2019.08.14

転職時の内定保留を上手く伝えるコツ!電話・メール別に方法を紹介!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

転職活動において「第二希望の会社の内定をもらったけど、他の企業の合否がまだ出ていない・・・」となってしまうことがあります。

しかし、内定の返事を待ってもらえるのかどうかや、どう伝えたらいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、転職の内定を上手に保留するためのポイントについて記載します。

内定を保留できる期間って?

内定を保留にできる期間は2~3日、長くても1週間です。

中途採用の場合、内定が出てから入社するまでの期間は約1ヶ月と短いです。

短い期間で入社する中、内定保留期間が長くなってしまうのは、企業にとって避けたいことです。

内定保留期間が長くなってしまうと、内定先企業に対して自分の印象も悪くなりますし、内定を取り消されてしまうリスクも高まります。

内定への返事は、内定先の企業に迷惑をかけない範囲で、早めに連絡するようにしましょう。

保留を申し込む際の言い方

内定保留を申し入れる際には、以下の3点を伝えましょう。

1.内定を保留にしたい理由
2.返事をする期日
3.内定を出してくれた企業に対して、入社意欲があること


内定保留を申し込まれた企業は、「なぜ内定を保留にするのか?」「いつまで返事を待てばいいのか?」「入社意欲が低いのではないか?」を気にするはず。

ですから、これらの疑問に対する内定者の答えが納得できないものであれば、採用担当者に悪印象を与えるでしょう。

採用担当者の疑問を解消するよう、内定者は誠実に答えるべきです。

特に「内定を保留したい理由」については、事実を伝えます。

「他社の選考を受けていることを伝えると印象が悪くなる」として、「家族と相談したいなどの無難な理由を並べる」ことを勧める人も多いでしょう。

しかし、無難な理由を伝えても、採用担当者は嘘と見抜くもの。

見抜かれてしまう嘘をつくくらいなら、最初から事実を伝えたほうがお互い気持ちよく話せるでしょう。

「後悔しないよう納得して選択したいため、他社の選考の結果が出るまで待ってほしい」というように、明確に事実を伝えましょう。

また、返事の期日は自ら指定しましょう。

期限を決めるには、他社の選考結果が出る日程を確認し、スケジューリングしておくことが大切です。

採用担当者への印象が悪くならない、失礼のない言い方については後述しますので、それを参考にして下さい。

事前にしておきたいこと

面接を受ける前に、選考結果が出る日程をあらかじめ確認しておきましょう。

もしも第二希望の会社から内定が出たタイミングで、第一希望の会社の選考が終わっていなかったとしたら、内定保留期間が1週間を越えてしまいます。

これでは、第二希望の企業から内定を取り消されてしまう可能性があるでしょう。

ですから、面接を受ける前に以下の点に注意しましょう。

1.第一希望の企業の選考を先に受ける
第一希望の会社の選考結果が、第二希望の会社よりも先に出るようにスケジューリングしましょう。

面接を受ける日程だけでなく、選考結果が出る日程を確認することが大切です。

順調に選考が進めば、第二希望の企業に内定保留をお願いしなくてもよくなります。

2.第二希望の面接時に、他社の選考中であることを伝える
選考時に、「他社も受けていますか?」と聞かれることがあります。

その際は、内定保留をお願いするための布石として、面接時に他の企業を受けていることを伝えるのが有効です。

面接時に「他社は受けていない」と伝えたのに内定保留をお願いすれば、「面接時に嘘をつかれた」と採用担当者の印象を悪くします。

電話

電話で内定保留をお願いするときは、基本的に内定の連絡が来たときに伝えましょう。

内定保留を伝える際は「恐縮ですが」「恐れ入りますが」「お手数ですが」といったクッション言葉をはさむと言葉が和らぎます。

電話での伝え方の例を以下に記載しますので、参考にして下さい。

・こちら側の都合で大変申し訳ありませんが、他の企業の選考中なので、○○日まで返事を待っていただけませんか

・内定をいただいたのにも関わらず大変恐縮なのですが、○○日まで返事を待っていただくことは可能でしょうか

・すぐにでもお返事させていただきたいのですが、他社の選考中でもあるので、そちらの話を聞いたうえで後悔しないように判断したいと考えております

メール(文面)

企業側から内定の連絡がメールできた場合、内定保留を依頼する連絡もメールで問題ありません。

採用担当者は複数人の求職者とやり取りしていることが考えられるため、電話だと相手の時間を奪ってしまうことになりかねず、印象を悪くしてしまいます。

企業側も一定の割合の内定保留は想定内ですので、メールのやり取りの方がスムーズです。

以下にメールの文例を記載しますので、参考にしてください。

○○株式会社 ○○課 ○○ ○○様 お世話になります。

〇月〇日に内定の連絡をいただきました○○ ○○と申します。

この度は採用内定をいただき、大変ありがとうございました。

内定をいただいたのにも関わらず大変恐縮なのですが、〇月〇日まで返事を待っていただくことは可能でしょうか。

実は、面接でもお伝えした通り他社の選考中であるため、他社の選考結果が出てから後悔しないよう慎重に判断したいと考えております。

こちら側の都合で大変恐縮ですが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

○○ ○○(名前)
(メールアドレス)
(電話番号)

まとめ

ここまで、転職内定を上手に保留するための秘訣について解説しました。

内定保留をお願いする期間は、2~3日、長くても1週間です。

採用担当者に伝えるポイントは「理由」「いつまで返事をするか」「入社意欲があること」です。内定保留を伝えるときは、誠意をしっかり伝えることが大事です。

第一希望の選考を先に済ませるようにスケジュールを立て、第二希望の会社の面接では「他社の選考を受けている」旨を伝えましょう。

ぜひ参考にしてください。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

未経験OKの若手向け求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 首都圏のIT/Web系企業への転職に強み
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。