【保存版】企業研究のやり方を転職のプロが分かりやすく解説!

    転職活動で企業研究をする目的をはじめ、やり方や活かし方、業界研究などについて詳しく解説しています。

    転職に役立つ3C分析のやり方についても紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

転職活動で企業研究をする目的

転職活動で企業研究をおこなう目的は、大きく以下の3つが挙げられます。

  • 面接対策のため
  • 選考通過率を上げるため
  • 企業選定をするため

企業研究をおこなうことで、自分にどんな企業が合っているのか明確にすることができるので、入社後のミスマッチを防ぐことができます。

さらに企業研究を通じて転職軸を明確にすることで、志望動機などの面接対策にも活用できます。
面接で的を射た質問や回答がしやすくなり、選考通過率を上げることに繋げられます。

企業研究をしないとどうなるのか

面接官は「応募者はある程度、自社のことを知っているだろう」という前提で色々質問してきます。

企業研究をしなかったり不足していたりすると、企業側が求めている人物像とズレた回答をしてしまったり、基本的な企業情報や事業内容も調べていない=意欲がないのでは?と思われてしまったりする可能性があります。

その結果、面接でお見送りになってしまうケースはかなり多いです。

面接は応募した企業の担当者の貴重な時間をもらっていることになるので、企業研究ができていないと「この人は失礼だな」と思われてしまうリスクもあります。

上記のような事態を避けるためにも、企業研究をする必要があると言えますね。

現役転職エージェントが教える企業研究のやり方

実は、目的や選考の段階によって効果的な企業研究のやり方は変わってきます。その目的や段階について以下に3つ挙げてみました。

僕は、企業エントリー後に企業研究をおこなうことをおすすめしています。

企業にエントリーする前に企業研究をしたらダメということではないですが、書類選考などでお見送りなってしまった場合に、その時間が無駄になってしまう可能性があるからです。

企業にエントリーする前には業界・職種研究をメインに、書類選考が通過した後に、個々の企業のリサーチをおこなうのが望ましいですね。

企業にエントリーする前

前述のように、企業にエントリーする前には、業界や職種についてメインに調べることをおすすめします。業界本、新聞や業界紙、四季報などを活用しましょう。できるだけ、情報量の多いものを選ぶことをおすすめします。

業界・職種研究の詳しいやり方は改めて後述します。

転職エージェントを利用して相談するのもアリですね。
また自分のキャリアだとどんな企業に転職できる可能性があるのか聞けますし、今後どんなキャリアを描いていけるのかについても相談できますよ。

末永

自分のいきたい業界・職種がある程度決まっている方は、よりその業界に精通している特化型の転職エージェントに相談するのがおすすめです。


一方で、自分に合う業界・職種に悩んでいる段階の方は、全業界・職種の情報が集まる総合型の転職エージェントへの相談がおすすめです。


幅広く網羅している総合型エージェントと、専門性の高い特化型エージェント。目的によって使い分けするのが良いでしょう。

おすすめ大手総合型転職エージェント

おすすめ業界特化型転職エージェント

  • ビズリーチ
    各業界に精通したヘッドハンターや彼らのもつ独自求人が集まる転職サイト
  • マイナビ金融 AGENT
    大手マイナビが展開する金融業界経験を生かしたい人、金融業界に転職したい人向け
  • アサイン
    コンサル業界や企業の中核ポジションの転職に特化。業界内での実績豊富なエージェント
  • マイナビIT AGENT
    大手マイナビが展開。マイナビのコネクションを生かした幅広い企業のエンジニア求人アリ
  • レバテックキャリア
    エンジニア特化の定番エージェント。WebエンジニアやSIの大手企業求人を多数保有

エントリー後、選考通過率をあげるため

企業選定をして選考通過させるための企業研究のやり方は、応募したい企業のコーポレートサイトやIR情報を読み込むのが良いです。

面接に臨む際に、ここをしっかり調べておかなければ的を射た質問や回答ができなくなってしまいます。

企業研究において、最低限調べておくべき内容は以下です。

  • 事業内容
  • 経営方針・理念
  • ビジネスモデル
  • ターゲット顧客や市場
  • その企業の業界内での位置づけ
  • 業績

中でも「事業内容」「ビジネスモデル」の2つはとくに重要なので調べておきましょう。

できれば採用ページにもきちんと目を通しておくのが望ましいですね。

他にもその企業の社長の名前を検索して調べるとか、SNSやインタビュー記事、ブログ記事もあれば読み込みましょう。

あなたが興味を持ったポイントや共感したポイント、懸念点や疑問点などを挙げてノートにまとめていくのが大事です。「これいいな」「これってどうなの?」など、気になった部分を全てメモに書き起こしていきましょう。

そうすることでメモを見返したときに、あなたのその企業に対する印象が見えてきます。深掘りして知りたいこともわかってきますし、企業に対してもある程度わかってきます。

内定を獲得して意思決定する前

内定を獲得して意思決定する前の企業研究のやり方は、口コミサイトをチェックするのが良いです。例えば、OpenworkやLighthouse(旧カイシャの評判)、転職会議などですね。

ただ、どうしてもネガティブな口コミが多いので、鵜呑みにせず3割程度で受け止めるのが良いでしょう。なぜなら、その企業を辞めた人のほうが多く投稿しているからなんです。

どの企業にも課題点や悪い部分があるため、一定数マイナスな口コミがあるのも仕方のないことです。どれも鵜呑みにしてしまうと、その企業に転職するのが嫌になってしまいます。

自分の転職軸を第一に考えて、それでも口コミを見た際に片目がつむれないようなら、OB訪問をして企業には質問しにくい部分を聞いてみることをおすすめします。

企業研究シート・企業研究ノートを活用する

企業研究シートや企業研究ノートは、正直転職活動の際にはあまり使いません。一方、新卒の就活では活用するケースが多く見られますね。

ちなみに弊社アクシスでも企業研究シート・企業研究ノートは使っていません。ただ、1次面接が確定されてから企業研究をおこなってもらうようにしています。

興味や共感した部分、懸念点や疑問点などをメモしてきてくださいと宿題形式にして、転職者にお願いをしているんです。

それからキャリアアドバイザーと面談をおこなって、その企業研究してもらった内容をヒアリングさせて頂きながら補足していく形にしています。

企業研究は3C分析がおすすめ

企業研究シートや企業研究ノートを活用する方法もありますが、転職ではそれよりも3C分析がもっともメジャーな手法なので、こちらをおこなうのがベストですね。

ちなみに3C分析のやり方を以下にまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

調べる内容
CompanyのC
(自社)
・設立年月日
・社員数
・全国の営業所の数
・売上、利益
・どのように売上を出しているのか
・どういう価値提供をしてお金をもらっているのか
CompetitorsのC
(競合)
・競合他社
・自社と競合の強み
・どんなことに特化しているのか
CustomerのC
(顧客)
・企業の顧客はどんな人なのか
・誰をターゲットにしているのか
・なぜお客がこの企業を選ぶのか

「CompanyのC」の中でも1番大事なのは、この企業はどのようにして売上を出しているのかを調べることです。今後その企業が成長していけるのか、どんな風になっていくのか予測するためにも必要です。

「CompetitorsのC」では、競合他社について洗い出しましょう。競合他社をメモしていき、CompanyのCで調べたことと見比べて差別化している部分を挙げていきます。もちろん、こんな感じなんじゃないかな?というレベルでOKですよ。

「CustomerのC」は、なぜお客がこの企業を選んでいるのか深掘りしましょう。他にも競合他社がある中で、どうしてこの企業を選んでいるのかという理由ですね。他にもあるなら競合他社を選んでもいいはずなのに、どうしてこの企業なのか、その理由をまとめてみましょう。

企業のコーポレートサイトを読み込んで事実情報を抜き出していく、これを繰り返すことで、その企業について立体的にわかってくるはずです。

この3C分析は転職活動の際には非常に有利になるので、ぜひやってみてください。

企業研究とセットで業界研究も必要

企業研究とセットで業界研究も必要なのですが、正しい流れは業界研究をおこなってから企業研究という流れになります。

そもそも企業研究は職種研究とも言われており、転職活動の際に必要なのはこの企業研究(職種研究)のほうなんです。

企業研究と業界研究の違いを以下にまとめてみたので、参考にしてみてください。

業界研究 ◆特定の企業を選ぶ前におこなうもの
・どの業界へ行こうかな?という求人選びの参考にするためのリサーチ
・自分の方向性を選択する際に重要
・新卒の際によくおこなう
(新卒はまっさらな状態だから職種が関係ないため)
企業研究 ◆特定の企業を選んだ後におこなうもの
・企業研究は職種研究と考えて良い
・中途採用の転職では、この職種研究がとても重要
・自分にはどんな職種が適しているのか選択しやすくなる
・深掘りをしてミスマッチを避けるためにおこなう
・意思決定フェーズ、面接対策のためにおこなう

企業研究と業界研究をセットにしておこなうのはとても良いことではありますが、転職の際には企業研究に力を入れるようにしましょう。

業界研究は企業にエントリーする前におこなっても問題ありませんが、企業研究は、面接が確約した後におこなうのがベターです。

転職における業界研究のやり方

転職するときに業界研究をする際には、自分の経験やスキルを明確にした上で進めるのがベストだと言えます。

今後どのようなキャリアを築いていきたいのか、どんなことをしていきたいのか、その目的に合わせて業界研究をおこないましょう。

おすすめの業界やおすすめの企業が知りたい人は、こちらの記事にもぜひ目を通してみて下さいね。

関連記事転職におすすめの職種・業界をプロが解説!ポイントなども紹介
関連記事転職先としておすすめの企業は?勧める理由&キャリアパスもご紹介

企業研究・業界研究の結果を転職活動で活かす

業界研究をおこなえば、自分のキャリアだとこの業界がふさわしいかな、活躍できそうだなと、どんな業界の企業が良いのか選定しやすくなります。

逆に自分には不向きな業界も見えてくるので、それだけミスマッチを避けることが可能です。

一方、企業研究の結果は内定の意思決定をおこなう際に役立ちます。ネガティブ要因はないか、面接官は良い人だったけど本当に大丈夫なのか、など考えるときの参考になりますね。

また、この企業で自分はどのようなキャリアを積めるのか、どのようにして頑張れば将来のキャリアプランを実現できるのか、というプラスの企業研究のやり方もあります。

精度の高い企業研究を効率的にする方法

転職エージェントを利用すると、より効率的で精度の高い企業研究ができると思います。

転職エージェントは、企業の採用担当から直接求める人材像をヒアリングしていたり、その業界にいる人でないと知り得ないような密度の濃い情報を保有しています。

さらに、今のキャリアだとどのような業界・職種で活躍できるのかアドバイスをもらえますので、相談してみて損はないです。

企業研究のやり方がわからなくて不安だという人も、キャリアアドバイザーが「この部分は調べておきましょう」と、調べておくのが良いポイントを教えてくれます。初めて転職する人でも大きな安心感があるので、おすすめですね。

ただ、転職エージェントによって得意領域や、保有している求人が異なるので、2〜3社複数登録をして利用する転職エージェントを決めるのがベストですね。

以下に筆者オススメの転職エージェントをご紹介しますので、ぜひ活用してみてください。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェント
に相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

doda
に相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェント
に相談する

業界特化型おすすめエージェント

総合型エージェントと合わせて専門性の高いエージェントも検討することで質の高いサービスを受けられます

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)
に相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビ金融 AGENT
に相談する

コンサル転職に特化したエージェント!
他社の2倍!圧倒的な内定獲得率を実現する質の高いサポートに強み

ポイント

  1. Bizreachにて実績上位3%となる最高ランク認定の信頼性
  2. 大手コンサルティングファームへの転職決定実績多数
  3. 転職決定者の平均年収は約850万円

アサイン
に相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

ITエンジニア経験者支援に特化した専門エージェント

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます。
※エンジニア未経験者向けの求人は保有しておりません。

ポイント

  1. 保有求人7000件以上の約8割が年収600万円以上のハイクラスIT求人
  2. 大手IT系・Web系企業からスタートアップまで幅広く網羅
  3. WEB・アプリエンジニア、インフラエンジニア、PM、ITコン、SEなど多様な職種に対応

レバテックキャリア
に相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENT
に相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント