転職エージェントは複数登録・掛け持ち利用すべき3つの理由とは?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド
この記事では、『転職エージェントの複数登録・掛け持ち利用』のをしても良いのか、複数登録・掛け持ち利用する上での注意点を現役の転職エージェントが解説しています。

 

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

転職市場において、転職エージェントを活用することが一般的になってきました。

転職を決意した人を物心両面でサポートしてくれる転職エージェントですが、数多くある転職エージェント毎に得意な業界や、求職者に対するサポートには特徴があります。

後悔しない転職活動を行なう上で、転職エージェントをどのように活用するかは、一番の悩みどころだと思います。

  • 転職エージェントを複数登録・掛け持ち利用することはそもそも良いのかどうか
  • 複数登録、掛け持ち利用することによってデメリットはあるのか

このような疑問を抱えているのではないでしょうか?

そこで今回は、「転職エージェントは複数登録・掛け持ち利用すべきなのか」「転職エージェント複数登録・掛け持ち利用で気をつけること」などについて解説していきたいと思います。

転職エージェントは複数登録・掛け持ち利用すべきなのか


絶対に転職で失敗したくない、後悔したくないのなら、転職エージェントは複数利用することをおすすめします

「自分が転職エージェントだから、複数利用を勧めているんでしょ?」と思う人もいると思いますが、ちゃんとした理由があります。

複数登録・掛け持ち利用を推奨するメリットですが、具体的には以下の3つが期待できるからです。

  1. エージェントによって得意な業界・職種やサポートが異なる
  2. そのエージェントしか持っていない独占求人がある
  3. アドバイザーが自分に合っているとは限らない

とはいえ、これだけではよく分からないですよね。それぞれについて、詳しく説明していきます。

①エージェントによって得意な業界・職種やサポートが異なる

転職エージェントはそれぞれ得意な業界・職種、サポートの手厚さが異なっています。

異なっているからこそ、自分の志望する業界・職種への転職を得意とする転職エージェントを選ぶようにしましょう。

例えば、メーカーの営業職への転職を志望しているのに、エンジニアやデザイナーへの転職に強い転職エージェントを利用したとします。この転職エージェントはIT業界への転職に強いため、紹介されるのはIT企業の求人ばかり…。どんなに待ってもメーカーの営業職を紹介してもらえず、貴重な時間を無駄にしてしまうことになります。

また、同じ企業の求人を紹介されたとしても、転職エージェントによって持っている情報が異なります。

このときに、複数の転職エージェントに登録しておけば、その企業の社風はどうなのか、産休・育休制度は実際に使われているのかなど、コアな情報を手に入れるチャンスが広がります。

他にも転職エージェントによってサポート体制も変わってきます。様々な業界の知識を持っていて、キャリア相談を得意とする人もいれば、書類作成・面接対策を丁寧にサポートしてくれる転職エージェントもあります。それぞれの転職エージェントが蓄積するノウハウが違うため、得意なサポートも変わってくるのです。

簡単に各転職エージェントにどのような特徴があるのかまとめてみました。

特徴
リクルートエージェント
  • 保有求人数が豊富で幅広い業界や職種の求人が見られる
  • 中でも営業職の転職に強い
マイナビエージェント
  • 保有求人数が豊富
  • 営業職の転職に強い
  • 若手層の求人に強いので、とくに30代前半におすすめ
doda
  • 保有求人数が豊富
  • 大量の求人を希望に合わせてある程度絞ってくれる
ジェイック
  • 第二新卒・既卒・フリーターなどの転職に強い
  • オリジナルのスキルアップ研修あり!
  • サポートが手厚い
UZUZ
  • 第二新卒・既卒・フリーターなど、若手層の転職に強い
  • 20時間以上にも及ぶ丁寧なサポート
  • 20代向けのキャリアスクールを運営
Type女の転職エージェント
  • 女性の転職に10年以上のノウハウあり
  • 事務職の求人を多数保有
  • きめ細やかなサポートを期待できる
ビズリーチ
  • ハイクラス層
  • 企業のヘッドハンターからオファーが届く
JACリクルートメント
  • ハイクラス層やマネジメント層の求人が豊富
  • 外資系企業の求人を多数取り扱い
  • サポートが手厚い
マイナビIT
  • ITとWeb業界の転職に強い
  • IT業界に詳しいアドバイザーがサポートしてくれる
レバテックキャリア
  • ITとWeb業界の転職に強い
  • サポートが手厚い

簡単にですが、特徴をまとめてみました。この中から気になる転職エージェントを3〜4社チョイスし、登録だけしてみてください。その後は、実際に面談をしてみて、この人となら大変な転職活動も頑張れそう!と思えるキャリアアドバイザーにサポートをお願いすると良いでしょう。

②そのエージェントしか持っていない独占求人がある

転職エージェントに1社だけ登録すれば「存在している求人のすべてを見られる!」と思っている転職者は、案外多いです。

各転職エージェントが保有している求人は、そこのキャリアアドバイザーが集めた求人です。つまり、転職エージェントが持っている求人情報は会社によって、まったく異なるのです

また、募集人数が1〜2名だったりする場合は、人事と転職エージェントの信頼関係が強固であれば、その転職エージェント1社のみに求人が公開されている場合もあります。こういう場合は特定の転職エージェントにしか求人がないため、独占求人と呼ばれ、その転職エージェントでなければ応募すらできません。

面倒だからといって転職エージェントを1社に絞ってしまうと、他転職エージェントが保有する独占求人と出会うチャンスを自分から捨ててしまうことにもなります。

ちなみに、独占求人は企業側の緊急度が高いので、大手転職エージェントが握っていることが多いです。独占求人と出会うためにも、「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」「doda」の大手3社は絶対に登録しておくべきです。

なので独占求人を網羅するためにも、大手転職エージェント3社は必ずチェックするようにしましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

リクルートエージェントに並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント

ポイント
  1. 10万件を超える求人の中から、アドバイザーが厳選してピッタリの求人を提案してくれる
  2. リクルートが保有していない求人を保有している可能性もある

dodaの評判は?現役転職エージェントが正直な話をぶっちゃける!

③アドバイザーが自分に合っているとは限らない

担当になるキャリアアドバイザーが自分に合っているかどうかは、意外と失念している人が多いです。

単純な話ですが、キャリアアドバイザーによって性格や経験はさまざまです。人が一人一人違うように、キャリアアドバイザーも同じように違います。

登録前からどのようなキャリアアドバイザーが在籍しているのかを把握するのは、なかなか難しいことです。把握できたとしても、担当になるキャリアアドバイザーを指名することはできません。

つまり、自分の担当となるキャリアアドバイザーとの相性は、実際に面談に足を運んでみるまで分からないということです。

もし、相性が合わないキャリアアドバイザーに当たったとしても、変更してもらえますが、「担当のキャリアアドバイザーを変更してほしい」と連絡するのは、かなり勇気が必要なことだと思います。

とはいえ、我慢して相性の合わないキャリアアドバイザーと一緒に転職活動を進めても、ストレスが溜まる一方です。余計なストレスを抱えないためにも、合わないと思ったら変更の連絡をするようにしましょうね。

転職エージェントは目的に合わせた使い分けが大事


複数に登録すればいいよ〜と言われると、たくさん登録すればそれだけ有利になるでしょ?って思う人もいると思います。

でも、たくさん登録したからといって、転職が有利になることはないです。

使う転職エージェントが増えれば、その分だけキャリアアドバイザーとの面談が増えます。また、キャリアアドバイザーから提供される情報の整理など、余計に負担が増えてしまいます。

そうならないためにも、転職エージェントは3社〜4社に登録し、自分の目的に合わせて使い分けることをおすすめします。

複数登録する転職エージェントの内訳ですが、大手転職エージェントの中から2〜3社中小・特化型転職エージェントの中から1社に登録するようにしましょう。

大手と中小・特化型の特徴早見表

大手と中小・特化型の違いって、ぶっちゃけよくわからないですよね。

そこで、大手と中小・特化型転職エージェントの特徴を早見表にしてみました。

大手 中小・特化型
求人数
体制
  • 分業制の傾向
  • 両面制の傾向
サポートの質
メリット
  • 求人数が圧倒的に多く、幅広いの選択肢の中から転職先を選べる
  • 大手よりも利用者が少ないため、丁寧なサポートをおこなってくれる
  • 転職者と求人企業を同じアドバイザーが担当するので、業界や求人に対する知識が豊富
デメリット
  • 紹介される求人が多く、転職先が絞りづらい
  • 転職者担当と求人企業担当でアドバイザーが分業制になっているため、サポートが表面的になりがち
  • 知名度が低く、見つけるのが大変
  • 保有求人数が大手よりも少ないため、選択肢が狭まる

上記の表のように、大手転職エージェントと中小・特化型転職エージェントは、それぞれ違った特徴とメリット・デメリットがあります。

そのため、どちらかを使えば、求人の数やサポートなど、当然すべてを網羅できるわけではないのです。

大手転職エージェントと中小・特化型転職エージェントの違いを理解し、上手く併用することで、自分の希望に沿った企業へ転職できる可能性が高くなります

転職をお考えの方へ 私末永の体験を伝えたい

この記事にたどり着いた人の中には、「転職エージェントは複数利用すべきなのか?」と思われている人も多いと思います。

先ほども、言った通り転職を成功させるためは、複数の転職エージェントを掛け持ちで利用することが強力な武器となります

私自身、リクルートエージェントの時代からキャリアアドバイザーとして転職支援に携わらせて頂いてますが、すでに利用していた転職エージェントに対して不満や疑問を感じている方もいらっしゃいます。

  1社しか利用できないという、固定概念に囚われる必要はありません。

少しでも転職成功の確率を上げるためには、ぜひ複数の転職エージェントに登録してみましょう。もちろん、転職エージェントへの相談は無料です。

でも、どの転職エージェントが良いのか分からない方に、下記であなたに合う転職エージェントを探してみてください。

あなたにピッタリの転職エージェントを15秒で診断します

性別を教えてください♪

年齢を教えてください♪

希望年収を教えてください♪

希望職種を教えてください♪

Loading...

あなたに
ピッタリの転職エージェント

1見つかりました
(エージェントは複数登録をおすすめしています)

リクルートエージェント

あなたにオススメな理由

向けの転職に最大の強みを持つ

リクルートエージェントへの
登録はこちら

リクルートエージェントの特徴

1.国内最多の求人数を保有
2.20代で未経験業界や職種へのチャレンジ可能な求人を多数保有

こんな人にオススメ

幅広い業界・職種の求人を網羅的に紹介して欲しい

リクルートエージェントへの
登録はこちら

マイナビエージェント

あなたにオススメな理由

向け最大の求人数

マイナビエージェントへの
登録はこちら

マイナビエージェントの特徴

1.若手向けサービスマイナビジョブ20’sを展開
2.営業系転職への強み

こんな人にオススメ

20代で未経験業界・職種にチャレンジしたい人

マイナビエージェントへの
登録はこちら

doda

あなたにオススメな理由

幅広い年代や職種に対応できる
10万件以上の求人数

dodaへの
登録はこちら

dodaの特徴

1.面接・書類作成などの転職サポートが手厚い
2.マッチングへのこだわり。
キャリアアドバイザーが求人を絞ってくれる

こんな人にオススメ

自分に合った求人をプロの視点で提案して欲しい

dodaへの
登録はこちら

ジェイック

あなたにオススメな理由

フリーター・既卒・大学中退向け最大の求人数
年収円向け最大の求人数

ジェイックへの
登録はこちら

ジェイックの特徴

1.既卒者・派遣・フリーターの転職を手厚くサポート
2.未経験業界・職種への転職サポートが手厚い

こんな人にオススメ

自分のキャリアや転職市場価値に自信がない

ジェイックへの
登録はこちら

JACリクルートメント

あなたにオススメな理由

ハイクラスの転職に特化したエージェント
年収円向け最大の求人数

JACリクルートメントへの
登録はこちら

JACリクルートメントの特徴

1.年収600万円以上の転職サポートに特化
2.30代以上の転職サポートにも強い
3.企業側・転職者側の担当が同一人物

こんな人にオススメ

年収600万円以上を目指す20代後半から30代以上の方

JACリクルートメントへの
登録はこちら

ビズリーチ

あなたにオススメな理由

会員制転職サイト
ハイクラス求人は数が少ないので、網羅するため転職サイトも一緒に利用するのがオススメです!

ビズリーチへの
登録はこちら

ビズリーチの特徴

1.年収600万円以上のハイクラス転職サポートに特化
2.行きたい企業から逆オファーが届く

こんな人にオススメ

年収600万円以上のハイクラス転職を目指す方

ビズリーチへの
登録はこちら

マイナビIT

あなたにオススメな理由

向けの転職に特化したエージェント

マイナビITへの
登録はこちら

マイナビITの特徴

1.IT・WEBに特化した国内最大規模の転職エージェント
2.IT業界を専門とするキャリアアドバイザーが担当

こんな人にオススメ

エンジニアやWebデザイナーとしてキャリアアップを目指す方

マイナビITへの
登録はこちら

レバテック

あなたにオススメな理由

年収円向けIT業界最大の求人数

レバテックへの
登録はこちら

レバテックの特徴

1.エンジニアやWebデザイナーに特化した国内最大規模の転職エージェント
2.エンジニア・Webデザイナーの非公開求人を多数保有

こんな人にオススメ

エンジニアやWebデザイナーとして相談ベースで転職を目指す方

レバテックへの
登録はこちら

Type女性の転職エージェント

あなたにオススメな理由

女性に特化した転職エージェント

Type女性の転職エージェントへの
登録はこちら

Type女性の転職エージェントの特徴

1.女性のキャリアアドバイザーが転職をサポート
2.女性の転職に特化した国内最大規模の転職エージェント

こんな人にオススメ

女性ならではの悩みを相談しながら転職を目指す方

Type女性の転職エージェントへの
登録はこちら


転職エージェントの選び方!属性ごとにおすすめのエージェントも紹介!

複数登録・掛け持ち利用で気をつけること


この記事を読んで、転職エージェントの複数登録を検討しても良いかな?と検討している人も増えていると思います。

転職を成功させたい!のは誰もが思うことで、その成功率を高める手段として、転職エージェントの複数登録があります。

とはいえ、ただ複数登録すれば良いというわけではないです。そこで、転職エージェントに複数登録して、掛け持ちで利用するときに気をつけるべきことをご紹介します。

転職エージェントに複数登録していることを伝える

利用している転職エージェントが複数あると、サポートの質が落ちるのでは?と心配する人がいますが、そんなことはありません。

実は掛け持ちで利用していることを隠されると、転職エージェントにもデメリットががあるのです。

複数の転職エージェントから同一企業に応募して、最終的に入社することになった場合、1番最初に転職者にその企業を紹介した転職エージェントのみに報酬が支払われます。

このように、重複応募が発生すると、企業と転職エージェントの間でトラブルが起きやすくなります。そのため、複数の転職エージェントからの重複応募は転職業界ではタブーとされています。

なので、掛け持ち利用を伝えずに、重複応募をすると転職エージェントだけでなく、企業にも悪印象を与えてしまいます。

企業側からすれば「ビジネスパーソンとしての自己管理ができず、入社後もトラブルを起こすのではないか」と思われてしまいます。

転職エージェント側からは「隠していたということは、自分に本気で向き合う気がない」という判断をされてしまい、対応の優先順位を下げられてしまう可能性もありますね。

有能な人材なら複数登録しても採用してくれるでしょう?って思う人がいますが、重複応募が発覚した時点で、その人を不採用にする企業がほとんどです。理由は入社後にもトラブルを起こす可能性があるからです。

転職で不利にならないためにも、積極的に複数登録・掛け持ち利用していることを転職エージェントに伝えるようにしましょう。

レスポンスは早めにする!

複数登録・掛け持ち利用をしていると、ついつい連絡がおろそかになりがちです。

働きながら転職活動をしていれば、なおさらそういう傾向になってしまうと思います。

しかし、キャリアアドバイザーの立場になったとき、レスポンスが早い人と遅い人、企業に対してどちらの紹介を優先するでしょうか?

レスポンスが早く意欲がある人を優先しますよね。もちろん、複数の転職エージェントを利用すれば、それだけ面談の回数やメールでのやりとりなどが増えてきます。

大変なのは分かりますが、情報をきちんと整理して、キャリアアドバイザーに対するレスポンスは可能な限り早めるようにしましょう。

ちなみにキャリアアドバイザーは「最終更新日」もしっかりと記録しています。最後にコンタクトを取った日にちが遅くなるほど、サポートの優先順位は下がっていきます。

優先順位を下げないためにも、最低2週間に1回はキャリアアドバイザーとコンタクトを取るようにしましょうね。

複数利用によって悩む時間が増えることがある

転職エージェントに複数登録すると、接点を持つキャリアアドバイザーが複数もいることになります。

よほど、しっかり情報を整理しておかなければ、複数のキャリアアドバイザーからの連絡や発信される情報に振り回され、何が信じられる情報か判断に迷うケースが出てきます。

自分の人生を他者に委ねることはできません。最終的に「判断して決めるのは自分」であることを肝に銘じておきましょう。

しっかり情報を精査し、納得いくまで悩むようにしてください。転職エージェントは良い転職ができるように、その手助けをしてくれるのです。

【プロ徹底解説】転職エージェントの使い方!賢く使い倒す方法は?

ぶっちゃけどの転職エージェントがおすすめなの?


転職を成功させたいのなら、転職エージェントに複数登録し、掛け持ちで利用するのが何よりも大切です

とはいえ、ただ複数登録がおすすめ!掛け持ちで利用して!と言われても、どの転職エージェントが良いのか分からないと思います。

手前味噌ですが、転職のプロだと自負している筆者がおすすめの転職エージェントをいくつかピックアップしてみました。

先ほども説明しましたが、効率良く転職活動を進めたいのなら、大手転職エージェントの中から2〜3社中小・特化型転職エージェントの中から1社、合わせて3〜4社に登録するようにしましょう。

複数の転職エージェントを上手く使い分けて、転職市場で優位に活動を進めて、ぜひ内定を勝ち取ってください!

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、キャリアアドバイザーと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

リクルートエージェントに並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント

ポイント
  1. 10万件を超える求人の中から、アドバイザーが厳選してピッタリの求人を提案してくれる
  2. リクルートが保有していない求人を保有している可能性もある

dodaの評判は?現役転職エージェントが正直な話をぶっちゃける!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の求人が豊富な転職サイト
年収・求人の質ともに高い優良求人を多数掲載

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

第二新卒・既卒者に強い転職エージェント

第二新卒・既卒・フリーター・高卒に特化した就職支援サービスとしては老舗。
研修やアフターフォローを通じて同じ境遇で頑張る仲間に出会える

ポイント
  1. ノウハウが詰まったオリジナルのスキルアップ研修が無料で受講可能!
  2. 転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらえる

ジェイック(JAIC)の評判って悪い?社員に直接取材してみた!

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント
  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

女性の転職支援に特化した転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 業界に精通した専任のアドバイザーが転職サポート

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。
豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

ポイント
  1. IT・Web業界トップクラスの求人数とサポート実績!
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス両方のキャリア相談が可能。フリーランスも検討したい人にオススメ

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

転職エージェントについて詳しく知りたい人向け

転職エージェントについてさらに詳しく知りたい人向けに、おすすめの記事を集めてみました。

ぜひ、チェックしてみてくださいね!