20代で転職を検討されている方へ

かんたん60秒!無料の相談申し込みはこちら

2019.11.08

転職での書類選考通過率はどれくらい?成功の秘訣をプロが大公開!

私末永が今まで受けてきた質問の中でも「書類選考の通過率を教えて欲しい」という質問はかなり多いです。

やはり、転職を進める上では、「本当に転職が上手くいくのか」と不安がつきものですよね。

今回は、転職のプロと自負している筆者が、書類選考の通過率や書類選考の通過率を高めるための、具体的なノウハウも紹介します!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

書類選考の通過率は30%!

書類選考の通過率は、平均で約30%です。

この30%という数値は、人材紹介会社なら実際に書類選考を受けた転職者たちから大抵データを取っています。

直接何社かの人材紹介会社にお話を聞いたことがありますが、多少の誤差はあるものの、やはり30%に近い数値で落ち着いていました。

ただ、所詮平均であって、転職者の経験・年次・人柄・エントリーする求人によってパーセントは変動するため、必ずしも30%というわけではありません。なので、あくまで参考としてみてください。

内定をもらえる確率は約6%

人材紹介会社は、書類選考の通過率だけでなく、それからの面接や内定をもらうまでの確率もデータ化していることがほとんどです。

ちなみに、書類選考含める内定までの選考プロセスは、一般的に以下のようになっています。

  1. 書類エントリー
  2. 1次面接
  3. 最終面接
  4. 内定

上記選考プロセスの通過率は、だいたいどの人材紹介会社に聞いても以下のようになっていました。

  • 書類選考通過率:約30%
  • 1次面接通過率:約30~40%
  • 最終面接通過率:約30~50%

この確率で選考が進んで行けば、30%×40%×50%=6%の内定獲得率という事になります。

という事は、内定1件を獲得するためには、少なくとも17件以上の求人に応募しないといけないことになります。

[無料]弊社では求人を厳選することで大手よりも高い選考通過率になっています。相談はこちら

実は意外と通らない書類審査!

初めて転職する人には驚きの結果だと思いますが、書類選考は意外と通らないです。

単純に考えても、5社の1次面接に行くために、15社へエントリーして書類選考を受けないと行けません。

本当のことを言うと企業側としても転職者全員と実際に会ってみて、価値観や将来のキャリアプランを確認したいと言うのが本音です。

ただ、それだとあまりにも膨大な時間がかかってしまいますよね。なので、あらかじめ書類選考で転職者をふるいにかけているのです。

中には本当に良いスキルを持っている人もいるのですが、応募書類を上手く書けていないだけで、書類選考で落とされてしまうこともあります。

書類選考の通過率を上げたい方は弊社にご相談ください!

弊社の転職サポートでは、あなたのスキルや経験をしっかりと把握した上で、志望企業に合わせた書類の作成が可能です。

さらに、エントリー時に転職者が埋もれてしまわないように、企業の採用担当者に直接口頭で、人柄も含めて推薦します。

これによって、一人で転職活動を進めるよりも選考通過率をグッとあげることができます。

書類選考の通過率を上げたいなら

実は転職エージェント内でも書類選考がある

転職エージェントが、転職者を書類選考にかける理由は、単純に業務効率化にあります。

特に大手や中堅規模の転職エージェントに多いのですが、規模が大きくなった転職エージェントは、集客やマーケティングにも投資できるようなり、登録者数が増えてきます。

また、転職者と面談する個人担当と転職者を企業に紹介する企業担当を、業務効率化のために分けている企業もあります。

上記のような転職エージェントだと、一体どのような事態が発生してしまうのか、以下をご確認ください。

  • 企業担当が転職者と接点を持つ機会がないため、書類のみの情報で社内見送りにしてしまう
  • 登録者が多すぎて、エージェント社内競争が起きて埋もれてしまう

このように、本来なら転職エージェントを経由して応募した方が有利な企業であっても、デメリットになってしまう可能性があります。

そうならないためにも最初の段階で、転職希望者の振り分けがおこなわれています。

社内選考の仕組みはこうなっている!

筆者自身も、大手エージェントで企業担当をしていたこともあり、ぶっちゃけで社内選考の仕組みをお伝えしたいと思います。

  1. 1人の採用求人案件を企業から依頼されてきて、社内に戻ると、社内システム上に求人票を作成してアップします。
  2. アップされた求人票が社内のデータベースを経由して、キャリアアドバイザーに流通・共有されます。
  3. 求人表を見たキャリアアドバイザーが候補者に大量の他社求人とともに求人を案内します。
  4. 転職者とどの企業がマッチするか、内定が得られるかわからないので、まずは、たくさん受けましょう!と促して、大量の応募回収をとります。
  5. 2〜3日経過すると、企業担当側に、社内のキャリアアドバイザーを通じて、大量の応募者が推薦されてきます。

求人の魅力度にもよりますが、1件の企業の求人に対して、応募者が100人を超えるケースがあります。

ですが、その100件を企業に書類選考として送りつけると、人事に叱られてしまいます。

「あなたは人材紹介会社でしょ!うちにピッタリ合った候補者だけをスクリーニングして、ピンポイントで紹介してくれるんじゃなかったの?」と言われてしまうのです。

実際100人の推薦の中には、前述した背景・流れもあったり、中には求める経験を全く無視して的外れな推薦も多く含まれています。

できるだけ、企業には書類選考いただくようにお願いはしつつも、限界はあるので、企業担当側で一定レベルで書類選考を代行する事になります。

ただ、企業担当はあくまで企業担当なので、個人とはお会いした事はありません。

その中に一定マッチする人もいる可能性を感じつつも、書類選考上で見送るといったケースもやはりありました。

そのときに候補者サイドも、求人企業にとっても機会損失があるのかなと思ったものです。

ですので、、自分が他の数多いる候補者の中に埋もれないような対応を取ってくれるエージェント選びが重要なのです。

では、自分が他の数多いる候補者の中に埋もれないような対応を取ってくれるエージェントを選ぶにはどうしたらいいのでしょうか?

それは、アドバイザーを変更してもらうか、他のエージェントを利用するしかありません。

なぜなら、人それぞれにとってアドバイザーとの相性が異なるのはもちろんのこと、上記のような対応をとってくれるエージェントが1社目で当たる可能性が低いからです。

[無料]今の担当アドバイザーに不安を感じている方は、ぜひ弊社にお問い合わせください!

書類選考通過率をさげてしまう原因とは

そもそも書類選考通過率が低くなってしまう原因は、明確にあります。

主には以下3点が原因となっている事が多いです。

  • 大手転職エージェントなどで、登録者の数が年間数万人以上と多く埋もれてしまうため
  • そもそも自分が対象となっていない求人ばかり受けてしまっているため
  • エントリーする求人に合致した経験を保持していると思われるような履歴書・職務経歴書の書き方ができていない(誤解されてしまっている)

それぞれの原因について、以下で詳しく解説していきます。

大手転職エージェントでは他登録者の中に埋もれてしまうリスク

大手を中心とした転職エージェントは登録者が多すぎるために埋もれてしまい、選別したり、落とす選考になってしまいがちだったりします。

大手エージェントが一概に悪い、駄目だというわけではないのですが、志望の業界や職種がある程度明確であれば、各業界・職種に強みを持つエージェントを活用するのはありだと思います。

手前味噌ですが、弊社は人材・IT/Web業界、とりわけ営業職への転職支援に強みを持っています。
上記業界に興味ある方は、ぜひこちらのフォームからお問い合わせください!

対象にならない求人にエントリーしている

書類選考通過率が低い方によく見られる傾向として、そもそも自分の経歴では全く対象になっていない求人ばかりを大量にエントリーしてしまっている事が原因となっている事が多いです。

そういった方は、ないものねだり=イメージ先行型でエントリーしてしまっている事も多いので、本当にその求人や仕事が自分がやりたい事なのか?やっていけるのか?といった視点で求人エントリーの方向性を見直してみると良いかと思います。

また、その分野に強い転職エージェントに相談して、求人の目線や相場を確認して、実際エントリーしている求人は自分が現実的に内定を得られる可能性があるのか、否かを確認してみるのも良いでしょう。

自分の経験を書類上でしっかりアピールできているか

エントリーしてる求人自体は、自身の経験・キャリア的には可能性がある求人を選定できていても、その求人に合致した経験・スキルがある事が書類上で伝わっていないという課題もあるでしょう。

この場合、もう1度希望している企業が求めているスキル・経験を求人情報などを見て確認し直し、企業が本当に求めているスキル・経験を自分自身がどれだけ持っているか、という視点で職務経歴書を見直してみましょう。

上記の課題の改善、解決方法をまとめてみると以下のようになります。

  • 業界や企業とのリレーション・コネクションの強い転職エージェントに登録する
  • 最低限は自分の経験で可能性のある求人を選定する
  • エントリー求人に合わせた履歴書・職務経歴書の表現を意識する
[無料]転職決定率が大手の5倍!選考対策にかける時間が違います。相談はこちら

1次面接通過率を高めるには?

書類選考を通過し、なんとか1次面接への挑戦権をゲットしたら、次は1次面接の通過率を高める必要があります。

1次面接の通過率を高める方法として、以下のポイントを押さえておくと良いでしょう。

  • 明るく爽やかな第一印象
  • 転職理由の内容が他責・環境依存・ネガティブ過ぎないか
  • コミュニケーションがスムーズで受け答えにズレがなく、わかりやすいか
  • しっかりと企業・仕事内容の研究・リサーチ、事前準備をしてきているか
  • 今後未来に向けて自分がどうなっていきたいかを具体的に語れるか

また、今後未来に向けて自分がどうなっていきたいかという点について、うまく整理できていない方は、以下2点を事前に考えておき、わかりやすく伝える事だと思います。

  • 転職をする事の妥当性を証明し、自分の短期的動機付けと長期的動機付けを言語化して、客観的に納得感がある形で明示する。
  • それらと、エントリーしている企業の事業内容、仕事内容、カルチャー、ビジョンなどの事実情報とが、重なり合う部分を指摘する。

転職の面接対策について、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参照ください。

転職面接でよく聞かれる質問集!成功率を上げる対策法を徹底解説
転職面接でこんな逆質問はNG!見られるポイントや対策方法を解説!
第二新卒向け|転職面接で見られるポイントと対策法【回答例つき】
[無料]企業分析含めた面接対策に自信あり!面接を自信を持って進めたい方はぜひご相談ください!

最終面接通過率を高めるにはどうしたら良い?

最終面接は社長や役員、部長クラスの面接となる事が多いです。

企業によっては、顔合わせ程度の面接の場合もあれば、最終面接でもじっくりジャッジ・評価をしてくる会社もあります。

そんな最終面接で確認されることは以下の5つです。

  • 入社への意欲や覚悟感
  • 社内の既存社員・カルチャーへのフィット感
  • 人間性・人として信頼できるか、誠実か
  • 背伸びせずに本音で語れるか
  • 素直・柔軟性があるか

上記項目を事前に把握した上で、自分なりに変に格好つけずに等身大の姿勢で臨めるように、準備できる事が重要です。

最終面接突破のコツについて、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参照ください。

転職の最終面接は合格フラグって本当?落ちる理由をプロが徹底解説!

書類選考の通過率を上げたい方は弊社にご相談ください!

書類選考の通過は、あくまで転職におけるスタートラインに過ぎません。

その後には、一次、二次、最終と面接が待っています。弊社にご相談いただければ、書類選考だけでなく、それ以降の面接対策も行います。

転職者の方はサービス利用は無料ですので、書類選考の通過率を上げて転職を成功させたい方は、ぜひ弊社にご相談ください。

年収350万から700万以上を目指す20代のための転職エージェント

弊社は、会社に依存せず、自分の実力や専門スキルでキャリアを築いていける人材のキャリア支援を提唱しています。

10時間以上に及ぶ選考対策で転職決定率が大手転職エージェントの5倍!

ポイント

  1. 20代で年収350万から700万に届く最短ステップを伝授!
  2. 転職支援を通じて企業に依存しない自立した人材を目指す方の挑戦を長期に渡ってサポートします!
  3. 丁寧なカウンセリングと厳選された求人による、大手には出来ない圧倒的な内定獲得数を実現!

【無料】転職サポート申し込み

転職活動中の人に読んでもらいたいおすすめの関連記事

転職活動中の人に、ぜひ読んでもらいたいおすすめの関連記事をまとめてみました。 なかなか書類選考が通らなくて困っている人、これから転職活動を始めたい人はぜひ読んでみてください!
転職エージェントに使われるな!成功のための3つのテクニック
【プロ直伝】転職面接で面接官に響く志望動機の考え方!【回答例付】
転職で面接官の心をがっちり掴む自己紹介の話し方【例文つき】
転職面接でよく聞かれる質問集!成功率を上げる対策法を徹底解説
転職での職務経歴書ってどう書く?フォーマットの決まりをプロが解説
転職に成功する人の特徴!年代別に内定を得るコツ・秘訣を徹底解説

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。