第二新卒でも大手に受かる?内定をもらえるコツをプロが解説!

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

新卒で社会人として働き出したものの、「やっぱり大手企業で働きたいなー」「今よりも安定した会社で働きたい」と思って、大手企業への転職を希望する人は多いと思います。

だけど、「まだ3年も働いてないし、早いよな」「実績もキャリアもないし、大手は難しいかな」って思い、諦める人も多いかと思います。

そこで、今回は第二新卒で大手企業へ転職するコツについて、分かりやすく説明していきます。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

第二新卒でも大手に入社できる


単刀直入に言うと、第二新卒でも大手に転職できます。最近の企業の採用傾向として、若い人材を確保するために、大手企業でも例外なく第二新卒者を積極的に採用しています。

現在、就活市場は売り手市場になっていて、どの企業も新卒者を採用するのにかなり苦労しています。さらに、上手く新卒者を採用できても、新卒の離職率は3年以内で3割となっていて、高い状態が続いています。

そこで、まだ若い人材である第二新卒が注目され、積極的に採用する企業が増えているのです。

大手企業は第二新卒にキャリアや実績をそこまで求めない

第二新卒者が不安に思う、キャリアや実績が十分にないことについてですが、企業側もそんなことは重々承知なので、そもそもそこまで求められていません。

第二新卒は、実績や経験が重要視されない代わりに「ポテンシャル」「最低限のビジネスマナーが身に付いているか」が採用の判断材料になります。

ポテンシャルとしては、コミュニケーション能力や自頭の良さ、論理的思考力が高い、素直といったポイントを評価してくる企業が多いです。

企業の中には、少ない判断材料の中で自頭の良さを判断するために、学歴フィルターを用いているケースがありますが、全ての企業がそうというわけではないので、転職時に学歴についてそこまで心配する必要はありません。

また、ビジネスマナーについても、1度は社会に出ているので最低限は身につけていると判断し、1から教えなくて良い若手として積極的に採用している企業が増えています。

転職で学歴はどの重要なのかについて、もっと詳しく知りたい方は以下のリンクをご確認ください。

転職で学歴はみられている?自信がない人向けにアドバイスもご紹介!

第二新卒で大手への転職を成功させるコツ


実際に、第二新卒で大手に受かるためには、どのような点に気をつけたら良いのかを紹介していきます。

自己分析をしっかりとおこなう

これは第二新卒だけに言えたことではありませんが、「なぜ、前職を辞めようと思ったのか」「自分自身が何をしたいのか」「どういうキャリアを築きたいのか」など、しっかりと自己分析はおこなっておきましょう。

自己分析をしっかりおこなうことで、仕事に何を求めているのかが分かるようになるからです。

前職の退職理由を明確にする

退職理由を考える際、「ただ仕事が嫌になったから」だけでなく、そこから退職理由の深掘りをして行きましょう。基本的に、ネガティブな退職理由よりも、ポジティブな理由が好まれます。

第二新卒は新卒に近い若手層で、企業も積極的に採用していますが、「またすぐに退職してしまうのでは?」といった不安を抱いています。そのため、「ただ仕事が嫌になったから」という退職理由では面接官は納得しません。

「仕事のどういうところが嫌になったのか」を突き詰め、具体的に「業務内容が合わなかった」「人間関係が合わなかった」まで考えてみてください。また、それと同時に、転職後、自分はどういう仕事をして、どうなっていきたいかについても明確にしておきましょう。

そうすることで業務内容が合わなければ、本当はどういう仕事がしたいのかまで考えられようになります。さらに、将来どうなっていきたいかという話もできるので、仕事に対する熱意が伝わり、面接官への印象も良くなります。

客観的に会社を判断する

たくさんの求人広告や求人票を見ていると、気になる会社が出てくると思います。

気になる会社が見つかると、「もうこの会社以外に良い会社はない!」という気分になってきますが、一旦冷静になりましょう。

とくに調べもせずに、転職をしてしまうとまた同じ失敗を繰り返してしまいます。色々な会社と見比べて、違いを比較するようにしてください。

第二新卒として転職できる期間は限られています。また、何度も転職をすることでキャリアに傷がついてしまいます。

後悔しないように客観的に会社を判断するようにしてみてください。

ビジネスマナーをしっかり意識する

第二新卒者は1度社会に出ていて、最低限のビジネスマナーはできていると企業側も判断しています。

遅刻や身だしなみのような、基本的なマナーはもちろんのこと、質問への受け答えなども、しっかりとビジネスマナーを意識して面接に臨みましょう。

企業が第二新卒を採用する理由


まず、先ほども軽く紹介しましたが、新卒と違い1度社会に出ている第二新卒者は最低限のビジネスマナーは身につけていると判断されます。そのため、マナーを1から教える必要がなく、手間が省け教育コストがかからないと企業は考えています。

それから、1つの企業にあまり長く働いていないので、自分の会社の色に染めやすいという点も好まれます。

以上の理由から、第二新卒を求める企業は年々増加しています。

第二新卒で大手に入社したいなら転職エージェントを利用すべき

先ほど、大手企業への転職を成功させるポイントとして、「自己分析をしっかりすること」「前職の退職理由を明確にすること」「客観的に会社を判断する」という点をあげましたが、『一人でちゃんとやれるか不安・・・』という方が多いのではないでしょうか?

第二新卒で大手企業への内定を獲得したい方は、転職エージェントを利用するのも手です。

転職エージェントは、転職のプロとして、客観的な立場から転職のアドバイスをしてくれる強い味方です。

面談を通して、自分でも気づいていなかったような良いところ・悪いところをあぶり出してくれたり、あなたの志向性や希望を叶えるためのキャリアプランの設計や、企業の紹介をしてくれます。

選考においても、転職エージェントを使うメリットは大きいといえます。

例えば、書類だけでは伝わらない、あなたの人柄ややる気といった部分を合わせて企業側に伝えてくれるので、直接エントリーするよりも書類選考の通過率が高くなったり、実際の面接を想定した面接のロープレを通して、事前に面接で落とされやすいポイントについて指摘をもらうことができるので、面接の通過率が上がるといった効果が期待できます。

以下にオススメのエージェントをピックアップしましたので、早速気になるエージェントに登録してみましょう。

全員必ず登録すべき!大手エージェント

どんな業界・職種を目指している方も、まずは大手の総合エージェントへ2〜3社登録しておくべきだと思っています。

大手の転職エージェントに登録しておくメリットは大きく2つあります。

1つ目は、特に大手メーカーなどにその傾向が強いですが、特定の大手エージェント1社のみに求人を依頼しているという企業もあり、大手エージェントに登録をしていないと紹介を受けられない求人が存在するという点です。

そのため、大手メーカーや上場企業などへの転職を検討されている方は、大手エージェントは必ず押さえておくべきです。

2つ目は、全業界・職種の求人を網羅しているので、幅広いキャリアの提案が可能という点です。

「自分の進むべき業界・職種が定まっていない」という方は、まず大手エージェントに登録してみて、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談してみると良いと思います。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

リクルートエージェントに並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント

ポイント
  1. 10万件を超える求人の中から、アドバイザーが厳選してピッタリの求人を提案してくれる
  2. リクルートが保有していない求人を保有している可能性もある

dodaの評判は?現役転職エージェントが正直な話をぶっちゃける!

第二新卒・既卒者に強い転職エージェント

正直、前職の在籍期間がかなり短い場合や、職歴が複数ある方の場合、転職市場では不遇な対応をされるケースもあります。
大手転職エージェントに登録しても、実質登録受付してもらえなかったり、面談に行っても優先順位が低く、しっかりとサポートしてもらえないことも。

ただ、本人がこれまでのキャリア選択に対して反省して、今後に対して高い就業意欲や成長意欲、ガッツを示す事ができれば、採用してくれる会社は一定数は存在します。

そういった若手層の採用を積極的に行なっている会社・求人を集めているのがジェイック・UZUZといった転職エージェントです。

「大手エージェントでサポートしてもらえなかったら不安だな……」という方は、合わせて下記のエージェントへも相談してみると良いかもしれません。

第二新卒・既卒・フリーター・高卒に特化した就職支援サービスとしては老舗。
研修やアフターフォローを通じて同じ境遇で頑張る仲間に出会える

ポイント
  1. ノウハウが詰まったオリジナルのスキルアップ研修が無料で受講可能!
  2. 転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらえる

ジェイック(JAIC)の評判って悪い?社員に直接取材してみた!

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント
  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

大手へ転職したい第二新卒におすすめの企業

大手企業への転職に興味がある第二新卒の方は、是非以下のリンクも合わせて見てみてください!有名大手企業の転職や実際の労働環境などをまとめています!

リクルートに転職|元社員が面接難易度や成功する秘訣をぶっちゃける
トヨタ自動車に転職するには?気になる評判や年収などを大公開!
Google(グーグル)に転職(中途採用・求人)する方法!【必見】
人気の電通へ転職するには?評判や採用される人の特徴をご紹介!
スクウェア・エニックスへ転職|中途採用の求人はある?難易度や年収を紹介