転職での書類選考通過率はどれくらい?成功率が上がる秘訣を大公開!

応募書類を目の前に書類選考の通過率を気にしている

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

筆者が今まで受けてきた質問の中で、書類選考の通過率を教えて欲しいという質問は結構多かったです。

特に第二新卒など、若い転職者がそういう質問をしてくることが多いのですが、初めての転職だと何パーセントで受かるのかよくわかりませんよね。

今回は、転職とプロと自負している筆者が、書類選考の通過率について解説していきます。

また、書類選考を通過率するための、具体的なノウハウも紹介していくので、転職者の方は必見です。

書類選考の通過率は30%!

書類選考の通過率は、平均で約30%です。この30%という数値は、人材紹介会社なら実際に書類選考を受けた転職者たちから大抵データを取っています。

直接何社かの人材紹介会社にお話を聞いたことがありますが、多少の誤差はあるものの、やはり30%に近い数値で落ち着いていました。

ただ、所詮平均であって、転職者の経験、年次、人柄、エントリーする求人によってパーセントは変動するため、必ずしも30%というわけではありません。なので、あくまで参考としてみてください。

内定をもらえる確率は約6%

人材紹介会社は、書類選考の通過率だけでなく、それからの面接や内定をもらうまでの確率もデータ化していることがほとんどです。

ちなみに、書類選考含める内定までの選考プロセスは、一般的に以下のようになっています。

  1. 書類エントリー
  2. 1次面接
  3. 最終面接
  4. 内定

上記選考プロセスの通過率は、だいたいどの人材紹介会社に聞いても以下のようになっていました。

  • 書類選考通過率:約30%
  • 1次面接通過率:約30~40%
  • 最終面接通過率:約30~50%

この確率で選考が進んで行けば、30%×40%×50%=6%の内定獲得率という事になります。という事は、内定1件を獲得するためには、少なくとも17件以上の求人に応募しないといけないことになります。

実は意外と通らない書類審査!


初めて転職する人には驚きの結果だと思いますが、書類選考は意外と通らないんです。単純に考えても、5社の1次面接に行くために、15社へエントリーして書類選考を受けないと行けません。

本当のことを言うと企業側としても転職者全員と実際に会ってみて、価値観や将来のキャリアプランを確認したいと言うのが本音です。

ただ、それだとあまりにも膨大な時間がかかってしまいますよね。なので、あらかじめ書類選考で転職者をふるいにかけているのです。

中には本当に良いスキルを持っている人もいるのですが、応募書類を上手く書けていないだけで、書類選考で落とされてしまうこともあります。

書類選考を突破するのも、実はコツがあります。このコツを知っているか知っていないかで、書類選考を通過する30%内に入ることができるのです。

書類選考通過が通らず苦戦している方は転職エージェントに相談しましょう!


書類選考がなかなか通らないと悩んでいる人は、一度転職エージェントに相談することをオススメします。なぜなら、相談時にあなたのスキルや経験をしっかりと確認し、志望企業が望む人物像に合わせた書類を作成してくれるからです!

さらに、優秀なキャリアアドバイザーであれば、エントリー時に転職者の履歴書や職務経歴書などが埋もれてしまわないように、企業側に対して経歴だけでなく、人柄も含めてプッシュしてくれます。

これまで他の候補者に埋もれてしまっていたところを、キャリアアドバイザーが動いてくれるので、自分で選考に応募するより、はるかに書類選考通過率を高められます。

まずは自分がどのような転職エージェントに登録するべきか分からない人のために、簡単に診断できるツールをご用意してみました。書類選考の通過率を高めたい人は、ぜひ試してみてくださいね!

あなたにピッタリの転職エージェントを15秒で診断します

性別を教えてください♪

年齢を教えてください♪

希望年収を教えてください♪

希望職種を教えてください♪

Loading...

あなたに
ピッタリの転職エージェント

1見つかりました
(エージェントは複数登録をおすすめしています)

リクルートエージェント

あなたにオススメな理由

向けの転職に最大の強みを持つ

リクルートエージェントへの
登録はこちら

リクルートエージェントの特徴

1.国内最多の求人数を保有
2.20代で未経験業界や職種へのチャレンジ可能な求人を多数保有

こんな人にオススメ

幅広い業界・職種の求人を網羅的に紹介して欲しい

リクルートエージェントへの
登録はこちら

マイナビエージェント

あなたにオススメな理由

向け最大の求人数

マイナビエージェントへの
登録はこちら

マイナビエージェントの特徴

1.若手向けサービスマイナビジョブ20’sを展開
2.営業系転職への強み

こんな人にオススメ

20代で未経験業界・職種にチャレンジしたい人

マイナビエージェントへの
登録はこちら

doda

あなたにオススメな理由

幅広い年代や職種に対応できる
10万件以上の求人数

dodaへの
登録はこちら

dodaの特徴

1.面接・書類作成などの転職サポートが手厚い
2.マッチングへのこだわり。
キャリアアドバイザーが求人を絞ってくれる

こんな人にオススメ

自分に合った求人をプロの視点で提案して欲しい

dodaへの
登録はこちら

ジェイック

あなたにオススメな理由

フリーター・既卒・大学中退向け最大の求人数
年収円向け最大の求人数

ジェイックへの
登録はこちら

ジェイックの特徴

1.既卒者・派遣・フリーターの転職を手厚くサポート
2.未経験業界・職種への転職サポートが手厚い

こんな人にオススメ

自分のキャリアや転職市場価値に自信がない

ジェイックへの
登録はこちら

JACリクルートメント

あなたにオススメな理由

ハイクラスの転職に特化したエージェント
年収円向け最大の求人数

JACリクルートメントへの
登録はこちら

JACリクルートメントの特徴

1.年収600万円以上の転職サポートに特化
2.30代以上の転職サポートにも強い
3.企業側・転職者側の担当が同一人物

こんな人にオススメ

年収600万円以上を目指す20代後半から30代以上の方

JACリクルートメントへの
登録はこちら

ビズリーチ

あなたにオススメな理由

会員制転職サイト
ハイクラス求人は数が少ないので、網羅するため転職サイトも一緒に利用するのがオススメです!

ビズリーチへの
登録はこちら

ビズリーチの特徴

1.年収600万円以上のハイクラス転職サポートに特化
2.行きたい企業から逆オファーが届く

こんな人にオススメ

年収600万円以上のハイクラス転職を目指す方

ビズリーチへの
登録はこちら

マイナビIT

あなたにオススメな理由

向けの転職に特化したエージェント

マイナビITへの
登録はこちら

マイナビITの特徴

1.IT・WEBに特化した国内最大規模の転職エージェント
2.IT業界を専門とするキャリアアドバイザーが担当

こんな人にオススメ

エンジニアやWebデザイナーとしてキャリアアップを目指す方

マイナビITへの
登録はこちら

レバテック

あなたにオススメな理由

年収円向けIT業界最大の求人数

レバテックへの
登録はこちら

レバテックの特徴

1.エンジニアやWebデザイナーに特化した国内最大規模の転職エージェント
2.エンジニア・Webデザイナーの非公開求人を多数保有

こんな人にオススメ

エンジニアやWebデザイナーとして相談ベースで転職を目指す方

レバテックへの
登録はこちら

Type女性の転職エージェント

あなたにオススメな理由

女性に特化した転職エージェント

Type女性の転職エージェントへの
登録はこちら

Type女性の転職エージェントの特徴

1.女性のキャリアアドバイザーが転職をサポート
2.女性の転職に特化した国内最大規模の転職エージェント

こんな人にオススメ

女性ならではの悩みを相談しながら転職を目指す方

Type女性の転職エージェントへの
登録はこちら


転職者の味方である転職エージェント内でも書類選考がある


転職エージェントが、転職者を書類選考にかける理由は、単純に業務効率化にあります。特に大手や中堅規模の転職エージェントに多いのですが、規模が大きくなった転職エージェントは、集客やマーケティングにも投資できるようなり、登録者数が増えてきます。

また、転職者と面談する個人担当と転職者を企業に紹介する企業担当を、業務効率化のために分けている企業もあります。

上記のような転職エージェントだと、一体どのような事態が発生してしまうのか、以下をご確認ください。

  • 企業担当が転職者と接点を持つ機会がないため、書類のみの情報で社内見送りにしてしまう
  • 登録者が多すぎて、エージェント社内競争が起きて埋もれてしまう

このように、本来なら転職エージェントを経由して応募した方が有利な企業であっても、デメリットになってしまう可能性があります。

そうならないためにも最初の段階で、転職希望者の振り分けがおこなわれています。

社内選考の仕組みはこうなっている!

筆者自身も、大手エージェントで企業担当をしていたこともあり、ぶっちゃけで社内選考の仕組みをお伝えしたいと思います。

  1. 1人の採用求人案件を企業から依頼されてきて、社内に戻ると、社内システム上に求人票を作成してアップします。
  2. その求人票が社内のデータベースを経由して、多くのキャリアアドバイザーに流通・共有されます。
  3. それを見たキャリアアドバイザーが候補者に大量の他社求人とともに求人を案内します。
  4. どこがマッチするか、内定が得られるかわからないので、まずは、たくさん受けましょう!と促して、大量の応募回収をとります。
  5. 2〜3日経過すると、企業担当側に、社内のキャリアアドバイザーを通じて、大量の応募者が推薦されてきます。

求人の魅力度にもよりますが、1件の企業の求人に対して、応募者が100人を超えるケースがあります。ですが、その100件を企業に書類選考として、送りつけると人事に叱られてしまいます。

あなたは人材紹介会社でしょ!うちにピッタリ合った候補者だけをスクリーニングして、ピンポイントで紹介してくれるんじゃなかったの?と言われてしまうのです。

実際100人の推薦の中には、前述した背景・流れもあったり、中には求める経験を全く無視して的外れな推薦も多く含まれています。

できるだけ、企業には書類選考いただくようにお願いはしつつも、限界はあるので、企業担当側で一定レベルで書類選考を代行する事になります。ただ、企業担当はあくまで企業担当なので、個人とはお会いした事はありません。

その中に一定マッチする人もいる可能性を感じつつも、書類選考上で見送るといったケースもやはりありました。そのときに候補者サイドも、求人企業にとっても機会損失があるのかなと思ったものです。

ですので、自分が他の数多いる候補者の中に埋もれないような対応を取ってくれるエージェント選びが重要なのです。では、自分が他の数多いる候補者の中に埋もれないような対応を取ってくれるエージェントを選ぶにはどうしたらいいのでしょうか?

それは、アドバイザーを変更してもらうか、他のエージェントを利用するしかありません。なぜなら、人それぞれにとってアドバイザーとの相性が異なるのはもちろんのこと、上記のような対応をとってくれるエージェントが1社目で当たる可能性が低いからです。

なので、担当アドバイザーに不安を感じた方は、是非他のエージェントの利用を検討してみてください!

そもそも書類選考通過率をさげてしまう原因とは


そもそも書類選考通過率が低くなってしまう原因は、明確にあります。

主には以下3点が原因となっている事が多いです。

  • 大手転職エージェントなどで、登録者の数が年間数万人以上と多く埋もれてしまうため
  • そもそも自分が対象となっていない求人ばかり受けてしまっているため
  • エントリーする求人に合致した経験を保持していると思われるような履歴書・職務経歴書の書き方ができていない(誤解されてしまっている)

それぞれの原因について、以下で詳しく解説していきます。

大手転職エージェントでは多登録者の中に埋もれてしまうリスク

大手を中心とした転職エージェントは登録者が多すぎるために埋もれてしまい、選別したり、落とす選考になってしまいがちだったりします。

大手エージェントが一概に悪い、駄目だというわけではないのですが、志望の業界や職種がある程度明確であれば、各業界・職種に強みを持つエージェントを活用するのはありだと思います。

対象にならない求人にエントリーしている

書類選考通過率が低い方によく見られる傾向として、そもそも自分の経歴では全く対象になっていない求人ばかりを大量にエントリーしてしまっている事が原因となっている事が多いです。

そういった方は、ないものねだり=イメージ先行型でエントリーしてしまっている事も多いので、本当にその求人や仕事が自分がやりたい事なのか?やっていけるのか?といった視点で求人エントリーの方向性を見直してみると良いかと思います。

また、その分野に強い転職エージェントに相談して、求人の目線や相場を確認して、実際エントリーしている求人は自分が現実的に内定を得られる可能性があるのか、否かを確認してみるのも良いでしょう。

自分の経験を書類上でしっかりアピールできているか

エントリーしてる求人自体は、自身の経験・キャリア的には可能性がある求人を選定できていても、その求人に合致した経験・スキルがある事が書類上で伝わっていないという課題もあるでしょう。

この場合、もう1度希望している企業が求めているスキル・経験を求人情報などを見て確認し直し、企業が本当に求めているスキル・経験を自分自身がどれだけ持っているか、という視点で職務経歴書を見直してみましょう。

上記の課題の改善、解決方法をまとめてみると以下のようになります。

  • 業界や企業とのリレーション・コネクションの強い転職エージェントに登録する
  • 最低限は自分の経験で可能性のある求人を選定する
  • エントリー求人に合わせた履歴書・職務経歴書の表現を意識する

1次面接通過率を高めるにはどうしたら良い?


書類選考を通過し、なんとか1次面接への挑戦権をゲットしたら、次は1次面接の通過率を高める必要があります。

1次面接の通過率を高める方法として、以下のポイントを押さえておくと良いでしょう。

  • 明るく爽やかな第一印象
  • 転職理由の内容が他責・環境依存・ネガティブ過ぎないか
  • コミュニケーションがスムーズで受け答えにズレがなく、わかりやすいか
  • しっかりと企業・仕事内容の研究・リサーチ、事前準備をしてきているか
  • 今後未来に向けて自分がどうなっていきたいかを具体的に語れるか

また、今後未来に向けて自分がどうなっていきたいかという点について、うまく整理できていない方は、以下2点を事前に考えておき、わかりやすく伝える事だと思います。

  • 転職をする事の妥当性を証明し、自分の短期的動機付けと長期的動機付けを言語化して、客観的に納得感がある形で明示する。
  • それらと、エントリーしている企業の事業内容、仕事内容、カルチャー、ビジョンなどの事実情報とが、重なり合う部分を指摘する。

転職の面接対策について、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参照ください。

転職面接でよく聞かれる質問集!成功率を上げる対策法を徹底解説
【対策】転職面接でこんな逆質問はNG!面接官が見るポイントを大公開
第二新卒向け|転職面接で見られるポイントと対策法【回答例つき】

最終面接通過率を高めるにはどうしたら良い?

最終面接は社長や役員、部長クラスの面接となる事が多いです。企業によっては、顔合わせ程度の面接の場合もあれば、最終面接でもじっくりジャッジ・評価をしてくる会社もあります。

そんな最終面接で確認されることは以下の5つです。

  • 入社への意欲や覚悟感
  • 社内の既存社員・カルチャーへのフィット感
  • 人間性・人として信頼できるか、誠実か
  • 背伸びせずに本音で語れるか
  • 素直・柔軟性があるか

上記項目を事前に把握した上で、自分なりに変に格好つけずに等身大の姿勢で臨めるように、準備できる事が重要です。

最終面接突破のコツについて、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参照ください。

約5割が転職の最終面接で落ちる!その理由と失敗しないコツを紹介!

転職エージェントを上手く利用すれば書類選考の通過率を上げられる!

では、転職エージェントは使わない方が良いのか?というと一概にそうとは言えません。むしろ、優秀なキャリアドバイザーを見つけて上手く活用する事で、転職活動を有利に進めることができます。

優秀なキャリアアドバイザーであれば、自分のスキルや経験を見た上で、志望企業の通過率の温度感を事前に伝えてくれたり、選考書類が埋もれないよう企業側に便宜を図ってくれたりするので、結果として、自力で転職活動をするよりも書類選考の通過率を劇的に上げることが可能です。

とはいえ、キャリアアドバイザーは経験もスキルも正直ピンキリなので、そういった優秀なキャリアアドバイザーに当たるために、大手転職エージェント2〜3社、特化型転職エージェント1社へ登録することをおすすめします。

登録後は実際に面談へ足を運び、自分と1番相性が良いキャリアアドバイザーと転職活動を進めて行くのが少しでも転職を成功率を高められます!

ちなみに転職エージェントは書類選考だけではなく、面接対策や面接日程の調整、年収交渉など、転職活動における様々なサポートを無料で受けられるという点でも、登録しておいて損はないでしょう。

転職エージェントはたくさんあるのですが、その中で筆者がおすすめする数社をご紹介します。書類選考の通過率を高めて転職を成功させたい人は、ぜひチェックしてみてくださいね!

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

リクルートエージェントに並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント

ポイント
  1. 10万件を超える求人の中から、アドバイザーが厳選してピッタリの求人を提案してくれる
  2. リクルートが保有していない求人を保有している可能性もある

dodaの評判は?現役転職エージェントが正直な話をぶっちゃける!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の求人が豊富な転職サイト
年収・求人の質ともに高い優良求人を多数掲載

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 業界に精通した専任のアドバイザーが転職サポート

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。
豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

ポイント
  1. IT・Web業界トップクラスの求人数とサポート実績!
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス両方のキャリア相談が可能。フリーランスも検討したい人にオススメ

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

転職活動中の人に読んでもらいたいおすすめの関連記事

転職活動中の人に、ぜひ読んでもらいたいおすすめの関連記事をまとめてみました。

なかなか書類選考が通らなくて困っている人、これから転職活動を始めたい人はぜひ読んでみてください!