【永久保存版】転職活動での企業研究とは?やり方をプロが徹底解説!

  • !

    転職活動で企業研究をする目的をはじめ、やり方や活かし方、業界研究などについて詳しく解説しています。

    転職に役立つ3C分析のやり方についても紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人
末永

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の中途採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

転職活動における企業研究とは

転職活動にするにあたって企業研究は欠かせないものです。

そもそも、なぜ企業研究をしなければいけないか、その理由として大きな目的が2つ挙げられます。

  • 選考通過率を上げるため
  • 入社後のミスマッチを防ぐため

企業研究をおこなうことで、自分にどんな企業が合っているのか明確にすることができるので、入社後のミスマッチを防ぐことができます。

さらに、企業研究を通じて様々な情報を集めて転職理由や志望動機を明確にすることで、面接に生かすことができます。

また、競合他社と比較して御社のどんなところに惹かれたのか、転職理由と志望理由がロジカルにつながっているかを考え事前に準備して上手く面接官に伝えることができれば好印象を持たれます。

ですが、企業研究が不足していると、面接時に「なぜ入社したいかわからない」「入社意欲が低い」といった印象を与えてしまいお見送りになってしまうケースはかなり多いです。

上記を踏まえて選考率を上げるために企業研究をする必要があると言えますね。

【タイミング別】正しい企業研究のやり方

そもそも、どうやって企業研究をやったらいいのか、企業研究はどこまでやればいいのか、企業研究のやり方がわからないという方も多いと思います。

それぞれ選考の段階別に選考前と内定獲得後に分けて解説します。

  • 選考前
    →事業内容・ビジネスモデルなどの分析
  • 内定獲得後
    →意思決定のための情報収集(評判など)
では、次の段階別に2つをそれぞれ解説しますね。

選考前

選考前の段階では業界研究を行ってから企業研究が一般的な流れとなります。

とくに、面接の際は企業研究が特に大事とされており、ある程度時間をかけて行いましょう。企業研究と業界研究の違いを以下にまとめてみたので、参考にしてみてください。

業界研究 ◆特定の企業を選ぶ前におこなうもの
・どの業界がいいか迷っている人向け
・自分の方向性を選択する際に重要
→四季報や業界紙などで市場規模や代表的な企業など、業界全体の構造を大まかに把握する
企業研究 ◆特定の企業を選んだ後におこなうもの
・書類選考や面接対策をしたい人向け
・入社後の定着や活躍をイメージしやすくする
→コーポレートサイトやIR情報などで事業内容や経営理念など、企業の詳細な情報を把握する

新卒時と異なるのは、中途採用の転職活動における企業研究は「=職種研究」と言えます。

なぜなら、中途採用は基本的に経験者採用であり、即戦力が求められるため職種研究をおこなうことで未経験の企業でも定着・活躍を面接官にアピールできます。

転職エージェント末永 末永

とはいえ、企業研究を1人でおこなうのは大変ですよね。その場合は転職エージェントを活用して情報収集することをおすすめします。


ただ、転職エージェントによって得意領域や、保有している求人が異なるので、2〜3社複数登録をして利用する転職エージェントを決めるのがベストですね。

おすすめ大手総合型転職エージェント

内定獲得後

内定獲得後は働き方や職場の雰囲気など、入社後のミスマッチを防ぐ情報を集めます。

とくにONE CAREER PLUSやOpenwork、エンライトハウスなどの口コミサイトや会社見学、OB訪問などがおすすめです。

企業研究をおこなう方におすすめのサービス

  • ONE CAREER PLUS
    企業の評判が集まる口コミサイト。選考内容や実際に働いている人の経歴が見れる

ただ、口コミサイトの情報収集はネガティブな口コミが多いので、鵜呑みにせず3割程度で受け止めるのが良いでしょう。 なぜなら、その企業を辞めた人のほうが多く投稿しているからです。

というのも、どの企業にも課題点や悪い部分があるため、一定数マイナスな口コミがあるのも仕方のないことです。どれも鵜呑みにしてしまうと、その企業に転職するのが嫌になってしまいます。

また、自分の転職軸を第一に考えて、それでも口コミを見た際に片目がつむれないようなら、OB訪問をして企業には質問しにくい部分を聞いてみることをおすすめします。

企業研究には3C分析もおすすめ

企業研究シートや企業研究ノートは、新卒の就活で活用するケースが多く見られます。

ただ、転職では企業研究シート・企業研究ノートよりも3C分析がもっともメジャーな手法なので転職の際は3C分析で企業研究をすることをおすすめします。

また、3C分析のやり方がわからないという方はそれぞれ調べる内容を以下にまとめてみたので、ぜひ参考に企業研究をしてみてください。

調べる内容
CompanyのC
(自社)
・設立年月日
・社員数
・全国の営業所の数
・売上、利益
・どのように売上を出しているのか
・どういう価値提供をしてお金をもらっているのか
CompetitorsのC
(競合)
・競合他社
・自社と競合の強み
・どんなことに特化しているのか
CustomerのC
(顧客)
・企業の顧客はどんな人なのか
・誰をターゲットにしているのか
・なぜお客がこの企業を選ぶのか

「Company(自社)」「Competitors(競合)」「Customer(顧客)」の3つを調べてそれぞれ深堀することを3C分析いいます。

3C分析で重要なのは、この企業がどのようにして売り上げをあげているか調べることです。なぜなら、それを調べることで今後その企業が成長していけるのか、数年後数十年後どんな会社に成長するか予測することができるからです。

また、この会社の競合は何社くらいあるのか、どんな会社なのかを洗い出していきましょう。

さらに、自社と比べて差別化しているポイントをあげていきます。もちろん、こんな感じじゃないかな?程度で大丈夫ですよ。

他にも、なぜお客がこの企業を選んでいるのかという理由ですね。 顧客目線で他の競合他社もあるのにどうしてこの企業が選ばれているのか理由を考えましょう。

このように、上記を踏まえて企業のコーポレートサイトを読み込んで事実情報を抜き出していく、これを繰り返すことで企業のことが立体的にわかってくるはずです。

そのため3C分析ができると、「事前に会社のことをよく調べてきているな」と面接の際に説得力があがり面接官に好印象を持たれます。転職活動の際に非常に有利になるので、ぜひやってみてください。

【テンプレ付き】企業研究を活かした志望動機

企業研究を通して得た様々な情報を元に転職理由や志望動機に紐づけることで面接対応に生かすことができます。

志望動機の作成ポイント

企業研究を活かした志望動機の作成ポイントをテンプレ化したので企業研究をどう面接に活用するか、わからないという方は以下を参考にしてみてください。

  1. 結論から述べる。
    そして、「詳細申し上げます」と言い、下記を伝えていく。
  2. 御社であれば、〇〇の理由で転職目的が叶うと考えました。
  3. こちらの仕事は〇〇という業務を通して、〇〇といったクライアントへの貢献ができそうと考えています。
  4. ただ、〇〇のあたりは本当に大変だと思います。しかし、そこも覚悟をして、頑張りたいと思っています。
  5. その上で、これまでの〇〇の経験を、御社の〇〇などの場面で活かして、成果を出したいと思っています。
  6. 会社独自の理念など共感できるところを、自分の考えとともに話す。

上記の作成ポイントの手順を踏まえて自己分析と企業研究の情報を元に、記載したテンプレの流れで作成していくと以下の文章となります。

人材派遣業界の場合

私の転職目的と御社の経営方針に共感した部分が多くあり、御社を強く志望しております。


詳細を申し上げます。
私は、人材不足で困っている全てのお客様の力になりたいと考えているのですが、現職では社員数1,000名以上の大手企業としか取引しない方針になってしまいました。

御社は人材不足でお困りの全てのお客様にとって必要とされる会社でありたいという理念を掲げており、企業規模で区別することもなく、御社であれば私の思いを叶えられる会社であり転職目的が叶うと考えました。


こちらの仕事は各種書類作成やマッチング、派遣社員のフォロー業務などを通して、中小企業の人材派遣といった御社のクライアントへの貢献ができそうと考えています。


ただ、お客様の様々な採用課題をどのように解決に導けるかどう行動することで解決するかまだ足りないスキルがあり、これから身に着けるのは本当に大変だと思います。しかし、そこも覚悟をして、頑張りたいと思っています。


その上で、これまでの大企業向けの人材派遣の経験を、御社の中小企業の派遣業務などの場面で活かして、成果を出したいと思っています。

このようなテンプレの流れで作成していくと、一般的ではなく、しっかりとした志望動機に仕上がるので、面接官に好印象を持たれるのでおすすめですよ!

めんどくさい人向け!転職活動での企業研究を効率的にする方法

「企業研究をするのがめんどくさい!自分だけでは全部調べられない!」という方は転職エージェントを活用するのがおすすめです。

なぜなら転職エージェントは、企業の採用担当から直接求める人材像をヒアリングしていたり、その業界にいる人でないと知り得ないような密度の濃い情報を保有しているからです。

さらに、今のキャリアだとどのような業界・職種で活躍できるのかアドバイスをもらえますので、相談してみて損はないです。

また、企業研究のやり方がわからないという人も、キャリアアドバイザーが「この部分は調べておきましょう」と、調べておくと良いポイントを教えてくれます。初めて転職する人でも大きな安心感があるので、おすすめですね。

ただ、転職エージェントによって得意領域や、保有している求人が異なるので、2〜3社複数登録をして利用する転職エージェントを決めるのがベストですね。

以下に筆者オススメの転職エージェントをご紹介しますので、ぜひ活用してみてください。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェント
に相談する

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

ポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェント
に相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

doda
に相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)
に相談する

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • はてなブックマーク

line

line

人気の転職エージェント