転職面接で失敗しない基本のマナー!入室から服装まで徹底解説!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

転職での面接だと「新卒と転職ではマナーに違いってあるの?」「新卒と違って転職の面接はどこを見られているの?」という疑問を抱えている人が多いですよね。この記事に辿り着いたアナタも、そんな疑問を抱えた1人ですよね。

また、前職と業界・職種ををガラリと変える場合、どういった服装で面接を受ければ良いのかわからないという悩みを抱えた人も多いと思います。

そこで今回は、中途面接を受ける人や転職を考えているけれど新卒とマナーの違いがわからないという人に「転職面接で面接官が見るポイント」「面接官に与えてしまうマイナスポイント」「復習しておきたい面接マナー」「新卒と転職面接での服装マナーの違い」など、転職のプロである筆者が徹底的に解説していきます。

転職での面接マナーに関するポイントをあますことなく紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

転職でのマナーは出来ていて当然!

面接のマナーに関しては新卒も中途も変わりはないですが、大きな違いは面接官が人物を見るポイントです。

新卒は、まだ社会経験がないので多少マナーがなっていなくても、やる気や元気があれば許されることが多いです。

しかし転職者は、1度は社会人を経験しているので「マナーは出来ていて当然」として面接がスタートします。

また、転職者には新卒を対象としたビジネスマナーの研修はありません。このことから企業の中途採用では、ビジネスマナーやスキルを身につけた「即戦力になる人材」を求めているのです。

こんなマナーはマイナスな印象を与えてしまう

人の印象は、第一印象でほとんど決まってしまうと言われています。

「メラビアンの法則」というアメリカで提唱された概念によると、話し手が聞き手に与える影響を実験した結果、100%中55%が視覚(見た目)で人を判断したことがわかりました。

面接官に対して一生懸命に志望動機などを話しても、見た目の良し悪しで判断されてしまうことも残念ながらあります。

面接官にマイナスな印象を与えてしまう項目は、以下の4つがあります。

  • 受ける会社の情報を調べていない
  • 間違えて自分の名刺を渡してしまう
  • 業界に合った服装をしていない
  • 転職理由をしっかりと言えない

受ける会社の下調べをせず、何の情報もないまま面接に行くと、会社に対して非常に失礼です。

面接の間で、会社の業績や状況に触れることができれば「この人は本気度が高いな」と面接官に良い印象を与えやすいです

一方で、そういった状況を下調べしないままだと「うちの会社には興味がないんだ」と思われてしまい、印象が悪くなってしまいます。

また、面接の際に面接官から名刺をもらうことがありますが、自分の名刺を渡す必要はありません。退職予定の名刺を渡してしまうと、かえって失礼に当たるので、間違えて渡さないようにしましょう。

業界に合った服装については、下の「服装のマナー」の項目で詳しく解説しますね。

退職・転職理由は、本当のことを言うべきなのかどうか悩む部分ではあります。あまり良い理由じゃないと、面接で失敗してしまうのではないかと考えてしまいますよね。

面接官をしっかりと納得させられて、退職・転職理由を上手く伝えるコツに関しては、以下の記事を参考にしてみてください。

【プロ直伝】面接で有利になる転職理由の伝え方【回答例付】

2018.11.28

復習しておきたい入室〜退室までのマナー

新卒の就職活動で1度は経験している面接ではありますが、改めて面接の際の入室〜退室までのマナーをしっかり復習しましょう。

次で入室から退室までの流れに沿って、押さえるべきマナーのポイントを紹介しますので、不安な人は確認してみてくださいね。

入室時のマナー

まずは、部屋に入ってから着席するまでの流れです。

  1. ドアを3回ノックをする
  2. 「どうぞ」という声が聞こえたら入室
  3. 声がかからない場合は再度ノック
  4. ドアを開け、面接官と目を合わせ「失礼します」と挨拶
  5. 右開きなら右手、左開きなら左手で体が正面を向くようにドアを開ける
  6. 面接官に背面を見せないよう、斜めの立ち位置で静かにドアを閉める
  7. 椅子の横に姿勢良く立ち「お掛けください」と言われたら一礼をして静かに着席

ドアを開けて「失礼します」と挨拶をして入室したときは、挨拶後の一礼を忘れないようにしましょう。面接時の標準的なお辞儀の角度は30度とされています。

着席したとき、カバンは足元に置くようにしましょう。カバンが自立しない場合は、椅子の足に立てかけます。

コートはカバンの上か、背もたれへかけるようにしましょう。企業によって、席の横にもう1つ席を置いてくれる場合があります。その際は、そこにカバンや他の荷物を置くことも可能です。

面接官より先に面接室に案内された場合
入口近くの下座にあたる場所で立ったまま、面接官を待ちましょう。

「お掛けになってお待ちください」と言われた場合、同じく下座にあたる席に座って待ちましょう。

座って待っている間に面接官が入室したら、入室と同時に立ち上がって挨拶をします。

入室前に控え室がある場合
控え室に入ったら、なるべく音を立てずに指定された席に座り、持参した資料を見ながら面接をシミュレーションしておきましょう。

社内で会う人全てが、今後自分の身の回りで関わる可能性のある人たちです。可能な限り丁寧な対応を心掛け、控え室でも気を緩めないようにしましょう。

会社の敷地内から、面接は始まっていることを意識してください。

面接中のマナー

面接中は、自分が発言できる1番のアピールポイントです。そのアピールポイントを十分に活かせるように、以下の項目に気をつけるようにしてみてください。

  • 名刺を受け取ったら名前を言う
  • 相手の目を見て丁寧に落ち着いて話す
  • 発言するときは語尾まではっきり言う
  • 回答は簡潔に述べる
  • 解答例の丸暗記はしない
  • 逆質問の用意をしておく

質問されたときの回答は1〜2分以内に簡潔にまとめましょう。だらだらと答えても、面接官の頭には内容が入っていきません。

逆質問は、自分の熱意をアピールできる場なので必ず用意しておきましょう。質問を用意しておらず「大丈夫です」で済ませてしまうのはNGです。

「質問がない=会社に対する興味や入社に対する熱意がない」と評価されてしまいます。

次に逆質問の例を用意してみました。自分が働く前に知りたいことをリストアップすると、逆質問を見つけやすいですよ。

逆質問の例

  • 御社で成果をあげている方とそうでない方の違いを教えてください。
  • 事業の展開について○○とHPに記載がありましたが、実際に○○の方向性になっているのでしょうか?
  • 改めて、具体的な仕事の流れと、その中で高い成果を上げるポイントやコツは何でしょうか?

退室時のマナー

最後は、面接終了〜退室までの流れです。

もうすぐ終わりだと思って、気を抜いてしまう人は案外多いです。会社を出るまでが面接だと思って、最後まで気を引き締めるようにすると良いです。

  1. 面接終了の合図でお礼を述べ、椅子に座ったまま一礼
  2. 椅子の横で立ち上がり「失礼致します」と言い、深く一礼
  3. ドア付近まで歩き、面接官の方を振り返りもう1度深く一礼
  4. 一礼が済んだら、ドアを静かに開ける
  5. ドアを閉める際は下を向かないように面接官の目を見る
  6. 面接官に背面を見せないよう、斜めの立ち位置で静かにドアを閉め、退室する

何度か一礼をする場面が出てきますが、一礼の角度は30〜40度くらいにしましょう。

表情は自然な笑顔を意識するようにしましょう。面接官に開放感を感じさせるような、不自然な笑顔や声の大きさは不要です。

転職の場合、入社後にビジネスマナーの研修などを行う必要のない存在であることを見越して採用活動をしています。ビジネスマンとしての基本的な所作ができると、人事の方も安心して採用に迎えるでしょう。

コートの着用について
脱いだコートは、面接官が見えなくなってから着用するようにしましょう。

会社によっては面接官が外まで見送りに出る場合があったり、会社の構造によっては、自分の姿が帰り際まで見られていることもあります。

敷地内を出るまでは、表情や歩き方にも注意しましょう。念のため、会社敷地内でのタバコや会社周辺での飲食も避けるようにしましょう。

家に帰るまで、油断は禁物です。

お礼メールは送った方が良い?

必ず送らないといけないという訳ではありませんが、送ってもマイナスな印象になることはありません

お礼メールを送らなかったからといって、マナーがなっていないという印象にはなりません。

お礼メールを送る際は、面接終了後の当日に送りましょう。

下にある、お礼メールの例文を参考にしてみてください。ただ、あくまで参考にするだけにして、実際にお礼メールを送る際は自分の言葉で考えて送ってみましょう。

【件名】●月●日採用面接のお礼 ○○○○(自分の名前)

株式会社■■■■■
人事部 人事課 ●●様

いつもお世話になっております。
本日面接をして頂きました、○○○○(自分の名前)と申します。
大変お忙しい中、貴重なお時間を割いて面接をしていただき、誠にありがとうございました。

本日の面接で、開発のお話や今後のビジョンを伺い、社員の皆さまのチームワークの良さに大変感銘を受け、ますます貴社で仕事をしたいという気持ちが強くなりました。

私は過去に□□開発に携わっておりましたので、この経験を生かし貴社に貢献できればと強く願っております。

末筆ながら、面接のお礼を申し上げますとともに、貴社ますますのご発展と社員皆さまのお祈りいたします。

(署名)名前、メールアドレス、電話番号

服装のマナー

服装は、面接官の印象を大きく左右します。清潔感があり、応募する会社の業界や社風、自分の体型にあったものを着るようにしましょう。

以下、男性・女性・業界別に注意点を書いておきます。

男性の基本的な服装マナー

男性の基本的な服装マナーについて詳しく説明します。

  • スーツのズボンの折り目が付いている
  • スーツやYシャツににシワがない
  • Yシャツは白、下に着る肌着も白が良い
  • シンプルでスーツの色に合わせたネクタイを着用する
  • ダークカラーで地肌が見えない長さの靴下を着用する

スーツのボタンの数は、業界を問わず特に関係ありません。

クールビズ期間であっても、ネクタイは着用するようにしましょう。

ネクタイのデザインによって、自分を落ち着いて見せたいのか、行動的に見せたいのかなど、印象がガラッと変わります。相手に与える印象を考えて、色やデザインを決めましょう。

女性の基本的な服装マナー

女性の基本的な服装マナーについて詳しく説明します。

  • スカート丈は座ったときヒザにかかるくらいの長さ
  • スーツのシワやスリットのほつれがない
  • パンツスーツの場合はパンツの折り目が付いている

清潔感があることはもちろんですが、女性の場合は髪型やスーツのスタイルなど、男性よりも選択の幅が広いです。

どんな色のスーツが良いのか?インナーはどういうものを着れば良いか?パンツスーツとスカートスーツどちらが良いのか?

女性は男性ほど形が決まっていないので、どういった服装をして、どこまで自分らしさを出せばいいのか迷いますよね。

服装だけでなく、メイクや髪型にも悩んでいる女性向けの記事もあります。本当にどうしたら良いのかわからない!!って女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

女性必見!転職の面接の服装は何を着て行けばいいの?

2018.10.26

業界別の服装マナー

業界によっては、基本的な服装マナーだと「社風に合わない」と思われてしまうことがあります。基本的には会社の雰囲気に合った服装であれば、印象が良くなるだけで、マイナスの評価にはならないので心配する必要はありませんよ。少しでも印象を良くしたいのなら、会社の雰囲気に合う服装を準備すると良いです。

以下では、金融・広告・IT・人材派遣を例に、服装のマナーをまとめました。

業界・業種 服装マナー
金融業界 基本よりもかなり堅め
営業職 基本の服装マナー
広告業界 基本よりも少しラフ
人材派遣
業界
オフィスカジュアル
IT業界 オフィスカジュアルまたは私服

金融業界やホテル業界は、お客様に威圧的な印象を与えないようにするため黒や濃紺のスーツを着用するなど、かなり堅めの服装になります。

営業職や事務職は、上で説明したような基本の服装マナーで問題ありません。

広告業界や人材派遣業界は、基本よりも少しカジュアルな服装の方が社風に合っています。ノーカラージャケットに白シャツなど、ラフな格好で構いません。女性の場合は、フレアスカートなどの着用も可能です。

IT業界は私服でも良いことが多いのですが、面接だということを忘れずジャケットを着用し、デニムを避けた方が無難です。女性の場合も、オフィスカジュアルな格好の方が良いでしょう。

ただ、会社によって服装マナーは様々なので、必ずしも上で挙げた例の通りの服装マナーという訳ではありません。

しかし、オフィスカジュアルが基本の職場なのに、かっちりとしたスーツ姿で面接に行くと相手に堅い印象を与えてしまう可能性があります。

オフィスカジュアルや私服が基本の職場では、柔軟性のある発想を求められていることが多いです。

そんな中、かっちりとしたスーツ姿で面接を受けると、ただでさえ緊張しているのに第一印象でさらに堅い印象を与えてしまうことになるかもしれません。

とはいえ、会社の服装マナーはネットで調べてもわからないものですよね。調べる方法として、事前に会社に行ってみて会社から出てくる人の服装を見る方法があります。

社員はどんな人がいるかということも、なんとなくではありますが雰囲気を掴めるかもしれませんね。

当日の持ち物チェックリスト

受ける会社によって持ち物は様々ですが、以下では必要最低限な持ち物を記載しておきます。余裕をもって前日までに準備をするようにしましょう。

準備ができたらチェックを入れて、忘れ物のないように注意してくださいね。

持ち物 チェックマーク
履歴書
職務経歴書
会社ホームページ
のコピー
メモ帳・筆記用具
印鑑
携帯電話
ハンカチ・ティッシュ
折り畳み傘
ストッキングの予備
(女性)

事前に転職面接のマナーをチェックしたいのなら!

転職活動での面接はすごく不安……きっと新卒の就活とは勝手が違うのだろうな……って思っている人の強い味方になってくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントでは面接対策を行ってくれるので、どうすれば転職面接を成功させられるか、どうすれば印象が良く見られるか、マナー面のアドバイスもしっかりしてくれます

その他にも、履歴書・職務経歴書の添削、スケジュール管理など、転職に関わるあらゆるサポートをしてくれるのでとても便利です!

しかし、転職エージェントはキャリアアドバイザーによってサポートの質が変わってくるので、まずは大手2〜3社特化型1社に登録し、実際に面談に足を運んでみましょう。その後、登録した各社を比較検討し、その中で自分と相性の良い転職エージェントと一緒に転職を進めて行くのがおすすめです。

以下でおすすめの転職エージェントをいくつかご紹介します。転職を成功させるためにも、ぜひ気になる転職エージェントに複数登録してみましょう!

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判を元社員が大暴露!【利用者の口コミ付】

2019.01.25

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

リクルートエージェントに並ぶ、国内最大級の転職エージェント!
多くの求人の中から、キャリアアドバイザーが厳選して求人を紹介するスタイル!
「自分に合ったオススメの求人だけを紹介して欲しい」という方はdodaへの登録がオススメ!

特徴
【メリット】
  1. リクルートと並ぶ豊富な求人数。他のエージェントでは取り扱いのない求人を多数紹介
  2. 面接対策などのサポートが手厚く、転職に自信のない方でも安心
  3. アドバイザーの提案力が高く、求人を一定数紹介するリクルートに比べ、キャリアアドバイザーが求人を厳選して提案
【デメリット】
  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーごとにバラつきがあり、的外れの提案をされることも

こんな人がおすすめ!
  1. 大量の求人に目を通すのは大変で、求人をプロに絞り込んでもらいたい方
  2. 他の大手エージェントを利用したけど、自分に合わなかった方

dodaの評判って?利用すべき?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.02.20

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミから分かる利用すべき人  

2018.10.15

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18