2019.08.14

転職面接で役立つ!好印象なお礼メールの書き方!返信マナーも伝授!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

転職活動をしていると、応募先企業とのやりとりをすることが多くなりますよね。電話よりもメールでのやりとりが多くなると思いますが、どのような文章にするべきか調べながら、メールを送っている方もいるのではないでしょうか?

その中でも、特に判断に困ってしまうのは、「お礼メール」ですよね。「送った方がいいのかな?」「別に送らなくてもいいのかな?」なんて考えて、結局送らずそのまま…という方もいるかもしれません。

また、「送るとしたらどのタイミングがいいのか?」というところも気になりますよね。

今回は、そんな悩みを抱える方に向けて、「面接のお礼メールは必ず送るべき?」「【例文つき】お礼メールの書き方」「印象良くするお礼メールのコツ」など。気になることについて、ご紹介していきます。

面接のお礼メールは必ず送るべき?

面接のお礼メールは、ケースバイケースです。送りたい方は送っても良いですし、送らなくても問題ありません。お礼メールを送らなかったからといって、あなたの印象が悪くなることはありません。

なぜなら、お礼メールを送っても、選考が有利に働くことはないからなんです。

面接をして頂いて、どうしても感謝の気持ちを伝えたい!という方は、お礼メールを送っても良いでしょう。

ただし、応募者が多い企業の場合は、面接後にお礼メールを送っても、読んでもらえない可能性があります。

お礼メールを送ることで採用結果が関わることもある

基本的に合否には関係してきません。

ですが、稀に採用結果に関わるケースもあります。例えば、複数の応募者に同じような条件が揃っていて、どちらを採用するか決めかねている場合です。

他にも、お礼メールを送ることで採用担当者の印象に残り、好感度が上がる場合もあります。

ただ、必ずしも採用に影響するというわけではありませんし、1番重要なのは「面接」です。面接できちんとアピールできることはしっかりしましょう。

◆先に企業からメールがきた場合は?

自分からお礼メールを送る前に、企業から先にメールが来る場合もあります。

面接後に企業側から連絡が来る場合は、採用・不採用の連絡、次回の面接日程の調整、選考に関する内容であることがほとんどです。

その際には、別でお礼メールを送ることはせず、返信メールの冒頭でお礼を伝えるのが良いでしょう。その後に続けて、企業からの問い合わせ内容に対する返答を記載するのがベストです。

大事なのは、企業からメールが来た時には、できるだけ迅速に対応することです。

◆企業からお礼メールの返信が来た場合は?

お礼メールを送った後に、企業から返信をもらった場合は、内容をしっかりと把握し、返信に対するお礼を簡潔にまとめ、迅速に返信するようにしましょう。 その理由は、採否に影響する可能性があるためです。

メールの文面に質問事項などがあれば、きちんと回答することも忘れないようにしてくださいね。

お礼メールを送る目的とは?

お礼メールを送る目的は、「感謝」の気持ちを伝えることです。

忙しい中、面接の時間を割いてもらったことに対するお礼は、とても大切なことです。もし、あなたが採用担当者だったとして、お礼メールが送られてきたら嬉しく思うのではないでしょうか?

たとえ、選考が有利に働かなくとも、「丁寧な人だな」「しっかりした人だな」という印象は与えられます。

また、お礼メールを送ることで、応募企業へ入りたいという熱意のアピールにもなります。なぜなら、「わざわざメールをくれるなんて、この人は当社への志望度が高い」と感じてもらえるからです。

特に、応募先が中小企業やベンチャー企業だった場合、熱意を尊重していることもあります。

【例文つき】お礼メールの書き方

お礼メールを作成する際、どんなことを書いたら良いか迷ってしまうものだと思います。迷い悩んでいる方は、下記のお礼メールの例文を参考にしてみてください。

お礼メール文例

件名:一次面接のお礼【自分の名前】

株式会社▲▲
管理本部 人事部採用課
課長 ●● ●●様

いつもお世話になっております。
本日面接をして頂きました●●(自分の名前)と申します。
本日はお忙しい中、面接の機会を頂きまして誠にありがとうございました。


短い時間ではございましたが、●●様のお話を伺う中で、貴社のサービスの高い質や社員満足度、活躍するために必要なスキルについて理解でき、一層志望意欲が高まりました。


以前より貴社を第一志望としておりましたが、本日の面接を通して、貴社で仕事をしたいという気持ちがますます強くなりました。


取り急ぎ、面接のお礼を申し上げたく、メールさせて頂きました。
末筆ながら貴社のますますのご発展とご多幸をお祈り申し上げます。

(署名)
自分の名前
メールアドレス
電話番号

お礼メールを送る際は、短くシンプルなものにしましょう。担当者も面接以外の業務をおこなっている可能性が高いですし、大量のメールを受信している可能性もあります。

そのため、件名もシンプルにわかりやすくするのが良いです。一目でお礼のメールであるのがわかるようにしましょう。

純粋に面接に対するお礼を伝えるのはもちろんのこと、自分の印象付けを行うために、面接時にも伝えた企業への思いを文章に盛り込むのも◎

お礼メールを送る際に守るべき決まり事

お礼メールを送る際に、「フリーメールでいいの?」「どのタイミングで送ったらいいの?」など。きちんと知っておかないと、やっぱり不安ですよね。

結論から言うと、パソコンから送るのが望ましいです。

「フリーメールは絶対にダメなの?」と思う方もいるでしょう。フリーメールでも大丈夫ですが、スマートフォンは画面が小さいため、改行するとバランスが崩れてしまい、読みにくく相手にストレスを与えてしまいます。

また、お礼メールを送るタイミングですが、面接当日になるべく早く送るのが望ましいです。なぜなら、面接の合否判断は面接翌日、早い企業では面接当日に合否の結果を出すことがあるからなんです。

当日に送るのが難しいということであれば、翌日の午前中には送るようにしましょう。

ここで注意しておきたいのは、企業先の営業時間内に送ることです。営業時間以外に送ってしまうのは、基本的にマナー違反となります。

もう1つ気をつけたいのが、止むを得ずスマートフォンからお礼メールを送る場合です。

メールを初期設定のままにしている場合、メール文章の下部に「iPhoneから送信」と表示されてしまいます。この部分を忘れずにしっかり消すようにしましょう。

印象を良くするお礼メールのコツ

メールで良い印象を与えることができるなら、是非とも知っておきたい部分ですよね。

印象を良くするお礼メールのコツは5つあります。その5つのコツは下記の通りです。

  1. 件名は分かりやすく内容は短くシンプルにする
  2. 企業への想いを盛り込む
  3. 和やかな雰囲気の面接でもお礼は丁寧にする
  4. 絵文字などは使わずパソコンで作成する
  5. 面接時に言えなかったからといって、自己PRを書かない

上記5つのコツについて、さらに詳しく解説していきたいと思います。

件名は分かりやすく内容は短くシンプルにする

お礼メールは、できるだけ短くシンプルな形にするのがベストです。採用担当者の方でも業務をおこなっていますし、業務上メールでの連絡も取っているはずです。

だからこそ、わかりやすい件名をつけて送るのが望ましいと言えます。

件名や本文を長くしてしまうと、何が言いたいのが、何を伝えたいのかわからず、ストレスを感じさせてしまいます。

件名は「面接のお礼 自分の名前」にすること、これが何よりも大事です。メールを開かずとも、一目でお礼メールだと相手にわかってもらえるようにしましょう。

企業への想いを盛り込む

お礼メールは、面接をしてもらったことへのお礼だけではなく、企業への想いを盛り込むものです。

面接時に伝えたことを文章に盛り込みつつ、企業に対する志望度も伝えると、なお効果的だと言えますね。

お礼だけが書かれているお礼メールも悪くはありませんが、再度企業への想いが書かれてある方が、どんな応募者だったのか思い出してもらえます。

稀に企業によっては、面接での評価にメールでの印象がプラスされるケースもあります。 ただ、あまりにも過剰にアピールするのは避けましょう!

和やかな雰囲気の面接でもお礼は丁寧にする

面接の空気感はその企業により、大きく変わってきます。緊張感が漂う面接の場合もあれば、面接官がとてもフランクな方で、和やかな空気感で面接がおこなわれる場合もあります。

ここで気をつけたいのは、どんなに和やかな雰囲気で面接がおこなわれたとしても、そのテンションでお礼メールを送ってはいけない、という点です。

お礼メールは丁寧に作成し、「〜でした。笑」とか「もし採用して頂けたらしっかりと頑張ります!」など、軽い印象を受ける内容にしないこと。これは完全にマナー違反にあたります。

絵文字などは使わずパソコンで作成する

これは当然と言えば当然ですが、絵文字や顔文字などは決して文中に入れてはいけません。

どんなに面接が和やかな雰囲気だった、または相手が気さくな方だったとしても、お礼メールではけじめをつけましょう。

終始丁寧な言葉遣いを心がけながら、面接のお礼と企業への想い・志望度をしっかり伝えましょう。

面接時に言えなかったからといって、自己PRを書かない

緊張してしまって自己PRで伝えたことを伝えられなかった、伝え忘れてしまった、という経験をした方もいると思います。面接は誰でも緊張してしまうものですから、無理もありません。

しかし、だからと言ってお礼メールに自己PRを書くのは良くありません。なぜなら、「どうして面接時に言わなかったのだろう」と逆に企業側からの印象が悪くなってしまうためです。

ただ、面接で答えられなかったことに対して軽く補足する、というのはOKです。その際は、面接のお礼とうまく合わせて伝えるのがベストですよ。

複数回面接がある場合はどうしたら良いか

一次面接、二次面接、最終面接など複数回面接を受けるとなった場合、お礼メールは最終面接後に送るのがベストだと言えます。

毎度毎度お礼メールを送ってしまうのは、相手側にとっても負担になってしまいます。特に面接で伝え損ねたことがないようでしたら、一次面接・二次面接の後にお礼メールを送る必要はありません。

最終面接後に、時間を割いてもらったお礼と面接を通して、入社意欲が高まったことを伝えるメールを送るだけで十分です。

「どうしても面接後にメールを送りたい」という方は、その面接ごとに感謝の気持ちと感じたことを、手短に書くのが良いでしょう。

新たな転職をお考えの方へ

たかがメール、されどメール。

たとえ面接が順調だとしても、たった1通で採用に大きな影響を与えてしまう恐れがあるのが、「お礼メール」の恐ろしいところです。

転職エージェントを利用すれば、転職エージェントがあなたの代わりに企業の採用担当と連絡をとってくれるこの面倒で不安なやり取りをしなくて済むようになります。

もし、あなたが転職を検討していて、まだエージェントを利用したことがないなら、ぜひ一度相談してみましょう。

メールの返答だけでなく、履歴書や職務経歴書の添削、日程調整、さらには面接対策まで、転職に関わるあらゆる作業をサポートしてくれます。

以下で、おすすめの転職エージェントを紹介します。

まず前提として、知っておいてほしい事として「転職エージェントによって、得意な領域や業界が異なる」「担当コンサルタントは基本的に選べないため、馬が合わなかったり、納得のいくサポートを得られない可能性もある」といったリスクが想定されるので、転職エージェントには2〜3社同時登録して、比較検討してみることをオススメします。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

未経験OKの若手向け求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 首都圏のIT/Web系企業への転職に強み
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

その他に転職で役立つおすすめの関連記事

今回は転職で面接をした後に、お礼メールを送るべきかどうかご紹介しました。

その他、志望動機の考え方や自己紹介の仕方、よくある質問など。転職で役立つオススメの関連記事をご紹介します。

ぜひ、転職する際の参考にしてみてくださいね!

【プロ直伝】転職面接で面接官に響く志望動機の考え方!【回答例付】
転職で面接官の心をがっちり掴む自己紹介の話し方【例文つき】
転職面接でよく聞かれる質問集!成功率を上げる対策法を徹底解説
転職理由を面接で上手く伝える方法!面接官にハマる回答例付き!
面接での退職理由の上手い伝え方!刺さる回答例を転職のプロが解説!
転職面接で失敗しない基本のマナー!入室から服装まで徹底解説!

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。