ITコンサルタントの転職の際の志望動機とは?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

ITコンサルタントへの転職、志望動機はどう書いたらいい?

ITコンサルタントはメジャーな職種とはいえませんが、実は日本経済の成長のカギを握る存在です。

どの業種のどの企業も、IT化できる業務はどんどんIT化していかないと、時代に取り残されてしまいます。企業の効率化と生産性の向上は、政府も重要視しているところです。企業のIT化と生産性向上には、ITコンサルタントが欠かせません。

そのような重要な存在であるITコンサルタントに転職するには、どのような「志望動機」を持っていたらよいのでしょうか。

ITコンサルタントとは?

ITコンサルタントは、IT系コンサルティングファーム(ITコンサル会社)に勤務する、技術色が濃いマネージメント職です。

ITコンサルタントの仕事を一言で表すと、クライアント企業のシステム導入のお手伝いとなります。

ITコンサルタントの仕事は、主に次の3つあります。

  • アナリスト的業務
  • コンサルタント的業務
  • マネージャー的業務

どれもITコンサルタントに必須の仕事なので、1つひとつ見ていきましょう。

アナリスト的業務

アナリスト的業務は、SEの業務と似ています。

システムの定義書や仕様書を作成したり、動作確認をしたりします。ときにはITコンサルタントが自らプログラミングすることもあります。

コンサルタント的業務

クライアント企業にIT知識の蓄積がない場合、ITコンサルタントがクライアント企業の経営上の問題点を見つけ、それをITで解決する方法を提案しなければなりません。

これをコンサルタント的業務といいます。

またITコンサルタントは、クライアント企業とシステムをつくる会社(ベンダー)の間に入って調整する仕事もあります。

ITコンサルタントはクライアント企業の要望をベンダーに的確に伝えなければなりません。またベンダーからあがってきた問題点をクライアント企業と一緒に解決することも求められます。

このような業務のことを、コンサルタント的業務といいます。

マネージャー的業務

プロジェクト全体の進捗状況の管理や、成果品のチェックもITコンサルタントの仕事です。これをマネージャー的業務といいます。

ITコンサルタントはクライアント企業の側に立ち、費用対効果を高めるためにベンダーと交渉しなければなりません。

ITコンサルタントとSEの仕事の大きな違いは、このマネージャー的業務の有無といえるでしょう。

ITコンサルタントに求められること

システム導入といっても、クライアント企業のパソコンにソフトウェアをインストールして終わり、というわけにはいきません。

ITコンサルタントはクライアント企業のIT戦略やシステムニーズ、予算、スタッフのITスキルなどを把握して、最適なITシステムを提案、実装する必要があります。

最低限SEレベルの技術的な知識は必要

クライアント企業が直接ベンダー(システムをつくる会社)に発注するのではなく、わざわざITコンサルタントを雇うのは、自社のIT戦略づくりにも加わってほしいからです。

よってITコンサルタントには、SEレベルの高度な技術的知識が欠かせません。

システムニーズを把握する能力は必須

クライアント企業の中には「ITで何ができるのか」を知らないところもあります。そこでITコンサルタントは、クライアント企業の業務フローを詳しく解析し、どこにITを導入すべきかを見極めなければなりません。

このようなシステムニーズの把握ができないと、ITコンサルタントはクライアント企業から信頼されないでしょう。システムニーズを把握するためには、他社の業務内容を解析するスキルを身につける必要があります。

コミュニケーション能力が欠かせない

ITコンサルタントは、様々な立場の人たちや様々な職種の人たちから要望を聞き、調整しなければなりません。

プロジェクトを進めるには、ときに誰かに妥協してもらわなければならなくなります。妥協してもらうことでパフォーマンスやモチベーションが落ちないようにフォローすることもITコンサルタントの重要な仕事です。

円滑な業務推進には、高いコミュニケーション能力が必要になります。

コスト意識が大切

ITコンサルタントはクライアント企業の側に立つことが求められるので、「安く良い」システムの構築をベンダーに求めることになります。

しかしあまりコストを絞りすぎると、ベンダーの信頼を失ってしまうでしょう。

ITコンサルタントは、コスト意識とコミュニケーション能力を同時に働かせなければならないのです。

ITコンサルタントの仕事のやり甲斐

ある企業に新たなシステムが導入されると、生産性が格段に向上します。生産性向上はその企業に大きな利益をもたらします。

ITコンサルタントの仕事のやり甲斐は、クライアント企業が成長することです。

また、新しいシステムが軌道に乗ると、それまで非効率な仕事を強いられていたクライアント企業の社員から感謝されるはずです。

ITコンサルタントが持つIT知識は、社会貢献に直結するのです。

ITコンサルタントの志望動機とは?

ITコンサルタントになるには、ITコンサル会社に入社する必要があります。

ITコンサルタントへの転職を考えている方は、ITコンサル会社に提出する履歴書の志望動機欄になんと書いたらいいのでしょうか。

また、採用面接のときに「なぜITコンサルタントに転身しようと思ったのですか?」と聞かれたときに、なんと答えたらいいのでしょうか。

率直に「収入アップ」は問題なし

ITコンサルタントで年収1,000万円を獲得することは簡単ではありませんが、700万円、800万円といった金額は視野に入ってきます。技術色が強いIT職としては魅力的な金額ではないでしょうか。

年収が魅力的であることはITコンサル会社も承知しています。よって、履歴書の志望動機欄に「御社の賃金水準に魅力を感じました」と記載することは問題ありません。

また、採用面接で「収入を上げたいと思いました」と言うことは、採用担当者には「一生懸命働きます」と聞こえるので効果的といえるでしょう。

SEからのステップアップ

SE職を長年続けている人は、すでにITコンサルタントのような業務内容になっているはずです。しかしIT業界では、SEよりITコンサルタントのほうが「どちらかといえば上」とみられています。

そこでSEの方がITコンサルタントを目指す場合、履歴書の志望動機欄に「長年のSE業務でスキルを身につけたので、ITコンサルタントにステップアップしたいと考えました」と書くことは効果的です。

まとめ~ITコンサルタントは将来性が高い

IT需要は今後ますます高まるでしょう。ITが必要になるだけでなく、多くの企業にとってIT業務は外注化がしやすい分野だからです。

ただITコンサルタントに求められる「SEレベルの知識」を獲得することは簡単ではありません。ITコンサルタントへの転身は、難しい転職の1つといえます。ただ高額年収が期待できるだけに、チャレンジのし甲斐はあるといえます。

転職エージェントに相談してみませんか?

難易度の高いITコンサルへの転職だからこそ、プロの力をかりてみませんか?

転職エージェントは、日々様々な求職者と向き合い続けている「転職のプロ」です。

専属のキャリアドバイザーが、相談やアドバイスはもちろんのこと、履歴書・職務経歴書の添削面接対策など、転職活動に関わることをサポートしてくれます。

また、志望大手企業への推薦や年収・勤務条件の交渉なども代行してくれるので、少しでも転職の成功確率を高めたい!という人は、ぜひ1度登録してみてください。

ただ、担当するキャリアアドバイザーによって、サポートの質が変わってくる部分があるので、複数の転職エージェントに登録して、自分に合うものを使っていくのがおすすめです。

おすすめの転職エージェントをいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 業界に精通した専任のアドバイザーが転職サポート

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。
豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

ポイント
  1. IT・Web業界トップクラスの求人数と転職決定実績!
  2. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  3. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の求人が豊富な転職サイト
企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトがもらえる!

ポイント
  1. 掲載企業数5000社以上!年収・求人の質ともに高い優良求人が多数
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08