日本マイクロソフトに転職|週休3日を発表したけど働きやすいって本当?

日本国内でも人気の大手ITベンダーであるマイクロソフト。

2019年4月22日に、8月の1ヶ月間は週休3日にすると発表しました。試験的に運用して効果がどうなるのかを検証するとのことで、2020年8月も同様に実施する予定だそうです。

今回はそんな画期的な取り組みを始める日本マイクロソフトへの転職ノウハウについてまとめてみました。

日本マイクロソフトって何をしている会社?

現在も成長し続ける世界最大のソフトウェアカンパニーマイクロソフトの日本法人。

日本における「Windows」製品のパッケージソフトの販売から始まったマイクロソフト日本法現在ではインターネット事業を手がけ、ハードウェア、ゲーム機器も製造しています。

時価総額は約33兆円と世界第3位のグローバル企業。日本法人は、1986年の設立後、急速に成長し、現在では社員2400人程度の規模になりました。

全世界で本国に次ぐ売上をあげており、発言権も大きくなっています。『世界中のすべての人々とビジネスの持つ可能性を、最大限に引き出すための支援をすること』をミッションとしています。

日本マイクロソフトに転職するには?

マイクロソフトは、多様な職種を募集しており、HPで確認できる限り、国内では100件以上の公開求人を見ることができます。

そこで、以下では人気の高い営業・事業開発とITエンジニアに求められるスキルについてお伝えします。

日本マイクロソフトの営業職・事業開発に転職するには

  • 課題解決型の法人営業経験(最低5年)
  • 職種に関連する知識
  • ビジネスレベルの英語力

マイクロソフトでの営業は共通して、自社のサービスを利用してもらうことで、顧客の課題を解決するコンサルティングの要素を備えています。

そのため、課題解決型の経験を有していることは前提で、応募する求人に応じた知識を有している必要があるんです。

日本マイクロソフトのエンジニア・デザイナーに転職するには

  • コンピューターサイエンス等の技術分野での学士号(同等の実務経験も可)
  • 実務で使用するプログラミング言語の経験
  • ビジネスレベルの英語力

マイクロソフトのエンジニア職の業務は多岐にわたり、ソフトウェアエンジニアひとつとってもWindows担当、Bing担当、リサーチ担当、AI開発担当などがあります。

即戦力として活躍できる人物を求めるので、応募するポジションでの業務経験と高い遂行能力が必要となります。

具体的な日本マイクロソフトへの転職方法について

マイクロソフトのような外資系企業は、ビズリーチLinkedinなどを積極的に活用しており、企業の採用担当者が候補者と直接やり取りをおこないます。

加えて、マイクロソフトのような企業は、採用コストの削減や競合に動きを知られたくないといった理由から、一部の転職エージェントに求人を依頼しているケースが多いです。

マイクロソフトへの転職なら、外資系企業に強みを持ち、ハイクラス人材の転職に特化したビズリーチJACリクルートメントに相談しましょう。

外資系企業特有の英語での書類や面接などの対策にも、業界専任のアドバイザーが手厚い支援をしてくます。

外資系への転職にも強いエージェント

また、もっと自分あった求人を探したい場合や、行きたい業界・職種を迷っている場合は、リクルートエージェントdodaマイナビエージェントに登録することをおすすめします。全業界・職種の求人が集まっているので、幅広い求人の提案をしてくれます。

合わせて利用したい大手エージェント

ITエンジニアの人は、レバテックキャリアに相談しましょう。エンジニアに特化し、あなたにあった求人を提案してくれますよ!

IT/Webエンジニアに特化したエージェント

  • レバテックキャリア
    現役エキスパートエンジニアが転職を支援!業界トップクラスの求人数とサポート実績

日本マイクロソフトの本社・オフィス

品川にある日本マイクロソフト社の本社。全社員の60パーセントが、フリーアドレスで勤務できる環境になっています。

本社は来客対応システムも整備されており、来客者側には訪問先の待ち合わせ場所が表記された入館証が発行され、その発行ログが訪問先の社員個人のPCやスマートフォンに通知されるシステムとなっています。

オフィス内では、部署単位で集う際に使用されるスペース「ハブ」(社内通称は部室)や、機密情報を用いる時や電話をする際に使用できる気密性の高い個室なども整備されていて、社員個々人の状況に仕事しやすい場所を選べる様になっています。

社員食堂「One Microsoft Cafe」。フリーベンディングマシンもあり、PCを持ち込んで食事をしながら仕事ができるスペースと、ゆっくり食事をするスペースと社員に併せた環境が整備されています。

社員が働きやすい環境作りに整っているので、職場の環境は申し分ないでしょう。

日本マイクロソフトの仕事内容・職種

マイクロソフトの事業は、ソフトウェア、ハードウェア、オンラインサービス、ウェブアプリケーションフレームワーク、出版と多岐に渡ります。

マイクロソフトと聞くと、Office製品やWindowsなどのOSが浮かびやすいか、マウスなどのハードの開発・製造やWindows Liveというインターネットサービス、Xbox360といったゲーム等幅広い事業があります。

したがって仕事内容や職種も幅広く多数あるというのが現状です。

各事業部での営業やプリセールスや開発職、コンサルティング職、サポート職、また技術を外部に発信するエバンジェリスト等多種多様な経験の人が活躍する場があります。

また取り扱う技術も幅広くなり、また対する顧客も法人や個人、法人も大手やSOHO、代理店等多くの可能性があるので、様々な経験・バックボーンを活かして活躍する可能性があります。

日本マイクロソフトでは、事業部やその中の部署毎に採用をおこなっているため、自分の経験や強みを活かす職種を探して応募しチャレンジすることが可能です。

日本マイクロソフトの年収・給与相場

マイクロソフトの平均年収がいくらか、やっぱり気になってしまいますよね?その平均年収を年齢別・職種別に紹介します。

年齢別の平均年収

マイクロソフトの年収について気になっている人もいるでしょう。

まずは、年齢別の平均年収から紹介します。

  1. 20~24歳→平均年収・・・667.5万円
  2. 25~29歳 →平均年収・・・781.4~831.4万円
  3. 30~34歳 →平均年収・・・813.4~913.4万円
  4. 35~39歳 →平均年収・・・938.2~1,042.2万円
  5. 40~44歳 →平均年収・・・1,050.0~1,171.0万円
  6. 45~49歳 →平均年収・・・1,189.5~1,311.5万円
  7. 50~54歳 →平均年収・・・1,295.2~1,405.2万円
  8. 55~59歳 →平均年収・・・1,283.5~1,393.5万円
  9. 60~65歳 →平均年収・・・848.5~1,393.5万円

上記が年齢別の平均年収です。

20代〜平均年収が600万円を超えているのが驚きですね。それから少しずつ金額が上がっていき、40代〜平均年収が1,000万円超えてきています。

職種別の平均年収

続いては、職種別の平均年収について紹介します。

  1. 営業系 →平均年収・・・925万円
  2. 企画・事務・管理系 →平均年収・・・944万円
  3. 専門サービス系 →平均年収・・・1050万円
  4. 専門クリエイティブ系 →平均年収・・・750万円
  5. 専門IT系エンジニア →平均年収・・・855万円
  6. 専門電気・電子・機械系エンジニア →平均年収・・・1050万円
  7. 専門建築・土木系エンジニア →平均年収・・・250万円
  8. 専門その他 →平均年収・・・930万円

上記が職種別の平均年収です。

ダントツで平均年収が高いのは、専門サービス系と電気・電子・機械系エンジニアとなっています。

賞与・給与(評価)制度

マイクロソフトの給与水準は、業界の中でも高めになっているそうです。

通常の給与にインセンティブが加算されるため、収入面で満足している人も多いのだとか。

また、ストックアワードというものがあり、数年に分けて支給されるようです。

毎年新たなストックアワードを獲得していくと、積み重なっていくので、長期勤務している人なら、そこそこ大きな金額になるみたいです。

ただ、営業職の社員と技術職の社員とでは、ボーナスやインセンティブが大きく異なるそうです。

残業時間

残業は基本的にどの部門でも多いようです。リモート勤務も推奨しているので、働きやすいと意見を述べている人の姿も見られました。

中には、自分の意思に関わらず残業が発生する部門もあるそうです。

限られた部門ではありますが、社員のフォローで毎日遅くまで残っているアルバイトの人もいるのだとか。

先ほどお話した通り、リモート勤務ができるため、自宅でついつい遅くまで仕事をしてしまう社員もいるみたいです。

日本マイクロソフトの評判・社風・口コミ

マイクロソフトの社風や口コミ、評判がどうなっているのか気になりませんか?

その詳細について皆さんに紹介します。

どういう社風・文化があるのか

マイクロソフトは、会社全体として覇気があり、自社製品に自信を持つ社員が多いのが特徴です。

またもうひとつの特徴は「失敗は当たり前」という点です。CEO自ら「失敗してもまったくかまわない」と言っており、失敗しても良いので、常に挑戦し続けることを大切にしています。

率直な意見を伝えられる上司・同僚との面談が多く、風通しも良くなっているとの声が寄せられています。

別部署のメンバーとも面談できる文化があるようです。

そして、働きやすいワークスタイルも整えています。職種によって裁量労働制や、11時から15時までをコアタイムとしたフレックスタイムを導入しているようです。

業務に支障が出ない範囲で自由な働き方ができる環境を提供しています。

従業員専用のマッサージルームもあり、社員が働きやすい環境整備に力を注いでいます。働きかた改革を推進しているので、社内での自由度が高いという点も高評価を得ているみたいです。

また、グローバル全体でミッション(企業理念)は末端まで浸透しているのだとか。

ちなみに、毎年年2回米国で開催されている社内イベントは、技術者であれば誰でもアイデアをノミネートできるそうです。

採用されれば1時間程度の自分のセッションを持って、各国の社員の前で発表できる機会が与えられるみたいです!

マイクロソフトに限らず多くの求人を見たいという場合や、行きたい業界・職種を迷っているという場合は、大手3社も合わせて登録することをおすすめします。

全業界・職種の求人が集まっているので、幅広いキャリアの提案をしてくれます

日本マイクロソフト社の面接・SPIなど選考難易度

マイクロソフトの面接・SPIなどの難易度について、是非とも把握しておきたいものですよね?

今回は、面接や難易度の詳細について紹介します。

選考フロー

マイクロソフトの選考フローは以下の通りです。

  1. エントリーシート
  2. WEBテスト・筆記試験・SPI
  3. 1次面接
  4. 最終面接
  5. 内定

上記が選考フローとなっています。

エントリーシートには志望動機を記入することになりますが「仕事への熱意・積極性」に絡めた内容に仕上げるのがベストです。

マイクロソフトは仕事への熱意・積極性などの姿勢を評価する価値観があるそうです。

採用基準のひとつにもなっているため、重要視される傾向にあるのです。

また、異なる価値観を持つ人々と協働した経験を通して、多様な価値観を認める寛容さがある点も示しましょう。

マイクロソフトには外国国籍の社員が多数在籍しているので、多様性に対して許容できることを伝えることで、評価されやすくなるのだとか。

実際に内定をもらえた人も「選考を通じて自分の人柄を語る上で多様性への許容さは徹底して伝えた」と述べていました。

面接での質問例

マイクロソフトの面接では、どのようなことが質問されているのでしょうか?

その質問内容について紹介します。

  1. 志望動機
  2. Microsoftのどの製品が好きか
  3. 英語で話してください
  4. 新製品のローンチプランについて

上記が質問されている内容です。

マイクロソフトの面接では、なかなか回答に難しい質問がされています。

志望動機は自分の素直な気持ちを、率直に伝えれば良いです。

どの製品が好きなのか、その詳細についても事前に対策しておくことで、対応することができます。

ただ、意外に多かったのが「英語で話してください」という質問。

たとえば「自分の長所を英語で話してください」などといった内容のようです。

これにはさすがに驚愕してしまい、うまく英語で話せなかった…という人が多く見られました。

また、「新製品のローンチプランについて」の質問も多かったようです。

恐らくこのような質問は今後もされる傾向にあるので、きちんと回答できるようちゃんと対策しておくのが良さそうです!

SPI難易度

マイクロソフトのSPI難易度は、非常に高いと言えるでしょう。

具体的な数値は公表されていませんが、転職ランキングでも上位にランクインしているため、それだけ周囲からの興味が高いことがうかがえます。

応募書類で足切りされてしまうことが多いため、突破するためには対策を練るのが重要になってきます。

たとえば、求められている人物像に寄せること、実績を数字で示すこと、など。

非常に難易度が高い企業ですので、転職エージェントに協力してもらうことをおすすめします!

日本マイクロソフト出身者の転職先・キャリアパス

営業職、エンジニア職種なのかで転職先やキャリアパスは大きく異なってきます。

営業職の場合、幅広い商品の提案力や顧客の事業課題を踏まえておこなう能力などを活かして、同業界・異業界の営業としてポジションアップの転職をされることが多くあります。

エンジニア職の場合は、技術のスペシャリストとしてIT業界でアドバイザー的な業務にチャレンジされたり、事業会社のCTO的なポジションで活躍される人もいらっしゃいます。

またマイクロソフト以外のテクノロジーへの専門性を高めるという観点での転職・キャリアアップをすることも多く見受けられます。

外資系企業と言うこともあり、社内で語学力を高めることが可能なので、語学力を更なる武器として活かす転職をされる人もいらっしゃいます。

日本マイクロソフトへの転職をお考えの人へ(2020年9月時点)

2020年9月時点の転職状況としては、正直に言うと、難しい状況となっています。

なぜなら、厚生労働省発表の「一般職業紹介状況(令和2年6月分)について」によると下記のデータが出ており、その状況は今後も続くと見られているからです。

求人、求職及び求人倍率の推移のグラフ

引用元:厚生労働省発表の一般職業紹介状況(令和2年6月分について)

令和2年6月の数値をみると、有効求人倍率(季節調整値)は1.11倍となり、昨年6月の0.5ポイント下回っています。

上記のような影響で、企業の採用ホームページを見てみても、募集が減っているのを顕著に見られます。

こういう状況でも、転職エージェントを利用すると、マイクロソフトなどの有名企業の非公開求人が存在する場合もあり、利用するのがおすすめです。

さらに、転職エージェントによっては持っている非公開求人が異なるので複数登録することをおすすめします。

また、現在転職をすべきか迷っているならば、マイクロソフトのような企業から直接スカウトされる可能性があるビズリーチに登録するのがおすすめです。

以下でおすすめの転職エージェントについて紹介します。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数(未経験の人は対応不可)
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント