転職エージェントって使うべき?活用するべき理由をプロが解説!

The following two tabs change content below.
アクシス(株)代表  末永雄大

アクシス(株)代表  末永雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

最近転職相談に来られた方から頂いた質問がありましたので、こちらでもお話しさせていただきますね。ちょっと長い記事ですがお付き合いください。

「企業に直接応募するのと、転職エージェントを活用して企業に応募する転職活動の違い(メリット・デメリット)は何でしょうか?」

弊社に登録に来られた方でも、私や弊社コンサルタントとの面談前に既に、ご自分で求人広告やHP経由で、企業への直接応募や説明会への参加申し込みを済ませてしまってから、いらっしゃる方がいます。

結論、エージェントを活用して、相談しながら転職活動を進めたい方であれば、エージェントとの面談前に、企業への直接応募は控えた方が良いと思います。

もちろん、これを読まれている皆さんからすれば、私自身が転職エージェントなので、一定のバイアスは入ってしまいますし、ポジショントークに聞こえてしまうかもしれませんが、転職者個人のキャリアを中長期で考えた上で、私は本音でそう感じています。

自分で直接応募をしてしまった後に、相談に来られて失敗や機会損失をされていた方とたくさんお会いしてきて、もう少し早くお会いできていればお役立ちできたのに…もったいない、悔しいと感じる機会が多かったので、結構熱い想いがあります。

以下でその理由の詳細について、説明していきます。

→転職を少しでもお考えの方は、リクルート出身の転職エージェントに無料転職相談してみませんか?

複数企業の選考スケジュール感を合わせられなくなってしまう

これは、初めての転職活動あるあるですね。
通常、選考を受けた企業から内定が出ると、回答期限を3日〜1週間程度で仕切られてしまう事が多いです。

すると、とりあえず受けてみようと軽い気持ちで受けた最初の会社から内定をもらってしまったものの、いざ、内定をもらうと他の会社も数社見てみたい、見てから決めたい、と思うのが人のサガです。

しかし、ご自分で企業に直接応募し、内定を得たとすると、その会社の人事や採用担当は、その候補者の個別都合などは関係ないので、早期の内定承諾を迫ります。

それがなければ、内定を辞退しなければならないという機会ロスさえ発生しかねません。
(マトモな)転職エージェントを活用すれば、そうした人間心理やスケジュール感をあらかじめ把握した上で、全体最適でプランニングしてくれます。

少なくとも、私や弊社コンサルタントはそのようにサポートしています。
しっかりとご自身の志向性を把握した上で、それに沿った求人を5~6社(書類は通過して面接に実際に足を運べるベースで)ご紹介します。

各社の選考スケジュールがうまく足並み揃うようにハンドリングをするので、転職者の方も各社を相対比較しながら、慎重に選択・意思決定ができます。内定をもらった時点では、すでにお気持ちもご自分の中で徐々に温められて、固められているのです。

企業・仕事内容の理解が浅いままに選考を進めてしまいがち


ご自分だけで、求人広告や企業のホームページ・採用ページで得た情報は、表層的な求人企業のアピール情報である事が多く、具体的な企業の事業内容や仕事内容まで把握・理解されていない事が多いです。

そんな状況の中で、そのまま面接に行ってしまうと、落ちてしまう可能性も高いのですが、なぜか内定となってしまった場合も、アンハッピーになってしまうリスクもあります。

もちろん企業の採用担当も素晴らしい方であれば、しっかりと面接でジャッジ・評価だけでなく、自社の事業説明や仕事内容説明まで丁寧にしてくださります。しかしある意味、流れ作業的に面接=ジャッジと思い込んでいる面接官もいらっしゃり、面接内で説明はほとんどないままにジャッジ・選考を進めてしまう事が多いです。

そこで、内定を得て回答期限を仕切られ、入社したとしても、本当にそれが自分にとってやりがいのある仕事なのか?
現職・前職の課題や不満を改善・解決できる会社や仕事なのか?についての精査はできていません。

それが実現できなければ、あえて転職などする必要はなく、現職で残って頑張るという選択肢だって別に良いわけです。

(マトモな)転職エージェントに相談すれば、エントリー企業の業界や具体的な業務内容の詳細な説明はもちろんですが、その仕事が、転職者の現職の課題や不満を改善できる内容なのか?

また、適正や価値観・志向性に合った仕事なのか?という精査を、客観的にしてくれます。

転職エージェント、アクシス株式会社について

転職エージェントのアクシスが年間1,000人以上の方から転職相談を受ける理由とは?

自分の志向が固まっていなく、内定をもらっても決めきれない


リクルート社の調べによると、年齢としては27歳が最も多く転職をしているそうです。(違ったらゴメンなさい)

23歳で大卒・新卒で入社した会社を、27歳で初めての転職を行い、次の会社に入社をするというケースが多いようです。
27歳前後で初めての転職ですので、自分が何をしたいかが固まっていない方がほとんどです。

そもそも、自分で就活して新卒入社を意思決定した会社に、アンマッチを感じて転職という結論に至っている方々ですので、明確な軸が醸成されておらず、最初の自分の選択に失敗されていたり、自分の判断基準に自信が持てていなかったりする方も多いのです。

「就活時に、親や同期からも賞賛・太鼓判を押されて、自分も意気揚々と入った会社なのに、結果、退職したいと思うようになってしまった…」「自分は一体何をしたいのだろう…?」「同じ過ちをしないためにはどうすべきなのか?」

どんなに前向きな事を言っていても、実際一定レベルでは、こんな心理状態が本音だったりするのです。

こんな心理状態のままに、会社にエントリーして面接を受けても、通過し内定をもらう確度は高くないですし、内定をもらったとしても、不安で意思決定ができない。もしくは、意思決定して入社しても、また同じ事を繰り返してしまうかもしれません。

エントリー以前に、自分の志向や判断軸を明確にする必要があるのです。
(マトモな)転職エージェントであれば、こうした志向の整理のために必要な「正しい質問」を知っていますし、壁打ちになってくれます。

また、転職エージェントは、ものすごい数の転職者と面談してきています。(大体、月に20人~40人程度、年間で240人〜480人)

過去に相談してきた方のデータベースから、その方に近しい、似ているパターンを引っ張り出して、志向性のロールモデルを提示してくれて、わかりやすくデフォルメ・サマリー化してくれると思います。

この志向性をサマリー化(要件定義・言語化)する事は非常に重要で、良い会社の面接官であれば、面接で必ず深ぼって質問されます。
ですので、面接を受ける事前に、しっかりと第三者にわかりやすく言語化しておくことが重要なのです。

→転職を少しでもお考えの方は、リクルート出身の転職エージェントに無料転職相談してみませんか?

書類通過率が低くなりがち


これは、なぜ?と思われる方も多いかもしれません。
もちろん、書類通過率が低くなる場合は、対象企業などによっても、ケースバイケースではあります。

例えば、小さい会社で社長が直接ホームページからの問い合わせも対応しているような規模であれば、このような事はないのかもしれません。

ただし、一定規模以上の会社で、転職者からの人気も高い会社ですと、人事・採用担当のマンパワーに対して、応募者・エントリー者の数が殺到しており、求人広告や採用ページからの応募エントリー数が膨大で埋もれてしまうリスクがあります。

(マトモな)転職エージェントは、面談した上での、面談所感を推薦文章として、企業の採用担当に、履歴書や職務経歴書だけでは伝え切れない魅力を、自分の信用を一定リスクをとった上でレコメンドします。

メールで推薦文章を送るだけでなく、すぐに後追いで、キーマンに対して電話やfacebookメッセンジャーで直接話をしつつ、その方の魅力やオススメ具合を伝えています。

ですので、採用側にとっても、採用HPや求人媒体などからのエントリー者と比べてアテンションが高まり、他の候補者よりも埋もれににくく、結果的に書類通過率が高まりやすくなるのです。

→転職を少しでもお考えの方は、リクルート出身の転職エージェントに無料転職相談してみませんか?

転職での書類選考通過率はどれくらい?成功の秘訣をプロが大公開!

面接フィードバックを受けられないので対策やPDCAが回せない


案外見落としがちな点ですが、直接応募で進めてしますと、書類選考や面接後の採用側からのフィードバックを取れませんよね。

転職エージェントを介していれば、受けている会社への選考の対策が取れるのはもちろんですが、結果的にその会社に落ちても転職活動は続いていきます。面接などで自分自身の癖や考え方などの課題を深めておく事で、どんどんその後の企業の面接通過率を上げていくことができます。

弊社でも、面接後には毎回電話やメールで、良かった点・課題に感じた点を突っ込んでヒアリングしていまして、ご本人に考えさせるようにしてます。

具体的には、以下のような流れで深く考えていただく事で、PDCAを精度高く回していただくよう促しています。

  • 今回の面接では、何が課題であったのか?
  • その課題が表出してしまったのはなぜなのか?
  • どうすれば、次回以降、その課題を改善・克服できると考えているか?

ちょっとした事かもしれませんが、非常に重要です。

面接官も人間ですし、30分〜1時間という業務の合間を縫った限られた時間の中で判断をしなくてはいけないので、どうしても、ひとつひとつの発言での印象・心象で合否判断がされてしまいがちです。

厳重に、精密に、考えておいて無駄なことはありません。

→転職を少しでもお考えの方は、リクルート出身の転職エージェントに無料転職相談してみませんか?

転職面接でよく聞かれる質問集!成功率を上げる対策法を徹底解説

配属や年収などのイレギュラー交渉に弱くなりがち


いざ、内定を得たとしても自分で応募した場合は、これから入社するかもしれない相手と交渉するのも気まずいため、ついつい受身で言われるがままの配属や条件になりがちです。

そこでエージェントという第三者が入ることで、配属についても事前に希望を提示して考慮してもらったり(もちろん絶対に叶うわけではありませんが)、給与条件も高められるケースもあります。

転職時の給与交渉をプロが伝授!年収アップのポイントを解説します!

内定率が低くなりがち(ケースによる)


こちらもケースバイケースではあるのですが、
採用の現場に普段からおりますと、心象によってあっけなくお見送りになってしまう事も意外と多くあります。

例えばですが、1次面接ではすごく評価が高く、論理的なコミュニケーション能力が高いと評された方が、2次面接では全く論理的でなく、コミュニケーション能力が低い、と逆の評価をされてしまう事が結構あります。

それはたまたま、本人の不調だったのか、面接官の面接スタイルや相性なのかなど。

色々な要素はあると思うのですが、普段から日常的にその転職者とコミュニケーションを取っている自分の方が、1回の面接でのプレゼンテーションよりも、その方のやり取りの対応や、本質が見えやすい部分があると思います。

そうした点を理解している中で、面接官のミスジャッジの可能性もあると思えるほどの自信があれば、エージェントがフォローをして、再度の面接の機会をいただくなどして、結果的に内定率が高まるという事は現場では割とあります。

関連記事がございますので、ご紹介しておきます。ぜひ、ご覧になってみてくださいね。

転職エージェント、アクシス株式会社について

転職エージェントのアクシスが年間1,000人以上の方から転職相談を受ける理由とは?

「転職エージェントを使うより直接応募の方が有利!」はウソ?


企業によっては、自社サイトや求人サイトを通して直接応募できるルートと、転職エージェントを通して応募するルートが存在することもあります。そういった企業だと「直接応募」「エージェント経由」どちらから応募するべきなのか、迷いますよね?

「直接応募した方が採用コストが安いので、採用されやすい」「エージェント経由で応募すると不利になる」という話を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

一見筋が通っているように見えるのですが、実はこの主張は「正しい」とは言えません。実際は、応募先企業の採用事情によって異なってきます。

採用コストの違い

直接応募が有利にならない理由を説明する前に、採用コストの違いについて確認しておきましょう。

応募方法によって、まず変わってくるのが採用コストなのです。

企業が負担しなければならないコストは、応募方法によって以下のように異なります。

3つの応募方法

  1. 直接応募(企業サイト等を経由)…0円
  2. 求人サイト経由…約40万円(※1)
  3. エージェント経由…年収の3割~4割

※1参考:マイナビニュース

このように3つのルートでここまで違います。

①の直接応募は自社HPでの募集となっているので、コストも安く済みます。

ですが、自社HPからの応募は、必ずしも企業が望んでいる人だけが応募してくる、というわけではありません。

中でも、人気企業の場合は「通過するかわからないけど、駄目元で応募してみよう」という応募者が出てくるケースもあります。

その選択に人件費がかかってしまうのです。

一方、中小企業や上場していない企業、またはメジャーではない企業の場合は、思ったように応募者が来ない…というのが現状です。
待っていても応募者が来ないため、求人サイトを利用して募集するケースが多いですね。

②求人サイト経由は、前払い制の掲載料金型後払い制の成果報酬型、そして無料型の3パターンがあります。

掲載料金型は、採用情報の掲載期間が決められています。
例えば、2週間掲載する場合には、約40万円〜100万円くらいが相場となっています。

成功報酬型は、さらに「採用課金型」と「応募課金型」の2つに分かれています。

「採用課金型」は、掲載料金は発生せず、実際に人材を採用した時点で料金が発生します。掲載に至るまでの負担が少なく、採用するまでのコストを抑えられるのが特徴です。
採用1口につき、1万円〜10万円が相場だと言われています。

「応募課金型」は、求職者が企業に対し応募をかけた時点で料金が発生します。応募1口につき数千円〜2万円が相場になっています。

ちなみに、中には成功報酬費用を、地域別料金プランにしている場合もあります。例えば、東京なら90万円、神奈川・千葉・埼玉なら70万円など。求人サイトにより、料金が大きく変わってきます。

無料型は、掲載料金も応募・採用時に発生する料金も、無料で利用可能となっています。

③エージェント経由は、エージェントを経由して人を採用する方法です。こちらの場合、成功報酬としてエージェントに転職者の年収の3割~4割の費用を支払うことになっています。例えば年収500万円の3割であれば150万という計算になります。

採用コストの金額は「直接応募<求人サイト<エージェント」となります。

企業の立場で考えてみると、直接応募の方が採用コストが安いので1番喜ばしいと考えがちですが、実はそうでもありません。

その気になる理由について、見ていきましょう!

企業が採用コストを節約したいとは限らない

直接応募の方が有利になるとは限らない理由を挙げてみます。

  • 高いスキルや意欲、実績のある人物を採用したい
  • エージェント経由であれば、応募者の条件や実力値をきちんと見極めた上で、紹介してもらえるという安心感がある

上記の理由が直接応募が有利になるとは限らないものです。また、そもそも企業が採用コストを節約したいとは限らない場合もあります。

エージェントへ支払う数百万円という金額は個人からみれば大金ですが、年間何億円と利益を出している企業にとっては、数百万円という金額は取るに足らない金額です。

安定的に収益を獲得していて、採用についてもある程度まとまった金額を予算として確保できる企業にとっては、「たった数百万円の採用コストをケチって、能力水準が低い人材を雇って損失を出してしまうくらいなら、エージェントに高い報酬を払ってでも、優秀な人材が欲しい」というのが本音なのです。

そのような企業は、自分たちが求める水準より著しく能力が低かったり、入社意思が弱く見えたり。「すぐに辞めてしまいそう」という懸念を払拭できないような人材は、例え採用コストがかからなくても、採用したくないと考えていることが多いです。

そのため「採用コストが低い=有利」とはならないのです。「直接応募なら企業側の期待値が低くなり、受かりやすい」ということもありません。

「異業種転職なら直接応募が有利」とも限らない!?

「エージェントに高額報酬を支払ってでも優秀な人材を確保したい」というのが企業の本音だとお話しました。ということは、未経験の転職なら転職エージェントを使わずに直接応募した方が良いのでしょうか?

実は、異業界・未経験業種の転職であっても転職エージェントを利用した方が良い場合もあります。エージェントが企業に求職者を紹介する際は、大きな信用リスクを背負っています。

企業の期待水準から著しく低い能力しか持たない人材を紹介してしまえば、「○○さんの目はもう信頼できないから、今後うちとは取引しない」ということになりかねません。

企業側はエージェントの「優秀な人材を見抜く力」を信頼して、非公開求人の情報を共有しているのです。

だから、直接応募では見向きもされなかった人であっても、転職エージェント経由で応募することで「エージェントの○○さんが紹介してくれるなら会ってみよう」と、面接選考に進むことができるというケースもあるのです。

直接応募した方がいい転職って?

直接応募した方が良いのは以下の企業・業界・職種への転職を希望する場合です。

◆(1)転職エージェントを利用しない業界

転職エージェントを利用しない業界は、どんなものが挙げられるのでしょうか?
気になるその業界について見てみましょう!

  • NPOやNGO、学校法人や財団法人、JICA等の公的企業
  • 一部の総合商社
  • 定期採用が中心の企業(小学館、ヤマト運輸、電通など)
  • 自社採用を重視する企業(P&G、トヨタなど)

上記が転職エージェントを使用しない業界となっています。
(1)のような場合は、業界として転職エージェントを使うという発想を持っていないので、直接応募するしかありません。

◆(2)離職率が高く、大量採用を行なっている職種

その一方、離職率が高く、大量採用を行なっている職種はどんなものなのでしょうか?
こちらも詳細を見ていきましょう!

  • 利益率の低い業界の正社員(飲食、賃貸)
  • 小売業の正社員
  • ソルジャー枠として営業職を採用する業界(証券、人材、不動産)

上記が離職率が高く、大量採用を行なっている職種です。

(2)については、人の出入りが激しいため、1人当たりの採用予算が低い傾向にある職種が該当します。

ソルジャー枠とは?
ソルジャー枠とは、「常に最前線で働くことを求められ、出世するのが難しい」採用枠のことです。頭数としての意味合いが強い採用のことを指します。

→転職を少しでもお考えの方は、リクルート出身の転職エージェントに無料転職相談してみませんか?

転職エージェント経由で落ちたけど直接応募ってできるの!?

一番重要なのは自らの意思決定の仕方


いかがでしたでしょうか。
ここまで色々な事例を提示しつつ、求人サイトやHP経由で自分で直接応募する事と、転職エージェントを経由して、エントリーする事の違いや、メリットについてお話をしてきました。

当たり前ですが、どんな手段を使うにしても、ビジネスパーソンとしてのキャリアや人生を左右するのは、結局は自分の意思次第ではあります。
しかし、意外と転職の瞬間で自分なりの意思そのものを明確にできている方が少ないのも現実です。

私のリクルート時代の上司であるNHKプロフェッショナル仕事の流儀にも出演された森本千賀子さんから、新人時代に「転職エージェントは求人紹介屋ではなく、意思決定支援ビジネスである」と教わり、私自身も腹落ちし、その教えをスタンス・ポリシーとしてこれまで仕事をしてきました。

意思決定というのは非常に難しいものです。
今日のランチに何を食べようか、という頻度の高い意思決定であれば良いですが、転職は何度もするものではありません。自分の人生や収入、生活スタイルなどを大きく変えてしまう可能性がある人生の中でも、頻度の少ない意思決定です。

こうした意思決定に寄り添い、転職者の本質的な志向性や軸を抽出・言語化し、第三者検閲のように、その軸からブレずにアラートをかけ続けていく事も、エージェントにとって大きな役割です。そして、転職者にとっても、エージェントを活用するメリットであると思います。

リクルート出身の転職エージェントを使うとこんなメリットがあります!

リクルート出身の転職エージェントを利用すると、どのようなメリットがあると思いますか?
気になるメリットについて、見ていきましょう!

◆①書類審査でも求人企業の採用担当者と直接交渉を行います!

転職エージェント側の判断で、求職者様の経歴が募集要項に合っていなくても、求職者様の人柄など書面では分からない点を企業に伝える事により、書類審査通過率を高められる場合がございます。

◆②担当者にしかわからない企業の採用情報を事前にお伝えできます!

希望する企業の過去の面接事例や質問されるポイント、面接官の人柄や企業が求めているどんな人物像。それだけではなく、今までにどんな採用をしているのかなど、担当者にしかわからない企業の採用情報を事前にお伝えできます。

◆③企業との交渉は代行して行います!

面接日時の調整や年収交渉、入社時期の調整など。在職中に転職活動を行う場合、平日昼間は仕事をしているため、自分では交渉しにくいことも代行して行わせて頂きます。ですので、在職中のお仕事に支障をきたすことなく転職活動が行えます。

元リクルートの転職エージェントと一度お話してみませんか?

転職エージェントを使って転職を検討している方に向けて、詳細をご紹介している関連記事がございます。
ぜひ、転職する上で参考にしてみてくださいね!

転職エージェントに使われるな、使え。〜成功のための3つのテクニック〜

弊社以外でおすすめの転職エージェントはこれ!


転職する際には、これまでにお話した通り、直接応募した方が良い場合と、しない方が良い場合があります。

一部の総合商社や定期採用を中心に行なっている企業の場合は、直接応募の方が良いです。

ですが、転職したい業界・職種が決まっていない方、未経験の業界・職種にチャレンジしたい方。

他にも、客観的な目線で事前対策をしてもらいたい方などは、転職エージェントの利用をオススメします。

もし、行きたい業界・職種が定まっていない方でしたら、自分にはどのような業界・職種が向いているのか、転職のプロがあなたの適性を見極めてくれます。

そこから、履歴書や職務経歴書の作成の仕方、添削をしてもらい、書類選考率を高めていきます。また、面接に対しても丁寧に対策をしてもらえます。

転職のプロであるエージェントは、これまでにも多くの転職者のサポートをしてきているため、企業情報や対策法を熟知しています。

だからこそ、事前にしっかりと対策ができるのです。

特に、初めての転職という方でしたら、「どんな風に転職すればいいの?」「応募書類とか面接が不安」など、悩みもあるかと思います。

ですので、初めて転職するという方は、直接応募ではなく転職エージェントを利用した方が、大きな安心感があって良いでしょう。

ただ、エージェントのスキルや経験には違いが生じますので、できれば大手エージェント2〜3社特化型エージェント1社へ登録するのがベストです。

まずは、実際にエージェントに直接会ってみた上で、サポートを進めてもらうエージェントを比較・検討して選ぶことをおすすめします!

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

リクルートエージェントに並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント

ポイント
  1. 10万件を超える求人の中から、アドバイザーが厳選してピッタリの求人を提案してくれる
  2. リクルートが保有していない求人を保有している可能性もある

dodaの評判は?現役転職エージェントが正直な話をぶっちゃける!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント
  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの方は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント
  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有