転職エージェントとの電話面談で聞かれることは?プロが徹底解説!

転職エージェントとの電話面談で聞かれることは?プロが徹底解説!

    転職エージェントに電話面談と言われた!電話で相談をすることが不安…という方へ、電話面談で聞かれることやコツをお伝えします!直接面談との使い分けが転職活動の明暗を分けるかも!ぜひ目を通してみてください!

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

あなたに最適なエージェントが見つかる「転職エージェント診断」 あなたに最適なエージェントが見つかる「転職エージェント診断」

転職エージェント 転職エージェント

診断スタート

あなたに最適な転職エージェント診断
簡単5STEP!タップするだけ!

転職エージェントとの電話面談とは

転職者転職エージェントとの電話面談って、直接対面で面談するのと何か違うんですか?

転職エージェント末永 末永

「電話面談と直接面談では何か違うの?」と疑問を持つ人って結構いるんですけど、面談の内容は電話でも対面でも変わらないんです。

転職者そうなんですか?転職エージェントに連絡したら「電話面談しましょう」と言われ、友人からは対面で面談したと聞いていたので不安でした。

転職エージェント末永 末永

オンラインかオフラインかの違いなだけで、面談内容は同じなんですよ。


現在コロナ禍ということもあり、対面での面談を極力していないという転職エージェントもあると思います。

転職エージェントとの電話面談は2回目以降がおすすめ

転職エージェントとの電話面談は、2回目以降にするのがおすすめです。

というのも初回面談の目的は、信頼関係を築くことだからです。

転職エージェント末永 末永

電話相談のみというエージェントでも、初回だけでも対面かオンライン面談にできないか打診してみましょう。

初回面談では転職に関する不安を打ち明けたり、どうして転職したいのか?転職したらどうなりたいのか?を深掘ってアドバイスをもらったりします。

こうして転職者がエージェントに心を開き、何でも質問できる人間関係を構築することが初回面談の目的です。

転職エージェント末永 末永

電話でのコミュニケーションには限界があります。


表情や身振り手振りをみてコミュニケーションがとれないのも、少し不安ですよね。

担当者との相性はあなたの転職活動を成功させるためにとても大事な部分になってくるので、初回面談ではしっかり顔を見て話せる環境で相性を判断するのがおすすめです。

このように初回面談で信頼関係を築ければ、それ以降は電話での相談で問題ありません。

コロナウイルスの関係で直接会っての面談が難しければ、オンライン面談を打診してみましょう。

コラム:初回面談でいきなり求人紹介

ちなみに、初回面談でいきなり求人を紹介された場合は、その転職エージェントの利用をやめても大丈夫だと個人的には思います。

関係構築が初回面談の目的であるにもかかわらず、いきなり求人紹介から始まる場合はその求人が的外れであるケースが多いからです。


転職活動をスムーズに進めるためにも転職エージェントを複数登録して、きちんとヒアリングや関係構築をしてくれるエージェントを選びましょう。

転職エージェントやキャリアアドバイザーの選び方のポイントについては、以下の記事を参考にしてみてください。

転職エージェントが電話面談を実施する3つの理由

転職エージェントが電話面談を実施するのには以下3つの理由があります。

それでは上記3つの理由について詳しく解説していきます。

転職者が遠方に住んでいる

転職者が遠方に住んでいる場合は、直接面談することが難しいので、経歴や分野に関係なく電話面談が実施されます。

また距離の問題に限らず、在職中で勤務時間的に直接面談することが難しい転職者も多いです。

転職エージェント末永 末永

そういった意味でも電話面談は、移動の手間や時間的な拘束を受けにくい手段として有効なのです。


コンタクトの取りやすさが電話相談の1番のポイントですね。

また、新型コロナウイルスの影響もあり、そこまで遠方でなくても電話面談をするという転職エージェントは増えているようです。

転職者の経歴が不十分でサポートができるか悩んでいる

経歴や実績があまりないという人は、転職サポートができるかどうか判断するために電話面談を挟むケースがあります。

なぜなら、サポートできないと判断した場合、対面での面談だとお互いに時間を消費してしまうからです。

転職エージェントによっては「この人はサポートできなさそうだけど一応電話面談をしておこう」といったように、最初からサポートする気がない場合でも電話面談が実施されることがあります。

転職者の経験やスキルが豊富で転職を成功させやすい

転職者の経験やスキルが豊富で「この人であれば即戦力となってくれそう」「どこの企業も欲しがりそう」という人も、電話面談が実施されるケースが多いです。

とくに同業界に転職するという人は、希望条件だけヒアリングできれば十分なので、電話面談だけで完結させることができます。

転職エージェント末永 末永

とはいえ、自分のスキルがどの程度のレベルなのか、わからない人も多いのではないでしょうか。

以下で紹介する3つのエージェントは、全業界・職種を網羅の上で求人数も多く、幅広いキャリアの提案が可能です。

紹介される求人で自分のスキルを確かめるのも一つの手です。

おすすめの大手総合型転職エージェント

転職エージェントとの電話面談の流れ

転職エージェントとの電話面談はどういった流れでおこなわれるのかを、弊社の場合を例に出して説明します。

弊社の場合、電話での初回面談は以下の通りになります。

詳細について以下で解説していきます。

挨拶

最初の面談はお互いに軽い自己紹介をしたり、挨拶をすることからスタートします。

初回面談は、直接対面で面談をする場合もあったり、転職エージェントによってやりかたは異なります。

転職エージェント末永 末永

弊社では自己紹介をするときに、弊社の強みをお伝えしています。


他にも「どこで弊社を知って登録したのか」についてもお聞きしています。

あとは、ほかのエージェントサービスと複数登録しているかについてもここで確認します。

応募先企業の重複を防いだり、ほかのエージェント経由での選考スケジュール等を把握するのが主な目的です。

また、他のエージェントから情報を聞き出したあとに別のエージェント経由で企業にエントリーするなど複数登録を悪質利用していないかも確認しています。

そういった方はブラックリストのようなものに載り、サポートを敬遠されることもあるので注意しましょう。

転職理由のヒアリング

次に、転職理由をヒアリングして深掘りしていきます。

主に、以下のようなことが聞かれます。

電話面談で聞かれること

  • 転職を考えたきっかけ
  • 具体的な転職理由

転職をしようと決断しエージェント登録に踏み切ったきっかけの出来事と、そこに至るまでの経緯や心境などを聞かれます。

ざっくりとでもキャリアビジョンがあり、ステップアップのために転職を考えている人はそこも説明できると良いでしょう。

そもそも転職理由の考え方や伝え方がわからない!という人は以下の記事を参考にしてみてください。

現職についてのヒアリング

転職理由についてある程度聞けたら、現職について聞いていきます。

電話面談で聞かれること

  • 現職の業務の流れ
  • どうやって成果を出していたか
  • 成果を出すために工夫したこと
  • 現職の年収
  • 次の会社への希望年収

特に具体的な成果と、どうやってその成果を出したのか、要因などについて聞き、市場価値について説明します。

あなた自身の市場価値と照らし合わせて、「この企業だったら経験が大事」「あの企業は即戦力が求められる」といった説明をし、転職に対しての覚悟を持ってもらう機会にします。

あとは年収や福利厚生など条件面の希望をヒアリングします。

今後のスケジュール提示

転職相談者のことをある程度知れたら、今後どういう流れで内定獲得をしていくのか、スケジュールを提示します。

なお、転職エージェントよってはヒアリングの時点で求人を紹介してくる場合があります。

詳しくは転職エージェントとの電話面談のメリット3選でも後述しますが、初回面談のヒアリングだけでは的外れな求人を紹介してくることが多いです。

なので初回の電話相談の時点から、求人紹介→応募とサクサク進むことは稀です。

基本的には後日、メールや電話で求人の紹介をし、書類添削や選考対策に移るという流れになります。

電話面談前に準備しておくこと

準備するものや考えておくべきことは以下の通りです。

  • メモ帳と筆記用具
  • 他の転職エージェントを利用している場合は受けている企業の求人票と選考リスト
  • 自らエントリーしている場合はその企業の求人
  • 興味がある、気になっている求人

転職エージェントとの電話面談だけでなく社会人として電話対応の際のマナーでもありますが、メモが取れるようにメモ帳と筆記用具は必須です。

また他社の転職エージェントを利用している人は、応募した企業の求人票と選考リストの準備が必要です。

さらに、自らエントリーしている企業があったり、興味がある・気になっている企業がある場合は、その企業の求人票を準備しておくことで、抜け漏れなくキャリアアドバイザーに伝えることができます。

上記とは別に、前もって履歴書・職務経歴書を作成し、キャリアアドバイザーに送っておくと良いでしょう。

そうすることで、スムーズに面談が進められます。

履歴書や職務経歴書の書き方が分からないという人は、以下の記事も参考にしてください。

転職エージェントとの電話面談のメリット3選

転職エージェントと電話相談をするメリットは以下の3つがあります。

メリットついて、以下で詳しく解説していきますね。

自分のペースで転職活動が進められる

電話面談は、自分の都合の良い時間に合わせて転職活動を進めることができます。

遠方に住んでいたり、現職の仕事が忙しいといった人は、直接転職エージェントのオフィスに行くことが難しいため、手軽に電話相談できるのは大きなメリットです。

ただし、キャリアアドバイザーの都合で電話面談の時間が決められるケースもあるので、注意が必要です。

転職活動をするうえで、スケジュールを立てることはとても大切です。転職活動を計画的に進めたい人は以下の記事も参考にしてください。

転職エージェントとの相性が判断できる

序盤に電話相談は2回目以降がおすすめ とお伝えしましたが、初回に電話相談をするメリットもあります。

初回相談の場合、最初に電話相談をおこなうことでキャリアアドバイザーとの相性を事前に判断できるのです。

直接出向いて対面で話したものの相性が合わず「わざわざ仕事の合間を縫って転職エージェントのオフィスに行ったのに」と、貴重な時間を無駄にしてしまうようなことが防げます。

転職エージェントを使って転職活動をしていくうえで、担当者との相性は今後の人生を左右すると言っても過言ではありません。

だからこそ、事前に電話面談で相手との相性を知ることができるのは、大きなメリットだと言えますね。

紹介求人レベルを事前把握できる

こちらも初回の電話相談の場合ですが、事前に紹介求人のレベルを把握することができます。

キャリアアドバイザーが、あなたの考えや思いをしっかり汲み取っているか判断ができるのです。

また、的外れな求人を紹介された場合、対面だと断りづらいが、電話だと断りやすいという点もメリットです。

転職エージェント末永 末永

初回が電話面談の場合は、転職エージェントを複数登録しておいたほうが得策ですね。


相性の判断や求人レベルの判断のためにまずは電話面談をしてみて、良いと思えたキャリアアドバイザーには直接面談を依頼すると良いでしょう。

転職エージェントとの電話面談のデメリット2選

転職エージェントと電話相談をするデメリットは以下の2つがあります。

場合によってはオフィスに来るように言われる

キャリアアドバイザーによりますが、電話面談をしてくれず、オフィスに来るように言われることがあります。

キャリアアドバイザーは、しっかり転職者に会って話をしたいと考えている人が多いものです。

また、直接会ってしっかり面談をすることでその人に合った求人を紹介できるので「自分の成績になるからこの人はなるべく逃したくない」といった、キャリアアドバイザー側の都合であるパターンもあります。

コミュニケーションを取るのが難しい

電話面談だと相手の顔が見えないため、声のトーンや話し方でしかお互いを判断することができず、コミュニケーション不足になってしまうという懸念が生じます。

実際に自分が思っていたことと違ったり、伝えたつもりがうまく伝わっていなかったりという事態が起こりやすいのです。

また、コミュニケーション不足が原因で、キャリアアドバイザーを味方につけにくくなるとうケースもあります。

直接会って面談をすれば、転職への意気込みをしっかりと伝えられ「力になってほしい」とお願いができるので、転職エージェントのオフィス面談に足を運べるなら、できる限り行くことをおすすめします。

転職エージェントと直接面談をする際のポイントについては、以下の記事を参考にしてください。

転職エージェントとの電話面談に関するQ&A

転職エージェントとの電話面談で、よくある質問を以下にまとめました。

「転職エージェントに電話相談したいな」と考えている人は参考にしてください。

電話が苦手な場合は?

転職者転職エージェントに相談をしたいのですが、電話がとても苦手です。地方に住んでいるので、オフィスにも行けません。何か他の方法はないですか?

転職エージェント末永 末永

電話面談が苦手という人に対しては、まずzoomやGoogle MeetなどでのWEB面談を提案します。

来社が不可能な場合もWEB面談を提案しますね。

余談になりますが、ここ最近コロナ禍の関係で対面で面接する企業も減ってきているので、WEB面談で話すことでオンラインでのコミュニケーション能力を見ているというエージェントもいるようです。

忙しくて電話できるタイミングがない場合は?

転職者現職が忙しいので、電話相談できるタイミングがありません。
電話ができるタイミングがあるとするならば、車での移動中くらいになってしまうのですが、それでも良いのでしょうか?

転職エージェント末永 末永

どうしても時間がない場合は運転中での電話面談でも良いですが、運転中は話を集中して聞くことも、考えて受け答えすることも難しくなります。それでは面談の意味が半減してしまいます。

よって、どうしてもという場合以外は集中してやりとりできる日に日程調整する場合もあります。

実際に、話を集中して聞けなかったりメモを取れないせいで、次の面談の日程を忘れてそのまま連絡が途絶えてしまうケースもあります。

また運転中によくあるのが、電波が悪かったり、周りの音がうるさくてお互いの声が聞き取れず会話にならないことです。

そういった場合は、話に集中できて通信環境の良い静かな場所に移動し、一旦車を停めて話す必要があります。

このように、在職中の転職活動は忙しいものの、運転中の面談は避けたほうが無難です。

転職エージェントと電話面談するなら

電話面談に不慣れな人や電話自体が苦手な人、口頭だけのやりとりが中心で転職活動がうまくいくのか、など電話面談に不安を抱えている人は多いと思います。

ですがここまでにお伝えしたポイントをおさえつつ、適切なエージェントを選んで信頼することができれば、電話面談でもなんの心配もありません!

以下は私のおすすめエージェントとその解説です。

自分に合ったエージェントがわからないという人はぜひ参考にしてみてください。

幅広い業界・職種の求人を見たい人向けのエージェント

「とりあえず転職したい」「転職したいけど自分に合った仕事がわからない」という人はリクルートエージェントdodaなどの大手エージェントがおすすめです。

リクルートエージェントdodaでは幅広い業界・職種の求人を扱っているので、あなたの希望条件に近い求人が見つかりやすいからです。

自分一人で1社ずつ情報収集するのは難しいかと思いますし、ここは幅広い業界の企業情報に精通した大手エージェントを頼るほうが得策ですね。

また、今後のキャリア設計で悩んでいる人も、大手エージェントではキャリアのプロが多角的な視点からキャリア設計を手伝ってくれるので、まだ転職するか悩んでいる人にもおすすめですよ。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

リクルートエージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

doda

CMでおなじみ!顧客満足度トップクラス!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

おすすめポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 20万件以上(2023年3月時点、非公開求人を含む)の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

マイナビエージェント

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

おすすめポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェントに
相談する

年収500万円以上を目指す人にオススメのエージェント

リーダー・マネージャーといった企業の中核ポジションや管理職、マーケティングなどの専門スキルを生かして年収アップしたい人には、ハイクラスの優良求人のみを扱うビズリーチJACリクルートメントがおすすめです。

ビズリーチは登録してレジュメを登録しておくと、企業の採用担当者や業界・職種に特化したヘッドハンターからスカウトメールをもらうことができます。スカウトのあった年収・ポジションから自分の市場価値が分かるので、転職に積極的でない人にもおすすめです。

JACリクルートメントは個人担当と企業担当が同じであることが最大の特徴です。企業情報を深く理解しているアドバイザーが多く、利用満足度が高いです。

どちらも大手総合型転職エージェントが保有していないような独自のコネクションを活かした非公開求人に出会うことができますよ。

年収500万円以上の転職を目指す人向け転職サービス

年収700万円以上はハードルが高すぎる…そんな人におすすめの転職サービス!

ビズリーチ(転職サイト)

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

おすすめポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

JACリクルートメント

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

JACリクルートメント

おすすめポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

20代のフリーター・既卒・第二新卒向けのオススメエージェント

第二新卒のように正社員経験が少ない人や、既卒・フリーター・ニートのような未経験からチャレンジしたい場合は、未経験歓迎の非公開求人を多数保有しているUZUZハタラクティブなどの就職エージェントがおすすめです。

履歴書・職務経歴書の書き方アドバイスや添削、企業ごとの面接対策を丁寧にサポートしてもらえます。

また、UZUZは未経験からチャレンジできるエンジニア求人やWeb業界の求人も保有しています。

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

UZUZ

多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

UZUZ

おすすめポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒアリングさせて頂きます

UZUZに
相談する

ハタラクティブ

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ハタラクティブ

おすすめポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人3000件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

エンジニア・デザイナー経験者向けのエージェント

エンジニアやデザイナーとして活躍していて、転職を検討している人はIT・Web業界に特化したマイナビIT AGENTウィルオブテックリクルートエージェント(IT)がおすすめです。

優秀なエンジニアやデザイナーを採用したい企業の非公開求人を多数保有しています。IT技術職者の転職支援実績が豊富にあるため、これらの転職エージェントを利用した人の平均年収は上がっています。

職種に特化しているので、より専門的なサポートが受けられます。

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

マイナビIT AGENT

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

マイナビIT AGENT

おすすめポイント

  1. エンジニアがスキルアップできる求人多数
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENTに
相談する

ウィルオブテック

年収UPがデフォルト!ITエンジニアのキャリアアップに特化した転職エージェント

ウィルオブテック

おすすめポイント

  1. 専属2名体制による多角的な視点からのサポート!
  2. ハイクラス求人含めITエンジニア向けの求人が常時数千件以上!
  3. 年収UPを前提とした転職支援!過去に年収150万円以上UPした転職実績あり

ウィルオブテックに
相談する

リクルートエージェント(IT)

エンジニアの求人も豊富に保有している
国内最大級の定番エージェント

リクルートエージェント(IT)

おすすめポイント

  1. エンジニア求人は業界最大の10万件以上!
  2. プログラマーや品質管理、社内SE、テクニカルサポートなど人気の職種を網羅
  3. 専門のアドバイザーチームがあり、IT・Web業界ならではのサポートが充実

リクルートエージェント(IT)に
相談する

レバテックキャリア

ITエンジニア経験者支援に特化した専門エージェント

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます。
※エンジニア未経験者向けの求人は保有しておりません。

レバテックキャリア

おすすめポイント

  1. 保有求人7000件以上の約8割が年収600万円以上のハイクラスIT求人
  2. 大手IT系・Web系企業からスタートアップまで幅広く網羅
  3. WEB・アプリエンジニア、インフラエンジニア、PM、ITコン、SEなど多様な職種に対応

レバテックキャリアに
相談する

line

line

人気の転職エージェント