20代で転職を検討されている方へ

かんたん60秒!無料の相談申し込みはこちら

2019.09.25

転職では自己分析が決め手!面接で活かすコツを伝授!

書籍やサイトに載っているフォーマットに沿って自己分析をしたとしても、それだけでは転職は成功しません。
効率的で成功確率の高い自己分析の方法と実際に転職サポートで使っているノウハウを大公開します!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

転職における自己分析の重要性

自己分析は転職活動の肝であると言っても過言ではないほど、かなり重要です。

どんな仕事がしたいのかわからない、どんな仕事が向いているのかわからないまま、なんとなく仕事を探してしまうと職場選びのミスマッチにつながります。

また、面接でも自分のことや志望動機を上手く伝えられず、お見送りされてしまう可能性が高くなります。

そうならないためにも、自己分析は必ずおこなっておくことをおすすめします。

就活の自己分析と転職の自己分析の違い

就活の自己分析と転職の自己分析の違いは、「職歴があるかどうか」です。転職の自己分析は、前職を選んだ理由や、どういう向き合い方をしているのかまとめます。

どう振り返って分析しているのか、この部分がとても重要になります。「なぜ前職を選んだのか?」「なぜ前職を辞めたのか?」「なぜこの会社に応募したのか?」この3つをきちんと答えられるようにすることが大事です。

面接では基本的に、現場のマネージャーが面接官になることが多いです。そうすると、現場の目線で「本当にこの仕事をやり抜けるのか?」という目線でもジャッジされます。

就活の自己分析では、就業経験がないため学生時代の経験を整理し、抽象的な強みを棚卸しします。なので、就活レベルの自己分析だと、転職ではまず内定をもらえません。

[無料]転職者の8割は自己分析のやり方を間違っています。面接で失敗する前に、ぜひ一度弊社にご相談ください。

転職の自己分析で多く人が陥りがちな罠

まずはじめに、転職の自己分析について様々な書籍やサイトで紹介されているフォーマットを活用しても、ほとんど上手くいきません。

なぜなら、多くの書籍やサイトには、「自分ってどういう人間なの?」という自分探しの自己分析なってしまっているケースが非常に多いためです。

書籍やサイトに書いてある、「幼少期の体験」「自分の好きなこと」「好きな映画」というような内容までやる自己分析は、ハッキリ言って時間の無駄です。

自己分析の目的は内定を獲得することであり、自分らしさを発見するためのものではありません。
自己分析は面接官の質問に的確に回答して、内定を獲得するために必要な項目について徹底的に準備・対策をするべきなのです。

具体的にどのような自己分析をおこなえば良いのかについては、以下から詳しく解説していきます。

弊社がおすすめする最強の自己分析のやり方

ここからは、実際に10年以上筆者が転職サポートで使っているフレームワークをご紹介したいと思います。

弊社の転職サポートでは、以下のような「想定質問集」といわれるメソッドを利用して自己分析と面接対策を実施しています。

実際にこれを使ってこれまで1000人以上の方が内定を獲得しています。単なるフォーマットではなく、効率よく内定を獲得する最短ルートの自己分析ができるように考え込まれた内容になっています。

想定質問集A

  1. 今回なぜ転職活動を開始されようと思ったのですか?
  2. なぜ現職(離職の方は前職)を選ばれたのでしょうか?
  3. 転職先を選ぶ上で、どういった観点・方向性で企業・仕事を探しているのですか?
  4. 転職先の選定要件を3点あげるとしたら、それはなんですか?

想定質問集B

  1. 仕事を通じてやりがいや楽しさを感じる瞬間はどんな時ですか?
  2. 仕事を通じて、ご自身が大事にしていることは、どんなことでしょうか?
  3. ご自身が仕事の中で、得意と感じること、うまく進められること、苦もなく取り組めること、集中して取り組めることは、どんなことでしょうか?

上記質問集は全体の1部ですが、このように一見ベーシックな質問を投げていく感じです。

基本的に、面接で良く聞かれる質問をまとめ、それに答えていくというものになります。この想定質問集をやっておくと、自然と自己分析ができてしまうという仕組みです。

「これでは自己分析にならないのでは?」と思うかもしれませんが、先ほども申し上げたように、自己分析は自分探しをするものではありません。

要点を切り取って自己分析をする事で効率をあげられるので、想定質問集に答えて自己分析することが、もっとも効率的です。

想定質問集の活用のしかた

まず、想定質問集Aは「自分がなぜそう考えるのか」の理由を考え、出した回答に対して最低3回は「なんで」を繰り返すのがコツです。

想定質問集Bに対しては箇条書きで良いので、なるべく細かく書き出しましょう、例えば「お客様に喜ばれる時」のような答えはNGで、「お客様に自分の工夫したプレゼンが刺さった時」というように、具体的に答えるイメージです。

とはいえ、実はこれだけで自己分析は完結しません。自分で用意した回答を、面接官の視点からフィードバックを受けたり、壁打ちをすることで本当の効果を発揮します。

実はこの想定質問集は、壁打ちすることを前提にして「みなさんが転職面接や自己分析でつまずきやすいポイント」をいくつか用意しています。壁打ちの過程で「ハッ」と気づきを得られる仕掛けになっているのです。

想定質問集を使った自己分析や面接対策に興味がある、転職を検討していて、この自己分析を実際に受けてみたい!という方はぜひお気軽に弊社へご相談ください!

年収350万から700万以上を目指す20代のための転職エージェント

弊社は、会社に依存せず、自分の実力や専門スキルでキャリアを築いていける人材のキャリア支援を提唱しています。
転職者のキャリア形成や自己実現を応援する上で、たとえ短期的にはしゃがんだとしても、その後にきちんとリターンを獲得できるキャリアプランを提案いたします。

企業ではなく徹底的に個人を向いたキャリアエージェント

ポイント

  1. 20代で年収350万から700万に届く最短ステップを伝授!
  2. 転職支援を通じて企業に依存しない自立した人材を目指す方の挑戦を長期に渡ってサポートします!
  3. 丁寧なカウンセリングと厳選された求人による、大手には出来ない圧倒的な内定獲得数を実現!

【無料】転職サポート申し込み

自己分析をする上での注意点

自己分析をする上での注意点を解説します。主に、以下の3点には注意してください。

上記の3つについて、次でさらに詳しく解説していきたいと思います!

苦戦した経験も整理しておく

表面的に良いと感じられる経験だけに焦点を絞って整理するのではなく、苦戦した経験や失敗した経験もしっかり振り返りましょう。

そうすることでその場面で発揮していた強みを再発見できますし、その一方で弱みもしっかり認識できるためです。

失敗したことなど、あまり思い出したくないな…と思う気持ちもよくわかるのですが、新たな発見のために思い出してみてください。

学生時代と同レベルの強みに止まらない

業務経験から考えて、学生時代と同レベルの強みに止まらないようにしましょう。なぜなら、企業側から期待される強みが20代前半とは大きく異なるからです。

転職の場合、求められるのは実務経験です。若手のポテンシャル採用の転職であっても、一般的には仕事上で発揮した強みを伝えることが必要になります。

キャリアプランを明確にする

キャリアプランを明確にするのも重要です。それは、転職活動を進める上で「なぜ転職しようと思ったのですか?」「転職で何を実現したいのですか?」という質問がされるからです。

自己分析をおこなう中で、今後のキャリアプランも同時に整理して「今転職をすることで●●という経験を積み、●年後に●●に取り組みたい」というように、未来軸を語れるようにしておくのがベストですね。

転職のキャリアプランについては以下の記事でも解説しているので合わせてご覧ください!

キャリアプランを持っていない転職は厳しい!知る方法を伝授します!

自己分析の結果を面接に活かすコツ

自己分析の結果がわかったら、面接に活かしたいですよね。活かし方は2つあります。それは「仕事選びに活用」「自己PR・志望動機で活用」です。

次で詳しく解説していきますね!

仕事選びに活用

自己分析をすることで、「なぜ前職を辞めてしまったのか」という原因が明確になります。そのため「次はどういう会社を選ぶべきなのか」という転職軸がハッキリします。

転職軸がしっかりするので、「こんなはずじゃなかった…」というミスマッチが減りますよ。

自己PR・志望動機で活用

前職を辞めた理由や原因、課題が自己分析によって明確になっているため、自己PR・志望動機では自分の軸を証明できるファクト(事実)に活用しましょう。

例えば、前職を辞めた理由が「仕事を通して成長したかったのにできなかった」こととします。この時、ただ「御社が成長市場だから転職したい」と面接で伝えるのはNGです。

「前職は楽な仕事だったけれど、成長できる仕事がしたい」と明確に伝えるのが重要なんです。「年収を大幅に下げてまでも成長できる仕事がしたい」「恵まれた環境を捨ててまでも転職がしたい」という強い思いを伝えるのがベストですね。

転職の面接に臨む前にぜひ合わせて読んでいただきたい記事です!

転職面接でよく聞かれる質問集!成功率を上げる対策法を徹底解説
【転職面接】すぐに使える自己PRの考え方・答え方を伝授【回答例】
【プロ直伝】転職面接で面接官に響く志望動機の考え方!【回答例付】

転職の自己分析に使えるツールや書籍

ここまで実際に弊社で活用している自己分析の方法についてご紹介してきましたが、「まだ転職するか迷っているのに、転職エージェントに相談するのは気がひける…」という方もいらっしゃると思います。

そこで最後に、そういった方向けに気軽に自己分析ができる方法をご紹介したいと思います。

転職サイトなどにある自己分析ツールを活用

リクナビNEXTなどの転職サイトには自己分析ツールがあります。自分にはどのような強みがあるのか可視化できます。

転職サイトによっては、応募企業側にその診断結果をお知らせできる機能が備わっている場合もあるので、客観的な評価としても活用が可能です。

ストレングスファインダーを活用

ストレングスファインダーとは、心理学者ドン・クリフトン氏が開発した「あなたの才能を診断するツール」のことです。

2018年1月時点において、全世界で約1,800万人が受けている、世界で高い評価を受ける才能診断ツールなんです。

Web上で177個の質問に回答して、34のタイプから自分の資質上位を5つ教えてくれますので、自分の強みや特徴を言語化することに役立ちます。

ストレングスファインダーは、さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0という書籍を購入することで受けられます。

Amazonなら2,000円くらいで購入できますので、ご興味ある方はぜひ試してみてください!

自己分析ノートを作るのもおすすめ

自己分析をするときに、自己分析ノートを作ることもおすすめです。キーワードごとに図にすることで、自己分析を可視化することができます。

では、具体的にどのようにして、自己分析ノートを作れば良いのかを以下から紹介していきます。

キーワードごとに連想ゲームをする

自己分析

例えば、キーワードを自分と設定して、連想ゲームをしてみます。なるべく限界までワードを出してみてください。

図にすることで記憶の整理ができ、自分自身の全体像を把握しやすくなります。また、普段気づかないような自分を発見できる可能性もあります。

この連想ゲームは、1度やって終わりではなく、思いつく度に書き足しても良いです。

自己分析の時間を意味あるものにするにはエージェントの活用が必須

自己分析のやり方一つで、今後の転職活動の結果が大きく変わってきます。

自分ひとりだと「これぐらいでいいだろう」と、どうしても分析自体あまくなってしまいがちです。

これでは面接で厳しい質問を出された時に、相手に納得のいく形で答えることが出来ず、残念な結果になってしまうでしょう。

弊社では、そのような失敗を起こさないためにも、実際の面接で聞かれるような厳しい質問をしつこいくらいに投げかけます。

厳しくも求職者ひとりひとりに徹底的に向き合う転職支援に興味ある方は、ぜひ弊社にご相談ください。

[無料]相談申し込みはこちら

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。