2019.07.16

転職でSPIは必要!?転職エージェントがSPI対策について説明します!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

これから転職のために、企業へ応募してみようと思っている人、またはすでに応募している人の中には、企業の選考でSPIがあるという人もいるのではないでしょうか。

そもそも初めてSPIを受ける人や、新卒のときに受けたけど転職のSPIでは何か違いがあるのか?など、色々とわからないことが多くて不安なことも多いですよね。

そこで今回は、転職でのSPIについて徹底的に解説していきたいと思います。また、SPIの対策法やどの程度正解していれば合格するのかなども合わせて紹介していきます。

転職でのSPIとは

SPIの試験

そもそもSPIとは、Synthetic(総合的な) Personality(個性・性格) Inventory(評価)の略で、企業が就活生の能力を測る筆記試験として、現在は1万社以上が導入しています。

SPIは新卒の採用でおこなわれる印象が強いですが、最近では中途の採用でもおこなう企業が増えてきています。

SPIには全部で3種類あり、それぞれ以下のようになっています。

SPI-H 高校生の採用時に使われる
SPI-U 大学生の採用時に使われる
SPI-G 中途者の採用時に使われる

基本的にSPIで出題される問題は、新卒と中途でも変わらずに「言語問題」「非言語問題」「性格検査」の3つとされています。企業によっては希に英語問題が出題されることもあるようです。

この言語問題と非言語問題とは、いわゆる国語と数学です。レベルとしては、中学卒業くらいの問題が出題されます。

中途者を採用するときに使用される「SPI-G」は、言語問題の難易度が少し高めで、非言語問題が少し簡単とされています。

ただ、新卒で使われる「SPI-U」と「SPI-G」では、そこまで出題される問題に違いはありません。ほぼ一緒だけど、多少違うくらいの認識で良いです。

SPIは転職者を深く理解するためにおこなわれる

SPIは履歴書だけでは判断できない転職者の適正などを、企業が深く知れるように開発されたものです。企業側はどれだけ効率的に、人柄や適性を重視した形で、大量の採用候補者を絞り込むかが重要です。

SPI試験は、それができる網目を持った"ふるい"の役割として利用されています。

転職のSPIではどういう問題が出る?

SPIの対策する女性

SPIの試験では、大きくわけて以下の2種類があります。

  • 能力検査
  • 性格検査

これら2種類は、どのような問題が出題されるのかを解説していきます。

能力検査

能力検査は、働く上で必要な基礎能力を図る検査です。具体的には、「言語分野(国語)」と「非言語分野(数学)」の2種類の問題を通して、問われている事を理解し、どういったロジックで考えれば答えが出るか効率よく処理する能力を測ります。

言語分野では、言葉の意味や話の内容に対する理解力を問われる問題が出題されます。打って変わって非言語分野では、数的な処理や論理的思考力を図る問題が出題されます。

また、企業によっては英語の問題が出題される場合もあります。

問題例

吉田さんは一眼レフカメラを頭金で総額の1/5を支払い、残額を7回に均等分割払いとした。分割払いを1回支払ったのちの残額はどれだけになるか。利息は考慮しなくてもよい。

答え:24/35

性格検査

性格検査は、転職者がどのような仕事や組織に向いていそうかなど、人となりを把握するための検査です。実際の検査内容については日頃の行動や考え方など、多角的方向から質問されます。

具体的には物事や人、目標などに対する考え方などについて2つの選択肢が提示され、どちらが自分に当てはまるかを選択していきます。

問題例

A:一人で行動するのが好きだ B:みんなで行動するのが好きだ

→当てはまる方を選択

SPIの対策方法

SPIの対策方法を解説していきます。基本的に、言語問題と非言語問題は、中学高校レベルの問題が出題されます。

問題のレベル自体はそこまで高いわけではありませんが、出題の方法にかなり癖があるんですよね。筆者が今まで相談を受けてきた人達の中にも、SPIを受ける人達はいましたが、全員に「SPIノートの会」という対策本をおすすめしています。

SPIは問題に癖があるのと同時に、そもそもの問題数も多いのです。正直に1問1問解いていたら、確実に時間内には終わらないようにできています。その効率的な回答方法なども、「SPIノートの会」には乗っています。

癖のある問題に対して、対策するためのヒントやコツなんかを教えてくれる、いわば攻略本的なものです。これと、転職版の問題集が1つあれば良いです。問題集についてはとくにどの本が良いというのはありません。

問題集はとりあえず1冊やってみて、ダメだったところをもう1度反復する程度で良いです。もし余裕があれば、2度ほど反復しておけば十分でしょう。

SPIテストの実施方法は4種類ある

SPIには4つの実施方法があります。応募企業によって、どの方法でテストをおこなうかは異なります。主に以下4つのいずれかの方法で実施されます。

  • Webテスティング
  • テストセンター
  • ペーパーテスティング
  • インハウスCBT

上記4つの中でも、実施方法が「Webテスティング」と「テストセンター」でSPI試験をおこなう場合、注意した方が良いことがあります。この2つは、受験者ごとに出題される問題が違います。そして、出題された問題ごとに制限時間が設けられています。

基本的にテストはPCでおこなわれることがほとんどなので、誤った回答を選択してしまっていても、先に進んでからは元のページには戻れません。

以下から詳しく解説していきます。

Webテスティング

インターネット環境に接続できるパソコンから受検する形式です。指定された受検期間内で都合の良い時間に自宅や学校などのパソコンから受検します。

中途採用でSPIがある場合は、この方法で実地されることが多いです。

テストセンター

SPIを開発するリクルートキャリアが用意する会場のパソコンで受検する形式です。指定された受検期間の中から都合の良い日程・会場を予約し、受検します。

ペーパーテスティング

応募先の企業が用意した会場で、マークシートで受検する形式です。一般的な資格試験と同じやり方です。

インハウスCBT

応募先の企業に出向いて、企業内のパソコンで受検する形式です。

SPIの試験で気をつけるポイント

SPIのポイント

筆者が思う、SPIで気をつけて欲しいポイントは、先ほど対策法を紹介した言語問題や非言語問題よりも、性格検査です。

実際、言語問題と非言語問題の出来がよくても性格検査で不合格にされてしまうことが稀にあります。

性格検査の気をつけるポイントは、他のコラム記事を見てみると「素直に答える」「嘘をつかない」などと書いてあることが多いですが、正直言ってこれは間違いです。

まずは面接を通過することを目指すべきなので、性格検査では会社や職種に合わせてキャラクターを作り上げて回答すべきです。

ただ、問題の中には「今まで嘘をついたことはありませんか?」というような、良い回答をすると明らかに嘘とわかるような問題もあるので、そこだけは注意しておきましょう。

「能力検査」ではある程度の練習問題を実施しておきましょう。とは言え、あくまで足切りのためなので、時間をかけるのは得策ではありません。その分、面接対策などに時間を割いたほうが良いですよ。

また、SPIの落とし罠として、正解率だけではなく、回答率も見られています。数多い問題をいくつ回答したかによって、転職者がどのように業務を遂行していくのかを図るために、回答率というのも重要になってきます。

SPIの結果は合否にどのくらい影響する?

SPIの正解率は新卒では約8割必要と言われています。この知識のまま中途でSPIを受けるときに、同じように8割は正解しないとダメだと思っている転職者は多いですが、実は中途のSPIの正解率は3〜4割で良いです。

これに加え、性格検査で企業とマッチしている人材だと分かればSPIについては問題ないと言えます。検査の結果は得点が髙ければ良いというものでは無く、企業の水準を満たせているかという観点で見られています。

とはいえ、流石に回答率が3割を切ってしまうようだと、合格ラインを下回ってしまいます。例えばSPIのテストが面接前の段階である場合は、書類選考の段階でお見送りとなってしまうでしょう。

ちなみに、この正解率については企業によって基準が違います。ですが、新卒のように8割正解していけないとダメということはほとんどなく、高くても5割くらいの正解率を求められる程度です。

選考対策は転職エージェントに相談しよう

志望する企業への転職を成功させたいのなら、転職エージェントの活用がオススメです。

転職エージェントは、SPIに限らず、書類や面接対策などの志望する企業の選考のサポートをしてくれるからです。

ぶっちゃけた話、SPIはあくまで足切りや面接における参考資料程度なので、SPIよりもはるかに履歴書や職務経歴書、そして面接での評価の方が重要視されます。

転職エージェントは企業の採用担当者に直接「企業がどんな人材が欲しいのか」をヒヤリングしているので、企業HPにすら載っていない生の情報を知っています。

したがって、転職エージェントを利用することで、採用企業の目線に立って書類選考や面接などの対策ができるので転職の成功率を飛躍的に高めることが可能です。

下記にオススメの転職エージェントをまとめましたので、自分に合った転職エージェントに登録してみることをオススメします!

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。