転職失敗する人には共通点がある!ミスしないために重要なこと

  • !

    転職失敗してしまう人の共通点や考えておきたいこと、転職の面接で失敗してしまう人の特徴について解説します。

    ミスマッチを起こした際にすぐ辞めても良いのかについても、合わせてお伝えします!

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

転職失敗する人の共通点

転職失敗してしまう人も多いと思いますが、そもそもなぜ失敗してしまうのか何か共通点があれば事前に把握しておきたいですよね。

実は転職失敗してしまう人には、以下2つの共通点があるんです。

上記に挙げた2つの共通点について、次で詳しくお話していきますね。

業界・職種の知識不足

1つ目は業界・職種の知識不足による失敗です。転職する際に、業界や職種をしっかりと理解して知識を習得できずに、そのまま転職してしまっている人が多く見られますね。

何も知識を持たないまま転職活動を進めてしまうと、転職できたとしても「こんなはずじゃなかったのに」とミスマッチを起こしてしまう可能性が高くなります。企業とのミスマッチは早期退職や再び転職を繰り返してしまうというリスクもあります。

とはいえ、単純に四季報などに目を通せば良いというわけではありません。古い業界なのか、具体的にどんな商材を扱っているのかという部分に注目するのがポイントです。

だからこそ、業界や職種についての下調べをきちんとおこなうのが重要になってくるんです。自分1人で調べるのは難しい部分なので、転職のプロに頼るのがおすすめですね。

自己分析の不足

2つ目は自己分析の不足による失敗ですね。自分が何をしたいのか、この先の将来どのようになっていたのかなど、自分の志向性やスキルセットをきちんと理解していなければ、転職してもミスマッチが生じる原因になってしまいます。

そのため、転職する前には自分のことを理解するために自己分析を念入りにおこなうことをおすすめします。自己分析をおこなうことで適性や得意分野を知ったり、一足跳びにはキャリアチェンジが難しかったりと、色々細かな部分が見えてきます。

例えば、旅行することは好きでも個人とのコミュニケーションは苦手だから窓口対応の仕事は厳しいなど、仕事内容や質と照らし合わせながら探すのが良いでしょう。

しかし、自分が将来どのようなことをしたいのか明確に決まらなかったり、キャリア自体に悩んだりしている人も実際には多いと思うんですよね。

そこでおすすめしたいのがマジキャリです。有料にはなってしまいますが、コーチングを通してあなたの強みをはじめ、志向性やぴったりのキャリアプランをコーチが設計してくれますよ。

おすすめのキャリアコーチング

  • マジキャリ
    初回ご相談無料!徹底した自己分析からキャリアプラン設計まで、圧倒的な価値を提供

転職失敗しないために考えるべきこと

転職失敗しないためには、事前によく考えておきたいことが4つあります。そのポイント4つについて、以下にまとめてみました。

上記に挙げた4つの考えるべきポイントについて、次でそれぞれ詳しくお伝えしていきたいと思います。

今の仕事の不満や課題の裏返しで転職先を探さない

今の仕事や課題を解決するために正反対の職種に転職をしてしまう人もいますが、これはミスマッチが生じる原因になってしまいます。

なぜなら、自分が感じている不満や課題への根本的な原因が具体的にどこに合ったのか、きちんと究明しなければ同じ失敗をしてしまうからなんです。

だからこそ、自分がどんな部分に不満を抱えているのか、じっくりと考えてみましょう。このとき、合わせて「現在の会社の良いところ」を書き出してみてください。

もしかしたら、不満だけが前面に出てしまっていて、その会社の良いところのほうが不満よりも多いかもしれません。

また、万が一転職することになっても、自分がどういう部分に不満を抱きやすいのか把握できているため、企業選びにも活かすことができますよ。

社名や給与・福利厚生にフォーカスしない

大手で働いている友人が羨ましい、もっと給与や福利厚生の良い企業が良いなどという理由から転職を決意する人も多いです。この転職理由はとくに第二新卒に多く見られる傾向にありますね。

確かに社名や給与・福利厚生などに魅力を感じる気持ちはわかりますが「転職したい」と思うのは、多かれ少なかれ現職に不満を感じているということになりますよね。

その不満をしっかりと明確にしないまま転職してしまうと、失敗を繰り返す原因になってしまいます。

そのため、中長期的な目線で「将来どうなりたいのか」「何をしたいのか」という点をきちんと定義した上で、必要なスキルや経験が得られる転職先を探すのがベストだと言えます。

以下の記事では、転職で失敗しない企業選びの方法などについて詳しく解説しています。ぜひ合わせて参考にしてみてくださいね。

今の仕事がつまらないという理由で転職しない

今の仕事がつまらないという理由で転職する人も見られますが、おすすめはしません。

なぜなら、これまでの経歴に傷をつけることになってしまうからなんです。大規模な会社によっては、退職することで人事記録に名前が残ってしまう可能性もあります。

また、今の仕事がつまらないからという理由からコインの裏返しのような感じで仕事を選んでしまうと見誤ってしまう場合もあります。両極端に振りきりすぎてしまうと「予想と違った…」と感じ、再び転職を繰り返す原因に繋がってしまいます。

そうならないためにも、シンプルに真逆の方向で考えるのではなく、より深く要素分解して問題となっているものが何であるのか考えてみましょう。その上で自分の優先度をつけて、自分に合った転職先を見つけることをおすすめします。

2回目の転職なら前回の反省点を活かす

1回目の転職であれば失敗して開き直っても良いかもしれませんが、2回目の転職ならきちんと反省をして、何が間違っているのか考えてみましょう。

例えば、1社目は親目線を意識して安定した大手企業に入社したけれど、いざ1年〜2年働いてみたら出世まで時間がかかるし、自分に合わずストレスだから転職したいという人がいたとします。

この場合、転職したい真の原因は「仕事を通して成長したかったのにできなかった」ことですよね。そこでさらに自分にとって何が重要なのか、優先事項を3つくらい挙げてみてください。

その際「安定」を入れてしまっている場合、何も反省できていないということになってしまいます。もちろん、安定している企業が良いに越したことはありません。

しかし、仕事を通して成長したかったのが原因なので、優先事項に安定を入れる必要はありませんよね。それにもかかわらず、実際に安定を優先事項に入れている人が多く見られます。

それでは改善できていないままになってしまうので、しっかりと改善点を見出して次の転職に活かしていきましょう。

転職に失敗しないための方法

転職に失敗しないためには、まず自己分析をしっかりとおこない、今一度自分をよく知ることが何よりも重要です。

自己分析をおこない自分をよく知ることができたら、次は企業研究をおこないましょう。企業研究をおこなうことで、自分に適しているのか選びやすくなりますし、この会社でどのようなキャリアを積めるのか、キャリア設計もしやすくなります。

具体的な企業研究の仕方としては、自分が気になっている企業のコーポレートサイトを細かな部分まで目を通して読み込むことが挙げられますね。他にも採用ページをチェックしたり、社長のインタビュー記事を見たりしてみましょう。

その中でも必ず調べておいてほしいのは「ビジネスモデル」「事業内容」の2つです。合わせて、傘下している企業ごとのビジネスモデルにも目を通しておくのがベストですね。

とはいえ、自己分析や企業研究のやり方がわからないという人もいると思います。そんな人は転職エージェントの活用をおすすめします。

キャリアアドバイザーがあなたと一緒に自己分析をおこない深掘りしてくれます。さらに、企業の内部情報にも精通しているため、自分1人で企業研究をおこなうよりも、より詳しい情報が得られますよ。

以下におすすめの転職エージェントをまとめましたので、それぞれ比較しながら自分に合ったところを見つけて利用してみてくださいね。

おすすめの大手転職エージェント

転職の面接で失敗してしまう人の特徴

転職する際に企業選びはしっかりできているにもかかわらず、何度も面接でお見送りにされてしまうという人も多いと思います。

面接が上手くいかない原因は大きく分けて、以下の2つが考えられます。

  • 面接対策が十分にできていない
  • 「一緒に働きたい人」と思わせられていない

企業の情報収集がしっかりとできていなかった、または転職理由や志望動機についての深掘りが足りなかったことが原因で上手く質問に答えられず、お見送りにされてしまうケースですね。

他にも転職理由を他責や環境のせいにしたり、ネガティブな発言が多かったりすると、面接官が「一緒に働きたくないな…」と感じてしまい、不採用にされてしまうこともありますね。

少しでも内定獲得率を上げるためには、十分な面接対策をおこなうことが大切です。しかし、1人で面接対策をおこなうには限界がありますよね。

そんなときは転職エージェントを活用するのもアリです。キャリアアドバイザーが徹底的に面接対策をしてくれるので、自分1人で対策するよりも内定率を高められますよ。

また合わせて、面接に関する記事をいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

転職後に失敗と気づいたときすぐに辞めて良いのか

転職後に失敗と気付いたときにすぐ辞めても良いのか、それは自身のキャリアと経歴によって変わってきます。

なぜなら、自分の経歴やスキルにより踏みとどまったほうがいい人と、すぐに次の転職を考えてもいい人がいるからなんです。具体的にどんな人なのか以下に挙げてみました。

上記に挙げた2つについて、次でそれぞれ詳しくお伝えしていきますね。

キャリアに自信がない人は踏みとどまったほうが良い

転職失敗してしまっても踏みとどまったほうがいい人は、キャリアに自信がない人です。他にも、これまでの職歴の中で2年〜3年スパンで続いている会社がない人も踏みとどまるのが良いでしょう。

なぜなら、短期離職を繰り返してしまうと次の転職で面接を受ける際に「仕事の厳しさをわかっていない考えの甘い人」「すぐに辞めてしまうかもしれない」と見られてしまう可能性が高いからなんです。

だからこそ、転職先で思うように成果を出せないとき、または人間関係がうまくいかないときは「なぜ前の会社を辞めて、この会社に転職しようと思ったのか」という点を振り返ってみましょう。

ただし、仕事があまりにも激務過ぎるとか、ハラスメントが横行していて肉体的・精神的に危険を感じる場合は1年未満で辞めても問題ありません。

仕事がつらくなってしまった人やブラック企業の見分け方を知りたい人は、以下の記事も合わせて読んでみてくださいね。

実績やスキルが十分にある人は転職しても良い

20代〜30代の人で前職での実績や経験・スキルが十分ある人であれば、転職を検討しても問題ありません。

ただし、転職活動では何社も内定をもらっていて、その中から1社を選んで入社したのに「入社前に聞いていた話と全然違う」という場合に該当する人に限られます。

このような人は短期間で退職してしまった経歴があったとしても、以前の経歴だけで十分に信頼・評価してもらえる可能性が高いですね。

以下の記事では、20代〜30代向けのおすすめ転職エージェントについて詳しく解説していますので、こちらも参考にしてみてください。

転職に失敗する確率を下げたいなら転職エージェントがおすすめ

転職で失敗してしまうのは、自己分析や面接対策が不十分であることが原因として挙げられます。

とはいえ、1人でどうやって自己分析をすれば良いのか、どんな面接対策をすれば良いのかわからなくて不安を感じている人も多いと思うんですよね。

そこでおすすめしたいのが転職エージェントです。キャリアアドバイザーがどんな風に自己分析をしたら良いのかアドバイスしながら、一緒に考えることができるので安心感があります。

それだけではなく、あなたが希望する企業に合わせた面接対策を何度もおこなってもらえるので、質問されたのに答えられないという事態を防げます。

キャリアアドバイザーは企業の詳細情報を把握しているため、その情報を踏まえた上であなたが転職で失敗しないように一貫してサポートしてくれます。

ただ、キャリアアドバイザーの質やサポート力、あなたとの相性が変わってきます。ですので、2社〜3社の転職エージェントに複数登録して、自分に合ったところを利用してみてくださいね。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェント
に相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

doda
に相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェント
に相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

UZUZ
に相談する

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブ
に相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)
に相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメント
に相談する

エンジニア・デザイナーの転職におすすめの転職エージェント

エンジニアの求人も豊富に保有している
国内最大級の定番エージェント

ポイント

  1. 転職者の約8割が利用するエージェント
  2. 求人数は業界No.1!全ての職種を網羅
  3. プログラマー・Webエンジニア、社内SEなど人気の求人も多数保有

リクルートエージェント
に相談する

人気の転職エージェント