2019.09.13

転職エージェントと電話面談する際のメリット・デメリット

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

転職エージェントを利用してみたいけど、電話面談もしくは直接面談どちらにしようか悩んでいませんか?

他にも、遠方に住んでいるため電話面談をせざるを得ない、という方もいると思います。


この記事では、電話面談と直接面談の使い分け、電話面談のメリット・デメリットなどについて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

初回は直接面談、2回目以降は電話面談がオススメ

転職エージェントと電話面談する女性

初回に直接面談をする目的は、深いアドバイスをしてもらい、なんでも質問できる人間関係を構築することです。人間関係がしっかりと構築できたら、その後は電話でも問題はありません。


複数の転職エージェントに登録している場合は、電話面談をしてみて良いと思えたキャリアアドバイザーと直接面談するのがオススメです。

もし、初回の電話面談でいきなり求人を紹介された場合は、その転職エージェントの利用をやめてしまっても大丈夫ですよ。なぜなら、初回の電話面談だけでは詳しくヒヤリングできず、的外れな求人を紹介されるケースもあるからです。


転職エージェントやキャリアアドバイザーの選び方のポイントを以下の記事で詳しく解説しているので、合わせてご覧ください!

転職エージェントの選び方!転職を成功に導くたった1つの法則!

電話面談のメリット

転職エージェントと電話面談するメリットをmeritと書かれたサイコロで紹介

まず、電話面談にはどんなメリットがあるのでしょうか。メリットは以下の3つがあります。

上記の3つについて、次で詳しく解説していきますね!

自分のペースで転職活動が進められる

遠方に住んでいる場合、または仕事が忙しい場合など、直接転職エージェントのオフィスに行くことが難しいですよね。

その場合でも、電話面談なら気軽に自分の都合の良い時間に合わせて、転職活動を進めることができます。

ただ、キャリアアドバイザーの都合で、電話面談の時間が決められるケースも多く見られます。

キャリアアドバイザーとの相性が判断できる

これは初回相談の場合ですが、まず電話相談をおこなうことでキャリアアドバイザーとの相性を事前に判断することができます。


今後、転職活動を二人三脚で進めて行く上でも大事な部分です。だからこそ、事前に電話面談で相手との相性を知ることができるのは、大きなメリットだと言えるでしょう。

直接会わなくても紹介求人レベルを事前把握できる

これも初回相談時ですが、事前に紹介求人のレベルを把握できるのもメリットなんです。 なぜなら、キャリアアドバイザーがあなたの考えや思いをしっかり汲み取っているか、その判断ができるからです。

電話面談のデメリット

転職エージェントと電話するデメリットをdemeritと書かれたサイコロで紹介

続いては、電話面談のデメリットです。気になるデメリットは以下の3つです。

  • 結局、直接会って面談が必要になる場合がある
  • 自分の興味関心・思いを伝えられない場合がある
  • 味方につけにくくなる場合がある

上記の3つについて、次で詳しく解説していきたいと思います!

結局、直接会って面談が必要になる場合がある

キャリアアドバイザーによっては、電話面談では求人紹介してくれず、直接オフィス面談しなければならない場合ですね。

なぜこうなってしまうのかというと、キャリアアドバイザーからすると、しっかり転職者に会って話をしたいと考えているからなんです。

他にも自分の成績になるからこそ、なるべく逃したくないといったキャリアアドバイザー側の都合であるパターンもあります。

自分の興味関心・思いを伝えられない場合がある

電話面談だと相手の顔が見えないため、声のトーンや話し方でしかお互いを判断することができません。ですので、コミュニケーション不足になってしまうという懸念が生じます。

実際に自分が思っていたことと違ったり、伝えたつもりがうまく伝わっていなかったり…という事態が起こる可能性がありますね。

味方につけにくくなる場合がある

電話面談だとどうしてもコミュニケーション不足になりがちなので、キャリアアドバイザーを味方につけにくくなる可能性があります。

直接会って面談をすれば、転職への意気込みをしっかりと伝え、力になってほしいとお願いができますよね。なので、転職エージェントのオフィス面談に足を運べるなら、できる限り行ったほうが良いと言えるでしょう。

転職エージェントに直接会って面談する場合のポイントは以下の記事で詳しく解説しています。合わせてご覧ください!

転職エージェントの面談・面接ってどんな事するの?【完全版】

転職エージェントが電話面談を実施する3つのケース

転職エージェントが電話面談をする3つのケースを女性が指を3本立てて紹介

転職エージェントのキャリアアドバイザーが電話面談を実施するケースは3つあります。それは以下の通りです。

  • 転職者が遠方に住んでいる
  • 経歴が十分にある人・転職をしやすい分野の人
  • 経歴が不十分で転職サポートできるか悩んでいる場合
上記の3つについて、次で詳しくご紹介していきますね!

転職者が遠方に住んでいる

転職者が遠方に住んでいる場合は、直接面談することが難しいので、経歴や分野に関係なく電話面談が実施されます。


顔が見えない分伝わりにくい部分がありますので、事前に自分の希望や職歴・スキルなどをまとめておくと良いですよ。

経歴が十分にある人・転職をしやすい分野の人

転職できる経歴が十分にある方、転職しやすい分野の方の場合にも、電話面談が実施されるケースが多いです。具体的には、ハイレイヤー層や医療・看護といった分野ですね。


希望条件だけヒヤリングできれば十分なので、電話面談だけで完結するキャリアアドバイザーが多く見られます。

経歴が不十分で転職サポートできるか悩んでいる場合

経歴や実績が弱い方は転職サポートできるかどうか判断するために、電話面談を挟むケースがあります。なぜなら、サポートできないと判断した場合、お互いに時間を消費してしまうからなんです。


ただし、相手にされない場合で電話面談が実施されるケースも少なからずあるため、見極めが難しいかもしれませんね。

電話面談の流れ

転職エージェントの電話面談の流れをとら・うさぎ・くまが説明している

電話面談ですが、どのような流れで実施されるのか、気になるところですよね。電話面談の流れは以下の通りです。

  1. 転職サポートできるかどうか判断
  2. キャリア相談・ヒヤリング
  3. 求人紹介

上記の流れについて、次で詳しくご紹介していきますね!

転職サポートできるかどうか判断

まずは、転職者に履歴書・職務経歴書などを事前に送ってもらい、その内容を元に転職サポートできるかどうか判断をします。


それから初回面談をおこない、お互いに挨拶をすることからスタートします。キャリアアドバイザーの自己紹介から始まります。


弊社では、自己紹介するときに強みをお伝えしています。他にも「どこで弊社を知って登録して頂いたのか」についてもお聞きしています。

キャリア相談・ヒヤリング

次に、転職を考えた理由をヒヤリングして、その内容を深掘りしていきます。具体的には現在の状況や他の転職エージェントを利用しているかどうかの確認ですね。

どこにも応募していないのであれば、どの業界・職種に興味があるのか、応募したいと考えているのかヒヤリングします。

それから現職についてのヒヤリングもします。「この業務ってどんな流れでおこなっていたんですか?」「成果を出すために工夫していたことは?」など質問がされます。

弊社では、この他にも市場相場についてわかりやすく説明をして、じっくりと面談を進めています。

求人紹介

これは利用する転職エージェントにもよりますが、電話面談時に求人を紹介してもらえる場合があります。


ただ、ヒヤリングをした方向性に合わせて、別途メールにて求人を紹介される場合もありますね。

電話面談の前の準備と必要な心構え

転職エージェントとの電話面談に力を入れて右手を挙げている

電話面談の前には、履歴書・職務経歴書を作成して事前にキャリアアドバイザーに送りましょう。そうすることで、スムーズに面談が進められるからです。

メモが取れるようにメモ帳と筆記用具は必須です。他社の転職エージェントを利用して応募している企業がある場合は、その求人票と選考リストの準備が必要です。

自らエントリーしている企業がある、興味がある企業があるなら、その企業の求人票を準備しましょう。きちんと準備しておけば、キャリアアドバイザーにしっかりと伝えることができますよ。

履歴書や職務経歴書の書き方が分からないという方は、以下の記事も参照してみてください!

転職の履歴書はどう書く?書類選考で落ちないための完全マニュアル!
人事の目に留まる転職の職務経歴書の書き方完全ガイド

末永がおすすめする転職エージェント集

最後に、じゃあどのエージェントに相談するべきなの?という点についてまとめてみたいと思います。

これまで10年以上、現役の転職エージェント・キャリアアドバイザーとして多くの転職者をサポートしてきた私が「対象者別にオススメなエージェント」をまとめました。

冒頭でご説明したように、転職エージェントには複数登録するのがオススメです。 複数のエージェントと簡単に電話面談してみて、良いと思ったエージェントと直接面談してみましょう。

そうすることで、効率的に、信頼できるアドバイザーに出会うことができますよ!

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

未経験OKの若手向け求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 首都圏のIT/Web系企業への転職に強み
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。