2019.09.18

転職エージェントは複数登録・掛け持ちすべき!本当の理由をぶっちゃける!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

転職を決意した人をサポートしてくれる転職エージェントですが、数多くある転職エージェント毎に得意な業界や、求職者に対するサポートには特徴があります。

後悔しない転職活動をするために、転職エージェントをどのように活用するか、1番悩むところだと思います。

そこで今回は「転職エージェントを複数登録・掛け持ち利用して良いのか?」といった疑問について答えていきます。

「なぜ複数登録・掛け持ち利用が推奨されているのか」「自分に合った転職エージェントの選び方」「複数登録・掛け持ち利用での注意点」などについても、解説していきます!

転職エージェントは複数登録・掛け持ちがおすすめ!

転職エージェントに複数登録・掛け持ちをすれば、良いエージェントに出会えて転職成功の確率を上げることができるのでおすすめです。

「転職エージェントには複数登録しましょう」とよく言われていますが、たまたま登録した1社目で良いキャリアコンサルタントに出会うことができれば、無理に複数登録・掛け持ちはする必要ないと思います。

ただ、そう上手くいくことは滅多にありませんし、複数登録・掛け持ちをすることで比較・検討ができるので、自分に合ったキャリアコンサルタントを選ぶことができます。

たくさんあるエージェント会社の中から、優秀なキャリアコンサルタントを見抜くのは難しいですが、実はいくつか特徴があります。

また、ブラックな転職エージェントを見抜くコツもあります。

優秀なキャリアコンサルタントとブラックな転職エージェントを見抜くコツは、以下の記事に詳しく記載してありますので、是非参考にしてみてください!

転職エージェントが使えないのはウソ!使い手次第で成功率UP
ブラックな転職エージェントやブラック求人を見極めるコツ

なぜここまで複数登録・掛け持ちが推奨されているのか?

ネットで転職エージェントについて調べると、ほとんどのサイトが複数登録・掛け持ちを推奨していますが、それには以下3点の理由があります。

  1. エージェントによって得意な業界・職種やサポートが異なる
  2. アドバイザーが自分に合っているとは限らない
  3. そのエージェントしか持っていない独占求人がある

エージェントによって得意な業界・職種やサポートが異なる

転職エージェントは得意な業界・職種があり、専門知識の量や保有求人数が異なるので、自分の志望する業界・職種への転職を得意とする転職エージェントを選びましょう。

複数の転職エージェントに登録しておけば、同じ企業を紹介されてもキャリアコンサルタントによって持っている情報が異なることがあります。

また、転職エージェントによってサポート体制が違い、様々な業界の知識を持っていてキャリア相談を得意とする人もいれば、書類作成・面接対策を丁寧にサポートしてくれる転職エージェントもあります。

自分が苦手だとしている分野に親身になってくれるキャリアコンサルタントを選ぶと、相談がしやすく、スムーズに転職活動が進みます。

アドバイザーが自分に合っているとは限らない

自分の担当となるキャリアコンサルタントと合うかどうかは、実際に面談に足を運んでみるまで分かりません。

また、担当になるキャリアコンサルタントを指名することはできません。

もし、相性が合わないキャリアコンサルタントに当たった場合、担当を変更してもらえますが、断る連絡をするのはかなり勇気が必要なことだと思います。

とはいえ、我慢して相性の合わないキャリアコンサルタントと一緒に転職活動を進めてもストレスが溜まるので、余計なストレスを抱えないためにも合わないと思ったら変更の連絡をするようにしましょう。

そのエージェントしか持っていない非公開求人がある

面倒だからといって転職エージェントを1社に絞ってしまったり、1社だけ登録すれば全ての求人を見られると思っていると、他の転職エージェントが保有する非公開求人と出会うチャンスを、自分から捨ててしまうことになります。

転職エージェントが保有している求人は、各キャリアコンサルタントが集めた求人なので、転職エージェントによって求人情報が異なります。

また、企業の人事とキャリアコンサルタントの信頼関係があれば、そのキャリアコンサルタントだけに募集人数が1〜2名ほどの求人が公開されている場合もあります。

この場合「非公開求人」と呼ばれ、特定の転職エージェントにしか求人がないため、その転職エージェントでなければ応募すらできません。

非公開求人についてもっと詳しく知りたい方は合わせてご覧ください。

非公開求人ってぶっちゃけどうなの?メリット・デメリットを解説!

自分に合った転職エージェントを選ぶには

転職エージェントには、大手転職エージェントと中小・特化型転職エージェントの2種類があります。

大手転職エージェントと中小・特化型転職エージェントには、それぞれ違った特徴があるので、以下の表で見ていきましょう。

大手 中小・特化型
求人数
体制 分業制の傾向 両面制の傾向
サポートの質

大手エージェントは求人の幅広さに強みを持っているのに対し、中小エージェントは細やかなサポートといった部分に強みを持っていることがわかると思います。

転職エージェントは、ただ闇雲にたくさん登録すれば良いというわけではなく、それぞれの特徴を理解して、自分に合うエージェントを使い倒すことが重要です。

筆者としては、大手エージェントと中小・特化型エージェント、それぞれ1〜2社程度登録してみて、比較検討することをオススメしています。

大手転職エージェントと中小・特化型エージェントの違いやメリット・デメリットについては以下の記事で詳しく解説していますのでご覧ください。

中小の転職エージェントを使い倒す成功法!大手との違いを徹底比較!

プロがオススメする転職エージェント10選

大手エージェントと中小・特化型エージェントの併用がオススメと述べてきましたが、「具体的にどのエージェントに登録すべきなのか」現役の転職エージェントの立場からピックアップしてみましたので是非参考にしてください!

大手エージェント選びのポイント

大手エージェントでしか扱っていない求人(特に人気企業や大手メーカーなど)が存在するため、どの年代・職種の方も1社は登録しておくべきです。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

特化型エージェント選びのポイント

大手エージェント1社を選んだら、自分の進みたい業界・職種や年収、経歴に合わせてぴったりの特化型エージェントにも合わせて相談をしてみましょう。

ミドル・ハイクラス向け転職エージェント・転職サイト

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

未経験OKの若手向け求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(東京、神奈川、埼玉、千葉)と西日本(大阪、愛知、福岡)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 未経験OKの優良企業の求人が2,300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

複数登録・掛け持ち利用での注意点

複数登録・掛け持ちをするうえで、注意しなければいけないことが3点あります。

  1. 転職エージェントに複数登録していることを伝える
  2. レスポンスは早めにする
  3. 複数利用によって悩む時間が増えることがある

転職エージェントに複数登録していることを伝える

転職エージェントに複数登録・掛け持ちしていることを隠されると、企業と転職エージェントの間でトラブルが起きることがあるので、隠さず伝えましょう。

複数の転職エージェントから同一企業に応募して、最終的に入社することになった場合、最初に企業を紹介した転職エージェントのみに報酬が支払われます。

しかし、重複応募が発生すると、企業と転職エージェントの間でトラブルが起きやすくなります。

「有能な人材なら複数登録しても採用してくれる」と思う人がいますが、重複応募が発覚した時点で、不採用にする企業がほとんどです。

なぜなら「入社後もトラブルを起こすのではないか?」と思われてしまうからです。

転職エージェント側からは「隠すということは、転職に向き合う気がない」という判断をされてしまい、対応の優先順位を下げられてしまう可能性もあります。

レスポンスは早めにする

働きながら転職活動をしていると、ついつい連絡がおろそかになりがちですが、サポートの優先順位を下げないためにもレスポンスは早めにしましょう。

複数の転職エージェントを利用すれば、それだけ面談の回数やメールでのやりとりなどが増えてくるので、レスポンスが大変にはなると思います。

ですが、キャリアコンサルタントは、レスポンスが早く意欲がある人のサポートを優先します。

キャリアコンサルタントは、最終更新日もしっかりと記録しているので、最後にコンタクトを取った日が遅くなるほど、サポートの優先順位は下がっていきます。

優先順位を下げないためにも、最低2週間に1回はキャリアコンサルタントとコンタクトを取るようにしましょう。

複数利用によって悩む時間が増えることがある

転職エージェントに複数登録すると、接点を持つキャリアコンサルタントが複数いることになり、様々な情報に振り回されてしまい判断に迷うケースが出てきます。

最終的に「判断して決めるのは自分」であることを、肝に銘じておきましょう。しっかり情報を精査し、納得いくまで悩むようにしてください。

転職エージェントは良い転職ができるように、その手助けをしてくれます。

以下の記事では、上手に転職エージェントを使うコツが書かれているので読んでみてください。

転職エージェントに使われるな!成功のための3つのテクニック

転職エージェントについて詳しく知りたい人向け

転職エージェントについてさらに詳しく知りたい人向けに、おすすめの記事を集めてみました。

ぜひ、チェックしてみてくださいね!

転職エージェントの評判|プロが裏事情を大暴露!【本音の口コミあり】
現役の転職エージェントが裏事情を大暴露!成果報酬の実態について
転職エージェントの選び方!転職を成功に導くたった1つの法則!
【プロ徹底解説】転職エージェントの使い方!賢く使い倒す方法は?
女性におすすめの転職エージェントを徹底比較!使い倒すコツ大公開!

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。