2019.12.06

【必読】アマゾン(Amazon)へ転職するには?気になる評判などを紹介!

皆さんも「アマゾンジャパン(Amazon)」を利用したこともある方は多くいるのではないでしょうか。

CMも多く放送されており早い所だと1時間で配達がされるなどより、便利性が上がっていますね。

今回は「アマゾンジャパン(Amazon)」に転職を検討されている方向けに「アマゾンジャパン(Amazon)」への転職についてのノウハウをレクチャーしていこうと思います。

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

Amazonって何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

アマゾンジャパン(Amazon)は、世界最大手のEC(eコマース)企業で、書籍の販売から開始し、今では家電や雑貨など、多くの商品を取り揃えています。

今回は世界最大手のEC(eコマース)業界の企業であるアマゾンジャパン(Amazon)に転職を検討されている方向けにアマゾンジャパン(Amazon)への転職についてのノウハウをレクチャーしていこうと思います。

日本だけで、既に約5,400人 (2014年11月30日時点)が在籍しており、オフィスは東京本社は目黒駅から徒歩5分程の目黒雅叙園アルコタワー内にあります。

Amazonへ転職するには

結論から言うとAmazonへの転職は、そこまで難易度が高いわけではありません。軽く説明しますと、Amazonの職種群は大きく分けて3つあります。

Amazonは募集職種が非常に多いので、自分に合った求人を見つけるためにも転職エージェントの利用が必須です。

エージェントについて詳しく知りたい人は、弊社の「転職エージェントの使い方」を見ていただきたいですが、求人の数や質、面接対策などのメリットから転職活動において、エージェントを使わない手はありません。

それでは、Amazonの募集職種に合わせてオススメのエージェントを紹介いたします。

1.営業職や物流管理・オペレーションなどの総合職・一般職

まずAmazonの総合職・一般職ですが、こちらは特別専門的なスキルが必要なわけではありません

専門的なスキルではなく、経験や人間性が重視されるポジションですね。ポジションによっては、英語力が不要なのが特徴でしょう。

特に営業や物流管理などは、国内に拠点が複数あるので大量募集されています。

末永

Amazonの総合職・一般職に興味ある方は、業界最大手の総合型エージェントを利用しましょう。

業界最大手ゆえに、勤務地や職務経験など自分に合った求人を発見できる可能性が高いです。

女性でアシスタント職に興味がある人は、総合型と合わせて、女性の転職に特化したエージェントの利用がオススメです。

必ず1社は登録したい大手エージェント+α

2.事業開発やアナリスト、マーケティング、人事部などのハイレイヤー職

次に、事業開発やアナリスト、マーケティング、人事部などのハイレイヤー職ですが、こちらは職種ごとのスキルが必要となります。

未経験だと難しいポジションですね。英語力も必要なポジションが多く、難易度も高いです。

末永

先ほど、Amazonへの転職はそこまで難易度が高くないと紹介しましたが、非技術系専門職の場合には別です。


これらの場合には、職種ごとの専門スキルと経験が必要で、英語力も必要となります。


もしAmazonの非技術系専門職を目指す場合には、ハイクラスの転職に特化したエージェントやスカウトサービスを利用しましょう。

オススメの特化型エージェント

  • JACリクルートメント
    外資系、日系大手の専門職/管理職の転職に特化したハイクラス向けエージェント
  • ビズリーチ
    企業の採用担当やヘッドハンターから直接スカウトが来る転職サイト

3.IT/Web・機械系・メンテナンスなどのエンジニア職

ITエンジニアの方は、Amazonが持つ物流システムのインフラや、ネットワークサポートのほか、新ビジネスに伴うシステム導入などに携われます。

機械系であれば最先端のロボットを活用した物流システムの最適化など、求められるレベルは高いですが、これまでの経験を活かす土壌が整っています。

時には海外のチームと連携して業務を推進していく必要もあるため、英語が必須になってくるでしょう。

末永

エンジニアとしてAmazonへの転職を考えている場合には、技術者の転職に特化したエージェントの利用をおすすめします。

オススメの特化型エージェント

Amazon評判・社風・カルチャー・クチコミ(転職会議)

アマゾンジャパン(Amazon)の評判・社風、カルチャーなどについて気になりますよね。
その詳細についてご紹介していきたいと思います。

どういう社風・文化があるのか

アマゾンジャパン(Amazon)は、外資系企業ですが体育会系の文化があるみたいですよ。

社内全体的に明るい雰囲気で、働く人も成果を出そうと一生懸命な人が多いです。

転職経験者が多く、周囲と協力をしながら仕事を行う雰囲気が根強いているのだとか。

何より、経験が浅くても比較的早く馴染める環境という点が嬉しいです。

悩みを相談しやすい環境づくりもされているため、相談を持ちかける人も多いみたいです。

会社全体の雰囲気として、UP or OUTの風土があることもあり、キャリアを積んでスキルアップしたいという志向が強い人は満足できるかもしれませんね。

Amazonの面接・SPIなど選考難易度

アマゾンジャパン(Amazon)の面接については、ポジションや職種によって内容回数が異なる場合がある様ですが、平均すると3回程度となることが多い様です。

ですが、状況によって回数や内容は変わりますので、あくまで参考として捉えて頂けますと幸いです。

選考フロー

アマゾンジャパン(Amazon)の選考フローは以下の通りです。

STEP1.エントリーシート


STEP2.グループディスカッション


STEP3.1次面接


STEP4.2次面接


STEP5.3次面接


STEP6.4次面接


STEP7.内定

上記が選考フローとなっています。

エントリーシートでは、アマゾンジャパン(Amazon)のビジネス(業務)への理解が必須となっているようです。

どのようなサービス展開をしているのか、どのような経営方針を取っているのか、しっかりと理解しなければ書けない内容だそうです。

グループディスカッションでは、自分の意見を主張することも大事ですが、他人の意見を柔軟に聞き入れることも求められます。

面接の最後には逆質問が用意されているので、ネガティブな印象を与えないよう、事前に質問する内容を準備しておきましょう。

提供しているサービスや経営戦略について質問するのが良いかもしれません。

とくに注意したいのが3次面接で質問される「フェルミ推定」です。興味のあることに基づいたフェルミ推定が出されます。

こちらについては対策することが可能なので、市販の書籍などを参考にして万全の準備をしておきましょう!

面接での質問例

アマゾンジャパン(Amazon)の面接では、どのようなことが質問されているのでしょうか?

その質問内容についてご紹介したいと思います。

  1. 志望動機
  2. 挫折した経験
  3. 人生の中で最も「成長した」出来事
  4. 人生の中で最も「苦労した」出来事

上記が質問されている内容です。

リーダーシップが取れる人材を求めている企業だからこそ、挫折・成功・苦労に関するエピソードについて質問されるのでしょう。

どのような挫折をしてどう対処したのか、どんなことをして成長したのか。
苦労した際にどう解決したのか。

これらの点はネガティブなことを入れずに伝えるようにしましょう。

時には非常に難しい質問をされる場合もあるのだとか。

例えば「複雑な状況をシンプルなソリューションで解決した時のことを教えてください」という質問です。

他にも「扱いが難しいチームをどうやってマネジメントしますか?」と言った難しい質問も実際にされているようです。

自身を振り返る良いきっかけにもなるので、考えてみましょう!

SPI難易度

アマゾンジャパン(Amazon)のSPI難易度は、非常に高いと言えます。

世界的に有名で超大手企業ということで、倍率は数十倍にもなっているそうです。職種や部門により多少その数字に違いも生じます。

急成長を遂げている企業で人材の大量採用を行なっていますが、それ以上に応募者が殺到してしまうため、難易度も倍率も高い傾向にあるのです。

大切なのは、きちんと自己分析を行なって、面接で自分の強みや採用した際のメリットなどを伝えるようにすることです。

応募者はハイキャリアの方が多いため、エンジニアの中途採用の場合は、開発に使用しているプログラミング言語の使用経験者であることが必須。

採用してもらうためには、実務経験のみならず、高い開発技術が求められると言えるでしょう。

もう1つの関門が「英語力」です。外資系企業のアマゾンジャパン(Amazon)は、海外の方々も多く在籍しています。

社内でコミュニケーションを取るために英語が必須になるのです。

職種にもよりますが、TOEIC700〜800レベルの英語力があれば良いと言われています。

Amazonに転職(中途採用)の適正検査

筆記試験や英語力については、職種によって評価が大きく異なっている様です。

英語力が必須となるポジションでは高い英語力が必要となり、場合によっては英語での面接が急遽実施される場合もあります。

対して英語力の不要のポジションであれば必要ない様です。

Amazonの年収相場(給与)

気になるアマゾンジャパン(Amazon)の年収相場がどうなっているのか、気になりませんか?

今回は、年齢別・職種別の平均年収をご紹介していきます。

年齢別の平均年収

アマゾンジャパン(Amazon)の年収について気になっている方もいるでしょう。

まずは、年齢別の平均年収からご紹介していきます。

20~24歳 488.5万円
25~29歳 558.5~608.5万円
30~34歳 568.5~668.5万円
35~39歳 658.7~762.7万円
40~44歳 736.0~857.0万円
45~49歳 837.8~959.8万円
50~54歳 918.4~1,028.4万円
55~59歳 909.8~1,019.8万円
60~65歳 594.2~1,019.8万円

上記が年齢別の平均年収です。

平均年収が高くなっているのは、50代以上となっています。中には年収1,000万円という人もいるそうです。

職種別の平均年収

続いては、職種別の平均年収についてご紹介していきます。

営業系 656万円
企画・事務・管理系 680万円
販売・サービス系 729万円
専門サービス系 350万円
クリエイティブ系 525万円
IT系エンジニア 742万円
電気・電子・機械系エンジニ 564万円
建築・土木系エンジニア 550万円
医薬・化学・素材・食品系専門職 550万円
運輸・物流・設備系 586万円
その他 650万円

上記が職種別の平均年収です。

平均年収の中で1番高いのは、IT系エンジニアです。
専門サービス系を除いては、平均年収500万円を超えています。

賞与・給与(評価)制度

アマゾンジャパン(Amazon)の給与水準は、他企業と比較して高いと言えるでしょう。

契約社員の場合は時給制になっているそうです。
半年ごとの更新で、時給が50円ずつ上がるのだとか。

正社員は年棒制になっており、ボーナスの支給はほとんどないそうです。

ただ、成果を出せていればその分しっかり支給してもらえるみたいですよ。

また、ストックオプションを合わせればさらに給与を多くもらえます。

年の評価でよく年の昇給が決まるが、昇給レンジが広くないみたいです。
大きく昇給させるには、昇進するのが良いという声もありました。

ちなみに、契約社員の残業代は1分単位で支給されるそうですよ。

そして、カスタマーサービスでは、個人の成績に応じて四半期に一度インセンティブが支給されるそうです。

ただ、成績次第では必ずもらえるというわけではないため、安定性に欠けるとの声も寄せられています。

残業時間

気になる残業時間については、職種によって残業時間の差が大きいようです。

自分の業務が終わったら帰宅できるというわけではなく、強制させられてしまうこともあるのだとか。

残業を断るには理由が必要で、苦労したという経験をされた方も中にはいるようです。

繁忙期の場合は24時間ずっと仕事をすることになるとうケースもあるみたいです。

部署によっては、残業させないよう時間になると内容を確認するそうです。

それが引き継げる場合は上司がサポートするなど、不満を持たせない工夫もされているのだとか。

正社員は年棒制となっているため、基本的に残業代が支給されないという点が、不満の声として挙がっていました。

Amazonに転職をするには?

結論から言いますと、営業職やオペレーション職でAmazonへ転職したい方は、マイナビエージェントリクルートエージェントへの相談をおすすめします。

そして、事業開発やアナリスト、マーケティング、人事部などの専門職でAmazonへの転職を目指す場合には、ハイクラスの求人が多いビズリーチJACへの相談。

さらに、エンジニアやWebデザイナーなどの技術系専門職でAmazonを目指すのであれば、IT業界への転職に特化したエージェントであるマイナビITレバテックなどの特化型エージェントの利用をおすすめします。

兎にも角にもどれだけ多くの求人と出会えるかが、勝負の鍵ですよ。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの方は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカーエンジニアに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。