実は間違っている?転職エージェントの複数利用法|本当の使い方を伝授!

    転職エージェントの複数利用・掛け持ちの方法やおすすめの理由などについて解説しています。

    他にも、よくある質問やおすすめの複数登録の組み合わせについてもお伝えしていきます。

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

「転職エージェントは複数利用したほうがいい」と見たり聞いたりして、なんとなく「複数利用してみようかな」と思っている人も多いのではないのでしょうか?

確かに転職エージェントを複数利用することで、自分の条件に合う求人や転職エージェントに出会いやすくなるため、転職成功の可能性が高まります。

しかし、大半の人が間違った複数利用の仕方をしていて、効果的に利用できている人は意外と少ないんです。

この記事では、転職成功の可能性を少しでも上げられるように、おすすめの複数登録・掛け持ちの仕方をご紹介します。また、あなたに合った複数登録の組み合わせについても解説します。

おすすめの転職エージェントの複数利用方法

転職エージェントを複数利用する際には、以下の流れで進めることをオススメします。

複数利用の流れ

  1. 自分に合いそうな転職エージェント2〜3社登録
  2. 担当キャリアアドバイザーとの相性を確認する
  3. 転職サポートを依頼する転職エージェントを1社に絞る

まず、自分の志望業界・企業の求人がどれぐらいありそうか、担当のキャリアアドバイザーとの相性などの観点を比較検討するために、複数のエージェントへの登録をしてみましょう。

実際に面談に行ったあとは、自分が信頼して一緒に転職活動を進められそうだと感じたエージェントに絞って実際の選考を進めていくことをオススメします。

よく複数の転職エージェントを利用しながら、並行して選考を進める人もいますが、あまりおすすめはしません。

以下で、複数登録のポイントや、なぜ面談後は1社に絞ったほうがいいのかなど順を追って説明していきます。

転職エージェントのサービス内容や使い方を詳しく知りたい人は、こちらの記事もご覧ください。

関連記事【プロ徹底解説】転職エージェントの使い方!賢く使い倒す方法は?

転職エージェントに複数登録したほうが良い3つの理由

最初に転職エージェント2〜3社に複数登録したほうが良い理由は、大きく3つあります。

上記3つの理由について、次でさらに詳しく解説していきますね。

転職エージェントによって得意な業界・職種・強みが異なる

転職エージェントはどれも同じじゃないの?と思っている人もいると思いますが、転職エージェントによって、得意な業界や職種、強みは異なります。

おすすめの複数登録の仕方は、大手転職エージェントの中から1社、中小・特化型転職エージェントの中から1〜2社に登録することです。

そうすることで、大手転職エージェントの求人数の豊富さと中小・特化型転職エージェントの専門性を比較することができます。

大手転職エージェントと中小・特化型エージェントの違い

転職エージェントは、大手と中小・特化型に分かれています。その違いについて、以下の表にまとめてみました。

大手 中小・特化型
求人数
体制 分業型の傾向 両面型の傾向
1人あたりの
担当求職者数
50名前後 15~20名程度

大手転職エージェントは全業界・職種の求人を保有しており、総合デパートのようにあらゆる企業の求人が集まっています。そのため、幅広い選択肢の中から、あなたに合った求人を提案してもらうことが可能です。

一方で、中小・特化型の転職エージェントは、特定の業界や職種に特化した転職サポートをしています。

求人数は大手転職エージェントに敵いませんが、 アドバイザーが企業側とのやりとりと、候補者とのやりとりの両方を担当する「両面型」という体制をとっていることが多いので、企業のより詳しい情報が得られる可能性が高いです。

また、中小・特化型の転職エージェントは、大手転職エージェントよりも、1人のキャリアアドバイザーが担当する求職者の人数が少ないので、大手と比較するとサポートに時間をかけてもらえる傾向があります。

ただし、ある程度仕組み化されていてサポートの質が均質な大手エージェントと比較すると、中小エージェントは当たり外れが大きい傾向もあるので、やはり複数のエージェントを比較検討するのが良いでしょう。

中小特化の転職エージェントの特徴や選び方について気になる人は、こちらの記事も合わせてご覧になってみてくださいね。

関連記事中小の転職エージェントを使い倒す成功法!大手との違いを徹底比較!

キャリアアドバイザーが自分に合っているとは限らない

自分の担当となるキャリアアドバイザーと合うかどうかは、実際に面談に足を運んでみるまではわかりません。

サポートの質は担当になるキャリアアドバイザーのスキルや経験により変わってきます。

優秀で信頼できるキャリアアドバイザーと出会うためにも、複数の転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーの見極めをするのがおすすめです。

キャリアアドバイザー選びのポイント

  • アドバイスに納得感があるか
  • 提案求人に納得感があるか、自分の希望・意向を汲んだ内容か
  • 信頼して、本音で相談できそうか

転職相談に対してのアドバイスに納得感があるか、提案された求人が自分の希望とズレていないか、また「転職」という人生の大きな選択を信頼して任せられると感じられるか、こういったポイントで判断すると良いでしょう。

転職エージェントやキャリアアドバイザー選びのポイントは以下の記事でも解説しています。

関連記事転職エージェントが使えないのはウソ!使い手次第で成功率UP
関連記事ブラックな転職エージェントやブラック求人を見極めるコツ

転職エージェントごとに保有している非公開求人が異なる

転職エージェントが保有している求人は、基本的に各転職エージェントが企業に営業をかけたり独自のコネクションから集めたものです。
そのため、転職エージェントによって保有している求人情報が異なります。

ちなみに、転職エージェントが保有している求人の7〜8割は求人サイトや企業のコーポレートサイトでは公募されていない「非公開求人」と言われており、転職エージェントに登録していなければみることができません。

比較的大規模な採用をしている人気企業などは、登録者が多い大手の転職エージェントに求人を依頼しているケースが多いです。

一方で、ベンチャー企業や少数だけど優秀な人材を採用したいという企業は、信頼のおける個人のヘッドハンター・転職エージェントに、独自に採用の依頼をしているケースもあります。

ビズリーチには、実績豊富な個人のヘッドハンターが多数在籍しているので、そういったヘッドハンターを介して、大手エージェントが保有していない希少な優良求人に出会えます。

大手エージェントと中小エージェントの両方に登録しておくことで、双方の求人をみることができるので、そういった意味でも複数登録をおすすめします。

オススメの大手転職エージェント

オススメの中小・特化型エージェント

  • ビズリーチ
    年収500万円以上の優良求人が集まる転職サイト。企業やヘッドハンターからのスカウトがもらえる
  • パソナキャリア
    日系・外資大手の年収700万円以上の転職に強みのあるエージェント
  • ハタラクティブ
    人材大手のレバレジーズが展開する20代若手特化の転職・就職支援サービス
  • UZUZ
    高卒・既卒・フリーター転職に強み。10時間以上の手厚いサポートが特徴
  • Type女性の転職エージェント
    女性の転職サポートに特化したエージェント。女性ならではのキャリア相談にも乗ってくれる
  • マイナビIT AGENT
    マイナビのコネクションを生かした、人気企業求人や社内SEなどの求人が多数
  • レバテックキャリア
    業界トップクラスの求人数!エンジニア・デザイナー専門の転職エージェント

複数の転職エージェントで選考をしないほうが良い3つの理由

選考に進むタイミングで転職エージェントを1社に絞るのがよくない理由は大きく3つあります。

上記3つの理由について、次でさらに詳しくお話していきたいと思います。

優先してサポートしてもらえない可能性がある

利用する転職エージェントを絞ったほうが良い1つ目の理由は、優先してサポートしてもらえない可能性があるからです。

これはキャリアアドバイザーの立場から見て、他社の転職エージェントも並行して利用している人=自社を介して転職決定してくれない可能性が高い、売上が上がらない懸念があるためなんです。

そのため結果として、キャリアアドバイザー側から見たサポートの優先順位が下がってしまうリスクがあります。

なぜキャリアアドバイザーの優先順位が変わってしまうのか、そのあたりの事情について詳しく知りたい人は以下の記事も合わせて読んでみてくださいね。

関連記事現役の転職エージェントが裏事情を大暴露!成果報酬の実態について

転職活動にかける時間・手間が増える

利用する転職エージェントを絞ったほうが良い2つ目の理由は、転職活動にかける時間・手間が増えることです。

複数の転職エージェントを利用することで、それだけ面談回数やメール・電話でのやりとりが増えるため、スケジュール管理が大変になります。それだけではなく、取られる時間や手間が増えてしまう可能性も高いからなんです。

転職活動を効率的にするため転職エージェントを利用するのに、複数利用することで手間が増えてしまっては本末転倒ですよね。また、キャリアアドバイザーはレスポンスが早く、転職意欲の高い人のサポートを優先する傾向があります。

複数の転職エージェントを並行して利用する場合は、サポートの優先順位を下げられてしまわないように、早いレスポンスを意識しましょう。

複数の意見に振り回されて悩む

利用する転職エージェントを絞ったほうが良い3つ目の理由は、複数の意見に振り回されて悩むことです。

転職エージェントを複数利用すると接点をもつキャリアアドバイザーが複数いることになり、様々な情報に振り回されてしまい、判断に迷う可能性があります。

最終的に判断をして決めるのは自分であることを肝に銘じておきましょう。しっかりと情報を精査して納得いくまで悩むようにしてください。

以下の記事では、上手に転職エージェントを使うコツについて解説しているので、ぜひ読んでみてください。

関連記事転職エージェントに使われるな!成功のための3つのテクニック

複数登録・掛け持ち利用する上でよくある質問

転職エージェントの複数登録・掛け持ちについて、よくある質問をまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

相談者1

利用する転職エージェントはどうしても1つに絞らないとダメですか?

転職エージェント 末永

転職活動にかける時間や手間が増えてしまうことを考えると、やはり自分と1番相性が良い転職エージェントに頼るのがベストですね。

複数利用して選考を進めてしまうと複数のキャリアアドバイザーの意見に悩まされてしまいますので、1つに絞るのがおすすめですよ。

相談者2

転職エージェントを複数利用していることは伝えたほうが良いのでしょうか?

転職エージェント 末永

面談の際に他に利用している転職エージェントはありますか?と質問されることも多いので、正直に伝えましょう。

よくあるのは、別の転職エージェントから重複して同じ企業にエントリーをしてしまうケースです。

複数の転職エージェントから同一企業に応募して最終的に入社することになった場合、最初に企業を紹介した転職エージェントのみに報酬が支払われます。

この決まりによって、企業と転職エージェントの間でトラブルが起きやすくなるんです。

また、重複応募が発覚した時点で不採用になるリスクもあるので、十分注意が必要ですね。

相談者3

先日、転職エージェントに登録をしてキャリアアドバイザーと面談しました。

良い人だったのでこの転職エージェントだけ利用しようと思ったのですが、やっぱり複数登録をしたほうが良いのでしょうか?

転職エージェント 末永

転職エージェントは複数登録しましょうとよく言われていますが、たまたま1社目で良いキャリアアドバイザーに出会うことができたなら、無理に複数登録や掛け持ちをする必要はありませんよ。

おすすめの大手・中小転職エージェント16選

最後に、オススメの転職エージェントを業界の強みや特徴別にご紹介します。

登録は1~2分程度で気軽にできるものが多いので、ぜひ気になるエージェントに2〜3社登録してみましょう。

以下で、それぞれの特徴とオススメの転職エージェントを紹介していきます。

全業界・業種の求人を保有する大手エージェント

大手エージェントには、全業界・業種の求人が集まっています。大手企業や人気企業の非公開求人を多数保有しているのもこれら大手エージェントです。

複数検討する上では、必ずどちらかのエージェントは押さえておくべきですね。

「まだいきたい業界・職種が絞り切れていない」「多くの求人の中から比較検討したい」という方にオススメです。

全員登録すべき!大手総合型エージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500万円以上を目指す人にオススメのエージェント

リーダー・マネージャーといった企業の中核ポジションや管理職、マーケティングなどの専門スキルを生かして年収アップしたい方には、以下で紹介するサービスがオススメです。

ビズリーチは年収500万円以上の優良求人のみを扱う会員制転職サイトです。

登録してレジュメを登録しておくと、企業の採用担当者や業界・職種に特化したヘッドハンターからスカウトメールをもらうことができます。

大手エージェントが保有していないような独自のコネクションを生かした非公開求人に出会うことができますよ。

年収500〜600万円以上の転職を目指す人向け

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

オリコン利用者満足度、3年連続No.1!各業界・職種のハイレイヤー求人を豊富に保有するエージェント

ポイント

  1. 年収700万円以上の非公開求人を多数保有
  2. CAREER CARVERエージェントランキング1位獲得の実績
  3. 親身なキャリアカウンセリングに定評あり

パソナキャリアに
相談する

20代のフリーター・既卒・第二新卒向けのオススメエージェント

正社員経験が少ない方や未経験からチャレンジOKの非公開求人を多数保有しているのが、UZUZハタラクティブ などの就職エージェントです。

UZUZは未経験からチャレンジできるエンジニア求人やWeb業界の求人も保有しています。

20代既卒・フリーター・第二新卒向け

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

UZUZに
相談する

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

エンジニア・デザイナー経験者向けのエージェント

現在エンジニアやデザイナーの方で転職を検討している方は、優秀なエンジニアやデザイナーを採用したい企業の非公開求人を多数保有する以下の特化型エージェントがオススメです。

職種に特化しているので、より専門的なサポートを受けることができます。

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENTに
相談する

ITエンジニア経験者支援に特化した専門エージェント

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます。
※エンジニア未経験者向けの求人は保有しておりません。

ポイント

  1. 保有求人7000件以上の約8割が年収600万円以上のハイクラスIT求人
  2. 大手IT系・Web系企業からスタートアップまで幅広く網羅
  3. WEB・アプリエンジニア、インフラエンジニア、PM、ITコン、SEなど多様な職種に対応

レバテックキャリアに
相談する

医療従事者向けのオススメエージェント

医師・看護師・薬剤師の方で転職を検討している方は、以下の医療業界に特化したエージェントがオススメです。

電話で気軽に面談してもらえたり、メールやLINEでの相談体制も整っているので忙しい医療従事者の方にぜひオススメしたいサービスです。

医師向け転職エージェント

27万人の医師が利用する、医療従事者向けポータルサイト「m3.com」の運営元が展開する転職支援サービス。
利用者の96.1%が満足と答える質の高いサービスが魅力

ポイント

  1. 転職を希望する医師の登録実績 8年連続No1!
  2. 年間利用者数1万人以上!医師転職のスタンダード
  3. 医療経営士の資格を持ったコンサルタントが対応

エムスリーキャリアに
相談する

人材業界最大手のリクルートグループが運営する医師専門の転職支援サービス
常勤・アルバイト両方の求人紹介が可能!

ポイント

  1. 常時1万件を超える非公開の求人情報を保有
  2. 医師専門で30年。実績と実力のあるサービス
  3. 経験豊富な専任コンサルタントが親身にサポート

リクルートドクターズキャリアに
相談する


看護師向け転職エージェント

利用した看護師の満足度は業界トップクラス!
求人数も豊富で非公開求人を数多く取り扱っています。

ポイント

  1. 利用した看護師の満足度96%!
  2. 現場の看護師さんからヒヤリングしたリアルな情報が知れる
  3. 医療系転職サービスを複数展開しているので信頼できる

マイナビ看護師に
相談する

年間転職実績1万人以上!
あなたの希望にあった求人の紹介が可能

ポイント

  1. 住まいの地域に関係なく全国の看護師をサポート
  2. 応援看護師、訪問看護師、イベントナースなど、幅広い求人を保有
  3. webカウンセリングを利用可能、コロナ禍でも安心

医療ワーカーに
相談する

6万件以上の求人数を保有!
全国の求人を取り扱い。

ポイント

  1. LINEで気軽に相談可能
  2. 職場環境の情報収集に強みあり。長く働ける職場を探したい人におすすめ
  3. 情報収集だけでも利用可能

看護のお仕事に
相談する


薬剤師向け転職エージェント

薬剤師の登録者数No.1!
医療業界専門のエムスリーグループが運営する薬剤師に特化した転職エージェント!
最短即日・最大10件の求人紹介が可能!

ポイント

  1. 薬剤師を専任でサポートする転職エージェント
  2. 全国各地で求人紹介が可能!
  3. コンサルタントの満足度95%

薬キャリ AGENT
に相談する

薬剤師の転職満足度は業界No.1!
6万件以上の豊富な求人からベストな職場をご紹介!

ポイント

  1. 20~40代薬剤師の転職支援に強み!
  2. 業界最大級の求人数を保有!
  3. 登録者には転職サポートブックをお渡し中!

マイナビ薬剤師に
相談する

業界No.1の求人数を誇る転職サイト!
豊富な紹介先があることによって薬剤師の転職成功率は90%以上

ポイント

  1. 東証一部上場の日本調剤グループが運営
  2. 一つひとつの紹介先に足を運んでヒヤリングしている
  3. 紹介先の良いところだけではなく懸念点も正直にお伝えする

ファルマスタッフに
相談する

転職エージェントについて詳しく知りたい人向け

転職エージェントについて、さらに詳しく知りたい人やどんな転職エージェントを利用するのが良いか比較検討したい人に向けて、おすすめの記事を以下にまとめてみました。

こちらの記事も合わせて、ぜひご覧になってみてくださいね!

関連記事転職エージェントの評判|プロが裏事情を大暴露!【本音の口コミあり】

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント