サイバーエージェントに転職|元社員が中途採用や転職難易度、面接対策を解説

サイバーエージェントに転職|元社員が中途採用や転職難易度、面接対策を解説

    サイバーエージェント元社員であり、転職のプロの末永が、転職する極意を伝授します。

    転職難易度・評判・口コミを紹介しているので、ぜひご覧ください。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は1,800万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

サイバーエージェントの転職・中途採用難易度

サイバーエージェントの転職難易度は高いです。

転職市場での採用倍率はわかりませんが、新卒では300倍にも上るのではないかと言われています。また、東洋経済オンラインによれば、入社が難しい会社ランキング163位に入っています。

転職でも同程度の難易度だと思っていただいて構いません。

転職エージェント末永 末永

難易度が高い理由としては、まずは単純に、人気企業であるために倍率が高く、待遇もいいので優秀な人が集まりやすいという理由が挙げられます。


また、最近のインターネット関連会社は「なんとなくかっこいいからインターネット業界で働きたい」と考える転職者のことをよく思っていません。とくにサイバーエージェントは転職やキャリアの動機づけを重視するので、他の企業と比べてもこの傾向が強いです。

上記のような理由から、自己理解とともに業界理解が深く求められています。下記でも紹介しますが、なぜ自分がこの仕事に向いていると思うのか?を説明する必要があります。

サイバーエージェントはカルチャーフィットを重視している企業でもあります。もちろん社員数も増え、多様化していますが、成長意欲があることを自分のエピソードを交えて話すことは転職面接でも新卒採用でも重要になってきます。

無理にサイバーエージェントのカルチャーに合わせる必要はありませんが、「成長意欲」「数年後のビジョン」は自信を持って話せることが必須です。

転職エージェント末永 末永

これらの言語化に利用していただきたいのが転職エージェントです。


特にキャリアプランの言語化など、一見選考には直接関係のないサポートをしているエージェントこそ、サイバーエージェントへの転職をお考えの人には活用して欲しいです。

というのも、カルチャーマッチを重視する会社ほど、経歴以上に人生観や将来像を深掘りされます。これに対応するには、プロの分析に基づいた客観的な言葉で伝える方が効果的なんです。

弊社のすべらないキャリアエージェントであれば、サイバーエージェント出身の代表末永が、直接面接対策をおこなうことができます。サイバーエージェント人事とのコネクションから質問集などを豊富に提供しています。

自己分析などの価値観の言語化に限らず、職務経歴書の効果的な書き方や伝え方など、応募した企業に合わせた細かな転職サポートを強みとしています。お困りの際はお気軽にご相談くださいね。

サイバーエージェントへの転職なら

サイバーエージェントへ転職しやすい人の特徴

サイバーエージェントでは「素直さ」が採用の第一の基準となり、そういった特徴を持っている人が転職しやすく、その後のミスマッチも少ないです。

というのも、サイバーエージェントのMission Statementには、「能力の高さより一緒に働きたい人を集める。」という文言があるんです。

上記の文言の通り、採用では能力はもちろんのこと、人柄も重視されています。

そのためある程度の人柄があると判断された人が面接を通過する傾向にあります。

ですが、これだと抽象度が高く、イメージが湧きづらいと思います。

そこで、新卒採用に目を向けると、以下の人物像を持つ人が求められていることがわかりました。

  • 技術を用いて事業やサービスを牽引したい
  • ユーザー視点を持ちプロダクト開発をしていきたい
  • 新しい技術や得意領域外の技術にも積極的に触れたい
  • チームとして成果を出すことに喜びを感じる
  • 若いうちからどんどん成長し続けたい

新卒採用で求められていることですから、中途採用で入社する人にもこのような資質を期待していると言っていいでしょう。

上記のような考えを持ち、かつ面接でそれを効果的にアピールできる人が採用されやすいと言えそうですね。

とは言っても、最終的に勝負になるのは前職の実績やスキルです。

下記にはサイバーエージェントのビジョンを紹介していますので、興味がある人はぜひご覧ください!

ビジョン

インターネットという成長産業から軸足はぶらさない。

ただし連動する分野にはどんどん参入していく。

オールウェイズFRESH!

能力の高さより一緒に働きたい人を集める。

採用には全力をつくす。

 もっと見る

若手の台頭を喜ぶ組織で、年功序列は禁止。

スケールデメリットは徹底排除。

迷ったら率直に言う。

有能な社員が長期にわたって働き続けられる環境を実現。

法令順守を徹底したモラルの高い会社に。

ライブドア事件を忘れるな。

挑戦した敗者にはセカンドチャンスを。

クリエイティブで勝負する。

「チーム・サイバーエージェント」の意識を忘れない。

世界に通用するインターネットサービスを開発し、グローバル企業になる。

サイバーエージェントの採用大学

サイバーエージェントの採用大学は以下の通りになります。

1位 早稲田大学(21人)
2位 慶應義塾大学(19人)
3位 同志社大学(13人)
4位 法政大学(10人)
4位 明治大学(10人)
6位 青山学院大学(7人)
6位 東京理科大学(7人)
8位 東京大学(6人)
9位 筑波大学(5人)
9位 上智大学(5人)
9位 立教大学(5人)
9位 立命館大学(5人)

早慶上理やMARCH、関関同立が多くなっています。

サイバーエージェントの学歴フィルター

サイバーエージェントの新卒採用には学歴フィルターは存在していません

もちろんある程度の地頭のよさが求められているため、上記の表の通り高学歴が受かりやすくなっています。

とはいえ高学歴でなくても地頭が良ければ問題ありませんし、一番大事なのは素直さです。

仮に有名大学出身でなかったとしてもサイバーエージェントに受かることは可能です。

サイバーエージェントへ転職する方法

転職エージェント末永 末永

サイバーエージェントに転職するには、いくつかのポイントがあります。


徹底すれば、確実に内定に近づけるコツです。

職務内容と事業内容を照らし合わせる

一つは自分の職務経歴とサイバーエージェントの事業内容を見比べて、合致していることをアピールすることです。

これはどの企業にも言えることですが、転職者に人気の大企業ということで、特に徹底した方がいいでしょう。

企業研究と自己分析をすることで面接で的外れなことを言わずに済むのです。

カルチャーを確認する

もう一つはサイバーエージェントのカルチャーについて調べ、自分とマッチしていることを確認することです。

読者の皆様もイメージがあるかもしれませんが、サイバーエージェントのカルチャーは独特です。それにマッチしていないと、採用した企業側はもちろん、そこで働く自分がつらい思いをしかねません。

そのため、入社前に社員に会ったり、選考を通じてカルチャーを確かめましょう。ここで注意点ですが、無理にカルチャーに合わせる必要はありません。

合わない人は確かにお見送りになる可能性は高いですが、合わないまま入社しても自分の首を絞めるだけなので、必ず確認しましょう。

サイバーエージェントの選考フロー・面接内容

サイバーエージェントの選考フローや面接時にどの部分が見られているのか、それぞれ詳しくご紹介していきたいと思います。

サイバーエージェントへの転職は難易度が高いため、事前に選考フローを詳しく確認して、対策しておきましょう。

サイバーエージェントの選考フロー

サイバーエージェントの選考フローは職種によって大きく異なるようです。

ONECAREER PLUSに投稿されていた口コミによると、特に法人営業の選考は工程が少なくなるようです。

実際には、以下のようなケースが多く見受けられました。

法人営業の選考フロー

  1. カジュアル面談(実施されない場合もあり)
  2. 1次面接
  3. 最終面接
  4. 内定

逆に、ソフトウェアエンジニアやメディアプランナーなどの職種の選考過程は多くなりがちでした。中には5回の面接を経て内定したソフトウェアエンジニアもいました。

実際に選考にかかる期間は、上記のように極端に選考過程が多い場合を除いて、3週間から1ヶ月のケースが多いようです。

また、気になる面接の雰囲気ですが、選考のどの段階であっても和やかだった、フランクな雰囲気の面接だったと感じている人が多いようでした。

サイバーエージェントの面接で見られている点

サイバーエージェントの面接では、「いい人であること」以外には、インターネットに対する理解やリテラシーを強く求める傾向があります。

他にも以下の観点が重要視されます。

  • コミュニケーション能力
  • 主体性・達成意欲
  • 素直さ・柔軟さ
  • 論理的思考力
  • ネット広告業界への高い関心

とくに素直さ・柔軟さは、広告業界未経験で入社する場合に重視されるようです。

スキルや経験のない状態で早く他の社員からキャッチアップし、成長するには必須の資質だからですね。

転職難易度が高いサイバーエージェントへ転職するために、人柄はしっかりアピールできるように準備していきましょう。

過去の質問例

サイバーエージェントの中途採用の面接での過去の質問には、以下のようなものがあります。

  • 入社して何をしたいのか
  • 前職での成功体験・失敗体験
  • 趣味について
  •  もっと見る
  • 仕事をしていく上で大事にしていること三つ
  • 得意な仕事、苦手な仕事
  • 長所・短所について
  • サイバーエージェントの印象
  • 10年後、30年後どのようになっていたいか
  • サイバーエージェントのプロダクトの中で何が好きか
  • 尊敬する人は誰か
  • これまで一番夢中になったこと
  • 周りからどのような人だと言われるか・自分ではどのような人だと思うか
  • 最近見たweb広告の中で気になったもの

上記の通り、転職面接では定番の質問がほとんどで、とくに意表をついた質問はなかった、と感じている求職者が多いようです。

その一方で、「宝くじで1億円当たったら何に使いますか?」といった、どのような人柄なのかを見ていると思われる質問も過去にいくつかされているようです。

中途採用の面接で定番の質問に話を戻すと、入社して何をしたいのかという質問では、あなたがどれくらいサイバーエージェントという会社や部署のことを調べてきたのか、その本気度がチェックされています。

この質問により、求職者のイメージと実際の業務でのズレがわかるので、職種のミスマッチを防ぐ目的も含まれています。

前職の成功体験・失敗体験では、あなたの価値観や特性、ストレス耐性や粘り強さが見られます。趣味について質問されるのは、あなたの人となりを知ることができるからなんです。

また、技術職の場合はどのような業務に携わりたいかを聞かれたり、ソースのテストが実施された、という人もいました。

上記のような質問を面接でされることを意識して、志望動機や自己PRを考えましょう。

面接対策や志望動機・自己PRにお悩みでしたら以下の記事も参考にしてください。

サイバーエージェントの新卒採用の選考フロー

サイバーエージェントの新卒採用の選考フローは以下のようになっています。

新卒採用の選考フロー

  • エントリー・事前課題
  • 1次選考:グループディスカッション
  • 2次選考:集団面接
  • 3次選考:個別面接
  • 4次選考:1dayジョブ
  • 5次選考:人事面接
  • 6次選考:人事面接
  • 最終選考:人事面接

応募者数がかなり多いため、他企業よりも多くの選考を設けて学生を正確に判断しようとしています。

サイバーエージェントの志望動機例

志望動機は転職者の価値観を知るための大事な質問事項です。

以下に例を挙げていますが、これらは参考程度に、あくまで自分の言葉で伝えるのが大切です。

志望動機例1

私は広告業界での経験を積み重ねてきましたが、サイバーエージェントへの転職を志望する理由は、貴社が持つ革新性とビジョンに魅力を感じたからです。


サイバーエージェントはデジタルマーケティングのリーディングカンパニーであり、常に最先端のテクノロジーとクリエイティブなアイデアを活かした斬新な広告キャンペーンを展開しています。


私は自身の広告スキルをさらに磨き、顧客のビジネス成果を最大化したいと考えているため、貴社を志望します。

志望動機例2

サイバーエージェントへの転職を志望する理由は、貴社が持つ多様な事業領域と成長力に魅力を感じたからです。


私は広告業界での経験を通じて、デジタルマーケティングや広告のトレンドに精通しております。


そのためサイバーエージェントの幅広い事業領域において、さまざまなクライアントとの取り組みを通じて自身のスキルをさらに伸ばし、キャリアを発展させたいと考えています。


また、サイバーエージェントの成長力を目の当たりにし、その成長に貢献することで自身も成長し続けることができると思ったため、貴社を志望いたしました。

これらはあくまで志望動機例に過ぎませんので、そのまま使うのは避けることをおすすめします。

なぜなら自分の考えていることとは異なる志望動機を使用すると、面接で深掘りされたときにきちんと答えられず選考通過ができなくなってしまいます。

従って選考を確実に通過するためには自分の実体験ややりたいことを踏まえて志望動機を書く必要がありますが、自分1人で志望動機を書くと客観的な視点が抜けてしまい選考官目線で質の低い志望動機になりやすいです。

転職エージェント末永 末永

毎年何百人もの転職をサポートしている転職エージェントを利用すれば、客観的な視点も踏まえて納得感が高い志望動機を作成することができます。


特に弊社アクシスのすべらないキャリアエージェントであれば、サイバーエージェント出身の代表末長の経験を踏まえてサイバーエージェントの選考官に刺さりやすい志望動機を作ることが可能です。


サーバーエージェントに転職したい人はお気軽にご相談ください。

【簡単1分登録】
転職エージェントに相談してみる

サイバーエージェントが転職や就活で人気な理由

転職難易度や就職難易度が高いと言われているサイバーエージェントですが、なぜ人気なのでしょうか。

元サイバーエージェントの私が魅力を徹底解説いたしますので、志望理由などの参考になれば幸いです!

中途採用難易度の高いサイバーエージェントが人気な理由は以下の4つです。

以下それぞれについて解説していきますので、サイバーエージェントに転職を考えておられる方はぜひご覧ください。

小会社社長を生み出す育成力&抜擢文化

まずサイバーエージェントが転職市場(就職市場)で人気な理由として、子会社社長を育成し抜擢する制度が挙げられます。

入社数年の社員を対象に、新規事業の子会社の社長になり、事業計画や財務管理など、全ての権限を任せてもらえる制度のことです。

優秀な社員が在籍するサイバーエージェントで、企業の資金を使って新規事業の立ち上げを経験できる機会は、非常に大きな成長につながり、転職先として難易度は高いですが、魅力的だと考えられます。

また、入社数年目の社員が子会社の社長を務められるまで、短期間で育成できる制度もサイバーエージェントには整っていると考えられます。

将来性のあるスマホ広告に強い

2つ目のサイバーエージェントが転職市場で人気な理由は、スマホ広告に強いことが挙げられます。

現在では、スマホを使用していることは当たり前ですが、サイバーエージェントが事業の軸をスマホにシフトさせた2010年は、ガラケーの1/15ほどの出荷数しかなかったため、かなり大きな決断だったと考えられます。

その決断が功を奏し、今ではサイバーエージェントの子会社のCyberZがスマホの広告市場で大きなシェアを握っています。

そんな大きな決断を会社規模でする社風と、実際にそれが成果につながっている実績から、サイバーエージェントは転職難易度は高いですが、転職先として魅力的であると考えられます。

ヒット作を継続的に出すゲーム事業

3つ目のサイバーエージェントが転職市場で人気な理由は、ヒット作を安定的に出し、安定した売り上げを上げるゲーム事業にあります。

そういったゲームから、サイバーエージェントの存在を知り、調べていくうちに魅力を感じる転職者の方もいらっしゃいます。

転職すれば、実際にヒット作を生み出すノウハウを学ぶこともできるため、自分の興味と、ビジネスマンとしての成長の2つを得られる職場だと感じる方にはとても魅力的でしょう。

チャレンジして失敗しても見放されない社風

最後に、サイバーエージェントが中途採用市場で人気な理由4つ目は、チャレンジして失敗しても見放されない社風です。

サイバーエージェントでは、失敗は次に活かせる経験だと考えられており、全力で取り組んで失敗した場合は、再び機会を与えてもらえるという社風があるのです。

サイバーエージェントのビジョンの一文にも「挑戦した敗者にはセカンドチャンスを。」があるくらいです。

そのため、事業に挑戦したい学生や転職者にとって、サイバーエージェントの失敗できる社風は非常に魅力的なので、転職難易度は高いですが、人気があると考えられます。

サイバーエージェントの企業情報

ここからは、転職難易度が高いサイバーエージェントへ転職する前に、事前に知っておくべき企業情報について一緒に見ていきましょう。

会社名 株式会社サイバーエージェント
CyberAgent, Inc.
本社所在地 東京都渋谷区宇田川町40番1号 Abema Towers
設立 1998年3月18日
資本金 7,239百万円(2022年9月末現在)
代表者 代表取締役 藤田 晋
上場証券取引所 東京証券取引所 市場第一部

それでは、さらに詳しい企業情報について、以下で解説していきます。

事業内容

サイバーエージェントでは、主に以下の4つの事業を展開しています。

  • メディア事業
  • インターネット広告事業
  • ゲーム事業
  • 投資育成事業

メディア事業では、動画配信事業のABEMAやブログサービスのAmeba、マッチングアプリのタップルなどを運営し、インターネット産業の変化にあわせ、多くの人をターゲットとしたサービスを展開しています。

国内トップシェアを誇るインターネット広告事業では、広告効果を最大化する運用力およびクリエイティブ力を強みに、AIを活用したアドテクノロジーなど総合的なソリューションを提供しています。

ゲーム事業では、主力タイトル8本を含む約50本のスマートフォン向けゲームを提供しています。「グランブルーファンタジー」や「ウマ娘プリティダービー」、「Shadowverse」などが代表的です。

売上業績と今後の事業課題

転職面接の際に、売上や事業課題を把握していることをアピールできると、志望度の高さをアピールできるので、転職難易度が高いサイバーエージェントの選考を受ける前に、しっかり把握しておきたいですね。

2023年に公開された有価証券報告書によると、売上高は7,202億700万円となっていて、これは過去5年間で最高額です。

決算年月 売上高
第26期 2023年9月 7,202億700万円
第25期 2022年9月 7,105億7,500万円
第24期 2021年9月 6,664億6,000万円
第23期 2020年9月 4,785億6,600万円
第22期 2019年9月 4,536億1,100万円
第21期 2018年9月 4,195億1,200万円

また、それぞれの事業に対して、以下の3点を今後の課題として掲げています。

  • メディア事業
    いつでもどこでもつながる社会インフラ「ABEMA」の規模拡大とマネタイゼーションの強化による収益化

  • インターネット広告事業
    広告効果最大化を優位性にシェア拡大とAI・DX分野の事業推進等による利益率の改善

  • ゲーム事業
    クオリティ高い新規タイトルの提供・既存タイトルの長寿命化

以上の課題に対して、事業拡大・成長し続けるために、事業拡大に応じた内部管理体制やコーポレート・ガバナンスの充実を図りながら、人材採用・育成・活性化に積極的に取り組んでいくとしています。

他にも、サイバーエージェントの持続的な成長と、「新しい力とインターネットで日本の閉塞感を打破する」というパーパスを達成するために、「あした会議」と呼ばれる、繋がる新規事業や課題解決の方法などを提案、決議する会議があります。

この会議をきっかけに、32の子会社が設立されたほか、それらの新規事業から累計売上高約3,259億円、営業利益約455億円が創出されました。

支社・グループ会社一覧

サイバーエージェントには以下のグループ会社があります。

サイバーエージェントは転職難易度が高いですが、子会社になると変化するので、興味のある子会社がないかチェックしていきましょう。

メディア 株式会社AbemaTV
株式会社WinTicket
株式会社タップル
株式会社OEN
株式会社CyberLDH
株式会社シロク
AWA株式会社
株式会社AJA
株式会社eStream
株式会社BABEL LABEL
株式会社ネルケプランニング
広告 株式会社CyberZ
株式会社CyberACE
株式会社シーエー・アドバンス
株式会社6秒動画
株式会社CyberHumanProductions
株式会社AI Shift
株式会社MG-DX
株式会社CASM
株式会社CyberOwl
株式会社CYYPAR
株式会社CyberE
株式市場CCPR
株式会社CAリスキリングパートナーズ
CyberAgent Beijing,Inc.
CyberAgent,Inc. Taiwan Branch
CyberAgent, Inc. Korea
CA ADVANCE Vietnam Co., Ltd.
ゲーム 株式会社Cygames
株式会社サムザップ
株式会社アプリボット
株式会社ジークレスト
株式会社Craft Egg
株式会社グレンジ
株式会社GOODROID
株式会社グリフォン
株式会社QualiArts
株式会社Colorful Palette
株式会社CA GameFi
その他 株式会社サイバーエージェント・キャピタル
株式会社CAM
株式会社ウエディングパーク
株式会社CA Tech Kids
株式会社マクアケ
株式会社リアルゲイト
株式会社サイバーエージェントウィル(障害者雇用の促進の為の特例子会社)
株式会社ゼルビア
株式会社CyberFight
株式会社シン・オクタゴン

サイバーエージェントのさらに詳しい企業情報を知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

サイバーエージェントの中途採用・求人情報

転職難易度が高いサイバーエージェントですが、対策する前に、そもそも希望する求人があるのかチェックしておくことは非常に大切です。

サイバーエージェントは以下の職種の中途採用があります。

サイバーエージェントのエンジニア職の中途採用・求人情報

サイバーエージェントのエンジニア職では、例えば以下のような業務内容で社員を募集しています。他にも多くの職種があるので、気になる人は採用HPをご確認ください。

  • リサーチサイエンティスト
  • リサーチサイエンティスト
  • 機械学習エンジニア
  • データサイエンティスト
  • データアナリスト
  • プロダクト開発
  • 広告配信システム開発 / 運用エンジニア
  • ソフトウェアエンジニア
  • データマネジメントエンジニア
  • フロントエンドエンジニア

ここでは、サーバーサイドエンジニアの募集についてより詳しく解説していきます。

 もっと見る
募集要項
職種 【AI事業本部】サーバーサイドエンジニア(オープンポジション)
仕事内容 ・プロダクトの企画から携わり、機能要求を満たすサービス・システムの設計・開発をおこなう
・機械学習エンジニアやデータサイエンティストと協力し機械学習をプロダクトに実装する
・低レイテンシ・高スケーラビリティ・大規模規模データ処理を実現するアーキテクチャ設計と実装をおこなう
・機能改善を繰り返し、増加し続けるトラフィックに対応しながら継続的デリバリーをおこなう
必須スキル ・マーケットの中でどのような事業機会があるかを捉え、それを技術でどう実現出来るか提案が出来ること
・Webアプリケーションの開発、運用経験
・テックリード経験
・AWS,GCPなどのパブリッククラウドを利用したインフラ環境の設計、構築、運用経験
歓迎スキル ・Scala, Goのいずれかを使ったWebアプリケーションの開発、運用経験
・高トラフィックサイトの開発運用、リクエスト処理経験
・パフォーマンスチューニングの経験
勤務地 サイバーエージェントグループ
東京都渋谷区渋谷2丁目24番12号 渋谷スクランブルスクエア22F
勤務時間 10時~19時(職種によっては裁量労働制適用)
給与 応相談
経験・能力を考慮の上、規定により優遇

サイバーエージェントのデザイナー職の中途採用・求人情報

続いてはデザイナー職の募集について説明します。

  • クリエイター
  • 映像プロデューサー・ディレクター・エディター
  • アートディレクター
  • テクニカルクリエイター
  • アートディレクター/グラフィックデザイナー
  • Unreal Engineが使用できる3DCGデザイナー
  • モーションデザイナー
  • 3Dデザイナー
  • UIデザイナー
  • ビジネスグロースデザイナー

今回は上記のクリエイター職について、さらに詳しく解説していきます。

 もっと見る
募集要項
職種 【メディア事業部】クリエイター -オープンポジション-
仕事内容 ・スマートフォンアプリやWEBサービスのUIデザイン
・ビジュアル・グラフィックデザイン
・デザインスプリント・ユーザーテスト等UXデザインに関わるプロセスの実施
・ProtoPieなどを用いたプロトタイピング
・AfterEffectsを用いたアニメーション制作
・ABEMAに関わる映像編集、映像制作
・グロースに関わる施策設計〜実行
求めるスキル ・Photoshop/Illsutratorの実務経験を1年以上お持ちの方
・スマホアプリや、Webデザインの経験がある方
・SketchやFigma、Protopieなど、トレンドのツールに敏感な方
・アニメーション制作経験(AfterEffect等)をお持ちの方
・HTMLの知識があり、アプリ開発にも興味がある方
・広告、グラフィック、テレビ、映像業界で、アートディレクション/デザイナーの実務経験
求める人物像 ・ポジションにとらわれず、業務の幅を広げていける方(戦略設計など、事業の上流から携わっていきたい方歓迎)
・新しいことに挑戦していく成長意欲のある方
・コミュニケーションスキルの高い方
・市場のトレンドを研究し、アウトプットの幅を常に広げていける方
勤務地 東京都渋谷区宇田川町40-1 東京本社
勤務時間 10時~19時(職種によっては裁量労働制適用)
給与 応相談
※年俸制
※経験・能力を考慮の上、規定により優遇
※半期ごとの目標管理制度を導入しており、評価に応じて年俸を見直し
※選考の中で最終的なスキル・経験を加味した後、正社員・契約社員どちらかでの採用

サイバーエージェントのプランナー・プロデューサー・ディレクター職の中途採用・求人情報

続いてはプランナー・プロデューサー・ディレクター職の募集について説明します。以下のような業務内容で募集があります。

  • プランナー(新規企画/開発プランナー)
  • サービスグロースプランナー・プロデューサー
  • プロダクトマネージャー・ディレクター
  • ビジネスプロデューサー
  • スタートアップ企画・プランナー
  • 番組マーケティングプロデューサー
  • 番組制作プロジェクトマネージャー
  • オリジナル番組企画制作プロデューサー(ニュース以外)
  • 麻雀・将棋戦略企画プロデューサー
  • 企業の売上拡大を支援する次世代DXプランナー

ここでは、サービスグロースプランナー・プロデューサーの採用について詳しくご紹介します。

 もっと見る
募集要項
職種 【メディア事業部】サービスグロースプランナー・プロデューサー
仕事内容 ・サービス運営におけるプランニング(施策の企画立案、施策実行に伴うディレクション、数値分析など)
・サービス開発におけるプランニング(プロジェクトマネジメント、仕様書作成、パラメータ設計、データ収集/KPI指標確認、リリース後のユーザビリティ向上のための施策実施など)
応募資格 ※経験業種不問※
・応募時点で社会人経験がある方
・成長意欲の高い方
・大きな目標、人生を賭けて成し遂げたいことをお持ちの方
・メディアサービスが好きな方
求める人材像 ・サービスを自分ごととして捉え、より良いサービスの実現のために自分の力を発揮したいと考えている方
・エンジニア、デザイナー、オペレーターなど他職種との調整を円滑に進められるコミュニケーション力
・どんな仕事でも臨機応変に前向きに取り組み、目標に向かって常に挑戦し続ける方
・WEBサービスやスマホアプリへの興味関心があり、日常的に触れている方
・Webサービス、スマホアプリゲーム、ECサイト運営など、プランナー経験がある方
・企画単位でのKPI策定と、数値分析に基づいてPDCAを意識した改善・運用経験がある方
勤務地 東京都渋谷区宇田川町40-1 Abema Towers
勤務時間 10時~19時(職種によっては裁量労働制適用)
給与 応相談
※年俸制
※経験・能力を考慮の上、規定により優遇
※半期ごとの目標管理制度を導入しており、評価に応じて年俸を見直し
※選考の中で最終的なスキル・経験を加味した後、正社員・契約社員どちらかでの採用

サイバーエージェントの広告の中途採用・求人情報

続いては広告の募集について説明します。現在、以下のような業務内容の募集があります。

  • セキュリティコンサルタント
  • アドセールス
  • アドプランナー
  • プロダクトセールス(小売DX)
  • プロモーションプランナー
  • ゲームアナリスト
  • 事業推進を加速させる人事担当募集
  • リクルーティング担当
  • 広告アカウントプランナー
  • 広告番組企画プランナー

ここでは、セキュリティコンサルタントの募集についてさらに詳しく説明していきます。

 もっと見る
募集要項
職種 【システムセキュリティ推進グループ】セキュリティコンサルタント
仕事内容 ・サイバーエージェントグループが展開するインターネット広告事業、メディア事業、ゲーム事業、その他各種事業に対するセキュリティマネジメント支援
・サイバーエージェントグループが展開するプロダクトのコンプライアンスガイドライン適合に向けた支援や社内啓発活動
・サイバーエージェントグループが提供するインターネットサービスにおけるセキュリティ維持管理業務
必須スキル ・情報セキュリティ管理業務経験
・ビジネスにおいて一般的なコミュニケーションスキル
歓迎スキル ・ISMS/Pマーク/PCIDSS/FISCなどの運用やコンサル経験
・脆弱性診断や不正アクセス監視業務経験
・Webサービスの開発経験
・要件定義や外部設計など上流工程に関わる業務経験
勤務地 東京都渋谷区宇田川町40-1 Abema Towers
勤務時間 10時~19時(職種によっては裁量労働制適用)
給与 応相談
※年俸制
※経験・能力を考慮の上、規定により優遇
※半期ごとの目標管理制度を導入しており、評価に応じて年俸を見直し
※選考の中で最終的なスキル・経験を加味した後、正社員・契約社員どちらかでの採用

サイバーエージェントの宣伝・マーケティングの中途採用・求人情報

続いては宣伝・マーケティング職の募集について説明します。現在、以下のような業務内容の募集があります。

  • 広報PR/ABEMA
  • マーケティング
  • 広報PR
  • デジタルマーケティング/ABEMA
  • メディアマーケティング/Ameba
  • マーケター/Ameba
  • 広報PR/プロレスリング・ノア
  • デジタルマーケティング/WINTICKET
  • 広報・アライアンス/WINTICKET
  • 日英翻訳・通訳

今回は広報PR/ABEMAについて詳しく紹介していきます。

 もっと見る
募集要項
職種 【メディア事業部】広報PR/ABEMA
仕事内容 ・事業、番組の広報PR戦略作成
・リリース作成
・メディアプロモート
・取材仕込み、取材対応
・ソーシャルマーケティング
・メディアアライアンス
・イベント企画・実行
必須スキル ※下記いずれかのご経験がある方※
・事業会社もしくはPR会社でのサービス広報実務経験
・WEBプロモーションもしくはマーケティング企画立案経験
・メディアリレーション経験
歓迎スキル ・0からのプレスリリース等の記事執筆経験
・SNS運用の経験
・スポーツ(競技問わず)が好きな人
勤務地 東京都渋谷区宇田川町40-1 Abema Towers
勤務時間 10時~19時(職種によっては裁量労働制適用)
給与 応相談
※年俸制
※経験・能力を考慮の上、規定により優遇
※半期ごとの目標管理制度を導入しており、評価に応じて年俸を見直し
※選考の中で最終的なスキル・経験を加味した後、正社員・契約社員どちらかでの採用

サイバーエージェントのコーポレートの中途採用・求人情報

続いてはコーポレート職の募集について説明します。現在、以下のような業務内容の採用があります。

  • 財務経理部・税務部
  • 経営管理/経営企画
  • リクルーティング・HR
  • 法務・契約/ABEMA
  • 法務・コンプライアンス
  • 会計・税務
  • 経営企画/ABEMA
  • 人事
  • クリエイティブ人事
  • 楽曲管理・ライツ部門/ABEMA

今回は財務経理部・税務部の募集について説明します。

 もっと見る
募集要項
職種 財務経理部・税務部
仕事内容 ・会計
・税務
・財務
・グローバル
・グループ株式管理
求めるスキル ①会計
・事業会社での経理、財務の実務経験がある方
・監査法人の勤務経験があり、事業会社で共に会社を創っていく側にいたいと考える方
②税務
・事業会社又は会計事務所での3年以上の税務/会計に関する実務経験のある方
③財務
・事業会社での経理、財務、与信管理の実務経験がある方
・金融機関で法人営業の実務経験がある方
④グローバル
・事業会社での経理、財務の実務経験がある方
⑤グループ株式管理
・証券会社で法人営業の実務経験がある方
勤務地 東京都渋谷区宇田川町40-1 Abema Towers
勤務時間 10時~19時
所定労働時間:8時間00分 休憩60分(残業:有)
給与 応相談
経験・能力を考慮の上、規定により優遇

サイバーエージェントのオープンポジションの中途採用・求人情報

続いてはオープンポジションの募集について説明します。現在以下の2つの募集があります。

オープンポジションは、キャリアの幅が広く、人気なので転職難易度が高いですが、とても魅力的ですよ。

  • 【メディア事業部】ビジネス-オープンポジション-
  • 【株式会社CA GameFi】オープンポジション

今回はビジネス-オープンポジション-の募集についてご紹介します。

 もっと見る
募集要項
職種 【メディア事業部】ビジネス-オープンポジション-
仕事内容 ・ビジネスプロデューサー
・サービスプランナー
・マーケティング
応募資格 ※経験業種不問※
・応募時点で社会人経験がある方
・成長意欲の高い方
・大きな目標、人生を賭けて成し遂げたいことをお持ちの方
・メディアサービスが好きな方
求める人材像 ・チームでのコミュニケーションを大事にして、ポジティブな影響を与えられる方
・新しいものや変化をポジティブに捉え、職種にとらわれず役割以上の貢献を目指せる方
・WEBサービスやスマホアプリへの興味関心があり、日常的に触れている方
・新しい知識や事柄を貪欲に吸収し、アウトプットできる方
勤務地 東京都渋谷区宇田川町40-1 Abema Towers
勤務時間 10時~19時(職種によっては裁量労働制適用)
給与 応相談
※年俸制
※経験・能力を考慮の上、規定により優遇
※半期ごとの目標管理制度を導入しており、評価に応じて年俸を見直し
※選考の中で最終的なスキル・経験を加味した後、正社員・契約社員どちらかでの採用

サイバーエージェントの人事の中途採用・求人情報

続いては人事の募集について説明します。現在、以下の募集があります。

  • 全社横断の人事担当

では、以下で詳しく説明していきます。

 もっと見る
募集要項
職種 コーポレート人事
仕事内容 ・キャリア採用のリクルーティング
・育成・オンボーディング
・新卒採用
・採用広報
必須スキル ・採用担当や育成担当、HRBPなど、人事経験がある方
もしくは
・HR系企業でのRA(法人営業)、CA(アドバイザー)の経験がある方
歓迎スキル ・インターネット業界での人事経験がある方
・インターネット業界への人材・組織コンサルティング経験がある方
勤務地 東京都渋谷区宇田川町40-1 Abema Towers
給与 応相談
※年俸制(450-1000万)
※経験・能力を考慮の上、規定により優遇
※半期ごとの目標管理制度を導入しており、評価に応じて年俸を見直し

サイバーエージェントの年収・福利厚生

2023年9月に提出された有価証券報告書によると、サイバーエージェントの社員の平均年収は806万円です。

dodaの業種別平均年収ランキングによると、ネット広告業界の平均年収は412万円なので、サイバーエージェントはかなり年収が高い方だと言えますね。

2022年の7月には、サイバーエージェントが23年春から初任給を42万円に引き上げることがわかり、さらに注目を集めています。

これにより、サイバーエージェントの人気はさらに上がっていくと考えられ、今後さらに転職難易度が高くなっていく可能性もあります。

また、サイバーエージェントには原則として賞与はありませんが、業績が良い場合に場合に決算賞与、また部署によっては目標達成した人にインセンティブが支給されます。

実際、キャリコネでは、10万〜20万円ほどの決算賞与を受け取った人が複数見受けられました。

ライトハウスでは、以下のような口コミがありました。

評判・口コミ

20代・男性<br>メディア事業部

20代・男性
メディア事業部

賞与は基本的にはなく、部門によってはインセンティブがある。また、全員が対象ではなく、売上や粗利などの目標を持っている社員のみが対象となる。

20代・男性

20代・男性

基本的には年俸制となっています。月間MVPなどに表彰されると、2〜5万円のインセンティブを支給される時があります。また、過去業績が良かった時は特別賞与があった時期があったようですが、自分が入社して以降はそのような話はありませんでした。

福利厚生

サイバーエージェントでは、さまざまな福利厚生が用意されています。

具体的にどのようなものが用意されているのか、以下にまとめてみました。

サイバーエージェントの魅力は、充実した福利厚生にもあるため、転職者や就活生に人気があり、難易度が高くなっていると考えられます。

  • 各種社会保険完備
  • 退職金制度(勤続インセンティブ)
  • 従業員持株会
  • 家賃補助制度
  • 慶弔休暇
  • 慶弔見舞金制度
  • リフレッシュ休暇
  • 女性活躍促進制度 macalon
  • ENERGY(技術者向け支援制度)
  • 社内カウンセリング制度
  • 社内親睦会費補助制度

サイバーエージェントでは「挑戦と安心はセット」という考えがあるため、上記のように充実した福利厚生を用意しています。

家賃補助制度は、勤務しているオフィスの最寄駅から各線2駅圏内に住んでいる正社員に対して月3万円を支給するという2駅ルールが用意されています。

もう1つは、勤続年数が丸5年を経過している正社員に対しては、どこに住んでいても月5万円の家賃補助を支給してもらえるどこでもルールがあります。

他にも、女性活躍促進制度のmacalonが用意されています。その内容を以下にまとめてみました。

  • エフ休
  • 妊活休暇
  • 妊活コンシェル
  • キッズ在宅
  • キッズデイ休暇
  • 認可外保育園補助
  • おちか区ランチ
  • ママ報
  • 卵子凍結補助

2022年には、卵子凍結補助の福利厚生が新設されました。

一人ひとりの社員が能力を発揮しながら自分らしく長期で活躍できる職場環境の実現を目指し、40万円を上限に補助しているそうです。

キャリコネでは、福利厚生に関してこのような意見がありました。

評判・口コミ

30代・女性<br>UIデザイナー

30代・女性
UIデザイナー

エステ制度というものがあり、ある一定のレイヤーを超えた女性社員はエステや美容を受けることが可能です。


会社から支給して受けることができるので非常にいい制度だと思います。女性社員は毎月必ず受けている人ばかりです。

20代・男性<br>ソフトウェアエンジニア

20代・男性
ソフトウェアエンジニア

福利厚生はSNSやメディアでも取り上げられているように、充実していると思う。とくに、住宅補助は年間でいくと30万近くなり、住宅補助が出ない企業の人と比べてそれだけで働く上で大きいのではないかと思う。

30代・男性<br>プランナー

30代・男性
プランナー

所属する事業部の目標が達成されると、インセンティブで社員旅行に行けたりする。(派遣社員なども参加できるが一定の日数以上の砂礫が必要となる模様)


その他チームごとに懇親費が一定額使える仕組みなど、福利厚生面は悪くない。月間の目標が達成された場合は半休になったりもする。

サイバーエージェントの年収・賞与・福利厚生について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

サイバーエージェントの社風・企業文化・働きがい

サイバーエージェントの社風・企業文化・働きがいに対する評価をキャリコネから集めてみました。

現役社員・元社員が社風・企業文化・働きがいに対して、どのように思っているのか、参考にしたい人はぜひ目を通してみてください!

社風・企業文化

サイバーエージェントでは、女性が長期的に働ける環境作りをおこないつつ、同時に女性マネジメントの活用にも取り組んでいます。

女性管理職の比率は約2割となっており、女性執行役員も活躍しています。

また「CA24」という次世代のサイバーエージェントを担う人材を発掘・育成するための独自施策もおこなっています。1年ごとに24人を選出し、課題解決の実行・経営への提言を通じてマネジメント層の育成に力を入れていますよ。

これまでも述べてきたように、チャレンジしたい人にその環境を提供してくれる風土のある企業と言えそうですね。

評判・口コミ

20代・女性<br>広報

20代・女性
広報

かなり仲良くできる環境です。チームワークもかなり重視していますし。社外でも仲良く、友達みたいに飲みに行ったり、遊びに行ったりとかしています。
各種イベントも開催されます。運動会、ダンスイベント、サッカーなど。社内環境的には20代の人が多いので若い人には合う環境だと思います。

30代・男性<br>デジタルマーケティング

30代・男性
デジタルマーケティング

若い人が多くて活気があります。言い方を変えればサークル的なノリです。基本的に派手なことが好きな社風です。総会ではお祭り騒ぎのような雰囲気になります。社内恋愛も少なくないようです。基本的に仕事大好きな人たちが集まってくる会社なので、遅くまで残業している人は少なくありません。

30代・男性<br>人事

30代・男性
人事

若い人が多い。意識が高い人が多く、自分が世の中を変えてやろうという人が多い。主体的に動く人が歓迎され、逆に受動的に動く人は少しつらい社風かもしれない。その分合う合わないがハッキリしている。私は新卒で入ったが、最初の内定者懇談会から似たような人が集まっていた。

働きがい

サイバーエージェントのやりがいは、事業ドメインが多岐にわたっており、インターネット広告やメディアなど様々なドメインで市場を牽引していくことができるという部分ですね。

そんなサイバーエージェントでは、以下の3つの職種(評価)に分かれています。

  • G職(マネジメント・競争)
  • P職(プロフェッショナル・専門)
  • C職(貢献)

昔ながらの会社のような一律の出世や給与アップではなく、それぞれの志向や役割に応じて、昇格・昇給の方向性が異なる形にされています。ですが、そこにC職(貢献)という評価制度が新たに追加されました。

以前まではG職とP職の競争・結果を重視するカルチャーでしたが、大きな成果を出せなくても会社に貢献してくれている人を大事にしようという方針に変わったんです。そのため、以前よりも数字に優しくなったように思われます。

評判・口コミ

20代・女性<br>エンジニア

20代・女性
エンジニア

自分の意見が採用されたりするので、どんどん意見できるのが面白いところ。与えられた仕事だけでなく自分から率先して仕事ができるのでその点ではとても自由でやり気があればやりがいを感じられると思う。また、自分のやりたい分野や部署に志願できる制度もあるので理想が実現可能なところもやりがいを感じられる理由。

20代・男性<br>アナリスト

20代・男性
アナリスト

入社後すぐから裁量権を持って仕事ができるため、社歴に関わらず、大きな仕事に巡りあえる可能性があります。よって、仕事に対してのやりがいについては時間していけるような環境にあります。

20代・男性<br>セキュリティコンサルタント

20代・男性
セキュリティコンサルタント

組織環境も良く、メンバーみんなで目標を追うという一体感がある。若いメンバーが多く、上長も20代後半が多く、サークルのような雰囲気もある。頑張った分をしっかりと評価してくれるため、仕事へのやりがいはすごく感じる。成長のために入るなら、とてもおすすめ。若手でも十分に成長できるし、責任の大きな仕事も任せてもらえる。

サイバーエージェントのキャリアパス

サイバーエージェント出身の人のキャリアパスは以下のような場合が多いです。

他の広告代理店

サイバーエージェントからのキャリアパスで最も多いのは他の広告代理店への転職です。

広告代理店ではサイバーエージェントで得た広告運用の経験や広告営業の経験をそのまま活かせるため、かなり転職しやすいです。

大手広告代理店のセプテーニやオプトはもちろん、小規模の広告代理店にも転職可能です。

事業会社のマーケティング部門

サイバーエージェントからのキャリアパスで次に多いのが、事業会社のマーケティング部門で働くことです。

事業をグロースさせるためには広告は欠かせないため、広告代理事業での経験は大きく役立ちます。

自社内に広告運用の知見がない事業会社も多いため、転職には困りません。

また、広告代理事業以外にいた場合でも事業を伸ばす段階に携わった経験は事業会社で重宝されます。

コンサルタント

中にはサイバーエージェントからコンサルタントになる人もいます。

それぞれのコンサルタントは特定の業界に絞ってコンサルティングを行うことがほとんどなので、その業界についてどれだけ知識があるかが重要になります。

サイバーエージェントで働く中で得ることができる広告業界の知識はコンサルタントとしても大いに役立ちます。

サイバーエージェントへ転職を成功させるコツ

サイバーエージェントに確実に転職したいのであれば、同様の職務経験がある人も、未経験の人も転職エージェントを利用するといいです。

経験者であれば、サイバーエージェントに採用されるためどのように経歴をアピールすればいいか?を考えてくれますし、実際に面接練習も実施してくれます。

未経験であれば、比較的転職しやすいサイバーエージェントの求人を紹介してくれます。これは、自分ひとりではなかなか見分けられないですよね。

また、他の企業を経由して転職した方がいいよとアドバイスすることもあります。もし、該当する経験がなければ、無形商材の法人営業の経験を積んでから転職することがより確実です。転職エージェントを利用しない人も、この経験があれば、汎用的なスキルが身についていると判断されることが多いため、サイバーエージェントでの選考で有利になります。

転職エージェントは必ず利用しなければならないサービスではありませんが、利用した方が内定後の定着・活躍がしやすいです。

サイバーエージェントに転職したその後のキャリアを見据えている人は、ぜひ相談してみてください。

営業職のキャリアアップを支援する転職エージェント

ポイント

  1. 希望や適職にあった厳選した求人のみを紹介するので利用者満足度91%!
  2. 一人一人に向き合った丁寧なサポートにより内定決定率30%以上!(業界平均6%)
  3. 弊社の戦略的キャリアプランにより年収360万の人が年収700万の営業職へ転職成功!

【無料】転職サポート申し込み

line

line

  • すべらないエージェントとは
  • すべらないエージェントの強みとは
  • 弊社のイチオシ自律型人材とは
  • すべらない転職Q&A