2019.07.22

第二新卒が転職エージェントで失敗しない方法とオススメ8社比較

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

「転職エージェントのランキングや比較表を見て、評価が良さそうな転職エージェントを使ってみようかな?」と思っている第二新卒の方は多いのではないでしょうか?

しかし「今の職場を辞めたい」という気持ちが先行し、転職の目的が定まっていないまま何となく転職エージェントを利用し、内定をもらった会社に行った結果、ミスマッチの転職をしてしまう第二新卒の方は非常に多いです。

「何のために転職をするのか」「転職して何を実現したいのか」といった転職の目的をご自身の中で明確にし、その目的を達成することができる会社選びをする必要があります。

そこで今回は、プロの転職エージェントの目線から、以下の2点をお伝えしていきたいと思います。

・第二新卒のみなさんが幸せな転職をするために必要な転職の考え方
・第二新卒の方が陥りがちな失敗事例を踏まえた転職エージェントの上手な活用法

転職のプロ・専門家として、情報の質を重視し、他のサイトでは語られることのない「濃い」情報を提供しております。

転職エージェントを徹底的に使い倒す方法を身につけて、本気で転職を成功させたい!」と思う方は、ぜひ最後まで目を通してください!

第二新卒で転職エージェントを使うべき人の3つの特徴

転職エージェントを使った方がいい人の特徴

以下に当てはまる第二新卒の方は、転職エージェントの活用をオススメします。

転職エージェントを使った方が良い人

  1. 転職活動が初めての方
  2. 未経験の業界・職種への転職を検討している方
  3. 転職活動中で選考通過率が低い方

なぜ、上記のような方が転職エージェントを使うべきなのか、詳しく説明していきますね。

1. 転職活動が初めての方

初めて転職活動をするという人に多いのが、今の会社を辞める理由は明確だけれど、次に転職したい業界や職種・会社については漠然としているケースです。

今回が初めての転職活動、という第二新卒の方は多いのではないでしょうか?

「営業がツラいから、事務職に転職したい!」「年功序列が嫌だから、成果主義の会社にいきたい!」などのように、現在の仕事に対する不満の裏返しの転職をした結果、上手くいかずに転職を繰り返してしまうという方は意外に多いです。

転職エージェントでは、多くの転職者をサポートしてきた知見から長期的な目線でキャリアのアドバイスをもらうことができます。

どんな働き方をしていきたいのか、どんな会社や職場環境が自分には合っているのか、という転職の軸が明確になるまで壁打ちをしてくれるので、ミスマッチの転職のリスクを下げることができます。

初めて転職活動をする場合のポイントを以下の記事でも詳しく解説しているので、合わせてご覧ください!

初めての転職で失敗したくない!内定獲得率が上がるヒミツを大公開!

2. 未経験の業界・職種への転職を検討している方

未経験業界への転職で多い失敗は、業界へのイメージだけで興味を持っている場合が多く、実態とイメージが違ったというケースです。

未経験の仕事にチャレンジしてみたい、という第二新卒の方からの転職相談も多いです。

しかし、面接でそのことを見抜かれて落とされてしまったり、実際に入社してみて「思っていたのと全然違った」と後悔するということになりかねません。

業界にしっかりと強みを持つ転職エージェントを活用すれば、業界の人でないと知らないような業界の構造や将来性、具体的な仕事内容、メインとなるプレイヤーの関係図などの基礎的な情報を提供してくれるので、失敗のリスクを減らすことができます。

未経験の業界や職種へ転職する場合のポイントを以下の記事でも詳しく解説しているので合わせてご覧ください!

異業種への転職で成功をするポイントは?不安をなくす方法を伝授!

3. 転職活動中で選考通過率が低い方

転職サイトやハローワークなどを活用して転職活動をしているけど、書類がなかなか通らない、面接で落とされてしまう…。

そういった第二新卒の方は、転職エージェントを利用することで書類選考や面接の通過率をUPできる可能性があります。

転職活動が上手くいかないのは以下のいずれかが原因です。

転職活動が上手くいかない原因

  • 求人選定の仕方が間違っている
  • 応募書類や面接で刺さる魅力をアピールできていない

◆求人選定の仕方が間違っている

スキルや経験が全く見合わない求人ばかり受けてしまっていたり、企業のカルチャーとご自身の志向性が全く異なる求人を受けてしまっているケースです。

書類選考が通らない方は前者、面接で落とされてしまう方は後者の可能性が高いです。

転職エージェントを利用すると、多くの転職者をサポートしてきた知見から、企業側の採用要件を深く熟知した上で、あなたの経験やスキルが活かせる、かつ志向性が合っている企業を目利きしてくれます。

書類選考の通過率の実態や通過率UPの方法を以下の記事で詳しく解説しているので、合わせてご覧ください!

転職での書類選考通過率はどれくらい?成功の秘訣をプロが大公開!

◆応募書類や面接で刺さる魅力をアピールできていない

転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書の添削や面接対策といったサポートも無料で提供しています。

志望企業の求める人材や、採用要件を熟知した上で、そこに合わせた対策をおこなってもらえます。

また必要があれば、書類や面接の場で伝えきれなかったあなたの魅力を、企業の採用担当者に改めてプッシュしてくれるなど、選考確率が高まるように動いてくれます。

履歴書・職務経歴書の書き方のコツや、転職面接の基本について知りたい方は以下の記事も合わせてご覧ください!

転職の履歴書はどう書く?書類選考で落ちないための完全マニュアル!
人事の目に留まる転職の職務経歴書の書き方完全ガイド
転職面接でよく聞かれる質問集!成功率を上げる対策法を徹底解説

転職エージェントを賢く使うポイント

転職エージェントを使ってみたけど、転職活動が上手くいかない…と弊社に転職相談に来る第二新卒の方のお話を聞いていると、ほとんどのケースが以下の2つに当てはまります。

転職エージェントを使って失敗した例

  1. 大量に求人を紹介されて迷ってしまった
  2. キャリアアドバイザーの対応に不満があった

こういった失敗をしないために、転職エージェントを賢く利用するためのポイントについて解説します。

転職の軸を明確にする

大量に求人を紹介されたけど「どれが自分に合っているのか分からない」「紹介されるままやみくもに面接をしているうちに、これでいいのか不安になった」という方の多くは、冒頭でも述べたように転職の目的が定まっていません。

転職で一番大切にしたい仕事軸や、どんなキャリアを歩みたいのかといった、転職に軸がしっかりと決まっていれば、求人の優先順位をつけて、どの求人にエントリーすべきかを判断できるようになります。

ちなみに、現役で転職をサポートし続ける筆者としては、その場ですぐに求人エントリーはせず、一度求人を持ち帰り、自分の希望を再度整理した上で、5社〜10社程度エントリーをする事をオススメします。

転職の軸の重要性について、以下の記事で詳しく解説しているので合わせてご覧ください!

転職軸がしっかりしていないと転職は厳しい!その理由って?

複数の転職エージェントを比較検討する

「担当のキャリアアドバイザーと馬が合わない」「面接対策をしてくれない」「選考の結果などの連絡がこない」など、キャリアアドバイザーの対応に不満があるという悩みもよく受けます。

信頼できるキャリアアドバイザーに出会えるかどうかは、満足いく転職活動のために非常に重要であるため、筆者としては、まず気になる転職エージェント2〜3社に複数登録することをオススメしています。

実際に面談にいってみて、安心して転職サポートを任せられそうなキャリアアドバイザーを比較検討しましょう。

複数登録のメリットやポイントについて以下の記事でさらに詳しく解説しているので、合わせてご覧ください!

転職エージェントは複数登録・掛け持ちすべき!本当の理由をぶっちゃける!

こちらで紹介しきれなかった、転職エージェントの使いこなし術を以下の記事で詳しく解説しているのでぜひご覧ください!

転職エージェントに使われるな、使え。〜成功のための3つのテクニック〜

第二新卒にオススメする転職エージェント8選

転職エージェントを使いこなすための知識をお伝えしてきましたが、最後に、第二新卒の方におすすめの転職エージェントを紹介していきます。

全ての第二新卒にオススメのエージェント

マイナビエージェントリクルートエージェントdodaといった、大手のエージェントは、第二新卒の求人を数多く保有し、全ての業界・職種の求人を保有している転職エージェントです。

圧倒的な求人数を武器に、幅広い提案が可能なので、「どんな業界・職種が合っているのか分からない」「未経験でも挑戦できる仕事を紹介して欲しい」という第二新卒の方が利用するメリットは非常に大きいです。

また、日系の大手メーカーや金融業界にその傾向が強いですが、特定の大手エージェントのみに「非公開求人」として募集を依頼しているケースがあります。

つまり、大手エージェントを利用しないと出会うことができない、大手企業の求人が存在するということです。

そのため、大手企業への転職を検討されている方は、大手の転職エージェントの利用は必須といえます。

各転職エージェントの特徴・利用者の評判を下記にまとめましたので、比較検討しながら自分に合った転職エージェントを選んでください!

大手エージェント3社の評判比較

マイナビ リクルート doda
総評 4.6 3.5 4
求人の質  4.5 4 4
求人の数 4.5 4 4
サポート 4.7 3.5 3.8
スピード 4.5 3.5 4.3
オススメ度 5 4  3.8
 

【利用者の評価】

総評
求人の質
求人の数
サポート
スピード
オススメ度

求人数が豊富という点はリクルートエージェントと共通していますが、dodaは求人を絞り込んだ上で紹介してくれるという特徴があります。

求人を絞り込むという点は、多くの求人を紹介するリクルートエージェントとは対照的な特徴ですよね。

数多くの求人の中から希望条件に合った求人を紹介して欲しい方は、dodaと相性が良いです。

一方、一定数の求人を紹介してもらって自分で選んでいきたい方はあまり相性が良くないです。

自分で求人を選ぶことに不安がある方は、dodaを利用するのがおすすめです。

dodaに
相談する

dodaの評判は?現役転職エージェントが正直な話をぶっちゃける!
 

【利用者の評価】

総評
求人の質
求人の数
サポート
スピード
オススメ度

マイナビエージェントは、大手の転職エージェントとして豊富な求人を保有しつつ、特に20代の若手に強みを持っている転職エージェントです。

新卒サイト『マイナビ』の掲載社数No.1ということを活かし、若手を採用したい企業とのコネクションが非常に強いことが特徴です。

大手企業のみならず、中小企業の求人もかなり多く掲載されているので、幅広い選択肢の中から選べるのは大きなメリットです。

若手への転職サポートの質が高く、丁寧なサポートが利用者から高く評価されています。

また、第二新卒向けの求人が非常に多く、自分に合った求人が見つかりやすいため、マイナビエージェントは第二新卒におすすめの転職エージェントです。

マイナビエージェントに
相談する

第二新卒が転職エージェントで失敗しない方法とオススメ8社比較
 

【利用者の評価】

総評
求人の質
求人の数
サポート
スピード
オススメ度

リクルートエージェントは、業界No.1の求人数を誇る国内最大の転職エージェントです。

圧倒的に豊富な求人から自分に合った求人を選ぶことができるため、第二新卒の方も自分に合った求人が見つかりやすいです。

リクルートエージェントは、他の転職エージェントに比べ、多くの求人を転職者に紹介する傾向があります。

ですので、豊富な求人の中から自分に合った求人を自分自身で選ぶことが出来る人はリクルートエージェントと相性が良いでしょう。

一方で、希望条件に合った求人の絞り込みを転職エージェントにお願いしたい方は、相性が良くないかもしれません。

リクルートエージェントに
相談する

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

既卒・フリーターに強い転職エージェント

正直、就職してすぐや半年未満といった短期間で離職をした経験のある方の場合、転職市場においては厳しい見方をされることも多いです。

実際、大手エージェントでは十分なサポートをしてもらえないケースもあります。

大手でサポートしてもらえるか不安、正社員としての自分の経験に持てない、という方は、UZUZ(ウズウズ)ジェイックといった手厚い就職サポート付きの転職エージェントを併用すると良いでしょう。

既卒・フリーターの転職に強いエージェント2社の評判比較

UZUZ ジェイック
総評 4.1 3.7
求人の質  4.1 3.4
求人の数 3.8 3.8
サポート 4.5 3.9
スピード 3.9 3.9
オススメ度 4.1 3.8
 

【利用者の評価】

総評
求人の質
求人の数
サポート
スピード
オススメ度

UZUZ(ウズウズ)は、第二新卒・既卒・フリーターに特化している転職エージェントです。

特徴としては、自身も早期離職した経験のあるキャリアアドバイザーがサポートしてくれるため、第二新卒の転職者と同じ目線でアドバイスしてくれるという点です。

第二新卒で転職する方は様々な不安がある中で、自分の気持ちを理解してくれるアドバイザーがいるのは非常に心強いことです。

また、1人の転職者に10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートをしていることも特徴で、丁寧なサポートにより内定率がアップします。

UZUZ(ウズキャリ)に
相談する

ウズキャリ(UZUZ)の評判・口コミってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!
 

【利用者の評価】

総評
求人の質
求人の数
サポート
スピード
オススメ度

ジェイックは、第二新卒・高卒・既卒・フリーターに特化している転職エージェントです。

特徴としては、仕事をする上でのマインドセット・面接対策に関する研修を提供してくれるという点です。

7日間の研修を通じて、転職後も活躍できるようなマインドセットを身につける事ができます。

転職活動を成功させることに繋がるのはもちろん、転職後も活躍するために必要な要素を身につけたい方は、ジェイックを利用するのがおすすめです。

ジェイックに
相談する

ジェイック(JAIC)の評判って悪い?社員に直接取材してみた!

第二新卒女性に強い転職エージェント

続いて、第二新卒の女性の転職に強い転職エージェントをご紹介します。

第二新卒の女性は、女性の転職で圧倒的な実績を誇るtype女性の転職エージェントへの登録がオススメです!

【利用者の評価】

総評
求人の質
求人の数
サポート
スピード
オススメ度

type女性の転職エージェントの特徴は、女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富である点です。

また、未経験でも挑戦できる職種の求人も多数保有しているため、新しい挑戦をしたい第二新卒の女性の方にもおすすめです。

関東圏の企業とのコネクションに強みがあるので、関東圏への転職を希望する第二新卒の女性の方にはぴったりの転職エージェントですね。

type女性でサポートできるのは1都3県に限られますので、それ以外の地域にお住いの方は、マイナビエージェントリクルートエージェントdodaのいずれかに登録する事をオススメします。

Type女性の転職エージェントに
相談する

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

エンジニア・デザイナーに強い転職エージェント

第二新卒のエンジニア・デザイナーの方や未経験からエンジニア・デザイナーへの転職を目指す方には、 レバテックキャリアマイナビITがオススメです。

どちらも求人数が豊富でオススメなのですが、レバテックキャリアはエンジニアのフリーランス支援も並行してやっているので、フリーランスになることも検討している方はレバテックキャリアへの登録をオススメします。

※エンジニア・デザイナーを含め、IT業界に強い転職エージェントをこちらの記事でも解説していますので、興味のある方はぜひ参考にして頂けたらと思います。

IT業界に強いおすすめ転職エージェント7選【職種・分野別】

エンジニア・デザイナーに強いエージェント2社の評判比較

マイナビIT レバテックキャリア
総評 3.4 3.9
求人の質  3 4.5
求人の数 3 4
サポート 3 4
スピード 4 3.5
オススメ度 3 4.5
   

【利用者の評価】

総評
求人の質
求人の数
サポート
スピード
オススメ度

マイナビITは、IT系の求人を豊富に保有している転職エージェントです。

大手企業からベンチャーまで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有しているのが特徴です。

また、未経験の第二新卒からエンジニア・デザイナーに挑戦できる求人も保有しているため、未経験からの挑戦もサポートしてくれます。

IT業界に精通している専任のアドバイザーが丁寧に転職サポートしてくれるので、転職活動が不安な第二新卒の方におすすめです。

マイナビITに
相談する

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

【利用者の評価】

総評
求人の質
求人の数
サポート
スピード
オススメ度

レバテックキャリアは、IT・Web業界トップクラスの求人数とサポート実績を誇る、IT職種に特化した転職エージェントです。

現役のエキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けることができ、転職サポートの質が高いのが特徴です。

また、レバテックキャリアはフリーランス向けのサービスも提供しているため、正社員とフリーランス両方のキャリア相談が可能です。

ですので、正社員かフリーランスどちらで働くか迷っている第二新卒の方にもおすすめできるサービスです。

レバテックキャリアに
相談する

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。