【転職のプロが伝授】転職活動においての最強自己分析術

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

「自己分析」というキーワードは聞いたことはあるものの、本当に役に立つのか?どうやっておこなったら良いのか?疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。

実は自己分析は、転職の失敗を防ぐために非常に重要なものなのです。具体的にどのように役立つのか、今回の記事を通じてご紹介していきたいと思います。

そもそも転職活動における自己分析とは?

学生時代の就職活動で自己分析を行ったという方も多いかもしれませんが、ここで今一度、そもそも自己分析とは何かというところから振り返りましょう。

自己分析とは一般的に、下記の目的のために行うものです。

  • 自分自身のキャリアを棚卸し、転職目的を明確にする
  • これまでの取り組みを整理することで、自分の強みを言語化する
  • 特に強みを発揮したエピソードを整理する
  • これまでに培ってきた知識、技術等を認識し、どのように今後活かして行きたいかを明確にする

主にこのようなポイントが挙げられるでしょう。

学生時代との最大の違いは実務経験上の内容のウエイトが非常に重くなるという点です。

転職の面接では実務上活かせる経験を問われますので、「具体的に仕事で培った能力や経験をどのように次の仕事で活かしたいのか」という観点から、自己分析で見出したポイントを伝えるために考えを整理する必要があります。

この点を意識して、転職先に訴求できるアピールポイントを見出すことに加えて、自分自身も納得出来る転職活動にできるように準備を進めましょう。

なぜ自己分析が転職活動において必要なのか

「自己分析って本当に必要?」と思う方も中にはいるかもしれませんが、転職活動をスムーズに進めるためにも、スタート時点でやって確実にやっておきたいです

自己分析を行うことで、具体的に経験が言語化され、それを転職活動に活かすことが可能となります。

転職理由を相手(面接官)に伝えるため

まず経験が言語化されることで明確になるのが、転職理由です。これまでの仕事への取り組みを振り返ることで、「なぜ転職に至ったのか」、「転職を機にどのような変化が必要なのか」などのポイントを改めて整理することができます。

これを明確にしておかないと、転職理由を相手に伝えることができません。そうすると、相手はあなたのことを理解することができず、転職面接に悪影響を及ぼします。

転職理由を自分で納得するため

人は元来自分自身のことはわかりません。人から相談されたことには流暢に答えられても、いざ自分のことになると答えられないケースはありませんか?

それは、決してあなたが悪いわけではなく、認知のフレームによって自分自身が見えなくなっているのです。

なので、転職する理由を自分自身で納得していないと、色々な場面で言葉に詰まらせてしまう可能性があります。

転職活動、自己分析のやり方は?

さてこれからがメイントピックです。ぜひしっかりとご確認頂ければと存じます。
自己分析には段階があります。そのプロセスをしっかりと踏むことで、正しい自己分析が可能となります。

今回は、私末永自身が弊社で実践している方法をご紹介いたします

1.自分のキャリアの棚卸しをする

まずはキャリアの棚卸しです。これまでの仕事内容や自己アピールできるような特技をアウトプットすることで、情報を整理します。

キャリアの棚卸しは、キャリアに自信があるかどうかによって戦略を変える必要があります。
具体的に見ていきましょう。

【自分のキャリアに自信がある場合】

自分のキャリアに自信がある場合には以下4つを洗い出して見ましょう。

  1. 職歴
    • どんな職種を経験したか
    • その職種の業務は?
    • 業務で直面した課題とその解決方法は?
    • 最も印象に残った仕事は?
    • 仕事の中で最も嬉しかったこと、喜びは?
  2. スキル
    • 仕事を通して得たスキルは?
    • スキルによって会社やチームにどんな学びを与えられる?
    • スキル向上の上で参考にした書籍は?
    • そのスキルによって会社やチームを助けた経験は?
  3. 経験
    • 仕事を通じてどんな人と関わって、どのようなコミュニケーションを取ってきたか
    • 仕事場はどんな場所だったか(海外や地方、あるいはオフィスの雰囲気など)
    • 仕事やコミュニケーションにおける喜びや悲しみがあったか
    • 仕事やコミュニケーションを通して、何を学んだのか
  4. 実績
    • 仕事でどんな実績をあげたか
    • その実績をあげるために工夫したことは?
    • その実績をあげる上での喜びや辛かったことは?
    • その実績をあげる上で最も苦しい困難、そしてそれを乗り越えた経験があるか

【自分のキャリアに自信がない場合】

自分のキャリアに自信がない場合には、以下の4つを洗い出して見ましょう。

  1. 知識
    • 自分が人よりも詳しい知識があるか(仕事ではなく、プライベートでも)
    • どのように知識をインプットしているのか(検索エンジンや書籍など)
  2. 能力
    • 他の人よりも秀でた能力があるか
    • 1度でも人から褒められるような能力があったか
  3. 経験
    • 自分が直面した課題があったか。それをどう乗り越えたのか
    • 人がしていないようなユニークな経験があるか
    • あなたが感じた人生で最も最高の喜びは?
  4. 人間性
    • リーダーとしてチームをまとめたことがあるか
    • 人から人間性の部分で褒められたことがあるか
    • 今までどんな努力をしてきたのか。そしてそれは努力によって実ったのか

2.自分の強みや弱みを言語化する

さて、キャリアの棚卸しは終わりましたでしょうか。

基本的にキャリアの棚卸しは起こった事実や事象に基づいております。
そこで、この事実や自称を参考に、自分の強みや弱みを言語化しましょう。

言語化するにあたって、必要な知識を下にまとめましたので、参考にしてみましょう。

【他人に関わる力】

親しみやすさ / 気配り・ホスピタリティ / チャーム(可愛がられる要素) / 素直さ / 誠実さ / 真面目さ / 約束を守る / 協調性・チームワーク力 / 指導・育成力 / 働きかける力(巻き込み力) / わかりやすく伝える力 / 傾聴力 / プレゼンテーション力 / 理解力 / 調整・交渉力

【自分に関わる力】

決められたことをやり抜く力 / 忍耐力 / 継続力 / 粘り強さ / 実行力 / 活動意欲 / 集中力 / ストレス耐性 / 主体性(自分で考え行動できる力) / 挑戦心・チャレンジ精神 / 改善・成長意欲 / 前向き志向 / 学ぶ姿勢 / 度胸・本番に強い / 感情をコントロールする力 / タフさ(精神力) / 使命感・責任感 / 目標指向性・達成意欲 / パッション(情熱) / 探究心 / どんな仕事でも面白みを見つける好奇心 / 変化対応力・柔軟性

【課題に対する力】

論理的思考力 / 物事の本質を突き止める力 / 課題発見力 / 企画力 / 計画力 / 想像力 / 提案力 / 分析力 / 広い視点で捉える力 / 正確性 / スピード / PCスキル / 文章作成力 / 計算能力

参考:リクナビネクスト

【弊社澤田が勧める転職活動ツール:ストレングスファインダー】

初めまして。アクシス株式会社でCA(キャリアアドバイザー)をしています。澤田です。

今回転職活動において、自己分析に悩んでいる人がいると聞いてぜひおすすめしたいツールがあります。
(※実際に弊社でキャリアアドバイスをする際にもおすすめをしています。

それが、ストレングスファインダーというツールです。このツールは、自分の強みを探すのにとても有効なので、ぜひ一度目を通してみてください。

3.具体的なエピソードを言語化する

さて、キャリアの棚卸し、自身の強みや弱みを言語化できたところで、次におこなうのは、具体的なエピソードの言語化です。

具体的なエピソードは相手(面接官)に納得感を与えることができます
むしろ、具体的なエピソードは面接において必須であり、必ず言語化しましょう。

ここで注意しなければならないポイントがあります。

具体的なエピソードは斬新である必要はありません
普通の体験で結構ですので、背伸びしてはいけません。

ここで、弊社にキャリア相談をしにきてくれた候補者さまの例を一つ取り上げます。

『私は以前のWeb会社でマネージャー職を勤めておりました。実績としましては、毎月115%成長を達成し続けることができ、予算をショートすることなく仕事に励むことができました。仕事を通して感じた私の強みは、「相手への思いやりをチームに根付かせる力」です。1つエピソードをご紹介します。私のチームでは、”難しい言葉は使わない”というルールがありました。難しい言葉は汎用性が高い場合が多いですが、チーム内で1人でもその言葉を理解できないと意味がありません。それは思いやりの欠如に当たります。それが積み重なっていくとどこかに歪みが出ます。思いやりの欠如を防ぐことでチームとして成熟し、実績をあげることができたと思っております。』

4.転職の軸を探す

最後に転職の軸(アクシス)を探しましょう。実は、軸=アクシスというのは弊社の会社名でもあります。
弊社では転職の軸を探すことが最も重要なことであると思っております。

→弊社アクシスへのご相談はこちらからどうぞ!

転職をお考えの方へ 私末永の体験を伝えたい

この記事にたどり着いた方の中には、「自己分析をより効果的に進めたい」と思われてる方がいるのではないでしょうか?

結論から言うと、自己分析を効果的に行うことによって転職を成功させるためは、転職エージェントの利用が強力な武器となります

私自身、リクルートエージェントの時代からキャリアアドバイザーとして転職に携わらせて頂いてますが、相談に来る候補者様のほとんどが「自分がやりたいことがわからない」といった漠然とした悩みを抱えています。

これでは、転職面接に受かるのは厳しいと言わざるを得ないでしょう。

少しでも転職成功の確率を上げるために、ぜひ転職エージェントに相談してみましょう。
(転職エージェントへの相談は無料です。)

あなたにピッタリの転職エージェントを15秒で診断します

性別を教えてください♪

年齢を教えてください♪

希望年収を教えてください♪

希望職種を教えてください♪

Loading...

あなたに
ピッタリの転職エージェント

1見つかりました
(エージェントは複数登録をおすすめしています)

リクルートエージェント

あなたにオススメな理由

向けの転職に最大の強みを持つ

リクルートエージェントへの
登録はこちら

リクルートエージェントの特徴

1.国内最多の求人数を保有
2.20代で未経験業界や職種へのチャレンジ可能な求人を多数保有

こんな人にオススメ

幅広い業界・職種の求人を網羅的に紹介して欲しい

リクルートエージェントへの
登録はこちら

マイナビエージェント

あなたにオススメな理由

向け最大の求人数

マイナビエージェントへの
登録はこちら

マイナビエージェントの特徴

1.若手向けサービスマイナビジョブ20’sを展開
2.営業系転職への強み

こんな人にオススメ

20代で未経験業界・職種にチャレンジしたい人

マイナビエージェントへの
登録はこちら

doda

あなたにオススメな理由

幅広い年代や職種に対応できる
10万件以上の求人数

dodaへの
登録はこちら

dodaの特徴

1.面接・書類作成などの転職サポートが手厚い
2.マッチングへのこだわり。
キャリアアドバイザーが求人を絞ってくれる

こんな人にオススメ

自分に合った求人をプロの視点で提案して欲しい

dodaへの
登録はこちら

ジェイック

あなたにオススメな理由

フリーター・既卒・大学中退向け最大の求人数
年収円向け最大の求人数

ジェイックへの
登録はこちら

ジェイックの特徴

1.既卒者・派遣・フリーターの転職を手厚くサポート
2.未経験業界・職種への転職サポートが手厚い

こんな人にオススメ

自分のキャリアや転職市場価値に自信がない

ジェイックへの
登録はこちら

JACリクルートメント

あなたにオススメな理由

ハイクラスの転職に特化したエージェント
年収円向け最大の求人数

JACリクルートメントへの
登録はこちら

JACリクルートメントの特徴

1.年収600万円以上の転職サポートに特化
2.30代以上の転職サポートにも強い
3.企業側・転職者側の担当が同一人物

こんな人にオススメ

年収600万円以上を目指す20代後半から30代以上の方

JACリクルートメントへの
登録はこちら

ビズリーチ

あなたにオススメな理由

会員制転職サイト
ハイクラス求人は数が少ないので、網羅するため転職サイトも一緒に利用するのがオススメです!

ビズリーチへの
登録はこちら

ビズリーチの特徴

1.年収600万円以上のハイクラス転職サポートに特化
2.行きたい企業から逆オファーが届く

こんな人にオススメ

年収600万円以上のハイクラス転職を目指す方

ビズリーチへの
登録はこちら

マイナビIT

あなたにオススメな理由

向けの転職に特化したエージェント

マイナビITへの
登録はこちら

マイナビITの特徴

1.IT・WEBに特化した国内最大規模の転職エージェント
2.IT業界を専門とするキャリアアドバイザーが担当

こんな人にオススメ

エンジニアやWebデザイナーとしてキャリアアップを目指す方

マイナビITへの
登録はこちら

レバテック

あなたにオススメな理由

年収円向けIT業界最大の求人数

レバテックへの
登録はこちら

レバテックの特徴

1.エンジニアやWebデザイナーに特化した国内最大規模の転職エージェント
2.エンジニア・Webデザイナーの非公開求人を多数保有

こんな人にオススメ

エンジニアやWebデザイナーとして相談ベースで転職を目指す方

レバテックへの
登録はこちら

Type女性の転職エージェント

あなたにオススメな理由

女性に特化した転職エージェント

Type女性の転職エージェントへの
登録はこちら

Type女性の転職エージェントの特徴

1.女性のキャリアアドバイザーが転職をサポート
2.女性の転職に特化した国内最大規模の転職エージェント

こんな人にオススメ

女性ならではの悩みを相談しながら転職を目指す方

Type女性の転職エージェントへの
登録はこちら


自己分析をする上での注意点

また、自己分析を行う上で注意しておくべきポイントもあるので、ここでご紹介しておきましょう。

良い経験だけでなく、苦戦した経験なども整理しておく

まず挙げられるのはこのポイントです。表面的に良いと感じられる経験だけに焦点を絞って自己分析を行ってしまうケースは少なくありません。しかし、苦戦した経験や失敗した経験もしっかりと振り返りをしましょう。

そうすることで、実はそのような場面で発揮していた強みを再発見できたり、一方で弱みもしっかりと認識をすることが可能となります。

業務経験から考え、学生時代と同レベルの強みに止まらない

特に20代前半で転職活動を行う場合、学生時代の自己分析を覚えているという方もいるかもしれませんが、企業側から期待される強みが大きく違ってくることを理解しておく必要があります。

転職の場合、あくまで求められるのは実務経験です。また、若手のポテンシャル採用の転職であっても、一般的には仕事上で発揮した強みを伝えることが必要です。

「なぜ今転職?」に答えられるキャリアプランも明確に

また、転職活動を進める上で「なぜ転職しようと思ったのですか?」「転職で何を実現したいのですか?」というような、今の転職の必要性について問われることも少なくありません。

自己分析を行うなかで、今後のキャリアプランも同時に整理をし、「今転職することで、●●という経験を積み、▲年後に■■に取り組みたい」というように未来軸も語れる状態にしておけるとベストです。

転職の自己分析ができないという際は?

自己分析がなかなか捗らないという場合には、まずはキッカケ作りとして下記のようなポイントを考えてみるのがお勧めです。

《自己分析を進めるキッカケにできる内容とは?》

  • 自分が好きだと感じたり、やりがいを感じたりする業務内容とその理由について考えてみる
  • 社内評価や、上司や同僚から受ける評価をキッカケに、どのような点が自分の強みなのかを考えてみる

このように「1つの内容から徐々に深堀して自分の強みや考えを明らかにする」という方法は取りかかりやすい方法の1つです。

企業によってアピールポイントは変わってくるので、これでキッカケが掴めたら、他の方法でより自分のキャリア全体にわたる分析をすることをお勧めします。

また、自分だけの考えでは不安という場合には転職エージェントの利用もお勧めです。転職エージェントでは面談を通じてあなたのこれまでの経験や実績から、強みとしてアピールできそうなポイントを客観的にフィードバックしてくれます。

自分だけでは判断が難しい企業側の視点を踏まえてのアドバイスを受けられるので、未経験職種へ挑戦したい場合や業界を超えての転職などの場合にも有効です。

転職の自己分析のオススメのツールや本

また、自分で書き出して整理したり、転職エージェントを利用する以外にもツールや本などを利用する方法があります。

(1)転職サイトなどにある自己分析ツール

まず挙げられるのは、転職サイト上などにある自己分析ツールです。どのような強みがあるのかを可視化できることに加え、応募企業側にその診断結果をお知らせできる機能が備わっている場合もあり、客観的な評価としても活用が可能です。

(2)ストレングスファインダーを活用する

自己分析に関する書籍としてビジネスパーソンの中ではよく知られている『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす』に含まれているアクセスコードを利用して診断できる、「ストレングスファインダー」の活用もお勧めです。

Web上で177個の質問に回答し、34のタイプから自分の資質上位5つを教えてくれるというもので、自分の強みや特徴を言語化することに役立ちます。

このようなツールを用いて自分の強みを言語化し、そこから具体的なエピソードを掘り起こすことで、自分で考えるだけでは気がつかない点も見いだすことができるかもしれません。

〈まとめ〉

いかがでしたか?転職活動のための自己分析は何からスタートしたら良いかわからないという方も少なくありませんが、方法は今回ご紹介したように色々とあります。

企業が求める経験や強みに対してどのようにアピールすれば良いのかを考える上では必ず行っておくべきことですので、まずは自分の取り組みやすい内容で試してみるところからスタートすると良いでしょう。

また自己分析には、転職理由や志望動機の整理、自己PRに活かせる強みの発見など、さまざまなメリットがあります。裏を返せば、きちんと行わないままでは転職の方向性が定まらないなどのリスクもあるので、転職活動を本格スタートさせる前に一度立ち止まって取り組んでみてください。

転職でお悩みの方へ

転職活動は、自分 一人でも進めることも可能ではありますが、長い目で見た時にキャリア形成を考えると第三者の客観視されることが非常に重要です。

そのためいくつか弊社以外の大手転職エージェントを数社紹介します。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの方は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメです。

特徴
【メリット】
  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有
【デメリット】
  1. 関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

こんな人がおすすめ!
  1. メーカーエンジニアの経験を生かして、ものづくりの業界での転職を検討している方