第二新卒を採用している大手企業は?転職のプロが徹底紹介!

    第二新卒で大手企業へ転職したい!と考えている人は多いと思います。

    この記事では、第二新卒を採用している大手企業一覧を紹介し、プロの目線で解説しています。

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

第二新卒でも大手企業に転職できる

結論から申しますと、第二新卒でも大手企業に転職できます。なぜなら、企業側から見て第二新卒者には魅力があるからなんです。

まず第二新卒者と企業側に分けて、それぞれの思いを以下に挙げたので、参考にしてみてください。

第二新卒者 企業側
・新卒では大手企業に受からなかったけれど、やっぱり大手企業に入社したい ・新卒で採りきれなかった若手人材を確保したい

また、ある程度ビジネスマナーを習得しているので育成コストがかからないというのも、企業にとっては魅力と言えますね。

大手企業は前職での成果や地頭の良さなど、求めるポテンシャルや素養が色々あるものの、一般的には「学歴」が採用選考では注目されています。

その理由は、大手企業は新卒採用を含めて高学歴者を多く採用する傾向が強く、近しいレベルの人材を採用したいと考えているからなんです。

大手企業に転職するメリット・デメリット

大手企業にはメリットが多いと考えている人も多いと思いますが、もちろんデメリットもあります。

そこで、大手企業に転職することのメリット・デメリットを以下にまとめました。

メリット ・年収、給与レンジが安定している
・規模の大きい仕事に関われる
(ただし10年以上かかるのが一般的)
・研修制度や福利厚生が充実している
・社会的信用度が高い
デメリット ・年功序列で成果が給与に反映、評価されにくい
・個人に任される業務の幅が狭い
・形式的な会議や稟議が多い
(IT化が進んでいないことも多い)
・実際に入って風土が悪いこともある

上記に挙げたように、メリット・デメリットは合わせ鏡のようなものなので「大手企業に入社すること=幸せなこと」と考えているとミスマッチを起こしやすくなってしまいます。

大手企業でも激務なせいでブラック企業になってしまっている場合もありますし、パワハラがある場合もあります。他にも、転勤やジョブローテーションが当たり前になっているケースも多いです。

だからこそ、新卒時と同じような感覚で転職しないということがポイントです。

さらに言えば、大手といっても企業や業界によっても採用難易度などが異なってくるため、必ず事前に企業や業界などついて調べておくことが大切です。

例えばメーカーやインフラといった旧態依然の大手企業は景気悪化によって新卒の人数を絞り、その穴を埋めるために第二新卒を募集しているときもありますが、基本的には採用していないのが実情です。

その点、リクルートエージェントdodaといった大手転職エージェントは、転職サイトには掲載されていない非公開求人を豊富に保有しているので、相談してみるというのも1つの手です。

第二新卒におすすめの転職エージェント

第二新卒におすすめの転職エージェントについて、さらに詳しく知りたい人は以下の記事もチェックしてみてください。

関連記事第二新卒向けの転職エージェント9選!タイプ別におすすめを紹介!

第二新卒を採用している大手企業一覧

上記では、大手企業といっても企業や業界によって第二新卒の採用難易度が異なってくるという、転職市場の実情をお伝えしました。

そこでdodaの「社会人が選ぶ"働きたい企業"第1位は?転職人気企業ランキング2020」に掲載されている上位100位の企業の中から、第二新卒を歓迎・応募可能な大手企業を以下にまとめました。

インフラ・金融 JR東日本
JR東海
NTT西日本
KDDI
NHK
日本テレビ
日本銀行
メーカー トヨタ
HONDA
ソニー
キヤノン
シャープ
任天堂
村田製作所
ヤマハ
京セラ
味の素
武田薬品工業
ワコール
P&G
コンサル アクセンチュア
マッキンゼー
野村総合研究所
SIerなどのIT系 富士通
日本IBM
NTTデータ
Web・SaaS系 ソフトバンク
ヤフー
サイボウズ
ZOZO
メルカリ
無形サービス系 リクルート
サイバーエージェント
店舗サービス系 オリエンタルランド
星野リゾート
ファーストリテイリング
イオン
例外 電通

上記に挙げた、各ジャンルごとの「風土」「採用難易度」「メリット・デメリット」について、さらに詳しく解説していきますね。

インフラ・金融系

インフラ・金融系に該当する企業を改めて以下にまとめましたので、参考にしてください。

インフラ・金融系の風土は旧態依然としているケースが多く、基本的に求人がなく、あるとしても同業同職種かつハイレンジな専門性を身につけている必要があるものばかりという特徴があります。

インフラ・金融系の風土や採用難易度、メリットやデメリットを一覧にしたものが以下です。

風土 ・旧態然としている
採用難易度 ・基本的に求人がなく、あるとしても同業同職種かつハイレンジな専門性を身につけている必要あり
・偏差値65以上で理系・院卒など
(学歴は最低でもMARCH以上必要)
・社会人1年〜2年目は基本不可
メリット
デメリット
◆メリット
・年収・給与レンジが安定している
・規模の大きい仕事に関われる
(ただし10年以上かかるのが一般的)
・研修制度や福利厚生がしっかりある
・社会的信用度が高い

◆デメリット
・年功序列で成果が給与に反映、評価されにくい
・個人に任される業務の幅が狭い
・形式的な会議や稟議が多い
・実際に入って風土が悪いこともある

他にも、基本的に総合職採用が多く、全国転勤やジョブローテーションがあるところが多いです。

ただし、あくまでも「こういう傾向が見られますよ」というニュアンスでまとめているので、参考程度に見てくださいね。

メーカー系

メーカー系に該当する企業を改めて以下にまとめましたので、参考にしてください。

メーカー系の風土は旧態依然としているケースが多く、基本的に求人がなく、あったとしても不景気時に採用を絞った分で年齢帯が凹んでる層を追加採用する程度なのが特徴だと言えます。

メーカー系の風土や採用難易度、メリットやデメリットを一覧にしたものが以下です。

風土 ・旧態依然としている
採用難易度 ・基本的に求人が少なく、あるとしても不景気時に採用を絞った分で年齢帯が凹んでる層を追加採用する可能性がある程度
・学歴はMARCH以上のみ
・同業同職種経験、2社以上転職してたら不可
・社会人経験1年〜2年目は基本不可
メリット
デメリット
◆メリット
・年収・給与レンジが安定している
・規模の大きい仕事に関われる
(ただし10年以上かかるのが一般的)
・研修制度や福利厚生がしっかりある
・社会的信用度が高い

◆デメリット
・年功序列で成果が給与に反映、評価されにくい
・個人に任される業務の幅が狭い
・形式的な会議や稟議が多い
・実際に入って風土が悪いこともある

ただし、あくまでも「こういう傾向が見られますよ」というニュアンスでまとめているので、参考程度に見てくださいね。

コンサル系

コンサル系に該当する企業を改めて以下にまとめましたので、参考にしてください。

コンサル系の風土は中庸であるケースが多く、求人は比較的にあるものの明確に学歴と経験で書類選考をおこなうのが特徴だと言えます。

コンサル系の風土や採用難易度、メリットやデメリットを一覧にしたものが以下です。

風土 ・中庸である
採用難易度 ・比較的に求人はあるが、明確に学歴と経験を考慮して書類を判定している会社が圧倒的に多い
・有名外資系は、学歴が早慶以上のみ
・社会人1年目は基本不可
・社会人3年目までの場合、何らかの営業経験または管理部門経験が必要
・社会人3年目以上の場合、無形法人営業もしくはSE、経理管理会計経験など特化した専門性がないと厳しい
メリット
デメリット
◆メリット
・年収・給与レンジが安定している
・規模の大きい仕事に関われる
(ただし2年〜3年は下積み)
・研修制度や福利厚生がしっかりある
・社会的信用度が高い

◆デメリット
・成果次第での評価・給与なので昇給は個人の努力次第
・UPorOUTの風土がある
・個人に任される業務の量が多い
(事業によって書類作成や情報収集などを数年かけておこなう)
・責任あるクライアント業務は5年後くらい先になり多忙である

ただし、あくまでも「こういう傾向が見られますよ」というニュアンスでまとめているので、参考程度に見てくださいね。

SIerなどのIT系

SIerなどのIT系に該当する企業を改めて以下にまとめましたので、参考にしてください。

SIerなどのIT系の大手企業

SIerなどのIT系の風土は旧態然としているケースが多く、求人は比較的にありますが、不景気時に採用を絞った分で年齢帯が凹んでる層を追加採用する程度なのが特徴だと言えます。

SIerなどのIT系の風土や採用難易度、メリットやデメリットを一覧にしたものが以下です。

風土 ・旧態然としている
採用難易度 ・比較的に求人はあるものの、不景気時に採用を絞った分で年齢帯が凹んでる層を追加採用する可能性がある程度
・同業同職種経験もしくは無形法人営業経験が必要
・2社以上転職してたら不可
・学歴はMARCH以上のみ
・社会人1年〜2年目は基本不可
・未経験エンジニアは不可
メリット
デメリット
◆メリット
・年収・給与レンジが安定している
・規模の大きい仕事に関われる
(ただし10年以上かかるのが一般的)
・研修制度や福利厚生がしっかりある
・社会的信用度が高い

◆デメリット
・年功序列で成果が給与に反映、評価されにくい
・個人に任される業務の幅が狭い
・形式的な会議や稟議が多い
・実際に入って風土が悪いこともある

ただし、あくまでも「こういう傾向が見られますよ」というニュアンスでまとめているので、参考程度に見てくださいね。

Web・SaaS系

Web・SaaS系に該当する企業を改めて以下にまとめましたので、参考にしてください。

Web・SaaS系の風土は比較的に革新的であるケースが多く、基本的に求人も多いです。

しかし一方、企業人気がある上に新卒で採用された人や社員は優秀な人が多いために、中途入社に求めるレベルや意欲も非常に高いのが特徴です。

Web・SaaS系の風土や採用難易度、メリットやデメリットを一覧にしたものが以下です。

風土 ・比較的に革新的である
採用難易度 ・求人は基本多いものの、企業人気がある上に新卒で採用された人や社員は優秀な人が多いために、中途入社に求めるレベルも非常に高い
・ビジネスの基礎力並びにフラットな姿勢や思考、スピードが求められる
(メーカーやインフラ・金融系などとは全く土俵が異なるため)
・新しい情報収集にも積極的で、トレンドや競合状況も適宜把握をしている必要がある
・学歴は日東駒専、MARCH以上など高くなる傾向がある
(社員のレベルが高いために必然的に採用される人の学歴が高くなりがち)
・無形法人営業や有形法人営業の経験が求められる
・全くの未経験は基本的に難しい
メリット
デメリット
◆メリット
・年収・給与レンジが比較的安定している
(未経験からだと400万前後)
・規模の大きい仕事に関われる可能性がある
・福利厚生は時代に即したものが多い
・ONとOFFが明確になっていることが多い

◆デメリット
・成果次第での評価・給与なので在籍年数で給与が上がることは少ない
・規模の大きな業務は能力が高ければアサインされる
・裁量が多い分、個人に任される業務の量が多い
(ONとOFFは明確だが業務量は多いため、自身の能力次第となる)

他にも、部署移動は比較的多いものの、ジョブローテーションというよりもその時に必要な社内の部署にアサインされたり、総合職で全国にある企業の場合は、転勤もあるところが多いです。

ただし、あくまでも「こういう傾向が見られますよ」というニュアンスでまとめているので、参考程度に見てくださいね。

無形サービス系

無形サービス系に該当する企業を改めて以下にまとめましたので、参考にしてください。

無形サービス系の風土は比較的に革新的であるケースが多く、基本的に求人も多いです。

しかし一方、企業人気がある上に新卒で採用された人や社員は優秀な人が多いために、中途入社に求めるレベルや意欲も非常に高いのが特徴です。

無形サービス系の風土や採用難易度、メリットやデメリットを一覧にしたものが以下です。

風土 ・比較的に革新的である
採用難易度 ・求人は基本多いものの、企業人気がある上に新卒で採用された人や社員は優秀な人が多いために、中途入社に求めるレベルも非常に高い
・ビジネスの基礎力並びにフラットな姿勢や思考、スピードが求められる
(メーカーやインフラ・金融系などとは全く土俵が異なるため)
・大卒であれば学歴不問のところが多いものの、その分即戦力性があるかどうかが見られている。ゆえに経験不問と謳っていても無形法人営業の経験、何らかの難易度の一定高い営業の経験を積んでいる人のほうが必然的に採用されることが多い
・ゲーム系はゲーム業界経験が必須
メリット
デメリット
◆メリット
・年収・給与レンジが比較的安定している
(未経験からだと400万前後)
・規模の大きい仕事に関われる可能性がある
・福利厚生は時代に即したものが多い
・ONとOFFが明確になっていることが多い

◆デメリット
・成果次第での評価・給与なので在籍年数で給与が上がることは少ない
・規模の大きな業務は能力が高ければアサインされる
・裁量が多い分、個人に任される業務の量が多い
(ONとOFFは明確だが業務量は多いため、自身の能力次第となる)

また、Web・SaaS系と同じく部署移動は比較的多いものの、ジョブローテーションというよりもその時に必要な部署にアサインされたり、総合職で全国にある企業の場合は転勤もあるところが多いです。

ただし、あくまでも「こういう傾向が見られますよ」というニュアンスでまとめているので、参考程度に見てくださいね。

店舗サービス系

店舗サービス系に該当する企業を改めて以下にまとめましたので、参考にしてください。

店舗サービス系の風土は中庸であるケースが多く、求人は多くありますが、基本的に現場からスタートになる可能性が高いという点が特徴だと言えます。

店舗サービス系の風土や採用難易度、メリットやデメリットを一覧にしたものが以下です。

風土 ・中庸である
採用難易度 ・求人は多くあるものの、基本的に現場からスタートになる可能性が高い
・これまで何らかの数字を追いかけた経験など求められることが多い
・本部採用は同業同職種にて企画やMD、生産管理やSVなどの経験を、そのまま活かしていける人でないと基本的に採用しない
メリット
デメリット
◆メリット
・年収・給与レンジが比較的安定している
・年功序列色はインフラやメーカーよりは少ないものの一定ある
・研修制度や福利厚生がしっかりある
・社会的信用度が高い

◆デメリット
・店舗などの現場で数年の勤務からスタートすることが多く、本部にいけるのはとくに優秀な人のみ
・社会的認知度は高いものの、現場での就業は給料や休日などで大変なことが多く、多忙である
・給与もよほど本部の上層部にいかなければ頭打ち感が出ることが多い
(ファーストリテイリングは年収1,000万円超えるが、相当の優秀者のみ)

ただし、あくまでも「こういう傾向が見られますよ」というニュアンスでまとめているので、参考程度に見てくださいね。

例外

最後に、例外に該当する企業を改めて以下にまとめましたので、参考にしてください。

例外に該当する企業

例外の企業として、電通をピックアップしています。今現在、採用はほぼおこなわれていませんが、基本的に同業同職種の人が採用対象であるものの、5年満期の契約社員のみである点が特徴です。

少し前までは五輪オリンピックの期待もあってポテンシャルで幅広く採用をおこなっていましたが、現在は求人をクローズしており、しばらくの間は求人を掲載しない可能性が高いですね。

さらに電通の風土や採用難易度などについて詳しく解説している記事があるので、気になる人はぜひ読んでみてくださいね。

関連記事人気の電通へ転職するには?評判や採用される人の特徴をご紹介!

第二新卒が大手企業に転職するコツ

第二新卒が大手企業に転職する際に、何かコツがあるなら事前に把握しておきたいですよね。

そこで、第二新卒が大手企業に転職するための4つのコツを以下にまとめました。

上記に挙げた4つのコツについて、それぞれ次でさらに詳しくお伝えしていきたいと思います。

同じ業界・職種で経験を3年程積む

1つ目のコツは、同じ業界・職種で経験を3年程積んでキャリアアップすることです。

なぜなら、しっかりとスキルを身につけて経験を積み、実績が出せれば、即戦力として活躍できる人材だと評価してもらえるからなんです。

だからこそ、まずは大手企業へ入社することを目的にせず、どういった業種で将来的に大手企業を目指すのかを具体的に決めておくことが大切です。

例えば、転職したい大手企業が電通だった場合は、中小の広告代理店でも営業を3年間経験して実績や成果を出せば、将来的に電通の営業職に転職できるチャンスがあります。

このように、現状から逆算してキャリア戦略を立てていくというのが、転職エージェントのプロとして現役で支援をおこなっている筆者からの提案です。

末永

逆算型キャリアの考え方や営業職としてスキルアップしたい方は、ぜひ弊社のすべらないキャリアエージェントにご相談ください!
【完全無料】20代営業職志望の転職相談はすべらないキャリアエージェントにお任せください!

新卒の頃と同じような感覚で就活をしない

2つ目のコツは、新卒の頃と同じような感覚で就活をしないことです。

理由は、新卒と第二新卒では求人企業の採用目線が異なるからなんです。応募できる求人や選考を通過できる可能性、転職のスケジュール感や面接対策もしっかりと把握しておく必要があります。

興味のある企業の良いところや良いイメージしか捉えられていない人は、仕事に対する概念の考え方が甘いと見なされてしまう可能性があります。

そのため、良い部分だけではなく大変な部分もあるのだと理解した上で、企業研究をおこなって自分のやりたいことを伝えるのが大事ですね。

また、第二新卒は社会人経験があるので、ビジネスマナーも新卒時よりしっかりとチェックされる傾向が強く見られます。

初めての転職で戸惑ってしまう第二新卒者もいると思います。そんなときは、第二新卒の就活に特化した転職エージェントを利用するのも1つの手ですよ。

第二新卒の就職支援に強いエージェント

  • ハタラクティブ
    大手企業が運営している老舗の転職エージェント!未経験から挑戦できる求人多数
  • UZUZ
    元第二新卒・既卒社員による平均20時間の手厚いサポートが特徴

しっかりと自己分析をする

3つ目のコツは、しっかりと自己分析をすることです。

なぜなら、第二新卒は新卒時とは違い「なぜ今の会社を辞めて、この会社に入社したいのか?」という部分に重点が置かれ、深掘りされるからなんです。具体的には、退職理由と志望動機に論理の整合性や一貫性があるかどうかを見られています。

矛盾が生じて不信感を与えないためにも、自己分析をすることが重要です。自己分析をきちんとしておくことで、退職理由や志望動機などの質問に対し、しっかりと答えられるようになりますよ。

また、事前に自己分析をおこなえば、自分の得意不得意・向き不向きなどを把握できるので、企業選定や意思決定に迷わずに済みます。例えば営業に向いていないのに転職先を営業に絞ってしまう、などのミスマッチも防げます。

以下では、自己分析について詳しく解説しています。こちらも合わせて参考にしてくださいね。

関連記事転職活動の自己分析のやり方と活かすコツをプロが伝授!【想定質問集付】

第三者を活用して万全な履歴書・面接対策をおこなう

4つ目のコツは、第三者を活用して万全な履歴書・面接対策をおこなうことです。

なぜなら、第二新卒の場合は上記でお伝えしたように、新卒とは違った質問や深掘りをされる傾向が見られるからなんです。

また、第二新卒を採用する企業が増えているとはいえ、新卒と比較すると書類選考の落選率が高い傾向にあります。だからこそ、履歴書などの作成や面接対策をしっかりとおこなうことが大切です。

第二新卒の履歴書や面接について、以下の記事でも詳しく解説しています。こちらも合わせて参考にしてみてくださいね。

関連記事第二新卒の履歴書と職務経歴書はどう書く?新卒との違いをプロが解説
関連記事第二新卒向け|転職面接で見られるポイントと対策法【回答例つき】

第二新卒で大手企業に転職したいなら

上記でもお伝えしましたが、第二新卒で大手企業に転職したいなら履歴書などの作成や面接対策など、しっかりと準備をおこなうことが大切です。

しかし第二新卒者の中には、転職活動自体が初めてという方もいますよね。

そんな方におすすめなのが、転職支援のプロである転職エージェントに相談してみることなんです。

転職エージェントは、履歴書の添削や面接対策など、内定獲得にむけて二人三脚であなたをサポートしてくれるんです。第二新卒が企業から見られるポイントを熟知しているプロがアドバイスしてくれるため、効率的に転職活動を進めることができます。

もちろん無料で利用することができるので、安心して第二新卒の方は相談してみてくださいね。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. 約10万件の求人の中から、アドバイザーが厳選してピッタリの求人を提案してくれる
  2. リクルートが保有していない求人を保有している可能性もある

dodaに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

第二新卒の人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

UZUZに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 利用者の71%が年収アップ!産休・育休後も活躍できる企業多数
  2. ワークライフバランスへの配慮がされた企業も豊富
  3. 女性目線でのキャリア相談ができる

Type女性の転職エージェントに
相談する

第二新卒の転職に役立つ関連記事

この記事では紹介しきれなかった、第二新卒の転職に関する情報を以下にまとめています。

こちらの記事も合わせて、ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事初めての転職活動は何から始めればいい?プロが分かりやすく解説!
関連記事第二新卒向けの転職エージェント9選!タイプ別におすすめを紹介!
関連記事第二新卒が利用すべき転職サイト13選!上手に使う方法も紹介
関連記事第二新卒とは?何歳まで大丈夫?転職で失敗しない方法をプロが解説!
関連記事第二新卒で転職を成功させたい人必見!体験談や内定を得るコツを紹介
関連記事第二新卒で転職に失敗したくない人必見!見られるポイントを大公開!【体験談あり】
関連記事第二新卒の自己PR|失敗しない書き方のコツをプロが職種別に解説!
関連記事第二新卒の転職理由・退職理由|伝えるコツをプロが伝授【例文付き】
関連記事志望動機が書けない第二新卒へ|すぐに実践できる書き方のコツを伝授
関連記事第二新卒の就活・転職は実際厳しい?対策と必勝法をプロが解説
関連記事【第二新卒必見】転職の相談をするのなら転職エージェント!
関連記事第二新卒はハローワークを使ったほうが良い?おすすめの転職方法は?
関連記事第二新卒でも外資系企業で働ける?採用基準や英語力について解説!

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント