転職エージェントと電話面談する際のメリット・デメリット

The following two tabs change content below.
末永 雄大

末永 雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

今回は転職エージェントとのやり取りを「電話面談」で行う場合について、デメリットとメリットをお伝えしてみたいと思いますので、是非今後の転職活動に活かしてくだされば幸いです。

特に、「転職エージェントを使って転職活動をしたいけど、直接面談を受けられる会社が地元にないんだよなあ・・・」「転職活動のサポートは受けたいんだけど、時間に余裕がない・・・」という方、是非ご確認ください。

※転職エージェントについての参考記事

転職エージェントに使われるな、使え。〜成功のための3つのテクニック〜

電話面談のデメリットとは

まずデメリットの方からお伝えしたいと思います。

結局、直接会って面談が必要になる場合がある

転職エージェントによっては、電話カウンセリングだけでは求人紹介まで紹介してくれず、直接オフィス面談をしないといけない場合があります。転職エージェントからすると、しっかり転職希望者に合って話をしたいと思ったり、場合によっては、自分の成績になるのでなるべく逃したくないといった都合もあるかも知れません。

自分の興味関心や想いを伝えられない場合がある

電話面談ですと、どうしても相手の表情などが分からず、声のリズムやトーンでしか、判断できず、細かい部分でコミュニケーション不足になるという懸念もあります。ですので、自分の思っていたことと違ったり、伝えたつもりがあまり伝わっていなかったということも起こる可能性があります。

転職エージェントを味方につけにくくなる

転職エージェントについては、やはり実際に会って転職への意気込みや、力になってほしいと伝えることで自分の味方に付けることができます。しかし、電話面談だとどうしてもコミュニケーションが不足しがちですので、味方につけにくくなる可能性もあります。
つまりは転職エージェントのオフィス面談に足を運べるなら、行った方が良いと言えます。

【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

電話面談のメリットとは

では、次にメリットについてお伝えしたいと思います。

直接オフィスに行くことが出来ない場合でも転職活動を進められる

例えば、遠方に住んでいる場合や、仕事が忙しい場合、会社に転職活動を知られたくない場合など、人によっては直接転職エージェントのオフィスに行くことが難しいことがあるでしょう。その場合でも、電話面談であれば気軽に、自分の時間に合わせて転職活動を進めることが可能です。

転職エージェントとの相性を知ることが出来る

これは主に「初回相談」の場合ですが、まず電話面談を行うことで、転職エージェントとの相性を事前に知ることが出来ます。今後転職エージェントと、二人三脚で進めて行く転職活動です。担当者との相性を事前に知ることが出来るというのは大きなメリットです。

転職エージェントと会うことなく、紹介求人レベルも事前に把握できる

これも初回相談の時ですが、事前に紹介求人レベルを把握出来るのもメリットです。転職エージェントの担当者が、こちらの考えや想いをしっかり汲み取っているか、判断することもできます。

上記のようなメリットがありますので、効率的に転職活動を進めることが可能と言えます。

【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

電話面談の流れ&準備する事

転職エージェントの電話面談の流れについては、通常の対面面談と同じように、

現状の確認ヒアリング(カウンセリング)

求人の紹介

という大きな流れで進められます。

ただし、どうしても電話でのやり取りになりますので、電話の中では伝えきれなかった部分や、実際に求人を紹介してもらうネクストステップに関しては、再度電話面談を行ってもらったり、メールで担当者とやりとりする流れとなります。

限られた時間の中で自分の現状や転職先の条件などを担当者に理解してもらう必要がありますので、事前に職務経歴書をなるべく詳しく書いておいたり、転職先の会社に求める条件などを箇条書きなどでまとめておきましょう。

【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

よくある質問について

どのくらいの時間がかかるのか?

1回の面談で、だいたい30分〜1時間くらいが多いです。情報共有や、紹介案件の相談など、面談回数によって内容は異なりますが、1時間くらいは時間を取るようにしてください。

事前に準備しておくものは?

転職エージェントからは、履歴書や、職務経歴書などの書類添削を行ってもらえます。ですので、企業提出用の書類はもちろん、自己PR文章なども用意しておきましょう。

どのような場所で面談する方がよいのか?

しっかり担当者と話すことが出来る場所であればどこでも構いません。しかし、場合によっては資料を共有しながらであったり、その場で何か文章を書いたり、資料を作成したりするケースもありますので、電子データが扱える環境や、インターネット環境、手帳などメモを取ることが出来る場所である方が良いです。

【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

面談せずに電話だけで求人を紹介する転職エージェントってどうなの?

最近、転職エージェントの中には、転職者と面談はせずに、いきなり電話を掛けてきて、5分程度の電話の中だけで、求人を紹介・案内して、エントリー・応募回収をする会社や転職エージェントが増えているようです。

これはもちろん、転職者も現在のお仕事で忙しく、面談している時間や、余裕がない中で、急ぎで特定の求人をエントリーしたい場合は、便利である事もあるかと思います。

ですが、転職者としては、直接会ってしっかり相談した上で、求人を選定をしていきたいという希望を持っているにも関わらず、電話だけで求人紹介をする事で、できる限りスピーディーに話を進めて、競合に先んじで、他社をブロックする事を目的とした求人紹介屋が増えるのは、いかがなものか?と思う事が多くあります。

電話主体で進めるのか、直接会って進めるのか、自分の中でも持っていた方が良いでしょう。

プロが教える!ブラックな転職エージェントやブラック求人を見極めるコツ

こんな人には電話面談がオススメ!

  • 忙しくて直接面談する時間のないビジネスマン
  • 地方在住で面接するには場所が遠い人

この2つに該当する場合は、電話面談がまずはオススメです。逆にこれ以外の方で、転職活動を進めて行く場合は、やはり直接転職エージェントの担当者に会って話を進めることをオススメします。