履歴書で性格の正しい書き方を例文テンプレ付で解説!短所も書くべき?

  • !

履歴書で性格の正しい書き方を例文テンプレ付で解説!短所も書くべき?

    履歴書にある性格欄の書き方を解説します!また、例文テンプレ付きの書き方のコツ、短所も書くのか、NGな例も合わせて紹介していきます!

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

履歴書の性格欄で面接官がチェックしているポイント

履歴書にある性格欄で面接官がチェックしているポイントは、主に以下の内容です。

  • 客観的に自分を見れているか
  • 長所は業務に活かせるものか
  • 短所は業務に悪い影響を与えないものか
  • 性格を知った上で会社とのマッチ度はどうか

まず履歴書に性格を書く際は、上記のポイントをチェックされていると思い、履歴書を作成しましょう。

上記ポイントをしっかり意識した上で、以下から履歴書の性格欄を書くコツを例文付きで紹介していきます。

【支援実績多数!】リクルートエージェントに登録して履歴書を添削してもらう

【例文テンプレ付き】履歴書にある性格欄の書き方のコツ

履歴書の性格欄

履歴書に性格を書くときは、以下の点を意識して書きましょう。

  • 具体的なエピソードを交えて書く
  • 中途者なら仕事に繋がるものを選ぶ

例えば長所が真面目なことなら、単純に真面目とだけ書かないで具体的なエピソードを交えて書くのが良いです。また、長所をアピールする上で企業がその長所のどこに魅力を感じるのかを意識するのもポイントです。

例えば真面目さをアピールするのであれば、ルールを守るところや仕事に対しての姿勢など、そういった面の具体的なエピソードを交えるのが良いでしょう。

中途者であるなら、仕事に繋がりそうな長所を書きましょう。具体的なエピソードに関しても、その長所が仕事にどう活かされたのかを解説すると効果的です。

上記の点を意識し、以下から性格ごとの例文を紹介していきます。

ただし、仕事をするにあたり活かせる長所、あるいは障害が出る短所は面接を受ける企業の業界や職種により異なります。あくまでも参考としてご確認ください。

真面目

性格欄(真面目)

例文(真面目さをアピールする場合)

自分の長所は真面目なところです。前職でも常に業務を真面目におこない、周りに迷惑をかけまいと遅刻や欠席は2年間したことがありません。

真面目が故に、融通が効かないと言われるのが短所でもあります。現在は融通が効かない点を改善するため、柔軟性を身につけようと日々模索しています。

好奇心旺盛

性格欄(好奇心旺盛)

例文(好奇心旺盛さをアピールする場合)

自分は好奇心旺盛で、様々なことに興味をもつ性格です。前職でも興味をもった業務を積極的におこない、新しい知識や技術を取り入れてきました。

反対に、興味がわかない業務に関しては積極的に動けないことが短所でもあります。今後は、興味の範囲外の業務でも積極的に取り組めるよう意識して改善していこうと考えています。

完璧主義

性格欄(完璧主義)

例文(完璧主義をアピールする場合)

自分は完璧主義であると自覚しています。今まで1度携わった業務は一切の妥協をせずにやりきりました。ただ、こだわりすぎる反面、スケジュールを数日超えてしまうこともあり、完璧主義なところは短所でもあります。

今後はスケジューリングをしっかりと意識した上で業務にこだわりをもち、取り組んでいきたいと思います。

積極的

性格欄(積極的)

例文(積極的さアピールする場合)

自分は業務や発言を積極的におこなうと自負しています。前職でも業務を効率化するための意見や無駄がある点を指摘し、改善して参りました。ただ、たまに行きすぎた発言をしてしまうこともあり、同僚から反感をかってしまうこともありました。

今後は言い過ぎないという点を意識し、業務をおこなっていこうと考えています。

誠実

性格欄(誠実)

例文(誠実さアピールする場合)

私の長所は誠実であることです。前職から接客業を経験していましたが、お客様には常に誠実に対応するよう心がけており、2年間の勤務でクレームはほとんどありませんでした。

ただし誠実さ故、セールストークが苦手で売り上げが伸び悩んだ時期もあります。今後は誠実さとセールスのバランスをとり、業務改善していきたいと思います。

協調性がある

性格欄(協調性)

例文(協調性をアピールする場合)

私の長所は協調性があるところです。前職でもチーム内の均衡を保つために話し合い時にも間に立ち、意見が割れるときも中立のポジションでお互いの意見を聞いてきました。

ただしそれが八方美人に見えてしまうこともあり、反感をかってしまうこともありました。今後はある程度自分の意見も言い、うまく中立を保てるようにしようと考えています。

面倒見が良い

性格欄(面倒見)

例文(面倒見をアピールする場合)

私は面倒見の良さに定評があります。前職でも新入社員が入ってきた際に丁寧に業務指導をおこなってきました。ただあまり丁寧におこないすぎて、逆に独り立ちするのに時間がかかってしまうというデメリットもありました。

貴社に入社した際は、中途入社として若手社員にもできる限りアドバイスをし、独り立ちできるよう精一杯サポートしていきたいと思っております。

責任感がある

性格欄(責任感)

例文(責任感をアピールする場合)

私は責任感の強さが長所です。業務は最後まで責任をもってやり遂げるのはもちろん、自分の発言1つ1つにもしっかりと責任をもち、有言実行するように心がけています。

ただ責任感が強すぎる反面、自分で自分を苦しめメンタルをやられてしまうこともありました。今後は、自分の責任感と上手く付き合いながらメンタルケアもおこたらずにしていこうと考えています。

体力がある

性格欄(体力)

例文(体力をアピールする場合)

私は体力には自信があります。スケジュールが厳しい案件でもめげずに残業が多くなっても体調を崩さずに乗り切ることができました。反対に、体力の自信から残業を顧みないスタイルになってしまうこともあります。

今後は体力の多さにかまけず、しっかりとセルフマネジメントをし、業務に励んでいきたいと考えております。

柔軟性がある

性格欄(柔軟性)

例文(柔軟性をアピールする場合)

自分は柔軟性はあるほうだと思っています。業務をしていくうえで、どんなイレギュラーな事態が発生しても焦らずに冷静に対応していけました。

ただ、柔軟性がある分、プロジェクトが走ってからなんでも対応するようになってしまい、計画性のなさが露呈してきてしまいました。これからはしっかりと事前に計画を立て、業務を遂行していきたいと考えています。

転職エージェント 末永

一人で履歴書を書くが不安な人は、転職エージェントを利用するのも一つの手です。

転職エージェントは、あなたの強みが伝わるように応募書類を添削してくれるからです。

とくに、リクルートエージェントdodaなどこれまで何千人もの転職を支援してきた大手エージェントがおすすめですね。

おすすめの大手総合転職エージェント

履歴書の性格欄を書くときは短所も書く

履歴書の性格欄を書くときは、長所だけでなく短所も書くようにしましょう。とはいえ、どんな内容でも書いて良いわけでなく、業務上明らかに悪影響になるものは、面接官の印象を悪くしてしまうので、なるべく業務に悪影響がでないものを選んでください。

具体的に短所は以下のように書くと良いです。

長所は堅実で物事を慎重に考え動くことです。前職でも何か決断を迫られたときに、1つ1つの選択肢を選んだ際のメリットやデメリットをよく考えてから決断していました。

反対に言えば、考えすぎて決断が遅くなってしまうときもあるのが短所です。

上記のように、長所を言い換えて短所とする伝え方や逆に、実際は決断力のなさが短所だとして、その短所を言い換えて長所として伝える方法もあります。

また、可能であれば短所を克服していく姿勢なども書けると良いと思われます。

ちなみに、履歴書の性格欄があまり長く書けない作りになっている場合は、短所は省略しても大丈夫です。

履歴書にある性格欄のNGな書き方例

履歴書の性格欄を書くときのNG例を、以下からケース別に紹介していきます。

結論を最後に伝えている

履歴書に性格を書くときは、結論から書いてください。ここで言う結論とは「私の長所は〇〇です」といった内容です。

結論から書かないと、内容が伝わりにくくなってしまいます。

業務と関係のない内容を書いている

中途者に限っては、業務と関係のない長所を書くのはおすすめしません。採用担当者は履歴書の長所と短所をみて、業務にどう影響されるのかをチェックしています。

仕事と関係のない内容を書いてしまっては、長所と短所から何も伝わらない履歴書になってしまいます。

短所をネガティブなまま伝えている

短所を書くときは「〇〇はできない」といったような表現は避け、なるべくポジティブになるように言い換えましょう。

難しい場合は、短所を深くは解説せずに「〇〇が短所です」程度に収め、改善していく気持ちがあることを書くと良いです。

自力で克服できなさそうな短所を書いている

短所を書く際は、自分だけではどうしても克服できない内容は避けるようにしてください。自分の努力などでカバーできそうな短所を書くのがおすすめです。

短所は業務にとって悪影響がでることやその短所とどう向き合っていくかが重要になります。改善できない短所では、業務に悪影響しか与えない印象を持たれてしまう可能性があります。

履歴書の正しい書き方を知りたいなら転職エージェントがおすすめ

結論から言うと、一人で履歴書を仕上げるのが不安な人には転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントでは、応募先の求める人物像に合わせてあなたの履歴書を添削してくれるからです。

履歴書で魅力が伝わらないと選考に進めないので、少しでも不安な人は一度検討してみてください。

ただ、担当のキャリアアドバイザーによってサポートの質が異なるので、まずは2~3社複数登録して、そこから自分に合ったキャリアアドバイザーと転職活動を進めていくのがベストですね。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェント
に相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

doda
に相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェント
に相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブ
に相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

UZUZ
に相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)
に相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメント
に相談する

人気の転職エージェント