転職では自己分析が決め手!面接で活かすコツを伝授!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

転職する時に自己分析をどうやってやったら良いのかわからない方もいると思います。

無料の自己分析ツールやフレームワークを使ってサクッとやりたいところですが、それではミスマッチが起こる原因になってしまいます。

今回は、弊社が実際に活用している自己分析方法を交えながら、やり方や注意点、自己分析結果の活かし方までご紹介していきます。

転職エージェントが教える自己分析のやり方

転職のために自己分析の結果をチェック

年間1,200以上の転職相談を受ける弊社の転職エージェントで、実際に活用している自己分析方法をご紹介します!

自己分析のやり方は大きく4つに分けられます。それは以下の通りです。

上記4つについて、次で詳しく解説していきたいと思います!

自分のキャリアの棚卸しをする

まずは、キャリアの棚卸しで、これまでの仕事内容や自己アピールできるような特技をアウトプットして情報を整理しましょう。

なぜなら、キャリアに自信があるかどうかによって戦略を変える必要があるからなんです。

例えば、自分のキャリアに自信があるという方は、「職歴」「スキル」「経験」「実績」の4つを洗い出してみることをオススメします。

一方、自分のキャリアに自信がないという方は、「知識」「能力」「経験」「人間性」の4つを洗い出してみてください。

自分の強み・弱みを言語化する

次は、キャリアの棚卸しを参考に、自分の強み・弱みを言語化していきましょう。いきなり言語化しろと言われても戸惑ってしまいますよね。

そこで言語化するにあたって、必要な知識をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

他人に関わる力 親しみやすさ
気配り・ホスピタリティ
協調性・チームワーク力など
自分に関わる力 忍耐力・継続力
チャレンジ精神
使命感・責任感など
課題に対する力 物事の本質を突き止める力
論理的思考力
企画力・計画力など

具体的なエピソードを言語化する

次におこなうのは、具体的なエピソードの言語化です。具体的なエピソードは面接官に納得感を与えることができます。これは面接において必須部分なので、しっかりと言語化しておきましょう。

その際の注意点ですが、決して背伸びをしないことです。斬新である必要はないので、わかりやすくきちんと伝えるようにするのがポイントです。

弊社にキャリア相談をしに来られた方の例を、ご紹介させていただきますね。

私は以前Web会社でマネージャー職を勤めておりました。実績としましては、毎月115%成長を達成し続けることができ、予算をショートすることなく仕事に励むことができました。

仕事を通して感じた私の強みは、相手への思いやりをチームに根付かせる力です。私のチームでは、難しい言葉は使わないというルールがありました。

難しい言葉は汎用性が高いですが、チーム内で1人でもその言葉を理解できないと意味がありません。それは思いやりの欠如にあたりますし、積み重なっていくと歪みが出ます。

思いやりの欠如を防ぐことでチームとして成熟し、実績を上げることができたと思っております。

転職の軸を探す

最後は転職の軸を探すことです。弊社では、転職の軸を探すことが最も重要なことであると思っています。

なぜなら、転職の軸がしっかりしていないと、転職後にミスマッチが起きやすくなるからです。その結果、短期離職を繰り返し、経歴にも傷がついてしまいます。

例えば、金融会社や証券会社、IT系企業など応募先がバラバラだと、「軸はないの?」とネガティブに捉えられてしまいます。

そうならないためにも、転職の軸を見つけてしっかり持つことで、自分の方向性としてブレていないことを面接でアピールできます。

そもそも転職軸とは何か、なぜ転職軸が会社選びで重要なのかご紹介している記事があります。こちらもぜひ、ご覧になってみてください!

転職軸がしっかりしていないと転職は厳しい!その理由って?

自己分析をする上での注意点

転職でおこなう自己分析での注意を呼びかける看板

自己分析をする上での注意点があれば、事前に知っておきたいですよね。その注意点は、以下の3点です。

上記の3つについて、次でさらに詳しく解説していきたいと思います!

苦戦した経験も整理しておく

表面的に良いと感じられる経験だけに焦点を絞って整理するのではなく、苦戦した経験や失敗した経験もしっかり振り返りましょう。

その理由は、そうすることでその場面で発揮していた強みを再発見できますし、その一方で弱みもしっかり認識できるからなんです。

失敗したことなど、あまり思い出したくないな…と思う気持ちもよくわかるのですが、新たな発見のために思い出してみてくださいね。

学生時代と同レベルの強みに止まらない

業務経験から考えて、学生時代と同レベルの強みに止まらないようにしましょう。なぜなら、企業側から期待される強みが20代前半とは大きく異なるからです。

転職の場合、求められるのは実務経験です。若手のポテンシャル採用の転職であっても、一般的には仕事上で発揮した強みを伝えることが必要になります。

キャリアプランを明確にする

キャリアプランを明確にするのも重要です。それは、転職活動を進める上で「なぜ転職しようと思ったのですか?」「転職で何を実現したいのですか?」という質問がされるからです。

自己分析をおこなう中で、今後のキャリアプランも同時に整理して「今転職をすることで●●という経験を積み、●年後に●●に取り組みたい」というように、未来軸を語れるようにしておくのがベストですね。

転職のキャリアプランについては以下の記事でも解説しているので合わせてご覧ください!

キャリアプランを持っていない転職は厳しい!知る方法を伝授します!

転職活動における自己分析の重要性

importantと書かれた転職の自己分析メモ

転職活動における自己分析はとても重要です。自己分析がしっかりできるかどうかが、転職活動の肝といっても過言ではありません。

どんな仕事がしたいのかわからない、どんな仕事が向いているのかわからないまま、なんとなく仕事を探してしまうと仕事選びのミスマッチにつながります。

その結果、面接で上手く言語化できず、お見送りにされてしまうという流れになる可能性が高いんです。

だからこそ、転職活動でも自己分析は必ずやっておくことをおすすめなのですが、中には「就活の自己分析と転職の自己分析の違いがわからない」という方もいると思います。次でその違いについて解説しますね!

就活の自己分析と転職の自己分析の違い

就活の自己分析と転職の自己分析の違いは、「前職があるかどうか」です。就活の自己分析は、就業経験がないため学生時代の経験を整理し、抽象的な強みを棚卸しします。

一方、転職の自己分析は、前職を選んだ理由や、どういう向き合い方をしているのかまとめます。どう振り返って分析しているのか、この部分がとても重要になります。

「なぜ前職を選んだのか?」「なぜ前職を辞めたのか?」「なぜこの会社に応募したのか?」この3つをきちんと答えられるようにすることが大事です。

自己分析の結果を面接に活かすコツ

転職の自己分析のカギを紹介するビジネスマン

自己分析の結果がわかったら、面接に活かしたいですよね。活かし方は2つあります。それは「仕事選びに活用」「自己PR・志望動機で活用」です。

次で詳しく解説していきますね!

仕事選びに活用

自己分析をすることで、「なぜ前職を辞めてしまったのか」という原因が明確になります。そのため「次はどういう会社を選ぶべきなのか」という転職軸がハッキリします。

転職軸がしっかりするので、「こんなはずじゃなかった…」というミスマッチが減りますよ。

自己PR・志望動機で活用

前職を辞めた理由や原因、課題が自己分析によって明確になっているため、自己PR・志望動機では自分の軸を証明できるファクト(事実)に活用しましょう。

例えば、前職を辞めた理由が「仕事を通して成長したかったのにできなかった」こととします。この時、ただ「御社が成長市場だから転職したい」と面接で伝えるのはNGです。

「前職は楽な仕事だったけれど、成長できる仕事がしたい」と明確に伝えるのが重要なんです。「年収を大幅に下げてまでも成長できる仕事がしたい」「恵まれた環境を捨ててまでも転職がしたい」という強い思いを伝えるのがベストですね。

転職の面接に臨む前にぜひ合わせて読んでいただきたい記事です!

転職面接でよく聞かれる質問集!成功率を上げる対策法を徹底解説
【転職面接】すぐに使える自己PRの考え方・答え方を伝授【回答例】
【プロ直伝】転職面接で面接官に響く志望動機の考え方!【回答例付】

転職の自己分析のオススメのツールや本

転職の自己分析でおすすめの本を読む女性

転職活動の際に自己分析をしましょうと言われても、どんな風にすればいいのか悩んでしまいますよね。

方法としては「転職サイトなどにある自己分析ツールを活用」「ストレングスファインダーを活用」の2つがあります。

この2つについて、次で詳しくご紹介していきますね!

転職サイトなどにある自己分析ツールを活用

転職サイトには自己分析ツールがあります。自分にはどのような強みがあるのか可視化できますよ。

転職サイトによっては、応募企業側にその診断結果をお知らせできる機能が備わっている場合もあるので、客観的な評価としても活用が可能です。

また、弊社では質問集シートというものを使用して、効率的な自己分析をおこなっております。質問集にお答えいただき、指摘をしながら壁打ち・ブラッシュアップして、完璧なものへ仕上げていきます。

どんな自己分析をおこなうのか気になる方や、効率よく自己分析したいなと考えている方は、ぜひお気軽に弊社へご相談ください!

ストレングスファインダーを活用

ストレングスファインダーとは、心理学者ドン・クリフトン氏が開発した「あなたの才能を診断するツール」のことです。

2018年1月時点において、全世界で約1,800万人が受けている、世界で高い評価を受ける才能診断ツールなんです。

Web上で177個の質問に回答して、34のタイプから自分の資質上位を5つ教えてくれますので、自分の強みや特徴を言語化することに役立ちます。

ストレングスファインダーは、「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」という書籍を購入することで受けられます。Amazonなら2,000円くらいで購入できますので、ご興味ある方はぜひ試してみてください!

一人で自己分析するのが不安なら転職エージェントを活用しよう

自己分析は「転職活動のキモ」です。

この自己分析を間違ってしまうと、本当に自分にあった会社への転職ができずに、また転職を繰り返してしまうということにもなりかねません。

転職エージェントでは、プロのキャリアアドバイザーがあなたと一緒に自己分析をしてくれ、その分析結果や志向性をもとに、客観的に合いそうな求人を提案してくれますよ。

弊社のような中小エージェントは丁寧なアドバイザリングが強みですが、大手エージェントの豊富な求人数を強みとした幅広い求人提案も魅力的です。

いくつか弊社以外の大手転職エージェントでオススメのエージェントを紹介するので、ぜひ気になるエージェントに登録してみてください。

大手企業の非公開求人を多数保有

大手の総合型エージェントです。
特にメーカーや金融などに多いですが、特定の大手エージェントのみに独占して求人を依頼しているケースがあります。大手企業への転職を考えている方は必須で登録しておきましょう。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

大手の転職エージェントでは、正社員経験のある人が優先的にサポートされ、既卒の方や正社員経験が少ない方は対応もらえないケースもあります。ですので、既卒・フリーターの就職支援に強い転職エージェンにも登録しておくのがオススメです!

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント
  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

第二新卒・既卒・フリーター・高卒に特化した就職支援サービスとしては老舗。
研修やアフターフォローを通じて同じ境遇で頑張る仲間に出会える

ポイント
  1. ノウハウが詰まったオリジナルのスキルアップ研修が無料で受講可能!
  2. 転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらえる

ジェイック(JAIC)の評判って悪い?社員に直接取材してみた!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント
  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人