外資系企業の転職面接のポイントを徹底解説!求めらる英語力とは?

外資企業への転職に興味がある人向けに、面接のポイントや流れを解説します!

また、質問への回答例、求められる英語力、面接対策の方法についても合わせて紹介します!

外資系企業の転職面接のポイント

外資系企業の転職面接では、日系企業とは違い以下の点が重要なポイントになります。

  • 企業によってはビジネスレベルの英語力
  • ロジカルシンキング
  • 高い専門スキル

外資系企業といっても、一般企業の面接のポイントも押さえておいたほうが無難です。詳しくは以下の記事でご確認ください。

関連記事転職面接でよく聞かれる質問集!成功率を上げる対策法を徹底解説

ではこれから外資系企業の面接のポイントについて、解説していきます。

企業によってはビジネスレベルの英語力

外資系企業というと英語力が必須だと思いがちですが、実際は企業により変わります。英語が必須になるのは、海外とのやりとりが多い職種だったり、本社と連絡を取り合うような、マネージャー的ポジションです。

英語が必須な企業の場合、書類選考と面接が英語でおこなわれることがあります。また、英語を日常的に使う企業だと、TOEICの点数はあまり採用の基準にはなりません。英語での実務経験を求められます。

ロジカルシンキング

外資系企業では、ロジカルシンキングができる人材かが求められます。日本語では、論理的思考力と置き換えられることが多いです。

ロジカルシンキングとは、物事を発言するときに結論から入り、事実に基づいた内容を順序立てて議論や説明をする思考力のことです。

多くの外資系企業では、こういった志向性が大切とされていて、転職者にもそれを求めます。

高い専門スキル

外資系企業は、とにかく成果を求められます。人材を採用するときも、成果を常に考えた採用をおこなうので、特化したスキルがあればそのスキルが評価されて採用されます。

逆に言えば、企業が良いと思ったスキル以外には求められず、社内でのジョブローテーションはほとんどありません。実際多くの外資系企業は、スキルが高い業務を同じ人がやり続ける風潮が強いです。そのため、外資系企業は給与が高くなっています。

色々な業務に挑戦したい人は、外資系企業に向かない傾向にあるのではないでしょうか。

外資系企業の一般的な面接の流れ

外資系企業だからといって、そこまで特別に面接の流れは変わりません。2〜3次面接までは一般的な日系企業と同じです。

ただ、人事権が本社にある企業の場合は面接回数が多いことがあります。場合によってはアジアパシフィック代表と会ってから、次に本国の役員と面談をするなど、4〜5回ほど選考をおこなう場合があります。

人事権が本国にある企業だと、本国の責任者が日本にいることが少なく、選考に時間がかかる場合があります。

一般的な面接の流れやマナーについては、以下の記事をご確認ください。

関連記事転職面接の流れを入室〜退室まで解説!面接で聞かれる質問も紹介!

外資系企業の面接でよく聞かれる質問と回答例

外資系企業の面接では、前職での実績やパフォーマンスについてストレートに聞かれます。例えば、今まで担当した業務でどのようにパフォーマンスしていたのか、工夫して自分で成果を出したのか、またそれらのパフォーマンスは再現性があるのかなどです。

人材を採用するときに、年齢が若ければ育成するつもりで採用する日系企業とは違い、外資系企業は育成するつもりで人材を採用することはありません。

とくに中途社員であれば、人材の採用基準は高いレベルでパフォーマンスを出してくれるかどうかになります。そのため、面接でも実績やスキルを重要視されるのです。

外資系企業の面接を受けるなら、自分がどんなパフォーマンスを出せるのか、自信があるスキルはなにか、またそのパフォーマンスとスキルにはどんな価値があるのかをはっきりとさせ、面接で伝えられるようにしましょう。

面接での回答例

では、以下から面接での回答例を紹介していきます。

前職ではソフトウェア系の企業でエンジニアとプロダクトマネージャーを経験していました。エンジニアとしての実務はもちろん、マネージャーとしてプロジェクトメンバーや案件自体の管理も徹底しておこなっていました。

その成果もあり、大型案件など重要なプロジェクトのマネージャーを勤めさせていただけるようになり、社内でも頼られる存在になれたと自負しています。

この経験を活かし、御社でもエンジニアとしての業務からマネジメントまで徹底しておこない、プロジェクトを成功に導いていきたいと思っております。

英語面接で求められる英語力

まず、外資系といっても企業により求められる英語力は違います。他の記事を見ると、よく外資系企業ならTOEICの点数は700点以上が基準と書かれていますが、こういった企業は社内公用語が英語だからTOEICを基準としていることが多いです。

また、社内公用語が英語の企業だと、TOEICの点数は600〜700点ほどが基準になります。実際、大手企業の楽天であれば、TOEIC500~600点くらいが求められます。

実務で英語を使用する企業だと、TOEICの点数で評価されることはありません。ビジネス英語での実務経験があるかが採用の基準になります。この手の企業は、高い英語力を求められ、求人にもだいたいは「ビジネス英会話経験のある人」と記載されています。

TOEICを持っている=ビジネス英語ができるとは限りませんし、仮に帰国子女だとしてもビジネス英語はできないという人がいることから、英語力は実務経験があるかどうかを基準としているのかと思われます。

外資系企業の面接対策方法

外資系企業の面接対策をするなら、英語だけでなく上記で紹介した「ロジカルシンキング」と「高い専門スキル」という点にも焦点を当てるべきです。

実際に面接対策をするときに、上記のものはなかなか対策しにくい点かと思いますので、ビル・ゲイツの面接試験のような、外資系企業の面接対策本などを購入してみると良いと思います。

面接対策をするなら転職エージェントを使うのもあり

個人での面接対策が不安な人は転職エージェントを利用するのもありです。転職エージェントを利用するなら、外資系企業の転職を得意としているところに登録するのがおすすめです。

例えプロのキャリアアドバイザーであっても、全員が英語を喋るわけではありませんし、外資系企業へのサポートを得意としているわけではありません。

そういった点を踏まえると、外資系企業を得意にしている転職エージェントのキャリアアドバイザーであれば、英語での面接対策もしっかりとおこなってくれます。

また、転職エージェントに登録するなら2〜3社同時に登録するのがおすすめです。外資系企業を得意にしているエージェントはもちろん、大手転職エージェントなら求人数が多いので、外資系企業の求人も保有しています。少しでも求人数を増やすためも、転職エージェントは同時に何社か登録しておきましょう。

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数(未経験の人は対応不可)
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。
求人企業と強いコネクションがあり、求人票では分からない企業情報も教えてもらえる人材紹介会社です。

ポイント

  1. IT・Web・ゲーム業界の非公開求人は約10,000件!(2019年12月時点)
  2. 新規事業・経営企画・クリエイター等のハイクラス求人を多数保有

ギークリーに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント