2019.09.13

転職エージェントよりも直接応募が有利なのはウソ!その理由を教えます!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

転職のサポートをしているとよく「企業に直接応募するのと、転職エージェントを活用して企業に応募するのって、どちらが有利なの?」と質問されます。

直接応募するべきなのか、転職エージェントを利用するべきなのかについて「直接応募するデメリット」に触れながら解説していきますね。転職を成功させたい人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

転職エージェントを利用するのなら直接応募は控えよう

求人に応募する際、企業のホームページから応募すべきなのか、転職エージェントを活用するべきかで悩んでいるのなら、内定獲得率を高められる転職エージェントを利用するべきでしょう。

また、転職エージェントをまだ利用していなくても、利用する可能性が少しでもあるのならなおさら控えたほうが良いです。

なぜなら、基本的に同じ求人には1年以上経過しないと再応募することができないからです。

自分で直接応募してから転職エージェントにサポートをお願いしたとしても、求人を紹介できないので機会損失をしてしまう人が非常に多いです。

実際に筆者も、もう少し早くお会いできていればお役に立ったのに、もったいないと感じることがよくあります。

転職エージェント経由であれば、転職を成功させられたのに……と非常に悔しい想いを何度もしています。転職したいと考えている人は、まず転職エージェントに相談をしてみて、ちょっと無理そうだな…と感じたときに直接応募してみることをおすすめします。

企業に直接応募するデメリット

企業へ直接応募するデメリットを見て悩んでいる男性

転職エージェントを使わないで求人に直接応募する際のデメリットを7つご紹介します。

筆者自身が転職エージェントなので、一定のバイアスは入っており、ポジショントークに感じるかもしれませんが、転職者のキャリアを中長期で考えた上で、デメリットをあげています。

以下でそれぞれ詳しく説明していきますね。

1.複数企業の選考スケジュールを合わせられない

通常、選考を受けた企業から内定が出ると、回答期限を3日〜1週間程度で仕切られてしまう事が多いです。

すると、とりあえず受けてみようと軽い気持ちで受けた最初の会社から内定をもらってしまうと「他の会社も数社見てみたい」「見てから決めたい」と思うのが人のサガです。

しかし、その会社の人事や採用担当は、その候補者の個別都合などは関係ないので、早期の内定承諾を迫ります。

転職エージェントを利用していれば、各社の選考スケジュールが揃うようにハンドリングをしてくれるので、転職者も各社を相対比較しながら、慎重に選択・意思決定ができます。

2.企業・仕事内容の理解が浅いまま選考を進めてしまう

企業のホームページ・採用ページで得た情報は、表層的な求人企業のアピール情報であることが多く、具体的な企業の事業内容や仕事内容まで把握・理解されていないことが多いです。

そんな状況の中で、そのまま面接に行ってしまうと、落ちてしまう可能性も高いのですが、なぜか内定となってしまった場合も、アンハッピーになってしまうリスクもあります。

もちろん企業の採用担当も素晴らしい方であれば、しっかりと面接でジャッジ・評価だけでなく、自社の事業説明や仕事内容説明まで丁寧にしてくれます。

しかしある意味、流れ作業的に面接=ジャッジと思い込んでいる面接官もいるので、面接で説明がほとんどないままにジャッジ・選考を進めてしまう事が多いです。

そこで、内定を得て回答期限を仕切られ、入社したとしても「本当にそれが自分にとってやりがいのある仕事なのか?」「現職・前職の課題や不満を改善・解決できる会社や仕事なのか」についての精査はできていません。

それが実現できなければ、あえて転職などする必要はなく、現職で残って頑張るという選択肢だって別に良いわけです。

3.自分の志向が固まっておらず意思決定できない

リクルート社の調べによると、年齢としては27歳が最も多く転職をしているそうです。

新卒入社だと27歳前後で初めての転職をする人が多いので、自分が何をしたいかが固まっていない場合がほとんどです。

自分で新卒入社を意思決定したのに、ミスマッチを感じて転職という結論に至っているので働く軸が明確になっていません。最初の選択が失敗しており、自分の判断基準に自信が持てない人も多いです。

「また同じ過ちを犯してしまうのでは…」という考えのまま、求人に応募して面接を受けたとしても内定をもらえる確度は高くないです。たとえ、内定をもらえたとしても、不安で意思決定ができない、入社してもまた同じことを繰り返してしまう可能性があります。

そうならないためには、求人に応募する前に自分の志向や判断軸を明確にする必要があるのです。

転職軸についてさらに詳しく知りたい人は、以下の記事も参考にしてください。

転職軸がしっかりしていないと転職は厳しい!その理由って?

4.書類選考通過率が低くなりやすい

書類選考通過率は求人企業によって、異なりますが、直接応募は低くなりやすいです。

なぜなら、一定規模の会社で転職者からの人気もあるところだと、応募が殺到してしまい、多数の転職者の中に書類が埋もれてしまうリスクがあります。

転職エージェントを利用していれば、履歴書や職務経歴書だけでは伝えきれない魅力を、推薦文で伝えることができます。

直接応募だとこのような転職エージェントによる援護射撃がないので、書類選考通過率が低くなっているのです。

書類選考通過率について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください!

転職での書類選考通過率はどれくらい?成功の秘訣をプロが大公開!

5.面接のフィードバックを受けられない

案外見落としがちな点ですが、直接応募だと書類選考や面接後に採用側からのフィードバックを受けることができません。

ただ、結果だけを伝えられるので、なぜ不採用だったのか、どのように改善すれば良いのかなど、次へ繋げられないのです。

転職エージェントを利用していれば、書類選考や面接のフィードバックをもらえるので、次の企業へその反省を活かすことができます。

自分の癖や考え方など、課題をどのように解消していくのかを考えていくことで、PDCAを回せるようになり、結果としてその後の面接通過率を上げられます。

ちなみにPDCAは以下のような流れで深く考えると精度が高くなるので、参考にしてみてください。

  • 今回の面接では、何が課題であったのか?
  • その課題が表出してしまったのはなぜなのか?
  • どうすれば、次回以降、その課題を改善・克服できると考えているか?

面接官も人間なので、30分〜1時間という限られた時間の中で判断をしないといけないため、ひとつひとつの発言での印象・心象で合否判断をしなければなりません。

少しでも良い印象・心象を持ってもらうように、精密に考えておくと良いでしょう。

6.配属や年収などの交渉がしづらい

いざ、内定を得たとしても自分で応募した場合は、これから入社するかもしれない相手と交渉するのも気まずいため、ついつい受身で言われるがままの配属や条件になりがちです。

そこに転職エージェントという第三者が入ることで、配属についても事前に希望を提示して考慮してもらったり、給与条件も高められるケースがあります。

給与交渉について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

転職時の給与交渉をプロが伝授!年収アップのポイントを解説します!

7.内定獲得率が低くなりがち

ケースバイケースなのですが、心象によってあっけなくお見送りになってしまうことがあります。

例えばですが、1次面接ではすごく評価が良く、論理的なコミュニケーション能力が高いと評された人が、2次面接では全く論理的でなく、コミュニケーション能力が低い、と逆の評価をされてしまう事があります。

転職エージェントを利用していれば、面接官のミスジャッジをフォローし、もう1度面接の機会をもらえる…と言うことがあったりします。その結果、内定率が高まるということは、実はよくあることです。

直接応募だと転職エージェントのフォローは得られないので、このようにもう1度チャンスをもらえないため、そのままお見送りになってしまうわけです。

転職エージェントよりも直接応募のほうが有利!ってウソ?

直接応募のほうが有利だと思っていたのに違って怒っている女性

「直接応募したほうが採用コストが安いので、採用されやすい」「エージェント経由で応募すると不利になる」という話を聞いて、直接応募のほうが選考が有利に進むと考えている転職者がいますが、そんなことはありません。

一見筋が通っているように見えるのですが、実は応募先企業の採用事情によって異なってきます。それについて、以下で詳しく説明していきますね。

採用コストの違い

直接応募が有利にならない理由を説明する前に、採用コストの違いについて確認しておきましょう。

応募方法によって、まず変わってくるのが採用コストなのです。

企業が負担しなければならないコストは、応募方法によって以下のように異なります。

  1. 直接応募(企業サイト等を経由)…0円
  2. 転職サイト経由…約40万円(※1)
  3. エージェント経由…年収の3割~4割

※1参考:マイナビニュース

採用コストは上記のように増えています。採用コストの詳細について、以下で簡単に説明しますね。

1つ目の直接応募は自社HPでの募集となっているので、コストも安く済みます。

ですが、自社HPからの応募は、必ずしも企業が望んでいる人だけが応募してくる、というわけではありません。その選別に人件費がかかってしまいます。

2つ目の転職サイト経由は、前払い制の掲載料金型、後払い制の成果報酬型、無料型の3パターンがあります。

それぞれの採用コストは以下のようになっています。

掲載料金型 掲載期間が定められている。 2週間掲載で約40万〜100万円が相場
成果報酬型 採用課金型 採用した時点で料金が発生。 採用1口につき、1万〜10万円が相場
応募課金型 求職者が応募した時点で料金が発生。 応募1口につき、数千円〜2万円が相場
無料型 すべて無料

3つ目は転職エージェント経由で人を採用する方法です。

転職エージェント経由で採用した場合、成功報酬として企業は転職者の年収の3割〜4割を転職エージェントに支払います。

この中では1番採用コストがかかるので、転職エージェントを使って採用している企業は少ないのでは?と考えがちですが、そんなことはありません。その理由を次で説明します。

企業が採用コストを節約したいとは限らない

企業が転職エージェントで採用コストをかけてでも、人材を採用したい理由は以下の2つです。

  • 高いスキルや意欲、実績のある人物を採用したい
  • 応募者の条件や実力をきちんと見極めた上で、紹介してもらえる

安定的に利益を出していて、採用にもある程度まとまった予算を確保している企業にとって「たった数百万円の採用コストをケチって、能力水準が低い人材を雇って損失を出してしまうぐらいなら、転職エージェントに高い報酬を支払ってでも優秀な人材が欲しい」と考えています。

企業が求めている水準より著しく能力が低かったり、入社する意思が弱く見えてしまう人は、「採用してもすぐに辞めそう」という懸念を抱きやすく、たとえ採用コストがかからなくても採用したくないと考えることが多いです。

そのため「採用コストが低い=有利」とはならないのです。「直接応募なら企業側の期待値が低くなり、受かりやすい」ということもありません。

「異業種転職なら直接応募が有利」ではない

企業は転職エージェントに高い報酬を払ってでも優秀な人材を確保したいと考えているということは、未経験の転職は直接応募のほうが有利なのでは?と思いがちですが、実はそうではないです。

異業界・未経験職種への転職でも転職エージェントを利用したほうが良い場合もあります。

なぜなら、転職エージェントが企業に求職者を紹介する際は、大きな信用リスクを背負っています。

企業の期待水準から著しく低い能力しか持たない人材を紹介してしまえば、「○○さんの目はもう信頼できないから、今後は取引しない」ということになりかねません。

つまり、企業は転職エージェントの「優秀な人材を見抜く力」を信頼して、非公開求人の情報を共有しているのです。

だから、直接応募では見向きもされなかった人であっても、転職エージェント経由で応募することで「エージェントの○○さんが紹介してくれるなら会ってみよう」と、面接選考に進むことができるというケースもあるのです。

直接応募したほうが良い業界・職種

とはいえ、転職エージェント経由ではなく、直接応募をしたほうが良い業界・職種があります。

どういう業界・職種なら直接応募するべきなのか、以下で詳しく解説していきます。

転職エージェントを利用していない業界

転職エージェントを利用していない業界は、直接応募でしか求人に応募できません。

実際にどのような業界がそれに当たるのか、以下でご紹介します。

  • NPOやNGO、学校法人や財団法人、JICA等の公的企業
  • 一部の総合商社
  • 定期採用が中心の企業(小学館、ヤマト運輸、電通など)
  • 自社採用を重視する企業(P&G、トヨタなど)

必ずしも転職エージェントを利用していないわけではないのですが、自社での採用を重視している傾向にあります。

上記で紹介した企業ですが、転職エージェントに求人を依頼していることもあるので、まずは大手転職エージェントに登録してみて、そこに求人がなければ直接応募することをおすすめします。

とりあえず登録しておくべき大手転職エージェント3社をご紹介しますね。

大量採用を行なっている職種

大量採用を行なっている職種は、採用コストをかけずに人材を採用したいと考えている場合があります。

実際にどのような職種が大量採用を行なっているのかご紹介します。

  • 飲食や賃貸などの利益率の低い業界
  • 小売業界
  • ソルジャー枠として営業職を採用する業界

大量採用を行っている職種は、人の出入りが激しいため、1人当たりの採用予算が低い傾向にある職種が該当します。

このような職種は激務なことが多いので、離職率も高い傾向です。

ソルジャー枠とは?

ソルジャー枠とは、「常に最前線で働くことを求められ、出世するのが難しい」採用枠のことです。頭数としての意味合いが強い採用のことを指します。

転職では自分の意思決定が大事

転職は自分の意思決定が大切だと伝えている男性

直接応募にしろ、転職エージェントにしろ、どのような方法で転職するにしても、今後のキャリアや人生を左右するのは自分の意思次第です。

しかし、意外と転職の瞬間に自分の意思を明確にできる人は少ないです。

今日の夕食はどうしよう、といった意思決定は頻度が高くて、今後の人生に大きな影響を及ぼしません。一方で、転職はなんどもするものではなく、また自分の人生や生活スタイルを大きく変えてしまう可能性がある頻度が低い意思決定です。

このような意思決定に寄り添い、支援するのが転職エージェントだと私は考えています。リクルート時代の上司で「NHKプロフェッショナル仕事の流儀にも出演されたことがある森本千賀子さんから、新人時代に「転職エージェントは求人紹介屋ではなく、意思決定支援ビジネスである」と教わり、私自身も腹落ちし、その教えをスタンス・ポリシーとしてこれまで仕事をしてきました。

ですので、転職者の意思決定に寄り添い、転職者の本質的な志向性や軸を抽出・言語化し、第三者検閲のように、その軸からブレずにアラートをかけ続けていくことも、転職エージェントにとって大きな役割です。そして、転職者にとっても、エージェントを活用するメリットであると思います。

転職エージェントについてさらに詳しく知りたい人は、以下の記事も読んでみてください。

転職エージェントに使われるな!成功のための3つのテクニック

転職を成功へ導くおすすめの転職エージェント

転職は直接応募したほうが良い場合と、転職エージェントを利用したほうが良い場合があります。

ですが、転職はなかなか大変です。履歴書・職務経歴書へのアドバイス、面接対策といった転職のプロによるサポートは、転職エージェントを利用しなければ受けることができません

転職したい業界・職種が決まっていない人、未経験業界・職種へチャレンジしたい人はもちろんのこと、直接応募でしかチャンスがない人も転職エージェントには登録しておくべきです。

なぜなら、面接は慣れが必要だからです。何度も経験していくことで、面接官が知りたいことを緊張せずに的確に話せるようになります。

また、現在の自分にはこの会社しかない!と思っていても、キャリアアドバイザーからもっと向いている求人を紹介される可能性があります。想定していなかった求人と出会える可能性もあるので、転職エージェントはぜひ利用しておきましょう!

ただ、担当になるキャリアアドバイザーの質は経験によって異なるので、できれば大手エージェント2〜3社特化型エージェント1社へ登録するのがベストです。

以下でおすすめの転職エージェントをいくつかご紹介します。ぜひ、登録して転職を成功へ導いてください!

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

未経験OKの若手向け求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 首都圏のIT/Web系企業への転職に強み
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの方は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカーエンジニアに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。