2019.08.14

20代で未経験業界への転職は可能?成功のコツや注意点を徹底解説!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

20代前半と後半で転職難易度は変わる

20代は基本的に制約も少なく、いろんな業界・職種への転職が可能です。

と言うのも、企業側も、現在の実績よりもポテンシャルを重視しており、今後の成長・活躍を期待してくれる企業が多いからなんです。

ただ、20代の中でも20代前半(22~25歳)と20代後半(26~29歳)とでは、転職の事情がだいぶ変わってくるので注意が必要です。

20代前半なら未経験業界・職種への転職はしやすい

転職に自信を持っている人たち

20代前半の新卒1〜3年目は「第二新卒」と言われており、企業側もポテンシャルを重視した採用を行うので、未経験の業界や職種に積極的に挑戦できますよ。

特に新卒3年目は、社会人としてのマナーや一般常識が身についており、新卒ほど教育コストをかけずに戦力化できるため、企業も採用に積極的です。

20代前半であれば、将来から逆算して、転職によってワンステップ近い経験を積むことで、本丸を狙うことが可能になります。

年齢を重ねるごとに、ステップを踏めるチャンスは減っていくので、すでになりたい姿がある方は、早めに行動しましょう。

第二新卒や新卒3年目の方向けの転職ノウハウについて以下の記事で詳しく解説しているので合わせてご覧ください!

第二新卒でも転職ってできる?難易度や攻略法をプロが徹底解説!
3年目は転職に有利!評価される理由や失敗例をプロが解説

20代前半でも転職が厳しい例

20代前半だから余裕で転職できるかと言うと、そうでもないのが実態なんですよね。理由としては大きく3つが考えられます。

自己分析が甘く転職理由が曖昧

転職での自己分析は、学生時代よりも深いなければならず、いくらポテンシャル採用といっても、これまでの仕事で発揮した強みを伝えることが求められます。

加えて、転職活動を進める上で「なぜ転職しようと思ったのですか?」「転職で何を実現したいのですか?」という質問を避けることはできないため、キャリアプランを明確にしておく必要があります。

失敗しない自己分析方法と、転職理由をうまく伝えるコツについては以下の記事を合わせてご覧ください!

転職では自己分析が決め手!面接で活かすコツを伝授!
転職理由を面接で上手く伝える方法!面接官にハマる回答例付き!

面接対策が不十分

面接では、面接官が納得して、思わず一緒に働きたい!と思わせることが求められますが、それには「What(何を言うか)」と「How(どのように言うか)」が重要になってきます。

ですが、模擬面接をしていると、「前職の不満」や「自分の希望」ばかりを述べている方は少なくなく、そのような姿勢と伝え方では相手に響くはずがありません。

以下の記事で、転職の面接で意識すべきポイントについてお伝えしています。ぜひ参考にしてください。

転職面接でよく聞かれる質問集!成功率を上げる対策法を徹底解説

転職回数があまりに多い

例えば、25歳の若さで4回も転職していると、採用担当としては「ウチに入社してもすぐ辞めてしまうのでは...?」と思ってしまいます。

ですので、よほどのブラック企業か自分のやりたいことと異なるのでなければ、転職はオススメしません。

それでもやっぱり転職したい!という方は、以下の記事で転職回数が多い方向けに内定獲得法を解説しているので合わせてご覧ください!

転職回数が多い人向け!内定を獲得する方法をプロが伝授!

ex.結婚・出産を考えている女性は25歳前後での転職がオススメ

20代女性の転職理由において、「ワークライフバランスを重視するため」が非常に多いです。

ただ結婚や出産を前提に転職すると、企業としては「入社してすぐに休職とられると困る...」と懸念してしまうし、実際、育休制度は労使協定によって、「入社後1年以上勤めていないと取得できない」としている企業が多いです。

そのため、幅広い業界・企業を見ながら、その後について考えることができる25歳前後で一度、転職を検討してみることをオススメします。

結婚や出産と転職のタイミングについて以下の記事で解説しています。

結婚を機に転職って不利?男女別でベストタイミングを徹底分析!
転職のベストタイミング|第二新卒・結婚・妊娠などをケース別に紹介!

25歳の方向けの転職ノウハウについては以下の記事でさらに詳しく解説しています。

25歳の転職|成功させる方法と転職すべきでない人の特徴

20代後半になると未経験業界・職種への転職は厳しくなる

未経験業界への転職に注意

20代後半になると、未経験への転職は厳しくなることは事実なんですが、これには3つのタイプがあるんですよね。

同じ職種で業界を変える

このタイプの転職は比較的容易で、頻繁に行われています。

実は、扱っている商材が同じだったり、現職と転職先の業務内容が似ているなど、親和性が高いほど経験を活かしやすいため、転職の難易度も下がってくるんです。

採用担当としても、求職者の仕事を想像しやすく、「転職してもウチで活躍してくれるだろう」と思いやすいんですよね。

それまでの経験を生かして職種を変える

このタイプは同職種間での転職と比べ、難易度は高いですがキャリアアップとして、選択肢の幅は大きく広がります。

代表的なものは、営業から人事といった専門職への転職です。

もちろん、この営業職も人事を目指すのであれば人材業界など関連した経験である必要があります。

年齢が若い方が、キャリアのステップを踏みやすいと言ったのも、これが大きく関係しており、歳をとるほどこれまでは関係ない職への挑戦は難しくなってきます。

業界も職種も変える

事務からITエンジニアなど全く異なる業界・職種への転職するこのタイプは、非常に難しいので、覚悟が必要です。

企業からすれば、わざわざポテンシャルのある若手を採らず、年齢の高い未経験者を雇うメリットがありません。

その上、もし厳しい面接を乗り越えたとしても、年収は大幅に下がり、上司は自分より2~3歳ほど年下ですので、年功序列型でキャリアを積んできた方には結構来るものがあると思います。

異なる業界・職種への転職を検討されている方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

異業種への転職で成功をするポイントは?不安をなくす方法を伝授!

20代で未経験業界・職種に転職を成功させるには?

面接のように事前の準備が大事

先ほど伝えた通り、20代前半は比較的容易ですが、後半になると企業としては即戦力を欲しているため、転職が難しくなってきます。

そこで、ここでは20代での転職を容易にする方法をお伝えします。

未経験者を積極的に採用している業界・職種を選ぶ

業界によって、未経験者を全く採用しない業界もあれば、積極的に採用している業界もあります。ここでは、積極的に採用している業界の中から、よりオススメの業界をお伝えします。

オススメの業界 オススメでない業界
人材業界 製薬メーカー業界(MR)
広告・メディア業界 生命保険業界
インターネット業界 不動産業界
IT業界 OA機器販売業界(オフィス機器)
営業代行業業界

製薬メーカー業界などをオススメしない理由は、業界や商材に規定される分野であるため、業界内での専門性は磨かれますが、他業界等への汎用性が、比較的低い傾向にあるためです。

一方で、人材業界を始めとする業界は汎用性が高く、今後のキャリアアップも視野に入れて仕事に取り組むことが可能です。

マーケティングや人事など、事務系の職種で今後キャリアアップを目指している方は、そういった職種に転職するには一定期間の営業経験が求められる企業が多いので「営業職」がオススメです。

営業職への転職や、どういった業界・商材の営業がキャリアに有利になるのかを以下の記事で詳しく解説しているので合わせてご覧ください!

未経験でも営業職に転職できる?転職のプロがぴったりな業界を大公開

未経験業界・職種への転職で失敗する例

やっとの思いで入社することが出来ても、慣れない業務や人間関係に苦しむ人は少なくありません。

このような事態を防ぐためには、業界や職種、入社左記の企業についての正しい知識を集めることはもちろんのこと、「転職して自分は何をしたいのか」を明確にしておくのが必要になります。

未経験で入社となれば、一から知識をインプットして行く必要がありますが、ちゃんとした研修があるのか、OJTなのかを知っていなければ、入社後に苦労することは目にみえていますよね。

もっと言えば、新卒採用や入社のシーズンと時期が被っていれば、転職者のカバーが後回しになってしまう可能性もあります。ですので、企業だけでなく時期などにも目を向けて、複合的な要素を考慮する必要があります。

ベストな転職時期について知りたい方は、以下の記事も合わせてご覧ください!

転職にベストな時期|第二新卒・中途・ボーナス別におすすめ月を解説!
転職は10月入社がベストの時期?転職のプロが理由やメリットを解説

未経験業界への転職を失敗しないためには

未経験業界・未経験職種への転職を検討している方は、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用することで、自分の知らない優良企業に出会えるだけでなく、書類添削や面接対策も行ってくれるので、一人で転職活動を行うより選考通過率をあげることができ、ミスマッチも防ぐことができます。

もし、面接で前職の業務内容・経験をうまく伝えきれなくとも、エージェントがあなたに代わって伝えてくれます。自分で伝えるのが苦手な人には頼もしいパートナーといえます。

転職エージェントは複数登録すべき

とはいえ、転職エージェントのサポートもアドバイザーによって、大きく差が出て来ます。

そのため、優秀なキャリアアドバイザーに出会うためにも、複数の転職エージェントに登録して、実際に会ってみてから判断するべきです。

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

未経験OKの若手向け求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 首都圏のIT/Web系企業への転職に強み
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。