履歴書の書き方で異動はどう書く?基本的ルールからケース別での違いを解説

履歴書 異動の書き方

    履歴書の書き方で異動歴がある場合はどう書くのかを解説します!

    また、ケース別の記入方法、職務経歴書への記入例、異動と配属の違いについても紹介していきます!

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

異動歴は履歴書の職歴欄に書く

異動歴を履歴書に書く場合は職歴欄に書きます。ただ、異動歴に関しては履歴書に書かずとも、職務経歴書に詳しく書いておけば問題ありません。履歴書に書いたほうがより丁寧な印象を与えられます。

異動歴を履歴書に書いたほうが良いケースとしては、履歴書を先に郵送し、職務経歴書はあとから面接の場で手渡しをするときなど、履歴書と職務経歴書の提出に時差があるときです。

また、異動回数が多い人でも、基本的に経歴はすべて書きます。とはいえあまりに多すぎて履歴書に書ききれない場合などは、ある程度省略して書いても良いです。

ミスや不足のない履歴書・職務経歴書を完成させる方法

人物 相談者

異動などの適切な書き方そうですが、そもそも履歴書・職務経歴書の正しい書き方がわかりません。

転職エージェント末永 末永

そこで便利なのが転職エージェントが公開しているWeb履歴書機能です。


これはガイドに沿って項目を入力するだけで、自動で履歴書・職務経歴書の形式に出力してくれる機能です。

一例としてdodaのWeb履歴書機能を紹介します。

doda レジュメビルダー doda レジュメビルダー

Web履歴書機能があるのは、dodaリクルートエージェントなので、参考にチェックしてみてください。

単に入力が簡易であるというだけでなく、業界最大手の転職者サポートのノウハウを活かした書類添削もセットで行ってもらえるのが魅力ですよ。

【無料】
リクルートエージェントをチェック

【無料】
dodaをチェック

転職エージェント末永 末永

ちなみに転職エージェント使わずにご自身で履歴書を書いた場合、異動のまとめ方がややこしいなどの理由で見づらくなり、「要点をまとめるのが苦手な人」として、お見送りの連続になる書類を作成してしまうおそれがあります。


転職エージェントを利用しておけば、Web履歴書で手間をかけず・かつ正しい形式で履歴書を提出できます。


おもな評価対象として注力すべきなのは履歴書ではなく、職務経歴書の志望動機や自己PRなので、転職エージェントという第三者の添削を受けて、選考の大事なところにリソースを割きましょう。

転職エージェント末永 末永

特にリクルートエージェントは年間40万名以上、dodaは通算700万名以上の利用者数を誇っています。


転職者のあらゆる経歴について、あなたの選考をより有利にする履歴書・職歴書のアプローチ方法を熟知しているので、登録をおすすめしますよ。

おすすめの大手総合型転職エージェント

大手エージェントは業界最大級の転職者サポート実績を活かして記載内容も細かく添削してくれるので、企業から評価を受けやすい形式・表現にアップグレードしてくれます。

0から書類を書き上げるより簡易的かつ質のいいものに仕上がるので、転職活動の労力やストレスが大幅に軽減できます。

書類作成から添削、選考対策から内定まですべて無料で利用できるので、登録してみましょう。

履歴書の異動歴の書き方【例文付き】

まず履歴書に異動歴を書くときは、会社が規定としている部署の名称をフルで書くのがルールです。

また、部署名の後に業務内容も書いておくとより丁寧な印象をあたえやすいです。

上記の点を踏まえ、履歴書の異動歴の書き方を例文付きで紹介していきます。

とはいえ異動歴といっても人により様々なケースがあると思うので、以下の順番でケース別に紹介します。

基本的な形

基本的な異動歴の書き方

基本的な書き方は「会社名」→「はじめに配属された部署」→「異動した部署」の順番で書きます。

このときに、異動した部署でどういった業務をおこなっていたのかも簡単に書いておきましょう。

異動先が多い場合

移動が多い在職中の履歴書

異動先が多い場合でも、基本的に経歴はしっかりと書きます。ただ先ほどもお伝えしたように、異動がかなり多く履歴書に書ききれない場合は省略しても良いです。

転勤をした場合

転勤の場合でも、基本的な書き方と変わりなく「異動」と書いて良いです。

とはいえ、異動でなく「転勤」と書いても問題はありません。

店舗異動をした場合

店舗異動した在職中の履歴書

店舗異動の場合は、はじめに異動した店舗名を書き、続けて「異動」と記入します。

基本的な書き方自体は、そこまで大きく変わりません。

職務経歴書に異動歴を書く場合のコツ【例文付き】

職務経歴書に異動歴を書く場合は、履歴書に書く場合と同じように異動した部署の正式名称を書きます。

また異動した部署での業務内容は、履歴書に書くときよりも詳細に記入してください。実績などもアピールできると効果的です。

とはいえ、職務経歴書には決まったフォーマットがありません。多くの人はネットに落ちているフォーマットをダウンロードして使用しています。

異動歴の書き方や業務内容は職務経歴書ごとのフォーマットに合わせて書くと良いです。

転職エージェント末永 末永

履歴書の異動の書き方まで気にして調べるあなたは用心深く、些細な箇所でも確認して減点を極力抑えたいという考えがあるのではないでしょうか?

であれば、確認したりブラッシュアップが必要なポイントは、履歴書・職務経歴書にはさらに沢山存在します。


それらを一通り指導・添削してくれるのが転職エージェントです。

例えば退職理由は他責で書いてはいけないことや、職務経歴書の業務内容は志望企業の仕事内容に結びつけて書くなど、異動の書き方を気にするよりも下準備が必要で難易度の高い箇所が多く存在します。

退職理由や自己PR・志望動機などについて転職エージェントは、あなたの前職での不満や実績、仕事では何にやりがいを感じるかなどをヒアリングし、退職理由や自己PR・志望動機についてより企業から評価を受けやすい内容に添削してくれます。

転職エージェント末永 末永

特にリクルートエージェントは年間40万名以上、dodaは通算700万名以上の利用者数を誇っているので、それだけの履歴書・職務経歴書の添削を行い、内定に導いてきた実績があります。


退職理由ややりがいなど自分の本音をヒアリング・要約して言語化してもらうことで面接の受け答えもスムーズに自信を持ってできるようになるので、ぜひサポートをお願いしてみましょう。

おすすめの大手総合型転職エージェント

「異動」と「配属」は間違えないように書こう

まず入社してはじめに入った部署を履歴書に書くときは「配属」になります。そこから違う部署に移ったら、その部署へ「異動」となります。

履歴書を書く際に、稀に異動を配属と書き間違えてしまう人がいるので、注意しましょう。

転職活動を始めたばかりの人へ

最近転職活動を始めた、もしくは初めて転職活動する人の中には、これからどう進めていくかわからない人も多いと思います。

そんな人には転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントでは履歴書の書き方はもちろんのこと、あなたに合った求人紹介から応募先の採用基準に沿った選考対策まで実施してくれるからです。

転職活動を進める中で不安点や疑問が生じた時も、専任のキャリアアドバイザーに相談できるので、利用して損はないでしょう。

ただ、担当のキャリアアドバイザーによってサポートの質が異なるので、まずは2~3社複数登録して、そこから自分に合ったキャリアアドバイザーと転職活動を進めていくのがベストですね。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

リクルートエージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

doda

CMでおなじみ!顧客満足度トップクラス!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

おすすめポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 20万件以上(2023年3月時点、非公開求人を含む)の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

マイナビエージェント

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

おすすめポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェントに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け転職サービス

年収700万円以上はハードルが高すぎる…そんな人におすすめの転職サービス!

ビズリーチ(転職サイト)

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

おすすめポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

JACリクルートメント

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

JACリクルートメント

おすすめポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

UZUZ

多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

UZUZ

おすすめポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒアリングさせて頂きます

UZUZに
相談する

ハタラクティブ

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ハタラクティブ

おすすめポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人3000件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

line

line

人気の転職エージェント