転職面接で失敗しないマナーの基本は?入室時から退室まで徹底解説

    転職での面接だと「新卒と転職ではマナーに違いってあるの?」「新卒と違って転職の面接はどこを見られているの?」という疑問を抱えている人が多いですよね。

    今回は、マナーに不安がある人向けに「マナーで不採用になることはあるのか」「面接官に与えてしまうマイナスポイント」「新卒と転職面接での服装マナーの違い」など、転職のプロである筆者が徹底的に解説していきます。

この記事を書いた人
末永 雄大
アクシス代表取締役社長。リクルートキャリアで様々な企業の採用支援を経験、MVP6回受賞。転職エージェントや有料転職相談サービス「マジキャリ」など複数サービスを展開。Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」

転職面接のマナー次第で不採用になることもある

転職における面接ですが、マナー次第では不採用になってしまうこともあります。

マナーぐらいでお見送りになるなんて大げさなって思う人もいますが、ぶっちゃけると「面接は最初の5分でほとんど決まる」と言われています。

最初の5分でマナーや人間性、会社・チームとの相性を面接官は確認しており、マナーは重要な要素なのですよね。

面接中のマナーに関しては新卒でも中途でも変わりはないのですが、大きな違いは面接官が人物を見るポイントです。

新卒は、まだ社会経験がないので多少マナーがなっていなくても、やる気や元気があれば許されることが多いです。

しかし中途採用者は、1度は社会人を経験しているので「マナーは出来ていて当然」として面接がスタートします。

また、転職者には新卒を対象としたビジネスマナーの研修はありません。このことから企業の中途採用では、ビジネスマナーやスキルを身につけた「即戦力になる人材」を求めているのです。

こんなマナー違反はマイナスな印象を与える

面接官に対して一生懸命に志望動機などを話しても、見た目の良し悪しで判断されてしまうことも残念ながらあります。

面接官にマイナスな印象を与えてしまう項目は、以下の4つがあります。

受ける会社の情報を調べていない

受ける会社の下調べをせず、何の情報もないまま面接に行くと、会社に対して非常に失礼です。

面接の間で、会社の業績や状況に触れることができれば「この人は本気度が高いな」と面接官に良い印象を与えやすいです。

一方で、そういった状況を下調べしないままだと「うちの会社には興味がないんだ」と思われてしまい、印象が悪くなってしまいます。

企業研究について詳しく知りたい人は、以下の記事も読んでみてください。

関連記事【保存版】企業研究のやり方を転職のプロが分かりやすく解説!

間違えて自分の名刺を渡してしまう

面接の際に面接官から名刺をもらうことがありますが、自分の名刺を渡す必要はありません。

退職予定の名刺を渡してしまうと、かえって失礼に当たるので、間違えて渡さないようにしましょう。

面接で名刺を渡された際の対処法について、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事転職面接で名刺交換は不要?マナーや対処法をプロが解説!

業界に合った服装をしていない

業界によっては、基本的な服装マナーだと「社風に合わない」と思われてしまうことがあります。基本的には会社の雰囲気に合った服装であれば、印象が良くなるだけで、マイナスの評価にはならないので心配する必要はありません。

少しでも印象を良くしたいのなら、会社の雰囲気に合う服装を準備すると良いです。以下では、金融・広告・IT・人材派遣を例に、業界に合った服装をまとめました。

金融業界
  • 基本よりもかなり堅め
営業職
  • 基本の服装マナー
広告業界
  • 基本よりも少しラフ
人材派遣業界
  • オフィスカジュアル
IT業界
  • オフィスカジュアルまたは私服

いくつかの業界の例をあげましたが、会社によって服装マナーは様々なので、必ずしも上で挙げた例の通りの服装マナーという訳ではありません。

しかし、オフィスカジュアルが基本の職場なのに、かっちりとしたスーツ姿で面接に行くと相手に堅い印象を与えてしまう可能性があります。

オフィスカジュアルや私服が基本の職場では、柔軟性のある発想を求められていることが多いです。そんな中、かっちりとしたスーツ姿で面接を受けると、ただでさえ緊張しているのに第一印象でさらに堅い印象を与えてしまうことになるかもしれません。

とはいえ、会社の服装マナーはネットで調べてもわからないものですよね。調べる方法として、事前に会社に行ってみて会社から出てくる人の服装を見る方法があります。

どんな人が働いているのか、なんとなくですが雰囲気も掴めると思うので、気晴らしがてら立ち寄ってみるのも良いかもしれませんね。

基本的な服装のマナーについては、以下の記事で詳しく解説しています。こちらも合わせて読んでみてください。

関連記事転職面接で迷う服装|男女別に印象が良くなる選び方をご紹介!
関連記事転職面接ではスーツが基本!印象が良くなる着こなしをプロが伝授!

転職理由をしっかりと言えない

退職・転職理由は、本当のことを言うべきなのかどうか悩む部分ではあります。あまり良い理由じゃないと、面接で失敗してしまうのではないかと考えてしまいますよね。

しかし、ウソをついてしまうと、本音で話していないから判断できない、とお見送りになってしまうことが多いです。

面接官をしっかりと納得させられて、退職・転職理由を上手く伝えるコツに関しては、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事転職理由を面接で上手く伝えるコツを解説!答え方の例文付き
関連記事面接での退職理由の上手い伝え方!刺さる回答例を転職のプロが解説!

復習しておきたい入室〜退室までのマナー

新卒の就職活動で1度は経験している面接ではありますが、改めて面接の際の入室〜退室までのマナーをしっかり復習しましょう。

次で入室から退室までの流れに沿って、押さえるべきマナーのポイントを紹介しますので、不安な人は確認してみてくださいね。

入室時のマナー

まずは、部屋に入ってから着席するまでの流れです。

  1. ドアを3回ノックをする
  2. 「どうぞ」という声が聞こえたら入室
  3. 声がかからない場合は再度ノック
  4. ドアを開け、面接官と目を合わせ「失礼します」と挨拶
  5. 右開きなら右手、左開きなら左手で体が正面を向くようにドアを開ける
  6. 面接官に背面を見せないよう、斜めの立ち位置で静かにドアを閉める
  7. 椅子の横に姿勢良く立ち「お掛けください」と言われたら一礼をして静かに着席

ドアを開けて「失礼します」と挨拶をして入室したときは、挨拶後の一礼を忘れないようにしましょう。面接時の標準的なお辞儀の角度は30度とされています。

着席したとき、カバンは足元に置くようにしましょう。カバンが自立しない場合は、椅子の足に立てかけます。

コートはカバンの上か、背もたれへかけるようにすると良いです。企業によって、席の横にもう1つ席を置いてくれる場合があります。その際は、そこにカバンや他の荷物を置くことも可能です。

面接官より先に面接室に案内された場合

入口近くの下座にあたる場所で立ったまま、面接官を待ちましょう。


「お掛けになってお待ちください」と言われた場合、同じく下座にあたる席に座って待ちましょう。


座って待っている間に面接官が入室したら、入室と同時に立ち上がって挨拶をします。

入室前に控え室がある場合

控え室に入ったら、なるべく音を立てずに指定された席に座り、持参した資料を見ながら面接をシミュレーションしておきましょう。


社内で会う人すべてが、今後自分の身の回りで関わる可能性のある人たちです。可能な限り丁寧な対応を心掛け、控え室でも気を緩めないようにしましょう。


会社の敷地内から、面接は始まっていることを意識してください。

面接中のマナー

面接中は、自分が発言できる1番のアピールポイントです。そのアピールポイントを十分に活かせるように、以下の項目に気をつけるようにしてみてください。

  • 名刺を受け取ったら名前を言う
  • 相手の目を見て丁寧に落ち着いて話す
  • 発言するときは語尾まではっきり言う
  • 回答は簡潔に述べる
  • 解答例の丸暗記はしない
  • 逆質問の用意をしておく

質問されたときの回答は1〜2分以内に簡潔にまとめましょう。だらだらと答えても、面接官の頭には内容が入っていきません。

面接でよく質問されることを想定質問集としてまとめてみました。どのようなことが質問されるのか、事前に対策をしたい人は下記の記事も参考にしてください。

関連記事転職面接でよく聞かれる質問集!成功率を上げる対策法を徹底解説

逆質問は、自分の熱意をアピールできる場なので必ず用意しておきましょう。質問を用意しておらず「大丈夫です」で済ませてしまうのはNGです。

「質問がない=会社に対する興味や入社に対する熱意がない」と評価されてしまいます。

次に逆質問の例を用意してみました。自分が働く前に知りたいことをリストアップすると、逆質問を見つけやすいですよ。

逆質問の例

  • 御社で成果をあげている方とそうでない方の違いを教えてください。
  • 事業の展開について○○とHPに記載がありましたが、実際に○○の方向性になっているのでしょうか?
  • 改めて、具体的な仕事の流れと、その中で高い成果を上げるポイントやコツは何でしょうか?

どんなことを逆質問したら良いのか、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事転職面接の逆質問例&NG例を解説!見られるポイントもご紹介します

退室時のマナー

最後は、面接終了〜退室までの流れです。

もうすぐ終わりだと思って、気を抜いてしまう人は案外多いです。会社を出るまでが面接だと思って、最後まで気を引き締めるようにしましょう。

  1. 面接終了の合図でお礼を述べ、椅子に座ったまま一礼
  2. 椅子の横で立ち上がり「失礼致します」と言い、深く一礼
  3. ドア付近まで歩き、面接官の方を振り返りもう1度深く一礼
  4. 一礼が済んだら、ドアを静かに開ける
  5. ドアを閉める際は下を向かないように面接官の目を見る
  6. 面接官に背面を見せないよう、斜めの立ち位置で静かにドアを閉め、退室する

何度か一礼をする場面が出てきますが、一礼の角度は30〜40度くらいにしましょう。

表情は自然な笑顔を意識するようにしましょう。面接官に開放感を感じさせるような、不自然な笑顔や声の大きさは不要です。

転職の場合、入社後にビジネスマナーの研修などを行う必要のない存在であることを見越して採用活動をしています。ビジネスマンとしての基本的な所作ができると、人事の方も安心して採用に迎えるでしょう。

コートの着用について

脱いだコートは、面接官が見えなくなってから着用するようにしましょう。


会社によっては面接官が外まで見送りに出る場合があったり、会社の構造によっては、自分の姿が帰り際まで見られていることもあります。


敷地内を出るまでは、表情や歩き方にも注意しましょう。念のため、会社敷地内でのタバコや会社周辺での飲食も避けるようにしましょう。

お礼メールは送った方が良い?

必ず送らないといけないという訳ではありませんが、送ってもマイナスな印象になることはありませんお礼メールを送らなかったからといって、マナーがなっていないという印象にはなりません。

お礼メールを送る際は、面接終了後の当日に送りましょう。

転職面接のメールのやりとりや例文について詳しく知りたい人は、こちらの記事もぜひご覧ください!

関連記事転職面接でお礼メールは送るべき?合否への影響も解説!【例文付き】
関連記事転職面接の日程調整メールの書き方・返信マナー【ケース別例文あり】

髪型は第一印象を大きく左右する!?

転職の面接では、第一印象が大事です。その第一印象が服装だけではなく髪型でも決まる、と言われていますので、しっかりしておきたいものです。

面接官に好印象を与えるためには、どのような髪型にすると良いのか、女性の場合、男性の場合と分けてご紹介していきます!

女性の場合

短い髪の女性は、綺麗に整えるのが良いです。綺麗に整えようとして、ワックスなどをたくさんつけすぎないように、注意しましょう。

髪が長い女性は、前髪は横に流す、または上にあげるのが良いです。なぜなら、眉毛が見えた方が意思や表情が伝わりやすいからなんです。

きちんと相手の顔が見えると、面接官も安心感があります。

ただ、髪質や長さによって難しい方もいますよね。その場合は、おろしたままでも良いんですが、目にかかると暗い印象を与えてしまうため、注意しましょう。

髪の毛が長い方は、ハーフアップ、ポニーテールでまとめるのがベストですよ。お辞儀した際に顔にかからず、手で戻す必要もない髪型にしましょう。

髪色について

正直、髪色の明るさがどこまで許容されるのか、判断が難しいです。

はっきりわからない部分だからこそ、1度ダークな色に染め直すのが無難ですね。転職面接時には黒髪にして臨むのが良いかもしれません。

入社後に周囲の様子を観察しながら、髪色を好きなように変えていくのが良いです。先輩などに髪色を質問してみるのも良いと思いますよ。

男性の場合

髪の長さは短いほうが爽やかな印象が与えられて良いです。また、眉毛が見えるとすっきりした印象にもなります。

前髪が伸びている男性、または全体的に髪の毛が長い男性などは、顔がはっきり見えるように髪を適度に切りましょう。きちんと顔が見える方が、面接官の印象も良くなりますよ。

髪色について

女性と同じく、髪色がどこまで許容されているのかはっきりしていません。ですので、ダークな色に染め直すのが良いでしょう。


こちらも女性と同様、1度黒髪にしてしまったほうが良いかもしれませんね。


入社後に周囲にいる人を見て好きな色にするのも良いですし、女性の部分でご紹介した通り、周囲の先輩に質問してみるのもアリですよ。

事前に転職面接のマナーをチェックしたいのなら!

転職活動での面接はすごく不安……きっと新卒の就活とは勝手が違うのだろうな……って思っている人の強い味方になってくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントでは面接対策を行ってくれるので、どうすれば転職面接を成功させられるか、どうすれば印象が良く見られるか、マナー面のアドバイスもしっかりしてくれます。

その他にも、履歴書・職務経歴書の添削、スケジュール管理など、転職に関わるあらゆるサポートをしてくれるのでとても便利です!

しかし、転職エージェントはキャリアアドバイザーによってサポートの質が変わってくるので、まずは大手2〜3社特化型1社に登録し、実際に面談に足を運んでみましょう。その後、登録した各社を比較検討し、その中で自分と相性の良い転職エージェントと一緒に転職を進めて行くのがおすすめです。

以下でおすすめの転職エージェントをいくつかご紹介します。転職を成功させるためにも、ぜひ気になる転職エージェントに複数登録してみましょう!

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

ウズキャリに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数(未経験の人は対応不可)
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENTに
相談する

転職面接で役に立つおすすめの関連記事

転職面接でマナーが不安な人におすすめの関連記事をまとめてみました。

履歴書・職務経歴書の書き方が不安な人、面接対策が不安な人など、ぜひ気になることがあれば読んでみてください。

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント