようにしましょう。それでも解決しないのなら、転職で環境を変えるのも有効な手立ての1つなので、速やかに行動することをおすすめします。

◆回答例

「前の会社では、個々人の成果や売り上げが重視されており、同僚や先輩などと一緒に仕事をしたり、意思疎通を取ることはほとんどありませんでした。

私自身は周りと連携しながら仕事を進めるのが好きなタイプです。そんな中で働いているうち、チームで一丸となって目標に向かって進み、意見を出し合いながら大きな成果を挙げたいという思いが強くなり、この度退職を決意しました。」

人間関係が悪いということをそのまま伝えず、「前の会社は他の人間と連携を取ることができなかった」と伝えるのが良いでしょう。

人間関係に嫌気が差したという理由は面接で語るのはご法度です。それを「周りと意思疎通を取りながら働きたい」と伝えることで、ポジティブな印象を持ってもらえるようになりますよ。

②社内の教育・研修体制に不満があり、もっと学べる環境に転職したい

面接官からすると、「会社に何か与えられないと動けない受け身の人なのではないか?」とマイナスな印象を与えてしまう可能性があります。

そのため社内の教育・研修体制に不満がある場合も、伝え方を工夫したほうが良いでしょう。

◆回答例

「前の職場の仕事内容自体は気に入っていたのですが、社内の教育と私の仕事に関する考え方との方向性が乖離していると常々感じておりました。

自分でこの仕事関係のセミナーに出向くなどして勉強をし、会社に貢献して成果を挙げたのですが、会社の唱えるやり方と異なるというだけで正当に評価されませんでした。

このままでは成長ができないと思い転職を志したところ、御社の仕事に対する考え方と私の考え方が一致していたように思い、御社を志望いたしました。」

社内の教育に不満がある、教育が不十分だと話すより、方向性が異なると伝えたほうが好印象です。自分なりに努力をしたけど、社内の教育方針と異なるため、どうにもならなかったという流れにすると、面接官が納得しやすい退職・転職理由になります。

そして、そのまま応募先企業を志望した理由にも繋げられるので、面接対策をするときにちょっとラクになるかもしれないですねw

③給与が低く、年収アップを図りたい

お金はないと生活ができないので、給料や年収に対する不満も多い転職理由の1つです。

勤続年数や働きと比べ、転職市場から見てもあまりにも低い人がたまにいますが、そうでないこともよくあります。

給与や年収が低いと感じている場合、何と相対比較して低いと思っているのか、いくらが妥当だと考えているのか、それはなぜなのかを明確にしてみましょう。

実は勤続年数や働きに対して、妥当な報酬であることも少なくありません。また、転職をすることで年収がアップするのは、特例を除き意外と少ないのが現実です。

むしろ転職することで、今以上に年収を下げてしまう可能性もあるため、今一度冷静に考えたほうが良いでしょう。

ちなみに採用企業側からしても、年収を上げたいという転職理由では、採用したいと思えないことが多いのです。給与に不満を感じればまた転職される恐れがあるため、年収アップよりも仕事内容や仕事を通して自分がどうなりたいのかについて、話して欲しいと思っているのです。

◆回答例

「以前の会社は実力主義と表向きは謳っているものの、実際は年功序列でした。

同期よりも大きな成果を挙げることに成功したのですが、給料は成果を挙げていない同期と変わらず。

良い成績を収めても給与に反映されないため、成果をしっかり評価してくれる実力主義の会社に転職しようと考えました。

今後は自身の能力を思う存分発揮して、高い評価を得ることを目指し努力したいと思っております。」

年収が低いと嘆くだけではなく、「自分の努力や成果が正当に評価されない」という点を面接で伝えることが大切です。

年収が低いから不満だったというだけでは、「この人は給与のためだけに働くのか」とマイナスにとらえられてしまいます。仮に、本心ではそうだったとしても、「給与が低いことへの不満」を「自分自身の実績を評価して欲しいという希望」に変換するようにしましょう。

④残業が多く、体力的にキツイ

実際に「残業が多く、体力的にキツイ」と思っていても、内容が漠然としているので、より具体的に説明できるようにしたほうが良いでしょう。

面接官からすると「定時に帰りたい」と考えている意欲の低い人物だと誤解されてしまう可能性があります。

例えば、「前職では毎日終電まで仕事をしていて、もう少し勉強に費やす時間が欲しいので、できれば21時までには帰りたい」など、第三者である面接官にも納得できることが大切です。

◆回答例

「前職の仕事内容や人間関係などには満足していましたが、ほとんど毎日2時間以上の残業があり、自主勉強やスキルアップの時間を確保することができませんでした。

仕事時間外をスキルアップのために充てたいので、残業が無くなるよう仕事を早く終わらせるようにしたところ、上司に追加の仕事を与えられ、結局残業時間は変わらず、やむを得ず退職しました。」

伝えるポイントとしては「残業自体が理由」ではなく「残業が成長の妨げになっていることが理由」とすることです。

残業が多いのは嫌だと言えば「仕事に対する意欲が低い」と判断されかねません。しかし、自分自身の成長を妨げになっていると伝えれば「意欲のある人だな」とポジティブな印象に変えることができます。

⑤他にやりたい仕事がある

他にやりたい仕事がある場合の転職理由ですが、そのまま希望を伝えるのではなく「なぜその仕事をやりたいのか」「自分の経験をどのように活かせるのか」という点にも必ず触れるようにしましょう。

そこまでしっかりと伝えることができれば、面接官への説得力が高まりますよ。

◆回答例

「これまでは自社製品を取り扱う機会がなかったため、開発・設計、製造、販売までを一気通貫で手掛け、よりお客様の声に応えられる環境で仕事に取り組みたいと転職を決意しました。

その中でも、貴社の◯◯という製品の◯◯という点に魅力を感じており、是非自分自身も◯◯の経験を活かして開発に携わりたいと考えております。」

他にやりたい仕事がある」という転職理由の場合、採用企業・面接官側は次の3つの視点を重要視しています。

①やりたいことというのは、どこまで具体的なものなのか?

②やりたいことを主張する前に、社会人としてのやらなければならないことを果たした上での主張なのか?

③やりたいことは現職でできないのか?
社内で掛け合う等の努力をした上で、転職を考えたのか?

上記の3つの視点に基づいて、追加で質問されることも多いので、しっかりと自信を持って受け答えできるように準備しておくと安心です。

⑥今の仕事にやりがいを感じない

なぜ「前職・現職の仕事にやりがいを感じないのか」を明確に言語化しておくことも、転職のミスマッチを防ぐ重要なポイントです。

それと同時に、なるべく前向きな転職理由であることも伝えるように心がけるようにすると良いです。

以下でやりがいに対する、ポジティブな変換例をご紹介しますね。

誰にでもできる仕事にやりがいを感じない → 専門性を高めたい

仕事に飽きた → キャリアチェンジをしたい

残業が多い → 効率的に常に業務が改善できる環境でチャレンジしたい

会社が閉鎖的 → チャレンジ精神が旺盛な会社を希望

⑦業界や会社の将来に不安を感じる

前職・現職の将来性に対する不安を転職理由とするケースも、実はよくあります。

業界の先行きが不透明で、会社の業績が好転しない。将来に対する経済的な不安で転職を決意した」といった転職理由に問題はないのですが、漠然とし過ぎているため、次の内容を追加すると具体性が増して、面接官への印象が良くなります。

◆業績の具体的な状況

どのような分野でどのぐらいの期間、どれぐらい業績が悪いのか。それが、自分にどのように影響したのか。

この4点を付け加えると、現在の状況が面接官に想像してもらいやすくなります。きちんと把握していない場合は、しっかりと調べておくようにしましょう。

◆業績の悪化は自分の努力ではどうしようもないのか

業績が悪いことに対して、実際に何をおこなったのか、実は面接官がとても興味のある疑問点です。

長期的に安定している企業でも、半永久的に安定しているとは限りません。不測の事態で業績が悪化することもあるので、その場合、どのように行動するのかを把握したいと思っています。

実際に行動を起こした場合は、どのようなことをおこなったのかを話せるようにしましょう。

◆自分が理想とするのはどのような状態なのか

上の内容と同じく、主体性を試される疑問点です。理想とする状態を実現するために、自分が何をしたのか、その結果応募先企業で不安が解消されることの説明ができればベストです。

「将来性に不安」といったネガティブな理由は、必ず前向きな内容に置き換えるようにしましょう。このとき大切なのが、自分が何に対して不安を感じていて、なぜ不安に感じるのか、その不安を解決するためにおこなった努力と、解決したときにどうなるのかを一貫性を持って話すようにしましょう。

⑧前の仕事はノルマがキツくて…

ノルマが転職理由の場合、「ノルマが達成できない」「ノルマがキツくて…」「ノルマがない会社に行きたい」はNGな伝え方です。

なぜなら、ノルマがキツくて達成できないというような理由は、問答無用でNGです。「会社の用意したノルマが達成できない無能」と、面接官に判断されてしまいます。

ノルマの有無で会社を選ぶというような伝え方も止めるべきです。営業職など、どうしてもノルマが課せられてしまう職種だと、自分で転職先の幅を狭めてしまうからです。

◆回答例

「前職は非常にノルマが厳しく、数字を追いかけてそれを達成することだけを考える毎日でした。

ただ、それでは顧客一人ひとりと信頼関係を築き長く付き合うことは困難だと常々考えておりました。

もちろん私自身、一人ひとりと信頼関係を築くべく努力をしましたが、その結果これまで達成できていたノルマが達成できず、結局はまた数字を追いかけるだけの日々になってしまいました。

このままではいけないと思い、今度は顧客一人ひとりと長く信頼関係を築き付き合えるよう転職を決意した次第です。」

ノルマがキツイ場合の伝え方ですが、「数字に終われるのではなく、顧客1件1件と長く信頼関係を築けるような仕事がしたい」と言い換えるのが良いでしょう。

要は「この仕事にもっと打ち込みたい」や「顧客を大切にするのがモットー」など、自分の意思とノルマが厳しい会社がミスマッチしているという考え方です。

⑨結婚が理由の場合

結婚が転職の理由であることは、正直に話しても問題がありません

ただ、その際に面接官が考えてしまうのが「また家族の都合で退職するかもしれない」「入社後、すぐに妊娠や出産で辞めてしまうかもしれない」というところです。

この2点だけは、しっかりとフォローしないと面接官を納得させるのは難しいでしょう。

そのためにも「結婚しても仕事を続けたいという意思」「家族の理解があること」「そして何があっても長く働き続けたいという意欲」は、自分の言葉で上手く伝えられれば、面接官の不安も払拭できますよ。

◆回答例

「結婚しても仕事は続けたいと考えており、結婚後家庭も段々と落ち着いてきました。

そのため、前職の経験を活かせる御社を志望しました。

主人もこれには賛成しており、一日も早く職場に慣れ、長く戦力として尽力したいと考えております。」

面接では結婚はしたものの、今は家庭状況が落ち着いていて、家族の賛同も得ていることを必ず伝えるようにしましょう。

その際に、合わせて「これからは自分なりに努力して、会社に貢献していきたい」という旨も話すようにすると、なお良いですね。

⑩介護が理由の場合

親の介護が必要になったため、退職した」という理由自体は、実はNGではありません。

そのため正直に「親の介護が必要になった」と伝えても、面接官の印象を悪くするようなことはないでしょう。

ただ、面接官は「介護が必要という状態が、入社後の仕事に影響を与えないか」という点を心配しています。転職理由を伝える際には、自然とこの点もフォローすると面接官の心配を解消できます。

◆回答例

「父の介護が必要になったのが、退職をしたきっかけです。

父は千葉で一人暮らしをしており、しばらくは仕事を続けながら介護に家に通ったのですが、悩んだ末、父の状態が良くなるまで介護に専念しようと思い、退職しました。

現在父は東京の介護施設におりますので、介護で業務に支障をきたすことはございません。

東京には兄弟や親戚も多数おりますので、何かがあったときには対応してくれると申しております。今後はまた仕事に専念し、一刻も早くブランクを取り戻し、御社に貢献したいと思っております。」

⑪病気が理由の場合

前職・現職の退職理由が病気の場合、隠したりウソをつかずに、正直に話してください。病気療養のため、経歴とブランクが空く場合もありますよね。

応募先の企業がこれまでの経歴とあまり関係がないということも、場合によってはあるかと思います。

この場合ですが、退職理由に「病気」というキーワードが抜けてしまうだけで、面接官が抱く違和感がとても大きくなるのです。

しかし、このときに正直に「病気が理由で辞めた」と伝えることで、空白のブランクについて納得してもらえます。例え、次の仕事が前の仕事と関連が薄くても「以前病気になった仕事は続けにくいだろう」という納得もしてもらえますよね。

そのため、まずは正直に話すことが何よりも大切です。病気の場合、伏せてしまうのは「絶対にNG」です。

◆回答例

「長時間の残業や休日出勤など激務が続き、体調を崩してしまったというのが退職の理由です。

しばらく静養した結果、現在では体調も以前より良い状態まで回復しており、次の会社でも他の社員と変わらず働けると判断したため、再就職に踏み切りました。

御社では、前職の経験を活かし、出来るだけ早くブランクを取り戻して、力を尽くしたいと思っております。」

病名や症状については自分から話さなくても良いのですが、もし面接官から質問を受けた場合には、簡素に伝えるようにしましょう。

その際に、病気は完治しており、今は他の人と変わらずに働くことができることも一緒に話すと、また体調を崩して辞めてしまうかも…という不安を拭うことができます。

「面接が上手くいかない、自信がない人」は転職のプロの力を借りてみよう!


面接では「なぜ転職しようと思ったのですか?」と必ず質問されます。その際に、第三者目線で退職理由・転職理由をきちんと話せるようにする必要があります。

しかし、事前に自分の気持ちを言語化しておかないと、いざ質問されたときにしどろもどろになって、ちゃんと話すことができません。

でも、ぶっちゃけ自分の気持ちを言語化するのって難しいですよね。

自分の退職理由は本当に大丈夫?」「ネガティブな転職理由をどうしてもポジティブに言い換えられない……」なんて不安に思ってしまう人が多いと思います。

そんなときに役立つのが転職エージェントです。転職エージェントは転職のプロなので、思い切って相談してみるのも1つの手です。

面接対策の1つとして、適切な退職理由のアドバイスをしてくれます。ネガティブな退職理由をどうすればポジティブにできるのか、しっかりとアドバイスをしてくれるので、自分1人で悩む必要はありません。

また、転職者の希望に合った求人の提案、履歴書・職務経歴書の添削、模擬面接など、転職の成功率を高めるサービスを無料で提供しているのです!

ただ、転職のサポートをしてくれるキャリアコンサルタントですが、それぞれの経験やスキルもピンキリです。誰に当たるかによって、サポートの質は大きく変わってしまいます。

優秀なキャリアコンサルタントに当たる可能性を高めるためには、1社だけではなく複数の転職エージェントに登録することを強くおすすめします

転職を成功させたいのなら、定番の大手転職エージェントの中から2〜3社特化型の転職エージェントから1社程度、登録してみましょう。

まずは登録して、直接キャリアコンサルタントに会ってみて、実際にサポートを受けてみてください。その中から自分と相性が合う転職エージェントと一緒に、転職活動を進めていったほうが転職を成功させる近道です。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

まずはここに登録すべし!定番エージェント!

大手エージェントの中でも、特に20代・若手に強みをもつエージェントです。

マイナビエージェント

特徴
【メリット】

  1. 大手の転職エージェント
  2. 若手向けサービスマイナビジョブ20’s”を展開。第二新卒の方の転職活動も手厚くサポート
  3. 20代の若手層で未経験業界や職種へのチャレンジ可能な求人を多数保有
  4. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが求人マッチングや絞り込んだ提案を行ってくれます

【デメリット】

  1. 大手なのでキャリアアドバイザーの数が多いために、質にばらつきがでる可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. 20代で転職を考えている方
  2. 異業界・異職種へのキャリアチェンジを希望している方

紹介実績、求人数共に業界No1!転職者の8割が利用している転職エージェント。

リクルートエージェント

特徴
【メリット】

  1. 国内最多の求人数を保有
  2. 転職者の8割以上が登録
  3. 幅広い業界・職種の求人を網羅的に閲覧・紹介してもらえます

【デメリット】

  1. 求人数が多い一方で、転職者の登録数も多いため、1人1人に手厚いサービスが期待できない可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. 「大量の求人を一旦閲覧したい、紹介してもらいたい」という方
  2. 業界最大手の転職エージェントの標準的・平均値的なサービスレベルを最初に知っておきたい方

リクルートエージェントと並ぶ、業界最大手のエージェント。コンサルタントが厳選した求人を紹介してくれます。

doda

特徴
【メリット】

  1. 国内第2位の求人数を保有
  2. 面接・書類作成といった、転職へのサポートが手厚い
  3. マッチングにこだわっており、キャリアアドバイザーが求人を絞り込んで提案してくれます

【デメリット】

  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーによってバラつく可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. 「多くの求人を網羅的に閲覧したいが、自分に合った求人をプロ視点で一定は絞り込んで提案してほしい」といったニーズをお持ちの方

 

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

type 女性の転職エージェント

特徴
【メリット】

  1. 女性のアドバイザーが担当
  2. 女性にオススメの求人を多数保有している
  3. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  4. 女性の転職に10年以上のノウハウ

【デメリット】

  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!

  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

 

フリーター・第二新卒・既卒の転職に特化した転職エージェント

ジェイック

特徴
【メリット】

  1. 転職市場で評価されづらい転職者層(既卒者・派遣・フリーター・転職歴が極端に多い方、明確なスキルや経験を持っていない方)の転職を手厚くサポート
  2. ジェイックの自社オリジナルビジネス研修を無料で受けられ、転職者を育成した上で求人企業を紹介するので、転職を成功させやすいです
  3. 未経験の職種に対しても積極的に挑戦できます
  4. 既卒(大卒後、正社員の就業経験がない派遣・フリーター)の転職決定率が通常の2倍

【デメリット】

  1. ビジネス研修を受講する事は、一定の時間や手間暇がかかるので、転職者側にとってもそれ相応の覚悟やコミットが求められます。

こんな人がおすすめ!

  1. ご自分のキャリア経験値や転職市場価値に自信のない方
  2. 特にキャリアのない未経験者で、まずは営業・販売関連の仕事からキャリア形成を開始していく事も検討している方

大手転職エージェント(リクルートエージェント、doda、マイナビエージェント)の3社に登録して、面談してみた際に各社のキャリアアドバイザーから転職市場価値的にサポートが難しいというフィードバックや温度感を感じた場合は、ジェイックにも追加登録することをオススメします!

 

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

ビズリーチ

特徴
【メリット】

  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる

【デメリット】

  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!

  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

JACリクルートメント

特徴
【メリット】

  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)

【デメリット】

  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!

  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

 

エンジニアやクリエイターの転職に強いエージェント

マイナビIT
特徴
【メリット】

  1. 業界大手のマイナビが運営しているので、IT・Web業界の大手・中小・ベンチャー企業の求人が豊富
  2. IT業界・Web業界に精通したキャリアアドバイザーが担当

【デメリット】

  1. 大手でキャリアアドバイザーの人数が多いために、一定、質にバラつきは出る可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. エンジニア・クリエイターとして転職を希望している方
  2. 将来的にどの技術や言語が伸びるか、自分のキャリアについてアドバイザーに相談したいという方

特徴
【メリット】

  1. レバテックキャリアだけの非公開求人や独自情報によって、転職者に合った企業をマッチング
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 専門用語はもちろん最新技術の話が通じるキャリアアドバイザー

【デメリット】

  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

エンジニアやクリエイターの転職に特化したエージェントは正直多くありません。
エンジニアやクリエイターとして転職したいという方は、レバテックキャリア・マイナビITの両方に登録しておく事をオススメします。