2019.12.06

日本オラクルへ転職するのって難しい?中途採用されるコツをご紹介!

ハードウェアやソフトウェアなどの製品開発を行う外資系企業「オラクル」の日本支社である「日本オラクル」。

「日本オラクルにどうしたら転職できるの......?」

という素朴な疑問を解決すべく、筆をとりました。

転職を考えている方はぜひお付き合いください。

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

日本オラクルの求人・採用情報

日本オラクルでの中途採用は、下記の4つが現在募集中です。

  1. 法人営業
  2. プリセールス・セールスエンジニア
  3. ITコンサルタント
  4. プロジェクトマネージャー

以下では、1.2.を営業職、3.4.を管理職/専門職として、それぞれの転職に必要なスキル・経験をお伝えいたします。

営業職への転職を考える方

日本オラクルのホームページの、営業職募集の必須要件です。

  • 大卒または同等レベルの知識・能力
  • 営業経験3~7年以上
  • ソフトウェアやハードウェア製品の知識

営業職では、クラウド化されたオラクルの製品を活用した課題解決を企画・提案することが主な業務になります。

そのため、営業力だけでなく、オラクル製品への理解が求められます。

営業経験が3〜7年となっているのは、経験年数によって対応する顧客層が異なるためです。

管理職/専門職への転職を考える方

  • サーバ、ミドルウェアなどITインフラ設計構築の経験
  • ERPパッケージの導入経験
  • その他

こちらは先ほどの営業職よりも、高い専門性が求められます。

例えば、ITコンサルタントなら、過去に技術者としての2〜5年の経験が求められます。

しかし、それを満たしていても、高いコミュニケーションスキルやリーダーシップを求められるので、転職難易度はかなり高いです。

また、日本オラクルは経験者枠の採用において、社員紹介による中途採用が約4割 を占めるという特徴があります。

なので、もし日本オラクルで働いている知人がいる場合は、紹介してもらうのが1番の近道と言えるでしょう。

第二新卒ならオラクルの営業職が狙い目!

現在、オラクルは「Oracle Cloud」を活用したソリューション営業の採用を強化しています。

Oracle Cloudの営業部門

  • Marketing Cloud(マーケティング支援)
  • Sales Cloud(営業支援)
  • Service Cloud(カスタマーサポート業務支援)
  • EPM/ERP Cloud(統合業務管理)
  • HCM Cloud(人事・人材管理)
  • データベース/Oracle Cloud Platform
  • ミドルウェア/Oracle Cloud Platform
  • ハードウェア/Oracle Cloud Platform
(オラクルのキャリア採用について)

20代で営業経験2〜3年ほど、加えてIT業界での経験があれば選考が有利に進むでしょう。

ただ注意点としては、担当する製品・顧客・業界によっては難易度、さらには転職後の市場価値までガラッと変わってしまうので、自分がどこに配属されるのかは事前に確認が必要です。

日本オラクルへの転職を考えているのなら、今後のキャリアプランについて、1度転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントは幅広い業界・職種に知見があるので、ご自身の目標や適性に合ったキャリアプランを提示してくれるでしょう。

全ての人にオススメの転職エージェント

日本オラクルってどんな会社?

どうしたら入社できるのか、という前置きのない展開をしてしまいましたが、改めて、オラクルという会社がどんな会社なのか確認していきましょう。

事業内容

クラウドサービスを提供している会社

日本オラクルは、データベースを中心にシェアを持っておりビッグデータやAIなどの開発を行なっています。

データベース市場で圧倒的なシェア

自社の豊富なデータベースを活用して、顧客の問題解決を行うITベンダーです。製品のセールスだけでなく、コンサルティング会社としても市場から高い評価を得ています。

経営理念

〜ITの新しい価値を創造し、お客様の成功と社会の発展に貢献する〜

国内最大手のSlerの1つ

SIerとはシステム構築(system integration)を行う企業のことです。売上高、利益率共に好調です。

日本オラクルの業績や今後の事業課題は?

売上高は右肩上がりに上昇しています。

2017年 1,731億円
2018年 1,854億円
2019年 2,023億円

ソフトウェアのアップデートでの収益も増加も相まって利益を拡大させています。

クラウドサービスの収益は利益全体から見ればまだ少ないですが、売り上げは増加しています。

クラウド市場全体も右肩上がりで成長いるので、今後のニーズの高まりを鑑みても好判断の材料となり得るでしょう。

データベース管理ソフト、オラクルのライセンス製品の販売も好調に推移しています。コンサルティング事業の収益も増加しています。経営は磐石ですね。

今後の事業課題は?

現在オラクルは、クラウド&ライセンス売上(クラウドライセンス&オンプレミスライセンス、クラウドサービス &ライセンスサポート)の占める割合が高く、また利益への貢献割合が高いです。

そのため、これらの販売業績の悪化が、そのまま経営成績および財政状態等に影響を与える可能性があります。

日本オラクルの仕事内容は?(営業職・技術職)

職種については、先ほど詳しく述べたのでここでは軽く説明する程度にします。

営業職

オラクル 製品をソリューションとして提供することがお仕事です。

またオラクル製品を用いたシステムの設計、構築から運用までシステムが安全に稼動するまで技術面からガイドするコンサルティングが仕事です。

技術職

技術職はエンジニアとしてオラクル製品の開発が仕事内容です。中途採用組はソフトウェアエンジニアとして入社することになります。

気になる日本オラクルの平均年収は?年収が上がらない?

平均年収は1046万円と非常に高いです。

ただ平均年齢が43.1歳のため、上層部が年収を引き上げている部分もあるので鵜呑みにするのは危ないですね。

定期的な昇給はなく、業績給が重要視されます。役職に就くためには結果を残し続けなければいけません。 年収をあげられるかどうかは、その人次第ということになります。

中途採用の場合、前職での年収が一つの参考になるので、面接の際は年収の交渉が重要です。

昇進しても給料が上がらないケースがある

営業職は成果報酬です。

しかし、職種はよっては、役職が上がっても給料は上がらないというケースがあるようです。

給料は高いものの、年収が上がらない事を理由に、転職する社員もいるようです。

メリットとデメリットをふまえて転職を検討しましょう。

日本オラクルの社風は?(転職会議)

日本オラクルの社風について、転職会議の口コミを元にまとめてみました。参考にしてみてください。

自己の成長を重んずる

会社が社員を教育するのではなく、自分で目標意識を高く持って仕事に向かうべしという社風です。


手を上げればやりたいこと・新しいことに挑戦出来る環境も整っているので、刺激的な職場です。

成果・結果主義

プロセスよりも、結果が重視されます。


特に営業職は結果に応じて報酬が増えるので外資系企業らしいカルチャーがあります。

仕事のやりがい

ソリューション営業

自社製品が多岐に渡るため、顧客に対して幅広いソリューションの中から提供の顧客に最適なソリューションを提供できます。コンサルティング的な要素がありますね。

大企業が顧客

大企業を顧客とすることが多いので、規模の大きい案件に携わることができます。

最先端の技術に携われる

自社製品である最新のIT知識や技術を武器に顧客やグループ企業を牽引できます。

上記からも、「大企業を相手に仕事がしたい」「最先端の技術に触れたい」という人は大きなやりがいを感じられるでしょう

日本オラクルの労働環境(激務度・ワークライフバランス)

まずvokersの口コミによると、平均残業時間は35時間ほどです。

部署にもよりますが、全体としては激務ではないでしょう。

はやばやと仕事を終えて帰宅する人も多く、結果を出してれば、有給休みや長期休みなども取りやすいようです。

ワークライフバランスを両立できる

フレキシブルな労働時間

日本オラクルは基本的に1日7時間のみなし労働制と、フレックスタイム制(10:30〜15:00がコアタイム)を採用しています。

在宅勤務制度

また「WORK@HOME]と呼ばれる、在宅勤務制度も全社員に権利があるので、上司が承認すれば、週に1度の出社以外は、家で働く事も出来ます。


子育てなどが忙しい社員にとっては、ありがたいシステムですね。

ワークライフバランスが充実しているので働きやすい環境は整っています。

日本オラクルの福利厚生は?

日本オラクルの福利厚生の中で、代表的なものを以下にリストアップしました。

  • コアベネフィット
    全社員に等しく与えられる福利厚生。健康診断・人間ドック、各種の割引サービス、優待サービス等

  • カフェテリアプラン
    選択制の福利厚生。毎年社員にポイントが与えられ、ポイントの中から、選択肢したいプランを選択できる。資格取得などの学習支援のメニューや、旅行などの余暇活動関係、育児支援などのライフサポート関連のメニューがある。

  • 社内にマッサージルーム
    日本オラクルは福利厚生と障害者雇用を兼ねて、青山本社と赤坂オフィスにマッサージルームがある。特例として、就業時間内にも利用が認められている。

日本オラクルへの転職を成功させるためには?

日本オラクルは転職を希望している方が多く、転職の難易度が高くなっております。

そのため、現在日本オラクルのコーポレートサイトで求人の案件が出ていたとしても、応募に対しての競争率が高いため直接申し込むことはあまりオススメは出来ません。

そのため、日本オラクルへの転職は、プロの転職エージェントに相談をしてみるのが良いです。

ただ、エージェントの質はピンキリなので、優秀なアドバイザーに出会うためにも、複数の転職エージェントに登録してみるべきだと考えています。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。