【必見】サイバーエージェントに中途採用で転職できるってどんな人?

サイバーエージェント

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

この記事の著者である私末永自身も、新卒でリクルートキャリアに入社した後、サイバーエージェントに業界チェンジでの転職に成功し、転職エージェントとして独立したというキャリアでして、手前味噌ではありますが、サイバーエージェントへの転職の専門家と自負しています。

今回は、新卒・中途ともに大人気企業となっているサイバーエージェント社へ転職を検討している方に対して、サイバーエージェントへの転職のプロのノウハウを惜しみなく公開・レクチャーしていきたいと思います!

サイバーエージェント出身(中途採用での入社経験あり)の転職コンサルタントから一言

 私末永自身が2010年当時に、人材業界と異なる業界・企業から、中途でサイバーエージェントに転職した元社員で、インターネット広告事業本部でアカウントプランナーを担当していました。

自由で前向きなカルチャーがあり、毎月末は各グループで納会という月末締め飲み会が実施される等、社内の人間関係も良いと感じます。また社内のカルチャーが合う人と合わない人が鮮明なのも当社の特徴だと感じています。

私の友人も新卒でサイバーエージェントに多数入社していますが、そのほとんどが、子会社の立ち上げで、社長や取締役として活躍しており、話をしていても視点が高い人が多いと感じます。

若い内から積極的にチャレンジをして、経験を積んでいきたい方にとってはおすすめの良い企業だと思います。

 

サイバーエージェントに中途採用で転職する方の能力や人柄とは?

弊社担当コンサルタントの末永自身がサイバーエージェントに中途で転職しておりますが、当時も今も以下の要件が重要と感じます。

高いコミュニケーション能力

総じてサイバーエージェントの社員の方はコミュニケーション能力が高いです。チームワークを非常に大事にしているので、協調性が必要かと思います。また相手に合わせた絶妙なコミュニケーション力が求められます。

マインドの高さ

既にインターネット業界では大手となっていますが、そういったマインドではなく、ベンチャーマインドと高い志を持っている事が求められます。

素直さ・柔軟さ

21世紀を代表する会社を創る」というビジョンに共感ができるか、自分のエゴだけでなく、一定の協調性を持った上で、スピードの早いインターネット業界の中で自分自身を柔軟に変えていく素直さを持っている事を求められます。

社風にマッチしたキャラクター

独自の風土やキャラクターの方が多いと感じます。チャラいというよりも、うまく社内外の人と関係を素早く作れるだけの、軽さの演出を意識的にでもする事ができるかどうかがポイントだと思います。

数値分析力・論理的思考力やExcelスキル

サイバーエージェントに限らず、インターネット広告実務においては、アクセスログのデータを分析して、次の施策・打ち手を考え、提案する事が求められます。分析やレポート作成時にExcelを多用するため、論理的思考力や数値分析力等も求められます。

インターネット広告業界への高い関心・リテラシー

インターネット業界は、目まぐるしくツールやマーケティング手法が変化するため、自ら興味・関心を持って、キャッチアップしていく必要があります。指示されずとも自身で興味を持ち続けられる理由を、自分自身の中で明確にできないと継続的に成果をあげていく事は難しいかもしれません。

サイバーエージェントの面接対策のコツ

サイバーエージェントの中途採用面接で求められる面接対策についてお話します。

面接・選考の流れ

基本的に内定までの面接はおおよそ3回です。ここでおおよそと述べるのには理由がありまして、2回で面接が終わる人もいれば、人によっては4回も面接を受ける可能性があるからです。

このフローは採用される部署や人にもよりますが、だいたい1次は現場のマネージャーか局長、2次は人事&局長、3次は役員といった流れになります。

面接自体は非常に雰囲気が良く、和気あいあいと進みます。時間も短く、だいたい15分から長くて30分くらいです。通過の連絡も翌日、遅くても2~3日もあれば来ます。面接がスムーズに進めば、2~3週間あれば内定までもらえるでしょう。

聞かれる質問について

ではいったいどのような質問をされるのか。弊社への転職相談にご登録をいただいた方には、直接レクチャーさせていただきますが、一部こちらで抜粋させていただくと、サイバーエージェントの面接では以下の質問がなされます。

入社して何がしたいか

まず、入社して何がしたいか、これを聞くことによってあなたがどれくらい会社や部署のことを調べてきたのか、本気度を見ています。 サイバーエージェント では、自分がどうなりたいのかという“ビジョン”を大切にしています。

ここで意思表示できることによって、入社後、あなたに合った仕事を任されることが多くなり、より早く成長できるでしょう。

この質問により求職者のイメージと実際の業務とのズレもわかるので、職種のミスマッチも防ぐ目的も含まれています。

前の企業での成功体験・失敗体験

次に、前の企業での成功体験ですが、「具体的にどんなことをして、どんな成果を出したのか?」などを聞くことによって あなたの価値観や特性が見ようとしています。

一方で失敗体験を聞くことによって、どんな障害だったのか、それにどう対応したのかのを聞くことで、ストレス耐性や粘り強さを見ています。

趣味について

最後に趣味を聞く理由ですが、「最近ハマっていることは?」「マイブームは?」と聞くことで、あなたの人となりを知ることができるからです。そこから深掘りすることによって、結果的に仕事への取り組み方がわかるという点もあります。

これらの質問をすることによって面接官はあなたのことを深く知りたいと思っています。 サイバーエージェントの面接では、面接官にいかにあなたと一緒に働きたいと思わせることが重要です。

すべらない転職

サイバーエージェントはサイバーエージェント らしさを重視しています。

カルチャーのフィットは言語化しにくい部分ですが、そうしたニュアンスについても、弊社では実際にどのように面接で見極めてくるかについて直接お伝えさせていただいています。

弊社アクシスにサイバーエージェントへの転職相談をするメリット

ここで、結論をお伝えしておきますと、サイバーエージェントに転職を検討している方は、弊社に相談・登録しておく事をオススメします。

サイバーエージェントを希望する転職者の多くは、サイバーエージェントのビジネスモデルや仕事内容についてよく理解をしないままに、求人エントリー・応募を進めてしまう方が多いのですが、サイバーエージェントなどのインターネット広告業界の会社は、一定インターネットに対する理解やリテラシーを強く求めがちです。

それらの業界理解、ビジネスモデル理解、仕事内容理解が甘い状態で、面接に行ってしまい、サクッとお見送りになってしまうケースが相当多いのです。

インターネット広告業界は、マーケットとして成長性は高く、個人も成長しやすい環境があるのは事実ですが、一方では忙しく、大変な業界・仕事でもあります。

それに対して、漠然としてミーハー心やイメージで面接を受けている人が多く、そうした浅はかな態度で面接に来る人を人事や現場マネージャーは厳しく見極めているのです。

そこでサイバーエージェントに求人エントリーをする前に、弊社に相談する事で、以下の対策と事前準備をしっかりと行う事で、内定率・選考通過率を高める事ができるのです。

  • インターネット業界の業態・ビジネスモデルの違いを説明
  • サイバーエージェントで求められる人物像の共有や面接対策による内定確立の向上
  • ミスマッチを起こさないためのカルチャーや志向性の確認・判断
  • インターネット広告のアカウントプランナーの具体的な仕事内容についてレクチャー

さらに、サイバーエージェントグループへ多数の紹介決定実績がある著者自身が、サイバーエージェントの面接で質問される事が多い秘伝のタレである想定質問集を作成しています。

こちらは弊社の転職サポート(無料)を登録した方のみにサービス提供・お渡ししていますので、以下のリンクからまずはお気軽にご登録をお願いいたします。(スマホからも1分で簡単登録が可能です)

ご紹介できる職種・求人情報一例

  • 【積極採用中】AbemaTV(アベマTV)の エンジニア職、番組制作職、動画制作編集職(経験者のみ)
  • 【積極採用中】サイバーエージェントのアカウントプランナー(ネット業界未経験者可・営業経験必須)
  • サイバーエージェントのSEOコンサルタント職(経験者のみ)
  • サイバーエージェントのWebデザイナー職(経験者のみ)
  • サイバーエージェントのUIデザイナー職(経験者のみ)
  • サイバーエージェントのスマートフォンアプリエンジニア職(経験者のみ)
  • サイバーエージェントのインフラエンジニア職(経験者のみ)
  • サイバーエージェントのアプリケーションエンジニア職(経験者のみ)

例 アカウントプランナー(営業)職種の求人情報の採用条件

※業務未経験者でも採用される場合がありますが、基本的には業務経験がないと厳しいです。

サイバーエージェントの職種

インターネット広告の企画営業職(アカウントプランナー・アカウントエグゼクティブ)

サイバーエージェントの配属部門

インターネット広告事業本部

サイバーエージェントの担当業務

■業務内容

インターネット広告のスペシャリストとして、担当顧客のインターネット広告のプロモーション全体の戦略立案•プランニング•運用までのディレクションを行います。

提案先は金融、EC、流通、メーカー、エンタメなどの一般企業や広告代理店など 多岐に渡ります。

それぞれのパートナーとして最適なプロモーションの提案を行っていきます。

アカウントプランナーとして入社後、適正に応じて配属先として幾つかの部署での配属の可能性があります。

詳細の職種としては以下の通り

  • 新規開拓から既存顧客の拡大までをアカウントプランナーとして担当
  • スマートフォン広告の販売、メディアの広告枠の販売、コンテンツタイアップなどの企画立案 ・SEMや運用メディア(などの提案、運用)

■具体的な仕事のフロー

▼クライアントからニーズや課題をヒアリング プロモーションしたい商品についてや、事業展開にいたるまで綿密な打ち合わせを行います
▼最適な広告メディアの選定、広告企画、プロモーション実施時期などを提案します
▼専門スタッフとクリエイティブやコピーの制作
▼プロモーションの実施。
▼実施後、効果検証を行います。 検証を行うことで、より精度をアップさせるノウハウを蓄積し、更なる展開へとつなげます。

サイバーエージェントの必須経験・能力

求めるスキル

  • Excel,Word,PPT等の基本的なPCスキル
  • コミュニケーション能力の高い方
  • 論理的思考能力、問題解決力のある方。※重要

求める人物像

  • 責任感が強く、仕事に対してのコミットメントが強い人。
  • 謙虚な姿勢を持ち、企業文化に溶け込もうとする人。
  • アウトプットの意識が強い

サイバーエージェントの歓迎する経験・能力

  • 事業会社の広告担当/マーケティングセクションでの従事経験
  • インターネット広告代理店など親和性のある企業でのコンサルティング経験もしくは営業経験
  • インターネット広告代理店でのSEM、メディアコンサルティング領域の実務経験
  • インターネット領域のメディア(媒体)側の実務経験

サイバーエージェントのアカウントプランナー職種で必要となる専門用語

CTR/CPC/CPA/CPM/CVR/ランディングページ/リスティング広告/アドネットワーク

ちなみにですが、サイバーエージェント のアカウントプランナー はオプトやセプテーニなどのネット広告代理店と違って、法人営業の経験がなくても、転職することが可能です。(もちろんあった方が好ましい)

傾向としては、男性はこれまでの業績を重視され、女性はコミュニケーション能力が高いかどうかが求められます。

サイバーエージェントの業務内容

これまで、サイバーエージェントの求める人材や面接対策について述べさせて頂きましたが、ここで改めてサイバーエージェント が何をしてるのか、かるく触れたいと思います。

世間的に「キラキラしている」「なんか派手そう」というイメージがあるサイバーエージェント。1998年の創業以来、着々と成長し2018年7月時点では連結4902名もの社員を抱える大企業です。そのサイバーエージェントの主力事業はインターネット広告事業・ゲーム事業・メディア事業の3つになります。

動画広告の強化が鍵!サイバーエージェント の広告事業

1998年の創業以来、サイバーエージェント はインターネット広告事業を展開しており、現在では国内トップシェアを誇ります。運用力を強みに、代理事業やアドテクなど総合的なソリューションを提供しています。

日本国内の一般世帯へのスマートフォンの普及が79.4*まで拡大したことで、「Facebook」や「Twitter」に代表されるソーシャルメディアの活用が広がり、ソーシャルメディアのタイムライン上に掲載されるインフィード広告や、動画広告が昨今のトレンドになっています。

特に、サイバーエージェントは動画広告に力を入れており、クリエイティブ部門を強化しています。具体的には、グループ化一社、合弁会社3社を設立しました。AIの導入にも力を入れており、人工知能(AI)を活用した広告配信技術の研究・開発を目的に「AI Lab」を設立しています。

*出典:博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査2018」時系列分析

主力タイトルが複数あることで安定した業績を誇るゲーム事業

サイバーエージェントのゲーム事業は2009年に始まりました。サイバーエージェントのゲーム事業と聞くと、Cygamesを連想される方が多いのではないでしょうか。実はサイバーエージェントにはCygamesを含め14社ものゲーム事業に特化した子会社があり、様々なジャンルのスマートフォン向けゲームの開発、運営をしています。

ゲーム事業の強みは、主力タイトルが複数あることで、事業が安定していることです。コンスタントにヒット作をだすことができ、それらの人気を保つ高い運用力があることが要因でしょう。さらに成功のノウハウをサイバーエージェントのグループ内で共有できる点も挙げられます。

[AbemaTV]のマスメディア化を目指す!中長期の柱となるメディア事業

日本最大規模のブログサービス「アメブロ」が始動したのは2004年の9月。それ以降、アバターサービス「アメーバピグ」やコミュニティサービスなど、変化の激しいインターネット産業に対応しながら、様々なサービスを提供しています。

2014年にはマッチングアプリ「タップル誕生」が誕生しました。2016年には若年層をターゲットにしたインターネットテレビ局「AbemaTV」を開局し、動画事業に参入しました。

2016年4月に開局以降、2年2ヶ月で3,100万ダウンロードを突破しました。

独自コンテンツの強化、広告、課金以外での収益の多角化に向け、M&Aも含めて周辺事業を拡充していく方針のようです。

サイバーエージェントの年収・社風・福利厚生(待遇)

サイバーエージェントの人事制度には、G職(マネジメント・競争)、P職(プロフェッショナル・専門)、C職(貢献)と3つの職種(評価)があります。昔ながらの会社のような一律の出世・ポジションアップや給与アップではなく、それぞれの志向や役割に応じて、昇格や昇給の方向性が異なるといった形になっています。

C職(貢献)という評価制度はつい最近できたものです。それまではG職、P職の競争・結果重視のカルチャーでしたが、大きな成果は出せていないが、会社に貢献してくれている人を大事にしようという方針に変わり、以前より数字に優しくなったように思われます。

これらを踏まえた上で、各職種の年収・給与に言及していきたいと思います。

営業職

初年度400〜550万 ベース給+毎月の目標達成によりインセンティブ支給 業績が良ければその分反映されるので、20代で1000万を稼ぐことも可能です

プロデューサー・ディレクター

初年度400万〜500万 作っているサービスの業績が良ければ、評価されます。 チームでの成果が重視される傾向にあります。ある程度の年収に達すると、そこから上がりにくい傾向にある。

エンジニア・SE・プログラマー

初年度500万〜700万 年二回昇級のチャンスはあるが、ボーナスは出ない。

30代の正社員の平均年収は700万程度とされています。 新卒の方が、中途より昇級が厳しいようです。 中途採用の方は、突出したスキルや業績がないと昇級は見込めないでしょう。

最後に、弊社に直接お問い合わせいただいた方々からよくある質問の一部をこちらに載せておきます。サイバーエージェントに興味・関心がある方はどうぞお気軽に弊社にご相談ください。

未経験からエンジニアは可能か

結論から言うと、可能性は極めて低いです。

なぜなら中途でエンジニアを募集する場合、企業は即戦力を求めているので 特にサイバーエージェント のような企業では、未経験を採用することはほぼないと思われます。

未経験での転職も不可能ではありませんが、エンジニアの転職では「即戦力になるか」が非常に重要視されるため、簡単ではありません。
自発的に勉強をしている」という知識・熱意のアピールが必要です。

でも、一人だと「どこから手をつければいいの?」「どう進めたらいいの?」とわからないことだらけですよね?

そんな方におすすめしたいのがエンジニア養成スクールのTECH::EXPERTです。

わからない点があれば土日も専属トレーナーに質問できるなど、勉強を最後までやりきるための環境が整っていますし、転職先を見つけるところまでサポートしてくれます。

下記リンクから無料相談をお申込みいただけます。

未経験から最短でエンジニア転職を目指す

女性が働きやすいか・福利厚生はどうか

サイバーエージェントは、 女性が出産・育児を経ても働き続けられる職場環境の向上を目指している女性活躍促進制度 macalonや インフルエンザ予防接種や婦人科検診費用を全額会社負担する健康促進施策など 様々な福利厚生の制度があり、多くの女性がこの制度を活用されていらっしゃいます。

実際に働いている女性社員が自分達が使いたいと思う制度を実現している仕組みになっており 活用実績が確かです。

女性社員の割合が多い会社ですし、産休育休から戻ってこられて働かれる社員も多いです。 満足度に個人差はありますが、お子様がいらっしゃる女性社員が働きやすい環境は、 他の会社と比較すればですが、整っていると言えます。

サイバーエージェントへの転職を希望している方へ

自身もサイバーエージェント出身で、サイバーエージェントへの転職支援に強い転職エージェント・アクシス代表の末永が親身になってサポートします。

サイバーエージェントという会社はIT業界でも非常に人気が高い企業として有名です。
社内のカルチャーをとても大切にしている企業で、社風に合う人・合わない人の違いが鮮明なのもこの企業の特徴です。

論理思考力やExcelスキルなど能力面のアピールはもちろん、面接で「自分はこの社風に合う志向性の人間です」と自己PRできないと採用されません。応募者も並外れて多いですから、どんなに優秀な方でも舐めてかかってサクッと「お見送り」という結果も多々あります。
(書類選考を含めてですが、一度お見送りなると基本的には一定期間は再度応募・エントリーはできません)

ですので、事前にしっかりと準備・対策をして、万全を期して面接に臨む必要があるのです。そうした対策は自分ひとりではできません。何百人もの転職者と面接対策をしてきた現役の転職エージェントにアドバイスをもらうのが一番です。

手前味噌ですが、ホームページ・求人サイト・他社転職エージェント等、他のどのチャネルよりも、弊社でのご紹介・選考サポートは手厚く、且つ強いと自負しています。他チャネルからだとカナリの確率で落ちていたであろう人を、じっくりと対策して内定を得ていただいたケースもございます。

特に、弊社はサイバーエージェントへの転職に圧倒的実績を持っています。実際に、相談にいらしてくださった方にはサイバーエージェントの面接に有効な弊社独自の想定質問集を回答いただき、何度も添削・フィードバックをさせていただきました。

焦って応募をされる前に、まずは一度弊社までご登録・ご相談ください。
以下のリンクより無料転職相談をお申込みいただけます↓↓

転職エージェントのアクシスが考える「良い転職」とは?

① 転職者自身が納得感を持って、自分自身の意思で決めた転職

アクシス株式会社では、転職者自身が納得感を持って、自分自身の意思で決めた転職を「良い転職」と定義しております。

一見「当たり前だろ」と思われるかもしれませんが、弊社に転職相談に来られる方の大半は、100%ご自身の意思で入社されていないことが多いです。手の企業だから、評判の良い会社だから、親が勧める会社だからなど、流されて入社されていることが多いと感じております。

誰にとっても「良い会社」とは存在せず、どの会社でも働いている限りは、辛いことや、嫌な思いをする場面が出てきます。その様な状況下でも、その会社に入って定着と活躍ができるかが非常に重要で、その結果キャリアが形成され、本人の就業満足度も高まると考えているからです。

② 自分の将来ありたい姿と大事にしている価値観が紐づいている転職

自分の「将来ありたい姿」「大事にしている価値観」が紐づいている転職も良い転職と考えております。

給料が良いとか、わかりやすい魅力にとらわれて大きい会社、有名な会社、評判の良い会社、親に行きなさいと言われた会社に新卒で入社された人で、ミスマッチが起きていることが多く約30年前から、大卒で3割以上の方が3年以内に辞めている現実があります。

弊社で若手層と数多く面談してきた中で、「就活をちゃんとやっていなかった」、「自分の意思を明確にせずに就活をしなかった」、「業界、会社選びの中で、企業の規模が大きければ良い」「入社後の業務内容のことまで良く考えていなかった」という、思考が停止して会社を選んでしまった人が非常に多いと感じております。

例えば、学生や消費者目線で、「化粧品が好きだから」、「雑誌が好きだから」と消費者目線で仕事を選択してしまうと、仕事のミスマッチが起きやすいです。

なぜならば「仕事」というのは、消費者目線で業務を行うのではなく、そのサービス、プロダクトを供給する側になることなので、サービスを提供する側で発生する業務の流れや大変さ、面白みが就職後の1日の大半を占めるので、「自分の将来ありたい姿や価値観・適性に合っていない」と、その後の人生にまで大きな悪影響を及ぼしてしまいます。

本来であれば、職場で経験したことが次に繋がり「中長期的な自分のありたい姿と合っているか、繋がっていくのか」ということをしっかり検討した上で紐づけるべきです。

アクシスが考える「良い転職を行うための秘訣とは」

① 転職者は、客観視されることが大事

まず転職者自身が、客観視される環境に身を置くことが大事です。

良い転職を実現するためには、転職者の方を客観的に考えを整理して、ロジカルに深掘りし、言語化してくれるメンターが必要です。自分の意思や自分のありたい姿を逆算して、紐づけて転職をするということは、簡単そうで、意外と難しいです。ましてや転職経験が無い方にとっては初めての転職活動になりますので、尚更難しいです。

またご自身の考えだけですと、考えがブレることも多く、「そもそも自分が何をしたいのか」「どういう適性があるのか」などは、「そんなことを考えたことも無い」、「考える手法も分からない」とう方も多く自分一人では考えにくく大変な作業です。

② 「転職の軸」を決める


弊社が定義している「転職の軸」とは、「ご自身のありたい姿」「大事にしている価値観」「本人の適性」を明確に言語化することを指します。

転職者の多くは「転職の軸」を明確にする前に、「A株式会社に入りたいです」と、特定の会社に入りたいということを目的化している人が多いですが、弊社ではそれは「間違い」だと考えております。

どこどこの会社に入りたいということを目的化するのではなく、「その会社に入ってどの様なことを実現させたいから、入社したいのか?あるいは将来どの様になりたいのか?なぜそうなりたいのか?」ということを明確にして、「転職の軸」として定めることが大事だと考えております

【無料】1分で簡単登録!ご相談はこちらから

アクシス株式会社会社概要

  • 社名:アクシス株式会社
  • 住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-20-1 井門美竹ビル 4階
  • 許可番号:厚生労働大臣許可番号 13-ユ-305674
  • 事業内容:転職エージェント(人材紹介)事業、インターネットメディアの企画・運営、WEBアプリの受託開発事業、WEBマーケティング支援事業

末永雄大が執筆したサイバーエージェントの転職・採用に関するYahooニュースなどのメディアに投稿した記事