ボーナスをもらってから退職できる?辞めるタイミングも伝授します!

お金 給料 ボーナス お札 通帳

    この記事では、ボーナス支給に関する就業規則をはじめ、退職するタイミングなどについて解説していきます。

    ボーナスをもらってから退職できるのか不安を抱えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

ボーナスをもらってから退職することは可能

就業規則にもよりますが、ボーナスが支給されるのなら、もらってから退職ができます。

ただ、ボーナスをもらってから退職はできますが、欲張った結果、転職のタイミングやチャンスを逃してしまわないよう気をつけましょう。

なぜ転職するのか、その目的に立ち返ったほうが納得のいく転職ができるので、ボーナスはもらえないという認識でいたほうが気が楽ですよ。

とはいえ、もらえるのならもらって辞めたいと思うのが人の性なので、ボーナスをもらって退職するにはどうすれば良いのか、以下で詳しく解説していきますね。

ボーナス支給に関する就業規則のチェックポイント

ボーナスについての規定があれば支払い義務が生じますが、ない場合は支払い義務はありません。そこで、ボーナス支給に関する就業規則のチェックポイントは、以下の3つです。

上記3つのポイントについて、次で詳しく解説していきますね。

支給日在籍要件の規定

支給日在籍要件の規定は、その会社の就業規則により変わってきます。一般的に賞与を規定している会社の多くが6月・12月の年2回、会社の実績に応じて在籍する従業員へ勤労に対する手当として支給すると取り決めをしています。

その一方で、賞与支給日に在籍しない者には賞与を支給しないという支給日在籍要件がある場合もあります。この規定がある場合、定めにより会社側が支給しないことが認められています。

支給されない場合の規定

就業規則などの記載内容により変わってきます。通常、ボーナスという賞与は、会社の実績に応じて支払われるものですから、基本的に賞与支給日に在籍しない従業員には支払う必要がないんです。

たとえば、6月末にボーナスが支給される会社を5月末に退職している場合、支給日在籍要件を規定しているなら、会社側がボーナスを支払う必要がない、ということです。

ただ、年俸制などの契約をしている場合には、支払い義務が生じる可能性がありますね。

退職における減額規定

退職を理由にボーナスの支給額が減額されるケースもあります。そもそもボーナスは年収の調整、過去の貢献や成果の配分、将来性の評価に基づいて決定されます。

たとえば、会社のボーナス支給日は7月10日だったとしますよね。そして6月下旬に7月30日付けで退職したいと申し出た場合、減額されてしまう可能性があります。

なぜなら、将来的に自社に貢献してくれる可能性が低いと判断されるからで、2割程度が減額される場合があります。

有給消化中に支給日がある場合

有給休暇中は会社に籍があるため、支給日在籍要項に関わらずボーナスの支給対象となります。

ただ、金銭面では会社の業績や評価によるため、退職することが確定しているのであれば、上記で説明したように減額される場合はあります。

ボーナスをもらって退職するタイミング

ボーナスをもらってから退職したい、そんなふうに考えている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、夏のボーナス・冬のボーナスに分けて紹介していきたいと思います。

夏のボーナスをもらって辞めるタイミング

一般的に応募から内定までは、1.5ヶ月くらいかかります。

ですから、余裕を持って2ヶ月前から転職活動を始める場合、夏のボーナスなら4月に活動するのがベストだと言えますね。

ただ、内定がなかなかもらえず半年かかる場合や、2〜3週間で内定がもらえる場合もあり、運によるところがありますので、タイミングを見極めましょう!

冬のボーナスをもらって辞めるタイミング

冬のボーナスについてですが、余裕を持って2ヶ月前から転職活動を始める場合、冬のボーナスなら10月に活動を始めるのがベストでしょう。

夏のボーナスと同じく、運によるところがあるため、辞めるタイミングをしっかりと見極めることが重要になりますね。

転職が成功しやすい時期や、ボーナスをもらってから転職するならいつが良いのかについて以下の記事でご紹介しています。こちらもご覧になってみてください。

関連記事転職にベストな時期|第二新卒・中途・ボーナス別におすすめ月を解説!

印象を悪くせずにボーナスをもらってから退職する方法

印象を悪くせずにボーナスをもらってから退職するなら、退職交渉を上手にすることが重要です。

基本としては、会社に感謝の意を伝えつつ、決定事項であることを伝えましょう。早急に迷惑がかからない引き継ぎを自ら提案するなど、印象が悪くならないよう行動することが大事です。

退職理由を会社への不満ではなく、「この会社では叶わないけど、新しい会社で叶えることができ、そこでさらに成長したい」などの理由にするのが好ましいと言えます。

退職をするならいつ・どこで伝えるべきなのか、ケース別に円満退職の切り出し方を以下の記事で解説しています。こちらも合わせて参考にしてみてくださいね。

関連記事上司への退職の切り出し方!ケース別退職理由の例文付き!

ボーナスもらって転職をする方法

転職を決意したものの正直欲をいうなら、ボーナスをもらってから転職ができればな…と思う人もいるのではないでしょうか。

しかし目的は、目先の「ボーナス」ではなく、次の環境で仕事をすることだと思います。

原点に立ち返って、何のために転職をするのか、その目的を忘れずに転職したほうが成功させやすいです。ボーナスはあくまでも「おまけ」だと思うようにしましょう。

とはいえ、ボーナスをもらえるのかな?などのタイミングも含め、転職全般に関するプロの知識を持っている転職エージェントに相談をする方法もおすすめです。

ただ、担当のキャリアアドバイザーによって差があります。なので転職エージェントは、いくつか相談をしましょう。

下記から主要な大手転職エージェントを紹介しているので、見てみましょう。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

UZUZに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

ITエンジニア経験者支援に特化した専門エージェント

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます。
※エンジニア未経験者向けの求人は保有しておりません。

ポイント

  1. 保有求人7000件以上の約8割が年収600万円以上のハイクラスIT求人
  2. 大手IT系・Web系企業からスタートアップまで幅広く網羅
  3. WEB・アプリエンジニア、インフラエンジニア、PM、ITコン、SEなど多様な職種に対応

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENTに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント