2019.09.25

転職の進め方ガイド|働きながらバレないように内定を獲得する秘訣!

転職をしたいけれど進め方がわからない…という人が結構多いです。

そこで今回は、転職をスムーズに進める方法や、在職中の人がバレずに転職を進める方法について徹底解説していきます!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

転職活動スタート〜内定までの流れ

転職活動をスタートさせてから内定を獲得するまでの流れは、以下のような順序になります。

順番に、詳しく解説していきます。

本当に転職が必要なのかを考える

転職活動を始める前に、まずは本当に転職が必要なのかどうかを考えましょう。

転職を考えている人のほとんどが「現在の仕事に不満があるから」だと思いますが、勢いで退職をすることは避けましょう。

現在の仕事に不満を持って転職を考える場合、以下の点を冷静に判断することが大切です。

  • 不満は一時的なものではないか
  • 本当に解決できない不満なのか
  • 今感じている不満は転職先でも起こらないか

「こんな職場さっさと辞めたい!」という気持ちはわかりますが、冷静になって振り返ってみましょう。

キャリアの棚卸しをする

転職が必要なのかを考えることができたら、次は自分のキャリア形成について考えましょう。

たとえ前向きな転職であっても、中長期的なキャリア形成の視点からは慎重に転職を検討する必要があります。

  • これまでの経験、培った能力は何か
  • 転職することで得られる新たなチャンスはあるか
  • 転職することで中長期的にどのようなキャリアを歩みたいか

上記のような観点から、今までのキャリアを棚卸しすると同時に、これからのビジョンを持つようにしましょう。

スケジュールを決める

転職活動を始めてから、転職先に入社するまでのスケジュールをしっかりと立てましょう。

基本的な転職期間は3〜6ヶ月と言われていますが、スケジュールを立てずに転職活動をしてしまうと活動期間が長引いてしまいます。

あまりにも長引きすぎると、転職市場で評価されない人だと思われてしまう可能性があります。

スケジュールの立て方に関しては、以下の記事を参考にしてください。

転職スケジュールってどう立てれば良い?効率的な秘策をプロが伝授!

情報収集をする

自分の考えを整理できたら、具体的な求人情報や企業情報を集めましょう。

企業情報を集める方法としては、業界サイトや書籍などがあります。

求人情報を集める方法は、以下の4つがあります。

必要に応じて、複数の手段を併用すると良いでしょう。

書類作成・応募

基本的に、応募の際は履歴書・職務経歴書が求められます。

応募締め切りまで時間がない場合もあるので、事前にある程度準備をしておくと良いです。

複数の企業を受ける人がほとんどだと思いますが、全く同じ内容で応募するのではなく、企業の求める要件などに応じて、カスタマイズは必要です。

たくさんの応募者の中に埋もれてしまわないためにも、面接官の目に留まる履歴書・職務経歴書の書き方を以下の記事でまとめていますので、参考にしてください。

転職の履歴書はどう書く?書類選考で落ちないための完全マニュアル!
人事の目に留まる転職の職務経歴書の書き方完全ガイド

面接

面接の回数は企業によって異なりますが、企業情報の理解や想定される質問への回答など、具体的な対策が必要です。

また、現職と面接の日程調整が難しいケースが多く、有給をとったり、現職の繁忙期を避けるなどの対策も必要になります。

一次面接では、就業時間後に時間を取ってくれるケースもありますが、二次面接以降になると社長・役員が面接官なことが多く、日程や時間帯に融通が利かないことがあります。

以下は、転職面接でよく聞かれる質問を集めた記事になります。面接練習に活用してみてください!

転職面接でよく聞かれる質問集!成功率を上げる対策法を徹底解説

内定

内定が決まったら、退職交渉・退社日の決定・引き継ぎの準備など、しっかりと対応しましょう。

退職の申告をいつまでに行うべきか、内定をもらう前に確認をしておくと安心です。

気持ち良く転職先で就業できるように、最後まで努めましょう。

円満退職を切り出す方法については、以下の記事に詳しくまとめてあります。

円満退職の切り出し方!役立つケース別退職理由の例文付き!

在職中の転職の進め方

在職中の転職の進め方

在職中の転職活動の場合、重要なのは以下の2点です。

転職活動スタート前の事前準備

転職活動スタート前の事前準備では、リクナビNEXT@type女性の転職などの転職サイトや転職エージェントなどの利用をスタートし、どのような目的を持ってどのような業界・企業に転職をするのかを明確にする必要があります。

その上で業界研究や企業研究、応募書類の作成などに時間を割く必要も出てきます。幸いこのステップは就業時間外でもできることなので、選考が始まってからの負担を減らすためにもしっかりと時間を取ることをお勧めします。

選考の際どのように時間を確保するか

選考が始まってからの時間の確保ですが、勤務形態によって対応は様々です。

  • 外回りの合間や直帰の予定にする
  • 有給や遅刻、早退を利用する
  • 出勤前に面接を組んでもらう
  • 近隣の企業であれば昼休み中に面接をしてもらう

日中の面接へ赴くとき以外に、選考を受けている企業や転職エージェントからの連絡を受けるのが難しい場合には、連絡は必ずこちらから行うといった約束をしておくことも有効です。

また、オフィスカジュアルや私服勤務の場合は、転職活動中の服装について同時に気になることが多いと思います。

転職経験者の声を聞くと、面接に行っても問題ないような服装で出勤したり、駅のコインロッカーを利用して社内でバレないようにする人が多いようです。

【性別・年代別】転職活動での注意点

年齢や性別によって、転職活動を進める上での注意点が変わってきますので、以下の順に解説していきます。

20代の転職

20代で転職する場合、ありがちなのが「とりあえず転職したくてなんとなく受けたところに決めた」という人です。

なんとなくで転職してしまうと、ミスマッチの原因になります。

20代は転職を成功させやすく、未経験業界にチャレンジしやすいので、なんとなくで転職してしまうのはもったいないです。

20代は、ポテンシャル採用で未経験でも正社員として転職をすることが可能なので、自己分析をして自分のしたいことをしっかりと見極めましょう。

20代で転職を考えている人、自己分析の仕方がよくわからないという人は以下の記事を参考にしてみてください。

20代の転職で失敗しない方法!内定獲得をUPさせるポイント大公開
転職では自己分析が決め手!面接で活かすコツを伝授!

30代の転職

30代の転職はスキルや経験を重視されるので、ぶっちゃけ未経験業界への転職をするのは厳しいです。

30代前半であれば、まだ採用をしてくれるところもありますが、30代後半に近づけば近づいただけ難しくなります。

また、新卒面接のときと同じ気持ちのまま面接に挑む人が多く、お見送りになってしまうという人も多いです。

入社すると自分より年下の人が上司になったり、必然的に年下とも関わってくるので、コミュニケーションの取りやすさ、親しみやすさなども求められてきます。

30代の転職については、以下の記事にまとめてありますので参考にしてみてください。
30代の転職って不利?成功を掴むコツを転職のプロが徹底解説!

女性の転職

女性は結婚や出産など、男性にはないライフイベントがありますが、出産した後の転職活動はあまりおすすめしません。

なぜなら、育児休暇の取得が難しいからです。

また、企業側は転職者を即戦力として採用するので、転職後すぐに育児休暇を取られてしまっては採用した意味があまりないと思われてしまい、お見送りになってしまう可能性が高いです。

女性の転職は、結婚前・出産前がベストなタイミングだと言えます。

利用すべき転職サービス

転職をする際、以下のような様々なサービスがあります。

それぞれどういった特徴があるのか、紹介していきます。

転職サイト

1番オーソドックスな手段なのが、リクナビNEXT@type女性の転職などの転職サイトを利用する方法です。

全国各地、さまざまな企業や職種の求人情報を自宅から得られるメリットは大きく、自分の希望と合致するものがあるのかは必ずチェックしておきたいところです。

転職サイトについては、以下の記事にまとめてありますので、気になる人は参考にしてください。

【2019年最新】おすすめの転職サイト紹介!成功の秘訣教えます!

転職エージェント

転職エージェントはメリットが多く、書類の添削や面接へのアドバイスなど、具体的な選考対策はもちろんのこと、あなたに転職が必要かどうかというキャリアそのものへのアドバイスをくれることも少なくありません。

「転職活動って何から始めたらいいの?」と悩んでいる場合は、非常にオススメの手段です。

また、転職サイトには掲載されない「非公開求人」を数多く持っているという点も、転職エージェントの魅力です。

筆者がおすすめする転職エージェントについては、後ほど詳しく説明しますね。

今すぐ知りたい人はコチラから!

ハローワーク

ハローワークでは、相談員が転職者の状況に応じて、適切なアドバイスや情報をくれます。

学歴や職歴を問わず幅広い求人を持っているので、キャリアに自信がないという人でも、親身になって相談に乗ってくれます。

ハローワークについて気になる人は、以下の記事を参考にしてください。

ハローワークで良い転職はできる?流れや特徴なども紹介!

転職の進め方についてお悩みの方へ

この記事を読んで、なんとなく転職の進め方はわかったけど、1人で働きながら転職活動をするのは、なかなか大変なものです。そんなときにこそ転職エージェントを上手く活用しましょう

転職エージェントは転職のプロなので、転職の進め方を熟知しています。どのタイミングで何を準備すれば良いのかアドバイスをしてくれるため、非常に心強い味方になってくれます。

さらに履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、スケジュール管理まで無料でサポートしてくれます!

ただ、担当になるキャリアアドバイザーの質は経験やスキルによって異なるため、大手転職エージェントの中から2〜3社、特化型転職エージェントの中から1社程度、複数登録したほうが転職を成功させやすいです。

そこで、筆者がおすすめする転職エージェントを以下でいくつかご紹介します。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

未経験OKの若手向け求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 首都圏のIT/Web系企業への転職に強み
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの方は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカーエンジニアに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。