マイナビへ転職するには?コツを現役の転職エージェントが徹底解説!

The following two tabs change content below.
アクシス(株)代表  末永雄大

アクシス(株)代表  末永雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

株式会社マイナビは毎日新聞社の関連会社として、昭和48年(1973年)8月15日に設立された業歴が比較的長い企業です。

業歴が長いからといって、一概に古い体質の企業だとイメージしてしまいますが、組織としては非常にベンチャー企業に近い感覚ではないかと考えております。

設立当時は新規学卒者向けの就職情報誌発行などを主力事業としていましたが、現在では幅広い事業領域に進出しており、一定の実績を出すまでになっています。

マイナビというと就活や転職に関連したサービスが有名ですよね。

読者の方の中にもマイナビ転職などのサービスを利用している人は多いかと思います。

今回はそういったサービスのご紹介ではなく、その運営会社である株式会社マイナビへの転職を検討されている方向けに、株式会社マイナビの事業内容や年収、今後のキャリアステップなどをわかりやすくまとめました。

ぜひ参考にしてほしいと思います。

【無料】1分で簡単登録!ご相談はこちらから

マイナビって何している会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

マイナビといえば皆さんが思い出すのは石原さとみさんのCMでおなじみの「マイナビ転職」でしょう。

また、最近はマイナビエージェントの利用者も増えており、転職サービスの会社と思っている方も多いのではないでしょうか。

確かに、マイナビの転職サービスは同社の主力サービスの1つではありますが、実は非常に多岐にわたるサービスを提供しています。

実際、マイナビのホームページには事業領域として以下のように記載されています。

あまりにも事業領域が多いため、ポイントとなる事業を記載いたします。

・就職情報誌の提供、求人・採用活動に関するコンサルティング
・労働者派遣事業、有料職業紹介事業
・進学に関する情報の提供、生徒・学生の募集に関するコンサルティング
・ブライダル情報の提供
・不動産の賃貸・譲渡に関する情報の提供、不動産の賃貸および仲介・斡旋業務
・ヘルスケアに関する事業

上記の事業を見ると、進学、バイト、就職、結婚、住宅、健康といった生活、ライフスタイルに関する情報提供を行う事業を行っています。

マイナビバイト、マイナビ賃貸はみなさんもご存じのことだと思いますが、
その中でも主力事業となっているのは、就職、転職に関するサービスとなっています。

ちなみに、マイナビの競合として知られているリクルートのビジネスモデルも基本的には同じなのです。

あなたの生活に既に密着したサービスを提供するというのが同社が進めているビジネスなのです。

そのことは、株式会社マイナビのビジョンにも記載されています。

キャッチフレーズは、「マイナビを人々の日常の中へ 『当たり前にある存在』になる日を目指して」ということで、ここ数年で新規事業をいくつも立ち上げ、ビジネスが拡大しています。

様々なカテゴリーの情報を扱う「総合情報サービス企業」として進んでいます。

マイナビの直近の業績や事業課題は?

株式会社マイナビの業績や事業課題についてご紹介したいと思います。

マイナビ直近3年間の売上高を見ると、930億円、1100億円、1210億円と、売り上げは右肩上がりになっています。

特に就職・転職の事業に関してはバブルといっても過言ではない状況です。

株式会社マイナビは上場会社ではないので、詳細な売り上げについては公表されていませんが、
競合各社がかなり売り上げを伸ばしているという状況ですので、マイナビも例外ではないことは明白です。

ただし、5年後、10年後に同じ売り上げを出せているかといえば非常に不透明です。

景気に左右されやすいビジネスモデルなので、景気が悪化した際にどのように売り上げを維持するかというのが課題となります。

マイナビの仕事内容・職種

株式会社マイナビの社員の仕事内容は、大半の方が「営業」です。

ただ、あまりにも事業が多すぎるので、新卒・転職サイトの営業と、エージェントの営業(キャリアアドバイザーも含む)について、お話をしたいと思います。

◆新卒・転職サイトの営業

一言でいえば、新卒・転職サイトに求人を掲載してくれる会社を探してくるというのが仕事です。

そのため、仲の良い既存クライアントに継続的に連絡しながら、新規のテレアポ、訪問を行い、自社サイトに求人の掲載をしてもらえるよう提案をしていきます。

受注後から掲載までの原稿の調整についても営業担当の業務で、納品(サイト掲載)までの窓口業務も行います。

また、マイナビは代理店制度をとっているので、代理店契約をしている会社へのフォロー営業を行う部隊もいます。

◆エージェントの営業(キャリアアドバイザー含)

転職エージェントについては、企業担当と、求職者担当の2パターンにわかれ、企業担当をリクルーティングアドバイザー、求職者のことをキャリアアドバイザーいう言い方をすることもあります。

企業担当については、求人の獲得と、その獲得した求人にエントリー者が出た際の面接調整、内定周りの対応まで行います。

求職者担当については、求職者の獲得から面談を行い、面談を行った求職者に対し、企業担当が獲得した求人を提案し、応募意思を獲得することがお仕事です。

また、面接調整、内定が出た際の対応などについても行います。

マイナビは基本的に「営業会社」です。

いろんな形の営業がありますが、成果はほかのどの会社よりも求められてくると考えましょう。

◆システム(社内SE)

社内SEですので、基本的には社内での現場ヒアリングやベンダーコントロールを主に行います。

株式会社マイナビの事業領域はどんどん広がっている中で、社内システムも常に進化が求められています。

仕事的には、上流工程、ベンダーとの折衝経験がメインになるかと思います。

◆企画・マーケティング

就職情報事業、メディカル事業、教育事業、アルバイト情報事業等、多くの事業において、
市場分析、戦略立案、企画開発、アクセス解析、プロモーションなどの一連の業務を行う仕事になります。

社内外の関係部署と連携して実行してプロジェクトや事業を回して行くことになると思うので、幅広い知識と、行動力が必要になってくるかと思います。

マイナビの仕事のやりがい

では、株式会社マイナビでの仕事のやりがいについてはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

代表的な声を3点ほどご紹介いたします。

やりがい①:社員間の仲がいい

マイナビに在籍する社員の皆さんはとにかく仲が良いです。

そのため、仕事の連携も非常に闊達に行われます。

また、飲み会やレクリエーションなども非常に盛んです。

厳しい環境ではありますが、仲のいい同僚と同じ目標をもって頑張れるような環境であるということがやりがいであると言えます。

やりがい②:若いうちから仕事が任せられる

マイナビはいいも悪いも実力主義の会社です。

そのため、実力のある人には、責任のある仕事を任せられます。

また、老舗の大企業であれば、若い人であるがゆえに発言権を認められないということもありますが、マイナビにおいてはそういうことがありません。

自分の意見を自分に言える、やりたい仕事ができるという点で、やりがいを感じられる方が非常に多いのです。

やりがい③:ちゃんと評価される

マイナビは頑張った人を社内表彰で表彰する会社です。

加えて、評価制度も整っており、明確な目標、目標期間どのように動いていけばよいのかが明確となっています。

決められた目標に向かってしっかり頑張って成果を出せば評価される仕組みが出来上がっています。

厳しい仕事ではありますが、そういった仕組みが出来上がっていることもやりがいに繋がっています。

また表彰に関して年間MVPを獲得をすると、ハワイ旅行がもらえるそうです。

マイナビの評判・社風・カルチャー・クチコミ

マイナビの評判・社風・カルチャー・口コミに関しても、代表的な声を3点ご紹介させていただきます。

◆業界内では福利厚生・就業環境が整っている

人材業界において、大半の会社は薄給で福利厚生は整っていない、労働時間も長くて離職率が高い傾向にあります。

しかし、マイナビは業界他社と比較し、給与水準が高く、住宅手当、持株会、退職金などの福利厚生が整っています。

また、決して残業が少ない環境ではありませんが、土日出勤はなく、発生したとしても代休が取得できるようになっています。

また、サービス残業もありません。

仕事がハードであることに変わりはありませんし、仕事が厳しくて退職される方がいらっしゃるのも事実ですが、
就業環境が整っているという声は非常に多いです。

◆飲み会、ゴルフ等の誘いも多い

上述でもお話ししたように、社員のみなさんは概して仲が良く、実際そういった声が数多く見られます。

そのため、飲み会の誘いというのはチーム単位、個人単位で行われるということも非常に多いです。

また、ゴルフをやる方においては、ゴルフの誘いも多くあるようです。

このような環境が苦手な方も多いかとは思いますが、
転職してきた方でも早くなじめるような雰囲気がありますし、参加を強制されることも無いようです。

◆男女関係なく頑張った人が評価される

旧態依然とした会社であれば、女性が出世できない、結婚したり、出産したら退職させるような会社も数多くあります。

しかし、マイナビは男女関係なく頑張って成果を出した人にポジションを用意してくれる会社です。

長期的に働きたい女性に適した会社だという声も多く聞かれます。

◆労働時間は部署や成果による

労働時間については、営業会社ですので、長くなるケースもあるようですが、
部署やチーム、成果に応じて違うようです。

また、顧客登録、申込書の作成や資料作成などの事務作業はどうしても後回しになる傾向があるようで、
それで残業が多くなるといった声もあるようです。

◆社内制度はあまり充実していないようですが、なんと入社式があります!

営業会社ですので、中途採用したスタッフには即戦力になることが求められているため、研修や勉強会などはほとんどなく、現場レベルで実践研修のような形になるようです。

しかし、マイナビでは配属先が決定した状態で入社するみたいで、入社初日は中途入社式を実施しているそうです。

他の会社ではあまりない演出ですよね。

無料ご相談のお問い合わせはこちら⬇︎⬇︎

【無料】1分で簡単登録!ご相談はこちらから

マイナビの面接・SPIなど選考難易度

株式会社マイナビは新卒文化の強い会社で、面接を担当する人事は、自社に対する思いの強い方が入られるケースが多いです。

そのため、一般的な中途採用面接にある「どんなことをしてきたのか」、「志望理由」、「退職理由」に加え、「なぜマイナビなのか」というところに力点をおいて聞かれます。

求められる人物像としては、一言でいえば「マイナビ」という会社にマッチする人材です。

指示待ちの人材というのは基本的に採用されませんが、チーム単位で目標に向かって頑張っていこうという体制のもと働きますので、自分が強すぎる人も採用されません。

チームの輪の中で自身の役割をしっかり認識しながら働ける、また多少イケイケの営業会社の中でも長期で頑張ってくれるという方を採用します。

選考難易度としては、決して簡単だというわけではありませんが、
採用数が多いため、同社の求める人物であれば積極的に採用されるとお考えください。

なお、SPIは実施されません。2~3回の選考で採用が決定します。

下記ではマイナビの事業を詳しくみていきましょう。

【無料】1分で簡単登録!ご相談はこちらから

(1)求人領域

皆さんの中にも学生の時に就職活動で利用したことがある、「マイナビ」を中心に「留学生向け」・「看護学生向け」「医学生向け」の就活・情報サイトを運営しています。

また転職サイトやアルバイト情報サイト、転職エージェントを探すサイトまで幅広く手掛けています。

(2)進路情報領域

高校生向けの進学情報を提供するサイトや10代のためのちょっとエンタメ要素が入ったWEBサイトの運営をしています。

(3)キャリア支援領域

単純に求人広告を紹介するだけではなく、インターンシップなどを通じてキャリア支援まで行っています。

(4)情報サービス領域

求人領域だけではなく、ウェディング、不動産、旅行など様々なメディアも運営しています。

(5)法人向け領域

個人向けサービスだけではなく、法人向けにも事業を展開しています。

(6)人材派遣・紹介領域

業種特化型のサーブスもドンドン新規で立ち上がっています。

上記の事業領域を見てもらえればご理解いただけると思いますが、
非常に多種多様なサービスを展開しており、株式会社マイナビでは様々な職種の中途採用を募集しています。

例えば

・マイナビウーマンの広告提案営業職
社員研修プログラムや人事制度などの提案営業職
・WEBマーケティング職

・求人広告、企業・学校法人のプロモーションツール等の企画・制作ディレクション職
・人材紹介・派遣サービスの提案営業職 など ※2015年1月15日時点

年収は経験等で変動しますが400万円~600万円前後になります。

こちらのサイトでもマイナビの転職相談の回答をしています!

マイナビの年収相場(給与)は?

株式会社マイナビのは非上場会社であるため平均年収に関する詳細情報は公開されていませんが、
他企業と比較すると年収相場は年収400万〜600万円がボリュームゾーンかと思われます。

実力主義的な要素が強い会社ですので、例えば、営業職であれば若手でも活躍すれば収入も役職も上がるようです。

また、基本給が低く残業代やボーナスが高い傾向にあるといった声もあります。

マイナビでは現在、営業職、カスタマーサポート、マーケティング、エンジニア、など様々なポジションで採用を行っています。

年収は職務経験を考慮のうえ決定、としており
ホームページ上では月給20万円~35万円となっています。

モデル年収例
年収520万円/26歳 営業職 経験4年/(大卒、首都圏勤務、世帯主、時間外手当月40時間含む)
年収650万円/31歳 課長職 経験5年/(大卒、首都圏勤務、世帯主)

人材業界の平均年収を大きく上回っているようです。

株式会社マイナビからのキャリアパス・キャリアステップ


株式会社マイナビ
でスキルを身につけた後、どのようなキャリアパスが考えられるでしょうか?

例えば営業系職種だった場合、お客様は人事の採用担当や人材エージェント、また経営者であることも考えられます。

自分の顧客に対して課題を可視化し、解決策を提示、実際の成功まで伴走するという観点は経営コンサルなどにも活かせる経験です。

シンプルに、人材業界で採用を学びインハウスリクルーターとして事業会社へジョインする、
もしくはエグゼクティブサーチファームでヘッドハンターとして活躍する、といったキャリアも見出せそうですね。

人材業界は、過渡期に入っており大手間でのシェア争いが起こっています。

革新的なイノベーションが起きにくい業界と言えますが、その中で何を成せたか、が次のステップアップをする上で重要だといえます。

人材業界の今後の将来性は?

今後、人材業界で頑張ろうと思っている方やこれからこの業界を目指される方、
気になるのは「今後、この業界がどうなっていくのか」ですよね。

色々な見方がありますが、確実に言えることは人材サービスはなくならない、ということです。

事業を推進する上で、重要な資産はヒト・モノ・カネ・情報、です。

事業をするのに、お金は全く要りません、競合やマーケットの情報も不要です、とはならないように、
(事業を創る・推進する)人が要りません、とはなりません。

適切な人材を、適切な場所に促す非常に重要なサービスなのです。

但し、景況感に左右されやすい、AIの発達などを考えると変化せず安穏としてはいけないようです。

景気が悪くなっても、AIが発達しても、市場から求められるスキルを持っていれば人材業界は明るい産業であるといえるでしょう。

たくさんあるマイナビのグループ会社

「総合情報サービス企業」ということで、多くのグループ会社があるのでいくつか紹介してみたいと思います。

株式会社マイナビサポート
マイナビ グループ企業のテレマーケティング事業、データセンター事業、アウトソーシング事業、メーリング事業、出版物流事業などを請け負う、アウトソーシング会社として展開している会社です。

株式会社 毎日オークション
美術品のオープンマーケットを運営している会社です。日本の主要オークションの一つが毎日オークションです。

株式会社マイナビ出版
コンピュータ/IT関連の雑誌・書籍を始め、様々なジャンルを展開している出版事業会社です。
例えば、『クロスワードキング』、『Mac Fan』、『Web Designing』、『将棋世界』を発行しています。

株式会社マイナビワークス
「マイナビスタッフ」、「マイナビクリエイター」、「マイナビ新卒紹介」など、
人材派遣サービス、クリエイター、若年層の人材紹介を担う対面型人材サービスを提供しています。

他にも多くのグループ会社がありますので、気になる方は確認してみてください。

最後に。マイナビへの転職を検討・希望している方へ

マイナビへの転職支援に強い転職エージェント・アクシス代表の末永雄大が親身になってサポートします。

株式会社マイナビへご興味をお持ちの方、転職を希望している皆さん、
マイナビは求人サイトはもちろん、結婚、不動産、旅行など様々な分野のメディアを運営している企業です。

多種多様な業界の人材紹介サービスを積極的に立ち上げており、新規サービスにも積極的である点で、
ベンチャー企業に近いマインドを持っていると言える企業です。

自社サービスのAPIを公開するなど、エンジニアが働きやすい環境づくりに積極的な企業です。

多種多様な職種の中途採用枠があり、門戸が開かれている分、多くの人が応募・エントリーするため、
事前にしっかりと準備・対策をし、万全を期して面接に臨む必要があるのです。

そうした対策は自分ひとりではできません。

また面接対策は、何度も面接フィード・バックを聞く機会にある現役の転職エージェントが一番です。

手前味噌ですが、ホームページ、求人サイト、他社転職エージェント等の、
他のどのチャネルよりも、弊社でのご紹介・選考サポートは手厚く、且つ強いと自負しています。

他チャネルからだとかなりの確率で落ちていたであろう人を、じっくりと対策して内定を得ていただいたケースもございます。

ですので、焦って応募をされる前に、まずは一度弊社までご登録・ご相談ください。


【無料】1分で簡単登録!ご相談はこちらから

直接企業に申込むより、転職エージェントアクシスを使うとこんなメリットがあります!

①書類審査でも求人企業の採用担当者と直接交渉を行います!

転職エージェント側の判断で、求職者様の経歴が募集要項に合っていなくても、
求職者様の人柄など書面では分からない点を企業に伝える事により、書類審査通過率が高くなる場合が御座います。

②担当者にしかわからない企業の採用情報を事前にお伝えできます!

希望する企業の過去の面接事例や質問されるポイント、面接官の人柄や
企業が求めているどんな人物像や今までにどんな採用をしているのかなど、担当者にしかわからない企業の採用情報を事前にお伝えできます。

③企業との交渉は代行して行います!

面接日時の調整や、年収交渉、入社時期の調整など在職中に転職活動を行う場合、
平日昼間は仕事をしているなど自分では交渉しにくいこともあるかと思います。

そのような場合は弊社が代行して行わせて頂きますので、在職中のお仕事に支障をきたすことなく転職活動が行えます。

転職相談や、「ちょっと話を聞いてみたい!」という場合は、下のリンクからお問い合わせ願います。

 

【無料】1分で簡単登録!ご相談はこちらから