【完全保存版】志望動機が書けない転職者必見!2ステップで簡単作成

転職志望動機書けない

    こんにちは!すべらない転職の末永です。

    今回は、これまで数多くの転職者の面接アドバイスをしてきた現役転職エージェントが、どうすれば志望動機を書けるのか、うまく語れるのかご紹介いたします!

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

志望動機が思いつかない・書けない理由4選

転職エージェント末永 末永

転職エージェントという立場で様々な転職者を見てきましたが志望動機が上手く思いつかない・書けないのは、転職目的が明確になっていない、言い換えれば、何がしたいかハッキリと決まっていないという人が多い印象です。

そんな、志望動機がなかなか書けない転職者の方に多い理由を以下にまとめました。

ここからは、志望動機が書けない・思いつかない理由をそれぞれ解説していくので、ぜひ最後まで読んでいってください。

自己分析が足りていない

志望動機が書けない・思いつかないと悩んでいる転職者の方にまず多いのが、自己分析が足りていない場合です。

「どの業界・会社に転職しようか?」と考える前に、転職軸(自分が転職しようと思った理由・動機)を明確にする必要があり、そのために自己分析が必要です。

転職軸を最初に明確にしないと、いざ企業の求人に応募した後で「志望動機が思い浮かばない!」といった状況になってしまいます。

逆に、自分の転職軸、転職する目的をしっかりと言語化できていれば、志望動機は悩むことなく形にすることができます。

転職先の業界や企業への理解度が低い

志望動機が書けない・思いつかないと悩んでいる転職者の方に次に多いのが、転職先の業界や企業への理解度が低い場合です。

有名だから、大手だから、年収がいいから、などイメージで企業を選んでいては、応募企業の特徴を理解できていないため、志望動機に繋げられないことは非常に多いです。

志望動機を作る際には、自己分析とセットで、転職先の企業のことも調べておくことがとても大切です 。

現状の不満解消に焦点が当たっている

志望動機が書けない・思いつかないと悩んでいる転職者の方に3番目に多いのは、現状の不満解消に焦点が当たっている場合です。

「今感じている不満を解消できればいい」という現状ばかりに目が向き、「何がやりたいのか」「将来どうなりたいのか」といった将来に対する考えが浅い場合も多くあります。

企業側は、転職者の能力やスキル面を見ると同時に、うちに転職してどんなことがしたい、どうゆう風に活躍してくれるのかという面も非常に重視しています。

その活躍のモチベーションの源泉が志望動機になるため、将来のことに目を向けて志望動機を作成してみると良いでしょう・

まずは、自分が今回の転職を通してどのようなことを達成したいのか、年収・職種・職場環境などの現状の不満を解決できるのかをしっかりと考えるようにしましょう。

そもそもなぜ志望動機が聞かれるのか

志望動機が書けないと悩む前に、まずなぜ企業は志望動機を聞くのか考えてみましょう。

質問の意図を理解することで、志望動機を作成しやすくなります。

志望動機を聞いてくる意図は以下の3つです。

ここからは、志望動機が書けないと悩んでいる方向けに、志望動機を聞く意図を解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

長期的に働いてくれるのか

まず、企業が志望動機を聞く意図としてあげられるのは、長期的に働いてくれるのか知るためです。

企業は、転職者を1人採用するにも、採用して育成するにもコストがかかってくるので、転職してきてすぐに辞められては困るわけです。

そのため、長期的に働くイメージが湧いているのか、入社後にギャップがなくしっかりと働いてくれそうかをみるために、志望動機を聞いているのです。

志望動機が書けないと悩んでいるなら、転職後にどんなことをしたいのか深ぼってみると良いでしょう。

成果を上げて会社に貢献してくれるか

次に、企業が志望動機を聞く意図は、成果を上げて会社に貢献してくれるか判断するためです。

企業が社員を雇うのは、ビジネスを大きくしたり、売上を拡大していくために人員が必要だからです。

そのため、企業は転職者を採用して、しっかり業務で成果を出してもらいたいのです。

成果を出せそうかは、前職での経験をどのくらいロジカルに説明できているかや、成果の出し方に再現性はあるのかという観点で判断しています。

そのため、志望動機が書けないと悩んでいる人は、前職でやっていた施策が転職後にどのように活かせるのかを、志望動機と絡めて説明できると良いでしょう。

志望度はどのくらいなのか

最後に、企業が志望動機を聞く意図は、志望度がどのくらいなのか知りたいからです。

企業は、内定を出しますが、そこで働くかどうかは転職者が決めることです。

そのため、せっかく選考をして内定を出した転職者に、内定辞退されるのは、非常に困ります。

しかも、志望度の高い転職者は、モチベーション高く入社してきてくれると考えられるため、志望度を見極めることは非常に大切です。

志望動機が書けないと悩んでいる場合には、他の企業と差別化して、この企業だから転職したいと説明できるようにしておくととても良いです。

転職エージェント末永 末永

ここまでお読みいただいてわかるように、志望動機を作るには徹底的な自己分析と深掘りが必要です。転職者の価値観を重視しているために、そもそも転職者自身が自分の価値観をよく理解していないといけません


ですが「徹底的な」自己分析というのは、自分一人で行うのが難しいんです。客観的な視点が足りなかったり、深掘りするポイントが偏ってしまうためです。


実際に、これまで応募先企業のホームページや大手エージェント経由で応募をして、希望している企業に特化した面接対策をしてもらえなかったために、受かるはずの人が面接でお見送りになってしまったケースをたくさん見てきました。


そこで、【リーディングエージェント】として、リクルート契約エージェント200社以上から、最も手厚い支援をしていると評価受けた、すべらないキャリアエージェントの利用がおすすめです。

弊社エージェントのポイント

❐企業とのつながりが密で豊富な情報を保有
❐企業別の徹底した選考対策が可能
❐書類通過率は大手の6倍、内定率は4倍

すべらないキャリアエージェント
に相談する

志望動機が思いつかない時の対処法

志望動機が思いつかない場合は、まず自分自身の転職の目的・理由を整理するところから始めましょう。

ポイントは以下の2つです。

辞める理由・不満や課題を分解する

まず、志望動機を書く際は、辞める理由・不満や課題を分解します。前職を辞める理由は、実際色々ありますよね。

ただ、それを印象論で「こんな会社、もう辞めてやる!!もう全部嫌だ!」で思考停止していては、課題もわからないし、打ち手も考えられません。

そうすると、永遠に改善・解決にはつながりません。

そうではなくて、具体的にキーポイントとなっている課題や不満を要素分解して特定、優先順位をつけてみるのです。

そうすると、ある1つの根本課題が見えてきます。自分にとって譲れない根本課題が満たされないと他のすべても連鎖的に嫌に思えてしまっていたりするものです。

そうした課題をきちんと要素ごとに分けて明確にすると、自分自身の価値観が見えてきます。

業界・職種の志望動機を明確にする

転職のミスマッチを防ぐために、私はいつも「会社への志望動機」ではなく、「業界・職種の志望動機」を明確にしましょう、とお話しています。

更に言うと、どういった業界・職種、仕事内容、それに紐づく環境を自分は求めているのか?といった切り口や背景、軸についてのお話です。

意外とこれを具体的に考えておらず、新卒の就職活動の時のように、転職活動においても、イメージだけで会社選びをしている人が多いです。

もちろん企業選び自体が悪いわけではないですが、入社後の普段の皆さんの満足度によりリアルに降り掛かってくるのは「どの企業か」という点ではなかったりするのです。

志望動機の書き方

上記の方法で志望動機が思いついたら、以下の手順で志望動機を書いていきましょう。

結論から書く

志望動機を書く時に限らず、どの場合でも必ず結論から話し始めましょう。

最初に結論から伝えることによって「自分が何を言いたいのか」を相手と共有し、そのテーマに関する考えを整理しながら聞いてもらうことができます。

そうすると、相手の理解がスムーズに進むので正確に自分を評価してもらえますし、印象もよくなります。

具体的なきっかけや経験

先に簡潔に志望動機を話したら、次はそれをもたらしたきっかけや経験を書きましょう。

ただ志望動機を伝えるだけだと説得力がなく、選考通過のための嘘なのではないかと疑われてしまう恐れがあります。

志望動機につながる実際に体験したエピソードを話すことで説得力が生まれ、書類選考が通過しやすくなります。

自分の経験・スキルがどう活きるのか

志望動機に加えて、自分のこれまでの経験やスキルが転職後どのように活きるのかも説明しましょう。

そうすることで企業側はあなたが自社で活躍してくれるイメージが湧き、採用するメリットを感じることができます。

また、転職後の業務に活かせるこれまでの経験を伝えることで志望動機の妥当性にもつながります。

志望動機の書き方についてさらに詳しく知りたい人は以下の記事を読んでみてください。

また、志望動機を書くのに苦労しているなら転職エージェントを利用するのがおすすめです。

弊社のすべらないキャリアエージェントでは徹底的な自己分析により転職理由を明確化させることで、人事に刺さる志望動機作成をサポートします。

弊社エージェントのポイント

❐企業とのつながりが密で豊富な情報を保有
❐企業別の徹底した選考対策が可能
❐書類通過率は大手の6倍、内定率は4倍

すべらないキャリアエージェント
に相談する

転職の志望動機の例文

では上記で説明した志望動機の書き方を踏まえた志望動機の例文を紹介します。実際に志望動機を書く時の参考にしてください。

営業職からエンジニアに転職する時の例文

私はメーカー営業としての経験を積んできましたが、この度貴社のエンジニア職に転職したいと考えています。


これまで営業としての経験を通じて、お客様のニーズや市場動向を把握し、それを製品に反映させる力を培いました。しかし、もっと技術的な知識やスキルを身につけ、直接的に製品の開発に関与したいという思いが強くなりました。


エンジニアとしてのキャリアを追求することで、製品の品質向上や革新的なソリューションの提供に貢献したいと考えています。

webマーケティング職からマーケティング職に転職する時の例文

私は、貴社のマーケティング職への転職を希望しています。これは、私がWebマーケティングの経験を通じて得た知識とスキルを活かし、より広範なマーケティング領域に挑戦したいという強い意欲からです。


Webマーケティングの中でも特にデジタル広告やSEOに関して深い洞察を得ましたが、新しいマーケティングチャネルやストラテジーにも積極的に取り組みたいと考えています。


また、マーケティングの領域は常に進化しており、新たなトレンドやテクノロジーに対して柔軟に対応することが求められます。私は自己成長に向けた積極的な姿勢を持ち、幅広いマーケティング知識を習得し、チームの一員として戦略的なアプローチを提案することができます。


以上の理由から、マーケターとしての新たなキャリアに挑戦したいと考えています。

営業職からマーケティング職に転職する時の例文

私は営業職から貴社のマーケティング職に転職したいと考えています。


営業経験を通じて、顧客のニーズを理解し、ターゲット市場を分析する能力を磨きました。マーケティング職に転身することで、より戦略的かつ効果的なプロモーションやキャンペーンの立案に貢献できると信じています。


また、データ分析やデジタルマーケティングのスキルを習得し、より効率的なマーケティング活動を実現したいと考えています。経験と情熱をもって、新たなマーケティングの世界に挑戦したいという思いから、転職を志望しています。

多くの人が知らない転職のリアル

自分自身の将来のキャリア構築や選択肢を決めるのも、どの会社に在籍していたかではなく、業界×職種の経験で大まかには決まってしまいます。

なぜならば、転職市場においては、経験が最も重要視され、どの業界でどんな仕事(職種)を経験していたかで、ほぼ評価や価値が決まってしまうからです。

他の業界や職種の事に詳しくないし、経験した事もないわけですし、どの業界・職種が良いかなんてわかりませんよ!というのが多くの人の本音・お気持ちだと思います。

でも面接で上記のように言われてしまうと、面接官は「この人は新卒の時も、業界や仕事内容等をよく調べなかったのかな?」と考えます。

また「会社選びが思い通りにいかなくて結果的に転職活動しているはずなのに、何も反省していないし学んでいないのかな?」とも思われてしまいがちです。

ですので、各業界・職種についてすべて深く精通する必要は全くありませんが、最低限、自分なりに今の会社や仕事選びの反省点をしっかりと振り返り言語化しておく必要があります。

転職エージェント末永 末永

過去の経験を言語化するには第三者に相談しながらおこなうことがおすすめです。なぜなら第三者に話すことで新たな視点で自分の強みを見つけることができるからです。


中でもおすすめは転職エージェントです。これまでに様々な転職者をサポートしてきた実績があります。


転職エージェントは通常の第三者とは異なり、自己分析を徹底的に行ってくれるので自分の強みが見つかりやすいです。

相談してみる

志望動機を書くときのポイントと避けるべき内容

転職の目的・軸が自分の中で明確になった上で、改めて志望動機を組み立ててみましょう。

志望動機では、現職で見つけた課題や、やり遂げたいことをチェックして明確にし、御社なら実現できるということを論理的に説明できると良いです。

「現職で学んだ経験を活かしてこんな活躍がしたい」と言えればベストです。

こんな志望動機はNG!

人物 転職者

今の会社に全く不満がなく、良い話があればチャレンジしたいんです。

このように言う人が、前向きで自分に自信がある優秀な人ほどいます。

基本的に、人は何も課題や不満がなければ、あえて現職を退職しようとは思わないし、行動には移さないことが多いです。

また、得たい目的が明確にあれば、逆にそれが得られない現職の状態が不満という事もあるわけなので、不満がないというのは、逆に明確な理想ややりたいこともない、と自ら表明してしまっているのと同義なのです。

「自分の人生へのコミットメントが弱い、受け身な人なんだな」とか、「本音を言わないプライドの高い人なんだな」と思われる事が多いと思います。

そもそも人事・面接官も、何かしら不満や課題がある事は理解した上で面接をしているわけですので、「今の仕事にまったく不満がない」というのは逆に嘘くさく、本音で話してくれない人だな、と思われてしまいます。

では課題についてどのように答えればいいのか

転職エージェント末永 末永

課題があるのは当然として、その課題を選考官が見て納得感を持てるかが重要です。そのためには下記のポイントを意識することが重要です。

今の課題が現職ではどうしても解決が難しいが、会社や仕事を変える事で解決・実現する可能性が高い

ただ、その課題が本人の他責性が強かったり、視野が狭いことによる極端な解釈や勘違いが原因であれば、選考官を納得させることはできないでしょう。

志望動機の回答例や考え方についてもっと詳しく知りたい人は、こちらの記事もご覧ください。

志望動機が書けない時によくある質問

ここからは、志望動機が書けない時によくある質問を紹介していきます。

志望理由がない場合はどうしたらいいですか

人物 相談者

志望理由がない場合はどうしたらいいですか。

転職エージェント末永 末永

志望動機がない場合には、以下のようなアプローチが考えられます。


1キャリアアドバイザーに相談し、自分のキャリアや将来のビジョンを明確にすることをお勧めします。


2 求人に興味を持った理由を考え、それをもとに志望動機を書いてみることができます。


3 自分がこの業界や企業にどのように貢献できるかを考え、それをもとに志望動機を書いてみることができます。


4自分がこの業界や企業で学ぶことができることを考え、それをもとに志望動機を書いてみることができます。


5志望動機を書くことが難しい場合は、採用担当者に相談し、志望動機について質問を受けるようにすることもできます。


それでも志望動機が書けない場合は、求人に必要なものが志望動機だと記載されていない場合は、その欄を空白にしても問題ないこともあります。

志望動機を作成するのには、どのくらいの時間がかりますか

人物 相談者

志望動機を作成するのには、どのくらいの時間がかかりますか。

転職エージェント末永 末永

志望動機を作成するには、時間はかかりますが、個人差があります。 志望動機を作成するためには、自分自身のキャリアや将来のビジョンを明確にすることが必要です。


そのためには、自分自身をよく理解し、自分がこの業界や企業にどのように貢献できるかを考えることが必要です。


それに加え、志望動機を書くためには、適切な言葉を見つけるために時間がかかります。


それでも大きく時間がかかるということはなく、数時間から数日程度の時間がかかることが多いです。

面接でどんな人と一緒に働きたいかと聞かれた場合の回答

人物 相談者

面接でどんな人と一緒に働きたいかと聞かれた場合の回答に困ってます。

転職エージェント末永 末永

面接で「どんな人と一緒に働きたいか」と聞かれた場合、以下のように回答することができます。


コミュニケーション能力のある人: コミュニケーション能力がある人と働くことで、タスクをスムーズに遂行することができると考えています。


チームワークに重点を置く人: チームワークに重点を置く人と働くことで、タスクを効率的に遂行することができると考えています。


プロフェッショナルな人: プロフェッショナルな人と働くことで、自分自身も成長することができると考えています。


同じ目標を持っている人: 同じ目標を持っている人と働くことで、目標達成に向けた努力を共にすることができると考えています。


相互に学ぶことができる人: 相互に学ぶことができる人と働くことで、自分自身も成長し、仕事をより良いものにすることができると考えています。


重要なのは、自分がどんな人と一緒に働きたいかを明確に示し、それがどのように自分自身の能力や仕事に役立つかを説明することです。

30秒で志望動機を話す場合、何文字くらい話しますか?

人物 相談者

30秒で志望動機を話す場合、何文字くらい話しますか?

転職エージェント末永 末永

30秒で話すことができる文字数は、発音スピードや文章の構造によって異なります。


平均的なスピードで、1秒あたりに約15文字程度の文章を話すことができますので、30秒で450文字程度の文章を話すことができると考えられます。


ただし、これはあくまで平均値であり、実際にはそれよりも多く、または少ない可能性があります。

志望動機を見る企業側は、何を見ているのですか

人物 相談者

志望動機を見る企業側は、何を見ているのですか。

転職エージェント末永 末永

志望動機を見る企業側は、候補者がどのような背景や経験を持っているか、どのような目的や希望を持っているかを見ることができるため、それが彼らが求める人材に合っているかどうかを判断するための情報源となります。


また、候補者が自己アピールをするための資料の一部としても活用されます。

志望動機の重要性はどのくらいですか?

人物 相談者

志望動機の重要性はどのくらいですか?

転職エージェント末永 末永

企業は、候補者が抱える目標や希望が企業とのミッションやビジョンに合っているかを確認することができ、それが彼らが求める人材に合っているかどうかを判断するために必要な情報を得ることができます。


また、候補者が自己アピールをするための資料の一部としても活用されます。

なので、志望動機は面接や書類選考の段階で重要な役割を持ちます。

志望動機が書けないと悩む人へ

志望動機が書けないのは何がしたいかハッキリと決まっていないことが原因であるとお伝えしました。

転職活動において何がしたいかハッキリと決まっていることは重要です。

何がしたいかは志望動機に限らず面接でも聞かれます。ここであなたの強い気持ちを伝えることができなければお見送りになってしまいます。

すべらないキャリアエージェント納得感の高い転職・意思決定ができるよう、まず転職者様が今後どうしたいかに徹底的に向き合います。

そして自分の価値観を洗い出した状態で転職活動をおこなうので事実、書類選考通過率は58%以上と、大手エージェントの5倍以上という高い実績を誇っています。

志望動機にお困りの人はぜひ一度すべらないキャリアエージェントにご相談ください。

営業職のキャリアアップを支援する転職エージェント

ポイント

  1. 希望や適職にあった厳選した求人のみを紹介するので利用者満足度91%!
  2. 一人一人に向き合った丁寧なサポートにより内定決定率30%以上!(業界平均6%)
  3. 弊社の戦略的キャリアプランにより年収360万の人が年収700万の営業職へ転職成功!

【無料】転職サポート申し込み

志望動機の面接での答え方例

最後に志望動機の面接での答え方の例を紹介します。

志望動機の面接での答え方の例文

営業からマーケティング職に転身したい理由は、顧客のニーズを的確に把握し、効果的な戦略を立案することに魅力を感じるからです。


マーケティングの領域では、市場調査やデータ分析を通じて効果的なキャンペーンやプロモーションを展開できる機会があります。


また、広告やブランド戦略の構築にも関与し、クリエイティブなアイデアを活かすことができます。マーケティング職に転じることで、より戦略的な視点でビジネスに貢献したいと考えています。

また、志望動機の面接での答え方に不安がある人は以下の記事を参考にしてください。

line

line

  • すべらないエージェントとは
  • すべらないエージェントの強みとは
  • 弊社のイチオシ自律型人材とは
  • すべらない転職Q&A