転職で失敗した人の共通点|失敗しないためにはどうすればいい?

  • !

転職  失敗

    転職失敗してしまう人の共通点や考えておきたいこと、転職の面接で失敗してしまう人の特徴について解説します。

    ミスマッチを起こした際にすぐ辞めても良いのかについても、合わせてお伝えします!

この記事を書いた人
末永

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の中途採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

転職で失敗したと感じるケース

転職をした後に「失敗した」と感じている人は、以下のようなケースであることが多いです。

それぞれについて詳しく説明していきます。

ケース①転職した会社がブラック企業だった

転職をしたはいいが、転職先の会社がブラック企業だった場合、「転職に失敗した…」と感じる人は多いです。

  • 残業時間が多くサービス残業をさせられる
  • 休日出勤は当たり前でろくに休みが取れない
  • ノルマが多く精神論/根性論がまかり通っている
  • 離職率が高く、入社しても辞めていく人が多い

一般的に、上記のように就業規則が曖昧で労働基準法に触れる可能性のある働き方をさせられていたり、働いていく中でノルマが多く、入社後に離職している人が多い場合、ブラック企業であると言えます。

転職エージェント末永 末永

万が一あなたが働いている会社がブラック企業なのではないかと感じた場合には、一度しっかりと労働状況を記録・整理して客観的にみて、必要に応じて転職を検討するようにしましょう。

ケース②転職したのに結局何も変わらなかった

前の会社で嫌なことや悩みがあって転職をしたのにもかかわらず、「転職した会社でも結局何も変わらなかった」という場合も転職に失敗したと感じる人もいるでしょう。

このケースの場合、転職前の会社を辞めた時の理由が以下のようなものであることが多いです。

  • 正当な評価をしてもらえず給与が全然上がらない
  • 今の会社の社風があわなくてストレスに感じている
  • 今の仕事をしていてもやりがいがなく楽しめなかった

上記のような悩みの場合、企業体制上どうしようもないケースも多く、転職したとしてもまた同じような不満を抱いてしまうこともあります。

仕事や会社の体制に対する不満がある場合には、すぐに辞めてしまうのではなく上司や人事に相談して、働き方や考え方を変えることで解決することもあるので、まずは相談することから始めてみましょう。

ケース③転職をしても希望する仕事ができなかった

やってみたい仕事があって転職したが、結局希望する仕事に就くことができないという場合も「転職に失敗した」と感じる人は多いでしょう。

特に、希望する職種が上流工程の仕事だったり、未経験の業界/業種に転職した場合には、必ずしも希望の仕事ができるとは限らないので注意が必要です。

また、企業から提示されていた仕事が思っていた業務内容と違うというケースもよくありますが、その場合は転職前の段階での情報収集不足や採用担当のミスである可能性があるので、一度人事部に相談してみても良いでしょう。

他にも、やりたい仕事には就くことができたが、実際に経験してみて「自分には合わない」と感じてしまうこともあります。

その場合には、しっかりと現状を改善できないか上司に相談しながら、どうしても難しい場合には部署異動や転職も検討をするようにしましょう。

ケース④職場の人間関係が最悪でストレスが溜まる

転職活動の時には企業の人間関係は分かりづらいので、転職した職場の人間関係が最悪でストレスが溜まってしまうという相談も多く寄せられます。

その場合もしも、ストレスの原因が自分にあるのであれば、自分の考え方を変えたり、振り返って改善していけばどうにかなりますが、自分に非があるわけではなく、明らかに特定の人の人間性やコミュニケーションの取り方に問題があるケースもあります。

その場合には、「なるべく関わらないように距離を置く」「何か言われても聞き流して割り切る」など、ストレスコーピングをして解決できるのであれば問題はありません。

ですが、人間関係が仕事にも悪影響があったり、ストレスで体調を崩してしまったりするようであれば、転職をしてから期間が短かったとしても再度転職を考えた方が良いでしょう。

転職で失敗した人の4つの共通点

次に、転職に失敗した人にはどのような共通点があるのかについて紹介していきます。

以下の特徴に当てはまる人は転職エージェントにきちんと相談しながら転職活動を進めましょう。

1.自己分析がちゃんとできていない

転職エージェント末永 末永

転職に失敗する人の多くが、自己分析をきちんとできていないといっても過言でありません。

そのため、自分がどういう人間で、将来どうありたいのかが曖昧なまま目先の給料や会社の知名度で転職を決め、失敗するケースを多く見てきました。

自己分析は、自身の「強み/弱み」「得意/苦手」「大切にしている価値観」や「求めていること」などを明確にしていくことができるため、転職だけではなくキャリアを築いていく上でも重要なことです。

なので、転職をする場合には自己分析はしっかりと行い、自身の考え方や特性をしっかりと整理した上で、キャリアの軸や転職の軸などを明確にしていくようにしましょう。

転職エージェント末永 末永

とはいっても自己分析をやってみても何も分からなかったという人も多いと思います。


マジキャリはあなた専属のプロとマンツーマンで自己分析をおこなうため今まで気付けなかったあなたという人に気づくことができます。

初回相談は無料なのでお気軽に相談してみてください。

マジキャリに相談する

2.企業選びの基準が曖昧

下記のように、転職をする場合でも企業選びをする際には、優先順位をつけていくことで転職における企業選びの軸が明確になっていきます。

  • 経営方針や事業内容
  • 企業規模や成長性
  • 業務内容とスキル/実績のマッチ
  • 給与やボーナスなどの条件
  • 福利厚生の内容や働き方
  • 社風や社員の雰囲気/人柄

転職において、失敗しないためにはあらかじめ「キャリアの軸」「転職の軸」「企業選びの軸」をしっかりと決めておいて、転職先の企業でしっかりと求めているものを実現できるのかをみていくことが大切です。

なので、転職をする際にはしっかりと企業選びの軸を明確にして、面接で質問された時にもしっかりと答えられるくらいには整理しておくようにしましょう。

キャリアの軸:仕事をしていく上での大きな方針で、キャリアにおける目的や方向性。

転職の軸:転職する目的のこと。転職においてどのようなことを求めているのか。

企業選びの軸:企業選択において何を大切にしているのか、キャリア/転職の軸に沿っているかが重要。

3.転職した原因や問題点を把握できていない

転職した原因や問題点を把握できていない場合、転職先でも同じようなことが起こってしまう可能性があります。

  • 職場での人間関係が悪くストレスが大きかった
  • 今の会社ではキャリアの実現が難しそうだった
  • 労働環境が整っておらず残業や休日出勤が多い
  • 仕事にやりがいが感じられなくて楽しめない

例えば、上記のような前職で退職した理由があったとしても、「その原因は誰にあるのか」「問題点はどこなのか」という部分を正確に把握していなければ、また同じようなことを感じてしまう可能性も高いです。

なので、転職をする時には「転職の軸」や「企業選びの軸」を決めるだけではなく、転職をすることになった原因と問題点を明確にした上で、解決していくためには何が必要になるのかも把握しておくようにしましょう。

4.キャリアプランが曖昧でなんとなく転職している

転職に失敗する人は、企業選びの基準が曖昧だったり、転職の軸も決まっていない人も多いですが、なによりも自分のキャリアの軸となるキャリアプランが曖昧なままの人が多いのが特徴です。

キャリアプランは、「将来どのようになりたいのか」「どんな働き方を実現したいのか」など、働いていく上での方針や指標になるものであり、転職の軸や企業選びの軸を決める際にも必要不可欠なものになります。

ですが、キャリアプランが曖昧なままだと、目先の利益や問題の解決のためだけに転職をしてしまうことも多いため、たとえ転職軸や企業選びの軸を決めていたとしても、「なんか違う…」と感じて転職を繰り返してしまうこともあります。

なので、転職を検討しているのであれば、まずはキャリアプランを考え、キャリアの軸を明確にした上で転職活動を行うようにしましょう。

転職に失敗しないために気をつけること

ここまで、転職に失敗したと感じるケースや失敗した人の共通点について紹介してきましたが、転職に失敗しないためにはどのようなことに気を付けていけば良いのでしょうか?

本項では、転職に失敗しないために気をつけるべき4つの事柄について詳しく説明していくので、参考にしてみてくださいね。

1.転職をする理由や原因を明確にしておくこと

前述でも、転職理由や原因を正確に把握しておかなければ、転職先でもまた同じようなことが起こってしまう可能性があるとお伝えしました。

具体的には以下のような流れで転職をする理由や原因明らかにしていきましょう。

  • 転職を考えた要因となるものを洗い出していく
  • 要因に対して自分が感じていることを整理する
  • 整理した内容の何が問題になるのかを明確にする
  • 問題点を解決できる案やできることはあるかを考える

転職理由や原因を明らかにする場合には、現状を事実ベースで書き出した上で、主観で感じたことや客観的にみて何が問題になるのかを整理していくのがおすすめです。

また、「自身の対応や考え方を変えることで、改善や解決につながることはないか?」という視点で、自問していくことで、現状を打開する方法が見つかったり、次の転職先で同じことが起こった時の対策を立てたりすることにつながるのでやってみると良いでしょう。

転職理由を聞かれた場合、改善できないか試したのかは重要なポイントなので、もしも転職を考えているのであれば、まずは今の環境で自分にできることがないか考えて実行しておくのがおすすめです。

2.自己分析をして考えを整理しておく

転職をする際には、転職の軸を考えていくためにも自己分析をして考えをまとめておくことは大切です。

  • 今の職場環境や仕事内容に対してどのように感じているのか
  • 今までやってきた業務内容の整理と成績や実績の数値化
  • 仕事で活かすことのできるスキルや知識/経験に何があるか
  • 自分が将来やりたいことや理想の働き方どのようなものなのか

転職における自己分析をする場合には、最低でも面接で聞かれるような「現状の仕事に関する考え方やスキル/実績」や「これからどのようなキャリアを歩んでいきたいか」はまとめておくようにしましょう。

また、もっと本格的に自己分析に取り組めば、将来的なキャリアプランを立てることができ、より失敗の少ない転職を目指すことができるので、興味がある方は以下の記事も参考にしてみてください。

3.企業選びの基準を決めておく

転職に失敗する人は、企業選びの軸を曖昧にしてしまったり、目先の利益で判断してしまっている人が多いです。

企業選びを失敗する人の特徴

  • 給与や待遇の良さだけで良し悪しを判断している
  • 会社の規模やネームバリューで決めてしまっている
  • 企業分析や情報収集を怠ってしまっている

逆に、転職後にミスマッチが少なく、企業選びに成功している人には以下のような特徴があります。

企業選びで成功する人の特徴

  • キャリアを実現するために必要な要素を満たしている企業を選んでいる
  • 企業分析や情報収集をしっかりとしていて転職後のギャップが少ない
  • 企業選びの優先順位が明確で、想定と違った時のリスクヘッジもできている

上記のように、企業選びの軸が明確で自分のキャリアに必要な企業を選ぶことができている人は、ミスマッチが少なく、想定と違うことがあっても、考え方を切り替えて対応していくことのできる人が多いです。

なので、もしあなたが転職をしたいと考えている場合には、「目先の利益だけで企業選びをしていないか」「キャリアの実現につながるのか」をしっかりと考えていくようにしましょう。

企業選びの軸を明確にすることで、ミスマッチを防ぐとともに、転職活動自体も効率的に進めることにもつながります!

4.キャリアプランを明確にする

転職に失敗して時間を無駄にしたくないと感じるのであれば、明確なキャリアプランを考えておくことが大切です。

キャリアプランを立てるためには、以下のような流れで進めていきます。

  • 過去の経験を分析して「性格」「価値観」「思考の癖」「行動の癖」などを明確にする
  • 「強み/弱み」「得意/苦手」「知識/経験」「仕事で活かせるスキル」などを洗い出す
  • 「やりたいこと」や「理想の働き方」を明確にしてキャリアの方向性を決める
  • 「キャリアプランの目的やゴールとなる指標」を明確にして必要になる目標を洗い出す
  • キャリア実現に必要な目標に優先度や期限を設定してタスク単位まで細分化する
  • 目標の優先度や期限を参考に、具体的なキャリアプランの計画を立てていく

キャリアプランを立てることで、自分のキャリアの軸が明確になり、転職をする際にもミスマッチの少ない企業選びをすることができるようになります。

なので、「転職に失敗したくない!」と考えている人はキャリアプランを明確にして、自分のキャリア選択の軸を明確に決めておくことが何よりも重要です。

明確なキャリアプランを立てるなら

  • マジキャリ
    あなた専属のプロがキャリアプランを立てるお手伝いをします。

キャリアプランについて考えていきたい方は以下の記事も参考にしてみてください

もう一度転職をするかどうかの判断基準

もしあなたが「転職をしたけど失敗した」と感じているのであれば、転職も視野に入れておく必要があるでしょう。

ですが、「次に転職をしてもまた失敗するのではないか?」「転職から期間が短いけど大丈夫かな?」と感じる人もいると思います。

なので、本項では「転職をすべきかどうかの判断基準」についてお伝えしていきます。

転職エージェント末永 末永

一人一人状況が違うと思うので一概には言えませんが参考にしてみてください。

現職に残るべき:転職してから期間が短い・スキルに自信がない

「転職してからまだ期間が短い場合」や「自身のスキルや実績に自信がない」という方は、すぐに転職をするよりも業務経験を積み、スキルや実績を身につけてからの方が良いケースもあります。

転職活動において、「在籍期間が短い」ということは「仕事の厳しさがわかっていない考えの甘い人なのでは」「採用してもまた簡単にやめてしまうかもしれない」とみられてしまう可能性が高いです。

なので、転職してから期間が短い場合は、2年〜3年程度仕事の経験を積んで、課題解決に取り組み、仕事のやりがいや大変さを理解した上で、必要ならば転職も再度検討していくという形の方が良いでしょう。

転職エージェント末永 末永

誰でも慣れない環境に飛び込んだときは大変なものです。その環境で頑張ることで将来的なあなたの自信につながるでしょう。

転職すべき:誰がみてもブラック企業である

転職してから期間が短い・スキルに自信がないと感じている方でも、「こんな場合には転職しても良い/転職した方がいい」というケースも存在します。

  • 残業時間が異常に多く休日出勤も当たり前
  • 職場で暴言を受けるなどキツく当たられる
  • 給与が相場よりもかなり低く生活が厳しい

転職してから期間が短い場合でも、上記のような正当な理由があり、以前の実績や経歴がちゃんとしていれば十分に信頼・評価してもらえる可能性があります。

職場環境が悪い、就業規則が不明瞭、ハラスメントが日常化しているなど、肉体的にも精神的にも体調を崩してしまいかねないという場合には、逆に早く退職を決意した方が良いでしょう。

もしも、転職の話をしても会社を辞めさせてくれないという場合には、『退職代行』を活用してみるのもおすすめです。

転職エージェント末永 末永

上述のように一人一人状況が異なるため一概に現職に残るべき・転職すべきとは言えません。


より詳しい相談をしたい場合転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

おすすめの大手転職エージェント

納得のいく転職を実現させるならマジキャリがおすすめ

ここまで転職を失敗した人のケースや失敗する特徴についてお伝えしてきました。

上述したとおり納得のいく転職を実現するためには自己分析が大切です。

自己分析によって自分のことを理解し、将来ありたい姿を実現するための手段としての「転職」をするべきです。

徹底的な自己分析をし、自分のことを深く理解するならマジキャリがおすすめです。

マジキャリは専属のキャリアコーチがあなたの自己分析を一緒におこない、あなたの強みややりたいことを見つけていきます。

また転職をすべきかの相談やするとなった際のサポートもおこなっています。

初回相談は無料でおこなっているので気軽にご相談ください。

転職を前提としないキャリアコーチングサービス
徹底した自己分析からキャリアプラン設計まで、圧倒的な価値を提供します!

マジキャリ

ポイント

  1. 徹底した自己分析やキャリアの棚卸し
  2. 中長期的なキャリアプランの作成
  3. 自社の基準を満たしたキャリアのプロのみ対応

マジキャリ
に相談する

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • はてなブックマーク

line

line

人気の転職エージェント