現役の転職エージェントが裏事情を大暴露!報酬体系ってどうなってる?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今回は新卒でリクルートへ入社し、今も現役で転職者のサポートを続けている筆者が転職エージェントの裏事情を暴露します。

転職エージェントが無料で利用できるのって知ってますか?現在、利用している人は分かると思いますが、まだ利用していない人は分からないことですよね。

そうです。転職エージェントは無料で利用できるのです。でも、無料なのに「なんで転職をサポートしてくれるの?」「本当に親身になって相談に乗ってくれるの?」って不安になる人も多いのではないでしょうか。

今回はそう言う人向けに、転職エージェントの報酬形態を含めた裏事情を教えちゃいますね。他にも気になるアレコレを大暴露しているので、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね!

転職エージェントの裏事情を知る前に

転職エージェントの説明
転職サイトの説明
この記事を読んでいるということは、利用する前に転職エージェントのぶっちゃけた裏事情を知りたいってことですよね。

新卒でリクルートに入社し、現在も現役の転職エージェントとして転職者のサポートを続けている筆者が、転職エージェントの気になる裏事情を暴露します!

転職エージェントの裏事情を話す前に、まず知っておきたいのは「転職サイト」と「転職エージェント」の違いです。

正直な話、転職サイトと転職エージェントの違いって分かりますか?

両方とも転職者のためにあるサービスなのですが、内容はまったく違います。その詳細について、表を使ってご紹介していきますね。ぜひ、見比べてみてください!

転職エージェント 転職サイト
料金 無料 無料
求人数
情報量
サイト上に掲載されている求人の他に、非公開求人がある。

企業の特徴・傾向など、キャリアアドバイザーを通して知ることが可能。

サイト上に掲載されている求人のみ。

企業の特徴・傾向は自身で調べる。

キャリアアドバイザー 転職支援のプロが在籍。

電話・対面でのカウンセリング、サポートが受けられる。

なし
転職相談 担当アドバイザーにキャリアプラン・未経験からの転職などの相談が可能。

転職における悩み相談もできる。

なし
書類添削 応募企業に合わせて書類の書き方を指導してもらえる。

自分の強みを見つけ出し、アドバイスが受けられる。

なし
日程調整 複数企業への同時応募の際、面接の日程調整・入社日など。

全てアドバイザーに調整してもらえる。

全て自分で調整を行う。
面接対策 キャリアアドバイザーからアドバイスがもらえる。

模擬面接などを行い、本番に備えられる。

なし

上の表のように、転職エージェントでは転職活動で不安に思うことが多い応募書類の添削やアドバイス、模擬面接などのサポートをしてくれます。

一方で転職サイトは気軽に利用できるものの、選考の準備・調整や面接対策などをすべて自分でやらないといけないので、転職活動に余裕を持てなくなりがちです。

落ち着いて選考に集中したいのなら、断然転職エージェントの利用をおすすめしますね。

関連記事
転職エージェントと転職サイトの違いについて、さらに詳しく知りたい人のために、おすすめの記事を集めてみました。

転職エージェントと転職サイトについて、それぞれの特徴などを解説しているので、気になる人は目を通してみてください。

転職エージェントに使われるな、使え。〜成功のために使い倒す3つのテクニック〜

2019.02.04

【2018年最新】オススメの転職サイトをプロが徹底解説!

2017.07.10

現役エージェントが転職エージェントの裏事情を大暴露!!

転職エージェントの裏事情について、とくに気になることを5つに分けて詳しく説明していきます。

なんで無料で利用できるのか、求人企業が高い報酬を払ってまで転職エージェントを利用するのかなど、ぶっちゃけでご紹介していきたいと思っています。

裏事情①:転職エージェントのビジネスモデル


転職エージェントはもちろんのこと、転職サイトも無料で利用できます。

とくにいろいろなサポートをしてくれる転職エージェントが無料で使える理由って分かりますか?

転職エージェントはボランティアで転職のサポートをしているわけではなく、ビジネスとしておこなっているので、当然ですが利益を出す必要があります。

どこから報酬を得ているのか、そのビジネスモデルについて詳しく説明しますね。

  1. 人材を必要としている企業から求人をもらう。当然、その際に求める人物像や能力などをヒアリングする。
  2. 転職希望者と面談や連絡を取って、要望や能力をヒアリングする。
  3. 企業が求める人物と転職希望者が求める企業とを適切な形でマッチングする。この際、どちらにも満足いくようなマッチングをしている。
  4. 企業の担当者は、転職エージェントに紹介された人に関する資料や、エージェントの評価をもとにその人と面談をするかどうかを決める。
  5. 面談後、双方が了承すれば転職希望者は企業と雇用契約を結ぶ。

⑤の雇用契約が結ばれて、初めて転職エージェントに紹介手数料として利益が発生します。

雇用契約が結ばれない限り、転職エージェントには利益が発生しません。

そのため、転職エージェントは企業と雇用契約が結ばれるよう、適切なマッチング・親身な対応をするのです。

つまり、転職エージェントは転職希望者から報酬を得るのではなく、企業から報酬を得ているのです。

無料で転職者の相談に乗ったり、サポートをしているとボランティアや世話好きな飲み屋のおじさんだと思われることも多いのですが、実は違うのですよね(笑)

転職エージェントの紹介手数料ってどのくらいなの?


転職希望者から報酬を得ていないのは分かったものの、企業からはどれだけの紹介手数料を得ているのか気になりますよね。

転職エージェントは転職希望者と企業が雇用契約を結ばなければ利益が発生したいため、成果が何よりも大切になってきます。転職希望者の一人一人に対して相当な時間を割く必要があります。転職希望者が選考に突破できるように、何度も模擬面接などを丁寧に行なうのが転職エージェントの仕事なのです。

そこまで手間暇をかけるのであれば、「紹介手数料がすごく高いんでしょ?」「実は相当利益が高いんでしょ?」って疑問に思う人も多いと思います。

ぶっちゃけて言いますが、紹介手数料は高いです。

転職エージェントの報酬に決まりはありませんが、基本的には転職者の年収3割〜3.5割と言われています。

転職者の転職先での年収が…

500万円であれば報酬は150万〜175万円

1000万であれば300万〜350万円

基本的な報酬はこのような感じですが、特例として大規模採用を行なう場合は、人数あたりの報酬形態になることもあります。景気によって報酬は大きく左右されますが、現在の景気であれば高いと言えますね。

景気が良い時期は採用活動が活発に行われ、また企業が採用に対して予算もかけられるので、転職エージェントも高報酬を得られる仕組みになっています。

逆に景気が悪いと、企業は採用に対して予算をかけられないので、転職エージェントは企業からの報酬が少なくなってしまいます。

とはいえ、人材紹介業は原価がかからないので、利益率はとても良いのですけどね。

裏事情②:高い報酬を払ってでも企業が転職エージェントを利用する理由


例えば、年収500万円の人を採用すると、企業は報酬として150万〜175万円のお金を転職エージェントに支払う必要があります。

「こんなに高い報酬を払ってまで、なぜ企業は転職エージェントを利用するのか?」って疑問に思ってきませんか?

筆者もよく疑問をぶつけられるので、その理由をぶっちゃけでお答えしますね。

通常の金銭感覚だと企業が1人を採用するのに、数百万円もかけるのは高いと思います。正直な話、普通に求人を出したほうが安く済むのでは?と考える人もいますよね。

ところが求人サイトに求人を載せるのも、実は高くつくんですよ。

タダで利用していると分からないことですが、求人サイトに求人を掲載するだけで週に数十万円もかかります。しかも、求人サイトを利用する企業はごまんとあるので、高いお金を払って掲載したのに応募が来ない可能性もあります。

逆に求人サイトに載せたことで応募が殺到してしまい、人事の仕事が増えてしまって、結局余計なコストがかかってしまうことも。人件費や工数を考えると、転職エージェントを利用したほうが有益な場合が多いのです。

転職エージェントを有益に利用するためには

転職エージェントの報酬形態を分かっていれば、より転職エージェントを効率よく利用することができます。

転職エージェントは求人企業からの紹介手数料で利益を得ており、求人企業は業務の効率化をはかるために転職エージェントを利用しています。

人気のある企業であれば、求人も殺到しやすいです。応募者が多ければ多いだけ、人事の仕事は増え、また優秀な転職希望者が他の人に埋もれてしまう恐れもあります。

そうならないためにも、求人企業は高い報酬を支払う必要があっても、転職エージェントを利用するのです。

その求人企業の思惑を理解しながら、転職エージェントを有益に利用するためには、自分を有益な商品に見せることが重要です。

マッチングがうまくいきそうな人であれば、転職エージェントはより一層大切に対応してくれるでしょう。なぜなら転職が成功すれば、数百万円の利益が出るからです。

転職エージェントを有益に利用するために、報酬形態を知っていれば効率的に転職活動を進めることができますよ。

末永
転職ってどうしても不安に思ってしまいますよね。それが初めてであれば、なおさら不安に思うことが多いですよね。

不安を抱えながら1人で転職活動を進めても、精神的な負担を感じ、ストレスばかり溜めてしまいます。話すことでラクになることも多いので、転職の専門家である転職エージェントに相談ベースでも良いので登録することをおすすめします

転職エージェントは転職のプロなので、転職に関するあらゆる疑問点や希望している業界・職種・企業に関する情報を入手できます。単に将来どうしたら良いのか、転職したら良いのか、その相談でも問題ありません

とはいえ、転職エージェントも大手から中小まで、様々なものがあります。今回はその中でも筆者がとくにおすすめする転職エージェントをいくつかご紹介しますね。

転職エージェントがどういうサービスなのか、どういうサポートをしてくれるのか、それを知るには大手転職エージェントがおすすめです。業界大手のリクルートエージェントマイナビエージェントに、まず登録してみましょう。

ただ、多くのキャリアアドバイザーが在籍する大手転職エージェントは、担当になるキャリアアドバイザーによって、サポートの質が変わってきます。転職活動をスムーズに進めたいのなら、1社だけでなく2社両方に登録して、その中から自分と1番相性が合うキャリアアドバイザーと転職を進めていくことをおすすめします。

下記からリクルートエージェント、マイナビエージェント、への登録が可能です。

裏事情③:キャリアアドバイザーの評価にも関わる!?


転職エージェントのビジネスモデルの裏事情についてご紹介しましたが、次はもっと踏み込んだ「キャリアアドバイザーの裏事情」についてご紹介していきます。

他の職種と同様に、転職エージェント内にもキャリアアドバイザーの個人の営業成績があります。

実はキャリアアドバイザーにもノルマが課せられており、少しでも多くの転職者のサポートをし、転職成功へと導いて行く必要があります。

どのぐらい紹介したら評価が上がる、という具体的な数値は残念ながら明らかになっていません。

ただ、自分が担当している企業にA〜Cまで、難易度・優先度が設定してあります。

中には「●●までに、この求人を決める」といった細かい目標も掲げられていることもあります。

営業要素の強い会社では、ノルマ進捗管理表でしっかり管理され、毎週の申し込み・入社が決まった人数などが細かく管理されています。

目標達成できない場合、賞与が出ない降格されることがあります。

もちろん、すべての転職エージェントがこれに該当するというわけではありません。

裏事情④:転職者はエージェント内でランク付けされている!?


実は転職エージェント内で、転職者はランク付けをしています

「同じ転職者なのに、なぜランク付けをするの!?」と思う人も多いと思います。ランク付けする理由としては、転職エージェントの利益が転職者の年収によって左右されるからです。

転職者が転職に成功すると、転職エージェントには転職者の転職後の年収3割程度の報酬が入ります。

このように転職者の年収によって、利益が変わってくるため、年収の低い転職者の優先順位が低くなる傾向にあります。

また、キャリアアドバイザーだけが知っている裏スペックも実はあります。求人票には掲載されていないけど、35歳以下が対象・学歴の制限がされているなど。

年齢や性別などで制限することは「雇用対策法」や「男女雇用機会均等法」によって禁止されていますが、転職エージェントが保有している求人は制限が設けられているケースが多いのも事実です。

高い報酬を払うため、少しでも優秀な転職者を求めるのは当然のことではありますが……。

裏事情⑤:書類選考率と内定率のヒミツ


転職活動を長引かせないためにも、少しでも書類選考通過率や内定率が高い方法で進めていきたいものですよね。

ぶっちゃけ、転職エージェントを利用した場合の内定率って気になると思います。参考程度ですが、書類選考通過率と内定率、それぞれの目安をご紹介します。

転職エージェントを利用した場合の書類選考率は約30%です。一方で内定率は約30〜50%となっています。

気になる人気企業・上場企業の内定率ですが、約60%で一般的な企業よりも高くなっています。

一般的な中小企業やベンチャー企業よりも、人気企業・上場企業の内定率が高くなっている理由としては、転職エージェントにだけ求人を載せていることが多いからです。中小企業などは大企業と比べ、資金力が弱く、同じ求人募集でも転職エージェントだけでなく、転職サイトやハローワークも並行して使っています。

転職エージェント以外の手段もあるので、そこから良い人材が見つかれば、その人を採用しますよね。だから中小企業やベンチャー企業の内定率が低くなっているのです。

ただ、内定率は業界や職種、年齢などによって異なってくるので、この数値は参考程度にしてくださいね。

書類選考通過率について、さらに詳しく説明している記事をご紹介します。書類選考通過率の高める方法も紹介しているので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

転職での書類選考通過率ってどれぐらい?確率を上げるコツ大公開!

2019.01.05

裏事情を知った上でおすすめする転職エージェント10選!


転職エージェントの裏事情について、あれこれ説明しましたが、本気で転職を成功させたいのなら、転職エージェントの利用をおすすめします

転職エージェントもボランティアではないので、当然利益を追求しますが、それこそ信頼して頼れるのだと筆者は考えています。

例えばですが、何の利益も得られないのに真摯に助けてくれる人って、ちょっと胡散臭くないですか?この人って本当に信用できるのか……とつい思ってしまうことがあると思います。もっと分かりやすく言うと、よく分からない人が作ったクッキーと、有名な洋菓子店が作ったクッキーがタダでもらえることになったとき、どちらなら安心して口に入れられるのかと同じです。

転職エージェントはビジネスであるからこそ、基盤がしっかりしており、信頼して転職を任せられるのです。

とはいえ、たくさんある転職エージェントの中からどれを選んで良いのか分からなかったり、そもそもまだ具体的に考えていない人もいるかと思います。

ですが、「ここの企業や職種に転職したい!」「こういうキャリアを築きたい!」など、具体的な転職へのイメージを持っていない人でも、キャリアアドバイザーは漠然としている転職のイメージや今後のキャリアプランをあなたと一緒に考えてくれます。

一緒に考えてくれるので、当初は想像もしていなかった企業や職種にチャレンジできたり。キャリアアドバイザーと話すことで、選択肢の幅を広げることもできます。

まだ具体的にどうしたいのか分からない人は、転職を実際に始めるか始めないかという二者択一というよりは、まずは転職エージェントに相談をしてみて、転職へのイメージを具体化することから始めてみましょう!

ただ、キャリアアドバイザーも人によってサポートの質が変わってくるので、大手転職エージェント2社、特化型1社に登録することをおすすめします。登録するとそこで満足してしまいますが、実際にキャリアアドバイザーと面談し、その中から自分と1番相性の良いキャリアアドバイザーと一緒に転職活動を進めていきましょう!

この行動があなたの今後のキャリアにとっての転機になってほしいと思っています。

下記で、各転職エージェントについての特徴とおすすめの人を載せているので、参考にしてみてください!

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

転職エージェントをより詳しく知りたい人へ

転職エージェントについて、さらに詳しく知りたい人向けに、転職エージェントの評判や活用方法、選び方などが記載されている関連記事を集めてみました。

もう少し転職エージェントを使うべきか検討してみたい人、より詳しく知りたい人はぜひ目を通してみてくださいね!