2019.08.14

【必読】転職をしたいけど、どこに相談すべきかわからない人へ

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

はじめて転職しようかと考えはじめた時、「どのように進めたらいいのか?」「どんな情報を得ればいいのか?」などわからないという方は多いことでしょう。

そんな転職活動への不安から、「誰かに相談したい・・・」そう思われるのではないしょうか。

そこで今回は、はじめて転職を考えた時に考えておくべきことや、具体的に誰に相談し、どこから情報を得ることができるかを紹介していきます。

転職に悩みや不安を抱え、相談する人が増えている

転職する際に、悩み事や不安事を抱えてしまうことはありませんか?

給与・年収の悩み、労働時間の悩み、仕事のやりがいに対する悩みなど、抱えるものは共通していると思うのです。

では、実際にそういった悩み・不安を抱える29歳の女性転職者に相談された内容を、皆さんにご紹介したいと思います。

  • お金に対する不満 →(1)成果に比例して給与が上がらない
  • 労働時間に不満がある →(2)土日出勤や連休出勤を強制される
  • やりがいに不満がある →(3)ルーティンワーク・誰でもやれる仕事だった
  • 職場の人間関係に不満がある →(4)年上が多く、意見があまり通らなかった
上記が、実際に挙げられた悩み・不安です。
では、その詳細についてご紹介していきます。

お金に対する不満 (1)成果に比例して給与が上がらない

まず1つ目は、成果に比例して給与が上がらないという悩みです。

どんなに頑張って働いても評価してもらえず、現状のままというケースもあれば、評価体制が曖昧になっているケースもあるようです。

一生懸命に仕事をしているのに給与が上がらないのは、やっぱり納得がいかないものですよね。

また、年功序列である企業も中にはあるため、若手だとなかなか給与・年収を上げられないことも。

給与が上がらないのは能力がないからではないのです。 それは単純に稼げない業界や職種、そしてその会社の制度に問題があるからだと言えます。

労働時間に不満がある (2)土日出勤や連休出勤を強制される

2つ目は、土日出勤や連休出勤を強制されるという悩みです。

36協定がある会社では休日出勤を命令することができるため、強制的なケースも多く見られます。

土日週休2日制となっている会社であるのに、土日出勤を強制されるのは嫌ですよね。

時々であれば許容範囲かもしれませんが、積み重なってくるとワーク・ライフ・バランスの調整もしにくくなります。

休日出勤を断った場合、上司からの態度が変わることもありますし、査定に大きく響いてくる場合も。

最も大事なのは自分の健康・体調なので、できれば休日出勤の強制がない方がありがたいですよね。

やりがいに不満がある (3)ルーティンワーク・誰でもやれる仕事だった

3つ目は、誰でもやれるような仕事だった、同じことを繰り返すルーティンワークだったというケース。

始めはその会社や業務内容に魅力を感じ、入社をして頑張ろうと思って取り組んでいたけれど、実際働いてみると違った…ということはありませんか?

キャリアアップをしたくて入社をしたのに、業務内容がずっと同じ業務内容で成長ができないし、面白さも感じない。

または、自分がこれまでに培ってきたスキルを活かして働きたいのに、業務が簡単すぎる単純作業であったということも。

誰にでもできる仕事だとやりがいを感じられません。

同じ業務内容の繰り返しも変化がなく、成長もできないため、向上心の強い方やスキルアップを目指す方には不向きです。

このままやりがいのない仕事をするのは、時間も労力ももったいないです。

自分のスキルや経験を活かすため、転職を検討されるのが良いかもしれませんね。

職場の人間関係に不満がある (4)年上が多く、意見があまり通らなかった

4つ目は、職場の人間関係に不満があるというものです。

転職を検討する理由の中で最も多い理由が、人間関係なのです。

どの会社にも一人くらい、自分とはソリが合わない人物がいるものですが、仕事をしていく上でどうしても付き合わなければなりません。

対処法としては、仕事以外で極力関わらないようにするとか、相手に対して無関心になるとか、色々あります。

ですが、現実はなかなかそううまくはいきません。

職場は自分より年上ばかりで、自分の意見を通してもらえないというケースも。

会議などで自分の意見も述べても、結局通らず勝手に決まってしまう。

それが毎回続くようであれば、この先この会社で仕事をしていきたいとは思えなくなってしまいますよね。

転職をしたいと思った時にまずすべきこと

「すぐに転職したい!」と焦る気持ちを持っている方もいるかもしれませんが、まずは一度立ち止まって、本当に転職すべきか考えることが必要です。

何か不満があって転職をしたい場合でも、前向きな転職であっても、それぞれ「この転職で解決できること・実現できることは何か」具体的に整理をした上で転職活動をスタートするのが望ましいと言えます。

(1)現在不満に思っていることに対してポイントを整理する

  • 具体的に何が不満なポイントとなっているのか
  • 不満ポイントは一時的なことではないか、本当に解決ができないことなのか
  • 不満ポイントは転職することで解決できるのか
  • 転職先で同じ不満を持つ可能性はないか
人間関係や業務上の不満はどこでも起こり得ます。

そのため、あまり深く考えずに転職し、結局同じ壁にぶち当たってしまったという失敗談は数知れません。

一度冷静になって、このような点を考え抜いてみましょう。

(2)前向きな転職であっても今一度考えるべきポイントとは?

  • 自分が歩みたいと思っているキャリアパスは本当に現在の会社では実現できないのか
  • 転職することで、これまで実現できなかったどのようなチャンスが得られそうなのか
転職したからといって、すぐに全ての希望が実現されることは殆どないでしょう。

どちらかと言えば、中長期的にキャリアを積んでいくことで実現できる事柄の方が多いはずです。

短絡的にならず長い目で、転職で得られるメリットを考え直すことが重要です。

転職相談すべき相手を見極める

転職を視野に入れている方は、他の方に相談することもあると思います。

友人や家族に相談する方が多いように思いますが、実は注意しておきたいこともあるのです。 その注意点についてご紹介していきます。

(1)近くの同僚や先輩への相談には注意が必要

転職する際、同じ会社の同僚や親しい先輩へ相談する方も多いと思います。

同僚は似たような境遇の立場にいますから、気持ちをよく理解してもらえる点が大きなメリットだと言えるでしょう。

ただ、相談した同僚によっては、職場での自分の評価が下がることも考えられます。

仕事がやりにくくなってしまうこともあるでしょうし、同僚が転職しようとしていることを外部へ漏らしてしまうことも。

先に転職活動している方や、不満を抱えつつも今の職場で頑張ろうとしている方にしてみれば、その転職活動に対し快く思わないはずです。

その情報が自分の知らないところであっという間に拡散されてしまうというリスクもあるのです。

ここ数年では転職する方も増えていますし、珍しいことではありません。

しかし、自分の部下や同僚が転職活動をしていると良い顔をされないのが現状です。

退職届を提出する前から裏切り者かのような扱いをされるケースもあるようです。

実際に転職活動を妨害するような嫌がらせを受けたという方もいるのだとか。

多くの仕事を任せて残業を増やすことで転職活動の邪魔をされたり、辞めにくくなるような環境にされてしまったり。

中にはこういった悪質な嫌がらせを受けた方もいるそうです。

同僚や先輩への相談はメリットよりもデメリットの方が多いのです。

だからこそ、転職の相談相手をきちんと見極める必要があります。

もちろん、信頼できる先輩・同僚であれば転職の相談してもOKです!

転職エージェント

実際に相談する相手のレクチャーということで、この章では末永自身が真剣に向き合いたいと思います。

結論から言うと、転職エージェントに相談するのはかなり良いことだと言えます。何故ならば、転職エージェントが転職のプロだからです。

「当然だろ!」と思われるかもしれませんが、意外とこのあたりの理解をなされていない方が多くいます。

私自身、リクルートエージェントの時代からキャリアアドバイザーとして転職に携わらせて頂いてますが、相談に来る候補者様のほとんどが「自分がやりたいことがわからない」といった漠然とした悩みを抱えています。

厳しいようですが、これでは転職面接に受かるはずがありません。

転職面接を突破するためには、業界のことを十分に理解しているプロに相談するのが一番です。

もし転職に対してそこまで前向きでは無い場合でも、一度転職エージェントに相談することをすべきだと考えています。決して嫌な顔をされることはありませんから安心してください。

あなたにピッタリの転職エージェントを15秒で診断します

性別を教えてください♪

年齢を教えてください♪

希望年収を教えてください♪

希望職種を教えてください♪

転職相談ってどこにすべき?

いろいろと考え抜いた末に「やっぱり転職活動することに決めた!」という場合には、誰に相談すべきなのか?悩む方も多いことでしょう。

まず転職サイトや転職エージェントに登録をし、情報を得ることからスタートするのがオススメです。

  • どのような求人があるのか
  • どのような経歴であれば応募できそうか
  • どのような選考対策が必要か
  • 現職を退職する際にどのような進め方をすれば良いのか
など、ステップに沿って適切な情報が得られます。

特に転職エージェントであれば、あなたのケースに沿ってキャリアコンサルタントが具体的なフォローをしてくれますのでオススメです。

また、ハローワークの利用も一つの手段として有効です。在職期間が極端に短く自分のキャリアに自信がないような場合でも、相談員の方がケースに合わせて丁寧に対応してくれます。

転職市場は、新卒採用とは違い、欠員補充や増員があるタイミングで次々にポジションができ採用に至ります。

ですので、その状況に応じてテンポよく活動を進めていく必要があるのです。

これを何も知識を持たないまま自分の力だけで進めるのは決して簡単なことではありません。

是非、プロの力を借りてみましょう。

転職の相談にエージェントを使うメリット

初めての転職の場合、一番オススメなのは転職エージェントの利用です。 転職エージェントの利用にはさまざまなメリットがあり、転職活動が有利に進められる可能性がたくさんあります。

具体的には下記のようなメリットがあります。

(1)自分の状況に合わせたアドバイスをもらえる

転職エージェントでは、一般的に1対1で面談を行い、あなたのキャリアに寄り添った具体的なアドバイスをもらうことができます。

「そもそもこの転職が必要なのか」というスタートラインから一緒に考えてくれるので、初めての転職には最適な手段と言えます。

もちろん、具体的に転職活動に踏み切る場合にも、それぞれの状況に応じた求人の紹介や、転職活動の進め方のアドバイスをもらえます。

(2)面接対策など、選考突破のために力を貸してくれる

転職エージェント利用の最大のメリットの1つが面接対策を行ってくれるという点です。

転職エージェントは、紹介する企業がどのような面接形式を採用しているか知っています。

「逆質問が多い」「これまでの人生に対しての質問が多い」といった情報を踏まえた実践的な模擬面接をすることが出来ます。

転職前によりイメージしやすくなると心に余裕が持てますよね。

また、書類の添削も行ってくれます。これまでの推薦者や内定者によってノウハウが蓄積されていることから、非常に有用なアドバイスが得られます。 

(3)エージェントが自分のことをプッシュしてくれるので合格率も上がりやすい

転職エージェントを利用した転職では、エージェントが企業とあなたを仲介することになります。

そのため、書類や面接での評価がボーダーラインにある時などでも、エージェントが強く勧めてくれることで合格ラインを突破できるということもあります。

(4)入社日調整や退職交渉のアドバイスももらえる

実は転職活動の場合、入社日の調整や内定後の退職交渉など難しいポイントがあります。

こうした内容に対しても、転職先企業へのフォローやあなたへのアドバイスをくれますので、一人で活動を進めるよりも安心することができます。

以上のように、メリットが数多くあります。

一方で、デメリットがあるとすれば、キャリアコンサルタントの押しが強い場合があるという点です。

転職エージェントも利益を出さなければなりませんので、月に●件成約、●万円計上などの目標を持っています。

そのため、中にはやや進め方に強引さが感じられるコンサルタントに当たってしまうこともあります。

あくまであなたの転職ですので自分の意見を常に持って臨むことが、まずは重要です。

それでもコンサルタントとの折り合いがつかない場合には、担当者を変更してもらうことも可能ですので、心配せずまずは利用してみると良いでしょう。

転職についてお悩みなら

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの方は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカーエンジニアに
相談する

転職エージェントの利用の流れ

①転職サービスへの登録

申し込みフォームに、転職希望時期希望勤務地職種年収などを入力し、申し込みを完了させます。

②求人状況の確認・サービスのご連絡

申し込み内容を見て、転職エージェントは保有している求人のなかから紹介可能な求人を調べます。申し込みから一週間以内で、転職エージェントからサービス内容や面談日程について電話やメールで連絡が届きます。

なお、求人の状況によっては、面談や相談サービスを受けることが難しい場合もあります。

③キャリアアドバイザーとの面談・相談

面談では、業界、職種に精通した専任のキャリアアドバイザーやコンサルタントが、これまでの経験や希望条件を確認し、求人の紹介やキャリアプランの提案を行います。

※日程調整やキャリアアドバイザーと直接会えない場合は、電話面談も可能です。

④求人紹介・書類添削・面接対策

面談によって方向性が明確になったら、転職エージェントが保有している求人企業の紹介が始まります。お申込みいただいた方の力を最大限に発揮できる企業を中心にご紹介しています。

求人の9割は一般の転職情報サイトや求人誌には掲載されない非公開求人。いままで見つけることのできなかった求人に出会えるかもしれません。

採用担当者が思わず読みたくなるような職務経歴書の書き方や、「採用したい!」と思わせる面接テクニックのアドバイスもサポートのひとつです。

「模擬面接」を実施し、希望企業に「採用したい!」と思わせるような面接テクニックをレクチャーしています。

⑤応募・書類選考・面接

応募したい企業が決まったら、意思をしっかりと確かめた上で、キャリアアドバイザーが推薦状と共に推薦します。

また、面接日程の調整だけでなく、内定時期をできるだけ揃えるといった調整もキャリアアドバイザーが行います。

⑥内定・退職交渉・入社

内定が決まったあとの、入社日の調整や円満退社のための手続きのアドバイスなども、キャリアアドバイザーがサポート。入社や退職にあたり、困ったことがあれば遠慮なくキャリアアドバイザーに相談しましょう。

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。