ビズリーチの中途採用は難しい?求める人材や面接難易度を解説

今回はビズリーチの中途採用について解説します!

弊社は人材・IT/Web業界への転職支援に強みがあり、ビズリーチへの支援実績も多数あります。

求めている人材や面接難易度など、ビズリーチに転職するためのノウハウ、また、気になる年収や福利厚生についてもご紹介します。

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

ビズリーチが求める人材

ビズリーチがもっとも大切にしている採用条件は「事業づくりがしたい人」といういたってシンプルなものです。

ビズリーチのミッションは「インターネットの力で、世の中の選択肢と可能性を広げていく」とあるように、常に変化し、新しいことに挑戦していく企業です。

そういった環境の中で、新卒者も中途者も関係なく、前向きに変化を楽しめる人を求めています。

︎【無料】ビズリーチへの転職なら、IT企業への転職に強みを持つ弊社にぜひご相談ください!

ビズリーチのキャリア採用

現在、ビズリーチが中途採用をおこなっている職種を紹介します。また、同時に職種ごとに求められる経験とスキルについても解説しています。

上記職種の中でも、かなり細かく細分化されているので、詳しくはビズリーチの公式サイトをご確認ください。

エンジニア系職種

ビズリーチのエンジニア職は非常に豊富で、「エンジニアリングマネージャー」「テックリード」「ソフトウェアエンジニア」など、全部で約25種類あります。

ビズリーチが運営している「キャリトレ」や「HRMOS」などのエンジニアも含めると、エンジニアの職種が、約55種類もあります。

基本的に、どのエンジニア職種もその職種にあった経験が必要になります。中には、未経験者でもやる気があれば採用してくれる職種もあるようですが、かなり稀です。

ビズリーチで募集しているエンジニア職は、時期によって変わるのですが、具体的には以下のような職種があります。また、応募の必須条件も職種により変わります。

Javaリードエンジニア(BizReach/careertrek)

リードエンジニアとして、社内の開発チームを牽引します。

エンジニア同士はもちろん、デザイナー、プロダクトマネージャー、マーケティング担当、営業など、部署を越えて協力しながら、既存のサービス改善・新機能追加、新プロダクトの開発に取り組みます。

  • 自社サービスの企画・開発・運用
  • 新規機能の設計・開発
  • 既存機能改修
  • サービス企画、デザイナー、マーケッター等の他部署との連携業務
  • チームマネジメント など

【必須経験・能力】

  • JavaでのWebアプリケーション開発経験
  • 開発リーダー、及びマネージャーとしての経験
  • プロジェクト管理経験

iOS エンジニア(求人検索エンジン『スタンバイ』)

求人検索エンジン「スタンバイ」のiOS エンジニアとして、プロダクト開発を牽引。

エンジニア同士はもちろん、デザイナー、サービス企画、マーケティング担当、営業など、部署を越えて協力しながら、既存のサービス改善・新機能追加、新プロダクトの開発に取り組みます。具体的には、以下のような業務をおこないます。

  • 自社サービスの企画・開発・運用
  • 新規機能の設計・開発
  • 既存機能改修
  • サービス企画、デザイナー、マーケッター等の他部署との連携業務

【必須経験・能力】

  • Swift/Objective-Cを用いた、2年以上のiOSアプリケーション開発経験またはJavaを用いた、2年以上のAndroidアプリケーション開発経験
  • ネットワークに関する基礎知識

iOS/Androidエンジニア(HR×Tech領域新規事業 戦略人事クラウド「HRMOS」)

HRMOS(ハーモス)の開発チームに参画し、iOSまたはAndroidアプリケーションの開発を牽引します。具体的には、以下のような業務をおこないます。

  • 戦略人事クラウド「HRMOS」のiOS/Androidアプリの企画、設計、開発、運用、保守。

【必須経験・能力】

  • Swift/Objective-Cを用いた、2年以上のiOSアプリケーション開発経験またはJavaを用いた、2年以上のAndroidアプリケーション開発経験
  • ネットワークに関する基礎知識

ソフトウェアエンジニア(iOS)/システム本部

ビズリーチの既存事業、新規事業のモバイルアプリエンジニアとして、アプリの企画、設計、開発、運用、保守を牽引します。

エンジニア以外にも、デザイナー、プロダクトマネージャー、マーケティング、営業など、他部署とも協力してプロジェクトを進めていきます。

  • 各事業のiOSアプリ機能開発 / 新規開発
  • 経験によりアーキテクト業務、レビュワー業務

【必須経験・能力】

  • Swift言語でのiOSアプリ開発経験1年以上
  • iOSアプリをゼロから一人でリリースまで可能
  • サーバーサイドとの通信処理が可能
  • アジャイル(スクラムベース)での開発経験
︎【無料】ビズリーチへの転職なら、IT企業への転職に強みを持つ弊社にぜひご相談ください!

デザイン系職種

デザイン系の職種もいくつかあり、「アートディレクター」や「デザインマネージャー」など、計12種類あります。

基本的に、デザイン系の職種も応募している職種に関連する経験が必要になります。ただ、現在募集している「インタラクションデザインリード」は、必須条件に業務経験は記載されていません。

フォトショップやイラストレーターのスキルは求められますが、業務自体は未経験でも可能性はあります。

ディレクター・プロダクトマネージャー系職種

ディレクターやプロダクトマネージャーについても計8つの職種があります。ひとえにプロダクトマネージャーやディレクターといっても、ビズリーチはキャリトレなど複数の事業があり、その事業ごとに人員も必要になるためです。

ディレクター、プロダクトマネージャーだけでなく、スクラムマスターや企画なども同時に募集しています。

必須スキルとしては、やはり職種ごとの経験やスキルがどうしても必要になります。

マーケティング・編集系職種

現在マーケティング・編集系職種は、「デジタルマーケティング」や「アプリマーケティング」があり、計7件の求人があります。中にはカスタマーサービスや広報の求人もあるので、マーケティング・編集系の求人はもう少しは少ないです。

基本的に、マーケティング・編集系もその職種に適した経験が必須になっています。ただ、稀にマーケティングの経験がなくても応募資格のある求人があります。

例えばアプリマーケティングなら、 2年以上の社会人経験とアプリ広告運用の経験が必須になっている求人もあります。

コンサルタント系職種

ビズリーチのコンサルタント系職種は、「法人向け」から「エージェント向け」など様々な分野があり、約16件もの求人があります。

法人向けコンサルタントについては、勤務地やHRMOSなど含め計7件の求人があり、ビズリーチのコンサルタント系職種の中ではもっとも数が多い職種になっています。

応募の必須条件としては、法人営業や何かしらのコンサルタントの経験が2〜3年必要な求人が多いです。中には、無形商材の営業経験のみを応募資格としている職種もあり、有形商材の営業だけを経験している人では、選択肢が狭まってしまいます。

経営企画・事業企画系職種

経営企画・事業企画系職種については、「事業企画」や「業務推進部」など、計5件の求人があります。

意外と職種の経験が必須な求人は少なく、それよりも論理的思考力やビジネスモデルなどを構造的に捉える力など、ポテンシャルや職種への理解度を必須としている求人が多いです。

職種の経験を必須としている求人は、ビズリーチ・サクシードの事業戦略と業務推進部の2つぐらいです。

人事系職種

ビズリーチの人事系職種には、「人材組織開発」や「採用企画」など、計4件の職種があります。

基本的に、どれも人事でも実務経験が必須になっています。中には労務の求人もありますが、同じように労務としての実務経験が応募の必須条件になっています。

管理系職種

管理系職種は「総務」や「法務」といった計4件の求人があり、応募の必須条件は職種によりバラバラです。

例えば、現在募集している職種の「業績管理」は、プロパティマネージャー経験やオフィスデザインなどの施工管理経験など、その職種に通じる経験を必須条件としています。

ですが「財務経理」なら、年度決算業務の経験といったように、職種というよりも業務の経験を必須としています。

また法務では、5年以上の企業法務経験が必須になっていたり、ピンポイントでその職種の経験を求める場合もあります。

︎【無料】ビズリーチへの転職なら、IT企業への転職に強みを持つ弊社にぜひご相談ください!

ビズリーチの面接難易度

まず、ビズリーチは創業当初は従業員2人でスタートし、現在では600人の社員を抱える企業へと成長しました。その成長は著しく、最近ではテレビなどのメディアでも目にするようになったと思います。

知名度が上がっていくにつれ、当然中途採用の倍率も上がることは予測されます。

先ほど紹介した職種ごとの必須条件を見てみると、だいたいが希望している職種に通じている、または同じ職種を経験しているのが必須であることが多いですよね。

まずは、希望している職種に応募する条件が整っているかどうかを判断してみてください。

また、ビズリーチは以下の「3つのバリュー(価値観)」と「CREDO(行動指針)」を大切にしています。

3つのバリュー(価値観)

  • VALUE Work Hard, Play SUPER Hard
  • 価値あることを、正しくやろう
  • 全員が創業メンバー

CREDO(行動指針)

  • できる理由から始めよう
  • 逆算→突破→展開→仕組み化
  • マッハGO!GO!
  • お客様の感動にコミットしよう
  • 巻き込み、巻き込まれよう
  • 最高の仲間と歴史を創ろう

面接を受ける際は、上記の項目を意識し、志望動機や自己PRを作成してみてください。

より良い志望動機、自己PRの書き方については、以下の記事も読んでみてくださいね。

【プロ直伝】転職面接で面接官に響く志望動機の考え方!【回答例付】
【転職面接】すぐに使える自己PRの考え方・答え方を伝授【回答例】
︎【無料】転職決定率が大手の5倍!選考対策にかける時間が違います。相談はこちらから。

ビズリーチの平均年収

ビズリーチは具体的な平均年収を公開していないので、口コミサイトを参考とした結果、約480万円〜500万円といったところでした。

平成29年に国税庁が調査した「民間給与実態統計調査」によると、日本の平均年収は約432万円なので、ビズリーチの平均年収は、高いと言えます。

とはいえ、年収は職種によって大きく左右されるので、わかる範囲で職種ごとの年収を紹介します。

営業系 426万
企画・事務・管理系 594万
クリエイティブ系 500万
IT系エンジニア 800万

IT系エンジニアの年収がずば抜けて高く、営業系になると日本の平均年収と大きく変わらないことがわかります。

︎【無料】弊社で中長期的に年収・キャリアのアップができる求人を提案致します!

ビズリーチの福利厚生

ビズリーチの福利厚生について、口コミサイトで実際の社員の声を調べてみました。よくみた口コミとしては、ビズリーチの福利厚生は「大手企業と比べるといまいちだが、給与でしっかり還元される」というものです。

住宅手当が支給されない、ボーナスは全社一律で年間2ヶ月分など、そういった点で納得がいっていない社員が多いようです。

ただ、有給、育休、介護など休暇はしっかりともらえるようです。長い休みからも復職しやすいような環境なようで、女性も働きやすい企業です。

また、運動会などのレクリエーションも開催されるようで、社員のリフレッシュには意欲的に取り組んでいるように感じます。

︎【無料】自分にあった企業が知りたい方、まずは転職のプロにキャリア相談してみませんか?

ビズリーチ の評判・口コミ

ビズリーチの評判を口コミサイトを利用して調べてみました。

良い評判

女性・営業

以前は残業が多かったようですが、最近では改善されてきています。有給も取りやすい雰囲気なので、ライフワークバランスは良いと思います。

あと、育休や産休から復帰する人も普通にいますよ。

男性・営業

中途社員が多く、優秀な人も多いので刺激になります。

やりたい事も申告すればできたり、若手でも施策に筋が通っていてば通りやすかったりと、風通しの良さも好感がもてます。

悪い評判

男性・企画

正直、上司によって評価基準が違うと思います。真っ当にちゃんと評価してくれる人もいるし、そうじゃない人はしてくれないなど、入社時に誰の部下になるのかという、運要素が強いと思います。

入社してから辞めていくサイクルも早いので、引き継ぎも上手くいってないことが多いです。

営業・男性

一応フレックス制を設けていますが、暗黙の了解があり、9時に出社します。それ以降は基本的に遅刻とみなされます。

ここ最近は過度な残業も少なくなってきましたが、定時で帰れることは少ないと思います。
【無料】転職サイトには載っていない企業の内部事情を、企業分析のプロに聞いてみませんか?

そもそもビズリーチって何をしてる会社?

ビズリーチは、2007年に創業以来インターネットテクノロジーを活用して、企業とビジネスパーソンの生産性向上を目指しされ、「HR×Tech」という新領域の分野で様々なサービスを展開しています。

2009年4月、管理職とグローバル人材に特化した会員制転職サイト「ビズリーチ」を開設。現在、約4200社の企業と57万人のビジネスパーソンにご利用されているようです。

2010年8月にはタイムセールサイト「LUXA(ルクサ)」を開設し、事業部を分社化する形で2010年10月に株式会社ルクサを設立しています。

【展開するサービス】

ビズリーチが展開しているサービスは、主に以下のものがあります。

  • 管理職・グローバル人材の転職サイト
    ビズリーチ
  • キャリア女性のための転職サイト
    ビズリーチ・ウーマン
  • 求人領域に特化した検索サービス
    スタンバイ
  • クラウド型人事戦略システム
    HRMOS(ハーモス)
  • 20代のためのレコメンド型転職サイト
    careertrek
  • プロフェッショナルのための専門メディア
    BizHint
  • シンガポール、香港を中心としたアジアハイクラス人材転職サイト
    「RegionUP」
  • 学生に対して興味がある企業との出会いの場を提供する就職サイト
    ニクリーチ

また、上記以外でも最近では、優秀な管理職・スペシャリスト人材の採用支援を通じて、消滅可能性都市を含めた地方創生も強化しています。

対象は、主に日本の各都道府県の地方経済圏を支える中核企業。政府が策定している特区(福岡、沖縄、新潟ほか)や消滅可能性都市だけでなく、中部や関西などの大都市圏など、それぞれの課題にあわせたソリューションを提供されています。

成長と変革を実現するための経営人材、幹部人材の採用戦略提案、全社人事採用の最適化などの企画提案、導入支援を行うほか、深耕営業やフォローアップされています。

社風・カルチャー

社員の士気は高く、ベンチャー精神のある社風です。会社としての成長スピードをバランスよく見ながら事業をつくっているように思います。

実際に中途入社されている方は自ら率先して行動する方が多く、何よりも楽しそうに働いています。成長と拡大の過程で、マーケットに合わせた変化と進化を日々続けている社内には、常に大きなチャンスが転がっています。

数々の受賞実績

雇用創出ランキング「Job Creation」をはじめ、アジアで革新的なテクノロジーベンチャーを選ぶアワード「2015 Red Herring Asia Top 100 Winners」など、数々の賞を受賞されています。

参照元:ビズリーチHP

ユニークな制度

ユニークな制度が整っています。年齢に関係ないフラットなチームを築けています。

  • ニックネーム制度:
    お互いをニックネームで呼び合う文化。
  • コミュラン:
    部署をまたいだコミュニケーションランチ。
  • バースデーランチ:
    誕生月が同じ社員全員と代表によるランチ会。
  • 部活動:
    就業後や休日を利用して活動。
  • スタートアップ道場:
    各界のリーダーを招いて、社員向けの講演会を開催。
  • クリエイターズタイム:
    1日最大4時間の連続した作業時間を確保できる制度。
  • 内外勉強会:
    社内のさまざまな部署で勉強会を開催。
  • チャレンジ制度「Bamboo!」:
    社員のチャレンジを奨励する制度。

また、「キックオフ合宿」を正社員を対象として泊まりがけの社員総会兼懇親会も行っています。

戦略方針を伝達する会議、『BIZREACHAWARDS』と呼ばれる表彰式、温泉旅館に移動しキックオフ合宿、という社内総会を行ったりしています。

直近の業績

ビズリーチの業績は公開されていませんが、好調であることは予想されます。事業拡大により、直近は2014年には大阪オ フィス、2015年には名古屋オフィスを開設されています。

また、2016年3月にはYJキャピタル株式会社(ヤフー株式会社の投資子会社)、Salesforce Ventures、株式会社電通デジタル・ホールディングス、楽天株式会社などから資金調達を実施しています。

2009年創業当初は社員が2人と、ボランティアで手伝ってくれた5人だけの零細ベンチャーです。それが現在は600人は超え ています。これだけの人材採用が成立しているのは会社の業績が好調だということもあるかと思います。

︎【無料】転職決定率が大手の5倍!選考対策にかける時間が違います。相談はこちらから

ビズリーチへの転職を考えている方へ

ビズリーチの選考では「事業づくりをしたい!」という思いを強く持っているのかという点が重要視されており、内定を獲得するには「どのような事業を生み出したいのか」「その事業がなぜ人々に必要とされるのか」という点を相手が納得できるように、きちんと説明できなければなりません。

弊社では、キャリアコンサルタントが転職者一人一人にヒアリングをしたり、自社で作成したオリジナルの質問シート(*1)を活用して、面接前にご本人の志向性の言語化をお手伝いしています。

「転職したいけどどうしたらいいのか分からない」とお悩みの方、まずは弊社に今後のキャリアについて相談してみませんか?

年収350万から700万以上を目指す20代のための転職エージェント

弊社は、会社に依存せず、自分の実力や専門スキルでキャリアを築いていける人材のキャリア支援を提唱しています。

10時間以上に及ぶ選考対策で転職決定率が大手転職エージェントの5倍!

ポイント

  1. 20代で年収350万から700万に届く最短ステップを伝授!
  2. 転職支援を通じて企業に依存しない自立した人材を目指す方の挑戦を長期に渡ってサポートします!
  3. 丁寧なカウンセリングと厳選された求人による、大手には出来ない圧倒的な内定獲得数を実現!

【無料】転職サポート申し込み

*1:
この質問シートは、多数の紹介決定実績があり、ビズリーチ含めた多くの企業の面接で質問される事が多い内容をまとめたものです。

質問シートは、弊社にご相談された方のみにお渡ししておりますが、一部内容をこちらの記事「転職は自己分析が決め手!」にて公開しております。

弊社の転職支援サービスに興味おありの方、よろしければご一読ください。

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。