転職に失敗した時の対処法と成功するコツを大公開!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職のプロがぶっちゃける形で転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今回は、

「転職してみたら、思っていたのと違った」
「転職活動が全然うまくいかない」

と、転職失敗しちゃったかも?と悩んでいる方向けに、どうしたら上手くいくようになるのか、失敗しない転職をするためにはどんなことに気をつけたら良いのかについて解説していきます。

転職失敗したかも、辞めてもいいの?


「いざ転職したけれど、思っていたのと違っていて、失敗したかも」

そう思った時、すぐに次の転職を考えていい人と踏みとどまった方が良い人がいます

それぞれどんな人が当てはまるのかを解説していきますね。

実績やスキルが十分にある人は転職しても良い

20代後半や30代の方で、前職での実績や経験、スキルが十分ある方は転職を検討しても良いと思います。

転職活動では何社も内定をもらっていて、その中から選んでその会社に入ったのに「聞いていた話と全然違う」という場合が該当します。

こういった方は、直近で短期離職の経歴があったとしても、以前の経歴だけで十分に信頼・評価してもらえる可能性が高いです。

キャリアに自信がない人は踏みとどまった方が良い

キャリアの浅い方、これまでの職歴の中で2〜3年スパンで続いている会社がない、どの会社でも欲しがるような実績やスキルを持ち合わせていないという方は、転職先の職場に踏みとどまった方が良いケースが多いです。

短期離職を繰り返しても、キャリアにキズをつけてしまうだけです。

「仕事の厳しさをわかっていない甘い考えの人」、「またすぐに辞めてしまいそう」というラベリングをされてしまい、予想以上に厳しい転職活動になってしまう可能性が高いです。

仕事がハードすぎる、職場のいじめがひどすぎて生命の危険を感じるという場合をのぞいて、1年未満での離職は避ける方が賢明です。

入社した会社で思うように成果が出せなかったり、うまくいかないことがあったりして、「失敗したかも、辞めたいかも」とネガティブな感情に流されてしまうことは誰しもがあることです。

そんな時には、「なんで前の会社辞めて、なんでこの会社に転職しようと思ったんだっけ」と一度冷静に、そもそもの転職した目的に立ち返ってみるといいと思います。

今の会社で成し遂げたかったことや、なりたかった自分を思い出して、「よし頑張ってみよう」と思い直せることも結構あるものです。

転職で失敗してしまう人の特徴

これまでに「転職をして後悔している」というご相談を多数受けてきた中で、転職に失敗してしまう人には共通した特徴・パターンがあるように感じています。

失敗といっても、そもそもの企業選びを失敗しているパターンと、企業選びは良かったけれど、なかなか面接が上手くいかないという2パターンがあると思うので、それぞれ分けて解説していきます。

失敗しない転職選びの参考にしてください!

企業選びで失敗してしまう人の特徴

企業選びで失敗してしまう人の特徴
  1. イメージや憧れだけで転職しようとする人
  2. 今の仕事の不満や課題の裏返しで転職先を探す人
  3. 社名や給与、福利厚生にフォーカスしがちな人

◆イメージや憧れだけで転職しようとする人

 

興味がある、イメージが良いからという理由だけで転職先を決めるのは失敗する可能性が非常に高いです。

例えば、マーケティングは華やかな仕事だと思って転職したけれど、実際は膨大な量のデータやエクセルとにらめっこしながら、細かい分析や改善をひたすらするという泥臭い作業ばかりでいやになってしまった、といったケースです。

特に未経験の業界や職種へ転職を検討する場合に多い失敗例です。

未経験の業界・職種への転職に成功するためのポイントについて、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせてご覧ください!

異業種への転職で成功をするポイントは?不安をなくす方法を伝授!

2017.05.29

◆今の仕事の不満や課題の裏返しで転職先を探す人

2つ目は、今の仕事の不満や課題を解決するために、正反対の職種に転職すれば良いと思って失敗してしまうケースです。

例えば、もう営業だけはやりたくない!と事務職へ転職してしまったり、激務で悩んでいる方がワークライフバランスだけを重視して転職先を決めてしまうというパターンですね。

目の前の仕事が嫌過ぎて、近視眼的になってしまい、まったくの正反対を求めてしまうのはよく理解できます。

しかし、正反対の職種に転職してしまう方の話を深掘りして聞いてみると、仕事が嫌になったというよりも、上司のマネジメントスタイルや社風などに原因があったりすることも多いのです。

同じ営業職でも、業界や会社、上司が変わるだけで不満が解消されることはあるのです。

自分が感じている不満や課題の根本的な原因が具体的にどこにあったのか、しっかりと究明することで転職への失敗を防ぐことができます。

また、合わせてやって欲しいことに「今の会社の良いところを書き出す」があります。不満だけが全面に出てしまっていて、実は「良いところ」のほうが多い会社なのかもしれません。

仮に転職することになっても、自分がどういう点に対して不満を感じるのか把握できているので、会社を選ぶ時に役立ちます。

◆社名や給与、福利厚生にフォーカスしがちな人

大手で働いている友人が羨ましい、もっと給与や福利厚生が良い企業がいい!と隣の芝生は青い的な感情で転職先を選んでしまうケースも多いです。

例えば、給与が高いのが魅力で転職したけれど、求められるレベルが高すぎたり、仕事がハードすぎて耐えられずにすぐに辞めてしまうというパターンや、待遇はいいけれど仕事に全くやりがいが感じられずに後悔するというパターンです。

全てを満たす夢のような仕事というのは基本的にありません。

仕事に対するやりがいなのか、給料や待遇の良さなのか、社内の雰囲気なのか、それは人それぞれです。自分が仕事において求めていることは何かを優先順位をつけて考えるようにしましょう。

失敗しない企業選びの方法について、以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ合わせてご覧ください!

【必読】WHAT(何をしたいか)にとらわれた転職は失敗する!!

2016.03.10

転職軸がしっかりしていないと転職は厳しい!その理由って?

2017.06.12

「転職したい」と思うのは、多かれ少なかれ現職に不満を感じているからだと思います。

しかし、「将来どうなりたいのか」が曖昧なまま、「単に今の仕事がいやだから」という理由だけで転職先を決めてしまうとまた失敗します。

中長期的な目線で、「将来どうなりたいのか、何をしたいのか」をしっかりと定義した上で、必要なスキル・経験が身につく転職先を探すのがベストです。

面接で失敗してしまう人の特徴

何社受けても、面接で落とされてしまう。転職活動なんてしなければ良かったかも。と自信を無くしてしまっている方向けに、面接通過のポイントや失敗パターンについてもご説明しておきます。

面接がうまくいかないという場合、原因は大きく分けて2つあります。

面接で失敗してしまう人の特徴
  1. 面接準備が十分にできていない
  2. 「一緒に働きたい人」と思わせられていない

◆面接準備が十分にできていない

面接が終わってから、「もっと事前準備をしておけば良かった」と後悔するケースです。

企業に対しての情報収集をしっかりしていなかった、転職理由や志望動機についての深掘りが足りなかった、ということが原因で質問にうまく答えられず、お見送りになってしまうというのは意外に多いです。

なんとなく自分のことは分かっているし、話をするのは得意だし、と思っていたけど、いざ面接になると全然喋れなかったという失敗が特に多いと感じます。

面接はやり直しができません。
後悔しないためにも、事前準備はしっかりと肝に銘じていただきたいです。

◆「一緒に働きたい人」と思わせられていない

面接でちゃんと喋れたはずなのに、なぜか落とされてしまう。というケースもあります。

この場合に多いのは、転職理由を他責や環境のせいにしてしまっていたり、ネガティブなマイナス思考の発言が多く、面接官に「正直一緒に働きたくないな」と思わせてしまっているパターンです。

自我が強すぎたり、協調性が無いように見えてしまい、謙虚さや素直さが無いと思われてしまうパターンもありますね。

無意識にそういったニュアンスに聞こえる発言をしているかもしれないので、「客観的に」もう一度振り返りをして見ると良いと思います。

面接突破のコツは、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ合わせてご覧ください!

【対策】これで受かる!転職面接を突破するポイントを徹底解説【例文あり】

2019.01.16

転職で失敗しないためのコツ

転職は人生に大きく影響するので、誰しもが成功させたいと思っていますよね。

改めてどのようなことをすれば転職を成功に導けるのかをまとめておきたいと思います。

やりたいことを明確にしておく

何をやりたいのかを明確にする、これが1番大切なことです。

なぜ転職をしたいのか転職先で何をしたいのかを納得がいくまで考えてみましょう。

自分1人で考えがまとまらない場合は、第三者に話してみるのも良いです。

なかなか人に言い難いことだと思いますが、「自分がなぜ転職したいのか」を筋道を立てて、しっかりと説明ができれば自信が持てるようになります。

第三者と話すことで、「キャリアに不満があって、さらなる成長がしたい」「企業の目指している方向性が自分の考えと異なる」「福利厚生の改善を希望している」など、転職の動機を明確に持つことで成功に繋がるのです。

自己分析を徹底的にする

面接で「なぜ弊社に応募されたのです?」と訊ねられることが多いと思います。

この問いに対して、漠然としたものではなく、はっきりと理由を答えられるようにしておく必要があります。

ただ、何も対策をしていないと答えに窮してしまいます。きちんと答えるためには、事前に自己分析をおこなう必要があるのです。

自己分析を徹底的におこなうことで、「自分に何ができるのか」「これまでどのような経験をしてきたのか」など、スキル等の棚卸しもできます。

ちなみに、企業はこの問いで転職者が入社後に「自社でどんなことをやりたいのか」「どんな活躍ができるのか」を見ています。

中途採用の場合、企業は即戦力になることを期待しています。その期待に対して、「前職での実績や功績」「どうして転職先として選んだのか」「この会社で何をしたいのか」など、はっきりと答えられることが転職で成功する重要なポイントになってきます。

1人で自己分析ができない場合は、転職エージェントに頼るのも1つの手ですよ。

もしどこに相談すれば良いのかわからない人は、ぜひ下記の記事を参考にしてください。

【必読】転職をしたいけど、どこに相談すべきかわからない人へ

2018.11.27

失敗しない!おすすめの転職エージェント


一般的に転職活動は1人でおこなうので、孤独になりがちです。実際、働いている友達には相談し難いことですよね。

不安なときや困ったときに転職エージェントは相談相手になってくれます。この相談を通して、自己分析転職へのアドバイスをしてくれるのです。

また、自分が書いた履歴書や職務経歴書が合っているか不安な方も多いですよね。書類の添削はもちろんのこと、面接でよく訊かれる質問の傾向どういう回答が良いのかのアドバイスもしてもらえます。

他にも面倒なスケジュール管理年収交渉などもおこなってくれるので、実は転職者には強い味方なのです!

そこで転職を成功させたい方に向けて、おすすめの転職エージェントをご紹介します。転職エージェントにも得意分野などがあるので、1社だけでなく複数の転職エージェントに登録するのが転職を成功させるコツです。

もし転職エージェントを比較検討したい方は下記の記事を参考にしてください。

※)参考記事:転職エージェント大手12社の比較と編集部が選ぶオススメランキング

ただ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、優秀なキャリアコンサルタントに出会うためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきだと考えています。

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

まずはここに登録すべし!定番エージェント!

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25