【必読】P&Gへ転職するコツ!気になる年収や口コミも徹底解説!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

P&Gは「退職者が選ぶ良い会社ランキング」の2位にランクインしているほど、新卒・中途ともに人気を誇る企業です。

働きやすいと評判のP&Gへ転職したい人向けに、気になる「P&Gの転職難易度」「年収相場」「評判・口コミ」「P&Gへの転職を成功させるポイント」を徹底的に解説していきます。

「P&Gへ転職したい」と思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

P&Gへ転職するのは難しい?

結論から申しますと、P&Gは世界的にも有名な大企業なので、新卒・中途でも人気の就職先ということもあり、P&Gに転職するのは非常に難しいです。

P&Gの中途採用における職種は、総合職専門職の2つに分かれます。

いずれの場合も中途採用の場合は、即戦力として活躍できる豊富な知識やスキル、経験が求められます。

また、外資系企業なので、英語での面接もあるので、転職難易度がさらに高くなっています。

では、どうすればP&Gに転職をする事が可能なのかを以下で具体的にお伝えしますね。

P&Gの総合職に転職をするには?

P&Gの総合職は以下です。

総合職の募集職種

  1. 営業統括
  2. 消費者・市場戦略本部
  3. 広報・渉外
  4. 経営管理
  5. 人事統括
  6. 情報戦略本部
  7. マーケティング

事務系の職種の中でも、営業マーケティングの職種が特に人気があるかと思います。

なので今回は、営業職とマーケティング職の2つについて詳しく述べて行きますね。

営業職に興味がある方へ

営業職は、小売業や卸売業にて、新製品や各種プロモーションの活用プランを作成し、お得意先に提案および実行する職種です。

営業職の募集要件は以下の3点です。採用の裾野はかなり広いと言えるでしょう。

  • TOEIC 600点程度以上の英語力
  • 普通自動車免許をお持ちの方
  • ドラッグストアやスーパーマーケットなどの小売業界に対する営業経験を2年以上お持ちの方であればなお可

採用の裾野は広いものの、人気企業であるP&Gの営業職となると毎回何百人もの応募者がおり正当な評価をされず不採用となってしまう可能性があります。

なので、P&Gの営業職への転職を検討しているなら転職エージェントに相談することをお勧めします。

一般にP&Gへ転職するには、P&Gに直接履歴書を送付する必要がありますが、転職エージェントに依頼すると、履歴書だけではわからないあなたの人柄やポテンシャル、企業の求める人材と合致するポイントなどを採用担当者に直接プッシュしてくれます。

それにより、書類選考の通過率をグッと上げることができます。

そんな便利な転職エージェントですが、今回P&Gに転職するなら利用したいエージェントは以下になります。

末永

P&Gの営業職としての転職をお考えの方へ

まずP&Gの営業職への転職を考える際、全ての方が鉄板で登録すべき転職エージェントが、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaといった業界最大手のエージェントです。

もちろん、HPから直接応募することは可能ですが、先ほども申し上げた通り、転職エージェントは、採用担当にあなたの魅力を直接伝えてくれるので、書類選考・面接が通りやすくなるメリットがあります。

また、P&Gのような人気企業はHPだけでなく、転職エージェントに非公開で求人を依頼しているケースがあるので、営業職に限らず、人事や広報など幅広く求人をチェックしたい方にはぜひオススメしたいです。

マーケティング系の職種に興味がある方へ

マーケティングアシスタント、マーケティング・ブランドマネジャーの2つの職種があります。

どちらも職種もブランド経営の責任者として短・中期的経営戦略の立案・実行・結果分析を行い、売上と収益性の目標達成に対する責任を担います。

P&Gのマーケティング職は、求められるスキルや経験が非常に高く難易度は非常に高いです。

実際に転職される方は、外資コンサルや広告代理店出身の方が多く、実際にマーケティング戦略に携わった経験等、実際のP&Gのマーケティング職に近い経験が求められるでしょう。

マーケティングの職種は、他の応募者のレベルもかなり高い事が予想されるので、P&Gに受かるための対策が不可欠になります。

末永

マーケティング系職種としての転職をお考えの方へ

外資系企業の転職に強みがある転職エージェントのJACリクルートメントはP&Gやネスレ、ユニリーバなどの外資系のメーカーとのコネクションを持っているので、P&Gの求人を保有している可能性が極めて高く、適切な面接対策を行う事ができます。
(*時期やポジションによっては求人がない可能性があります)

なぜならば、JACリクルートメントは、企業の人材ニーズのヒアリングと、転職希望者に対する転職サポートの両方を一人のコンサルタントが行う「両面型」のエージェントだからです。

つまり、「P&Gの採用担当者がどんな人物を欲しがっているのか」をキャリアアドバイザーが把握しているので効率的に面接対策を行う事ができます。

また、P&Gのような外資系企業は、スカウトを利用して採用活動を行うことが一般的です。

なので、P&Gに限らず外資系の企業への転職をお考えの方は企業からスカウトされるビズリーチもオススメです。

P&Gの専門職に転職するには?

P&Gの専門職は以下です。

総合職の募集職種

  1. 生産管理
  2. 研究開発

現在は生産管理の職種が多く募集があるようです。

生産管理は、社内の各部署や国内外のベンダー及び、日本、アジア、グローバルの関係者と協働しながら、新規生産設備・システムの導入や既存設備の自動化・デジタル化を行い、適切な生産活動が行えるように管理する仕事です。

具体的には、以下のようなスキルや経験が求められます。

  • 大学・大学院にて理系の学位を取得された方(*機械系、工業化学系の知識をお持ちの方であればなお可)
  • 日本語ネイティブレベルの能力をお持ちの方
  • TOEIC600点程度以上の英語力をお持ちの方(英語でのコミュニケーションが取れる方)
  • 「ものづくり」に興味がある方

 

P&Gの専門職は、スキルや経験さえ持っていれば、転職における難易度が高くはないでしょう。

なので、HPやindeedから直接応募しても良いかもしれませんが、自信がない方は、営業職と同様転職エージェントに相談することをオススメします。

 

末永

技術系職種としての転職をお考えの方へ

専門職からの転職の場合には、幅広い業界・業種・求人を網羅しているリクルート・マイナビ・dodaの総合型のエージェントに加えて、特化型のエージェントの併用をオススメします。

マイナビメーカーエンジニアは、技術系の職種の転職に特化しています。

開発系の職種を大量に保有しているので、もし困っている方は、相談することをオススメします。

「転職するか分からないけれど相談だけ」という場合でも気軽に相談に乗ってくれますので、これからのキャリアに悩んでいる方は一度相談をしてみることをオススメします。

 

P&Gってどんな会社?


P&Gは洗剤や紙おむつなどのヘアケア製品をはじめ、化粧品や小型家電製品を製造、販売している会社です。

主軸事業は日用品を製造しており、世界展開している会社です。生活に密着した製品に特化しています。

また、P&Gはコカコーラなどと同じように、マーケティング企業としても非常に有名です。

現在は多くの人が使っている「ファブリーズ」ですが、ファブリーズを日本の家庭に広めた手法は非常に秀逸で、マーケテイングの教科書に書かれているほどです。

会社名 プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社
代表者名 スタニスラブ・ベセラ
本社所在地 神戸市中央区小野柄通7-1-18
設立年 2006年3月3日
資本金 非公開
従業員数 約4,600名

業績

P&G全社として横ばいの成長率です

IR情報から、各事業の成長率が報告されていますが、前年度比1桁%の成長か後退を続けており、大幅な動きはありません。

今後の課題

全世界で取り引きされている製品を開発・製造をしているため、原材料の調達などで輸出入が絡み、為替の影響を受けやすいのは注意すべきポイントです。

優秀な人材輩出企業

P&G出身で有名な人と言えば、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン )のV字回復を果たした森岡毅氏ですよね。

そのほかには、日本マクドナルド上席執行役員マーケティング本部長の足立光氏、Facebook Japan社長の長谷川晋氏など、例をあげると枚挙に暇がありません。

P&G出身者は各方面で今もなお活躍されています。

P&Gの年収相場を大公開


P&Gは非上場企業なので、平均年収は公開されていません

しかし、年収は気になるものですよね。そこで口コミで寄せられた年収から参考値を出してみました。

P&Gの平均年収は、約850万円ほどで給与水準は高いです。

外資企業なので、成果を出せば若くても評価され、高い給与がもらえます。ちなみに部長クラスになると、年収が1,300万円程度まで上がります。

P&Gの社風や特徴


P&Gは外資系企業らしさが色濃く反映されています。

アメリカに本拠があるため、中途採用でも海外出張や海外赴任のチャンスがあります。

国境を超えた活躍をしたい」という人にとって、非常に良い環境が整っています。

他にもあるP&Gの特徴について、以下で詳しくご紹介しますね。

完全実力主義

外資系らしく、「Up or Out」の実力主義の社風です。

実力があり、結果を出している人はトントン拍子で出世していきますが、そうでないと淘汰されてしまうシビアな環境です。

若手にも大きい裁量が与えられる

手をあげれば仕事を任せてくれるカルチャーです。若手であっても、プロジェクトの立案から他部門との交渉等、大きな裁量を持って仕事に取り組めます。

他社では、中堅クラスでないと担当できないような大きな顧客を担当することができるようです。

成長できる環境

裁量が大きいので、もちろん責任も伴ってきますが、その分「成長したい」という気概のある人には挑戦する価値のある環境です。

また、社員の教育にも熱心に力を入れています。

世界で一番成長することが可能な会社」であると評価する人もいます。

風通しがよく多様性がある

Consumer is boss(消費者こそが私たちのボス)」という文化が強く根付いています。

消費者のためになる意見であれば、性別・国籍・年齢など関係なく受け入れる体制が整っているのです。

P&Gの労働環境は?


お金、資産、ブランドが全てなくなったとしても、社員さえいれば、10年でP&Gを元どおりに再建できる」と1948年に、当時のP&G本社の会長だったリチャード・R・デュブリー氏が残した言葉です。

この言葉が示すようにP&Gでは、古くから人材をもっとも重要な資源と位置付けています。

そのため従業員が働きやすい制度や福利厚生が充実しているのも特徴の1つです。

他にも働く上で気になるワークライフバランス、福利厚生・諸手当、仕事のやりがいについても詳しく説明していきますね。

ワークライフバランス

P&Gの有給取得率は65%ほどです。日本の平均取得率が50%と言われているので、P&Gはやや高いと言えますね。

有給を取得することに対して、嫌な顔をされるということはないようです。

有給の他に、従業員に喜ばれている制度をいくつかご紹介します。

フレックスワークアワー制度
勤務時間を月単位で管理するシステムです。

その日のコアタイムを満たすと、始業時間と就業時間を各自で決めることができる制度です。

誰でも利用可能なので特に申請する必要は内容です。

ロケーションフリーデー
会社と同等の生産性を保てることや、会社の守秘義務を守れることを条件に、どこでも働くことができるというシステムです。

原則として1ヶ月に5日間を取ることができるようです。場合によっては10日間の申請もできるようです。

コンバインドワーク
育児や介護などの理由があれば、会社と在宅の両方で働くことのできるシステムです。

フレックスアワーとロケーションフリーの進化系のような形態です。

福利厚生

P&Gの福利厚生が非常に充実しており、従業員の満足度も高いようです。

具体的にどのような制度があるのかご紹介しますね。

  • 産前産後休暇制度
  • 出産手当金
  • 出産育児一時金
  • 病気休暇制度
  • 病気見舞金
  • 財形貯蓄
  • 従業員持ち株会
  • 自助努力型年金制度
  • 退職金企業年金制度
  • 慶弔休暇制度
  • 永年勤続表彰制度

様々な制度があるものの、住宅補助に対する支給はないようです。ただ、給与水準が高いので、制度としてなくても気にならないそうです。

女性の働きやすさ

P&Gは日用品・化粧品を扱っている企業ということもあって、女性がとても働きやすいです。

働きやすい理由としては、女性をサポートする体制が整っているからです。

育児休暇後に職場復帰する割合93%を超えており、それは数字としても現れています。

ちなみに、女性をサポートする体制は以下のようになっています。

  • 母性健康管理休暇(月2日まで有給)
  • 産前産後休暇
  • 出産手当金
  • 出産育児一時金
  • 育児休業給付金
  • 育児休業制度(法定を超える延長制度有)
  • 看護休暇制度(年5日まで有給)

また、女性管理職の割合は30%を超えています。日系企業の女性管理職の割合が6.6%ほどなので、非常に女性が活躍しやすい環境です。

女性管理職が多いので、部署によっては半分以上が女性ということもあるようですね。

仕事のやりがい

P&Gの評価は適正におこなわれているため、人事評価に納得感があります

努力して成果を出せば、それだけリターンが得られるので、非常にやりがいが感じられます。

人事評価に納得感が得られる理由には、上司に部下の育成が課題として与えられており、おこなわなければならない業務になっているからです。そのため、360度あらゆる角度から評価されるので、納得感が得られやすいのです。

P&Gで働くには英語は必要なの?


P&Gはグローバル企業なので、どの部署に配属になっても英語力が求められます

日系企業のように日本語のみでやり取りをおこなうのは、まれになっているようですね。

社内文章、会議も英語でおこなわれるため、P&Gで働くためには英語が必須になります。

ちなみに英語力のレベルですが、TOEICで言えば最低600点以上は求められると考えたほうが良いでしょう。

P&Gの評判・口コミ


P&Gに興味がある、P&Gへ転職したい、と思いつつも実際の労働環境ってよく分からないですよね。

そこで元社員や現在も働いている方からの評判を集めてみました。ぜひ、転職するかどうかの参考にしてみてください。

良い評判・口コミ

P&Gは外資系企業らしく、風通しが良い、新しいことにチャレンジしやすいなどの口コミが多かったです。

また、成果を残せば残しただけ、年収や昇進に反映されるのでやりがいを感じている人が多いようですね。

営業・26歳
年次や経験にとらわれず、自由に意見を言える風土があります。

また、全体的に士気が高く、優秀な社員が多いので、そういった環境の中で自分自身を高めたいという方にとっては最高の環境だと思います。

営業・26歳
1年目から大きな裁量権を持って、大きな仕事を任せてもらえます。

実力が認められれば、管理職などへの昇進スピードも早いので、やりがいが大きいです。

マーケティング・34歳
家庭の事情などで休みを取りやすかったり、夜に海外との会議がある場合には出社時間を柔軟に調整できるなど、フレックス制度も整っています。

忙しい時はかなり忙しいですが、全体としては自分でバランスを取りながら働ける環境があると思います。

生産本部・27歳
トレーニング制度などが充実していて、成長したいという向上心があれば、間違いなく成長できる環境です。

また、成果次第のところはありますが、同年代よりも高い収入が得られる点もモチベーションに繋がっています。

悪い評判・口コミ

一方で、常に成果を求められる外資系らしい風土に対して、マイナスの口コミが多かったです。

落ち着いた環境やチームワークを重視して働きたい人には向かない環境のようです。

バックオフィス・34歳
常に成長・成果を求められ続ける環境。

ゴリゴリ感が強い風土なので、落ち着いた環境で働きたいという方や、協調性を重視するという価値観の方は合わないかもしれないなと思います。

マーケティング・30歳
かなり刺激的で成長できる環境なのですが、やはり大企業なので、レビューが多く決済までに時間がかかるなどややスピーディーさに欠ける点はあると思います。
ブランドマネジメント・28歳
成果を求められるので、経験値が高まるまでは労働時間も多くなりがち。

良くも悪くもプライベートよりも仕事に優先度を置く仕事人間タイプの人が多いので、必要と感じれば長時間労働も厭わないという風潮はあると思います。

営業・26歳
「女性が働きやすい会社」と言われていて、女性の管理職の方もおり、制度も整っているが、実力主義・成果主義の環境の中で、膨大な仕事量と家庭との両立をするのはかなりの覚悟と能力が必要。

P&Gの選考難易度


圧倒的な知名度、福利厚生などの待遇面も良いので、P&Gは新卒市場・転職市場のどちらでも人気があります。

P&Gは国内外から優秀な人材が求人に応募するので、転職難易度が高くなっている傾向にあります。

とくに中途採用は豊富な知識やスキルだけでなく、実務経験に加えて英語力も求められます。

面接で質問されること

P&Gの面接では一般的な志望動機や転職理由なども質問されますが、「成功経験」を聞かれることもよくあります。

どのような成功体験があるのか、事前に整理しておくと良いでしょう。

また、実力・成果主義なので、即戦力となる能力があることを積極的にアピールすることも重要です。

P&Gへの転職を成功させるポイント

転職エージェントの利用をオススメします

末永

P&Gへの転職は、もちろんコーポレートサイトから直接申し込むことも可能ですが、P&Gのような人気で他の候補者のレベルも高い企業では、書類選考や面接で簡単にお見送りになってしまう可能性があります。

なので、少しでも転職の可能性を上げるためにも転職エージェントの利用をオススメします。

転職エージェントは、職務履歴書面接対策のサポートを行うので、転職の可能性を高めることができます。

また、転職エージェントが保有している求人の9割は非公開と言われています。

つまり、企業のHPではチェックできない求人があるということです。

したがって、P&Gに限らず、外資系の消費財メーカーのユニリーバやユニチャーム、国内の消費財メーカーの花王などにも興味がある方は転職エージェントの利用をオススメします。

以下で、各転職エージェントについての解説をしております。リンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■