【保存版】企業研究のやり方を転職のプロが分かりやすく解説!

The following two tabs change content below.
アクシス(株)代表  末永雄大

アクシス(株)代表  末永雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

転職には企業研究が必須です!

転職において企業研究はマスト

本日は転職する際の企業研究について考えていきたいと思います。まず先日転職に関する本として『転職して「成功する人」と「後悔する人」の習慣』(著:高野秀敏/明日香)という題名の本を読みました。

早速読ませて頂いていたら、「成功する人は企業のIR情報をしっかり読み込み、後悔する人はおざなりにしかチェックしない」という項目に目が留りました。

内容について簡潔にまとめてしまえば、受験企業についてリサーチすることは、自分が「あなたの会社に入りたいです」という意思表示にとても重要だということです。

意外にも、転職エージェントである著者のもとに訪れる転職者の多くが企業研究を行っていません。「転職エージェントに聞けばいいや」と楽をしてしまいがちな部分なのかもしれません。忙しい中で効率的に転職がしたくて転職エージェントを頼るわけですから、楽をしたいのは当然ですよね。

でも、企業のリサーチ不足はかなり危険なあぐらのかき方だと思います。

インターネットや周りの体験者の情報を収集した傾向にはなりますが、大手の転職エージェント企業の多くは、数十社リストアップされた求人票を手渡し、「この中から選んでください」といった求人の紹介形態を取っている事が多いようです。

一方で、小規模のサーチ型・ヘッドハンティング型の転職エージェント会社は、求人企業サイドから依頼を受け、対象となる候補者にピンポイントで依頼されている求人案件を勧めます。

結局は、最終判断は自分でするしかないのです。

もし、転職エージェントに流されるままに仮に内定をもらえてしまったとして、果たしてその後、幸せなのでしょうか?

面接のときに相手を理解できていなかったらきちんとしたやりとりができない、というのももちろんですが、その会社の“いいね!”ポイントを自分なりに押さえておく事、

また、「自分が入る事で貢献していける」と自身を持って言える部分をわかっておくことは、後々自分が会社で頑張っていくときのモチベーション維持につながるはずです。

面接に行くのも転職者本人であって、転職エージェントではありませんよね。何を質問されても言葉に詰まる事なくキャッチボールをするためにも、面倒くさがらずに入社後のイメージを具体的にしておくことが内定ゲットへの近道なのではないかと思います。

企業研究は「目的」を明確にすべし

よく面接を受ける前に企業研究をしましょう、と言われますが実際問題、何をどれだけやればいいのかからないという方は多いですよね。

実は企業研究で調べておくべきことには「最低限」と「プラスα」の2種類があるのです。では、どういう情報を習得しておくべきなのでしょうか。以下それぞれ説明したいと思います。

最低限調べておくべきこと

企業研究において、最低限知っておくべきことはどのようなものでしょう。具体的には以下のものとなります。

  • 会社概要
  • 経営方針・理念
  • 商品(サービス)
  • ターゲット顧客や市場
  • 業績
  • その企業の業界内での位置づけ


面接官は「応募者はある程度、自社のことを知っているだろう」という前提で色々質問してきます。そのため志望度に関わらず、応募するなら必ず調べておくというのが大事です。とはいえ、すべての情報を知るのは簡単ではありません。わかるところだけ、確認し、不明な点は何が不明なのかを知っておくことが重要です。

そして、わからない点は「質問事項」として整理しておきましょう。1つ1つに時間をかけすぎないというのも重要です。

プラスαで調べておくべきこと

あなたはなぜ転職をしたいと考えているのでしょうか。その動機と目的を再認識し面接を受ける会社がその転職をしたいと考える会社で実現ができるかどうかを検証するための情報というのがここでいう「プラスα」になります。

具体例を挙げると、新規営業の割合が多い人がもっとお客さんと向かい合う仕事がしたいと考えた場合、新規営業と既存営業の割合について知っておく必要があります。また、成果に対し報酬が得られる環境がほしい場合はインセンティブ制度の有無や成果と報酬に関する評価制度の情報が必要です。

とはいえ、このような情報は簡単に収集できるものでないものもたくさんあります。

企業研究のやり方

ではどうやって企業研究を行うのでしょうか。

具体的には以下の手段があります。どのような情報が調べられるか、チェックするときのコツ等を説明させていただきます。

企業研究のやり方を整理すると、主に下記があります。

  1. 企業のHP
  2. IR情報
  3. プレスリリース
  4. 新聞や業界紙
  5. 四季報
  6. ブログやSNS、勉強会等
  7. 直接訪問できる機会を作る
  8. 口コミサイト
  9. 転職エージェント

 

①企業のHP

ここで得られるのは会社に対する基本的な情報を得る場所だと考えてください。「経営理念」「人材育成に対する考え方」「社員インタビュー」「商品ラインナップ」という情報が得られます。ただし、いくら読み込んでもピンとこないことも多々あります。ここで必要なのは、一読することで、あなたが気になった、フックした情報を押さえるということです。そこで会社に対するイメージを作り上げておくというのが大事でしょう。

②IR情報

上場企業であれば、有価証券報告書やアニュアルレポートを公開しているので、近年の業績の傾向について知っておきましょう。細かいことはわからないと思いますが、売り上げに関してどう分析しているのかを知っておくと、本当にまずい状況なのか、そうでもないのか、またあなたがどう貢献できるのかという切り口となる情報を得ることができます。

IR情報は企業のHPに掲載されていますが、まとめてチェックしたい人はこういったまとめサイトを活用するのも良いかと思います。

適時開示情報閲覧サービス – 開示情報一覧

IR・投資家情報ポータルサイト|最新情報をメールでお知らせ|IRSTREET

③プレスリリース

プレスリリースは企業が世間にアピールしたい情報を掲載しています。一通り確認し、ポイントになる情報だけピックアップしておいてください。

④新聞や業界紙

日本経済新聞はビジネスの話をする上で不可欠な経済情勢や各業界の状況を知ることができなす。直近の企業の情報については必ず押さえておいてください。

⑤四季報

財務データや業績、事業の展開状況のほか、平均年収や平均年齢も書かれていますので目を通しておくとよいでしょう。

⑥ブログやSNS、勉強会の資料

著名人のブログやSNSで注目すべき商品について書かれていることがありますので、該当するものがあれば目を通しておく程度で良いでしょう。また、企業の社長が自身のブログで自社の経営理念や社風について語っていることもあるので、受ける企業の社長がブログをやっていないかチェックしておきましょう。

SlideShare等で公開されている勉強会の資料も、その企業の雰囲気がよく表れているため、企業研究の良い材料です。

⑦直接訪問できる機会を作る

転職フェア等で確認できるのであれば、その企業の社員や関係者に話を聞きに行くというのも重要な情報を得る方法です。また、面接選考の前後で現場社員と話す機会を作ってもらえないかお願いしてみるのも良いでしょう。働き方や会社の雰囲気など、ネットや書籍ではわからないような情報を取りに行くというのも重要です。

⑧口コミサイト

Vokers、転職会議などの口コミサイトで、働いた経験のある人の声を確認するというのも重要です。ただし、こういったサイトには悪い評価が集まりやすいということを念頭に置いて利用しましょう。口コミサイトに評価を書き込むという行為はなかなか手間がかかりますから、不満や後悔などの負の感情をエネルギーとして行われることが多いのです。

退職者が書いた昔の情報や、一方的な不満をぶちまける書き込みも散見されますのであくまで参考程度に留めておきましょう。

上記で紹介したような方法で情報収集すると、情報量がとんでもないことになります。そのため、流し読みでイメージを固めるというのが重要でポイントになるところだけを押さえてください。

⑨転職エージェント

転職エージェントは、HPや口コミサイトには載っていない、採用担当者の生の声を知る手段として有効です。

その理由は、転職エージェントは、転職者側と求人側の中立のポジションにあり、常に、採用する企業・転職者の双方と密なコミュニケーションを取っているからです。

転職エージェントは、採用側の企業とコミュニケーションを取っているからこそ、転職エージェントを利用することによって、「企業がどんな人物を求めているのか」「どんなスキルや経験があれば転職できるのか」を理解して転職を進める事ができます。

実際に、中途の採用活動においては、HPや求人に記載がないですが、具体的にターゲットやペルソナを設定しているケースが多いです。
(もちろん例外はあります)

例えば、求人に「大卒以上」とは書かれていても、実際には「MARCH以上の学歴」など一定の学歴以上の人材をターゲットとしていることもあります。

上記のような、言わば「裏の採用基準」は、転職エージェントを利用しなければ分からないことなので、一度利用してみてはいかがでしょうか。

念の為、以下にオススメの転職エージェントを記載しておきますね。

必ず1社は登録しておくべき!総合型大手エージェント

末永

まず転職を考える際、全ての方が鉄板で登録すべき転職エージェントが、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaといった業界最大手のエージェントです。

大手のエージェントに登録しておくメリットは大きく2つあります。

1つ目は、全業界・職種の求人を網羅しているので、幅広いキャリアの提案が可能という点です。

「自分の進むべき業界・職種が定まっていない」という方は、まず大手エージェントに登録してみて、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談してみると良いと思います。

2つ目は、様々な求人を比較できることです。

大手の転職エージェントのメリットとしてやはり、求人の多さがあります。

様々な求人を持っているからこそ、企業ごとの違いをしっかりと認識し、転職活動を進める事ができます。

そのため、さまざまな企業を比較した上で転職を行いたいという方にとっては、転職エージェントはオススメです。

*先ほどもお伝えしましたが、大手の転職エージェントは、数十社リストアップされた求人の中から「この中から選んでください」というような求人の紹介をするケースがあります。
エージェントを利用する場合は、紹介された企業をただ受けるのではなく、「自分がエージェントを使い倒す」という意識で利用してくださいね。

転職の企業研究におけるシートの作り方

ここまで見てきた通り、企業研究の目的は志望先企業の状況を正しく理解し、自分の経験やスキルを振り返りつつ、改めて適正を判断することがひとつ。もうひとつ大切な目的は、面接官にアピールできる志望理由を整理することです。それでは、そのような目的で行なう企業研究が効果的・効率的にできるシートの作り方を確認していきます。

企業研究シートに記載するのは最低限以下の内容について記入するようにしてください。

企業の特色

業種と業態について。特に業態は、どこの市場に対して、何をいくらで販売しているのか。その市場の特徴についても把握しておきましょう。

事業内容を整理したら、競合の特色についても記入しておくと、面接時の話に説得力が増します。また、本社や支社の所在地、従業員の人数についても調べておきましょう。

社長名・採用担当者名

企業サイトにある「社長メッセージ」を確認しておきましょう。

資本金・売上高・利益の状況

企業によってはブランド別に整理が必要。直近3~5年程度の傾向と要因を調べておくこと。そこでは、事業課題とその取組みについても大まかで結構ですので調べておきましょう。その課題に対して、自分がどのように携われるかを話せるように準備します。

社史

企業の歴史について確認しておきます。そこでは、企業規模の拡大・縮小や成長についてどのような事業を中心に動きがあるかを確認することができます。

見学した店舗や営業所、工場等

外食企業であれば、事前に店舗に行って、商品や価格帯、作業を確認することが可能です。忙しい時間帯と比較的暇な時間帯といった具合に時間帯を分けて行ってみると、状況をより詳しく確認できます。

以上を踏まえて、「やりたい仕事」「業務に役立つ経験・スキル」「自分が貢献できる業務」を改めて整理しておきましょう。


▶︎初めて転職エージェントを利用するなら、転職者の8割が登録しているリクルートエージェントにまずは相談してみましょう!

転職の企業研究にかけるべき時間は?

新卒の就活生は企業研究に15時間かけるという統計データもありますが、中途入社を目指す方は現在何らかの業務を抱えている場合が大半です。「企業研究のやり方」で確認した内容に均等に時間を使用するのではなく、重視する点は徹底的に調べて、その他は転職エージェントなどのサポートを受けた方が、より効果的・効率的と言えます。

重視する点はどこかと言うと、「企業研究のやり方」でも触れた「IR情報」がそれに該当します。企業サイトのトップページなどでは、その企業の良い点しか見えないことが多いもの。

但し、IR情報を見れば、その企業の隠れた実態が見えることが非常に多いので、掲載される数字については、よく見ておくようにしてください。IR情報に掲載される中でも営業利益率は特に注目すべき数字です。売上が上昇傾向でも利益が年々下がっている企業は多く見受けられます。そのような課題への対処についても記載がありますのでチェックしておきましょう。

転職において業界研究のやり方は?

業界研究は、転職活動で必ずやっておきたいことの一つです。

転職は新卒採用とは異なり、即戦力採用。志望する業界や職種の経験がなかったとしても、業界研究はできていることを前提に面接が行なわれます。業界研究ができていなければ、「志望意欲が低い」という印象を与えかねません。また、業界研究が出来ていることによって、企業選びの軸ができて、履歴書/職務経歴書の作成や面接の事前準備にもつながります。

業界研究のやり方は例えば以下があります。

(1)新聞・業界誌

業界全体の動向や旬な情報をキャッチアップが可能です。新聞は特に日経新聞を読むことで、経済情報をはじめ各業界のトレンドや動向を把握することが可能です。

業界全体を知るうえで、「業界地図」のような業界別の情報がまとまっているものを活用するのも良いでしょう。図解で説明されているので、その業界の競合関係も分かりやすくまとまっています。

例えば、業界地図 | 東洋経済日経業界地図 2017年版 : 日本経済新聞社 : 日経ストアがあります。

(2)会社四季報

会社の業績予想を中心に、所在地や財務情報など、企業を知るうえで欠かせない重要な情報がまとまっています。業界や企業の情報を客観的に判断できて、業界の全体像やビジネスモデルなどを知ることが可能です。

参照 : 会社四季報 | 東洋経済

(3)転職求人情報サイト

各転職求人サイト(例えば、リクナビNEXT、doda、エン転職など)で業界の動向や企業のトップや中途入社者のインタビュー記事が紹介されています。業界動向や企業研究が可能です。

(4)サイト検索

昨今、タブレットやスマートフォンなどが普及してネットを使ったツールが増えていて便利になりました。気になる業界をインターネット検索することによって、様々な情報が出てきます。良い意見だけではなく、客観的な視点でクチコミ情報を得ることも出来ます。

転職において業界研究をする際におさえておきたいポイントは?

業界研究は、様々ある「業界」について、それぞれの特徴を把握した上で、自分がターゲットとする業界を絞り込むために行います。

業界研究を進めるプロセスで、これまでその業界に抱いていたイメージが大きく変わることも少なくありません。業界研究のポイントをいくつか確認していきましょう。

マクロ的視点で見る

業界全体を一旦、広く確認します。その業界の成長要素や課題は何か?その中で代表的な企業について深く確認するようにしましょう。

外部媒体を活用する

業界団体のサイトや出版物は最新の情報が手に入ることから、参考になります。

このような情報は、漠然とその企業の商品やサービスを見ても分からないものですので、内容によっては企業研究シートに落し込むことをオススメします。

業界そのものの調べ方には先に述べたような方法がありますが、具体的に何をやりたいのかが明確であれば、その職種と業界の関係についてより深く研究して理解出来ると思います。

「○○企業」で仕事をしたい、と企業名が先行して企業で転職先を選択してしまいがちですが、まずは、転職するうえで自身が何をやりたいのか自己分析されていることを前提とすることで、その職種と業界の役割や関係性がみえてくるかと思います。

転職の業界研究において志望動機はどのくらい意識したら良いか?

いくら応募企業に志望度が高かったとしても、業界研究を怠ってしまえば、採用担当者に熱意は伝わりません。志望動機とは、その企業で働きたいと考えている理由を述べます。

「企業のどんな部分に関心を持ったのか、どんな商材/サービスに興味があるのか」など、その企業でなければならない理由を志望動機に含めるようにします。それには当然、その業界の動向やトレンドなどを把握していることが前提となります。つまり、応募企業単体のことを調べるだけでなく、同業他社と比較したより踏み込んだ志望動機が必要になるということです。業界研究がしっかりとできていないと魅力的な志望動機が作れないとも言えます。志望動機を意識して業界研究するようにしましょう。

転職エージェントを活用しよう

  • 「初めての転職で色々不安……相談に乗って欲しい」
  • 「仕事をしながらだと転職活動をする時間がなくて、全然動けていない!」
  • 「面接上手くいかないなぁ。何が悪いんだろう?」

そんなときに頼りになるのが、転職エージェントです!

転職エージェントは、日々様々な求職者と向き合い続けている「転職のプロ」です。専属のキャリアドバイザーが、上記のような様々な不安に対して無料で相談に乗ってくれます。

相談やアドバイスはもちろんのこと、履歴書・職務経歴書の添削面接対策など、転職活動に関わることをサポートしてくれます。

また、志望大手企業への推薦や年収・勤務条件の交渉なども代行してくれるので、少しでも転職の成功確率を高めたい!という人は、ぜひ1度登録してみてください。

ただ、担当するキャリアアドバイザーによって、サポートの質が変わってくる部分があるので、複数の転職エージェントに登録して、自分に合うものを使っていくのがおすすめです。

おすすめの転職エージェントをいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント
  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人