転職で給料が上がる?下がる?後悔しない転職をするには?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

年収アップを目指して転職する方が多いですが、転職したからといって必ず給料が上がるとは限りません。

給料が上がるケースもあれば、下がるケースもあります。その二つを紹介した上で、給料で後悔しない転職をするためにはどうすればいいのか、重要ポイントを紹介しましょう。

転職で給料が上がるのはどんな時?

転職で給料が上がるのはどんな時かを知れば、どうやって転職すれば給料が上がるのかが見えてきます。ただし、高すぎる給料には注意が必要ですよ。

相場の範囲内で給料が上がる場合

転職をして給料が上がるケースには、主に次の三種類があります。

・転職先の業績が好調
・実力主義、インセンティブによる給料アップ
・転職時、自分を上手に売り込んだ

当然のことながら、業績が悪い会社は従業員に高い給料を払えませんよね。無い袖は、どうやっても触れません。逆に業績が好調なら、人件費に高い投資を行う余裕が生まれます。前の会社より業績が良い場合、給料が上がるわけです。

また、実力主義の会社であれば、インセンティブで給料が上がる場合があります。

基本給が前の会社と近い数字で、なおかつ成績も良ければ、それだけ給料は高くなりますよね。基本給は高くなくとも、働いていくうちに成績を上がることがあるでしょう。最初は「それほどだな」と思っていたとしても、そのうちに給料もアップする場合もあります。

以上二つは「会社の都合」によって給料が上がるケースです。会社選びの段階で、給料が上がることが半ば確定していたようなものでしょう。

そうでなくて、転職時に給料アップが決まったというケースもあります。それは、「転職時に上手に自分を売り込んだ場合」です。自分を採用するメリットは何なのかをハッキリ伝えれば、相手はあなたに期待をします。その期待の分だけ、給料が上がるわけです。

相場を逸脱した高い金額を提示された場合

「期待をすれば給料が上がる」と語りましたが、この期待が過度だった場合、どうなると思いますか? 相場を逸脱して、非常に高い金額を提示されるんです。それは嬉しいことかもしれませんが、不都合もあります。

過度な期待をされている場合、働いているうちに「期待はずれ」の烙印を押されてしまう可能性が高いんです。入社後のハードルが、とても高くなってしまいます

また、「高い金額で求人を行わないと求職者が来ない状況にある」可能性も高いです。
その場合、何か会社に不都合があるのではないかと考えられます。たとえば、こういった不都合を抱えているかもしれませんよ。

・残業時間があまりに長すぎる
・パワハラが横行している
・激務
・業務内容に何か後ろめたいものがある

あくまでも可能性の話ですが、相場を逸脱する水準でオファーされた場合、警戒しておくに越したことはありません。少なくとも、業務内容は確認しておきましょう。会社は自分に何を期待しているのかを知ることで、ミスマッチを防ぐことができます。

転職で給料が下がるのはどんな時?

転職で給料が上がるケースを紹介しましたが、反対に下がるケースも気になりますよね。給料が上がるケースは会社都合の理由が多いですが、下がる場合は自分に原因がある場合が多いです。

転職理由に原因がある

「どうして、転職を考えたんですか?」

中途採用の面接で、必ず聞かれることです。転職理由を聞くということは、離職理由を聞くということ。前の職場を辞めた理由は、後ろ向きであることが多いのではないでしょうか。前向きに転職する人もいますが、それよりも「前の職場に不満があるから」辞める人が多いですよね。

ただ、それを正直に伝えた場合、給料が下がる可能性が高いです。

転職理由が後ろ向きだと、「不満があると、また辞めてしまうのでは?」という疑念が出てきます。一度その疑念が頭をよぎると、採用を躊躇ってしまうんです。そして、提示される条件が低くなってしまうのです。なんとなく、気持ちはわかりませんか?

後ろ向きより、前向きな理由の方が印象が良いのは当然ですよね。

異業種・未経験だから

給料が下がる原因は「業界や職種選び」という根本的な部分にある場合も多いです。具体的には、異業種・未経験転職をする場合ですね。

異業種や未経験の職種に転職すると、これまでのキャリアが引き継がれません。一度キャリアが途絶えることになります。経験したことない業界、職種であれば、転職者の実力を示す指標がありません。

実力がわからない人間に、高い給料は払えませんよね。

条件は明確?

転職をするからには、これからの人生設計(キャリアプラン)を立てる必要があります。自分の将来設計が曖昧だと、転職先に何を求めるのかという「条件」まで曖昧になってしまうんです。

この条件が曖昧だと、当然ながら「給料」「休日」「やりがい」などの優先順位も曖昧になってしまいますよね。ここが曖昧だと「なんとなく」という軽い気持ちで応募する企業や、転職先を選んでしまうことになります。

これからの人生を左右する重大な決断を「なんとなく」でしてしまったら、納得できる結果は得られません。

後で「給料が思ったよりも低い、こんなはずじゃなかったのに」と後悔する羽目になります。

そうならないために、給料や休日日数などの希望条件をしっかり決めておきましょう。

給料が下がっても転職した方が良いのはどんな時?

給料が上がるケースと下がるケースを紹介しました。それらを知り、出来るだけ給料が下がらないように転職をするのがベストですよね。ただ、給料が下がったとしても、転職した方が良いという時もあります。

大事なのは目的意識

明確な目的意識がある場合、給料が下がるのを恐れず転職した方が良いでしょう。

たとえば、次のような場合です。

・キャリアアップしたい
・新しい環境に身を置きたい
・仕事より、プライベートを大切にしたい

キャリアアップを狙うのであれば、給料が下がるのを恐れてはいけません。キャリアアップのため、給料が下がってでも新しいことにチャレンジしようとしているんですよね。一度給料が落ち込んだとしても、キャリアアップに成功すれば、前より上がるでしょう。一旦給料が下がることを恐れて、そのチャンスを潰すのはもったいないです。

新しい環境に身を置きたいと考えている人も、同じですよ。新しい環境で心機一転がんばろうとしているのに、給料が下がることを恐れてはいけません。努力次第で前よりも幸せになれる可能性があるんだから、自分の未来を信じて飛び込むべきです。

また、仕事よりもプライベートを重視するなら、給料が下がっても仕方がありません。

高い給料とプライベートの充実は、なかなか両立できないものです。給料を優先すれば、プライベートの時間が削られる。逆もまた然りです。ワークライフバランスと言いますが、これは天秤と同じ。「ライフ」を重視したいのであれば、当然「ワーク」の比重が軽くなります。

給料が下がっても、その分だけ自分の時間を大切にできれば、結果的に幸せになれるんです。

給料が下がる転職を検討する場合、考えるべきポイント

給料が下がったとしても、恐れず転職した方が良い人もいると語りました。ただ、給料が下がりそうな転職をする場合、考えておくべきポイントがあります。

・給料より優先したいものがあるか
・生活レベルを、どの程度までなら下げられるのか

給料より優先したいものがあるなら、多少給料が下がるのには目を瞑ることができますよね。それを考えると「転職するかどうか」の判断ができます。ただ、無制限に給料が下がっては生活に支障が出るでしょう。

そこで、給料をどこまでなら下げられるのか、給料の最低ラインを考える必要があります。
その二つを考えた上で、転職に踏み切りましょう。

給料について後で後悔しない転職をするには?

残念ながら、転職したからと言って一概に給料が上がるわけではありません。よくよく考えずに「なんとなく」で転職してしまうと「転職しない方が良かったかも」という状態に陥ってしまうことも。「給料で後悔しない転職」をするにはどうすれば良いのでしょうか?

リサーチを怠ってはいけない

転職をする際、相手企業のことを調べますよね。この「リサーチ」を怠らないことが、後悔しない転職をするための第一歩となります。ただ、正直なところ調べる部分が多すぎて、何を調べればいいのか迷いますよね。

一番調べておくべきことは、これらです。

・転職先の給与形態
・企業の業績
・業界全体の平均年収

企業の給与体系は、「前給保証」「年功」「成果ベース」の三種類があります。

「前給保証」は、前給をベースにして給料を上げたり下げたりする体系のことです。自身のスキルや経験、キャリアや実績などが判断基準となります。同じ業界や職種内での転職の場合は、給料が上がるケースが多いです。

「年功」は、年齢別の給与テーブルで給料が決まります。前の会社での給料が、自分の年齢の平均年収より低い場合は上がり、高い場合は下がるでしょう。

「成果ベース」は、入社後の努力や成績次第で給料が決まります。成績次第では、驚くほど高い給料を得ることもできるでしょう。ただ、成績が悪いと驚くほど給料が低くなる可能性もあります。ギャンブル性が強いですね。

転職先企業は以上三つのどれにあたるのかを調べた上で、企業の業績も調べてください。業績によって給料が上がり下がりするため、業績は転職先を選ぶ上で大事な要素です。上場企業なら有価証券報告書を見てみましょう。

その会社に勤めた経験のある人に聞いたり、社員・元社員の口コミサイトを見るのも効果的かもしれませんね。

また、その企業だけでなく、業界全体の平均年収なども調べておいたほうが良いです。業界全体で給料が低いものもありますからね。

優先順位をハッキリさせる

企業リサーチをしっかりしたところで、次に考えるべきは「優先順位」です。

キャリア形成を優先させるのか、それとも給料アップを優先させるのか……

キャリア形成優先なら、給料が下がることも覚悟しておくべきです。給料アップを優先させるなら、キャリア形成は困難な場合があります。長期的に見ればまた違ってきますが、短期的に考えるとキャリア形成と給料アップはトレードオフになることがあるのです。

どちらを優先させるのかをハッキリさせることで、転職活動の方針が決まります。

最後は交渉で決まる

最後に「交渉」することも忘れてはいけません。

結局、大事なのは最後の交渉です。自分自身が希望する給与水準を明確にし、それを相手に伝えましょう。相手はあなたの求める水準を知りませんからね。それを相手に理解してもらった上で、自分がその給与に見合った人材であることをアピールしましょう。

最後は、上手に交渉できるかどうかで運命が決まります。

給与交渉のやり方については、以下の記事で詳しく説明していますので、参考にして見てくださいね!

転職時の給与交渉をプロが伝授!年収アップのポイントを解説します!

2017.09.29

まとめ

転職は、より良い待遇を勝ち取るためのものですよね。ただし、転職の目的や個人の心がけ次第では、給料が下がることもあります。必ずしも、給料が上がるわけではありません。

転職をして給料で後悔してしまったら、また仕事を辞めたくなってしまうでしょう。転職してまた転職……と職を転々とするのは、社会的信頼を失います。転職回数は少ないほうが良いですから、後悔しない転職をすることはとても大事です。

そのために、給料より優先したいものはあるか、よく考えてください。転職を決意したら、転職先企業のリサーチをしっかりと行い、給料の交渉をしましょう。

最後に、転職時でオススメの転職エージェント

転職を検討されているなら、転職エージェントのサポートを受けた方が良いでしょう。

理由として企業情報は、もちろんのこと転職情報含め面接では人事の特徴を前もって知ることが出来るなど転職活動を一人で進めるより遥かにメリットが多くあります。

ただ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、優秀なキャリアコンサルタントに出会うためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきだと考えています。

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25