転職に失敗した!辞めてもいい?選択ミスを防ぐためのコツを大公開!

転職に失敗したかも…と悩んでいる女性

The following two tabs change content below.
末永 雄大

末永 雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

「転職してみたら思っていたのと違った…」「転職活動が上手くいかない…」といった理由から、転職に失敗したかも?と悩んでいる人も多いですよね。

今回はそんな転職に失敗してしまったかも…と悩んでいる人向けに「転職に失敗したときにすぐに辞めても良いのか」「転職で失敗してしまう人の特徴」「転職で失敗しないためのポイント」などについて、徹底的に解説していきます。

転職に失敗したときすぐに辞めても良い?

転職に失敗したときにすぐに辞めても良いのか、選択肢を提示している女性
転職したものの、思っていたのと違っていて失敗したかも……と感じたとしても、すぐに辞めても良いのかな?って悩むことがあるのですが、ぶっちゃけ場合によります

なぜなら自分の経歴やスキルによって、踏みとどまったほうが良い人と、すぐに次の転職を考えても良い人がいるからです。

それぞれどのような人が当てはまるのか、次で詳しく解説していきますね。

キャリアに自信がない人は踏みとどまった方が良い

キャリアが浅い、これまでの職歴の中で2〜3年スパンで続いている会社がない、どの会社でも欲しがる実績やスキルを持ち合わせていないといった人は、現在の職場に踏みとどまったほうがキャリアにキズがつかないケースが多いです。

短期離職を繰り返してしまうと、次の転職で「仕事の厳しさを分かっていない考えの甘い人」「すぐに辞めてしまうかも」と見られてしまい、予想以上に厳しい転職活動になってしまう可能性が高いです。

転職先で思ったように成果を出せなかったり、人間関係が上手くいかなかったとしても、「なんで前の会社を辞めて、この会社に転職しようと思ったのか」を冷静に、転職した目的に立ち返ってみると良いです。

失敗したかも…というネガティブな感情でいっぱいだったとしても、当初の気持ちにたちかえれば「もう少し頑張ってみよう!」と思い直せることもよくあります。

ただ、仕事が激務すぎたり、ハラスメントが横行していて、肉体的・精神的に危険を感じる場合は、1年未満で辞めても問題ないです。

仕事がツラくなってしまった人やブラック企業の見分け方を知りたい人は、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください!

仕事したくない!働きたくない!現代社会に負けない方法を伝授します
ブラック企業の見分け方!16つの業界を転職のプロが暴露

実績やスキルが十分にある人は転職しても良い

20代後半や30代の人で、前職での実績や経験、スキルが十分あれば転職を検討しても良いです。

転職活動では何社も内定をもらっていて、その中から1社を選んで入社したのに「聞いていた話と全然違う」という場合に該当します。

このような人は短期間で退職した経歴があったとしても、以前の経歴だけで十分に信頼・評価してもらえる可能性が高いです。

20代・30代の年齢別の転職成功のコツについて、以下の記事で解説しているので合わせてご覧ください!

20代の転職で失敗しない方法!内定獲得をUPさせるポイント大公開
30代の転職って不利!?成功を掴むコツを転職のプロが解説します!
35歳以上でも転職できる!成功するためのポイント大公開
35歳以上でも転職できる!成功するためのポイント大公開

転職で失敗してしまう人の特徴

転職に失敗してしまう人の特徴をチェックリストにまとめてみました。

これがすべてではないのですが、筆者が「転職に失敗して後悔している…」という相談を数多く受けてきた中で、以下のような共通した特徴があると感じています。

その特徴を以下にまとめてみました。簡単にできるので自分が当てはまるかどうか、確認のために使ってみてください!

仕事に対する不満だけで転職
人間関係に対する不満だけで転職
イメージや憧れで転職する
他責にしてしまう
ネガティブな発言が多い
社名や給与だけで転職先を決める
実績やスキルがない
自分の市場価値を分かっていない
面接の準備ができていない
転職理由が曖昧

上記のリストで1つでもチェックが入った人は、転職に失敗してしまう可能性があります。

必ず失敗してしまう訳ではないのですが、上記のような人は転職に成功しにくいですね。

次ではさらに転職に失敗してしまう人の特徴を、「企業選びに失敗してしまうパターン」と「面接で失敗してしまうパターン」の2つに分けてご紹介します。

企業選びで失敗してしまう人の特徴

企業選びで失敗してしまう人の特徴は、以下の3つが多いです。

それぞれについて、次で詳しく解説していきますね。

イメージや憧れだけで転職しようとする人

興味がある、イメージが良いからという理由だけで、転職先を決めるのは失敗する可能性が非常に高いです。

例えば、マーケティングは華やかな仕事だと思って転職したけれど、実際は膨大な量のデータやエクセルとにらめっこしながら、細かい分析や改善をひたすらするという泥臭い作業ばかりでいやになってしまった、といったケースです。

とくに未経験の業界や職種へ転職を検討する場合に多い失敗例です。

未経験の業界・職種への転職に成功するためのポイントについて、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせてご覧ください!

異業種への転職で成功をするポイントは?不安をなくす方法を伝授!

今の仕事の不満や課題の裏返しで転職先を探す人

今の仕事や課題を解決するために、正反対の職種に転職すれば良い!と思って失敗してしまうケースもよくあります。

例えば、もう営業だけはやりたくない!と事務職へ転職してしまったり、激務で悩んでいる人がワークライフバランスだけを重視して転職先を決めてしまうというパターンですね。

正反対の職種に転職してしまう方の話を深掘りして聞いてみると、仕事が嫌になったというよりも、上司のマネジメントスタイルや社風などに問題があることが多いです。つまり、同じ営業職でも、業界や会社、上司が変わるだけで不満が解消されることはあるのです。

自分が感じている不満や課題の根本的な原因が具体的にどこにあったのか、しっかりと究明することで転職への失敗を防ぐことができます。

また、合わせてやって欲しいことに「現在の会社の良いところを書き出す」があります。不満だけが全面に出てしまっていて、実は「良いところ」のほうが多い会社なのかもしれません。

仮に転職することになっても、自分がどういう点に対して不満を感じるのか把握できているので、会社を選ぶ時に役立ちます。

社名や給与、福利厚生にフォーカスしがちな人

大手で働いている友人が羨ましい、もっと給与や福利厚生が良い企業がいい!と隣の芝生は青い的な感情で転職先を選んでしまうケースも多いです。

例えば、給与が高いのが魅力で転職したけれど、求められるレベルが高すぎたり、仕事がハードすぎて耐えられずにすぐに辞めてしまうというパターンや、待遇はいいけれど仕事に全くやりがいが感じられずに後悔するというパターンです。

全てを満たす夢のような仕事というのは基本的にありません。

仕事に対するやりがいなのか、給料や待遇の良さなのか、社内の雰囲気なのか、それは人それぞれです。自分が仕事において求めていることは何かを優先順位をつけて考えるようにしましょう。

「転職したい」と思うのは、多かれ少なかれ現職に不満を感じているからだと思います。

しかし、「将来どうなりたいのか」が曖昧なまま、「単に今の仕事がいやだから」という理由だけで転職先を決めてしまうとまた失敗します。

中長期的な目線で、「将来どうなりたいのか、何をしたいのか」をしっかりと定義した上で、必要なスキル・経験が身につく転職先を探すのがベストです。

失敗しない企業選びの方法について、以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ合わせてご覧ください!

【必読】WHAT(何をしたいか)にとらわれた転職は失敗する!!
転職軸がしっかりしていないと転職は厳しい!その理由って?

面接で失敗してしまう人の特徴

企業選びはしっかりできているのに、何社も面接を受けているのにお見送りになってしまう…という人も多いと思います。

面接が上手くいかない原因は大きく分けて、以下の2つがあります。

面接準備が十分にできていない

面接が終わってから、「もっと事前準備をしておけば良かった」と後悔するケースです。

企業に対しての情報収集をしっかりしていなかった、転職理由や志望動機についての深掘りが足りなかった、ということが原因で質問にうまく答えられず、お見送りになってしまうというのは意外に多いです。

なんとなく自分のことは分かっているし、話をするのは得意だし、と思っていたけど、いざ面接になると全然喋れなかったという失敗が特に多いと感じます。

面接はやり直しができません。後悔しないためにも、事前準備はしっかりするようにしましょう。

「一緒に働きたい人」と思わせられていない

面接でちゃんと喋れたはずなのに、なぜか落とされてしまう、というケースもあります。

この場合に多いのは、転職理由を他責や環境のせいにしてしまっていたり、ネガティブなマイナス思考の発言が多く、面接官に「正直一緒に働きたくないな」と思わせてしまっているパターンです。

自我が強すぎたり、協調性が無いように見えてしまい、謙虚さや素直さが無いと思われてしまうパターンもありますね。

無意識にそういったニュアンスに聞こえる発言をしているかもしれないので、「客観的に」もう一度振り返りをして見ると良いと思います。

面接を突破するために役立つ記事を集めてみました。面接に自信がない人は、ぜひ読んでみてください。

転職面接でよく聞かれる質問集!成功率を上げる対策法を徹底解説
面接での退職理由の上手い伝え方!刺さる回答例を転職のプロが解説!
転職で面接官の心をがっちり掴む自己紹介の話し方【例文つき】
転職での自己PRはどう書くべき?面接成功率が上がる例文集を大公開
転職面接でこんな逆質問はNG!見られるポイントや対策方法を解説!

転職で失敗しないための2つのポイント

転職で失敗しないためのポイントを提示している男性
転職は今後の人生に大きく影響するので、失敗したくないと考える人が多いですよね。

そこで、ここでは転職で失敗しないためのポイントについて説明していきます。

やりたいことを明確にしておく

1番大切なのは、何をやりたいのかを明確にすることです。

なぜ転職をしたいのか、転職先で何をしたいのかを納得がいくまで考えてみましょう。

自分1人で考えがまとまらない場合は、第三者に話してみるのも良いです。

なかなか人に言いづらいことだと思いますが、「自分がなぜ転職したいのか」を筋道を立てて、しっかりと説明ができれば自信が持てるようになります。

第三者と話すことで、「キャリアに不満があって、さらなる成長がしたい」「企業の目指している方向性が自分の考えと異なる」「福利厚生の改善を希望している」など、自覚していなかった転職理由が見えてくるようになります。

転職を成功させるには何が必要なのか、以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

転職成功する人の6つの特徴!年代別に内定を得る秘訣を徹底解説

自己分析を徹底的にする

転職に失敗している人の多くは、自己分析ができていないことが多いです。

ちなみに自己分析とは、自分にどんなスキルや実績があるのか、自分の強みや弱みは何なのかを明らかにすることです。

中途採用の場合、企業は即戦力になることを期待しています。

その期待に対して、「前職での実績や功績」「どうして転職先として選んだのか」「この会社で何をしたいのか」など、はっきりと答えられることが転職で成功する重要なポイントになってきます。

効率的な自己分析術を以下の記事で解説していますので、是非合わせてご覧ください!

転職では自己分析が決め手!面接で活かすコツを伝授!

転職で失敗しないためにオススメの方法

結論から申し上げますと、転職を成功させるには転職エージェントの利用をオススメします。

今現在転職をお考えの方で

・やりたいことがはっきりしている
・将来の姿が明確

と自信を持って言える人は少ないのではないでしょうか。

自己分析が甘かったり、転職理由が曖昧なまま転職活動を行うことによって、短期的な年収の増加、企業の知名度の高さなどに飛びついてしまい、ミスマッチが起きるケースを数多く目にしてきました。

中・長期の視点で「自分がやりたい仕事はできるのか、転職先で活躍できるか」を考え抜くためにも、転職エージェントは非常に有効です。

キャリアのプロの視点から、あなたがやりたいこと、向いている業界や職種までアドバイスを貰えるので、納得のいく転職を行うことができるでしょう。

 

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、キャリアアドバイザーと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

第二新卒・既卒者に強い転職エージェント

第二新卒・既卒・フリーター・高卒に特化した就職支援サービスとしては老舗。
研修やアフターフォローを通じて同じ境遇で頑張る仲間に出会える

ポイント
  1. ノウハウが詰まったオリジナルのスキルアップ研修が無料で受講可能!
  2. 転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらえる

ジェイック(JAIC)の評判って悪い?社員に直接取材してみた!

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント
  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

女性の転職支援に特化した転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!