ハイクラス・エグゼクティブに強いおすすめ転職サイト・エージェントを厳選!

  • !

ハイクラス 転職エージェント 転職サイト

    ハイクラス・エグゼクティブ転職を考えている人向けに、求人が多いおすすめ転職エージェント・転職サイトを厳選紹介します。

    また、求人が多い企業や職種、気をつけるポイントなどもキャリアのプロ視点で解説しています。

この記事を書いた人
末永

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の中途採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

ハイクラス転職を成功させたいのならエージェントがおすすめ

ハイクラス・エグゼクティブ転職を成功させたいのなら転職エージェントの利用をおすすめします

なぜなら、ハイクラス・エグゼクティブ向けの求人は一般向けの求人と比較し、全体的に数が少ないからです。また、ハイクラス・エグゼクティブ向けの求人は転職エージェントの非公開求人として募集されていることもよくあります。

転職エージェント末永 末永

そのため、ハイクラス・エグゼクティブ層で転職を成功させたいのなら、1件でも多くの求人と出会う必要があります。


転職エージェントを2〜3社利用することでレアな求人を網羅できるようになります。

ハイクラスと一般向けの求人数比較

実際にハイクラス向けの求人と一般向けの求人がどれだけ違うのかを、様々な求人を豊富に取り扱っている業界最大手のリクルートエージェントで2022年5月6日時点の求人数を調べてみました。

公開求人 非公開求人
全体 約191,250件 約249,050件
外資系 約2,180件 約12,910件
経営企画
事業企画
約2,800件 約5,330件
不動産専門職 約3,230件 約2,120件
金融専門職 約600件 約1,950件
エグゼクティブ
上級管理職
約60件 約80件

職種別に調べた結果、ハイクラス案件は全体案件の9%ほどしかなく、いかに求人が少ないかが分かります。

また、転職エージェントはそれぞれが保有している求人に違いがあります。特定の転職エージェントでしか取り扱っていない求人もあるので、逃さないためにも複数利用すると転職活動を効率よく進められます。

ハイクラス向けのおすすめ転職エージェント

ハイクラス・エグゼクティブ向けの転職エージェントには総合型と特化型の2つがあります。総合型は幅広い業界・職種を取り扱っているので、必ず押さえておきたい転職エージェントです。

転職エージェント末永 末永

希望する業界・職種がなんであれ、ハイクラス・エグゼクティブ向けの求人を探している人は大手総合型転職エージェントがおすすめです。


業界最大手のリクルートエージェントdodaは豊富な求人数だけでなく、大手であるからこそ取り扱っている求人と出会える可能性があります。

転職エージェント末永 末永

また、高収入領域で最大規模のJACリクルートメントもおすすめです。年収600万円以上の求人はもちろんのこと、外資系企業やコンサル、管理職、専門職の案件も充実しています。

そこで今回はすべての業界・職種の求人を取り揃えている転職エージェントと、とくにニーズのある領域に特化した転職エージェントを紹介していきます。

特徴 求人数
リクルートエージェントリクルートエージェント 大手総合型
全業界・職種
IT/人材
求人が豊富
全転職者向け
約110,080件
dodadoda 大手総合型
全業界・職種
メーカー/IT
求人が豊富
全転職者向け
約93,940件
マイナビエージェントマイナビエージェント 大手総合型
金融に強い
メーカー/IT
手厚いサポート
20〜30代向け
約27,680件
パソナキャリアパソナキャリア 高年収
製造業/IT
手厚いサポート
女性に強み
約26,480件
JACリクルートメントJACリクルートメント 高年収
EMC/IT
手厚いサポート
30〜40代向け
常時15,000件
レバテックキャリアレバテックキャリア
エンジニア特化
IT/Web
高年収
経験者向け
約11,620件
アサイン<アサイン
コンサルに強い
手厚いサポート
20代向け
非公開
求人数は2022年5月時点の公開求人を掲載

転職エージェント末永 末永

ハイクラス・エグゼクティブは全体的に求人が少ないです。大手転職エージェントであるリクルートエージェントdodaの2つは必ず押さえた上で、他の転職エージェントも利用すると良いでしょう。

【全般】リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントはリクルートグループが運営する人材業界最大手の転職エージェントで、取り扱っている求人も最大級です。

上場企業から中小企業、ベンチャー企業まで幅広い規模の求人を保有しています。実際、転職者の約8割が利用しているので、ハイクラス転職を考えている人にもおすすめです。

得意領域 ●基本的にはすべての業界
IT・通信、人材、Web・インターネット、メーカー、不動産・建設、コンサル、小売・サービス、商社、金融・保険など

業界最大手で最大規模の求人数を誇るリクルートエージェントには他では取り扱っていない独占求人が多数あります。

新規事業の管理職や経営幹部などのハイクラス・エグゼクティブ求人も紹介してもらえるので、リクルートエージェントは必ず利用することをおすすめします。

運営会社
公式サイト
株式会社リクルート
https://www.r-agent.com/
求人数 公開求人:約191,250件
非公開求人:約249,050件

経営企画・事業企画:約8,130件
不動産専門職:約5,350件
金融専門職:約2,560件
上級管理職:約150件

英語を活かす:約17,030件
外資系:約15,080件

600万円以上:約249,210件
800万円以上:約135,460件
1000万円以上:約66,070件
対応エリア
拠点
全国・海外
東京/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡

おすすめの人

●ハイクラス転職を考えているすべての転職者
●年収やキャリアアップしたい人
●外資系企業を希望している人
●初めて転職エージェントを使う人
●充実した求人の中から選択したい人

公式サイトはこちら

【全般】doda

doda

dodaリクルートエージェントに次ぐ大手転職エージェントで、全業界・職種の求人を豊富に取り扱っています。

リクルートと同程度の求人数を取り扱っているので、ハイクラス・エグゼクティブ案件を網羅するためにも利用すると良いですね。

得意領域 ●基本的にはすべての業界
メーカー、IT・通信、建設・不動産、インターネット・広告・メディア、人材、医薬・医療機器、コンサルティング、金融、商社など

dodaは転職エージェントと転職サイトが一体となったサービスです。納得のいく求人があるのかを確かめてから転職エージェントへ切り替えるという使い方も可能です。

また、dodaは希望に合わせて求人を絞り込んでから紹介してもらえるので、時間があまり取れない人にもおすすめです。

運営会社
公式サイト
パーソルキャリア株式会社
https://doda.jp/
求人数 公開求人:約132,730件
非公開求人込み:約168,860件

経営企画・事業企画・営業企画:約4,420件
コンサルティングファーム:約3,460件
人事:約3,050件
医療系専門職:約3,130件
金融系専門職:約960件
役員・事業統括マネジャー:約360件

外資系企業:約4,340件
管理職・マネジャー:約3,000件
英語を活かす:約330件

600万円以上:約93,940件
800万円以上:約58,920件
1000万円以上:約22,870件
対応エリア
拠点
全国・海外
東京/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡

おすすめの人

●ハイクラス転職を考えているすべての転職者
●1度に転職エージェントと転職サイトに登録したい人
●たくさんの求人を閲覧したい人
●面接確約オファーで必ず面接を受けたい人

公式サイトはこちら

【金融】マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、マイナビグループが運営する転職エージェントです。さまざまな業界・職種の求人を取り揃えていますが、とくに金融業界やIT・Web業界への転職支援を得意としています。

希望する業界出身のキャリアアドバイザーが専任でサポートしてくれるため、より詳細な情報が得られます。

得意領域 メーカー・製造、IT・通信、インターネット・広告・ゲーム、不動産・建設、コンサルティングファーム、金融、人材など

マイナビグループは20代の転職支援実績が豊富にあります。そのため、20代後半から30代前半で金融業界やIT・Web業界での営業経験、エンジニア経験がある人はマイナビエージェントを利用してみると良いでしょう。

求人数は最大手のリクルートエージェントdodaよりも少ないので、この2つも合わせて利用すると転職を成功させやすいです。

運営会社
公式サイト
株式会社マイナビ
https://mynavi-agent.jp/
求人数 公開求人:約36,720件
非公開求人:約34,250件

医療系専門職:約8,160件
コンサルタント:約3,710件
ITコンサルタント:約3,140件
経営企画・事業企画・事業統括:約2,720件
金融専門職:約730件
不動産専門職:約670件
工場長・施設運営・管理職:約300件

大手系列企業:約13,240件
外資系企業:約2,460件
管理職・マネージャー:約1,980件
海外赴任・出張あり:約390件

600万円以上:約45,770件
800万円以上:約26,360件
1000万円以上:約11,830件
対応エリア
拠点
全国・海外
東京/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡

おすすめの人

●ハイクラス転職を考えているすべての転職者
●豊富な求人から転職先を選びたい人
●20代〜30代で金融業界の経験がある人
●業界大手で手厚いサポートが受けたい人

公式サイトはこちら

【高年収】パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは総合型ですが、その中でもハイクラス層向けの高年収案件を多数取り扱っている転職エージェントです。

事実、パソナキャリアを利用して転職を成功させた人のうち67.1%が年収をアップさせています。

得意領域 製造業、IT、不動産・建設、コンサルティング・士業、金融・保険、商社、人材など

パソナキャリアは女性の転職支援も得意としています。女性の転職支援を十分におこなえるサポート体制を整えているため、結婚や出産をしたあとのキャリア相談をすることも可能です。

これまでの経験を活かしてキャリアアップや年収を増やしたい人はパソナキャリアがおすすめです。

運営会社
公式サイト
株式会社パソナ
https://www.pasonacareer.jp/
求人数 公開求人:約39,540件
非公開求人込み:5万件以上

不動産専門職:約3,980件
コンサルタント・士業:約2,610件
経営企画・事業企画:約1,660件
人事・労務:約1,540件
金融専門職:約1,400件
Web・IT・ゲーム専門職:約1,190件
経営幹部・エグゼクティブ:約260件
内部監査・統制:約200件

管理職・マネージャー:約8,370件
女性が活躍中:約2,250件
外資系企業:約1,030件

600万円以上:約26,480件
800万円以上:約14,450件
1000万円以上:約6,260件
対応エリア
拠点
全国・海外
東京/大阪/愛知/神奈川/静岡/広島/福岡/北海道/青森/宮城/秋田/山形/福島/千葉/埼玉/茨城/群馬/栃木/新潟/富山/石川/福井/山梨/長野/岐阜/静岡/三重/兵庫/和歌山/京都/奈良/滋賀/岡山/山口/島根/鳥取/徳島/高知/愛媛/香川/福岡/長崎/大分/鹿児島/佐賀/熊本/宮崎/沖縄

おすすめの人

●経験を活かしてキャリアアップしたい人
●年収を増やしたい人
●時間をかけた丁寧なサポートを受けたい人
●女性ならではの相談をしたい人

公式サイトはこちら

【高年収】JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは高収入求人を扱う転職エージェントの中では国内No.1です。そのため、転職で年収を増やしたい人におすすめです。

企業・業界の情報に精通した優秀なアドバイザーが多く在籍しており、将来のキャリアプランの相談がしやすいのが特徴です。

得意領域 EMC、IT・通信、メディカル・バイオ不動産・建築、Web、金融、コンサルティング、消費財、サービス、商社など

JACリクルートメントはハイクラス・エグゼクティブに特化した転職エージェントなので、年収600万〜1,500万円の高年収な非公開求人が豊富にあります。また、30代〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多いです。

さらに外資系企業やコンサル、海外への転職も得意としているので、ハイクラス転職を考えている人はぜひ登録してみましょう。

運営会社
公式サイト
株式会社ジェイエイシーリクルートメント
https://www.jac-recruitment.jp/
求人数 ハイクラス求人が常時約15,000件
公開求人:約13,000件

技術系:約4,280件
ITエンジニア系:約2,620件
営業:約2,000件
経営・事業企画 :約1,160件
コンサルティング・アドバイザリー :約870件
建築系:約790件
マーケティング・商品開発:約740件
メディカル・バイオ:約720件
経理・財務:約710件
WEB・アプリ・ゲーム:約660件
購買・物流・生産管理:約580件
金融:約440件

600万円以上:約4,440件
800万円以上:約1,070件
1,000万円以上:約270件
対応エリア
拠点
全国・海外
東京/北関東/横浜/名古屋/静岡/大阪/京都/神戸/中国

おすすめの人

●年収500万円以上で収入を増やしたい人
●マネジメント経験や一定の専門スキルがあり、キャリアアップしたい人
●外資系企業などグローバル転職を考えている人
●スペシャリストを目指したい専門職の人

公式サイトはこちら

【高年収】レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアはITエンジニアやデザイナー経験者向けに特化した転職エージェントです。

経験者向けのサービスなので、取り扱っている求人の約8割が年収600万円のハイクラス・エグゼクティブ案件です。エンジニアやデザイナーの経験を活かし、今よりも年収を増やしたい人におすすめです。

得意領域 IT・通信、メディア・エンターテイメント、メーカー、金融、物流・流通など

レバテックキャリアはグループ内でフリーランス向けのサービスも提供しています。将来的にフリーランスとして独立するにはどうすれば良いのかといったキャリア相談をすることも可能です。

運営会社
公式サイト
レバテック株式会社 https://career.levtech.jp/
求人数 公開求人:約13,940件

PM・PL :約1,970件
サーバーサイドエンジニア:約1,580件
アプリケーションエンジニア:約1,580件
インフラエンジニア:約1,450件
社内SE:約690件
ITコンサル:約690件

ベンチャー企業:約1,620件
管理職・マネジャー:約120件
外資系企業:約110件

600万円以上:約11,620件
800万円以上:約6,450件
900万円以上:約3,850件
対応エリア
拠点
関東エリア(東京・千葉・埼玉・神奈川)、関西エリア全域、九州エリア(福岡)
渋谷/名古屋/大阪/福岡

おすすめの人

●エンジニアやデザイナーの経験者
●転職で年収UPしたい人
●フリーランスも検討している人
●SEからITコンサルを目指したい人

公式サイトはこちら

【コンサル】アサイン

アサイン

アサインはコンサル業界に特化したSE・営業経験者向けの転職エージェントです。

求人は有名コンサルティングファームや戦略ファーム、総合ファームまでコンサル業界を幅広く取り扱っています。また、コンサル業界以外の外資系・内資系大手事業会社のポジションも紹介可能です。

得意領域 IT・インターネット・ゲーム、広告・出版・マスコミ、コンサルティング

アサインでは各コンサルファームごとの過去問や選考基準を分析し、他の転職エージェントよりも2〜3倍の時間をかけて選考対策をおこなっているので、高い内定率を実現しています。

アサインは求人の提案をして終わりではなく、内定承諾した後や入社後にも渡って支援することを大切にしています。入社してからの悩みやキャリアに対して、気軽に相談できる環境が整えられています。

運営会社
公式サイト
株式会社アサイン
https://assign-inc.com/
取引企業例 ●ボストン・コンサルティング
●楽天
●サイバーエージェント
●PwCコンサルティング
●オリックス
●NTTデータ
●日立製作所
対応エリア
拠点
北海道/東北/関東/甲信越/北陸/東海/近畿/中国/四国/九州/沖縄
東京

おすすめの人

●異業界からコンサル業界へ転職したい20代〜30代
●時間をかけたて転職支援を受けたい人
●中長期なキャリア相談がしたい人
●入社後も気軽に相談したい人

公式サイトはこちら

その他転職エージェント一覧

上記以外にもハイクラス・エグゼクティブに強い転職エージェントはあります。

ハイクラス・エグゼクティブ向けの求人は全体的に数が少ないです。そのため、複数の転職エージェントを利用して1件でも多くの求人と出会える体制にしておくことが大切です。

転職エージェント末永 末永

全業界・職種の求人を豊富に保有しているリクルートエージェントdodaの2つは必ず登録した上で、さらに気になるところに複数登録すると効率よく転職活動ができます。

上記で紹介した転職エージェントに登録してみたものの、しっくりこない場合は以下で紹介するエージェントの利用も検討してみましょう。

  • エンワールド・ジャパン
  • ランスタッド
  • ロバート・ウォルターズ
  • アクシスコンサルティング
  • KOTORA(コトラ)

ハイクラス向けのおすすめ転職サイト

ハイクラス・エグゼクティブ転職では、業界や職種に精通したキャリアアドバイザーからサポートが受けられる転職エージェントがおすすめですが、転職サイト(求人サイト)の併用も有益です。

先ほども説明しましたが、ハイクラス・エグゼクティブ向けの求人は全体的に少ないです。転職エージェントだけでなく、転職サイト(求人サイト)も一緒に利用すると、さらに候補となる求人を増やせます。

転職エージェント末永 末永

ハイクラス・エグゼクティブにおすすめなのはスカウトやヘッドハンティング型の転職サイトです。

ヘッドハンターは独自のコネクションでハイクラス・エグゼクティブ求人を保有しており、これらの案件は転職エージェントでも取り扱っていません。ヘッドハンターが持つ案件も候補に入れるためには、これから紹介する転職サイトに登録することをおすすめします。

特徴 求人数
ビズリーチビズリーチ ハイクラス
IT/コンサル
高年収
役員案件あり
約73,800件
iX転職iX転職 ハイクラス
全業界
IT/メーカー
800〜2,000万円
非公開
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト ハイクラス
全業界・職種
IT/メーカー
約103,640件
求人数は2022年5月時点の公開求人を掲載

積極的に転職活動はしてない人で、オファーの条件がよければ検討したい場合は、この3つすべてに登録しておくと良いでしょう。

3つすべてに登録することで、自分の市場価値を把握できるだけでなく、それぞれから届くスカウトメールを比較できます。

【スカウト】ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチはハイクラス・エグゼクティブ転職を考えているすべての人におすすめです。

ハイクラス・エグゼクティブ向けの転職サイトでは最大級の求人を保有しているため、年収600万〜1,500万円の優良企業と出会える可能性が高いです。

得意領域 IT・インターネット、コンサルティング、メーカー、建設・不動産、金融、サービス、医療、マスコミ・メディア、流通・小売、士業など

ビズリーチはハイクラス向けの転職サイトの中で保有求人がもっとも多く、求人が少ないCEO、CFO、COOなどのエグゼクティブ向けの求人も豊富にあります。

すぐの転職ではなく、良いハイクラス・エグゼクティブ向けの求人があれば転職したい人にもビズリーチはおすすめです。登録されているプロフィールを見て、人事やヘッドハンターからスカウトが届くので、どれぐらいの年収やポジションでオファーが来るのかを把握する意味でも利用してみましょう。

運営会社
公式サイト
株式会社ビズリーチ
https://www.bizreach.jp/
求人数 公開求人:約73,800件

コンサルタント:約12,530件
経営:約9,650件
管理部門:約6,280件
マーケティング:約4,400件
人事:約2,270件

ベンチャー:約6,890件
管理職:約5,290件
役員:約3,400件
外資系:3,130約件

1,000万円以上:約360件

おすすめの人

●管理職経験者、専門性の高いスキルを持っている人
●海外転職を考えている人
●中長期的に転職を考えている人
●現在の年収が500万円以上の人
●自分の市場価値を知りたい人

公式サイトはこちら

【スカウト】iX転職

iX転職

iX転職はパーソルキャリアが提供するハイクラス向け転職サービスです。職務経歴等を登録するとハイクラス求人を専門に扱うヘッドハンターから、経験・スキルにマッチしたスカウトが届きます。

現在のポジションから離れることに迷いがあり、転職するべきか悩んでいる段階でもヘッドハンターが将来のキャリアプランや今の状況を詳しくヒアリングした上で、適切なアドバイスをしてくれます。

得意領域 IT・通信、メーカー、金融機関、商社、サービスなど

転職サイトから応募すると、希望年収などの雇用条件は自分で交渉する必要があるのですが、iX転職では事前に希望を伝えるとヘッドハンター経由で年収・年棒の調整をしてもらえます。

運営会社
公式サイト
パーソルキャリア株式会社
https://ix-tenshoku.jp/
紹介実績 ●インターネット事業会社 事業戦略担当
●大手通信キャリア 経営管理(投資管理)
●セキュリティソフト会社 CFO(最高財務責任者)
●大手製薬会社 プロジェクトマネジャー
●国内大手自動車メーカー マーケティング&セールス(管理職候補)
●フリマアプリ運営会社 エンジニアリングマネジャー

おすすめの人

●ヘッドハンターにサポートしてもらいたい人
●市場価値を向上させたい人
●年収800〜1,000万円の非公開求人を紹介してもらいたい人

公式サイトはこちら

【スカウト】リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトはリクルートグループが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイトです。ハイクラス転職を専門としたヘッドハンターに将来のキャリア相談ができます。

リクルートダイレクトスカウトは登録したレジュメを見たヘッドハンターからスカウトが届く転職支援サービスです。

得意領域 IT・インターネット、メーカー、コンサルティング、不動産・建設、金融、流通・小売・サービスなど

自分で求人を探すのではなく、ヘッドハンターが希望に合わせて代わりに探してくれるので、想定していなかったハイクラス求人と出会える可能性があります。

運営会社
公式サイト
株式会社リクルート
https://directscout.recruit.co.jp/
求人数 公開求人:約103,644件

コンサルタント:約12,222件
管理部門:約10,538件
経営企画・事業企画:約9,657件
マーケティング:約6,869件
人事:約3,454件
採用ボード:約1,748件

管理職・マネージャー:約3,462件
新規事業:約3,192件
英語を活かす:約3,042件
日系グローバル企業:約2,891件
外資系企業:約2,626件

800万円以上:約42,708件
1,000万円以上:約25,275件
1,500万円以上:約17,640件
2,000万円以上:約17,009件

おすすめの人

●ハイクラスやエグゼクティブ転職をしたい人
●短期集中で期限を決めて転職をしたい人
●複業顧問を考えている人

公式サイトはこちら

ハイクラスに強い転職エージェントの選び方

ハイクラス・エグゼクティブ層に強い転職エージェントを選ぶ際に大切なのは、同じタイミングで複数のサービスに登録することです。同じタイミングで転職エージェント・転職サイトに登録すれば、それぞれのサービスが比較しやすくなります。

転職エージェントは基本的にどこも同じサービスを提供しています。違いは得意な業界・職種、サポートの手厚さ、担当キャリアアドバイザーとの相性だけです。

そのため、自分の希望に合う非公開求人が多いのか、担当キャリアアドバイザーとの相性はどうなのかは同じタイミングで登録し、同じ目線で比較するのが1番確かな方法です。

転職エージェント末永 末永

まずは求人が多い総合型転職エージェントのリクルートエージェントdodaの2社に登録し、さらに気になる1社に登録してみましょう。


その後は実際に面談を受けてみて、良いと思ったところに絞り込むと効率よく納得のいく転職を実現しやすいです。

転職エージェントの選び方や正しい複数利用法については、以下の記事で詳しく解説しています。

ハイクラスに強い転職エージェントを使い倒すコツ

ハイクラス・エグゼクティブ層が転職でエージェントを上手に活用するコツですが、サポートを担当するキャリアアドバイザーを味方にすることです。これはスカウト型の転職サイトにも言えます。

転職エージェント・ヘッドハンターは転職者からお金をもらうことはありませんが、紹介した人材を採用した企業が成功報酬を支払う仕組みになっています。

転職エージェント末永 末永

つまり、求人企業が採用したいと思える人材を紹介することが転職エージェント・ヘッドハンターには重要なことなのです。


このような事情があるので、利益に直結しそうな求職者に力を入れてしまうわけです。

この転職エージェント・ヘッドハンターの事情を理解した上で、自分の味方にできれば優先的に条件の良い求人を紹介してもらえたり、選考対策に時間をかけてもらえるようになります。

転職エージェントを賢く使い倒す方法や裏事情については以下の記事で詳しく解説しています。

ハイクラスがエージェントを利用するメリット

ハイクラス・エグゼクティブの転職活動で転職エージェントを利用すれば、さまざまなメリットが得られます。

実際にどのようなメリットがあるのかを以下にまとめてみました。

  • 条件の良い非公開求人の紹介
  • 履歴書・職務経歴書の添削、作成アドバイス
  • 質の高い面接対策で内定獲得率アップ
  • 業界・職場のリアルを教えてもらえる
  • 企業の人事に推薦してくれる
  • 企業との日程調整・交渉の代行
  • 年収・給料や雇用条件の交渉代行

ハイクラス・エグゼクティブの転職でエージェントを利用する最大のメリットは非公開求人を紹介してもらえる点です。

経営層に近い役職や重要なプロジェクトに関わるポジションなどは求人票から会社の内情が漏れるのを防ぐために、求人が非公開でエージェントに依頼されていることが多いです。

非公開求人も選択肢に入れられるかどうかで今後のキャリアの幅が大きく変わってしまうので、メリットに感じられたら転職エージェントを利用してみると良いでしょう。

これ以外のメリット・デメリットに関しては以下の記事で詳しく解説しています。詳しく知りたい人はこちらの記事もチェックしてみてください。

ハイクラス向けの求人が多い企業・職種

ハイクラス転職を考えているのであれば、ハイクラス人材を求めている企業や求人が多い職種を事前に把握しておくことが大切です。なぜなら把握していれば、その企業や職種に絞って求人を探すことができるからです。

というのもハイクラス転職は年収600万円以上の高年収職種、部長や課長などのマネージャー職、経営幹部や役員など、ワンランク上のポジションへ転職することです。

これらの職種はポジションに限りがあるので、全体的な求人数は一般転職と比較すると少ないのが実情です。

具体的にハイクラス・エグゼクティブ人材を求めている企業、求人が多い職種をまとめてみました。

ハイクラス人材を求めている企業の特徴

  • 事業拡大を目指したスペシャリストの募集
  • 急成長企業における経営・役員層の強化
  • 業績好調に伴うマネジメント層の増員
  • 日本国内における新規事業・新規拠点の立ち上げ
  • 海外における新規事業・新規拠点の立ち上げ

ハイクラス求人が多い職種

  • 経営企画・事業企画
  • 経営者・COO・経営幹部
  • 経理・財務・会計系
  • 営業系
  • 金融系専門職

転職エージェント末永 末永

これらの企業・職種の求人を多く取り扱っているのは、ハイクラス・エグゼクティブに特化した転職エージェント・転職サイトで、とくにおすすめなのはJACリクルートメントビズリーチです。


この2つは得意領域に偏りがなく、ハイクラス向けの求人を幅広く取り扱っているので、押さえておくと良いです。

ハイクラスに求められる能力・スキル

ハイクラス・エグゼクティブ向けの求人は管理職や経営幹部といった経営に関わる職種や、コンサルや金融業界など専門性の高い職種ばかりです。

そのため、求められる能力やスキルも一般転職と比較すると高いです。実際にどのような能力・スキルが求められているのか、以下にまとめてみました。

  • 課題や目標を設定する能力
  • 自分の見解やビジョンを周囲に伝え、動かす能力
  • 高度な折衝能力や専門的な知識
  • プロジェクトマネジメントの高い能力・実績
  • 人間性や会社に対する熱意

これらの能力・スキルが身についていないと、ハイクラス・エグゼクティブ向けの転職エージェントに登録してもサポートしてもらえない可能性があります。

なので、自分の経験・スキルに自信がない人や現在20代で将来的にハイクラス・エグゼクティブ転職を考えている人は、まずこれらの経験・スキルが積める企業へ転職すると良いです。

その企業でハイクラス・エグゼクティブ転職に必要な経験・スキルを身につけてから、先ほど紹介した転職エージェントを利用すると、納得のいく転職活動ができます。

しかし、効率よくハイクラス・エグゼクティブ人材に求められる経験・スキルが積める企業・職種に何があるのか、自分ではなかなか判断がつかないものです。

そういう人は大手転職エージェントに相談すると、将来のキャリアプランが叶えられる求人情報を提案してもらえるので、ぜひ相談してみましょう。

おすすめの大手転職エージェント

ハイクラス転職で気をつけるポイント

ハイクラス・エグゼクティブ転職をする際に気をつけるポイントですが、大きく以下の3つがあります。

転職を考えているハイクラス・エグゼクティブ層の人は気をつけてみてください。

ハイクラス向けの求人は自分が対象外の可能性がある

ハイクラス・エグゼクティブ転職は求人企業が求めているスキル・経験がなければ、転職エージェントに登録しても紹介できる求人がないといった理由でサポートを断られてしまう可能性があります。転職サイトによっては、現在の年収金額から登録すらできないこともあります。

つまり、ハイクラス・エグゼクティブ向けの転職エージェント・転職サイトを利用すれば、ハイクラスな職種へ転職できるわけではありません。即戦力として活躍できる専門性の高いスキル・経験が必要なのです。

先ほど説明したように採用要件を満たしていない場合は、まずは経験を積んでからチャレンジしたほうが結果としてキャリアプランを実現しやすいです。

給与が高い=幸せなのかを考える

ハイクラス・エグゼクティブ層向けの求人は、基本的に高年収であることが多いです。

ただ、今よりももっと年収をあげたいからといった理由でハイクラス・エグゼクティブ転職を考えるのは避けたほうが良いです。なぜなら、高い給与をもらえる仕事が必ずしもやりがいがあったり、自分に合う仕事とは限らないからです。

ハイクラス・エグゼクティブ転職を考える前に、自分がやりたい仕事と将来のキャリアプランを明確にし、転職で譲れないものは何なのかを自己分析で明確にすると、転職後のミスマッチを減らせます。

一定のリスクがあることを覚悟する

20代〜30代前半の一般転職と、30代・40代・50代のハイクラス・エグゼクティブ層の転職では、リスクに大きな違いがあります。

というのもすでに一定のポジションについている人は、そのポジションを捨てて転職することになります。そしてこれはすべての転職に共通する真理なのですが、転職が成功する確約や保証はないのです。

また、現在ハイクラス・エグゼクティブに所属している人は、少なからず現在の勤め先企業に育ててもらったという気持ちを持っているはずです。ハイクラス・エグゼクティブへの転職に臨むには、その恩義を振り切らなければなりません。

どこまでリスクを取ることができるのか、どこまで冷酷にビジネスに徹することができるのかしっかりと考えないと転職後に後悔を抱えてしまうことになります。

ハイクラス転職では人脈を活用するのもあり

ハイクラス・エグゼクティブ転職では、転職エージェント・転職サイト以外にもこれまで築いてきた人脈をフル活用して転職を成功させている人が多くいます。

ビジネスを通じてすでに信頼を勝ち取っている人脈を使えば、確かにハイクラス・エグゼクティブ転職を有利に進められます。

しかし、このようなコネクションを使ったハイクラス・エグゼクティブ転職ではメリットだけでなく、当然デメリットもあります。実際にどのようなメリット・デメリットがあるのかを以下で説明していきます。

知人紹介のメリット

ハイクラス・エグゼクティブ転職に置ける知人紹介のメリットには、主に以下の3つがあります

  • 選考が有利になる場合もある
  • 自分がどんな仕事をするのか事前に把握しやすい
  • 入社後、会社に馴染みやすい

知人紹介のもっとも大きなメリットは「選考が有利になる場合がある」です。

知人の紹介だと、人事担当に人柄や仕事の能力がきちんと伝わります。実際に書類選考はなく、面接で会ってみて感触を確かめるといった、最後の確認だけという場合が多いです。

また、入社後に自分がどのような仕事をするのか、どのようなポジンションが用意されているのか、事前に聞くこともできます。

知人紹介のデメリット

一方で、ハイクラス・エグゼクティブ転職における知人紹介のデメリットは以下の5つです。

  • 選考途中の辞退が難しい
  • 事前に聞いていた職場環境・仕事内容とのギャップを感じる
  • 知人との関係性が悪化する場合もある
  • 友人が職場では「上司」だった
  • 友人のコネで入社したという色眼鏡で見られる

知人紹介の場合、選考をスムーズに進められる反面、辞退したいときは言い出しにくいというデメリットがあります。

また、辞退してしまうと知人の顔に泥を塗ってしまって、人間関係が悪化してしまうこともよくある話です。転職話を白紙に戻したとしても、今後もその会社との取引や関係がある場合は、大きなダメージになってしまいます。

人間関係の問題でいうと、転職話を紹介してくれた知人が「上司」だった場合、どのように接すれば良いのか悩んでしまうことも多いです。1番多いのは、自分が紹介したから…という理由で、ミスに対して必要以上に叱られてしまったというケースです。

さらに、知人のコネで入社できたという色眼鏡で見られてしまい、早く成果を出さないといけないというプレッシャーで仕事がしづらくなることもありますね。

知人紹介は楽して入社できる!と思っている人が多いのですが、実はメリットよりもデメリットが多いことは把握しておくと良いでしょう。

ハイクラス転職を成功させた実例

実際にハイクラス・エグゼクティブ転職をしている人たちの実態についても紹介しますね。

それぞれについて以下で詳しく説明します。

収入増とポジションアップ

転職エージェント末永 末永

それなりの大企業でそれなりのポジションを獲得した人でも、さらなる収入増とより高い地位を求めることは自然です。事実、ハイクラス・エグゼクティブ転職では収入増とポジションアップが期待できます。


なぜなら大企業が部長以上のハイクラス・エグゼクティブ人材を探す場合、人材コストはひとまず度外視するからです。ハイクラス求人を出す企業は、それくらいハイクラス・エグゼクティブ人材を必要としています。


企業は本来、地位も年収も高いハイクラスなポジションは、できれば生え抜き社員に与えたいと考えます。しかしそのポジションに見合う人材が見つからない状況にあるのです。


よって、ハイクラス・エグゼクティブ求人を出す企業は必ず「この仕事をきちんとこなしてくれる人なら、高給、高ポジションで迎え入れたい」と考えているのです。

業界トップのライバル企業への転身

転職エージェント末永 末永

すでにハイクラスなポジションを獲得している人でも、その勤め先が業界2位や3位だった場合、自分は業界1位の社員たちより「下」という意識がぬぐえないことがあります。


業界1位企業が展開するビジネスは、ハイクラス・エグゼクティブになればなるほど魅力が高まります。ライバル企業である業界1位企業へのハイクラス・エグゼクティブ転職が成功すると、これまでの経験とスキルを活かしながら、よりダイナミックなビジネスに挑戦することができます。

業界下位のライバル企業への転身

転職エージェント末永 末永

逆に、業界のトップ企業に勤める人が、業界下位企業のハイクラス・エグゼクティブ転職に挑戦するのも意義深いものがあります。


下位企業に転身すれば、業界トップを目指すことができるからです。


なので、あえて業界トップではなく、業界では下位の企業へ転職して会社を大きく成長させるために力を尽くすのも1つの選択肢ではあります。

まったく別業種への挑戦

転職エージェント末永 末永

金融からメーカーへ、物流からITへといったように、まったく別業種に挑戦するハイクラス・エグゼクティブ転職は、ビジネスパーソンとしての視野を広げるきっかけになります。


ただ当然のことながら、別業種の業界特性を身につけなければなりませんし、まったく異なるスキルを獲得する必要があります。


しかし、メーカーは金融に精通した人材を必要としますし、IT企業が物流ビジネスに関与することは珍しくありません。そういった意味では、別業種間でのハイクラス・エグゼクティブ転職は企業を強くする効果もあるのです。

経営者への挑戦

転職エージェント末永 末永

ハイクラス・エグゼクティブにまで到達すると、将来、経営者になりたいと考える人も多いです。


その場合、ハイクラス・エグゼクティブ転職を複数回経験しておくと、さまざまなタイプの経営者を観察でき自然と「帝王学」が身につきます。


また、ハイクラス・エグゼクティブ転職を繰り返すことで自然と「人脈」も増えていきます。これらの経験や人脈が会社経営に役立ちます。

ハイクラス転職に役立つ関連記事

ハイクラス・エグゼクティブ転職におすすめの転職エージェント・転職サイトを紹介してきましたが、中には本当に信用できるのか、使い方が分からないといった不安もあると思います。

そういったハイクラス・エグゼクティブ転職を考えている人向けに、役立つ関連記事をまとめてみました。それも役立つノウハウが詰まっているので、気になるものがあればぜひチェックしてみてください。

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • はてなブックマーク

line

line

人気の転職エージェント