2019.09.13

第二新卒でも大手に受かる?内定をもらえるコツをプロが解説!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

新卒で社会人として働き出したものの「やっぱり大手企業で働きたいなー」「今よりも安定した会社で働きたい」と思い、大手企業への転職を希望する人は多いと思います。

しかし「入社してまだ3年も働いてないし、早いかな…」「実績も業績もキャリアもないし、大手は難しいかな…」と思い、諦める人も多いかと思います。

実際に、第二新卒者が大手企業に転職できるのかどうか、詳しく解説していきます。

「大手に転職を成功させている人のと特徴」「大手に転職するコツ」「大手企業のメリット・デメリット」についても紹介します!

第二新卒でも大手企業に入社できる

第二新卒でも大手企業に入社できる

第二新卒が、大手企業へ転職することは可能です。ベンチャー企業、中小企業からでも転職できます。

第二新卒は正社員として働いていた経験があるので、基本的なビジネスマナーが身についており、育成コストがかからないという点に企業側は魅力を感じています。

最近では、積極的に第二新卒を採用する企業が増えており、第二新卒は転職しやすい層だと歓迎している人事もいます。

大手に転職成功している第二新卒の特徴

大手に転職成功している第二新卒の特徴

大手企業の意図や定義にもよりますが、一般的に、大手企業の人事が第二新卒を採用する際に注目しているのは学歴です。

関東で言うMARCH、関西で言う関関同立以上の学歴がある人の方が、正直大企業の選考は有利です。

大手企業は、新卒採用を含めて高学歴者が採用される確率が高いので、近しいレベルの人を採用したいと考えています。

学歴で区切れば、企業のビジョンとマッチする可能性が高いので、学歴が一定レベルに達していない人は書類選考でお見送りになってしまうことが多いです。

第二新卒が大手企業に転職するコツ

第二新卒が大手企業に転職するためには、以下5つのコツがあります。

同じ業界・職種で経験を3年程積む

小さい会社で良いので、同じ業界・職種で経験や実績を3年程積むと良いです。

まずは、大手企業に入ることだけを目的化せず、どういった業種で大手企業に入るかを具体的に定義して決めておきましょう。

例えば、転職したい大手企業が電通だとしたら、名もなき広告代理店の営業を3年間 経験して、高い業績・実績・成果を出せば、電通の営業に転職できる可能性は高まります。

また、未経験の異なる業界・職種へ転職したいと考えている人も、同じく3年は経験を積むようにしましょう。

広告業界に興味があるという人は、以下の記事を参考にしてみてください!

未経験で広告業界へ転職するには?内定獲得のポイントを大公開!

しっかりと自己分析をする

「なぜ、前職を辞めようと思ったのか」「自分自身が何をしたいのか」「どういうキャリアを築きたいのか」など、自己分析はしっかりとしておきましょう。

事前の自己分析で、面接の際に自分のアピールポイントや、面接官に伝えたい成果やスキルなどが見えてきます。

また、自己分析をすることによって、履歴書や職務経歴書に書くべきポイントをまとめやすくなります。

面接で活かせる自己分析のコツは、以下の記事にまとめてありますので、自己分析の方法で悩んでいる人は是非読んでみてください。

転職では自己分析が決め手!面接で活かすコツを伝授!

前職の退職理由を明確にする

「どうして転職しようと思ったのか」という理由を突き詰め、具体的な答えが出るまで考えましょう。

基本的に、ネガティブな退職理由よりもポジティブな理由が好まれます。

退職理由を考える際「ただ業務としての仕事が嫌になったから」だけでなく、そこから退職理由の深掘りをすると良いです。

転職後、自分はどういう仕事をして、どうなっていきたいかについても明確にしておきましょう。

将来どうなっていきたいかという話もできるので、仕事に対する熱意が伝わり、面接官への印象も良くなります。

どうしてもネガティブな退職理由しか思い浮かばないという人は、以下の記事を読んで面接官に刺さる退職理由を考えましょう!

面接での退職理由の上手い伝え方!刺さる回答例を転職のプロが解説!

客観的に会社を判断する

気になる会社が見つかると「もうこの会社以外に良い会社はない!」という気分になりますが、色々な会社と見比べて違いを比較するようにしてください。

とくに調べもせずに、転職をしてしまうと就活と同じような失敗を繰り返してしまいます。

第二新卒として転職できる期間は限られています。また、何度も転職をすることでキャリアに傷がついてしまいます。

後悔しないように、客観的に会社を判断するようにしてみてください。

転職で必須となる企業研究の方法は、以下の記事を参考にしてください!

【保存版】企業研究のやり方を転職のプロが分かりやすく解説!

ビジネスマナーをしっかり意識する

第二新卒者は1度社会に出ていて、最低限のビジネスマナーはできていると企業側も判断しています。

遅刻、身だしなみなどの基本的なマナーはもちろん、質問への受け答えなどもしっかりとビジネスマナーを意識して面接に臨みましょう。

自分では完璧に出来ていると思いがちなビジネスマナーですが、間違っている人が非常に多いです。以下の記事を読んで、もう一度おさらいしましょう。

転職面接で失敗しない基本のマナー!入室から服装まで徹底解説!

第二新卒を採用する企業の考え

年齢的にも社会人経験の浅い第二新卒者に対して、企業はそこまで専門的な知識・能力や経験を求めていません。

しかし、大手企業を受けるとなると、学歴や前職での成果を見られることもあります。

基本的には、素直さや地頭の良さ、コミュニケーション力、自社や配属先のメンバーとの相性といったような、マインド面にフォーカスして見られています。

また、マナーを1から教える必要がなく、1つの企業にあまり長く働いていないので、自分の会社の色に染めやすく、手間が省け教育コストがかからないと企業は考えています。

志望動機・転職理由の書き方

上記のように、大手企業を受ける場合は、前職での経験や成果+マインド面を見られるので、志望動機や転職理由はそういった部分をアピールできる内容にすると良いです。

志望動機や転職理由を書くのに悩んでいるという人は、以下の記事にポイントをまとめているので、良かったら参考にしてみてください。

転職理由を面接で上手く伝える方法!面接官にハマる回答例付き!
志望動機が書けない第二新卒へ|すぐに実践できる書き方のコツを伝授

第二新卒を求めている企業の特徴

第二新卒の募集は企業の規模にもよりますが、短期間で一気に数十名採用するケースが多いので、そのタイミングでチャレンジすることをおすすめします。

特に新卒で入りたかった大手企業に第二新卒でリベンジしたい!という方もいますが、大手企業であっても第二新卒を多数採用するケースは多いです。

ここ最近、第二新卒の採用で注目されている大手企業としては、以下があります。短期間で一気に若手・第二新卒といった人材を採用していました。

掲載されている求人は生き物です。過去に第二新卒を一気に採用したからといって、現在もおこなっているとは限りません。事前の情報収拾は怠らないようにしましょう。

大手企業のメリット・デメリット

大手企業で働くメリット・デメリットをまとめてみました。

中小企業やベンチャー企業と、大手企業を比較しています。

メリット

  • 年収・給与レンジが安定している
  • 研修制度や福利厚生がしっかりしている

良くも悪くも無難な会社が多いので、年収・給与レンジは変動幅が少なく、安定しています。

また、研修制度や福利厚生がしっかりしている企業が多いです。

デメリット

  • 基本的に激務
  • 転勤やジョブローテーションは当たり前

大手企業だからホワイトだろうと思っている転職者の人が多いですが、そうとも限りません。

毎日残業……という激務な企業も実際多いですし、ブラックでパワハラがある場合もあります。

また、転勤やジョブローテーションは当たり前なので、人によっては「自分のしたいことと少し違う」と、仕事にやりがいを感じられない可能性があります。

「大手企業に入ること=幸せ」というイメージで転職したけど後悔した、という失敗も意外多いのでメリットデメリットをしっかりと自分なりに考えて意思決定しましょう。

第二新卒と既卒の違い

第二新卒と既卒の違い

実は、第二新卒と既卒の定義は企業によって曖昧です。

既卒とは、一般的に「学校を卒業した3年以内で1度も正社員として働いたことがない人」をさします。

もちろん間違っていませんが「就職はしたけど、1年未満で退職した人」を、既卒と呼ぶこともあります。

新卒で入社してから2年以上勤務している人のことを既卒と呼ぶケースはほとんどないので、そういった人は間違いなく第二新卒だと思って良いです。

自分は第二新卒だと思っていたけど、実は既卒だったという場合、大手への転職は厳しくなってしまいます。

ただ、企業が求めているスキルを持っていると、既卒でも転職が成功する可能性はあります。

もしアピールできるスキルがない場合、遠回りにはなりますが、別の企業で必要なスキルや経験を身に着けると良いです。

第二新卒で大手に入社したいなら転職エージェントを利用すべき

先ほど、大手企業への転職を成功させるポイントとして、「自己分析をしっかりすること」「前職の退職理由を明確にすること」「客観的に会社を判断する」という点をあげましたが、「一人でちゃんとやれるか不安…」という方が多いのではないでしょうか?

第二新卒で大手企業への内定を獲得したい方は、転職エージェントを利用するのも手です。

転職エージェントは、転職のプロとして、客観的な立場から転職のアドバイスをしてくれる強い味方です。

面談を通して、自分でも気づいていなかったような良いところ・悪いところをあぶり出してくれたり、あなたの志向性や希望を叶えるためのキャリアプランの設計や、企業の紹介をしてくれます。

選考においても、転職エージェントを使うメリットは大きいといえます。

例えば、書類だけでは伝わらない、あなたの人柄ややる気といった部分を合わせて企業側に伝えてくれるので、直接エントリーするよりも書類選考の通過率が高くなったり、実際の面接を想定した面接のロープレを通して、事前に面接で落とされやすいポイントについて指摘をもらうことができるので、面接の通過率が上がるといった効果が期待できます。

以下におすすめのエージェントをピックアップしましたので、早速気になるエージェントに登録してみましょう。

全員必ず登録すべき!大手エージェント

どんな業界・職種を目指している方も、まずは大手の総合エージェントへ2〜3社登録しておくべきだと思っています。

大手の転職エージェントに登録しておくメリットは大きく2つあります。

1つ目は、特に大手メーカーなどにその傾向が強いですが、特定の大手エージェント1社のみに求人を依頼しているという企業もあり、大手エージェントに登録をしていないと紹介を受けられない求人が存在するという点です。

そのため、大手メーカーや上場企業などへの転職を検討されている方は、大手エージェントは必ず押さえておくべきです。

2つ目は、全業界・職種の求人を網羅しているので、幅広いキャリアの提案が可能という点です。

「自分の進むべき業界・職種が定まっていない」という方は、まず大手エージェントに登録してみて、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談してみると良いと思います。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. 10万件を超える求人の中から、アドバイザーが厳選してピッタリの求人を提案してくれる
  2. リクルートが保有していない求人を保有している可能性もある

dodaに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

第二新卒・既卒者に強い転職エージェント

正直、前職の在籍期間がかなり短い場合や、職歴が複数ある方の場合、転職市場では不遇な対応をされるケースもあります。

大手転職エージェントに登録しても、実質登録受付してもらえなかったり、面談に行っても優先順位が低く、しっかりとサポートしてもらえないことも。

ただ、本人がこれまでのキャリア選択に対して反省して、今後に対して高い就業意欲や成長意欲、ガッツを示す事ができれば、採用してくれる会社は一定数は存在します。

そういった若手層の採用を積極的に行なっている会社・求人を集めているのがジェイック・UZUZといった転職エージェントです。

「大手エージェントでサポートしてもらえなかったら不安だな……」という方は、合わせて下記のエージェントへも相談してみると良いかもしれません。

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリに
相談する

第二新卒・既卒・フリーター・高卒に特化した就職支援サービスとしては老舗。
研修やアフターフォローを通じて同じ境遇で頑張る仲間に出会える

ポイント

  1. ノウハウが詰まったオリジナルのスキルアップ研修が無料で受講可能!
  2. 転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらえる

ジェイックに
相談する

女性の転職支援に特化した転職エージェント

女性が働きやすい大手企業へ転職したい人は、女性の転職に特化した転職エージェントも合わせて利用するようにしましょう。

女性に特化した転職エージェントでは、女性に人気の事務職などの求人を多く取り扱っています。

また、担当となるキャリアアドバイザーは同性になることが多く、結婚・出産・子育てといったことを含めて相談しやすいです。

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニアなどIT業界に特化した転職エージェント

IT業界やメーカーの技術職を目指すのに、おすすめの転職エージェントです。

ITやWEB業界は求人情報が充実している特化型の転職エージェントを利用したほうが、転職のチャンスをつかみやすいです。

大手の上場企業やメガITベンチャーへの転職を考えている人は、ぜひチェックしてみてください。

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの方は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカーエンジニアに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。