20代で転職を検討されている方へ


第二新卒にオススメの転職エージェントを紹介!転職のプロが徹底解説!

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

第二新卒での転職に対して、様々な不安がつきものですよね。初めての転職だからこそ、何もわからなくて不安を抱えてしまうことが多いようです。

待遇が悪化してしまうのではないか、自分のスキルが通用するのか。
また、2〜3年で転職するなんて早いんじゃないかと、周囲からの意見に不安を感じるという方もいると思います。

第二新卒の転職は不利だと考えている方も多いとは思いますが、そんなことはありません。実は転職市場では、第二新卒の需要がとても高く、他の年代と比べて転職を成功させやすいのです。
需要が高いとはいえ、自分で直接応募するよりも、転職エージェントを活用したほうが転職成功率を高められます!

自分1人では転職することに不安を感じて、転職エージェントを活用している方も多くおり、自分の転職を成功させています。

そこで今回は、悩みや不安を抱える第二新卒で転職を検討している方に向けて、「第二新卒に強い転職エージェントの選び方」「第二新卒が転職で注意すべきこと」「第二新卒が転職を成功させるコツ」などを、お伝えしていきたいと思います。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

第二新卒だからこそ転職エージェントがおすすめ!

第二新卒の転職には、転職エージェントの活用がおすすめです。
その理由は、転職エージェントを利用すれば、転職サイトやコーポレートサイトを使って、自分でエントリーするよりも転職成功率を高められるからです。

第二新卒での転職の場合、多くの方が自分の経歴やスキルに自信がなかったり、転職の方向性が定まっていなかったり、というような悩みがありますよね。

しかし、転職エージェントを活用すれば、あなたがどのような仕事をしたいのか、どんな企業が自分には向いているのかなど、転職のプロと相談をしながら転職活動が行えます。

他にも様々なサポートを親身になってしてくれますので、初めての転職の方でも大きな安心感があります。

ちなみに、第二新卒は転職市場での需要が高いんです。
その理由の1つ目は、企業側から見てコストがかからないからです。2つ目は、企業になじみやすい柔軟性があることが挙げられます。

社会人のマナーが最低限身についていることや、社会人経験が浅いため、前の会社の風土に染まっていないこと。
このような理由が企業側のメリットになり、第二新卒の転職市場価値の高さにつながっています。

その結果、第二新卒の転職は成功させやすいと言えます。

第二新卒とは?
第二新卒とは、一般的に「新卒で就職してから3年以内」という短期間に転職する方を指します。

新卒、既卒との違いは、就業経験があるかどうかです。新卒は学校を卒業してすぐ就業した方。

既卒は就職せずに学校を卒業された方。第二新卒は数年という短期間であっても、就業経験があるという違いがあります。

第二新卒の時期は就業経験も少なく、一人前になる手前という風に認識されますから、企業からはほぼ新卒と同等とみなされる事が多い事は知っておきましょう。

第二新卒が転職エージェントを利用するメリット


第二新卒の方にこそ転職エージェントを利用してほしいんですが、どのようなメリットがあるのか。やはりこれが気になるところですよね。

転職エージェントを利用するメリットは、大きく分けて3つあります。

  1. 第二新卒特有の問題が解決できる
  2. 手厚いサポートをしてもらえる
  3. 数多くの非公開求人がある

では、上記のメリットを詳細にご紹介します!

①第二新卒特有の問題が解決できる

第二新卒の方は、「自己分析ができない」「退職理由を説明しにくい」「仕事経験が浅いため職務経歴書が書けない」「志望動機がうまく書けない」という悩みを抱える方が多いと思います。

転職エージェントを利用すれば、自己分析の仕方や退職理由・志望動機の書き方だけではなく、職務経歴書に至るまでしっかりサポートしてくれるので、問題を解決できます。また、化粧講座や身だしなみなど、無料で参加できるセミナーを開催している転職エージェントもあります。

エージェントはこれまでに数多くの転職者をフォローしてきているので、失敗・成功ケースを把握しています。だからこそ、あなたを客観的な視点で分析し、きちんとサポートしてくれます。

具体的にどのような自己分析をすれば良いのか、悩みを抱えている方に向けて、関連記事をご紹介します。
ぜひご覧になってみてくださいね!

【転職のプロが伝授】転職活動においての最強自己分析術

2017.08.07

②手厚いサポートをしてもらえる

転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書などの応募書類の添削サービスや、面接対策などをしてくれます。

エージェントは、様々な企業の情報を把握しているので、どのような書類なら通過しやすいのか、どのようなことを面接で質問されているのか熟知しています。

応募書類の添削では、書類選考に通過しやすい書類を作れるよう親身にサポートしてくれます。
面接対策では、こういう面接が行われるだろうと想定して、模擬面接を行い、受け答えの仕方や伝え方をアドバイスしてくれます。

また、応募企業との面接日程調整や条件交渉など、自分1人では大変なことも、エージェントがあなたの代わりに対応してくれますよ。

③数多くの非公開求人がある

転職エージェントの持っている求人のうち、8割が非公開求人となっています。
表には出回っていない大手企業の求人も多く保有しています。これらは転職エージェントに登録しないと決して巡り会えない求人です。

具体的には、世間には広められない新規事業、社外秘のプロジェクトなどの求人です。
転職サイトや企業の公式サイトにも公開されていない求人なので、転職エージェントを利用しないと知ることができません。

非公開求人を紹介してほしい方、またはどのような求人があるのか知りたい方は、試しに転職エージェントに登録してみるのもアリです。

第二新卒に強い転職エージェントの選び方


転職エージェントの利用がおすすめと言われても、どんな転職エージェントを選べばいいのか悩みどころですよね。

そこでおすすめしたいのは、第二新卒の転職に強い転職エージェントです。ここでチェックしておきたいポイントが2つあります。

  1. サポートが手厚いか
  2. 興味がある業界・職種に強みがあるか

上記2つのポイントに注目をして、利用する転職エージェントを選ぶことで、転職成功率が上げられます。
この2つのポイントについて、ご紹介しますね。

①サポートが手厚いか

自分1人で転職活動をするというのは、悩みも多く不安な気持ちも強いですよね。
それが初めての転職であれば、なおさらだと思います。

だからこそ、全体的なサポートが手厚い転職エージェントが良いと言えます。
求人紹介だけに終わらず、応募書類の添削・面接対策までを丁寧に対応してくれるところを選びましょう。

また、キャリア相談を親身になってしてもらえるかどうか、連絡をこまめに取れるかどうか。
この2つについてもチェックするのが良いかと思います。

全体的なサポートが手厚ければ、初めての転職でも大きな安心感があり、同時に転職を成功させられる確率も上げられます。

②興味がある業界・職種に強みがあるか

転職エージェントには、それぞれ得意不得意な業界があります。
IT系に強いエージェントもあれば、営業系に強いエージェントもあります。

エージェントに転職やキャリアなどを相談する際には、自分の希望をより細かく伝えるようにしましょう。
相談をしてみてエージェントとの相性に違和感があれば、変更してもらうことも可能です。

IT・WEB業界を希望する場合は、IT系に強い転職エージェントを、営業や接客の職種を希望するなら、営業や接客系に強い転職エージェントを見つけて、登録をしましょう。

関連記事でも、転職エージェントの選び方を詳細にご紹介していますので、ぜひご覧になってみてくださいね!

【プロ直伝】20代の転職エージェントの選び方!分からないことが多い人必見!

2019.01.10

プロがおすすめする!第二新卒や若手層に強い転職エージェント!


第二新卒に強い転職エージェントを見つけるポイントを知っても、具体的にどんなところがいいのか。自分1人で転職エージェントを探すのも、やっぱり不安ですよね。

そこで、第二新卒や20代の既卒者、社会人経験が浅い方に強い転職エージェントをご紹介します。

第二新卒なら絶対に登録しておくべき転職エージェントTOP3

末永

第二新卒なら絶対に登録しておきたいのは、「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」「doda」の3つです。

なぜおすすめなのかというと、数多くの様々な求人を扱っているからです。そして、もう1つは全国展開しているため、地域が限定されずに転職活動ができるからです。

大手転職エージェントだからこそ、エージェントひとりひとりの経験やスキルが豊富なんです。
転職のノウハウやスキルを持っているので、あなたをしっかりと最後までサポートしてくれますよ。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判を元社員が大暴露!【利用者の口コミ付】

2019.01.25

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

リクルートエージェントに次ぐ、国内2位の転職エージェント!多くの求人の中から、キャリアアドバイザーが厳選して求人を紹介するスタイル!「自分に合ったオススメの求人だけを紹介して欲しい!」という方は、dodaへの登録がオススメ!

特徴
【メリット】
  1. リクルートに次ぐ国内2位の豊富な求人数。他のエージェントでは取り扱いのない求人を多数紹介
  2. 面接対策などのサポートが手厚く、転職に自信のない方でも安心
  3. アドバイザーの提案力が高く、求人を一定数紹介するリクルートに比べ、キャリアアドバイザーが求人を厳選して提案
【デメリット】
  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーごとにバラつきがあり、的外れの提案をされることも

こんな人がおすすめ!
  1. 大量の求人に目を通すのは大変で、求人を誰かに選んでほしい方
  2. 他の大手エージェントを利用したけど、自分に合わなかった方

dodaの評判って?利用すべき?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.02.20

第二新卒・未経験の転職に強い転職エージェント!

末永

第二新卒や未経験の転職で登録しておきたいのは、ジェイック」と「UZUZ(ウズウズ)」の2つです。

こちらは上記でご紹介した大手転職エージェントとは異なり、20代の第二新卒のみならず、既卒者やフリーターから正社員を目指す方の転職支援に強いのが特徴です。

 

ジェイックは、企業向けに新卒社員研修を提供してきた独自のノウハウを活かし、第二新卒・既卒者向けの研修を提供しています。

面接対策・履歴書の書き方はもちろん、プロの講師が「ビジネスマンとして活躍する為に必要な考え方」について語るセミナーなど、本来は有料で提供している研修を無料で受講できます!

転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしています。

 

UZUZ(ウズウズ)では、平均20時間の個別就活サポートが実施されており、オーダーメイド型のサポートを行っています。

大手転職エージェントが一人の転職者にかける時間は3〜4時間ですので、UZUZでは圧倒的に充実したサポートを受ける事ができるでしょう。

 

ジェイックとUZUZの詳細情報を下記に記載しましたので、自分に合うと感じた転職エージェントに登録する事をオススメします。

第二新卒・既卒者に強い転職エージェント

企業と相談者の両方から高い支持を得る、オリジナルのスキルアップ研修を無料で受講可能!
受講後に優良企業との面接をセッティング。
転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらうことが可能。

特徴
【メリット】
  1. 独自のノウハウが詰まった研修を無料で提供。難易度の高い企業の内定獲得を狙える!
  2. 国家資格を保有した担当スタッフが1対1で個別サポート。いつでも気軽に相談可能!
  3. ブラック企業を徹底的に排除しており、転職後の定着率は94.3%!
【デメリット】
  1. 「研修 → 求人紹介」 という流れになる為、研修(無料)への参加が必須となります

こんな人がおすすめ!
  1. 経歴に自信がないのでプロの講師の研修を受けてみたい方
  2. 1人で転職活動するのが不安、転職のプロに伴走してもらいながら転職活動をやりたい方
  3. 大手の転職エージェントに登録したものの、転職活動に不安のある方
第二新卒者・既卒者で転職を検討している方は、圧倒的にサポート体制が充実しているジェイックへの登録がオススメです!

【担当者に取材!】ジェイック(JAIC)の評判を本音で聞いてみた

2019.02.13

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する就職支援サービス。
20時間以上にも及ぶ丁寧なサポートが特徴で、1年後の定着率は94.7%!

特徴
【メリット】
  1. キャリアアドバイザーも、元既卒や元第二新卒でより求職者に沿ったサポート
  2. オーダーメイド型就活サポートがあり、20時間以上の個人サポートがあるので、「どうすればいいか分かっていない人」でも安心
  3. 研修型の就活サポートも実施しており、スキルのない未経験でも一から就職できるまで教えてくれる
【デメリット】
  1. 研修型の就活サポートは4~7週間と一定の時間が求められる
  2. そもそも、第二新卒・既卒以外は対象にならない

こんな人がおすすめ!
  1. 未経験からチャレンジしたい既卒・第二新卒の方
  2. 正社員経験がない20代フリーター・既卒の方
  3. 長い時間かけて、より丁寧なサポートを受けたい方

ウズキャリ既卒(株式会社UZUZ)の評判からわかる5つの特徴

2018.12.19

女性の転職に特化した転職エージェント!

女性の転職者に登録していただきたいのは、「@type女性の転職エージェント」です。
その理由は、女性に人気がある職種求人を数多く取り扱っているからなんです。

具体的には、化粧品や販売職・事務系などの求人が多くあります。もちろん、社内SEやマーケティングなどの求人も扱っています。

あなたを担当してくれるエージェントのほとんどが女性なので、女性特有の悩みも相談できますよ。第二新卒かつ女性の方は、ぜひ登録をして活用したい転職エージェントだと言えます。

ただ、首都圏1都3県しか対応していないというのが、デメリットです。対応地域にお住まいではない方は、マイナビエージェントリクルートエージェントに登録しておきましょう!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

第二新卒が転職エージェントを上手く活用する3つのコツ


第二新卒が転職エージェントを上手く活用するためには、どうするのが良いのでしょうか。

実は、簡単に実践できる3つのコツがあるんです。

  1. 複数の転職エージェントに登録
  2. 大手エージェントで情報収集
  3. 自分の興味がある業種業界に特化したエージェントに登録

上記3つが、上手く転職エージェントを活用するコツです。
それでは、さらに詳しく見ていきましょう!

①複数の転職エージェントに登録

なぜ複数の転職エージェントに登録するのがいいのか。その理由は、自分にとって最適な転職エージェントの比較ができるからです。

転職エージェントと言っても、それぞれ提供しているサービスが違います。

それぞれのサービスの違いやエージェントとの相性が良いかどうかなど、複数登録することで比較しながら、自分にピッタリな転職エージェントを選べるメリットがあります。
また、複数登録することで少しでも多くの求人をチェックできます。その転職エージェントでしか扱っていない求人も、実際にはあります。

自分の選択肢の幅を広げられるという意味でも、複数登録しておくと良いです。

例えば、大手転職エージェントの「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」に登録をしたとします。そうすると、両方のエージェントから意見が聞けるので、自分の転職先の視点を広げて考えられます。

②大手エージェントで情報収集

なぜ大手転職エージェントで情報収集するのが良いのか。それは、豊富な求人を扱っていることと、エージェントが企業情報を熟知しているからなんです。

大手転職エージェントは、多くの成功実績を持っており、経験豊富なエージェントもまた多く在籍しています。そのため、各企業の情報もしっかり把握・熟知している傾向が強いんです。

もちろん、大手転職エージェントにしかない情報もあります。
例えば、「リクルートエージェント」にはある求人情報が、「ジェイック」や「type 女性の転職エージェント」にはなかった、というケースもあります。

また、「リクルートエージェント」と「マイナビエージェント」が同じ求人を扱っていたとしても、エージェントが保有している情報に違いがある場合もあります。

それぞれの強みを活かすために、同じ大手転職エージェントであったとしても、複数登録するのが良いと言えるでしょう。

③自分の興味がある業種業界に特化したエージェントに登録

業界特化型転職エージェントに登録したほうがいい理由は、業界・職種における豊富な専門知識を持つエージェントがいるからです。

エージェントは業界に詳しいので、あなたのスキルにあった求人を紹介してくれます。職務経歴書の作成時も、業界特有の傾向と対策を把握しているため、その企業に合わせてサポートしてもらえますよ。

例えば、IT系の企業で働きたいと思う方なら「マイナビIT」への登録がおすすめです。エンジニアやクリエイター職を希望するなら「レバテックキャリア」に登録するのが良いと言えます。

エンジニア職だけ紹介してもらいたい場合は良いのですが、他の職種も検討したい方だと保有求人数が少ないのがデメリットです。

転職エージェントを使って転職を成功させた第二新卒の声


転職エージェントを利用して転職を成功させた、第二新卒の方がどんな声を寄せているのか、気になりますよね。

では、実際に転職エージェントを利用して、転職を成功させた第二新卒の方の声を見てみましょう。

リクルートエージェントを利用して成功したAさん

男性・企画営業
利用した他の人材会社と比較をして、取り扱う求人の質と数はまず圧倒的だと思います。

担当は女性でしたが、本当に優秀な方で、こちらの要望をしっかり聞いた上で、自分では気づかなかったような強みや、この業界でも活躍できるのではないか、という他にはない提案をしてもらえました。

特にキャリアコンサルティングの中で将来像を考える際、本当に親身になってもらえるのがわかりました、

また、実際に転職し業務内容が変わっても、この転職活動中に身につけた自分を管理する力や、新しい何かをチームでやろうとする突破力は大きな財産になると感じました。

マイナビエージェントを利用して成功したBさん

女性・事務職
初めての転職でマイナビエージェントを利用しました。
マイナビエージェントは、本当に他社と比べて案件数が多いので、多くの選択肢の中から企業選びができました。

親の介護をしているので残業ができないという制限があり、残業なしで働けることを視野に入れ、家から30分圏内の会社を選びました。

そんな条件のいい会社の求人があるのか少し不安でしたが、調べてもらったら多く求人がありました。その中から受けたいと思った会社を選んでエントリーシート、面接の練習をしました。

エントリーシートもマイナビの担当者の方がしっかりチェックし、赤ペンを入れて下さり、直接アドバイスをしていただきました。

丁寧なアドバイスと修正を重ねて、内容の濃いエントリーシートができました。内容の良いエントリーシートを描く中で、自身の転職意志も明確になり、安心して面接を受けることができました。

おかげさまで、転職活動を初めて2ヶ月くらいで4社の内定を頂きました、多くの企業からの内定をもらえて、本当に満足しています。

転職活動は難しいと思い込んでいましたが、私のような制限があっても、内定をもらえて本当に嬉しかったです。

@type女性の転職エージェントを利用して成功したCさん

女性・ITエンジニア
新卒で入社した会社を退職し、エンジニアの仕事に就いてみたいと思った時に、@type女性の転職エージェントを利用しました。

エンジニア職というと男性のイメージが強いかもしれませんが、このサイトには女性向けのエンジニア職の求人も多く掲載されていました。

女性に特化した求人サイトだから男性を求める企業とのミスマッチもないですし、気負いなく応募できました。

また、サイト内で木になる企業とやりとりができたり、企業からのオファーなどがあったりと、魅力的でした。

女性が活躍しやすい企業や職種の情報がメインに掲載されていて、その中から福利厚生面をよくチェックしながら、今の職場を選びました。

第二新卒の転職で注意すべきこと


転職をする際に、どんなことに気をつければいいんだろう…と考える方も多いのではないでしょうか?

第二新卒の転職で注意すべきことは、大きく4つあります。その4つは下記の通りです。

  1. 目的意識が重要になる
  2. 「第二新卒」と「新卒」の就職における違いを把握する
  3. 基本的に年収交渉はない
  4. その場で内定が出ても即断しない

上記4つが第二新卒の転職で注意すべきことです。
なぜ、この4つに注意したほうが良いのか、1つずつチェックしていきましょう!

①目的意識が重要になる

第二新卒として転職をする際には、目的意識が重要になります。なぜなら、目的意識のない転職は不採用になってしまうことが多いからです。

例えば、「今の職場の人間関係が嫌だ」とか「今の職場では、自分の実力が発揮できていない」という受動的な転職はNGです。

確かに「若いからどこかに採用してもらえるだろう」と思ってしまいますが、その考えはしっぺ返しを受けてしまう可能性があります。

不採用にならないためにも、「なぜその企業に転職がしたいのか」といった目的意識をはっきり持つことが、何よりも重要なんです。

これは第二新卒に限られたことではないんですが、特に第二新卒で転職する方には、考えてもらいたい部分ですね。

②「第二新卒」と「新卒」の就職における違いを把握する

転職者が失敗しがちなケースとして、これが挙げられます。
第二新卒では、社会に出てからの実績が評価される場合があります。そのため、新卒感覚で転職しようとすると、失敗しやすくなってしまいます。

そのため、しっかりと「第二新卒」と「新卒」の就職における違いを、把握しておく必要があります。

また、あなた自身がどれだけ一貫したキャリアビジョンを持って臨めるか、という点が大きなポイントになります。

イメージする将来像や明確な考え、アピールできる部分を整理して明確にしておきましょう!

③基本的に年収交渉はない

第二新卒の転職者の中には、年収を今よりもアップさせたい、という方もいると思います。

しかし、基本的に年収アップの交渉はないと考えておきましょう。なぜなら、第二新卒は社会人経験が浅いからです。

確かにスキルなどが向上して、年収をアップさせたいと思う気持ちもわかります。ですが、「御社の規定に従います」と伝えるほうが好印象につながります。

年収アップを希望する場合は、入社後の成果で評価してもらおうとする姿勢を見せるのがベストだと言えるでしょう。

④その場で内定が出ても即断しない

第二新卒で転職する場合、「第二新卒歓迎」という求人をチェックする方が多いと思います。
「第二新卒歓迎」と記載されていたら、やっぱり選択肢の中に入れてしまいますよね。

ここで注意すべきなのは、実際に希望企業の面接を受けて、その場で内定を提示されても即断してはいけない、ということなんです。

例えば、年収が前職よりも高い、自分のやりたいことと合致している、という理由から入社を即断。しかし、いざ入社してみたらイメージしていた業務とは全く異なっていたというケースも多いんです。

その結果、その企業を退社して再び転職…となれば、若くして転職回数が多くなるというデメリットになってしまいます。

確かに第二新卒は若手なので需要は高いですが、あまりよく考えずに即断してしまうと、後悔してしまいますよ。

その場で内定をもらえるのは嬉しいことですし、2つ返事をしたくなるところですが、もう1度よく考えてみましょう。

第二新卒が転職を成功させるコツ


第二新卒が転職を成功させるためには、どんな部分がポイントになってくるのでしょうか?
成功させるコツは、2つあります。

  1. 転職エージェントを活用する
  2. 転職エージェント以外の選択肢

上記2つが転職を成功させるコツです。
それでは、詳細をご紹介しますね。

①転職エージェントを活用する

悩みや不安を抱えている初めての転職でどうすれば転職できるのか、どんな風に進めていくべきなのか。おさらいになりますが、悩みや不安を抱えている第二新卒だからこそ、転職エージェントの利用がおすすめなんです。

転職エージェントでは、まずキャリア相談から始まり、あなたが希望する企業に合わせて、履歴書・職務経歴書の添削をアドバイスしてくれます。

第二新卒の転職で悩んでしまう退職理由や志望理由の考え方もフォローしてもらえるので、あなたが抱える悩みを解消できますよ。

もちろん、面接対策もあなたが希望する企業がどんな面接を行うのか。どんな質問をするのか想定して、しっかりと対策してもらえます。

転職のプロが最後まであなたをサポートしてくれるので、初めての転職でも安心して転職活動が行えます。

ただ、キャリアコンサルタントのスキルや経験に違いが生じますので、できれば大手エージェント2〜3社特化型エージェント1社へ登録するのがベストです。

まずは、実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを、比較・検討して選ぶことをおすすめします!

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判を元社員が大暴露!【利用者の口コミ付】

2019.01.25

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

リクルートエージェントに次ぐ、国内2位の転職エージェント!多くの求人の中から、キャリアアドバイザーが厳選して求人を紹介するスタイル!「自分に合ったオススメの求人だけを紹介して欲しい!」という方は、dodaへの登録がオススメ!

特徴
【メリット】
  1. リクルートに次ぐ国内2位の豊富な求人数。他のエージェントでは取り扱いのない求人を多数紹介
  2. 面接対策などのサポートが手厚く、転職に自信のない方でも安心
  3. アドバイザーの提案力が高く、求人を一定数紹介するリクルートに比べ、キャリアアドバイザーが求人を厳選して提案
【デメリット】
  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーごとにバラつきがあり、的外れの提案をされることも

こんな人がおすすめ!
  1. 大量の求人に目を通すのは大変で、求人を誰かに選んでほしい方
  2. 他の大手エージェントを利用したけど、自分に合わなかった方

dodaの評判って?利用すべき?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.02.20

第二新卒・既卒者に強い転職エージェント

企業と相談者の両方から高い支持を得る、オリジナルのスキルアップ研修を無料で受講可能!
受講後に優良企業との面接をセッティング。
転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらうことが可能。

特徴
【メリット】
  1. 独自のノウハウが詰まった研修を無料で提供。難易度の高い企業の内定獲得を狙える!
  2. 国家資格を保有した担当スタッフが1対1で個別サポート。いつでも気軽に相談可能!
  3. ブラック企業を徹底的に排除しており、転職後の定着率は94.3%!
【デメリット】
  1. 「研修 → 求人紹介」 という流れになる為、研修(無料)への参加が必須となります

こんな人がおすすめ!
  1. 経歴に自信がないのでプロの講師の研修を受けてみたい方
  2. 1人で転職活動するのが不安、転職のプロに伴走してもらいながら転職活動をやりたい方
  3. 大手の転職エージェントに登録したものの、転職活動に不安のある方
第二新卒者・既卒者で転職を検討している方は、圧倒的にサポート体制が充実しているジェイックへの登録がオススメです!

【担当者に取材!】ジェイック(JAIC)の評判を本音で聞いてみた

2019.02.13

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する就職支援サービス。
20時間以上にも及ぶ丁寧なサポートが特徴で、1年後の定着率は94.7%!

特徴
【メリット】
  1. キャリアアドバイザーも、元既卒や元第二新卒でより求職者に沿ったサポート
  2. オーダーメイド型就活サポートがあり、20時間以上の個人サポートがあるので、「どうすればいいか分かっていない人」でも安心
  3. 研修型の就活サポートも実施しており、スキルのない未経験でも一から就職できるまで教えてくれる
【デメリット】
  1. 研修型の就活サポートは4~7週間と一定の時間が求められる
  2. そもそも、第二新卒・既卒以外は対象にならない

こんな人がおすすめ!
  1. 未経験からチャレンジしたい既卒・第二新卒の方
  2. 正社員経験がない20代フリーター・既卒の方
  3. 長い時間かけて、より丁寧なサポートを受けたい方

ウズキャリ既卒(株式会社UZUZ)の評判からわかる5つの特徴

2018.12.19

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミから分かる利用すべき人  

2018.10.15

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

②転職エージェント以外の選択肢

もう1つの活用のコツは、転職エージェント以外を利用することです。どんな方法があるの?と思った方もいると思いますが、それは「転職サイト」「ハローワーク」の活用です。

では、「転職サイト」と「ハローワーク」をご紹介していきますね。

◆転職サイト

転職サイトは基本的に無料で利用できます。
すぐに転職活動を始めることができ、自分のペースで進められます。求人数も豊富なので、希望条件で絞り込んで探すのも◎

多くの転職サイトが全国対応しているため、どこにお住いの方でも利用しやすい点も、魅力の1つとなっています。

ちなみに、転職サイトは「リクナビNEXT」「マイナビ転職」などです。どれもテレビCMやネット広告などで、よく知られています。

ただ、デメリットもあり、企業への応募や応募書類の作成、面接日程の調整など、全て自分で行う必要があります。また、求人数が豊富だからこそ、自分にあった求人を探すのが難しいのも、デメリットの1つと言えるでしょう。

絶対失敗しない!第二新卒におすすめする転職サイト5選!

2019.02.07

◆ハローワーク

転職エージェントが利用できない時、転職サイトの他にハローワークを利用する、という選択肢もあります。

相談員の方と直接相談ができ、地元の求人も紹介してもらえます。地元の優良中小企業の求人に出会えることもありますよ。

ただ、大手企業の求人が少ない点、中にはブラック企業のような求人が紛れている可能性がある点に注意が必要です。

ですので、人によっては自分に合った求人と出会えない、満足なサービスが受けられない可能性があります。
逆に、地元の中小企業に転職がしたい!という方にはオススメかもしれません。

他に第二新卒の転職に役立つおすすめの記事


第二新卒で転職に役立つおすすめ記事をご紹介します。転職に関して詳細にご紹介していますので、ぜひご覧になってみてくださいね!