転職すべきか残るべきか迷った時のチェック方法!迷った時のNG行動も

転職すべきか?残るべきか?の決め方とは

    転職すべきかどうか迷ったらマジキャリがおすすめです。「転職すべきか、現職に残るべきかわからない」と悩む人向けに、転職すべき人と現職に残るべき人の特徴を紹介しています。転職するメリット・デメリットも解説します。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

転職すべきか迷ったらプロに相談すべき

転職エージェント末永 末永

転職すべきか、現職に残るか迷ったら自己判断せず、プロに相談しましょう。

というのも、将来のキャリアを見据えて「転職するか、現職に残るか」を決めなくてはいけなかったり、客観的な意見を取り入れながら意思決定をする必要があるからです。

もし、キャリアを見据えた意思決定ができず目的もなく思いつきにままに転職をしてしまった場合、入社後にミスマッチを感じてしまい、また転職を繰り返し、スキルや経験が増えない代わりに経験社数だけがどんどん増えていきます。

社数だけが増えていくと、企業の採用担当者は「すぐに辞める人」と見てしまい、いざ転職しようと思っても中々選考が進まないことはよくあります、現職に残るべきか相談したいという人はキャリアコーチングがおすすめです。

キャリアコーチングは、転職エージェントと違って転職を前提としないキャリア相談サービスです。

キャリア
コーチング
転職
エージェント
サポート対象 ・転職するかしないか迷っている人
・転職を考えている人
・転職を考えている人

転職エージェントは転職前提で話が進みますが、キャリアコーチングは転職を前提としないので「転職するべきか、現職に残るべきか」から相談することが可能です。

あなた専任のキャリアコーチがマンツーマンで自己分析をおこない、将来どうありたいか?どんな仕事に適性があるか?を言語化し、将来のありたい姿を実現するためのキャリアプランを設計してくれるので、キャリアに対する悩みも解消することができます。

転職エージェント末永 末永

キャリアコーチングの中でも1番おすすめなのがマジキャリです。

マジキャリのコーチはキャリア知見が豊富な人材が揃っているので、「転職すべきか、現職に残るべきか」というお悩みに対して、転職市場や将来のキャリアプランを組み込みながらサポートすることが可能です。

コーチは、国家資格のキャリアコンサルタント、元転職エージェント、元採用人事など、キャリア×転職領域に精通しています。

キャリアが多様化し、さまざまな選択肢の中から自ら選ばないといけない中、「転職すべきか現職に残るべきか?どう選択すればいいのかわからない」という悩み相談を多くいただいています。

今なら初回のコーチング1回のみ、無料面談キャンペーン実施中なので「転職すべきか?現職に残るべきか?」でモヤモヤを抱えている人は下のボックスからお早めにお問い合わせください。

転職すべきか?から相談したい人

  • マジキャリ
    自己分析を通して、理想のキャリアへの具体的なアクション設計をサポート!

転職エージェント末永 末永

転職相談先の選び方については、以下の記事で紹介しています。転職すべきか残るべきかという悩みに本気で向き合ってくれるサービスも紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

転職すべきか残るべきか考えるきっかけ

「今の仕事だとあまりやりがいが感じられない」「業務はいいけど待遇面で不満がある」などの漠然とした理由から転職を考えている人も多いのではないでしょうか。

終身雇用制度がなくなりつつあり、転職をすることが珍しくなくなってきた一方で、本当に転職をすべきなのかわからず、実際に行動に移せない人も多いでしょう。

そこで、この記事では自分の考えている理由で転職をしてもいいのか、実際に転職をする際に気をつけるべきポイントなどについてご紹介します。

厚生労働省の「令和2年雇用動向調査結果」によると転職すべきか、現職に残るべきかを考える人の中には以下5つの理由が多くなっています。

転職の動機

  1. 仕事に対するやりがいや目標がない
  2. 職場の人との関係が良くない
  3. 給与が低い・評価されない
  4. 労働環境が良くない
  5. 今の仕事が向いてないと感じる

隣の芝は青く見えるもので、現職よりもいい企業がもっとあるのではないかと気になってしまいますよね。

しかし、このような理由だけで転職してしまうと「転職したけどなんか違った」「前の会社の方がまだ良かった」というように大失敗してしまいます。

なぜなら、事前準備もなく企業研究や自己分析が進んでいないまま選考を進むことになるため、企業とのミスマッチが起こってしまうからです。

そのため最後までこの記事を読んで、きちんと自分自身について見つめ直した上で転職活動をするか否か決めましょう。

転職エージェント末永 末永

転職すべきか迷っている際にまずすべきことは自己分析です。

自分のモチベーションや、自分の悩みの大元を突き止めることで、現職に残るのと転職をするのではどちらが好ましいのかが自然と見えてきます。

以下の記事では自己分析のやり方について詳しく紹介しているのでぜひ参考にしてください。

【簡単チェック】転職すべき人の特徴

私が様々な人のキャリアの相談に乗る中で「転職すべきかどうか」という相談も多く受けてきました。

その中で多かった転職すべき人の特徴を5つご紹介します。

転職すべきか残るべきか悩んでいる人は、あなたが今抱えている悩みや状況を鑑みて、当てはまっているかどうか照らし合わせてみてください。

キャリアアップやスキルアップをしたい

キャリアアップやスキルアップして活躍したいと考える人は多いでしょう。キャリアアップやスキルアップを理由とした転職は問題ありません。

むしろ自分の得たいスキルやキャリアが現職では得ることができないのならば、転職すべきと言えるでしょう。

転職エージェント末永 末永

正直に言うと、転職は出来レースなんです。

年収は、最終学歴や前職勤めていた会社の規模は全く関係なく、適切な年齢で適切な経験やスキルを積んできたかで決まります。

今の会社が年功序列で積みたいスキルや経験を積めない、など会社の制度や体制によってその年齢で積めるスキルは変わってきますよね。

そのため、自分のありたい姿や将来的な目標をできるだけ早くに決め、そこから逆算し、年齢相応の経験を積んでいかなければいけません。

その将来的なキャリアプランを定めた上で、現職では経験やスキルが積めないと考えるのならば、転職すべきだと言えます。

キャリアアップ転職を成功させ、年収UPについて知りたい人はこちらの記事も読んでみてください。

転職して市場価値を上げたい人におすすめ

  • マジキャリ
    自己分析を通して、理想のキャリアへの具体的なアクション設計をサポート!

転職の明確な目的がある

「この仕事につきたい!」「この業種についてこういうスキルをつけたい」など明確な目標・目的がある人は転職すべきでしょう

転職市場において、若さは一番の武器になります。やりたい仕事に年齢制限がある場合などは、転職活動を早めに進めるべきだと言えます。

実際の転職活動の選考でも、「〇〇を実現させるため、前職では経験できなかった〇〇というスキルをつけたい」などと話すことができるとエピソードに納得感をつけることができます。

転職エージェント末永 末永

このようにきちんと自分の目的を持って転職活動ができる人は、転職後も目の前の業務に目的意識を持って取り組めるため、モチベーションが上がりやすく、成果を上げやすい傾向にあります。

仕事の成果が出ず精神的につらい

なかなか成果が出ないと悩んでいる人は、現職に残る選択も転職をする選択もどちらもあると言えます。なぜなら、その成果が出ない理由によって大きく変わってくるからです。

転職エージェント末永 末永

成果が出ない理由が、周りの人たちが優秀すぎる、自分の強みが活かせずなかなか成果が出ないなどの場合、転職を考えても良いかもしれません。

転職エージェント末永 末永

一方で、日頃からなんとなくで行動してしまっている、多角的な物事の捉え方ができていないなどの場合、どの会社に転職してもまた同じような状況に陥ってしまいます。

そのため、後者の場合はむやみに転職するのではなく、まずは自分の行動を省みるべきだと言えるでしょう。

転職エージェント末永 末永

成果が出ていない人には自分の強みや適性を把握しておらず、それを活かせるような仕事についていないという傾向があります。まずは「自分の強みを活かせる仕事はなんなのか」について考え直してみるのも一つの手です。

そもそも自分の強みを活かして働くことができる仕事には以下のような特徴があります。

自分の強みが活かせている状態

  • 本人の興味関心関係なく、性格や能力に適性がある仕事
  • 自分の得意なことや強みを発揮して取り組める仕事
  • 他者からの評価が高く、優れた成果を残せるような仕事

「そこまで力を入れていないのに、成果が高く評価された」「自分が得意な対人力を生かして仕事ができている」などの場合、自分の強みや適性を生かして仕事ができていると言えるでしょう。

一方で「そもそも自分の強みがわからない」「どんなに頑張っても成果が出ない」と悩んでいる人は最適な企業選びができていない可能性があります。

転職エージェント末永 末永

自分の強みは自分1人ではなく、第三者に相談して客観的に見極めましょう。

というのも、自分の強みや得意なことは周りの状況や環境に大きく左右されるため主観的な視点からだけでは適切な判断ができないからです。

転職エージェント末永 末永

自分が得意だと思っていたことが、環境が変わって初めてまだまだだと気づいた経験はありませんか?主観はどうしても周りの状況に左右されるため、注意が必要です。

転職エージェント末永 末永

自分の強みを客観的に見極めたい人にはマジキャリがおすすめです。

マジキャリではこれまで数千人の人の自己分析の相談に乗り、その人の強みや適性を見極めるお手伝いをしてきました。

さらに、弊社ではすべらない転職エージェントサービスも運営しており、キャリアや転職のノウハウが社内に豊富にあります、そのため、自己分析結果と転職のノウハウをもとに「転職すべきか」という悩みについて的確にアドバイスをしてもらえます。

マジキャリではただいま無料面談キャンペーンをおこなっております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

向いてる環境へ転職したい人におすすめ

  • マジキャリ
    徹底的な自己分析で向いてる仕事の発見と転職サポート!

自分の強みが活かせる仕事、つまり「適職」について詳しく書いてあるので併せて読んでみてください。

職場で精神的なストレスを抱えている

会社でハラスメントなど、精神的なストレスを抱えている場合は転職すべきです。

転職理由は一概にも全てポジティブである必要はありません。

もちろん、面接の際にどう伝えるかは工夫する必要はありますが、心身が元気な状態でなければ仕事が苦痛になってしまいます。

精神的なダメージが溜まっていくと、目の前の業務だけでなく、プライベートに友人に会うことや趣味まで億劫になってしまい、悪化すると鬱や適応障害になってしまう可能性もあります。

転職エージェント末永 末永

以前ご支援したお客様で一度精神的ストレスが原因で再び働くまで1年ほど時間を要していました。

今は元気に働いていますが、一度心身を壊してしまうと立ち上がるのに時間がかかってしまうので、体調に違和感を感じたらすぐに上司に相談したり、カウンセリングを受けるなどその状態を放置しないようにしましょう。

社風が合わないと感じる

社風に関しては、どうしても入社しなければどうしてもわからない面がありますよね。そのため、入ってみて印象が違ったと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

その社風による問題が自分の仕事の成果に明確に悪影響を及ぼしている、どうしても我慢できないなどの場合は転職を考えるべきだと言えます。

社風はその会社の制度や、そこで働く従業員からなるものです。自分ではどうすることもできないため転職を考えるべきでしょう。

ただ、ここで注意しなければならないのは転職先の企業選びを慎重におこなうことです。

どうしても見えにくい部分ではありますが、きちんと企業研究をせずにいると、また社風が合わずにミスマッチしてしまう可能性が高くなります。

転職エージェント末永 末永

私のおすすめは志望企業のOB訪問をすることです。OB訪問というと新卒だけと思われがちですが、転職活動でもできます。

社風など定性的でどうしてもわかりにくい部分は、その企業で働いている人に実際に聞くことが一番確実だと言えるでしょう。

【簡単チェック】現職に残るべき人の特徴

「転職したい」と考えていても、以下のポイントに当てはまる人は現職に残るべきです。

自分の状態や悩みと合っているか確認してみてください。

転職する目的がない

スキルアップやキャリアアップなどの目的がない状態で転職をするのは危険なので現職に残るべきです。

現状への不満は大事です。しかし、厳しいことを言うようですがそれだけで転職すると絶対に失敗します。

というのも、現状の苦痛から逃げようとすると、今の会社とは真逆の業務内容や会社に走ろうとするからです。

特に女性が多いのですが、「営業は忙しいからもう営業職は嫌だ。次は事務職が良い」という求職者をよくみます。

ただ、「営業は嫌だ」という現状の苦痛を分解すると以下のようなことだとわかります。

人物 求職者

営業は忙しいし、クライアントに振り回されるから嫌だ‥

    実は‥

決まった商品をマニュアルでテレアポで売るのが苦痛

    要は‥

自分の裁量で商品を売りたいのにできないというジレンマが発生している

上記のパターンのように、明確な目的がなく、現状逃避のために転職をすると新しい仕事で前職の経験が全く活かせず、もやもやしてしまうというパターンがあります。

さらに、前職を嫌だと感じた明確な原因も見えていないまま転職をすると、また同じような失敗を繰り返し、結果的にミスマッチに繋がってしまう恐れもあります。

繰り返しますが、転職の目的がネガティブからの脱却だと失敗します。

転職エージェント末永 末永

もし「転職したいけど、やりたいことや目的がない…」という人はマジキャリ無料面談で自己分析を体験してみてください。

マジキャリの自己分析は、幼少期〜現在を徹底的な深掘りをおこなうからこそ、表面的なやりたいことではなく過去の原体験に基づいた「将来やりたいことや目的」が見えてきます。

転職すべきか?から相談したい人

  • マジキャリ
    自己分析からキャリアプランの設計まで一貫サポート!

今の職場で成果を残していない

今の職場で成果を出していなかったり、やりきった経験がないまま転職すると失敗する可能性が高くなるので現職に残るべきだと言えます。

なぜなら、企業は「定着して活躍できる人材」を求めているからです。

面接官は「定着し、活躍できるか」「この会社で何をしたいのか」「将来どうなるためにこの会社を志望しているのか」という求職者の発言から見極めているんです。

その中で、成果ややりきった経験=別の会社でも活躍できる証拠として見なされます。

つまり、その証拠がないと企業は採用費や人件費を払ってまであなたを取りたいとは思わないので、まずは現職で成果を出したり、やりきったという経験を積みましょう。

今の会社での勤続年数が少ない

やりたい仕事は見えてきたが、今の会社に入社して勤続年数が少ない(目安は3年)という人は現職に残るべきです。

先ほどのパートでもお伝えしたように、企業は「定着して活躍できる人材」を求めています。

つまり、前職でちゃんと定着できたのか?定着した上でちゃんとスキルや経験を積んできたのか?がよくみられています。

そのため、勤続年数が少ない人は一つの仕事を長く続けられないといったマイナスイメージを抱かれることも少なくありません。

転職エージェント末永 末永

企業側から「自分に向いてる仕事がわかっていない」「転職をしっかり考えていない」「逃げ癖があるのではないか」と判断される可能性があり、不採用につながってしまいます。

人間関係や待遇面での改善が見込める

部署移動の可能性や会社としての方針変更により、人間関係や待遇面での改善が見込めそうな場合、転職活動を一度見直してみても良いでしょう。

人間関係で悩んでいる場合、転職した先に自分の苦手な人がいる可能性も十分に考えられます。

さらに、待遇面のみをみて転職活動をおこなうと、社風が合わない、業務内容が思っていたものではないなど別の面でミスマッチが起こる可能性が高くなります。

そのため、自分の努力や会社内での環境の変化によって改善が見込める場合、転職をすることは一度見直してみましょう。

転職エージェント末永 末永

短期離職をしている、転職を繰り返しているなどの場合、その企業への定着性が疑われ、不採用になってしまうケースが多くなります。自分の思いは本当に転職をしなければ達成されないのか、きちんと考えるべきです。

転職すべきか迷った時のおすすめの対処法

ここまで転職をすべきか否かという観点でお話ししてきました。ここからは、実際に転職をする際にどうすべきか、対処法3つ紹介します。

それぞれ特性があるので、自分の状況にあっている方を利用しましょう。

キャリアコーチングサービスに相談する

転職エージェント末永 末永

キャリアコーチングは転職エージェントとは異なり転職を前提としていないサービスのため、 転職すべきか迷っている人に最もおすすめのサービスです。

キャリアコーチングは、相談者の悩みに対して「問題・課題解決のためのアドバイス」「目的・目標達成のためのフォロー」をおこなうことで、悩みを解決へ導いていきます。

相談者に対してヒアリングを行い、本人が行動するためにやり方や必要な情報を教えながら自主的に課題解決に取り組んでもらうようなアプローチをしてくれるんです。

つまり、転職すべきか残るべきかの悩みに対して、相談者の悩みや現職での状況をヒアリングし、将来のキャリアを踏まえた上で何がベストな選択肢かを一緒に考えてくれます。

転職エージェント末永 末永

転職エージェントは転職前提のサービスですがキャリアコーチングは転職前提のサービスではありません。
そのため、無理に転職を促したり現職に引き止めたりすることなくフラットな立場でキャリアや仕事の悩みの相談に乗ってくれますよ。

「転職エージェントは大量の求人を紹介してくるし、上司は引き留めてくるし、フラットな視点でアドバイスに乗ってほしい」という人におすすめです。

キャリアコーチングサービスでできることは主に以下の5つです。

  • 徹底的な自己分析
  • 仕事やキャリアの悩み相談
  • 潜在的な強みや適性の言語化
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 転職活動の面接対策

中でもマジキャリはコーチと一緒におこなう自己分析を強みとしています。

1.5時間×6日の時間をかけて徹底的に自己分析をおこなうため、自分の潜在的な思考や今の状況を掛け合わせて最適な答えを導き出すことができます。

転職エージェント末永 末永

マジキャリのコーチにはキャリアのプロであるのと同時に、自分自身も転職を経験してきた「転職の先輩」が多くいます。そのため「転職すべきだろうか」という悩みに対して、親身になって相談に乗ってくれます。

マジキャリでは、ただいま無料面談キャンペーンをおこなっております。ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

転職すべきか?から相談したい人

  • マジキャリ
    自己分析を通して転職すべきか、現職に残るべきかの意思決定をサポート!

自分のキャリアについての悩みの相談先がわからないという人は以下の記事もぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントに相談する

転職エージェントはすでに転職活動の方向性が固まっている人におすすめです。

転職エージェントに相談することで現在のあなたの経歴やスキルからあなたに合った求人を紹介してくれるので、思いがけない求人の発見があるかもしれません。

転職エージェントが提供しているサービスの一つである「非公開求人」は、転職エージェントでしか取り扱っておらず一般的に公開されていない求人のことを指します。

求人を全て公開すると、人事が対応しきれないリスクが発生してしまうため、そのリスクを事前に回避するために、募集要件にマッチする人材のみを紹介して欲しいと転職エージェントに非公開求人を託しています。

このように非公開求人の紹介や最新の業界情報、書類・面接対策まで行ってくれるのが転職エージェントです。

もし転職を考えた際は、転職エージェントについて詳しく記載しているのでこちらの記事も併せて読んでみてください。

自己分析をする

転職すべきか、現職に残るか迷ったら自己分析をしましょう。

自己分析をすることで自己理解が深まり、どういう仕事が向いてるか、どういう環境が向いてるか、将来どうなりたいかがわかります。

過去を徹底的に振り返り、「自分が頑張った経験」「どういう環境でモチベーションが湧くか」を確認しましょう。

「自分は頑張った経験がない」と悲観的になる必要はない。頑張った経験に大小もないので、小さなことでも、大きなことでも全て書き出すことが大切です。

自分に向いている仕事や環境がわかったら、現状と比較してみましょう。

もし、今の仕事や環境が自分に向いていることがわかったら現職に残って、今の会社で成果を出すべきです。

転職エージェント末永 末永

今の仕事が向いてないとわかったら、ここからどう動けば良いのかをキャリアコーチングや転職エージェントに相談しに行くのもよいでしょう。


さらに、将来のありたい姿が明確になったら、そのありたい姿の実現のためにどういったキャリアを積むべきかも見えてきます。

転職すべきか?から相談したい人

  • マジキャリ
    自己分析からキャリアプランの設計まで一貫サポート!

【NG行動】転職すべきか残るべきか迷った時の注意点

転職エージェント末永 末永

転職すべきか残るか決まってない時に絶対にやってはいけないことは「他人に判断を委ねること」です。

終身雇用制度が崩壊すると言われている今、キャリアに「最善」はあっても「正解」はありません。

「この企業に入ったら勝ち組」「これくらい年収もらったら幸せ」という価値観はなくなり、あなたの人生をより豊かにするために、どのようなキャリアを積むべきか?あなた自身の価値観で「幸せ」と感じるか?が重要です。

転職エージェント末永 末永

正解のキャリアを選ぶのではなく、選択した道を「正解」にすることが大切です。

転職すべきか、残るべきかまだ決まっている人は「周りからどう思われるか?」「自分では決めきれないから、誰かに決めてほしい」と思っていませんか?

転職は人生のターニングポイントになることもあります。

そんな大事な判断は他人に委ねてはいけません。

転職エージェント末永 末永

しかし、SNSが普及した現代は情報過多により選択肢がありすぎて「どう判断すればいいかわからない」という20代〜30代が多いです。

「今まで親の言う通りにしてきた」「自分でどう決めていかわからない」と言う人はマジキャリがおすすめです。

マジキャリでは、自己分析を通じてあなたの価値観の言語化、その価値観のもとどうキャリアを積めば理想の将来にたどり着くかのキャリアプランを設計してくれますよ。

プロと一緒にキャリアプランを設計することで、今の会社に残ってもう少し頑張るべきか、転職して新しいスキルや経験を取りに行くべきかが明確になります。

今なら無料面談キャンペーンも実施中なので、1回お試しで相談してみてください。

転職すべきか?を相談したい人

  • マジキャリ
    自己分析からキャリアプランの設計まで一貫サポート!

転職活動を始める前に確認すべきこと

いざ、転職活動を始める際に、3つのポイントをあらためて考えてみましょう。

書類選考や面接でも考える必要があるポイントなので、後々の転職活動に活用してもらえればと思います。

また、繰り返しますが、企業は「定着して活躍してくれる人材」を求めています。

「定着して活躍するか」を軸に、選考を通じてあなたが持っているスキル、これからほしいスキルや掲げているビジョンと企業がマッチするかどうかを確かめているんです。

以下のポイントは転職活動において深く考えるべきポイントでもあり、企業から聞かれるポイントでもあるので、この際にあらためて考えてみてください。

転職活動を始める前に確認すべきこと

  1. なぜ今の会社ではダメなのか
  2. 転職先で何をしたいのか
  3. 今までどんな経験やスキルを積んできたのか

転職活動のポイントはこちらの記事にもまとめています。

転職すべきか?転職することで起こりうるメリット・デメリット

ここでは、転職することで起こりうるメリットとデメリットを紹介します。

転職を考えている人は、不安点を再確認したり、最終決断の材料にしてください。

転職するメリット

  • キャリアアップ・スキルアップが見込める
  • 自分にあった仕事・環境で働くことができる

キャリアビジョンを明確にした上で転職をすると、自分が欲しいスキルを習得できる環境にいくことができます。

繰り返しになりますが、転職は出来レースです。

適切な年齢で適切な経験を積むことで年収も上がっていくので、ゴールから逆算して、これからどういったスキルや経験を積むべきかを考えましょう。

また、自分にあった仕事や環境にいくと、自分の強みを活かすことができるので、成果が出やすくなり自ずと年収は上がっていきます。

転職するデメリット

  • 一時的に年収が下がることがある
  • 人間関係がリセットされる

一方で、転職をすると上記のようなデメリットがあります。

転職市場において、未経験というのはかなり交渉力が弱いため、未経験職種への転職は年収が下がるか現状維持のパターンがほとんどです。

転職エージェント末永 末永

「転職したいけど本当にしてもいいか不安」と悩む人は一度マジキャリの無料面談にお越しください。

マジキャリは転職知見が豊富にあり、キャリア×転職に強みを持っています。

だからこそ、あなたの理想のキャリアを実現させるために今すぐ転職すべきか、今は現職に残るべきかをアドバイスすることが可能です。

マジキャリのコーチは、元転職エージェント、元採用担当者、国家資格のキャリアコンサルタントと転職知見が豊富な人材が揃っているからこそ、転職時期や転職方法など相談できますよ。

転職すべきか?から相談したい人

  • マジキャリ
    自己分析からキャリアプランの設計、転職活動まで一貫サポート!

残るべきか?現職に残ることで起こりうるメリット・デメリット

転職をするとメリット・デメリットがあるように、現職に残ることでもメリット・デメリットは発生します。

現職に残るメリット

  • 人間関係や仕事に慣れており、働き方がわかっているので成果が出やすい
  • 新卒で入った会社であれば出世コースに乗れる場合がある

仕事は一人で行うものではなく、チームや部署で他人と一緒に進めていくものです。

ゆえに、人間関係や信頼関係ですでに関係が構築されていると仕事が進めやすくなり、その分成果も出やすいです。

また、新卒入社した会社であれば、出世コースに乗ることができる場合もあります。

なぜなら、新卒1年目からその会社にいると「この会社どういう立ち振る舞いが良しとされているのか」「何をすれば評価が上がるのか」を身をもって体感できるからです。

また、新卒1年目から勤続していると、その会社の文化をよく理解しているので、中途社員よりも出世しやすい傾向があります。

つまり、慣れている環境や信頼されている人間関係というのは評価や出世に大いに影響するので、長く在籍するだけ恩恵を受けることができるんです。

現職に残るデメリット

  • 社内価値は上がっても市場価値は上がらない可能性がある
  • 30歳を超えると一気に転職活動が難航する

転職エージェント末永 末永

社内価値というのは、特定の会社のみで通用するスキルのことを指します。

一方で、市場価値というのは特定の会社に限らず通用するスキルで、業界や会社問わず通用する横展開できるスキルを指しています。

転職市場で通用しないような社内価値のみを高めても、いざ転職するときに通用せず年収を落としたりと条件や業務内容を妥協しなければいけません。

「だったら社内価値を高めて、その会社にずっと入れば良いのでは」と考える人もいるかと思いますが、終身雇用制度が崩壊している現代では現実的ではありません。

大手企業がこぞって早期退職者を募っている現状を鑑みても、生涯で1つの企業に勤め続けるというのはかなり非現実的になっています。

また、企業は長く働いてくれる人材を求めていることが理由で20代の方が転職が有利と言われています。

社内スキルだけを伸ばして気づいたら30代半ば、40代になっていたというような状態だけは避けたいですね。

転職すべきか残るべきか?選択を後悔したくない人へ

ここまで読んでいるということは「転職するか、現職に残るべきか」と悩み、考えているけど答えが出てこない…という状態に陥っているのではないでしょうか。

転職すべきか、残るべきかなんて実際に行動してみないとわからない上、今後のキャリアを考えると自分一人で決断するのが怖いですよね。

「転職すべきか残るべきか」とずっと悩んでいると目の前の業務をこなすのも大変な苦労だったと思います。

転職エージェント末永 末永

これだけは強く言いたいのですが、この記事を読んだり、他のサイトを調べただけで自分が転職すべきか残るべきかを判断するべきではないということです。

これまで転職すべきか、現職に残るべきか、色々なパターンを紹介してきましたが、一人一人転職すべきか悩んでいる背景は違うため、一人で決断せず早めにプロに相談することをおすすめします。

転職エージェント末永 末永

キャリアが多様化・複雑化しており、正解を見つけることが難しくなっているからこそ、プロと一緒にキャリアプランを定めるべきです。

もし、転職すべきか残るべきか迷っていたらキャリアコーチングサービスへの相談をおすすめします。

すでに書きましたが、キャリアコーチングサービスは転職を前提にしていないため、フラットな立場で相談に乗ることができます。

キャリアコーチが悩みをヒアリングし、将来どうなりたいか、どんなスキルを積みたいかを整理してくれた上で、転職すべきか残るべきかをアドバイスしてくれますよ。

転職エージェント末永 末永

中でも最もおすすめなのがマジキャリです。

マジキャリを運営するアクシス株式会社は、他のキャリアコーチング会社とは違い、業界で唯一転職エージェントも運営しているため、キャリアや転職に関するノウハウが社内に豊富にあることが強みです。

ゆえに、「転職すべきか残るべきか」という悩みに対して、あなたが将来やりたいことをヒアリングした上で、転職すべきか残るべきかの的確なアドバイスをすることが可能です。

マジキャリ今なら初回面談を無料で実施しているので、気になった方はぜひお問い合わせください。

ただ、終身雇用制度が崩壊し、個人のスキルが重要になった近年はキャリアの悩みを持つ人が増えており、マジキャリの無料面談に問い合わせが殺到しています。

特に20代〜30代の層の悩み相談を得意とするコーチの枠がすぐに埋まってしまうのが現状です。

そこで、この記事から申し込みしていただいた人を優先的に20代〜30代の層を得意とするコーチにご案内します。

転職エージェント末永 末永

優先できる枠は1日30名限定なので、お早めにお申し込みください!

マジキャリ

転職を前提としないキャリアコーチングサービス
徹底した自己分析からキャリアプラン設計まで、圧倒的な価値を提供します!

ポイント

  1. 徹底した自己分析やキャリアの棚卸し
  2. 中長期的なキャリアプランの作成
  3. 自社の基準を満たしたキャリアのプロのみ対応

マジキャリに相談する

転職すべきか現職に残るべきか迷っている人によくある質問

転職すべきか、現職に残るべきかわかりません。

転職すべき人、現職に残るべき人を紹介します。

ただ、ここで注意したいのが、転職すべきか、現職に残るべきかは人によって背景や状況が違うのでキャリアコーチングや転職エージェントなどプロに相談した上で決めましょう。

転職すべき人

  • キャリアアップやスキルアップをしたい
  • 今の仕事は自分の強みが活かせていない
  • 職場で精神的なストレスを抱えている

現職に残るべき人

  • 転職する目的がない
  • 今の職場で成果を残していない
  • やりたいことは決まっているが、今の会社での勤続年数が少ない

転職すべきか残るべきかの診断ツールはありますか?

株式会社株式会社Questiが運営する「転職すべきか診断」がおすすめです。

転職すべきか診断は全22問(約3分)の簡単な質問に答えるだけで、今転職すべきか、それとも会社に残るべきかがわかります。

あなたが働く上で大事にしている価値観や今の会社での満足度という観点で転職すべきかを判定します。

無料診断ツールは傾向がわかる程度なので、診断結果を鵜呑みにせずに参考程度に活用しましょう。

職場の人間関係で困っており、転職すべきかまだ今の会社に残るべきか迷っています。

人間関係の悪さを理由に転職をすることは「アリ」です。

ただ、転職は最終手段として考えるべきであり、まずは今の職場で人間関係のストレスを解消する方法を考えるのが良いです。

なぜなら、人間関係の問題はどの会社であっても起きる可能性があり、解決する方法を身に付けないと安易に転職を繰り返してしまう可能性があるからです。

職場の人間関係で悩んでいる人は、こちらの記事も参考にしてみてください。

line

line

  • マジキャリ